クレカ編集部が目的やこだわりで徹底的に調査した!クレジットカード比較の決定版

空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較

空港ラウンジをクレジットカードで使いこなす

「空港ラウンジ」とは、搭乗までの待ち時間を快適に過ごすための特別な待合室です。ゴールドカード以上のクレジットカード会員は、空港ロビーの喧騒に悩まされることなく、搭乗までの待ち時間を「カードラウンジ」で快適に過ごすことができます。空港ラウンジの利用方法は入口でクレジットカードと当日の航空券を示すだけ。使い方は簡単です。家族カードでもVIPラウンジ「航空会社ラウンジ」が利用できるダイナースクラブカードや、同伴者1名無料のアメリカンエキスプレスカードがおすすめです。アメックスは家族カードでも「プライオリティ・パス」が使えます。飛行機によく乗る人は空港ラウンジにこだわって探してみてはいかがでしょうか?

空港ラウンジ無料のおすすめクレジットカード

空港ラウンジは誰でも使える? クレジットカード会員だけの特権サービス

「空港ラウンジ」とはゴールドカード以上の会員が利用できる「特別待合室」のこと

「空港ラウンジ」とは空港運営会社や航空会社が用意する「特別待合室」のことです。一般客は出入りすることができず、許可を持った人のみ利用することができます。言わば空港の中の「VIPルーム」といったところでしょうか。カード会社や航空会社がお得意様のために用意した特別な空間なのです。運営母体によって詳細は異なりますが、「高級感がありゆったりとくつろげる場所」という点は共通しています。

空港ラウンジはゴールドカード以上のクレジットカード会員の特別サービス

ゆったりとした空港ラウンジ空港や航空会社など運営している母体によってラウンジの場所や設備、サービス内容は異なります。基本となるのは無料のドリンクサービスや軽食サービス、新聞や雑誌、無料のWi-Fiサービスなどです。ドリンクは最初の一杯のみが無料だったり、アルコールが有料だったり、一部では提供していない所もあります。

無料Wi-Fi、ドリンクサービスはもちろん、デスクやFAX、コピー機も使える!?

ビジネスマンに有り難いのが仕事ができる間仕切りされたデスク。また、FAXやコピー機など仕事に必要な機材が揃っているところも多いので、旅行だけで無く、ちょっとした仕事や調整にも活用できます。特に素晴らしいのが航空会社が提供する航空会社ラウンジ。空港ロビーの一画に儲けられた通常の待合室とは違い、騒がしい喧噪を離れて充実した時間を過ごせます。

空港ラウンジは「航空会社ラウンジ」と「カードラウンジ」に分けられる

「カードラウンジ」は一般の空港ラウンジ!ゴールドカード以上のクレジットカード会員が使える

カジュアルな空港ラウンジ空港ラウンジの種類は大きく分けて2つあります。1つがゴールドカード会員が利用できる「カードラウンジ」。そしてもう1つが「航空会社ラウンジ」です。航空会社ラウンジは通常のクレジットカードでは利用できない特別なVIPラウンジ。その空港を拠点とする「航空会社」や「航空連合(アライアンス)」が特別なVIPのために運営しています。

また例外として外交官やVIPの要人のために「空港そのもの」が用意する特別待合室もあります。こちらは一般の利用は想定してません。

「航空会社ラウンジ」は特別なVIPラウンジ!普通のゴールドカードでは使えません

「航空会社」が運営するVIPラウンジ「航空会社ラウンジ」はクレジットカード会社の「カードラウンジ」とは一線を画しています。使い方や利用条件も異なるため、ゴールドカード会員だからと言ってクレジットカードを見せて「航空会社ラウンジ」に入ろうとすると断られて恥をかくことになります。自分が見つけた空港ラウンジが「航空会社ラウンジ」なのか「カードラウンジ」なのか、よく見極めて入りましょう。

空港ラウンジで選ぶなら?
ゴールドカード以上のクレジットカード

空港ラウンジサービスが無料で利用できるおすすめクレジットカード

「空港ラウンジとは?」「カードラウンジと航空会社ラウンジの違いとは?」という疑問に答えが出たところで、実際に空港ラウンジの利用者に選ばれているクレジットカードをランキング形式で5種類ご紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
恋人や家族、同伴者と一緒に空港ラウンジが使える!プライオリティパス年2回
年会費 29,000円+税 還元率 0.3%~1.0%
ラウンジ利用可能な空港数 国内28空港
海外2空港
空港ラウンジ特典 同伴者1名まで無料
プライオリティ・パス会員

『アメックス・ゴールド』は同伴者1名無料!プライオリティ・パスも!

世界のステータスカードは空港ラウンジの利用もスマート。恋人や家族と一緒に利用できます。

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』は、日本で最も有名なゴールドカード。人気のステータスカードです。空港ラウンジは国内28空港・海外2空港が利用可能。同伴者1名まで無料で利用できるので、家族や恋人、同僚と空港ラウンジが利用できます。さらに『アメックス・ゴールド』は家族カード1枚まで無料!家族会員も同伴者1名まで無料です。海外に強く、世界中どこでも安心です。

「プライオリティ・パス」の空港ラウンジが年2回無料!旅行保険や日本語サポートも素晴らしい

『アメックス・ゴールド』は、本会員、家族会員共に国内外1,000箇所以上の空港VIPラウンジが利用できる「プライオリティパス」に無料で登録できます。VIPラウンジの利用料は1回27ドルですが、家族カードでも年間2回まで無料。海外旅行保険も自動付帯。乗継遅延費用や出航遅延・欠航・搭乗不能費用、受託手荷物遅延・紛失も補償。旅行トラブルを海外でも日本語でサポートしてくれます。

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】
国内28空港+海外2空港ラウンジ!ランクアップでプライオリティ・パス獲得
年会費 無料(2年目以降:10,000円+税) 還元率 0.5%~0.80%
ラウンジ利用可能な空港数 国内28空港
海外1空港
中国25空港※期間限定
空港ラウンジ特典 プレミアにランクアップで
プライオリティ・パス会員

『JCBゴールドカード』は海外旅行に強い!プライオリティ・パスも!

海外旅行と観光地に強いJCBのクレジットカード!中国国内空港ラウンジサービスも継続中!

『JCBゴールドカード』は日本を代表する国際ブランドJCBのプロパーカード。国内で最高のステータスを持つクレジットカードです。JCBは日本人の要望を的確に反映するサービスが特徴。観光地を中心に海外旅行のサポートで定評があります。さらにビジネスユーズに応えて中国国内25空港33ラウンジが無料で利用できるキャンペーンを2012年から継続中。中国への海外出張でも選ばれています。

『JCBゴールド ザ・プレミア』にランクアップ可能!「プライオリティパス」が無料で付帯!

『JCBゴールドカード』にはワンランク上のゴールドカード『JCBゴールド・ザ・プレミア』が用意されています。これにより「プライオリティ・パス」のプレステージ会員券が無料で付帯します。インビテーションの獲得条件は利用金額が2年連続100万円以上など、それほど厳しくありません。年会費は据え置きできる上、特典や補償のグレードもアップするので、申し込んで大切に育てるのがおすすめです。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
世界600ヶ所以上の空港ラウンジ!航空会社ラウンジも使えるステータスカード
年会費 22,000円+税 還元率 0.4%
ラウンジ利用可能な空港数 世界600ヶ所以上
国内28空港
空港ラウンジ特典 一部の航空会社ラウンジが利用可能

『ダイナースクラブカード』世界600ヶ所以上の空港ラウンジが無料

空港ラウンジの使い方はダイナースクラブカードと航空券を見せるだけ!世界中で利用可能!

『ダイナースクラブカード』はアメリカン・エキスプレス・カード以上のクオリティとサービスを誇るクレジットカード。世界的なステータスカードです。空港ラウンジは世界600ヶ所以上をカバー。プライオリティ・パスでは利用できない日本の航空会社ラウンジも利用できます。利用方法はダイナースクラブカードと当日の航空券を見せるだけ。家族カード会員も国内28空港でVIPラウンジが無料です。

上質を知る人にこそ相応しいステータスカード!利用限度額なし!旅行傷害保険や特典も充実

『ダイナースクラブカード』は審査が厳しいクレジットカードとしても有名。そのステータスの証として国内・海外旅行障害保険は最大1億円を補償。海外での怪我や病気などで発生した治療費や賠償責任、携行品損害、救援者費用もきちんと補償されます。トラベルデスクは国内/海外を問わず快適な旅のためのきめこまやかなサポートを提供。上質を知る人にこそ相応しいクレジットカードです。

MUFGカード プラチナ・アメリカンエキスプレスカード

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
プライオリティパスで1000ヶ所以上の空港ラウンジ!銀行系アメックスプラチナ
年会費 20,000円+税 還元率 0.5%~1.0%
ラウンジ利用可能な空港数 国内28空港
海外1空港
※世界1,000ヶ所以上
空港ラウンジ特典 プライオリティ・パス会員
子会員も発行可能

『MUFGカード プラチナ・アメックス』子会員もプライオリティ・パス

申し込み制で持てる!コストパフォーマンス最高のアメリカン・エキスプレス・プラチナカード!

『MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』は申し込み制で持てる唯一のアメリカン・エキスプレス・カードのプラチナカードです。三菱UFJニコスカードの銀行系クレジットカードなのでステータスも十分。世界中で高いステータスを誇ります。クレジットカード単体では国内28空港、海外1空港をカバー。プライオリティ・パスを無料で発行できるので、海外旅行でも大活躍します。

プライオリティ・パスを最もお得に持てるクレジットカード!家族カード会員も無料で取得!

プライオリティ・パス目的だけでなく、ステータスカードとしての価値、特典から『MUFGアメックス・プラチナ』は選ばれています。特筆すべきは年会費無料の家族カード!家族会員もプライオリティ・パスのプレステージ会員券を無料で取得できます。しかも最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯する上、家族特約も付帯します。コストパフォーマンスは最高です。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
VISAで国内最高峰のクレジットカード! 空港ラウンジは28ヶ所をカバー
年会費 無料(2年目以降:10,000円+税) 還元率 0.4%~
ラウンジ利用可能な空港数 国内28空港 空港ラウンジ特典 なし

VISA最高峰で空港ラウンジなら『三井住友VISAゴールドカード』

VISAで選ぶなら三井住友VISAカード!無料で利用できる空港ラウンジは国内28カ所

『三井住友VISAゴールドカード』は日本で最も歴史のあるVISAカード発行会社、三井住友カードのゴールドカードです。国内でのステータスは国際ブランドのプロパーカードに次ぐレベル。今後の使い方次第で国内VISA最上位のクレジットカードである「三井住友VISAプラチナカード」にもランクアップ可能です。無料で利用できる空港ラウンジは国内28ヶ所。主要空港はすべて網羅されています。

国際ブランドVISAの通用力!中国銀聯カードも発行可能!旅行保険や補償も魅力

『三井住友VISAゴールドカード』には国内外の旅行保険が付帯されています。傷害死亡・後遺障害の場合、最高5,000万円を補償。また病気や怪我の治療費、賠償責任、携行品損害、救援者費用、海外旅行傷害保険家族特約は全て自動付帯されています。中国出張用の三井住友銀聯カードも年会費無料、新規発行手数料無料で取得できます。海外でも国内でも安心して利用できるステータスカードです。

「航空ラウンジ」の種類と特徴 航空会社ラウンジとカードラウンジの違い

クレジットカード会社が提供する「カードラウンジ」の特徴

ゴールドカード以上で利用できる「カードラウンジ」が大人気!

クレジットカード会社が空港ラウンジの運営会社と提携して提供するのが「カードラウンジ」です。複数のクレジットカード会社が乗り入れて、共同で提供していることが多いのが特徴です。持っているカードによって異なりますが、基本的に利用できるのはゴールドカード以上のプレミアムカードユーザーのみ。ゴールドカードの提示と共に、当日の搭乗券が必要です。

「アメリカン・エキスプレス・カード」なら同伴者1名も無料!家族カードも同伴者1名まで無料!

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)「カードラウンジ」は同伴者も利用できますが、多くの場合、有料となります。ただしアメックスのプロパーカードを持っていれば、カード会員本人だけでなく同伴者1名までカードラウンジが無料で利用できます。『アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)』(年会費12,000円+税)でもOK。家族カードでもカードラウンジの使い方は同じ。家族会員の同伴者も1名まで無料で「カードラウンジ」が使えます。

ただしアメックスでも提携カードはNGです。それがたとえゴールドカードでも、提携カード会員は同伴者は対象外です。会員本人はアメリカン・エキスプレスが提供する国内外の空港ラウンジを無料で利用できますが、同伴者は有料でしか利用できません。たとえば『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費12,000円+税)はカード会員本人しか利用できません。

「JCBゴールドカード」は国内28空港+ハワイホノルル空港が無料!プライオリティパスへの道も

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】ゴールドカードには「カードラウンジ」の提供数を絞ったり、廃止したりすることで年会費を割安に抑えているものがいくつもあります。それら格安ゴールドカードと一線を画すのが、国内28空港をフルで提供する『JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】』(初年度無料、年会費10,000円+税)です。国内の主要28空港内に加え、ハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジが年中無休・無料で使えます。

さらに素晴らしいのは招待制の上級ゴールドカード『JCBゴールド ザ・プレミア』が用意されていること。『JCBゴールドカード』愛用者に送られてくる招待状(インビテーション)でランクアップすれば「プライオリティ・パス」のプレステージ会員券(年間399米ドル)が無料で獲得できます。所定の条件をクリアすれば年会費も据え置き。最もお得にプライオリティ・パスのフル会員券を取得できます。世界中1,000ヶ所以上の空港で飛び立つまでの待ち時間を、ドリンクサービスや軽食、無料Wi-Fiなどのラウンジサービスを利用しながらゆったり過ごすことができるのです。

「ダイナースクラブカード」は世界600箇所でVIPラウンジを提供!家族カードも航空会社ラウンジOK

ダイナースクラブカードいまや空港ラウンジサービスは、ほとんどのゴールドカードで提供しています。そのため繁忙期の「カードラウンジ」は、混んでて利用できないこともあります。その場合、特別な「航空会社ラウンジ」が利用できるカードがおすすめ。その代表格が『ダイナースクラブカード』です。

ダイナース会員は成田空港の航空会社ラウンジ「第1ターミナルビル KAL Business Class Lounge」や「第2ターミナルビル T.E.Iラウンジ」が利用できます。アメックスよりも上のサービスです。しかも家族カード会員(年会費5,000円)も本会員と同じく世界600ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できます。

「カードラウンジ」で選ぶクレジットカード比較
券面画像・クレジットカード名 年会費 航空会社ラウンジの利用 その他の特典
アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
12,000円+税 不可 国内28空港+ハワイ・ホノルル空港が同伴者1名まで無料。家族会員とその同伴者も無料。家族カードは年会費6,000円+税。
JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】
JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】
10,000円+税
※初年度無料
不可 国内28空港+ハワイ・ホノルル空港ラウンジが家族会員も無料(※家族カードは1枚目無料)
『JCBゴールド ザ・プレミア』にランクアップで「プライオリティ・パス」
ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード
22,000円+税 一部の航空会社ラウンジを利用可能
例)成田空港KALラウンジ
国内外主要空港をはじめ、世界600ヵ所の航空会社ラウンジを含む空港ラウンジが家族会員も無料。家族カードは年会費5,000円+税。

空港ラウンジの使い方は簡単! 受付で搭乗券とクレジットカードを提示するだけ

空港ラウンジを利用する方法は簡単です。ただ使い方以上に大切なのは自分のクレジットカード会員資格で利用できる空港ラウンジを見つけること。空港ラウンジはチェックインカウンターの外側と内側のどちらにも色々と設けられているため、使えるカードラウンジを探すのは意外に大変です。まずは空港ラウンジの場所を確認して下さい。あまりに遠ければ出発に遅れることも考えられます。ご注意下さい。

空港ラウンジがクレジットカードで使えるカードラウンジか確認!

空港ラウンジを無事に見つけられたら、次はクレジットカードそのものの確認です。空港ラウンジサービスはゴールドカード以上のクレジットカード会員限定のサービスです。自分がその会員資格を持っていることを証明するため、入口のレセプション(受け付け)に対象のクレジットカードを持って入る必要があります。この時、対象外の航空会社ラウンジだと丁重にお断りされてしまいます。

利用方法は(1)クレジットカード、(2)当日の搭乗券、を提示するだけ

空港ラウンジの利用方法で必要なのはあとは搭乗券です。空港ラウンジは当日飛行機に乗る予定があるから利用できる特別なサービス。そのため、当日の搭乗券を示す必要があります。ただ必要なのはこれだけ。空港ラウンジの使い方は非常に簡単です。(1)クレジットカード、(2)当日の搭乗券、この2点を入口で示すだけです。しかし航空会社ラウンジはゴールドカードでは利用できないのでくれぐれも注意が必要です。

「航空会社」が運営するVIPラウンジ「航空会社ラウンジ」の特徴

「航空会社」のVIPラウンジはファーストクラス利用者やマイレージの上級会員のみが利用できる

その空港を拠点とする「航空会社」が用意しているVIPラウンジ「航空会社ラウンジ」は、利便性を考えて搭乗口の近くにある場合が多いのが特徴です。ファーストクラスやビジネスクラスなどの搭乗者や、その航空会社を何度も利用しているマイレージプログラムの上級会員が「航空会社ラウンジ」を利用できます。基本的にクレジットカード会員資格だけでは利用できません。

「デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド」はスカイチーム「航空会社ラウンジ」を利用可能

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードその中で唯一、『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費26,000円+税)会員だけは例外で「航空会社ラウンジ」を利用できます。『デルタ スカイマイル・アメックス』会員が利用できるのは、アメックスのカードラウンジと、デルタ航空が所属する航空連合「スカイチーム」のVIPラウンジ「スカイチーム ラウンジ」です

これは「デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド」所有者に、デルタ航空の上級会員資格『ゴールドメダリオン』が与えられるから。航空会社のゴールドカード会員は言わば最上のお得意様です。国際線対象のスカイチーム特典がもらえるのも肯けます。実際『ゴールドメダリオン』会員は、スカイチームの上級会員「エリートプラス」として扱われます。

航空会社のカード会員でも「カードラウンジ」だけが利用できることが多い

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード「航空会社ラウンジ」の使い方は基本的に通常のカードラウンジと同じです。会員証(およびその資格が付与されたクレジットカード)と当日の搭乗券を提示することで本人と同伴者(1名)が利用できます。しかし航空会社のクレジットカード会員でも一般カードの場合「航空会社ラウンジ」は利用できません。

たとえば『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費12,000円+税)ではアメックスが提供している「カードラウンジ」のみが利用可能です。ただし提携カードなので同伴者1名無料のアメックス特典も利用できません。空港ラウンジ利用の観点からはゴールドカードの方がおすすめです。

「デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド」は同伴者無料!デルタの「VIPラウンジ」もOK!

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード『デルタ スカイマイル アメックス』で見られた制限は上位カードである『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』(年会費26,000円+税)では一切ありません。むしろ通常のアメックスよりも空港ラウンジ利用では条件は遙かに上です。アメリカン・エキスプレスが提供する「カードラウンジ」だけでなく、デルタ航空の「VIPラウンジ」も利用できるからです。

『デルタ スカイマイル アメックス』カード会員はアメックスと同じく同伴者1名まで無料で空港ラウンジが利用できます。さらに世界各地に拠点をもつ「デルタ スカイクラブ」を含むスカイチーム・ラウンジも利用可能です。空港ラウンジにこだわるのであれば、これらのゴールドクラスのカードを狙うのが良さそうです。

JALの「サクララウンジ」は「JALプラチナカード」所有者でも有料!VIPラウンジを無料で利用するのは難しい!

JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)羽田空港にあるJALの「サクララウンジ」は、なかなか利用できないスペシャルな空港ラウンジとして有名です。希望すれば一般の方でも利用できるとされていますが、3,000円+税の使用料がかかる上、JALホームページを通じて事前に予約する必要があります。なかなかのハードルの高さです。

さらにJALカードユーザーであれば気軽に利用できるのかと思いきや、『JALプラチナカード(JCB)』や『JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)』(年会費31,000円+税)会員であっても無料では利用できません。JALプラチナカード会員もJAL航空会社ラウンジの利用には3,000円+税の利用料、もしくはサクララウンジの利用クーポンが必要です

ビジネスクラスやファーストクラス利用者、JAL上級会員のみがVIPラウンジを無料で利用可能

JALの「航空会社ラウンジ」を無料で利用できるのは、JAL国内線ファーストクラスや、JAL国際線ビジネスクラスの利用者、もしくはJALマイレージバンク(JMB)の上級会員「サファイア」以上の方々となっています。サファイアの会員資格はJALだけで年25便以上の登場回数が挙げられるなど、獲得条件のハードルは極めて高いです。

「航空会社ラウンジ」で選ぶクレジットカード比較
券面画像・クレジットカード名 年会費 航空会社ラウンジの利用 その他の特典
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
26,000円+税 スカイチーム提携航空会社利用時にスカイラウンジを利用可能 国内28空港+ハワイ・ホノルル空港ラウンジが家族会員も同伴者1名まで無料
デルタ航空ゴールドメダリオン会員資格。
家族カードは1枚12,000円+税。
ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード
22,000円+税 一部の航空会社ラウンジを利用可能。
例)成田空港KALラウンジ
国内外主要空港をはじめ、世界600ヵ所にある航空会社ラウンジを含む空港ラウンジが家族会員も無料。
家族カードは年会費5,000円+税。
JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)
JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)
31,000円+税 一部の航空会社ラウンジをプライオリティ・パスで利用可能。
例)成田空港KALラウンジ
世界850以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスを家族会員も発行可能(AMEXブランドのみ)。
家族カードは年会費15,500円+税。

「空港」が運営する特別な空港ラウンジの特徴

「空港」運営のVIPラウンジは特別な機会で利用されるコンシェルジュ空間

空港ラウンジのシャワー空港の運営会社そのものが提供する「VIPラウンジ」は、一般の方はほとんど利用できない特別な空間です。皇室の方々や外交官、他国の王族、VIP級の要人が利用しています。

ただしその中でも一部は営利目的で設置されているものがあります。たとえば羽田空港の第1旅客ターミナル エアポートラウンジでは、フリードリンクサービスやシャワーなどのサービスを、1,907円+税で提供しています。座席数も限られており、完全分煙化された喫煙ルームなども用意されています。

空港の「VIPラウンジ」と思ってたら「カードラウンジ」だったりする

ただし空港の中にはクレジット会社と提携しているところもあり、ゴールドカード以上の会員である場合は、無料で利用することができたりします。たとえば前述の羽田空港の国内線ターミナルのラウンジは、本人名義のゴールドカードと当日の搭乗内容が確認できる搭乗券または控え等を持っていれば、無料で利用できます。実質、カードラウンジになっているんですね。日本では航空会社のラウンジ=VIPラウンジと思った方が良さそうです。

世界中の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」の特徴

「プライオリティ・パス」は世界120か国400都市1,000か所以上のラウンジが利用できる

プライオリティ・パスどこの空港ラウンジが使えて、どこの空港ラウンジが使えない、なんてことをいちいち考えなくて済むオールマイティなカードは無いのでしょうか? いま現在、最もそのカードに近いのが、世界最大のネットワークを誇る空港ラウンジ・アクセス・プログラム「プライオリティ・パス」です。

世界120か国400都市1,000か所以上のラウンジ・ネットワークを誇ります。このカードならば世界中の空港で、ほとんど必ずどれかの空港ラウンジを利用できます。

「プライオリティパス」の会員ランクと料金比較
会員ランク 年会費 会員都度利用料 同行者都度利用料
プレステージ会員 399ドル(約48,017円) 無料 27ドル(約3,249円)
スタンダードプラス会員 249ドル(約29,964円) 27ドル(約3,249円)※10回まで無料 27ドル(約3,249円)
スタンダード会員 99ドル(約11,910円) 27ドル(約3,249円) 27ドル(約3,249円)

最上級「プレステージ会員」なら世界中の空港ラウンジが無料!

「プライオリティ・パス」は航空会社や搭乗クラスに関係なく、全世界中で1,000ヶ所以上の空港ラウンジを無料/有料で利用できるという特権的な権利を提供する企業の名前であり、その権利を表すカードの名前でもあります。「プライオリティ・パス」は会員を3ランクに分けており、年間無料利用回数無制限の最上級会員が「プレステージ会員」です。通常、「プライオリティ・パス」付き、と言えば、この「プレステージ会員」資格のことを指します。

『MUFGカード プラチナ』は年会費無料の家族カードでもプライオリティ・パス発行OK!

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード「プレステージ会員」年会費は、399USドル(単純計算で40,000円ほど)。一般のゴールドカードよりも遙かに高い金額設定ですが、多くのプラチナカードが5万円~10万円以上の価格設定をしていることからすれば当然と言えます。この「プライオリティ・パス」目的で最も選ばれているプラチナカードが、『MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費20,000円+税)です。

多くのプラチナカードが年会費10万円以上のところ、本カードは2万円と格安! しかも招待制のところ、本カードは申し込み制です。審査さえ通れば、『MUFGカード プラチナ・アメックス』会員は年間20,000円+税で「アメックス・プラチナ」の権利と「プライオリティ・パス」の最上級会員「プレステージ会員」の権利も手に入れられるのです。しかも年会費無料の家族カード会員もプライオリティ・パスを発行可能!コストパフォーマンスは最高です。

『JCBゴールド ザ・プレミア』で「プライオリティ・パス」獲得!実質10,000円で持てる!

JCBゴールド ザ・プレミア『JCBゴールド ザ・プレミア』は、『JCBゴールドカード』に入会後、一定の基準を満たしたユーザーがランクアップできるステータスカードです。『JCBゴールド ザ・プレミア』はワンランク上の充実したサービスが特徴ですが、「プライオリティ・パス」のプレステージ会員券も付帯します

『JCBゴールド ザ・プレミア』を持つには、最低限、年間100万円以上のショッピング利用を2年続ける必要があります。しかし年間100万円以上のショッピング利用でサービス年会費5,000円は無料となります。そのためこれまでと同じ利用実績であれば、『JCBゴールドカード』の年会費10,000円+税のままで「プライオリティ・パス」が利用できます。

『楽天プレミアムカード』は「プライオリティ・パス」最安のゴールドカード!わずか10,000円!

楽天プレミアムカード一方で「プライオリティ・パス」を最安で手に入れられるカードを売りにしているのが『楽天プレミアムカード』(年会費10,000円+税)です。安い分、家族会員に権利は与えられませんが、『楽天プレミアムカード』本会員は最初から最安の10,000円+税で「プライオリティ・パス」のプレステージ会員券を獲得できます

家族カード会員は取得できませんが、本人だけと割り切ってプライオリティ・パスを手に入れるなら最高のコスパです。プライオリティ・パスのプレステージ会員券を手に入れて世界約130の国や地域、約500の都市で約1,000ヵ所の空港ラウンジを無料で利用しましょう!

プライオリティ・パス「プレステージ会員」資格が格安で手に入る!評判の大人気クレジットカード
券面画像・クレジットカード名 年会費 家族カードのプライオリティ・パス 空港ラウンジ特典
MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円+税 家族カードでも発行
※家族カードは1枚まで無料
プライオリティ・パス プレステージ会員
国内28空港ラウンジ無料
プラチナ・コンシェルジュサービス(国内・海外)
JCBゴールド ザ・プレミア券面画像
JCBゴールド ザ・プレミア
※JCBゴールドからランクアップ
10,000円+税
+5,000円+税※免除条件あり
家族会員は発行できない プライオリティ・パス プレステージ会員
国内28空港+ハワイ・ホノルル空港ラウンジ無料
ゴールド会員専用デスク
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
10,000円+税 家族会員は発行できない プライオリティ・パス プレステージ会員
国内28空港ラウンジ無料
ゴールドデスク無し。

「プライオリティ・パス」を使った空港ラウンジの利用方法

プライオリティ・パスの利用方法はラウンジ入口で会員証を提示するだけ

「プライオリティ・パス」で空港ラウンジを利用したい方は、本人の「プライオリティ・パス会員証(以下、会員証)」を用意してください。以下が使い方になります。

  1. 受付で「会員証(「デジタル会員証」でもOK)」を提示する
  2. 受付の係の方に空港ラウンジの利用伝票を発行してもらう(利用人数や日にちを確認)
  3. 利用伝票(「電子リーダー端末」の場合あり)にサインして利用開始

「プライオリティ・パス」と「カードラウンジ」との利用方法の違い

「プライオリティ・パス」で空港ラウンジを利用する際は、プライオリティ・パス会員証を提示する必要があります。空港ラウンジでは「プライオリティ・パス」会員証以外の当日の搭乗券などを提示する必要はありません。これがクレジットカードと当日の搭乗券を提示するカードラウンジとの利用方法の最大の違いです。

搭乗券不要=他の航空会社ラウンジもプライオリティ・パスで自由に利用可能!

搭乗券が不要と言うことは、他の航空会社のラウンジも自由に利用可能ということ。たとえば格安航空会社(LCC)の搭乗券を大韓航空の空港ラウンジで提示するのは恥ずかしいですよね。プライオリティ・パスは航空券に縛られません。登録されているのであれば、どんな空港ラウンジでも自由に利用可能です。「プライオリティ・パス」を持っているだけで特別な選ばれた方であることは明らかなので、提示するのは会員証だけで良いんです。

「カードラウンジ」ではプライオリティ・パスでは不要な当日の搭乗券が必要

クレジットカードで利用する「カードラウンジ」では、入口でクレジットカードと当日の搭乗券が必要でした。この搭乗券がエコノミークラスだったり、格安航空会社(LCC)のチケットだったりするとちょっと恥ずかしかったですよね。でもカードラウンジと違って「プライオリティ・パス」では搭乗券を見せる必要はありません

「プライオリティ・パス」は「デジタル会員証」でも利用可能!

「プライオリティ・パス」はスマートフォンアプリを利用した「デジタル会員証」に対応を始めました。実物のカード会員証が無くてもOK。アプリを開いてQRコードを読み取ってもらえば利用できます。「プライオリティ・パス」の利用方法はカードラウンジと違って非常にスマートです。ただしプライオリティ・パスの「デジタル会員証」が利用できるクレジットカードは非常に限られます(後述)。

「プライオリティ・パス」の「デジタル会員証」の利用方法

「プライオリティ・パス」所有者が「デジタル会員証」を利用する方法は簡単です。利用方法は入口で「デジタル会員証」を見せるだけ。スマホでスマートに利用可能です。必要なのは(1)プライオリティ・パス」と、(2)iPhoneもしくはAndroidのスマートフォン、そして(3)インターネット環境です。外国ではこのインターネット(Wi-Fi)環境が最大のネックかも知れません。

「プライオリティ・パス」を使うときの注意点!

「プライオリティ・パス」は同伴不可能!本人しか利用できません!

「プライオリティ・パス」は会員証を持つ会員本人しか利用できません。アメリカン・エキスプレス・カードのプロパーカードのように、同伴者1名無料などの特典は利用できません。プライオリティ・パスは本人しか利用できないため、同伴者がいた場合は1人につき平均27米ドル以上がかかります。ご注意下さい。

「プライオリティ・パス」には署名(サイン)が必要です!

「プライオリティ・パス」の利用にあたっては裏面に署名(サイン)が必要です。その理由はクレジットカードと同じ。利用者(会員)の責任を明確にするためです。サインが無ければその場で書くことになって恥をかくので、原本が届いたら必ず署名して下さい。

利用伝票はきちんと確認!利用料金は記載されません

プライオリティ・パスで空港ラウンジを利用する際には、利用伝票をきちんと確認して下さい。利用伝票には、利用日や利用人数(同伴者の数)が記載されています。まちがって周りの人が登録されてしまっても、利用伝票には利用料金が書かれていません。そのため間違いを見落としがちです。しっかり利用日と人数を確認してください。

「デジタル会員証」はクレジットカードのプライオリティ・パスでは利用できない!?

「プライオリティ・パス」の「デジタル会員証機能」は非常に便利な機能で、欧米では広く普及しています。原本を持ち歩く必要が無いため、紛失するリスクが少なく、利用も非常にスマートです。ただし現在のところ、三井住友トラストクラブ(旧シティカード)以外の他のクレジットカード会社の特典で「プライオリティ・パス」に申し込んだ方は「デジタル会員証機能」が利用できません。一般に「デジタル会員証」を利用可能なのはプライオリティ・パスの公式サイトから新規に申し込んだ場合に限られます。

「プライオリティ・パス」アプリを入れても「会員証」としては使えません!

この問題はプライオリティ・パスのアプリ評価にも現れています。プライオリティパス公式アプリには対応ラウンジを検索する機能もあるのですが、日本では「デジタル会員証」機能がまともに使えないのです。そんとあめ海外の英語のiTunesサイトではアプリが高い評価を受けているのに対して、日本語のiTunesサイトでは★1しかついていません。

「カードを登録するスイッチが機能しません」「全く使えません。こんなのない方がいいです。カード携帯が省けるかと思ってたのに。」といった書き込みは、この特殊事情を知らなかった方の切実な声だと思います。非常に残念です。

カードラウンジ?VIPラウンジ?
空港ラウンジに注目したクレジットカードの選び方

空港ラウンジ無料のゴールドカード!クレジットカード選び【5つのポイント】

  1. 国内空港で選ぶ!自分が利用する空港で使えるカードを選ぼう!
  2. 快適性で選ぶ!空港ラウンジの混み具合をチェック!
  3. 海外空港で選ぶ!国内空港だけで良い? 海外空港は必要?
  4. プライオリティ・パスで選ぶ!必要かどうかよーく考えよう!
  5. 複数名利用で選ぶ!同伴者料金や利用形態もチェック!

「“空港ラウンジ”が無料で使える」ということをウリにしているクレジットカードも多いですが、ここで言われている“空港ラウンジ”とは、要は「カードラウンジ」のこと。どこの空港のどんなラウンジも使い放題というわけではありません。クレジットカードで空港ラウンジを無料で利用したいなら、まずは自分がふだん利用する空港でラウンジが使えるのかどうか、リサーチしておきましょう。

年会費の安いゴールドカードでは使えない空港ラウンジがある

日本には国際空港や地方空港を合わせて約92の空港があると言われています。しかし、その全てに空港ラウンジがついているわけではありません。またたとえプラチナカードであったとしても、航空会社ラウンジは無料では利用できなかったりします。

国内では約30カ所の空港でラウンジが運営されていますが、空港内には色々な種類のラウンジがあります。その全てを利用できるクレジットカードはほぼありません。ですので、よく利用する空港のラウンジに対応しているかどうかを事前にリサーチしておく必要があると言えるでしょう。

年会費の安いゴールドカードは主要空港のカードラウンジでも利用できないことが多い

成田空港や羽田空港などの主要空港の場合は、規模も大きく、ラウンジの数も多く用意されています。利用者数も多いため、ほとんどのゴールドカードがこれら主要空港のラウンジをカバーしています。しかし地方の空港では利用できるものが限られているので、注意が必要です。

格安ゴールドカードで国内主要26空港のカードラウンジが使えるのは『楽天ゴールドカード』だけ

楽天ゴールドカード格安ゴールドカードの『楽天ゴールドカード』(年会費2,000円+税/還元率1.0%:100円で1ポイント)は国内26空港・海外2空港をカバー。空港ラウンジ目的なら最もおすすめです。実際、多くのゴールドカードが下記の一般的な空港リストに準じてカードラウンジサービスを提供しています。

自分が利用する空港のラウンジが利用できないのであれば、クレジットカードを持つ意味がありません。自分が利用する空港が下記のリストに含まれているかどうか、まずはチェックして下さい。

クレジットカードで利用できる代表的なカードラウンジ<全28空港42ヶ所>国内26空港・海外2空港

【国内】新千歳空港/函館空港/青森空港/秋田空港/仙台空港/羽田空港/成田国際空港/新潟空港/富山空港/中部国際空港/小松空港/大阪国際空港(伊丹空港)/関西国際空港/神戸空港/岡山空港/広島空港/米子空港/山口宇部空港/高松空港/松山空港/徳島空港/北九州空港/福岡空港/長崎空港/大分空港/熊本空港/鹿児島空港/那覇空港/【海外】ハワイ・ホノルル国際空港/韓国・仁川空港

激混みの空港ラウンジではくつろげない!質の高いカードラウンジを探せ!

MUFGカード ゴールド格安ゴールドカードの代表格、年会費2,000円以下で持てるゴールドカード『MUFGカード ゴールド』(初年度無料、年会費1,905円+税※割引き有り)でも、成田国際空港や羽田空港(国際線旅客ターミナル)など国内の6つの主要国際空港とハワイ・ホノルル国際空港の国際線のカードラウンジが利用できます。これらの空港ラウンジがカードラウンジの最低ラインです。しかし、逆に言えばこれらの主要空港ラウンジは、格安ゴールドカードの利用者であふれかえっているのです。

クレジットカード会員で激混みの可能性が高い主要空港ラウンジ

新千歳空港「ロイヤルラウンジ」/成田国際空港 第1ターミナル「IASS Executive Lounge1」/成田国際空港 第2ターミナル「IASS Executive Lounge2」/羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX」/関西国際空港「カードメンバーズラウンジ六甲/金剛/比叡/アネックス六甲」/福岡空港「くつろぎのラウンジTIME」/ハワイ・ホノルル国際空港「IASS HAWAII LOUNGE」

「カードラウンジ」の限界!成田や羽田、関空の空港ラウンジは混んでる可能性が高い!

MUFGカード ゴールドプレステージそこで求められるのが、自分が利用する国際空港で空港ラウンジが利用できるのか否か、そして本当に快適に利用できるのか、です。たとえば同じ羽田空港でも、国際線旅客ターミナルの「SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX」は、『MUFGカード ゴールド』でも利用できます。しかし第1ターミナル「エアポートラウンジ(北)/(南)/(中央)」や、第2ターミナル「エアポートラウンジ2F(南)/3F(チェックインロビーエリア)/4F(北ピア)」は、『MUFGカード ゴールドプレステージ』(初年度無料、年会費10,000円+税※割引き有り)以上でなければ利用できません。こちらの方が快適と言えるでしょう。

日本の空港ラウンジは使えても海外の空港ラウンジは使えない

多くのゴールドカードが謳っている「空港ラウンジ」利用は、そのほとんどが国内の主要国際空港の「カードラウンジ」のみに限られます。海外で利用できる「カードラウンジ」は、アメリカ・ハワイのホノルル空港のみに限られる場合がほとんどです(多くのカードで韓国の仁川国際空港は外れてしまったようです)。

海外旅行によく行く方でなければ、通常は日本の国際空港だけを意識すれば良いと思います。ただ国内線より国際線の方が使う機会の多い人は、海外の空港ラウンジを使用することができるカードを選ぶ必要があります。

「ダイナースクラブカード」は海外空港ラウンジもOK!世界600ヶ所で航空会社ラウンジも利用可能

ダイナースクラブカードダイナースクラブカード』はこの点でも別格の存在です。国内外の空港600ヵ所以上に会員専用の空港ラウンジを提供してくれています。出張などで利用することも多い中国や韓国、タイといったアジアの主要空港だけでなく、フランスやアメリカ、イギリスなど全世界の空港ラウンジが利用できます。

しかも利用できるのは「カードラウンジ」だけでなく「航空会社ラウンジ」も含まれます。日本国内では大韓航空が提供している「KALラウンジ」が最も使い勝手が良いでしょう。成田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡国際空港で提供されています。どんな渡航先であってもほぼ確実に空港ラウンジが提供されていると考えて良いと思います。

「ダイナースクラブカード」は「プライオリティ・パス」より使いやすい!

ダイナースクラブ会員は、ダイナースクラブカードと当日利用の航空券を提示するだけで空港ラウンジを利用できます。使い勝手は非常に良く、カード原本を用意しなければならない『プライオリティ・パス』よりも利便性は上です。同伴者が有料になる点が残念ですが、家族カード会員は無料で利用出来ます。快適な空港ラウンジを求めるなら、ダイナースクラブカードを選んでおけば間違いありません。

世界中の空港ラウンジで使用できる「プライオリティパス」は必要か?

「プライオリティパス」とは世界120カ国以上の約400都市にある国際空港で、合計1,000カ所以上の空港ラウンジが利用できる会員権です。プライオリティ・パス出利用できる空港ラウンジは「カードラウンジ」だけでなく一部の「航空会社ラウンジ」も含まれます。世界での通用度は抜群です。プライオリティ・パスは申し込めば誰でも入会できる会員制のパスですが、利用には高額の年会費と利用料を支払う必要があります。

「プライオリティ・パス」はプラチナカード以上で提供!おすすめはMUFGプラチナ・アメックス

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード「プライオリティ・パス」は年会費が最大400ドル近くかかる高級会員権です。この「プライオリティパス」の権利を特典として提供しているクレジットカードを持つことで、最上級のメンバーシップ「プレステージ会員」の権利が無料で獲得できます。その代表格が『MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費20,000円+税)です。

この『MUFGカード プラチナ・アメックス』の素晴らしいところは、カード会員本人(本会員)だけでなく、家族カード会員(1名まで無料)であっても「プライオリティ・パス」を発行してくれるところ。家族も無料で利用できます。このサービスはJCB最高峰の『JCBザ・クラス』(年会費50,000円+税)でさえも付帯しません。

「プライオリティ・パス」をお得に持つなら『楽天プレミアムカード』が最安のクレジットカード

楽天プレミアムカードこのように素晴らしい「プライオリティパス」ですが、無料に出来る「プレステージ会員」の権利を提供しているのはゴールドやプラチナといった高額の年会費を必要とするプレミアムカードのみとなります。その中で最もコストパフォーマンスが良いのが『楽天プレミアムカード』(年会費10,000円+税)です。なんと1万円+税の年会費で、50,000円近い「プレステージ会員」の権利をお得に取得できます。独身で「プライオリティパス」だけを獲得したいなら、間違いなく、『楽天プレミアムカード』でしょう。ただし家族カード会員はプライオリティ・パスは申し込めませんし、同伴者として都度利用料が必要となります。

「プライオリティ・パス」は本当に必要?1人で利用か同伴者も必要かでベストな選択肢は変わる!

JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)通常、「プライオリティ・パス」を付けるには高額のプラチナカード以上を選択する必要があります。しかも「プレステージ会員」本人のみしか無料で利用できません。ある意味で使い勝手の悪い「プライオリティ・パス」は本当に必要なのでしょうか?

とはいえ、空港での待ち時間は、国内より海外の方が疲れるもの。海外に行く機会の多い人は、空港での滞在時間をよりよいものにするためにも、「プライオリティパス」が付帯されたクレジットカードを考えてみるのもよいのではないでしょうか? その際には同伴者も使えるか、家族会員も使えるかをチェックしておいた方がいいでしょう。

ちなみに何もかも全部入りカードで人気なのが、『JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)』(年会費31,000円+税)です。

「プライオリティ・パス」で比較すべきクレジットカード
券面画像・クレジットカード名 年会費 家族会員のプライオリティ・パス その他の特典
JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)
JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)
31,000円+税 家族カードでも発行
※家族カードは年会費15,500円+税
国内28空港+ハワイ・ホノルル空港ラウンジを同伴者も1名まで無料。
プラチナ・コンシェルジュサービス(国内・海外)
MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円+税 家族カードでも発行
※家族カードは1枚まで無料。2枚目~3,000円+税
国内28空港ラウンジ無料。
プラチナ・コンシェルジュサービス(国内・海外)
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
10,000円+税 家族会員はNG
※家族カードは年会費5,000円+税
国内28空港ラウンジ無料。
ゴールドデスク無し。

使うのは1人だけ? 家族や恋人と一緒? 同伴者の利用料金もチェック

複数で飛行機を利用する機会の多い人は、使える空港を調べるだけでなく、同伴者の利用料もリサーチしましょう。出張などで一人で利用する場合はあまり関係ありませんが、恋人や家族との旅行などで、複数人で空港ラウンジを利用するならチェックしておくことが重要です。

『アメックス・ゴールド』は同伴者1名も無料!さらにプライオリティ・パスを年2回利用できる

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード券面この場合、おすすめは、やはり『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費29,000円+税)です。通常利用できるカードラウンジは他のゴールドカードとほぼ同じですが、「アメックス・ゴールド」会員は同伴者1名までカードラウンジが無料で利用できます。さらに家族カード会員も年2回、プライオリティ・パスが利用できます

世界中を旅行するわけでは無いからプライオリティ・パスは重視しない。日本国内での使い勝手やステータスが重要。そういった基準で選ばれている方が多いです。プライオリティ・パス年2回は非常にツボを得たサービスです。

『JAL普通カード(アメックス)』がおすすめ!アメックス・プロパーと同じ同伴者1名まで無料!

JAL普通カード(アメリカン・エキスプレス・カード)その場合でも間違いなく、アメックスはおすすめです。『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費26,000円+税)はもちろん、一般カードの「アメックス・グリーン」でも、国内28空港、海外2空港(ハワイ・韓国)で、同伴者1名まで無料となります。このアメックス特典で最もお得なのが、『JAL普通カード(アメリカン・エキスプレス・カード)』(年会費6,000円+税)です。なんと年会費1万円以下でアメックス・プロパーカードと同じカードラウンジ特典が付帯します。これは多くのJALカードの中でも「JALアメックス」だけの特典です。

『JALプラチナ・アメックス』はプライオリティ・パス付!国内28+1空港で同伴者1名も無料!

JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)通常はプラチナカード会員でも同伴者は一律有料です。そんな中、同伴者も無料となる特別なカードがあります。それが『JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)』(年会費31,000円+税)です。

本カードは3万円台という破格値で持てるJALのプラチナカード。しかも「プライオリティ・パス」も付帯します。これは同じJALプラチナでも『JALプラチナカード(JCB)』には付帯しないサービス。アメリカン・エキスプレス・カードならではの特典です。全てが揃った空港ラウンジ無料カードと言えるでしょう。

「同伴者」が無料となるアメリカン・エキスプレス・カード比較
券面画像・クレジットカード名 年会費 同伴者無料の空港 その他の特典
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード券面
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
29,000円+税 国内28空港+ホノルル空港 家族会員は年会費無料
家族カードも同伴者1名無料、プライオリティ・パス年2回利用可能
JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)
JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)
31,000円+税 国内28空港+ホノルル空港 家族カードにもプライオリティ・パスが付帯
JAL普通カード(アメリカン・エキスプレス・カード)
JAL普通カード(アメリカン・エキスプレス・カード)
6,000円+税
※初年度年会費無料
国内28空港+ホノルル空港 家族カードも同伴者1名無料で年会費最安

空港ラウンジサービスで比較
クレジットカード会社の人気ゴールドカード

【空港ラウンジ無料ゴールドカード】カードラウンジで選ぶクレジットカード比較表

空港ラウンジサービスが無料で利用できるおすすめクレジットカードを比較

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
富裕層のためのアメックス!真のゴールドカードが初年度無料
年会費 29,000円+税(2年目以降:29,000円+税) 還元率 0.3%~1.0%
発行期間 約3週間 限度額 個別に設定
ブランド アメリカンエクスプレス 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ) マイル 200円 = 1マイル

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】
旅行保険と家族特約が最高!日本人のためのゴールドカード
年会費 オンライン入会で初年度無料(次年度以降:10,000円+税)(2年目以降:10,000円+税) 還元率 0.5%~0.75%
発行期間 最短当日カード発行 限度額 公式サイト参照
ブランド JCBカード 電子マネー ID(アイディ) マイル 1pt = 3マイル

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
真のステータスカード!アメックスを凌ぐ品格とサービス
年会費 22,000円+税(2年目以降:22,000円+税) 還元率 0.4%
発行期間 最短3営業日 限度額 一律の利用限度額なし
ブランド 電子マネー マイル 1pt = 1マイル

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
国内最高峰のVISAゴールドカード!年会費割引きで安い
年会費 無料(2年目以降:10,000円+税
※最大4,000円+税まで割引)
還元率 0.4%~
発行期間 最短3営業日 限度額 70~200万円
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー ID(アイディ)WAON(ワオン) マイル 1pt=3マイル

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード
20代限定VISAゴールドカード!海外旅行保険に空港ラウンジ
年会費 無料(2年目以降:5,000円+税
※最大1,500円+税まで割引)
還元率 0.4%~
発行期間 最短3営業日 限度額 50~200万円
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー ID(アイディ)WAON(ワオン) マイル 1pt=3マイル

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
玄人好みのアメックス!ゴールド級の優待特典!初年度無料!
年会費 12,000円+税(2年目以降:12,000円+税) 還元率 0.4~1.0%
発行期間 最短15営業日 限度額
ブランド アメリカンエクスプレス 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ) マイル 1pt = 0.5~1マイル

JALプラチナカード

JALプラチナカード
プラチナカード特典が付帯した最高峰JALカード!
年会費 31,000円+税(2年目以降:31,000円+税) 還元率 1.0%~4.0%
発行期間 約4週間 限度額 個別に設定
ブランド JCBカードアメリカンエクスプレス 電子マネー Suica(スイカ)WAON(ワオン)QUICPay(クイックペイ) マイル 1pt = 1マイル

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
楽天カードのゴールドカード!プライオリティ・パス付き
年会費 10,000円+税(2年目以降:10,000円+税) 還元率 1.0%~2.0%
発行期間 約1週間 限度額 10万円~300万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 200円 = 1マイル

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード
楽天の格安ゴールドカード!還元率最大7%!空港ラウンジ付き
年会費 2,000円+税(2年目以降:2,000円+税) 還元率 1.0%~
発行期間 - 限度額 10~200万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 0.5マイル

MUFGカード ゴールドプレステージ

MUFGカード ゴールドプレステージ
家族特約付き!空港ラウンジも全て使えるゴールドカード
年会費 無料(2年目以降:10,000円+税※減額有) 還元率 0.5%~0.85%
発行期間 最短翌営業日 限度額 10万円~300万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 2マイル

MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールド
空港ラウンジ付き!年会費が安い銀行系ゴールドカード
年会費 無料(2年目以降:1,905円+税※楽Payで半額) 還元率 0.5%~0.85%
発行期間 最短1週間 限度額 10万円~200万円
ブランド マスターカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 2マイル
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金・携帯料金の支払いでお得なクレジットカード比較
高還元率カード比較!ポイントがお得に貯まるおすすめクレジットカード
年会費無料カード比較!おすすめの年会費永年無料クレジットカード
ゴールドカードをお得度で比較!年会費が安いおすすめゴールドカード
「審査」重視派
審査に通りやすい?審査基準で選んだおすすめクレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査が早いおすすめクレジットカード
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
ANAカード比較!ANAマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
最強マイルカード比較!航空会社別マイルが貯まるクレジットカードランキング
JALカード比較!JALマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!世界で通用するプレミアムクレジットカード
銀行系クレジットカード比較!メリットと審査で選ぶおすすめ銀行系カード
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶクレジットカード比較!おすすめの年会費無料カード
海外旅行保険自動付帯のゴールドカード比較!おすすめのクレジットカード
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリンカード=ガソリン代が安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代におすすめのクレジットカード比較!大人のステータス&ゴールドカード
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較!かっこいいステータスカード
50代の申込み制プラチナカード比較!おすすめステータスカードランキング
20代におすすめのクレジットカード比較!18歳以上で初めてなら銀行系カード
新社会人におすすめのクレジットカード比較!20代のヤングゴールドカード
「学生」重視派
学生クレジットカードの審査比較!大学生や専門学生が審査落ちしにくいクレカ
卒業旅行で人気の学生クレジットカード比較!海外旅行保険付き学生カード
学生でも即日発行できるクレジットカード比較!海外旅行直前でも審査OKs
学生におすすめのクレジットカード比較!お得な特典で選ぶ学生カード
「法人カード」比較特集
ポイント還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
年会費無料で選ぶ法人カード! 永年無料の法人クレジットカードと比較
【マイル還元率】で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
「お買い物」重視派
アマゾンでお得なクレジットカード比較!おすすめのAmazonカード
楽天市場でお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
「デザイン」重視派
JCBのディズニーカード比較!ディズニーデザインで選ぶクレジットカード
クレジットカードをデザインで比較!かっこいい&おしゃれなカードランキング
「電車」重視派
おすすめビューカード比較!Suicaにオートチャージできるクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP