外貨両替より、クレジットカードの海外キャッシングの方がお得だが…

海外の空港で現地通貨に両替してみた旅行者たち

海外旅行で外貨(現地通貨)を得る手段は、

  • 外貨両替(空港・銀行など)
  • 国際キャッシュカード

などがありますが、この2つの方法より、「クレジットカードのキャッシング」の方が得です。ただし実は、クレジットカードでもある程度手数料は取られるということは知っておきましょう。

クレジットカードでもやはり手数料は発生する

クレジットカードで現地通貨を手に入れる海外キャッシングが話題になっています。それは最もお得な現地通貨の調達手段であり、もっとも安全だからです。必要な手数料ですが、どのくらい取られるかというと、

  • ニュースで報道される「レート」(ドル円など)に、
  • VISA・Masterなどのブランドが、1%~2%程度、上乗せする
  • そこにさらに「三井住友カード」などのカード会社が、
  • 「1.6%」ほど上乗せする
  • つまり「大体3%」ほど、本来のレートより、高くなっている

ということ。もう少し解説します。

「為替相場」と「両替相場」

外貨両替には「2つの相場」があります。

  • 為替相場…世界で決まっているもの
  • 両替相場…VISAなどのブランドや、三井住友カードなどの「カード会社」が決めるもの

です。両替相場という言葉はありませんが、わかりやすく作った言葉です。

で、一番安いのは当然「為替相場」です。これは、毎朝ニュースで報道されているやつですね。「今日のドル円相場は…」というものです。たとえば、

  • 「1ドル100円」だったら、
  • 「1ドル欲しい」と思ったら、
  • 「100円出せばいい」

ということです。これが手数料などが一切かかっていない、純粋なレートなんですね。で、たとえばVISAで海外でキャッシングする場合、

  • ここにVISAが「1%」程度の手数料(上乗せレート)を加える
  • 100円の1%なので、1円高くなる
  • 「100円」で買えたドルが、
  • 「101円」出さないと買えなくなった

ということです。もちろん、これだったらただの小銭ですが、

  • 「100万ドル」を買おうとしたら、
  • 純粋なレートだったら「1億円」で買えたのに、
  • VISAのレートを使ったら「1億100万円」必要になった

ということです。つまり「100万円損した」ということです。

VISAのレートが高いわけではない

上のように書くと、まるでVISAが暴利を貪っているようですが、もちろん違います。

  • 決済という複雑な業務を代行している以上、
  • システムのメンテナンス費など、ありとあらゆるコストがかかっている
  • だから、その維持費は当然、「上乗せレート」で取る必要がある

ということです。もちろん、維持費だけでなく、

  • 企業である以上、投資家の投資が必要
  • 投資家は「利益が出ている企業」に投資する
  • だから、事業を続けるためには「利益を出す」必要がある
  • だから、その分も上乗せしないといけない

ということです。要は「VISAはVISAで、大変」なのです。資本主義というのは、「呼吸をするように、全員利益を求めないといけない」わけですね。それが嫌なら、共産主義はもう失敗したので、頑張って体を鍛えて、無人島か森の中で生活するのがいいでしょう。

ということで、

  • 外貨を得るためのコストが一番安いのは、
  • VISA・Master・JCBなどのクレジットカードだが、
  • それでも「合計3%」程度の「上乗せレート」は取られている

ということは知っておきましょう。

10万円引き出すと、いくら取られる?

「取られる」というとネガティブですが、わかりやすく書きました。で、仮に「3%」だとしたら、

  • 10万円の1%が「1000円」なので、
  • 「3000円」の手数料が取られている

ということ。「わお」と思った人も多いでしょう。海外生活でも月15万円は使うので、大体毎月5000円「手数料で消えている」ということです。

繰り返しますが、一番安いJCB・Master・VISAなどのキャッシングでも、これだけかかるのです。

  • Master・VISAなどが定めているレート…+1%~2%程度
  • さらに「ライフカード」などのカード会社が定めるレート…+1.6%程度

ということですね。合計2.6%~3.6%程度、ニュースで流れる「今日の為替相場」にプラスされるわけです。

外貨を使う時点で、金銭的には必ず損する

これはお金の鉄則ですが、外貨を使えば、金銭的には必ず損するのです。理由はカンタンで、「外貨は、買い物」だからです。つまり、

  • 「ドル」という商品を、
  • 「日本円」というお金で買う

ということなんですね。当然ですが、買い物はすればするほど損をします。だから、外貨両替もすればするほど、損をするのです。

「いや、FXは儲かるじゃん」という人もいるでしょうが、あれは儲かりません。儲かっているのは、

  • 業者
  • 運が良かった人
  • 投資の天才

の3通りだけであり、ほとんどの人が悲惨な状態になっているのは、知っての通りです。彼らは「ブランド物以上に、買ってはいけないもの」を買ってしまったのです。つまり「大量の外貨」という買い物をして、ショッピング破産したのです。

というように「外貨を使う」ということは、「それで何か買い物をしなかったとしても」、両替した時点で、海外でキャッシングした時点で、それ自体が、もう買い物なのです。だから、お金のロスが大きいのは当然なんですね。

「両替総コスト」という表現に注意

ここまでの説明を読んだ上で、クレジットカードの情報サイト(当サイトもですが)によく書かれているパターンを見ると「両替総コスト、○○円」というものがあります。たとえば、「10万円の両替総コスト、140円」というようなものですね。

そんなわけがないのです。あったらとっくに、全員殺到しています。

繰り返しますが、クレジットカードで海外キャッシングをする時は、

  • ①…VISA・Master・JCBなどが決めるレート
  • ②…カード会社それぞれが決めるレート

が「ダブルで」加算されます。で、上の「総コスト」と言ってるのは、②の「カード会社」の方が、それだけですよ…ということです。たとえばMASTERのレートが仮に「1%」だとすると、

  • ①…10万円の1%なので、まず「1000円」の手数料が発生
  • ②…それに「総コスト」と書かれていた「140円」が追加

ということ。なので「本当の総コスト」は、「1140円」なんですね。確かに普通だったらこれが「2000円~3000円」なので、これらのクレジットカードはかなり安いです。情報サイトも嘘を書いているわけではありません。

ただ「総コスト」という表現は、少々注意が必要です。先に書いた通り「外貨を手にすること自体が、もう買い物」なのだから、そんなに安くなるわけがないのです。

「何のために、海外に行くのか」

ちなみに、上の「10万円で1140円」ですが、個人的には高いと思います。これは日本にいたら、使わなくていいお金だからです。なので「どうしてこういう負担をしてまで、海外に行くのか」ということを、考えるべきなんですね。

  • 物価の安い国で、総合的に節約になる
  • 自分の場合、海外の方が稼げる

というのがまず、金銭的な理由。「節約」か「稼げる」かの2通りですね。次に、「節約にもならないし、稼げもしない」けど、

  • お金以外の喜びを求めていく
  • 海外の大学を出ることで、将来的にリターンが見込める

などの場合はいいでしょう。ただ、この場合は、

  • お金以外の喜び→お金は失う(手数料分)ことは覚悟する
  • 海外の大学→海外大卒の肩書が、どれだけ役立つかは未知数

ということは、意識しておいた方がいいでしょう。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
高還元率カード比較!ポイントがお得に貯まるおすすめクレジットカード
年会費無料カード比較!おすすめの年会費永年無料クレジットカード
キャッシングにおすすめのクレジットカード比較!金利や返済、審査で選ぶ
家族カードおすすめ比較!家族カードがお得なクレジットカードランキング
「審査」重視派
審査に通りやすい?審査基準で選んだおすすめクレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査&発行が早いクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード比較!専業主婦でも審査に通る?
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
ANAカード比較!お得にマイルを貯めるおすすめのANAクレジットカード
最強マイルカード比較!マイルが貯まる航空会社別クレジットカードランキング
JALカード比較!JALマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!クレジットカードをステータスでランキング
銀行系クレジットカード比較!メリットと審査で選ぶおすすめ銀行系カード
ゴールドカードをお得度で比較!年会費が安いおすすめゴールドカード
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較!人気のゴールドカード
海外旅行に強いクレジットカード比較!年会費無料&海外旅行保険でおすすめ
海外旅行に強いゴールドカード比較!海外旅行保険自動付帯クレジットカード
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
プライオリティ・パスで選ぶクレジットカード比較!海外VIP空港ラウンジ無料
「自動車」重視派
最強ガソリンカード比較!ガソリンスタンド別クレジットカードランキング
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代におすすめのクレジットカード比較!大人のステータス&ゴールドカード
40代の大人のクレジットカード比較!かっこいいゴールドカードランキング
50代の申込み制プラチナカード比較!おすすめステータスカードランキング
20代におすすめのクレジットカード比較!18歳以上で初めてなら銀行系カード
新社会人におすすめのクレジットカード比較!社会人一年目でも審査に通る
「学生」重視派
学生でも即日発行できるクレジットカード比較!審査でおすすめの学生カード
海外旅行で学生に人気のクレジットカード比較!海外旅行保険付き学生カード
ANA学生カードvsJAL学生カード!マイルと特典で学生クレジットカードを比較
学生におすすめのクレジットカード比較!お得な特典で選ぶ学生カード
「法人カード」比較特集
ポイント還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
法人カードを年会費無料vs有料で比較!ビジネスで役立つ法人クレジットカード
マイル還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
「お買い物」重視派
Amazonでおすすめのクレジットカード比較!カード払いでポイントを貯める
楽天市場でお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
「デザイン」重視派
JCBのディズニーカード比較!ディズニーデザインで選ぶクレジットカード
クレジットカードをデザインで比較!かっこいい&おしゃれなカードランキング
可愛いクレジットカード比較!かわいいキャラクターカードのランキング
「電車」重視派
おすすめビューカード比較!Suicaにオートチャージできるクレジットカード
おすすめパスモカード比較!PASMOにオートチャージできるクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP