国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

アメリカン・エキスプレス・カードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

  • アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

    豊富な特典、優待のあるアメックスのスタンダードカード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.4~1.0%
    13,200円(税込) 13,200円(税込)
    発行期間 ブランド
    最短15営業日 アメリカンエクスプレス
    • 最初のアメックスとして最適!年会費以上のポイントが貰えるご入会キャンペーン!
    • アメックスのプロパーカード=ゴールドクラスのサービスとステイタス!
    • 充実の国内・海外旅行傷害保険!旅の予約も空港ラウンジも無料!
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

    世界で通じるアメックスのステータスカード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.3%~1.0%
    31,900円(税込) 31,900円(税込)
    発行期間 ブランド
    約3週間 アメリカンエクスプレス
    • T&Eサービスを強化した大人のアメックス・ゴールドカード!審査基準もひと味違う
    • 富裕層向けの特別なサービス!ゴールド・ダイニングやゴールドデスクを提供
    • 空港ラウンジは同伴者1名まで無料!家族特約付き国内・海外旅行保険が付帯!
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

    アメックス最上位のステータス!

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.3%~0.4%
    143,000円(税込) 143,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    1~3週間 アメリカンエクスプレス
    • 秘書代わりに活用できるコンシェルジュ・デスク!
    • 高還元率カードとしても使える!マイル還元率1.0%
    • 空港からホテルまで至れり尽くせりの特典
  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカンエキスプレスカード

    年会費以上の特典が豊富なSPGアメックスカード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 1%~4%
    34,100円(税込) 34,100円(税込)
    発行期間 ブランド
    約3週間 アメリカンエクスプレス
    • マイル還元率は最大1.25%!ポイントは40社以上のマイルに無料で交換
    • 高級ホテルグループ「スターウッド プリファード ゲスト」ゴールド会員資格が付帯!
    • SPGアメックスはアメリカンエキスプレスカードの特典が付帯!最高1億円の旅行保険
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(法人カード)

    仕事で便利な特典が多数のアメックスの法人カード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.3~0.4%
    13,200円(税込) 13,200円(税込)
    発行期間 ブランド
    最短15営業日
    • 法人アメックスグリーンは発行しやすい!設立間もない中小企業や個人事業主に人気
    • 利用限度額1,000万円も可能!極度額は個別設定、利用実績で積み上がります!
    • 個人事業主もOK!海外旅行傷害保険は5,000万円!空港ラウンジは同伴者1名無料

アメリカン・エキスプレス・カードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

日本ではたくさんのカード会社から様々な種類のクレジットカードが発行されていますが、数あるカード会社の中でもステイタスの高い富裕層専用のカード会社として知られているのがアメリカン・エキスプレス・カード、通称アメックスです。

今回の記事ではアメックスについておすすめカードやメリット・デメリット、審査基準なども含めて詳しく解説をしていきます。アメックスへの入会を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

アメリカン・エキスプレス・カード5種を徹底比較

アメリカン・エキスプレス・カード 比較 徹底比較

アメックスと一口に言っても、実はカードの種類は豊富にありそれぞれ特徴が違います。まさに富裕層専用と言った高額年会費のカードから、比較的入会しやすいカードもあるのがアメックスの特徴です。まずはアメックスの特徴を理解するためには、アメックスのカードラインナップの中でも代表的なカード5種類を紹介していきます。

アメックス比較①

アメックス比較②

どのカードもそれぞれに特徴がありメリットの多いカードとなっていますので、1枚ずつ特徴を紹介していきます。

実用性やコスパ重視ならアメックス・グリーン

まず最初に紹介するのがアメクッス・グリーンです。アメックス・グリーンは実は正式なカード名称ではなくカードのデザインがグリーンであることからこう呼ばれており、正式にはアメリカン・エキスプレス・カードと言います。アメックス・グリーンはアメックスのラインナップの中では一般カードの位置づけですが、年会費や特典は他のカードとゴールドクラスと同等です。

ポイントはカード利用額100円につき1ポイントが貯まり、1ポイント=0.5~1円程度の価値で様々な他社ポイントやマイル、カード支払いに利用することが出来ます。基本の還元率はそこまで高くはありませんが、「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することで更に還元率を上げることが可能です。「メンバーシップ・ラワード・プラス」に後ほど詳しく解説をしています。

不正利用に対する補償制度が充実しているのもアメックスの特徴で、下記のような補償サービスが自動で付帯しています。

  • オンライン・プロテクション・・・第三者によるネット上の不正利用を全額補償
  • リターン・プロテクション・・・購入した商品の返品に応じてくれない場合、アメックスが払い戻し
  • ショッピング・プロテクション・・・購入した商品の盗難・破損の損害を90日補償

アメックスでは高額な商品を決済する機会が多いので、上記のような補償が充実しているのはとても嬉しいです。ただし商品に関する補償は、アメックスカードを使って決済をした商品に限定される点には注意しましょう。

アメックスのたくさんの特典の中でも、特に旅行に関連した特典が下記のように充実しています。

  • 会員専用旅行サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」
  • HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで電話一本で旅行の手配
  • 手荷物無料宅配(スーツケース1個まで)
  • 空港ラウンジの無料利用(国内外29空港)
  • 国内外1,200ヶ所以上の空港ラウンジを出来る「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、年会費無料で登録出来る。
  • 海外用レンタル携帯電話の割引
  • 海外からも24時間日本語で対応してくれるグローバル・ホットライン
  • 最高5,000万円の旅行保険

これだけの充実した特典が付帯しており、快適に旅行を楽しむことが出来ます。これだけでなく24時365日体制の不正利用監視システムやタッチ決済も可能など、充分すぎる特典が付帯しているのがアメックス・グリーンの特徴で年会費とのバランスを考えるとコスパは抜群です。

ステータスや特典重視ならアメックス・ゴールド

アメックス・グリーンの次にステイタスが高いのが、アメックス・ゴールドです。ゴールは年会費が31,900円で家族は1枚目が無料、2枚目からは13,200円とグリーンよりも更に年会費が高額となっています。特典も更に充実がしており、ゴールドではありますが他のカード会社と比べるとプラチナクラスのステイタスと特典のカードとなっています。

ゴールドカードの特徴は旅行などのトラベルやエンターテイメントに関連した特典がより充実したものとなっており、その代表的な特典の一つが「ザ・ホテル・コレクション」です。このサービスは世界600以上の厳選した高級ホテルで下記のようなサービスを受けることが出来ます。

  • 優待特典で宿泊
  • レストランやスパなどのホテルで利用出来る100ドル分のホテルクレジット
  • お部屋のアップグッレード

更にもう一つゴールドカードならではの特典が、「ゴールドダイニングby招待日和」です。このサービスは全国の高級レストランを2名以上で利用した際に、1名分のコース料金が無料で利用出来る特典です。このようにホテルや外食などの旅行に関する特典が充実しているのがゴールドの特徴です。

またアメックスに付帯していた不正利用などの各種プロテクションサービスに加えて、ゴールドの場合は下記の特典も付帯します。

  • スマートフォン・プロテクション・・・スマートフォンが破損した場合の修理代を補償
  • キャンセル・プロテクション・・・急な出張や病気・ケガによる入院などで旅行やコンサートに行けなくなった場のキャンセル費用を補償

ポイントプログラムはグリーンカードと同様ですが、カードを継続した際の継続ボーナスが豊富で、継続する都度国内のホテル宿泊クーポン15,000円とスターバックスで利用出来る3,000円のクーポンをもらうことが出来ます。年会費は高いですがグリーンよりも更に高いステイタスと、高属性カードならではの優雅な特典が付帯するのがゴールドカードの特徴です。

最上位のステータスを求めるならアメックス・プラチナ

ゴールドよりも更に上位のステイタスを誇るのがプラチナカードです。こちらのプラチナカードは以前までは完全インビテーション制でしたが、最近改定がされて直接申込をすることが可能になりました。プラチナカードの年会費は143,000円とゴールドカードの約4倍の水準となっており、アメックスのステイタスの高さが分かります。

プラチナカードは通常クレジットカードで良く利用するプラスチック製のカードではなく、ずっしりと重みと高級感のあるメタル製のカードになります。さらに24時間365日つながるプラチナ・コンシェルジュデスクの利用が出来きて、旅の手配やレストランの予約など様々な要望に応えてくれます。

またカードを更新すると、国内の高級ホテルを対象としたペア無料宿泊券をもらうことが出来ます。更にファイン・ホテル・アンド・リゾートと呼ばれるサービスが利用出来て、世界1,100ヶ所以上の高級ホテルやリゾートで下記のような特典を受けられます。

  • 優待料金での宿泊
  • 100ドル分のホテルクレジット
  • 12:00よりチェックイン
  • チェックアウトを16:00まで延長
  • 2名分の朝食サービス
  • 部屋のアップグレード
  • 客室のでWi-Fi無料

上記のようなホテルの特典に加えてプラチナカードを保有していると、下記のようなホテルグループの上級メンバーシップ、もしくはVIPプログラムに無料で登録をすることが出来ます。

  • 「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員
  • 「Radisson Rewards™」Goldエリートステータス
  • 「Marriott Bonvoy™(マリオット ボンヴォイ)」ゴールドエリート会員

これらの上級会員に登録するには通常年間数十泊以上宿泊することが条件で、上級会員になると部屋のグレードアップなどの特典を受けることが出来ます。

プラチナカードはポイントプログラムも充実しており、特定のハイブランド加盟店で利用すると何とポイント還元率が10倍になります。対象加盟店は都度変わりますが、下記のような加盟店が対象の一部です。

  • TAG Heuer(タグ・ホイヤー)
  • FRED(フレッド)
  • YAMAHA
  • TOYO KITCHEN STYLE

通常登録するには年3,300円かかるお得なポイントプログラムのメンバーシップ・リワードも、プラチナカードの場合は無料で登録することが可能です。

補償や保険も元々充実しているゴールドに加えて、更に充実した下記のようなプロテクションや保険が付帯されます。

  • スマートフォンプロテクション・・・スマートフォンが破損した場合の修理代を補償(最大10万円、ゴールドは最大5万円)
  • ホームウェア・プロテクション・・・保有している電化製品やパソコン、カメラなどが破損した場合に購入金額の50~100%を補償
  • 個人賠償責任保険・・・住宅の所有や管理、日常生活に起因する偶然な事故によって賠償責任を負った場合に上限1億円の保険金の支払い

このように充実した特典と、そしてゴールドを上回る最高級のステイタスを手に入れられるのがプラチナカードの魅力です。

簡単に年会費の元を取れるSPGアメックス

次に紹介するのがアメリカン・エキスプレスとSPGとの提携カードです。SPGとはホテルプログラムの「スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)」の略称で、カードの正式名称はスターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードと言います。

「スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)」は2019年には「マリオット・リワード」と「ザ・リッツ・カールトン・リワード」という別のホテルプログラムと統合して、「Marriott Bonvoy(マリオット・ボンヴォイ)」と言うホテルプログラムへと進化しています。

そのためこのカードも名称は「スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)」のままですが、カードの特典して受けられるのは「Marriott Bonvoy」のゴールドエリート会員資格となっています。Marriott Bonvoyのゴールドエリート資格となることで、下記のような特典を受けることが出来ます。

  • Marriott Bonvoy参加ホテルの利用で還元率25%アップ
  • チェックアウト時間の延長
  • お部屋のアップグレード
  • 高速Wi-Fiの無料利用
  • ゴールドウェルカムギフトポイントがもらえる
  • レストラン&バーの利用代金15%オフ

通常Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員になるためには年間25泊以上の宿泊をする必要がありますが、それが年間34,100円の年会費で獲得出来るのはとても魅力的です。またこちらのカードはカードを継続する度にMarriott Bonvoy参加ホテルでのペア無料宿泊券がもらえます。

通常利用だけでなくMarriott Bonvoy参加ホテルでは通常の倍のポイントが貯まり、貯まったポイントでホテルの宿泊が出来たりマイルへ交換することが出来ます。またポイントだけでなく空港のラウンジ利用や、保険や補償などの特典もしっかりと付帯をしています。

年会費は34,100円と決して安くはない金額ですが、簡単には入れないMarriott Bonvoyのゴールドエリート会員資格と更新の都度無料宿泊券がもらえることを考えると、年会費の元は十分に取れるカードと言えます。

経営者・個人事業主におすすめのアメックス法人カード

最期に紹介するのが、法人用のビジネスカードです。法人用のカードだけあって、下記のようにビジネスに役立つ特典が豊富に付帯しているのがことカードの特徴です。

  • クラウド会計ソフトfreeへカードの利用情報連携
  • 社員用のカードは個別に限度額設定が可能
  • 後から支払い方法をリボ払いへと切り替えが可能
  • ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」を無料利用

個人向けのアメックス・グリーンとは同じ年会費ですが、特典の内容は大きく違います。ビジネスに特化した役立つ特典が中心になっております、個人同様にポイントや空港ラウンジ利用無料が付帯しているのも嬉しい特徴の一つです。

ビジネスシーンでは個人での利用以上に信用やイメージが大事になるケースも多いです。取引先との決済の際にアメックスカードを使うことで、信用力を高めることが出来るのもアメックスのメリットの一つです。また個人と同様に法人カードも、ゴールド・プラチナとラインナップがあるので会社の業績に合わせてランクアップをしていくことが可能です。

アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

アメリカン・エキスプレス・カード 比較 メリット

アメックスは日本だけでなく世界でも多くの加入者を誇る有数のカード会社です。富裕層が持つ高ステイタスカードというイメージがありながらも多くの方が保有しているのもアメックスの特徴ですが、これだけ指示を集めているにはメリットが多いことがあります。ここではアメックスのメリットについて紹介をしていきます。

ステイタスカードの象徴なのでどこでも堂々と使える

アメックスカードを保有する一番のメリットと言っても過言ではないのが、ステイタスの高さです。そのためどのようなシーンであってもアメックスであれば堂々とカードを提示して決済をすることが出来ます。また周囲の方にもアメックスを持っているという事で、最低限の信頼感を得ることが出来ます。このようにアメックスを持っていることで、どこでも堂々とカードを提示出来ることが魅力の一つです。

旅行や外食の特典が充実

アメックスには多くの特典が付帯をしていますが、その中でも旅行や外食に特化した特典が多いのも特徴です。総じて年会費が高いのがアメックスカードの特徴ですが、この旅行・外食関連の特典が豊富というメリットを活用することで、最大限カードの特典を活用することが出来ます。頻繁に旅行に行ったり外食の機会が多い方にとっては、とてもメリットの多いカードと言えます。

充実のコンシュエルジュサービス

アメックスと言えば充実のコンシェルジュサービスが魅力の一つです。カードの種類によっては24時間365日いつでも利用が出来て、他のカードのコールセンターのように中々つながらなくて待たされるという事もありません。

またオペーレーターの質も高く、「京都で和食が食べたい」などのざっくりとした要望を伝えることで、最適なプランを提案してくれます。まさに自分専用の秘書が付いたような感覚で利用出来るコンシェルジュサービスが利用出来るのがアメックスの大きなメリットの一つです。

ポイントサービスが使いやすい

アメックスは他の特典もさることながら、ポイントサービスも使いやすいのが魅力です。アメックスのポイントプログラムで特徴的なのが「メンバーシップ・リワード・プラス」というサービスで、このサービスに登録することで下記のような特典があります。

  • ポイントの有効期限が無期限になる(サービス未登録時は3年)
  • ボーナスポイントプログラムに参加すると100円で3ポイントが貯まる
  • マイルへの交換レードがアップ
  • カード代金への充当時1ポイント=1円になる(サービス未登録時は0.3円)

メンバーシップ・リワード・プラスに会員登録するには年会費3,300円が必要になりますが、登録することでポイントが貯まりやすく、さらにポイントをお得に使いやすくなる便利なサービスです。100円利用で3ポイント貯まるボーナスポイントプログラムは全ての利用ではなく、下記のような一部の店舗に限定している点には注意が必要です。

  • Yahoo!ショッピング
  • PayPayモール
  • iTunes Store
  • App Store
  • Uber Eats
  • ヨドバシカメラ
  • JAL国内線・国際線航空券、ツアー商品
  • 一休.com
  • HIS
  • アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン
  • Amazon

どの店舗も利用することの多いサービスですので、ポイントが貯めやすいのがアメックスのポイントの特徴です。

提携カードが豊富にある

アメックスは今回紹介しているカードにも多彩なラインナップがあり、他社との提携カードも豊富にあるのが特徴です。特に他社発行の提携カードの場合、アメックスというブランドを持ちつつ審査や年会費が他社のカード会社基準になるのが特徴です。

例えばクレディセゾンとの提携カードであれば、アメックスの雰囲気はそのままに1,100円という年会費でアメックスカードを持つことが出来ます。このように提携カードが多いのもアメックスカードのメリットの一つです。

JCBと提携している

アメックスはVISAやMasterCardと比較すると加盟店が少ないという特徴がありますが、JCBとの提携でその弱点を補っています。そのためJCBが使える店舗であればアメックスを利用することが出来ます。JCBは日本唯一の国際ブランドな事もあり、日本国内であればまず間違いなく利用が出来ます。このようにJCBと連携をしていることで使い勝手の良いのもアメックスのメリットです。

アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

アメリカン・エキスプレス・カード 比較 デメリット

アメックスは特典もメリットも多いカードですが、デメリットもあります。アメックスに入会する際にはデメリットも理解したうえで入会することが大切です。

年会費が高い

これまで説明して来たように、アメックスはどのカードも年会費が高いです。年会費無料のカードも珍しくない中で一番年会費の安いグリーンであっても13,200円というのはかなりの高額です。そのため年会費にそこまで払いたくないという考え方の方にとっては、アメックスの年会費は大きなデメリットとなります。アメックスは高い年会費を負担してでも充実の特典を受けたいの考えられる方のみ加入が出来る、まさに使う方を選ぶカードと言えます。

特典を使いきれない場合もある

アメックスの充実した特典の多くは旅行や外食事に活用出来るサービスです。そのためあまり旅行や外食、ホテルなどへの宿泊をしない方にとっては特典を活用出来ない場合もあります。せっかく高い年会費を払っても特典を活用出来なければ意味がありません。このようにアメックスの場合は、加入する方のライフスタイルによってはせっかくの特典を活用しきれずに高い年会費が無駄になってしまうというデメリットがあります。

VISAやMasterCardと比較して加盟店が少ない

アメックスはJCBと提携しており、どちらかの加盟店であれば利用することが出来るので、国内であればほぼ問題なく利用が出来ます。海外でも同様に利用出来るお店は多いのですが、VISAやMasterCardと比べると加盟店の数はどうしても少なくなってしまいます。VISAやMasterCardが使えてもアメックスは利用出来ないという店もあるのが、アメックスのデメリットです。

アメリカン・エキスプレス・カードの審査難易度は?

アメリカン・エキスプレス・カード 比較 審査基準

ここまでアメックスの特徴やメリットを説明して来ましたが、やはり審査基準について気になる方も多いでしょう。高ステイタスカードなだけに審査が通るかどうか不安で中々申し込みの出来ない方もいるでしょう。ここではアメックスの審査基準について説明していきます。

クレジットヒストリーと年収がポイント

アメックスの審査基準は公開されていませんので、詳細な審査基準は不明ですが重視されるのはクレジットヒストリーと年収だと言われています。クレジットヒストリーは過去に延滞が無いことはもちろんですが、返済実績がしっかりとあることが重要です。また消費性などの借入が多いと審査に影響が出る場合もあるので注意が必要です。

また年収は次で説明しているカード毎の年収を超えていることはもちろんですが会社員であれば会社の規模や業績、自営であれば事業の業績なども確認されます。重要なのは今度も安定した収入を続けられるかどうかがポイントなので、いくら収入が高くても不安定な場合は審査に影響があります。

カード別年収の目安

では実際にどれくらいの収入があれば審査に通過するでしょうか。アメックスの審査に通過する年収基準はカード毎に異なっており、下記の金額が目安となっています。

  • グリーン・・・300万円
  • ゴールド・・・300~500万円
  • プラチナ・・・500~700万円

上記の金額はあくまで目安なので上記をクリアしていれば必ずしも審査を通過する訳ではありません。上記の年収をクリアしていても過去に延滞などがあれば審査落ちする場合もあれば、上記の年収に満たなくても過去の実績があれば通過することもあります。

審査に落ちる人の共通点

アメックスカードの審査基準は公開されていないので細かい基準は分からないのが実情ですが、審査に落ちる人には共通点があります。このような共通点を知っておく事で、より正確に審査基準を理解することに繋がります。審査落ちする方に多い共通点には下記のような点があります。

  • 借入や延滞がある
  • 同時期に複数枚のカードに申込をしている
  • 初めてなのにゴールドやプラチナに申込をしている

やはり借入が多かったり、過去に延滞があると審査に影響があります。それと同様に同時期に複数枚のカード申込をしているのも審査側からすると印象は悪く、審査に悪影響があります。またアメックスの場合は年収基準を満たさないのにも関わらず、いきなり上位カードに申込をしても通過しない場合が多いです。

審査期間はネットの方が早い

アメックスに入会する際に審査基準と同じくらい気になるのが審査にかかる期間です。カード会社によっては「翌日発行」などのスピード発行がある一方で、アメックスの審査期間は時間がかかる傾向にあります。通常審査期間は2~3週間かかり、カードが手元に届くまでは+1週間と考えておきましょう。

しかしアメックスではネット申込に限ってスピード審査を行っており、最短で申し込み後数分で審査結果が分かります。ただしスピード審査で審査承認となる方はよほど属性の高い方のごく一部で、多くの方は通常審査に切り替わり時間がかかるのが一般的です。アメックスに入会する際は、審査には時間がかかると理解をして気長にカードが届くのを待つのが良い方法です。

あなたにおすすめのアメリカン・エキスプレス・カードを紹介

アメリカン・エキスプレス・カード 比較 おすすめ

アメックスにはたくさんのカードの種類はあり、特徴や審査基準なども様々です。一口にアメックスと言ってもこのようにたくさんの種類があるので、どのカードに入会すべきか迷う方も多いです。ここではタイプ別におすすめアメックスカードを紹介していきます。

とりあえずアメックスが欲しいならアメックス・グリーン

カードの種類や特典よりも、とにかくアメックスカードを持ちたいという方におすすめなのが、審査基準が緩く年会費も抑えめなアメックス・グリーンです。アメックスのカードラインナップの中でも一般カードの位置づけにあたるので、比較的実績のない方でも入りやいのが特徴です。

他にも加入しやすいアメックスとしては、提携カードのセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがありますが、こちらのカードはアメックスと言うよりもクレディ・セゾンとしてのイメージが強くアメックス特有のステイタスはありません。アメックスならではのステイタスを求めるのであれば、やはりグリーンがおすすめです。

ステータスを求める方はアメックスゴールド

せっかくアメックスに加入するなら、やはりステイタスを追及したいという方にはゴールドがおすすめです。+2万円程度の年会費でグリーンにはないステイタスと特典を手に入れることが出来ます。審査基準の高いイメージはありますが、実際の審査基準はイメージほど高くないのも実情です。グリーンではステイタスが物足りないという方には、ゴールドがおすすめです。

年会費の元を取りたい方はSPGカード

アメックスの特徴とも言えるのが高い年会費ですが、せっかく高い年会費を払うのであればステイタスなどではなくしっかりと元を取りたいと思うのは当たり前です。そのような方におすすめなのがアメックスSPGカードです。更新の都度ホテル無料宿泊券がもらえたり、高級ホテルの上級メンバーシップ会員のサービスが受けられたりと特典が分かりやすいです。払った年会費以上の特典を体感しやすいので、しっかりと元を取りたい方にはおすすめのカードです。

まとめ|高ステイタスを象徴する使いやすいカード

 

アメリカン・エキスプレス・カード 比較 まとめ

アメックスは他のカードと比べるととても高額ですが、その分豊富な特典が付帯するカードです。特典は旅行や外食などの際に役立つサービスが多いので上手く特典を活用出来れば、高い年会費も充分に元を取ることが出来ます。しかし普段からあまり旅行には行かない方であれば高い年会費も無駄になってしまう事になります。

このようにアメックスは頻繁に海外に行くようなビジネスエリートや富裕層の方にこそお得になるカードになっており、そのため高いステイタスも備えています。今後アメックスへの入会を考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

  • アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

    豊富な特典、優待のあるアメックスのスタンダードカード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.4~1.0%
    13,200円(税込) 13,200円(税込)
    発行期間 ブランド
    最短15営業日 アメリカンエクスプレス
    • 最初のアメックスとして最適!年会費以上のポイントが貰えるご入会キャンペーン!
    • アメックスのプロパーカード=ゴールドクラスのサービスとステイタス!
    • 充実の国内・海外旅行傷害保険!旅の予約も空港ラウンジも無料!
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

    世界で通じるアメックスのステータスカード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.3%~1.0%
    31,900円(税込) 31,900円(税込)
    発行期間 ブランド
    約3週間 アメリカンエクスプレス
    • T&Eサービスを強化した大人のアメックス・ゴールドカード!審査基準もひと味違う
    • 富裕層向けの特別なサービス!ゴールド・ダイニングやゴールドデスクを提供
    • 空港ラウンジは同伴者1名まで無料!家族特約付き国内・海外旅行保険が付帯!
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

    アメックス最上位のステータス!

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.3%~0.4%
    143,000円(税込) 143,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    1~3週間 アメリカンエクスプレス
    • 秘書代わりに活用できるコンシェルジュ・デスク!
    • 高還元率カードとしても使える!マイル還元率1.0%
    • 空港からホテルまで至れり尽くせりの特典
  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカンエキスプレスカード

    年会費以上の特典が豊富なSPGアメックスカード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 1%~4%
    34,100円(税込) 34,100円(税込)
    発行期間 ブランド
    約3週間 アメリカンエクスプレス
    • マイル還元率は最大1.25%!ポイントは40社以上のマイルに無料で交換
    • 高級ホテルグループ「スターウッド プリファード ゲスト」ゴールド会員資格が付帯!
    • SPGアメックスはアメリカンエキスプレスカードの特典が付帯!最高1億円の旅行保険
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(法人カード)

    仕事で便利な特典が多数のアメックスの法人カード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.3~0.4%
    13,200円(税込) 13,200円(税込)
    発行期間 ブランド
    最短15営業日
    • 法人アメックスグリーンは発行しやすい!設立間もない中小企業や個人事業主に人気
    • 利用限度額1,000万円も可能!極度額は個別設定、利用実績で積み上がります!
    • 個人事業主もOK!海外旅行傷害保険は5,000万円!空港ラウンジは同伴者1名無料