クレカ編集部が目的やこだわりで徹底的に調査した!クレジットカード比較の決定版

20代におすすめ!ヤングゴールドカード比較

20代はヤングゴールドカードがおすすめ

社会人になったばかりの20代にとって「満30歳以上、年収500万円以上、勤続年数5年以上」といった本格ゴールドカードの審査基準は厳しいハードルでした。若くてもステータスがあるゴールドカードが欲しい!そんな20代の希望に応えて誕生したのが銀行系のヤングゴールドカードです。一般カードよりも審査基準は高いものの、対象年齢を20代に引き下げ、勤続年数や年収条件も緩和しています。大手企業に就職したばかりの20代のヤングエグゼクティブを対象にしています。若者でも持てるゴールドカードには年会費が安い格安ゴールドカードもありますが、20代でステータスカードが欲しいなら、将来に渡って活用できる銀行系のヤングゴールドカードを選びましょう。

20代なら手に入れよう!おすすめのヤングゴールドカード

初めてのヤングゴールドカード
20代のための銀行系クレジットカードとは?

ヤングゴールドカードとは? 基本をおさらい

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)券面画像20代でも立派に社会人として働いていれば、様々なタイプのクレジットカードを選ぶことができます。ポイント還元率で選ぶか、会員制サービスで選ぶか、ステータス重視で選ぶか、ライフスタイルに合わせてクレジットカードは選択するのがおすすめです。銀行系ヤングゴールドカードは将来性とステータス、そしてコストパフォーマンスで選ばれる若者限定のゴールドカード。単純な還元率では量れない価値とメリットを紹介します。

ヤングゴールドカードは20代のためのステータスカード!

ヤングゴールドカードは「若者向けのゴールドカード」のことです。「20代限定」という年齢条件があることもあれば「22才から申し込み可能」というように「下限の年齢が、普通のゴールドカードよりゆるくなっている」というものもあります。

ヤングゴールドカードはステータスと年会費、将来性のバランスが良い

ヤングゴールドカードのメリット・長所は、数千円の安い年会費で、普通のゴールドカードとほぼ同等の特典・サービスを利用できるということ。さらに将来的に本格的なゴールドカードにそのままランクアップできる将来性があります。

これらのバランスの良さ、コストパフォーマンスの高さがヤングゴールドカードが20代のヤングエグゼクティブに選ばれている理由です。実際、彼らのうちの多くが、そのままゴールドカードにランクアップして使い続けています。

ヤングゴールドカードのメリット

ヤングゴールドカードのメリットは、箇条書きすると下のようになります。

20代で銀行系のステータスカードを取得できる方は限られます。そのためヤングゴールドカードはお給料に余裕がある若者層に強力に訴求するアイテムとなっています。

ヤングゴールドカードに付帯するゴールドカード特典

そして、ヤングゴールドカードの「ゴールドカード並の特徴・メリット」とは何かというと、下のようなものです。

これらのメリット・長所は、当然そのヤングゴールドカードによっても内容が違います。例えば20歳から持てるゴールドカードの一部は、空港ラウンジは利用できない代わりに、ロードサービスなど他の特典が優れています。どのヤングゴールドカードでも一長一短、あるいは抜きん出ているサービスがあるので、それらの特徴を比較して、自分のライフスタイルに一番合ったものを選ぶべきでしょう。

20代が持てるステータスカードは銀行系ヤングゴールドカードだけ

三井住友VISAプライムゴールドカードもちろんステータスにこだわるのであれば、有象無象の提携ゴールドカードではなく、銀行系のヤングゴールドカードに選択肢を絞るべきです。最近は楽天ゴールドカードなど格安のゴールドカードも増えてきました。しかし、黄金の券面を持っていても、それらのゴールドカードにはステータスはありません。

基本的に20代で持てるステータスカードは銀行系ヤングゴールドカードだけです。選択肢はもともと限られているのです。

ヤングゴールドカードのデメリット

ヤングゴールドカードのデメリットは、一覧にすると下のようになります。

一応このように書いたものの、そもそも「ヤングゴールドカードである以上、年齢制限があるのは当たり前」なので、これはデメリットとは言わないかも知れません(サッカーのデメリットは足を使えないこと、と言っているようなものです)。

「ゴールドカードと比べて、一部の特典がない」というのも、「全てのヤングゴールドカードがゴールドカードと同じサービスだったらゴールドカードを持つ意味がない」ので、これも悪いことではないでしょう。

ヤングゴールドカードの年会費が唯一のデメリット

そう考えると、年会費の元を、そのヤングゴールドカードの特典によって回収できるのかという点が、唯一の焦点になります。「回収できる・元が取れる」と判断した人は、ヤングゴールドカードを持つのがいいでしょう。

若者限定のヤングゴールドカード
20代に人気の高いステータスカードを選ぶ

20代でも申し込めるステータスカード、ヤングゴールドカードを厳選

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)
20歳~29歳まで加入できるヤングゴールドカード
発行期間 最短3営業日 年会費 初年度無料(2年目以降3,000円+税
限度額 公式サイト参照 還元率 0.5%~1.5%

若者限定で加入できるゴールドカード!

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)』は、一般カードである『JCB CARD EXTAGE(エクステージ)』の上位カードです。一般カードでは18歳から29歳までの若者が加入できますが、『JCB GOLD EXTAGE』は20歳以上からでなければ加入できないルールとなっています。まさに、20代のためのゴールドカードとなっているのです。

誰でも通るカードではありません

ただ20歳以上で申し込めるとはいえ、そこはやはりゴールドステータスのカードですから、審査は厳しめ。就職して間もない人や、社会人であってもフリーターをしている人では審査に落ちてしまう可能性も高いカードとなっています。

旅行に強い!充実特典のヤングゴールドカード

もちろん審査さえ通ってしまえば、若者を対象としたヤングカードとはいってもゴールドカードのひとつ。充実した付帯サービスは魅力的です。一般カードでは最高2,000万円の海外旅行傷害保険のみの付帯ですが、「JCB GOLD EXTAGE」は最高5,000万円の海外旅行傷害保険に加え、同じく最高5,000万円の国内旅行傷害保険も付帯。加えて国内主要空港のラウンジとハワイ・ホノルルの空港ラウンジを無料で利用できる特典など、ゴールドクラスのサービスも付帯されています。

一般カード同様にお得にポイントが貯まる!

「JCB GOLD EXTAGE」も、一般カードの「JCB CARD EXTAGE」と同様に、ポイントの優遇を受けることができます。入会後3カ月間はポイント還元率が3倍の1.5%で利用することができるほか、4カ月目以降も年間20万円の利用実績を積めば0.75%のポイント還元率で利用することができます。

年会費も格安! JCBゴールドまで育てたい方におすすめ

ゴールドクラスでありながら、年間の利用実績が一般カードと同じ20万円で設定されているのは大きな魅力と言えるでしょう。1カ月17,000円弱の利用で達成できるレベルですから、それほどハードルも高くありません。また、年会費も3,000円+税となっており、ゴールドクラスとしては低めの年会費で利用できますし、オンライン入会であれば初年度年会費無料で利用できるのも人気の秘密です。

MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
三菱銀行系を破格の年会費で利用できる!学生も加入可!
発行期間 最短1週間 年会費 1,905円+税(楽Pey登録で半額&初年度無料)
利用限度額 10万円~200万円 還元率 0.5%~0.85%

割安な年会費で持てるゴールドカード!

MUFGカード ゴールド・アメックスは若者限定のヤングゴールドカードではありません。正真正銘、三菱UFJニコスが発行するゴールドカードの1つです。ただし格安ゴールドカードというカテゴリーのクレカなので、若者でも手軽に加入することができます。

格安でゴールドカードを持ちたいならおすすめ

その魅力はもちろん2,000円程度に設定されている年会費。さらに登録型のリボ払いサービス「楽Pey」へ登録することで、年会費を半額にすることもできます。実質的に1,000円程度の年会費でゴールドカードを持つことができる上に、初年度は年会費が無料となっている点も見逃せません。しかも、18歳から加入することもでき、専門学校・短大・大学に在学していても加入できるゴールドカードとなっています。

年会費以上の特典・サービスが充実

ゴールドカードの魅力と言えば、そのステータス性もさることながら旅行などでの活用度が高いというところ。最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯されているほか、国内旅行傷害保険も利用付帯ながら2,000万円の補償が付帯します。ゴールドクラスとしてはやや物足りなさを感じる補償内容ではありますが、それでも若者向けのゴールドカードということを考えれば、十分な魅力を備えています。

メインカードとしてしっかり使いましょう

ただし、2,000万円の旅行傷害保険を付帯させるには、年間のカード利用額が20万円以上なければならないルールになっています。そうしないと旅行保険の補償額が100万円になってしまうため、あくまでもメインカードとしての利用を心掛けましょう。

ゴールドカードならではの魅力も満載!

もちろん、国内の主要空港+ハワイ・ホノルルの空港ラウンジを無料利用できる空港ラウンジサービスも付帯していますし、使うほどにポイントが優遇されるポイントプログラムも魅力です。

JCB CARD EXTAGE(エクステージ)

JCB CARD EXTAGE(エクステージ)
5年間限定のヤングカード!年会費も無料!
発行期間 最短3営業日 年会費 無料
限度額 公式サイト参照 還元率 0.75%~1.5%

JCBの発行する29歳以下限定のクレジットカード

年会費は一切かからず加入できます

18歳~29歳までの若者しか加入することのできない「JCB CARD EXTAGE」。国際ブランドで知られるJCBが発行するヤングカードで、5年間限定でしか加入することができないクレジットカードです。ちなみに、この「JCB CARD EXTAGE」に加入すると、最低5年間は必ず加入している必要があります。その間に退会はしてしまうと、2,000円+税の手数料が発生します。5年を経過すると、自動的にJCB一般カードへ切り替えられる仕組みです。

旅行保険とショッピング保険も嬉しい

「JCB CARD EXTAGE」は年会費無料のクレジットカードでありながら、最高2,000万円の海外旅行傷害保険や年間最高100万円のショッピングガードも付帯します。そのため、ちょっとした海外旅行程度ならメインカードとしての機能を十分に果たしてくれる一枚となっています。

ポイント還元率0.75%以上をキープできる!

「JCB CARD EXTAGE」は、入会後3カ月は、通常0.5%の還元率(1,000=1P)が3倍の1.5%で利用することができ、3カ月経過後も1年間は実質0.75%のポイント還元率で利用することができます。それに加えて、年間20万円以上の利用実績があれば、翌年のポイント還元率も0.75%が維持されるため、高還元率で利用し続けることも不可能ではありません。

ネットモール経由でポイントを数倍お得に貯められる

また、ネット通販大手のAmazonやコンビニ大手のセブンイレブンなどの提携店舗で利用すれば、最高で10倍のポイントを貯めることができるほか、ポストペイ型電子マネー「QUICPay」の利用でもポイントが加算されます。後払い式の電子マネーなので、コンビニなどの利用が多い若者には使い勝手が高い一枚です。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード
年齢に応じてランクアップするお得なカード!
発行期間 最短3営業日 年会費 1,250円+税(初年度&条件付無料)
限度額 10万円~100万円 還元率 1.0%~2.5%

コツコツとクレヒスを積み重ねたい1枚!

若者限定!だから実質的に年会費永年無料も可能!

「三井住友VISAデビュープラスカード」の年会費は1,250円+税ですが、初年度は無料で加入することができ、「年間1回以上の利用」という条件さえ満たせば、翌年の年会費も無料となるカードです。つまり、本カードを毎年1回利用すれば、年会費永年無料で利用することができるのです。しかも、本カードは18歳~25歳までの若者しか加入できない、若者限定のクレジットカードとなっているのです。もちろん、学生も加入することができますから、将来性を考えて加入してみるのもおすすめです。

自動でゴールドカードまでランクアップ!

このカードの面白いところは、年齢に応じてカードのステータスがアップしていくということです。「三井住友VISAデビュープラスカード」へ加入していられるのは25歳まで。満26歳の更新時期になると、自動的にワンランク上の『三井住友VISAプライムゴールドカード』へと切り替えが行われ、満30歳の更新時期には、『三井住友VISAゴールドカード』へとステップアップするのです。通常、ゴールドカードは入会しようとしても審査通過のハードルが高いこともありますが、「三井住友VISAデビュープラスカード」なら、持っているだけで自動的にゴールドカードを手にすることができるという嬉しい魅力を備えたカードなのです。

ショッピング保険は付帯!旅行保険の付帯はナシ!

「三井住友VISAデビュープラスカード」は、年間最高100万円まで補償してくれるショッピング保険が付帯します。しかし旅行傷害保険の付帯はありません。従って、旅行などの活用には不向きなカードとなっています。そのため申し込み当初はサブカードとしての利用に留めておくのがベストです。その後、プライムゴールド→ゴールドとランクアップしていくごとに、メインカードとしての頻度を増やしていく方がおすすめです。

ポイント還元率1.0%!一般カードの2倍!

ただし、サブカードとしての利用がおすすめとはいえ、ポイントプログラムは魅力的です。「三井住友VISAデビュープラスカード」のポイントプログラムは、三井住友VISAの「ワールドプレゼント」です。本カードの会員であれば、ワールドプレゼントのポイント付与が通常の2倍となるので、ポイント還元率1.0%で利用できます。また、リボ払いを利用すれば手数料発生月に3倍のポイントが付与されるため、使えば使いほどにポイントが貯まります。加えてカード入会後3か月間であればポイント加算が3倍となるので、欲しいものは本カード入会後に購入するというのもおすすめです。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード
楽天の格安ゴールドカード!還元率最大7%!空港ラウンジ付き
発行期間 最短5営業日 年会費 2,000円+税
限度額 10万円~100万円 還元率 1.0%~

審査に不安があるなら!若くても持てるゴールドカード

審査に通りやすい!職業を問わず加入できるお買い物カード

楽天ゴールドカードは年会費が無料で、楽天市場などでお馴染みの楽天スーパーポイントがどんどん貯まるお得な一枚。楽天ゴールドカードの審査基準が低いと言われるのは、職業を問わずに加入することができるというところです。ステータス性の高いクレジットカードでは正社員でなければなかなか持てない、などの暗黙のルールがありますが、楽天ゴールドカードなら大丈夫。働いたばかりでも持てる柔軟さが人気の秘密となっています。

どこで使っても還元率1%は十分な高還元率

楽天カードと言うだけあって、楽天グループで利用できる楽天スーパーポイントをどんどん貯めることに適した一枚です。楽天市場で利用すれば最大で3%のポイント還元率となるほか、入会時にはボーナスポイントとして、楽天スーパーポイントが数千ポイント付与されます。入会時のボーナスポイントは時期によって異なりますが、現在のところ5,000ポイント付与というケースがほとんどです。

なぜヤングゴールドはおすすめ?
20代で銀行系ステータスカードを作るメリット

20代だけが持てる銀行系ヤングゴールドカード【5つのメリット】

クレジットカードを持つことは常識。大人のたしなみとして心得ておきましょう。一般に若者限定のクレジットカードを持つメリットは下記の5つになります。

  1. ポイントで普段のショッピングがお得になる
  2. ネット通販の利便性が飛躍的に向上する
  3. 旅行やレジャー、お出掛けにも現金はほとんど不要
  4. クレジットヒストリーを蓄積することができる
  5. 割安な年会費で利用することもできる

銀行系のヤングゴールドカードはさらにステータスカードとしての威張り度や将来性が加わります。今の20代の多数派の生活内容や立場に共通するポイントを慎重に調べた結果、この5点を軸にヤングゴールドカードは選ぶと良いでしょう。

ショッピング利用額に応じてポイントが貯まる

ほとんどのクレジットカードでは、カードのショッピング利用額に応じてポイントが付与されます。ポイントの付与率(還元率)はカードによって様々ですが、概ね0.5%~1%ほどが標準的です。例えば100円=1Pという具合にポイントが加算されます。

貯まったポイントは提携する他社のポイントサービスや航空マイレージなどと交換することもできますし、カタログから好きな商品を選んだり、ギフトカードなどへの交換もできたりします。

キャッシュバックや現金値引きもあります

現金でのショッピングとは異なり、クレジットカードを利用すると、ポイント還元分を差し引いた分だけお得にショッピングを楽しむことができます。クレジットカードによってはポイントをキャッシュバックしてくれるものもあります。

ネット通販の利用でもお得!商品代金の支払いも簡素化できます

ネット通販を利用する人の割合は年々増加傾向にありますが、20代も決して例外ではありません。むしろ、学生時代からネット通販を活用している人も多いはずです。

ネット通販でショッピングした代金は、コンビニ後払いや代金引換などで支払うことがほとんどですが、クレジットカードがあればカード情報を登録しておくことで、簡単に決済することができます。支払いの煩わしさが無くなる分、スムーズなネットショッピングを楽しめます。

オンラインモール経由で高額ポイントをゲット!

また、カード会社によってはオンラインモールを設けているところも多く、オンラインモールを経由してネットショッピングをすることでポイント還元率をアップさせることもでき、カードポイントと通販ショップのポイントサービスを二重取りすることもできたりします。

クレジットカードが一枚あれば旅行やレジャーにも活躍

クレジットカードは現代人にとって不可欠なアイテムとなりつつあり、現金主義だった日本でもクレジットカードの利用が一般化しています。そのため、ほとんどの施設やお店ではクレジットカード決済が可能となっていますし、財布に一枚クレジットカードを忍ばせておけば、ほとんどのシーンで支払いが事足りてしまいます。

おサイフケータイが大活躍!クレジットカードチャージ!

もちろん、カード決済を導入しておらず、現金でしかやり取りできないところも少なからずあります。だから、多少の現金は必要です。それでもおサイフケータイにクレジットカードからチャージできるようにしておけば、さらに活用度が増し、それほど多くの現金を持ち歩く必要はなくなります。

クレジットヒストリーは将来的に大切です

若い頃からクレジットカードを所有していれば、クレジットヒストリーを蓄積していくことができます。 クレジットヒストリーというのは利用実績のことですが、これはクレジットカードなどを作る上で最も重要視される「信用性」に値するものとなります。

ヤングゴールドは将来のゴールド、プラチナカードの布石

若い頃からしっかりとクレジットヒストリーを蓄積しておけば、30代や40代といった働き盛りの年代に突入したときに、さらにステータスの高いクレジットカードを作れることにも繋がります。人によっては、すでに学生の頃から学生専用クレジットカードなどを利用してクレジットヒストリーを蓄積している人もいるほどです。おすすめは年会費以上の特典が必ず設定されているヤングゴールドです。

ヤングゴールドなら低い年会費でも持つことができます

一般的にクレジットカードには年会費というものがかかりますが、中には数千円程度から千円台の年会費で利用できるヤングゴールドもあります。さらにプロパーカードでありながら年会費無料というヤングカードもあります。

年会費がもったいないからといってクレジットカードを持つこと自体を嫌悪する人もいますが、これは狭い見方。クレジットカードの特典を活用している方からすれば、年会費分のお金だけでこの特典が使えるのなら安いもの。特典だけで年会費分のお釣りが来てしまいます。

クレジットカードはその人の地位=ステータスを示す身分証

また海外ではクレジットカードそのものがその人のステータス性を示すものであることを考えれば、年会費など安いものだという見方もできます。クレカを示すだけで、信用度が上がり、待遇が良くなるからです。現に欧米ではそうしたことが広く認知されています。

クレジットカードを持つことは、社会人としてのステータスを示すものになりますし、どうしても年会費が嫌なら年会費が無料のクレジットカードを敢えて選択してみるのもおすすめです。

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)…20代で持てるヤングクレジットカードの代表

ヤングゴールドカードだったら、「JCB GOLD EXTAGE」がおすすめ。JCBが直接発行する「プロパーカード」です。

20才~29才の「20代限定のゴールドカード」で、年会費は3000円と、格安になっています。利用できる期間は5年間で、それを超えたら自動的に普通の「JCBゴールド」になります。(年会費が1万円と、高くなります)

もし年会費が高くなるのが嫌であれば、5年間の期限が切れる直前に解約するといいでしょう。2000円の解約金はかかりますが、5年間で受け取れるメリットや特典を考えれば、ほとんどないも同然のお金です。

以下、JCB GOLD EXTAGEのメリット・長所をまとめていきます。

ヤングゴールドカードだが、空港ラウンジ特典がある

先ほど紹介した「オリコカード i GOLD」では、同じ「年会費3000円」でも、空港ラウンジの特典がありませんでした。しかし、このJCB GOLD EXTAGEにはついています。

これらの空港ラウンジが無料で利用できるようになっています。ラウンジではドリンクが無料で、新聞や雑誌なども読めるようになっています。こうした空間でエグゼクティブの世界を体験することは、仕事の商談などでも相手に良いオーラを感じさせることにつながり、ビジネスのプラスにもなるでしょう。

また、特に20代の前半では、女性とのデートでもこうした場所に連れていける男性は少ないので、そうした点でも差別化を図ることができます。年会費3000円でそのようなメリットがあれば、コストパフォーマンスは抜群と言えるでしょう。

(本来、1万円の年会費が必要な特典ですからね)

海外旅行の傷害保険は、最高5000万円

これも先ほどのオリコカード i GOLDとの比較になりますが、オリコの海外旅行傷害保険は「2000万円」でした。しかし、JCB GOLD EXTAGEは「5000万円」と、金額が圧倒的に大きくなっています。

もちろん、オリコカード i GOLDの方で書いた通りそもそも、そんなトラブルに遭わないようにするのが一番いいというのは確かなので、個人的にはオリコカード i GOLDがJCB GOLD EXTAGEに劣るとは思いません。しかし「個人的な事情で、海外旅行傷害保険はできるだけたくさん欲しい」という方もいるでしょう。

20代だとどういうケースがあるかは正直わかりませんが(だからこそ、クレジットカード会社の側もこれだけ高額の設定をしているのでしょうが)、何はともあれ必要性がある方にとっては、大きなメリットになるはずです。

(何しろ、コストとなる年会費は3000円ですから)

普通のエクステージにはない、国内旅行の特典も

JCBのエクステージカードというのは「20代限定」のカードです。ここで取り上げているのは、その「ゴールド」です。「JCB GOLD EXTAGE」ですね。

ゴールドでない、普通のエクステージの方だと、「国内旅行傷害保険」は付帯しません。海外旅行のみです。しかし、ゴールドの方だと、国内旅行でも最大5000万円の傷害保険が付帯するというメリットがあります。

そのため、国内旅行にもよく行く&高額な買い物をするという方の場合は特に、普通のエクステージよりも、JCB GOLD EXTAGEに入会した方がいいでしょう。

不正利用やショッピングの保険も万全

クレジットカードを利用していて怖いのは、インターネット決済などでの不正利用ですが、これもしっかり補償されています。こうしたショッピングに関するトラブルには「ショッピングガード保険」が適用されますが、この金額は「最高200万円」となっています。

200万円あれば、ほとんどの不正利用の被害もカバーできるはずですし、ネットショッピングも安心して利用することができるでしょう。

JCB一般カードより、還元率が高い

普通のJCBカード(一般カード)は、「年間50万円以上利用すると、還元率が0.6%になる」という設定です。しかし、JCB GOLD EXTAGEは「20万円」利用するだけで「0.75%」になるという条件です。つまり、

というように「二重にお得」になっているわけですね。そのため、クレジットカードを使った買い物が多い方、Oki Dokiポイントをお得に貯めたいという方にもおすすめです。

(Oki Dokiポイントというのは、JCBカードの利用で貯まるポイントのことです)

JCB GOLD EXTAGEのデメリット

JCB GOLD EXTAGEのデメリット・短所は、始めにも書いた通り「5年間しか利用できない」ということ。つまり20才で入会したら、25才までしか利用できないということですね。

もしそのまま継続して利用したいのであれば、1万円というやや高い年会費を払って、通常のJCBゴールドに移行することになります。特典の内容はほぼ変わらないので「コストパフォーマンスが悪くなる」と感じる方も多いでしょう。

もちろん、それでも十分なコストパフォーマンスですし、さらにこの上のプラチナ・ブラックなどを目指すのであれば、JCBゴールドは避けては通れません。

しかし、そのような上位カードに興味がなく、年会費1万円は高いと思う方は、5年の有効期限が切れる直前に、JCB GOLD EXTAGEを解約するのがいいでしょう。

この点のみ注意しておけば、JCB GOLD EXTAGEのデメリット・短所というのは特にない…と言ってもいいでしょう。

目的に合わせてヤングゴールドカードも選ぼう!

機能性の高いクレジットカードというのは、言い換えれば日常生活で使い勝手の高いクレジットカードということになります。ショッピングが大好きであればポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶのもいいですし、旅行が趣味なら付帯サービスの充実したゴールドカードなどステータス性の高いクレジットカードを選ぶのもいいでしょう。

ヤングゴールドカードはステータスを求める20代のクレジットカード

三井住友VISAプライムゴールドカードただヤングゴールドカードのメインの目的は実用的なメリットではありません。ステータスであり、今後、持ち続けた場合の将来的なメリット、将来性です。ヤングゴールドカードでスーパーマーケットの支払いをしても意味はありません。

高還元率のクレジットカードとは、ある意味で日常使い=お買い物・ネットショッピングに特化したカードと言えます。この目的のカードはある意味で1枚持てば十分です。ヤングゴールドカードの最大のメリットは20代でもステータスカードが持てることです。実用的なクレジットカードと使い分けて利用するのがおすすめです。

格安ゴールドカードなら20代OKでポイントが貯まりやすいものがあります

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)券面画像逆に皆さんのおサイフの中には、特定施設でのサービスに特化していたり、会員カードとして契約したクレジットカードが眠っていたりします。これは異なる利用シーンでは異なるクレジットカードが求められるということ。若いからこそ、将来を見据えたクレジットカードもまた求められるのです。どういったシーンでクレジットカードを有効に使えるのか、また将来、どういうカードを持ちたいのか、様々な場面を考えながら、クレジットカードをセレクトしていくのが、20代のクレジットカード選びのポイントと言えるのです。

ヤングゴールドカードには実用的なメリットも高いものもあるので、しっかり比較して下さい。

ヤングゴールドカード比較
20代が選ぶべきクレジットカードはどれ?

おすうめの20代限定カード、ヤングゴールドカードをランキングで比較

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)
若者限定ヤングゴールド!旅行・買物保険に空港ラウンジ付き
年会費 初年度無料(次年度以降:3,000円+税)(2年目以降:3,000円+税) 還元率 0.5%~1.5%
発行期間 最短3営業日 限度額 公式サイト参照
ブランド JCBカード 電子マネー QUICPay(クイックペイ) マイル 1pt = 3マイル

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード
20代限定の最強ゴールド!機能は三井住友ゴールドと同等
年会費 無料(2年目以降:5,000円+税
※最大1,500円+税まで割引)
還元率 0.4%~
発行期間 最短3営業日 限度額 50~200万円
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー ID(アイディ)WAON(ワオン) マイル 1pt=3マイル

MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールド
空港ラウンジ付き!年会費1,905円の格安ゴールド!
年会費 無料(2年目以降:1,905円+税※楽Payで半額) 還元率 0.5%~0.85%
発行期間 最短1週間 限度額 10万円~200万円
ブランド マスターカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 2マイル

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
富裕層のためのアメックス!真のゴールドカードが初年度無料
年会費 29,000円+税(2年目以降:29,000円+税) 還元率 0.3%~1.0%
発行期間 約3週間 限度額 個別に設定
ブランド アメリカンエクスプレス 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ) マイル 200円 = 1マイル

JCB CARD EXTAGE(エクステージ)

JCB CARD EXTAGE(エクステージ)
年会費無料!29歳以下限定のヤングプロパーカード
年会費 無料(5年間限定)(2年目以降:無料) 還元率 0.75%~1.5%
発行期間 最短3営業日 限度額 公式サイト参照
ブランド JCBカード 電子マネー QUICPay(クイックペイ) マイル 1pt = 3マイル

三井住友VISAエグゼクティブカード

三井住友VISAエグゼクティブカード
ゴールドカードを目指す人に!旅行保険が充実したカード
年会費 無料(2年目以降:3,000円+税
※最大1,000円+税まで割引)
還元率 0.4%~1.0%
発行期間 最短3営業日 限度額 10~80万円
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー ID(アイディ)WAON(ワオン) マイル 100pt=300マイル

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
玄人好みのアメックス!ゴールド級の優待特典!初年度無料!
年会費 12,000円+税(2年目以降:12,000円+税) 還元率 0.4~1.0%
発行期間 最短15営業日 限度額
ブランド アメリカンエクスプレス 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ) マイル 1pt = 0.5~1マイル
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金・携帯料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードをポイント還元率で比較!おすすめの高還元率カード
年会費無料クレジットカード比較!高還元率でおすすめの年会費無料カード
ゴールドカードを年会費で比較!おすすめ格安ゴールドカード
「審査」重視派
審査に通りやすい?審査基準で選んだおすすめクレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査が早いおすすめクレジットカード
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
ANAカード比較!ANAマイルがお得に貯まるおすすめクレジットカード
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!世界で通用するクレジットカード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリンカード=ガソリン代が安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
20代におすすめ!ヤングゴールドカード比較
「学生」重視派
学生クレジットカードの審査比較!大学生や専門学生が審査落ちしにくいクレカ
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!おすすめ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
【ポイント還元率】で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
【マイル還元率】で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
【年会費無料】で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP