未成年でもクレジットカードを使えばキャッシングできる!?カードでお金を借りる方法

未成年でもキャッシングできるか話し合ってみる

20歳に満たない未成年者がお金を借りるチャンスはほとんどありません。しかし、クレジットカードなら話は別です。実はクレジットカードには現金を借り入れるキャッシング機能付きのものがけっこうあるからです。

このページではクレジットカードを使った具体的なキャッシングの方法と、未成年におすすめのキャッシング可能なクレジットカードを紹介していきます。

未成年者がお金を貸してくれるところを探そうと思ったら?

消費者金融や銀行カードローンは満20歳以上が利用の条件

実は未成年は消費者金融や銀行カードローンでお金を借りることができません。満20歳に満たない未成年、18歳、19歳の人は、たとえ高校を卒業して就職していても、未成年が自分だけでカードローンでお金を借りることはできないのです。

これはアイフルやモビットといった大手だけで無く、中小の消費者金融であっても例外はありません。満20歳以上の成人でなければ、法律的に借金の契約が結べないからです(未成年者保護規定)。

クレジットカードは18歳で発行できる!キャッシング機能も利用可能!?

クレジットカードは18歳以上なら収入の無い学生でも持つことができます

もちろん信用が足りないため限度額は10~30万円程度とそれほど多くありません。さらにキャッシング枠は0円~10万円と非常に少ないのが大半です。しかし借り入れの可能性がゼロではない分、ありがたい存在だと言えるでしょう。

未成年のカード発行には親の同意が必要!だからキャッシングも可能

実は18歳や19歳の未成年者はクレジットカードの発行で親の同意が必要です。この親権者の同意がポイントです。カード発行時に親が同意していることで、キャッシングの利用も可能になるのです。ここで審査されているのは、本人はもちろん両親の信用です。それらを審査した上で、キャッシング枠が付与されます。

クレジットカードのキャッシング機能を利用すればお金は借りられる

もちろんクレジットカードの機能をフルに利用しても未成年がキャッシングできる金額が多いとはいえません。それでも未成年が申し込めて、審査も通りやすくて、キャッシング枠がついてくるクレジットカードは実際に存在します!

このページでは、20歳未満であってもキャッシングできるチャンスが潜んでいる、貴重なクレジットカードを実際に取り上げながら、解説してまいります。

未成年でもキャッシング枠を設定可能なクレジットカード3選

ポイント2倍で年会費無料!キャッシングは10万円

三井住友VISAで人気№1!キャッシングは5万円

学生最強のライフカード!キャッシングは10万円

未成年でもキャッシング枠の申請は可能です。ただしクレジットカードの発行そのものに親権者の同意が必要です。また無事にキャッシング枠が設定されるかどうかはカード会社の判断となります。

未成年がお金を借りられるのはクレジットカードか学生ローンだけ

カードローンをはじめ普通の消費者金融(貸金業者)は未成年者にお金を貸さない

現在の日本では、未成年者は個人で融資を受けるチャンスは決して多くありません。というのも法律では未成年者は責任能力や返済能力がない、保護すべき存在だからです。これが民法の「未成年者保護規定」です。普通に考えて、

  • 未成年者は、資力がない(これは誰の目にも明らかですね)
  • 民法の制約がある(保護者が同意しない限り、貸金業者からお金を借りる契約は結べません)

こうしたいきさつがあるため、カードローン(消費者金融から、銀行系・信販系と幅広いですが)業界を中心にどんな業者も、未成年者を相手にしてくれることはまずないのです。

「学生ローン」なら確かに可能性はある…が、クレジットカードと比べデメリットも多い

例外としてあげられるのは「学生ローン(学生向けローン)」です。学生向けローンは、確かに未成年も対象にしているものが多いです。たとえば学生ローンは「首都圏在住、在学の安定した収入のある18歳以上の学生の方」と限定することで、裏を取って貸し付けます。

学生ローンは利用できる人やサービスが限られる

学生しか使えないのは逃げられても罪に問えないから。高校卒業後すぐに就職した場合はNG、学生でも専門学校生の場合はNGというところも多いです。

それに学生ローンはキャッシング専用の種類が一般的。クレジットカードではないため、ショッピングやポイント、保険といった機能はあてにできないことが大半です。

クレジットカードなら手軽にキャッシングできる!特典も盛りだくさん!

クレジットカードの醍醐味はキャッシング含めていっぱいですね。全部は書き切れないですが、代表的なものに絞ってもご覧の通りです。

A.ショッピング

現金を持ち歩かなくても買い物できるのが最大のメリット。

B.電子マネー

今なら電子マネーと提携しているクレカが大半を占めています。おサイフケータイとミックスさせて、一瞬で決済することも簡単。

C.ポイントサービス

買い物等で使うたびにポイントが付与されます。たまったらいろいろな支払いに使えたり特典を申し込めたりと、使い道もたくさん。

D.保険

ショッピング保険や旅行保険が主流ですが、特に未成年なら「夏休みや冬休みは旅行したい」と思うことは多いはず。そんなときに旅行保険に簡単に(国内・海外含めて)加入できます。

というわけで、二十歳になる前にキャッシングしたいなら、クレジットカードを利用するのがいちばんおすすめ。ただのカードローンと比べて世間でのイメージだって悪くありません!

未成年のキャッシング額ってどのくらい?

未成年が借りられる額については、たいしたことはありません。キャッシング「枠」が与えられても、せいぜい5万~10万円くらいの範囲で設定されることがほとんどです。それでも未成年者にとっては、ほかの方法より有望なことは事実ですし、二十歳になるまでの限られた時間内で使えればいいのですから、じゅうぶんな金額ではないでしょうか(二十歳になったら、審査をクリアできるカードの種類は増えます!)。

未成年がキャッシング枠のあるクレジットカードを手に入れる方法

未成年でも審査に通るクレジットカードを選ぶ

クレジットカードといえば、必ずあるのが「審査」。落ちてしまったら元も子もありませんね。

未成年が申し込むなら、未成年も含めて幅広く申し込みを受け入れているカードにしないといけません。未成年者でも審査に通過したという実績がけっこうある種類を選ぶべきですね。

審査をパスする上で大事なことは?

  1. すべての情報を正確に、正直に申告する
  2. 親権者の同意をきちんと得る
  3. クレジット枠・キャッシング枠ともに高い金額を希望しない

特に3.は重要です。カード会社は、返済能力の乏しい未成年者にはもともと高額の枠を設定することはありません。うまく審査を通った未成年者の体験談を集めると「10万円以下にしたら通った」または「ゼロにしておいたら通った」なんて意見が珍しくありません。

最初から高望みをしてはいけないことは事実です。買った品物の返済をきちんと繰り返して、「実績」を増やして枠を上げてもらうことが無難なやり方といえます。

もっとも、「審査を通りやすいか」だけで選ぶのもイマイチでしょう。いまどきのクレカは特典がどっさりあるのが当たり前。

クレカの特典(スペック)
  • 使える場所が多い(外出先・ネット上の両方で)
  • 高い会費を請求されない
  • ポイントサービスが充実
  • いつまでも使える/または、他のカードに切り替えできる

……etc.

そこで、このような条件を総合的にふるいにかけて、こちらで3ブランドをご提案しましょう。

キャッシング枠が設定可能なクレジットカードを選ぶ

どれを選んだらいいのかわからないという方のために、未成年でも親の同意があればクレジットカードのキャッシング枠を利用できるクレジットカードをまとめました。おすすめは下記のクレジットカードです。

未成年でもキャッシング枠を設定可能なおすすめクレジットカード
クレジットカード名 ショッピング枠 キャッシング枠
JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】券面画像
JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】
最高10~30万円 最高10万円
三井住友VISAデビュープラスカード券面画像
三井住友VISAデビュープラスカード
最高10~30万円 最高5万円
学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
最高5~30万円 最高10万円

どのクレジットカードでも未成年の発行には親の同意が必要です。またキャッシング枠がもらえるかどうかは、申し込んでみないとわかりません。

『学生専用ライフカード』はなぜ未成年にもおすすめなのか?

海外旅行最強のクレジットカード!海外ショッピング分の5%をキャッシュバック!旅行保険付き

学生専用ライフカード若年層の間ではひと際高い知名度とステイタスを持っているのが『学生専用ライフカード』(年会費無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)のいちばんの特徴でしょう。その事実はすなわち、若くても審査に通りやすいことを意味します。実際の話、学生専用ライフカードの審査通過要件は非常に低くなっています。

  • 満18歳以上満25歳以下であること
  • 学生であること(高校生不可)
  • 未成年者は親権者の承認を得ること

社会人には社会人用のライフカードがあります。ただし学生さんであれば、学生専用ライフカードの方がメリットは大きいでしょう。もちろん学生でないのに無収入となるとほぼ望み薄でしょう。

学生専用ライフカードには公式サイトにキャッシング枠が書いてある

学生専用ライフカードは未成年が最もキャッシングで利用しやすいクレジットカードだと言われています。というのも、学生専用ライフカードだけが公式サイトできちんとキャッシング利用可能枠を明記しているからです。

学生専用ライフカードの利用可能枠
カード利用枠の種類 金額
カード総利用枠 5万円~30万円
内ショッピング利用可能枠 5万円~30万円
内キャッシング利用可能枠 0万円~10万円

クレジットカードの総利用枠は最終的には入会審査の結果、ライフカード側が決定します。ただ、キャッシング利用可能額は、こちら側で希望を出すことができます。あくまでもカード総利用枠の範囲内ですが最高10万円まで利用することができます。

キャッシングでおすすめのクレジットカードでもライフカードは必ずランキングされる人気クレジットカードです。

学生専用ライフカードの魅力とは?

海外旅行最強のクレジットカードという噂通り、海外旅行をする学生さん、特に買い物をする場合はメリットが多いです。

海外ショッピング利用キャッシュバック!5%バック

海外旅行先で学生専用ライフカードを利用すると、カードを利用した総額の5%にあたる現金を、クレジットカードの登録口座へキャッシュバックで振込みしてもらえます。30万円なら1万5千円です。海外でのショッピング利用分のみが対象ですが、本当に最強と言って良いサービスです。

海外旅行傷害保険が自動付帯!学生専用の海外問い合わせ窓口も

学生専用ライフカードは海外旅行中の事故や死亡・後遺障害などを最高2,000万円まで補償します。年会費無料のクレジットカードで傷害治療費用を200万円まで補償してくれるクレジットカードはほとんどありません。大人気の三井住友VISAカードでさえ傷害死亡・後遺障害のみです。

また学生の皆さん専用の問い合わせ窓口が用意されています。海外からでも電話(フリーコール)で気軽に問い合わせできます。

『JCB CARD W』はなぜ未成年にもおすすめなのか?

Amazonで高いポイント還元率、年会費無料で18歳から申し込める!キャッシング枠も設定可能

JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】券面画像JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】』(年会費無料※39歳以下限定/還元率1.0%:1,000円で0.5ポイント+JCBプレモカードチャージ0.5ポイント=10円相当)は18歳以上であれば申し込めるJCBの大人気クレジットカードです。20歳以上になっても39歳まで安心して使い続けられるクレジットカードの代表格です。

『JCB CARD W』のキャッシング枠と審査について

JCBのオリジナルシリーズは最もステータスのあるクレジットカードの1つであり、ポイント還元率は1%以上と非常に高くなっています。特にAmazonでのポイント還元率が高いことでも有名です。

  • 18歳以上であること(高校生不可)
  • アルバイトなどで収入証明書を出せること
  • 親権者の承認を得ること

この3点を守るなら、審査クリアの可能性は低いものではありません。ただし、キャッシング枠を求める場合は収入証明書の提出を求められる可能性があります。JCB CARD Wで設定可能なキャッシング枠は最高10万円と言われています。

JCB CARD Wの魅力とは?

語りはじめると尽きませんが…未成年者にもよくあてはまるメリットを抽出してみました。

ポイントが必ず、普通のクレジットカードの2倍

普通のクレジットカードのポイント還元率は0.5%です。1,000円利用して5円相当のポイントが帰ってくる計算です。しかしJCB CARD Wは普通に使うだけでその2倍の1.0%が還元されます。公共料金や携帯電話料金の支払いに使っても、その分は1.0%のポイントの対象になります。

Amazonでポイント倍増! お得に買い物できる

ネット通販最強といえばAmazonでしょう。Amazonプライムビデオ、Amazonミュージックなどクラウド型のサービスにも力を入れています。Amazonを使うと、ポイントが原則2倍(2.0%)で使えます。キャンペーンがあると4.0%を超えることもあります!

貯まったポイントは、1ポイント=1円でAmazon、ローソン等で使える

JCB CARD WはJCBの新しいギフトカード「JCBプレモカード」に「OkiDokiチャージ」することで、Amazon・ファミリーマート・ローソンをはじめ百貨店・家電量販店・レジャー施設など、全国30万店以上で利用できるようになります。ギフトカードなので有効期限はありますが、すべてのカードにおいて、有効期限はカードの発行・利用・チャージのいずれか遅い日(当日含む)から5年間です。使い続ける限り、無限です。

『三井住友デビュープラス』はなぜ未成年にもおすすめなの?

三井住友VISAデビュープラスカードの魅力とは?

VISAカードの歴史は長いものの、国内で早くから発行されてきたのが三井住友VISAカード。歴史が長いだけではなく、おサイフケータイやICチップ+顔写真を用いたセキュリティ強化策等に早くから取り組むなど、サービス精神がひたすら旺盛です。三井住友VISAデビュープラスカードも、その例外ではありません。

18~25歳専用のクレジットカード

クレカをなかなか持たせてもらえない低年齢層を意識したカード。しかし機能の大半は、一般のクレジットカードと比べてそん色ありません。

25歳を過ぎたらそのときは? 実は「三井住友VISAクラシックカード」または「三井住友VISAプライムゴールドカード」のような、大人向けのカードへの切り替えを案内されます。「プライムゴールドカード」で実績を積めば、30歳になる際にはゴールドカード等への切り替えも狙えます。

ポイントは、実はその他の三井住友のカードより高め!

普段の買い物や公共料金・携帯電話料金の支払いをするだけでも2倍です。三井住友VISA公式サイト「ポイントUPモール」を通してネットショッピングをするときは最低でも3倍、最大なら21倍です。

※入会から3ヶ月間は、何と5倍になります! 

チャージする必要がない電子マネー「iD」と提携

セブンイレブンやサンクスのような大手コンビニをはじめ、全国各地で使えるようになったiD。チャージの必要もサインの必要もなく、一瞬で決済できます。

三井住友ならではの電子マネー「WAON」も使用可能に

全国のイオングループ等で使える電子マネーカード「WAON」を発行してもらえます。これを使うと200円ごとに1円の割合でポイントを貯められるほか、毎月20日と30日に限って5%安くしてもらうという特典もついてきます。

リボ払いに変更する制度「マイ・ペイすリボ」

三井住友VISAシリーズ固有の制度「マイ・ペイすリボ」に登録しておくと、決められた限度額内であれば、毎月の返済額を好きなように変更できます。そしてこの支払方法を続けている間は、カードを使った時にもらえるポイントが増えます(+1ポイント)。

未成年でも申し込める三井住友VISAカードの№1

三井住友VISAシリーズで、未成年が申し込めるのは以下の7点でしょう。

  1. 三井住友VISAクラシックカード
  2. 三井住友VISAクラシックカードA※自動付帯保険が追加
  3. 三井住友VISAクラシックカード(学生)※学生専用
  4. 三井住友VISAクラシックカードA(学生)※学生専用。自動付帯保険が追加
  5. 三井住友VISAアミティエカード※女性専用
  6. 三井住友VISAアミティエカード(学生)※女性の学生専用。
  7. 三井住友VISAデビュープラスカード【18歳〜25歳限定】

この中でいちばん未成年におすすめなのが「三井住友VISAデビュープラスカード」。学生さんであれば、別ですが、名前の通り、クレカを初めて持ちたい人向けに仕上がっています。

1.~6.でも、未成年者が審査を通ることはあります。

ただし学生専用、女性専用は対象者しか入会資格がありません。

1.や2.については、三井住友VISAの中心的なカードです(1.と2.の違いは、海外旅行保険に関して2.のほうが多少優遇されることくらいです)。

ただし、未成年の間は7.のほうが目立つメリットが多いことに加えて(後述しますが)7.を持ち続けていればいずれ1.に切り替えるチャンスが到来します。

この場では7.のメリットに集中して説明することにします。

学生でないなら三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめ

三井住友VISAデビュープラスカードの場合、以下の条件全部に合致するなら落とされるリスクはだいぶ減らせます。

  • 18~25歳になっていること (※)
  • 高校生ではないこと
  • 親権者の承認を得ること

(※)24~25歳の場合は、使える年数が短くなるため断られるケースはあるようです

また、必須要件ではないものの、以下の条件が適用されることがあります。

  • 短大や専門学校等の卒業が迫っている場合、または就職したばかりの場合 (※)

(※)これらの条件にあてはまると、属性が定まっていないとみなされることがあります。卒業の半年前までor就職して半年後のほうが、申し込みにふさわしい時期だといえます

三井住友VISAデビュープラスカードの概要

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードの詳細情報はこちら

年会費 初年度無料, 2年目から1250円+消費税(※)
ポイント還元率 約1.0%~(使途によって変動)
海外ブランド VISA
電子マネー iD・WAON・PiTaPa
キャッシングの年率 18.0%
キャッシング枠 0~5万円

(*)ただし、年に1回でも使えば免除を受けられます。

まとめ:クレジットカードなら未成年でもキャッシングできる

未成年でも申し込めるクレジットカードの種類は限られています。しかし未成年者を含めたマーケティングしているカードは少数ながら存在しますし、審査の基準もかなり緩いものになっています。学生ローンにはないメリットも満載です。

18歳以上であれば審査通過は難しくない

特に今回紹介した「JCB CARD W」「学生専用ライフカード」「三井住友デビュープラス」の3種類は、高校生でなければ18歳や19歳でも通過は難しくありません。共通して大事なことといえば、「親の了承を得ること」「高額の枠を希望せず、申込書を正確に書くこと」くらいです。

審査が柔軟で使い勝手の良いクレジットカードばかりです

「JCB CARD W」「学生専用ライフカード」「三井住友デビュープラス」はいずれも、キャッシング以外のサービスも充実しています。使い続けて実績を築いていけば、枠の見直しをしてくれたり上級のカードの案内が来たり、といったチャンスも舞い込んでくるでしょう。

未成年でもキャッシングできるクレカがこうして何枚もあるのですから、スムーズに審査をパスして上手に使っていくことがおすすめです!

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP