国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

未成年がお金を借りる方法!学生でもクレジットカードならキャッシングできる?

未成年でもキャッシングできるか話し合ってみる

20歳に満たない未成年者がお金を借りるチャンスはほとんどありません。しかし、クレジットカードなら話は別です。実はクレジットカードには現金を借り入れるキャッシング機能付きのものがけっこうあるからです。

このページではクレジットカードを使った具体的なキャッシングの方法と、未成年におすすめのキャッシング可能なクレジットカードを紹介していきます。

学生や未成年がお金を借りる方法|クレジットカードならキャッシングできる!

キャッシング枠がある学生カードに申し込む

ガッツポーズをする男女・イラスト学生や未成年であっても、キャッシング枠のあるカードに申し込むことでお金を借りることが可能です。

ただ学生カードを持っていても「キャッシング枠」が無ければお金は借りられません。単純に学生カードを持っていれば、必ずお金を借りることができるわけではないので注意が必要です。

というのも、学生専用クレジットカードの中にはショッピング枠しか設定されていないものと、ショッピング枠とキャッシング枠の両方が設定されているものがあります。

お金を借りるならキャッシング枠がある学生カードを申し込もう

ライフカード<年会費無料>

誕生月はポイント3倍!1.5%還元!信販系で審査が通りやすい
誕生月はポイント還元率1.5%!条件クリアで翌年度はポイント2倍!還元率1.0%!

詳細を見る

学生専用ライフカードたとえばライフカードでキャッシングの利用可能枠を設定している場合には学生でもお金が借りられます。キャッシングは事前に申請や設定が必要になるので注意しましょう。

既に学生カードを所有している場合、その学生カードにキャッシング枠があれば、その金額の範囲内でお金を借りることが可能です。キャッシング枠の付帯を申し込みましょう。

ショッピング枠しかないクレジットカードの場合は、キャッシング枠がある学生カードをあらためて申し込む必要があります。まずは学生カードにキャッシング枠があるかどうかを確認しましょう。

審査をパスする上で大事なことは?

  1. すべての情報を正確に、正直に申告する
  2. 親権者の同意をきちんと得る
  3. クレジット枠・キャッシング枠ともに高い金額を希望しない

特に3.は重要です。カード会社は、返済能力の乏しい未成年者にはもともと高額の枠を設定することはありません。うまく審査を通った未成年者の体験談を集めると「10万円以下にしたら通った」または「ゼロにしておいたら通った」なんて意見が珍しくありません。

最初から高望みをしてはいけないことは事実です。買った品物の返済をきちんと繰り返して、「実績」を増やして枠を上げてもらうことが無難なやり方といえます。

金額はそれほど多くないので使いすぎに注意

もちろん信用が足りないため限度額は10~30万円程度とそれほど多くありません。さらにキャッシング枠は5万~10万円と非常に少ないのが大半です。

しかし借り入れの可能性がゼロではない分、ありがたい存在だと言えるでしょう。

未成年のカード発行には親の同意が必要になる

実は18歳や19歳の未成年者はクレジットカードの発行で親の同意が必要です。この親権者の同意がポイントです。

カード発行時に親が同意していることで、キャッシングの利用も可能になるのです。ここで審査されているのは、本人はもちろん両親の信用です。それらを審査した上で、キャッシング枠が付与されます。

以下では、20歳未満であってもキャッシングできるチャンスのある、貴重なクレジットカードを実際に取り上げながら、解説してまいります。

未成年でもキャッシング枠を設定可能なクレジットカード3選

ポイント2倍で年会費無料!キャッシングは10万円

JCB CARD W/W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】

Amazonは常時2%の還元率!常に還元率1%以上で年会費無料
年会費無料でポイント2倍!WEB入会限定/39歳までが申し込める新しいJCBカード

詳細を見る

三井住友VISAで人気№1!キャッシングは5万円

三井住友カード デビュープラス

年会費無料で還元率1.0%!学生・新社会人におすすめ!
年会費は実質無料でポイント還元率2倍のお得なクレジットカード

詳細を見る

学生最強のライフカード!キャッシングは10万円

学生専用ライフカード

海外のお買い物は3%を還元!海外旅行傷害保険も自動付帯
海外でのお買い物は3%を現金でキャッシュバック!年会費無料の最強学生カード

詳細を見る

未成年や学生でもキャッシングできるクレジットカード会社一覧

クレジットカード会社の学生キャッシング対応表(未成年含む)
カード会社 未成年の学生のキャッシング 20歳以上の学生のキャッシング
学生専用ライフカード
ライフカード
○親の同意があればOK ◎親の同意も不要
三井住友VISAクラシックカード(学生)券面
三井住友カード
○親の同意があればOK ◎親の同意も不要
JCB CARD EXTAGE(エクステージ)券面画像
JCBカード
○親の同意があればOK ◎親の同意も不要
イオンカード(WAON一体型)券面画像
イオンカード
○親の同意があればOK ◎親の同意も不要
セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像
セゾンカード
○親の同意があればOK ◎親の同意も不要
JALカードnaviの券面画像
JALカード
○親の同意があればOK ◎親の同意も不要
ANA VISA/MasterCard 学生カードの券面画像
ANAカード
○親の同意があればOK ◎親の同意も不要

未成年でもキャッシング枠の申請は可能です。ただしクレジットカードの発行そのものに親権者の同意が必要です。

また無事にキャッシング枠が設定されるかどうかはカード会社の判断となります。

未成年や学生がお金を借りられるのはクレジットカードか学生ローンだけ

カードローンをはじめ普通の消費者金融(貸金業者)は未成年者にお金を貸さない

実は未成年は消費者金融や銀行カードローンでお金を借りることができません。満20歳に満たない未成年、18歳、19歳の人は、たとえ高校を卒業して就職していても、未成年が自分だけでカードローンでお金を借りることはできないのです。

これはCMなどを多く流している大手消費者金融だけで無く、中小の消費者金融であっても例外はありません。満20歳以上の成人でなければ、法律的に借金の契約が結べないからです(未成年者保護規定)。

  • 未成年者は、資力がない(これは誰の目にも明らかですね)
  • 民法の制約がある(保護者が同意しない限り、貸金業者からお金を借りる契約は結べません)

こうしたいきさつがあるため、カードローン(消費者金融から、銀行系・信販系と幅広いですが)業界を中心にどんな業者も、未成年者を相手にしてくれることはまずないのです。

「学生ローン」はキャッシング可能だがクレジットカードと比べデメリットも多い

例外としてあげられるのは「学生ローン(学生向けローン)」です。学生向けローンは、確かに未成年も対象にしているものが多いです。

たとえば学生ローンは「首都圏在住、在学の安定した収入のある18歳以上の学生の方」と限定することで、裏を取って貸し付けます。

ただ学生ローンは利用できる人やサービスが限られており、高校卒業後すぐに就職した場合はNG、学生でも専門学校生の場合はNGというところも多いです。

それに学生ローンはキャッシング専用なので、キャッスレスのショッピングやポイント還元、保険といった機能はあてにできません。

クレジットカードはキャッシング以外にもメリットが多いのでおすすめ

キャッシュレス決済や電子マネーが使えて便利

クレジットカードなら現金を持ち歩かなくても買い物できるのが最大のメリットです。

また、今は電子マネーと提携しているクレカが大半を占めています。おサイフケータイとミックスさせて、一瞬で決済することもできます。

学生カードだけの特典やサービスが付帯している

クレジットカードの大きな魅力の一つに、付帯サービスがあります。付帯サービスはクレジットカード会社がカード会員向けに用意している特典であり、様々な保険やポイント還元などのサービスがあります。

付帯サービスはカード会員が支払う年会費によって内容が異なり、年会費が高くなるほど充実したサービス内容になるのが特徴です。

学生カードは年会費無料または、格安に設定されているものが多いため、付帯サービスはあまり期待できないのでは?と思っている人も多いですが、海外旅行傷害保険などの補償やポイントの優遇などの特典が用意されている場合もあります。

学生カードで優良なクレヒスが積める

社会人になって初めてクレジットカードを作るよりも、学生の頃から学生カードを活用してクレヒスを積んでいた方が良い面があります。

一般カードよりもステータス性が高いゴールドカードや、更に上のプラチナカードを持ちたくても、クレヒスが無ければ申し込みもできない可能性があります。

クレジットカード会社によっては、ゴールドカードやプラチナカードは一定の利用歴がある選ばれた人だけに招待する形で、ゴールドカードやプラチナカードへとランクアップできるようになっています。

社会人になった時、スムーズにゴールドカードやプラチナカードを持てるようにするためにも、学生カードを上手に使いこなすことは大きな強みになります。

保険がついている

ショッピング保険や旅行保険が主流ですが、特に未成年なら「夏休みや冬休みは旅行したい」と思うことは多いはず。そんなときに旅行保険に簡単に(国内・海外含めて)加入できます。

というわけで、二十歳になる前にキャッシングしたいなら、クレジットカードを利用するのがいちばんおすすめ。ただのカードローンと比べて世間でのイメージだって悪くありません!

学生カードでキャッシングする時の注意点

学生カードはお金の借り換え目的では使えない

学生カードは審査基準も緩いという特徴があるため、他で借入をした分の借り換えをしたい、もしくは返済に充てるために学生カードのキャッシング枠を活用したい…と考えても、残念ながら学生カードの審査には通らないでしょう。

学生カードはお金の借り換え目的では利用できませんが、審査の際に他社で借入しているかがすぐにわかってしまうので、明らかに借り換えが目的だろうと推察できれば、この時点で審査落ちすると考えられます。

利用限度額は低い

学生カードを持っていれば何かと便利なものですが、計画的に使わなければきちんとお支払いできなくなるので注意が必要です。

学生カードは、まだ安定した収入がないはずの学生だからこそ利用限度額が低めに設定されているので、必要最低限の金額までしか使わないというルールを自分の中で決めておくことも大切です。

学生カードはいくらまでお金を借りられる?

学生カードのキャッシングの限度額は最大10万円ぐらい

学生カードでいくらまでお金を借入できるのかは、審査結果によって異なります。審査結果は個人差があるため、同じクレジットカード会社が発行している学生カードでも、利用限度額の上限にばらつきがあります。

ただし学生カードではキャッシング枠の上限は5万円か10万円程度になるのが一般的です。というのも、キャッシング枠はショッピング枠の範囲内で付与されるからです。

ショッピング枠は最大30万円、キャッシング枠は最大10万円が妥当

審査結果に応じてクレジットカードに設定されるショッピング枠の利用限度額は10万円から30万円になる場合が多いようです。

未成年だと最大10万円です。利用限度額の範囲内でキャッシング枠が設定されるため、キャッシング枠の上限は5万円から10万円程度に設定されます。

学生カードのキャッシング枠の審査は厳しい?

学生カード発行の審査は通りやすくても、キャッシング枠の審査は厳しいです。

学生カードの場合は、一般のクレジットカードでチェックされる審査内容よりも緩いと言われています。ただし学生カードでお金を借りるとなると審査のハードルは一気に上がります。

ただし20歳以上の学生や、アルバイト収入がある学生の場合は、基本的に問題がなければ審査で落とされることはないと言われています。

学生がキャッシング枠の審査で落とされる理由

審査で落とされる可能性があるのは、

  • 未成年の学生で親の同意が得られない
  • 携帯電話料金未払いなどの金融事故を起こしている
  • 申込み内容に虚偽がある
  • 留年している

などです。

もし、学生カードに申し込みをして審査に通らなかった場合は、これらの問題点に該当する項目がないかチェックしてみましょう。

クレヒスに傷が付いているとカード発行の審査にも落ちる

特に携帯電話料金や家賃などの支払いが遅れがちになっている場合は、個人信用情報機関に支払い遅延の事実が登録されている可能性があります。信用情報に傷がつくと、クレジットカードやローンなどの申込みをしても審査に通りにくくなります。

審査がゆるいと言われる学生カードとはいえ、信用できないと判断された人に対してはそう簡単には発行してもらえません。

支払い遅延の記録が残されるのは1年から5年間と言われていますので、一度でも支払い遅延を引き起こすと1~5年間はクレジットカードを作ることが難しくなる可能性があるので注意しましょう。

学生カードの借入可能額を引き上げることは可能?

増枠申請は可能だが審査に通る可能性は低い

学生カードを申し込み後、審査に通過したものの、利用限度額が思っていた以上に少なくてがっかりする人も少なくありません。これでは心細いので、もう少し限度額を引き上げて欲しいという場合は、クレジットカード会社に申し込みをしてみると、引き上げてくれる可能性もあります。

しかし、これはあくまでもクレヒス(クレジットヒストリー=クレジットカードの利用歴)を積み重ねて、個人の信用を得ていた場合の話です。

新しく学生カードを作ったばかりのクレヒスがない、つまり社会的信用を得られていない状態で申し込みをしても、キャッシング枠の引き上げには応じてもらえない可能性が高いです。

信用が無い学生のキャッシング枠は低いもの

未成年の学生や、アルバイトをしていない学生の場合は、利用限度額が10万円程度で、そのうちキャッシング枠が3万円程度、場合によってはキャッシング枠がゼロという場合もあります

でも、これが「学生」の社会的信用というもので、自分でお金を稼ぐ「社会人」ではない以上、低い限度額でも受け入れるしかありません。

逆に、短期間でキャッシングを増枠しようとすると、「お金の工面に困っているのではないか?」として、審査でもマイナス要素になる場合もあります。

キャッシング枠を増やすにはクレヒスを積むしか無い

キャッシング枠を増やしたい場合は、

  • クレジットカードを上手に活用してクレヒスを積む
  • アルバイトでも収入を得る
  • 短期間に何度もクレジットカードの申し込みをしない

このような点に気をつけて、利用限度額の引き上げを申し込みしてみましょう。

未成年や学生でもキャッシング枠が設定可能なおすすめクレジットカード3選

どれを選んだらいいのかわからないという方のために、未成年でも親の同意があればクレジットカードのキャッシング枠を利用できるクレジットカードをまとめました。おすすめは下記のクレジットカードです。

未成年でもキャッシング枠を設定可能なおすすめクレジットカード
クレジットカード名 ショッピング枠 キャッシング枠
JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】券面画像
JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】
最高10~30万円 最高10万円
三井住友VISAデビュープラスカード券面画像
三井住友VISAデビュープラスカード
最高10~30万円 最高5万円
学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
最高5~30万円 最高10万円

どのクレジットカードでも未成年の発行には親の同意が必要です。またキャッシング枠がもらえるかどうかは、申し込んでみないとわかりません。

JCB CARD Wの魅力

高還元率かつ年会費無料で、18歳から申し込めてキャッシング枠も設定可能

JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】券面画像JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】』(年会費無料※39歳以下限定/還元率1.0%:1,000円で0.5ポイント+JCBプレモカードチャージ0.5ポイント=10円相当)は18歳以上であれば申し込めるJCBの大人気クレジットカードです。20歳以上になっても39歳まで安心して使い続けられるクレジットカードの代表格です。

『JCB CARD W』のキャッシング枠と審査について

JCBのオリジナルシリーズは最もステータスのあるクレジットカードの1つであり、ポイント還元率は1%以上と非常に高くなっています。特にAmazonでのポイント還元率が高いことでも有名です。

  • 18歳以上であること(高校生不可)
  • アルバイトなどで収入証明書を出せること
  • 親権者の承認を得ること

この3点を守るなら、審査クリアの可能性は低いものではありません。ただし、キャッシング枠を求める場合は収入証明書の提出を求められる可能性があります。JCB CARD Wで設定可能なキャッシング枠は最高10万円と言われています。

ポイントが必ず、普通のクレジットカードの2倍

普通のクレジットカードのポイント還元率は0.5%です。1,000円利用して5円相当のポイントが帰ってくる計算です。しかしJCB CARD Wは普通に使うだけでその2倍の1.0%が還元されます。公共料金や携帯電話料金の支払いに使っても、その分は1.0%のポイントの対象になります。

Amazonでポイント倍増! お得に買い物できる

ネット通販最強といえばAmazonでしょう。Amazonプライムビデオ、Amazonミュージックなどクラウド型のサービスにも力を入れています。Amazonを使うと、ポイントが原則2倍(2.0%)で使えます。キャンペーンがあると4.0%を超えることもあります!

貯まったポイントは、1ポイント=1円でAmazon、ローソン等で使える

JCB CARD WはJCBの新しいギフトカード「JCBプレモカード」に「OkiDokiチャージ」することで、Amazon・ファミリーマート・ローソンをはじめ百貨店・家電量販店・レジャー施設など、全国30万店以上で利用できるようになります。

ギフトカードなので有効期限はありますが、すべてのカードにおいて、有効期限はカードの発行・利用・チャージのいずれか遅い日(当日含む)から5年間です。使い続ける限り、無限です。

JCB CARD W/W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】

Amazonは常時2%の還元率!常に還元率1%以上で年会費無料
年会費無料でポイント2倍!WEB入会限定/39歳までが申し込める新しいJCBカード

詳細を見る

学生専用ライフカードの魅力

海外旅行最強のクレジットカード!海外ショッピングの5%をキャッシュバック

海外旅行先で学生専用ライフカードを利用すると、カードを利用した総額の5%にあたる現金を、クレジットカードの登録口座へキャッシュバックで振込みしてもらえます。30万円なら1万5千円です。海外でのショッピング利用分のみが対象ですが、本当に最強と言って良いサービスです。

海外旅行傷害保険が自動付帯!学生専用の海外問い合わせ窓口も

学生専用ライフカードは海外旅行中の事故や死亡・後遺障害などを最高2,000万円まで補償します。年会費無料のクレジットカードで傷害治療費用を200万円まで補償してくれるクレジットカードはほとんどありません。大人気の三井住友VISAカードでさえ傷害死亡・後遺障害のみです。

また学生の皆さん専用の問い合わせ窓口が用意されています。海外からでも電話(フリーコール)で気軽に問い合わせできます。

学生専用ライフカード

海外のお買い物は3%を還元!海外旅行傷害保険も自動付帯
海外でのお買い物は3%を現金でキャッシュバック!年会費無料の最強学生カード

詳細を見る

学生専用ライフカード若年層の間ではひと際高い知名度とステイタスを持っているのが『学生専用ライフカード』(年会費無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)のいちばんの特徴でしょう。

学生専用ライフカードには公式サイトにキャッシング枠が書いてある

学生専用ライフカードは未成年が最もキャッシングで利用しやすいクレジットカードだと言われています。というのも、学生専用ライフカードだけが公式サイトできちんとキャッシング利用可能枠を明記しているからです。

学生専用ライフカードの利用可能枠
カード利用枠の種類 金額
カード総利用枠 5万円~30万円
内ショッピング利用可能枠 5万円~30万円
内キャッシング利用可能枠 0万円~10万円

クレジットカードの総利用枠は最終的には入会審査の結果、ライフカード側が決定します。ただ、キャッシング利用可能額は、こちら側で希望を出すことができます。あくまでもカード総利用枠の範囲内ですが最高10万円まで利用することができます。

キャッシングでおすすめのクレジットカードでもライフカードは必ずランキングされる人気クレジットカードです。

三井住友デビュープラスの魅力

VISAカードの歴史は長いものの、国内で早くから発行されてきたのが三井住友VISAカード。歴史が長いだけではなく、おサイフケータイやICチップ+顔写真を用いたセキュリティ強化策等に早くから取り組むなど、サービス精神がひたすら旺盛です。三井住友VISAデビュープラスカードも、その例外ではありません。

18~25歳専用のクレジットカード

クレカをなかなか持たせてもらえない低年齢層を意識したカード。しかし機能の大半は、一般のクレジットカードと比べてそん色ありません。

25歳を過ぎたらそのときは? 実は「三井住友VISAクラシックカード」または「三井住友VISAプライムゴールドカード」のような、大人向けのカードへの切り替えを案内されます。

「プライムゴールドカード」で実績を積めば、30歳になる際にはゴールドカード等への切り替えも狙えます。

ポイントは、実はその他の三井住友のカードより高め!

普段の買い物や公共料金・携帯電話料金の支払いをするだけでも2倍です。三井住友VISA公式サイト「ポイントUPモール」を通してネットショッピングをするときは最低でも3倍、最大なら21倍です。

※入会から3ヶ月間は、何と5倍になります!

チャージする必要がない電子マネー「iD」と提携

セブンイレブンやサンクスのような大手コンビニをはじめ、全国各地で使えるようになったiD。チャージの必要もサインの必要もなく、一瞬で決済できます。

三井住友ならではの電子マネー「WAON」も使用可能に

全国のイオングループ等で使える電子マネーカード「WAON」を発行してもらえます。これを使うと200円ごとに1円の割合でポイントを貯められるほか、毎月20日と30日に限って5%安くしてもらうという特典もついてきます。

三井住友VISAデビュープラスカードの概要

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードの詳細情報はこちら

年会費 初年度無料, 2年目から1250円+消費税(※)
ポイント還元率 約1.0%~(使途によって変動)
海外ブランド VISA
電子マネー iD・WAON・PiTaPa
キャッシングの年率 18.0%
キャッシング枠 0~5万円

(*)ただし、年に1回でも使えば免除を受けられます。

まとめ:クレジットカードなら学生や未成年でもキャッシングできる

未成年でも申し込めるクレジットカードの種類は限られています。しかし未成年者を含めたマーケティングしているカードは少数ながら存在しますし、審査の基準もかなり緩いものになっています。

学生ローンにはないメリットも満載です。

特に今回紹介した「JCB CARD W」「学生専用ライフカード」「三井住友デビュープラス」の3種類は、高校生でなければ18歳や19歳でも通過は難しくありません。

共通して大事なことといえば、「親の了承を得ること」「高額の枠を希望せず、申込書を正確に書くこと」くらいです。

いずれも、キャッシング以外のサービスも充実しています。使い続けて実績を築いていけば、枠の見直しをしてくれたり上級のカードの案内が来るチャンスも舞い込んでくるでしょう。

未成年でもキャッシングできるクレカがこうして何枚もあるのですから、スムーズに審査をパスして上手に使っていくことがおすすめです!

関連記事一覧

よく読まれている記事一覧

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points