即金でお金を作る「クレジットカード現金化」とは?実質ヤミ金業者の手法を解説

ヤミ金業者でお金を借りるクレジットカード現金化

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」このようなうたい文句でお金を手に入れる手法が最近話題になっています。様々な分野を舞台にいろいろな現金化の方法が確認されていますが、これら換金目的でのクレジットカードの使用はすべて禁止されています

ゲリラ広告やインターネットなどでいまだに目にしますが、すべてカード会社の利用規約違反です。既に逮捕者も出ており、思わぬ犯罪やトラブルに巻き込まれる危険があります。限りなく違法に近いグレーゾーンで行われている行為である「クレジットカード現金化」について解説します。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカードを使って現金を手に入れる現金調達方法です

「クレジットカード現金化」とは言葉通りに言えば「クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる」行為です。

物を購入しクレジットカードで決済することで支払いを先送りし、購入した物を現金に換えることで、当座の資金を手に入れる方法です。今すぐに現金が必要と金策を探している人に注目されています。

クレジットカードを使えば即金でお金を入手できるのはホント?

「クレジットカードの現金化」とは、換金性の高いものを買って、すぐに質屋やネットオークションで売って現金を手に入れる手法の延長線上にあります。ただ購入方法が支払いを先延ばしにできるクレジットカードを使うというだけです。

このクレジットカードを換金目的で使う取り引きはクレジットカード会社によって禁止されています。なぜなのでしょうか?

クレジットカード現金化はヤミ金融に繋がっている

それはクレジットカードがあれば今すぐにお金を手に入れられるこの手法がシステム化することで、「実質的には貸金業に該当する」違法性の強い取り引きとなるからです。

貸金業に該当しながら「貸金業登録」をしないでお金を貸す業者=隠れて違法行為を行う業者=ヤミ金業者です。クレジットカード現金化はヤミ金業者に繋がっています

よく考えてみるとクレジットカードが現金化できるのは何だか怪しいと思いませんか? ここではクレジットカード現金化とは何か、危険性はないものなのかを詳しく解説します。

クレジットカードを使って即金で現金が作れる仕組み

クレジットカードで購入した商品を現金に換える手法

クレジットカードの現金化とは、簡単に言えばクレジットカードで購入した商品を買い取ってもらい、その代金として現金を受け取ることを言います。クレジットカードに設定されているショッピング枠の範囲内で商品を購入してもらい、それを買取することで現金化するという仕組みです。

わかりやすい例で言えば、

  • 家電量販店でパソコンをクレジットカードで購入
  • そのパソコンをリサイクルショップなどに持ち込んで買取してもらう
  • 買取が成立したら現金を受け取る

という流れです。違法な点は何一つありません。

クレジットカードを使って現金を手にしても借金は残る

この流れだけを見ると特に問題がないように感じられるかもしれませんが、一時的に現金を手に入れることができても、クレジットカードの引き落とし日までには銀行口座にお金を入れておかなければいけません。

問題はクレジットカード現金化で手に入るお金は、常に購入代金よりも遙かに低い金額だと言うことです。

クレジットカード現金化は借金だけが膨らむ構造

目先の現金だけに気を取られてしまうと、支払期日が訪れた時になって

  • 自分が欲しい物をクレジットカードで購入したわけではない
  • クレジットカードで購入した物も既に手元にはない
  • 買取金額はクレジットカードで購入した金額よりもずっと安い

と、結果的には大損をしている事実に気付き、後悔することになります。

クレジットカード現金化手法は「商品買取」と「キャッシュバック」の2種類

インターネット上にはクレジットカードの現金化を専門的に行っている業者が複数存在しており、「当社のクレジットカード現金化は即日現金振込可能です!」「簡単・安心・来店不要!高還元率でクレジットカード現金化します」などと謳うクレジットカード現金化業者の広告を見かける場合があります。

このようなクレジットカード現金化業者では、大きく分けると2つの方法で現金化を行っています。質屋のふりをする方法と、通信販売業者のふりをする方法の2つです。

クレジットカード現金化の手法①商品買取方式

クレジットカードで買った商品を質屋のふりをするヤミ金業者に買い取ってもらう現金化手法

まずは最も古典的な質屋のふりをする方法です。これは商品買取方式と言われています。

利用者は現金化業者が指定するブランド品や電化製品などの商品をクレジットカードで購入します。自宅に購入した商品が届くので、すぐに現金化業者の元へ送って買い取りしてもらいます。現金化業者に商品が到着したら買取代金を振込してもらうという流れです。

現金化に時間がかかる上に詐欺に引っ掛かった人が絶えない

この場合、クレジットカードで商品を購入してから実際に現金化できるまでには数日間必要となるため、今すぐに現金化させたいという場合には不向きの方法です。

また、現金化業者に商品を発送したものの、買取代金がいつまでも振り込まれずに商品を持ち逃げされたという体験談も多いです。

商品の持ち逃げや詐欺に遭うリスクと隣り合わせの割に合わない手法

もっと早く現金化できる方法として、アマゾンギフト券を買い取るという方法も行われています。アマゾンギフト券はクレジットカードで購入してEメールでコード番号を送付する仕組みになっており、Eメールのやり取りだけで買取手続きが完了するので、最短で当日振込みも可能とされています。

ただし、この場合もアマゾンギフト券のコードをEメールで連絡をしたのに、買取代金を振り込んでもらえないという詐欺が発生しているようです。

クレジットカード現金化の手法②キャッシュバック方式

通信販売業者のふりをするヤミ金業者の商品を購入することで現金を振り込んでもらう手法

現金化業者が指定する商品をクレジットカードで購入すると、所定の金額がキャッシュバックされるという方法もあります。「○○を契約すると5万円分の商品券をキャッシュバック」、「○○を購入すると15,000円キャッシュバック」などの商品広告は一般にもよく目にします。この手法をクレジットカード現金化に応用したものです。

キャッシュバック方式は購入した商品が自宅に届いた後に現金化業者へ送って買い取ってもらうという手続きがなく、すぐにお金が手に入るというメリットもあります。

ヤミ金のクレジットカード現金化は消費者金融でお金を借りるよりも遙かに損をします

しかし、実際に購入する商品とはほとんど価値がないような情報商材(電子コンテンツ)や、値段が付かない美術品、パワーストーンなどの装飾品です。合法スレスレにするために、客観的な価値を計りにくいアイテムを扱っているのです。もちろん即金でお金を手に入れることができても購入した代金と比べるとかなり損をします。

クレジットカード現金化vs消費者金融カードローン

調べたところ、あるクレジットカード現金化業者(ヤミ金業者)は7掛けでお金を渡していました。10万円欲しいなら14万円分購入しなければなりません。消費者金融のカードローンなら10万円借りて1ヶ月後に1万円ずつ、12分割してもトータル約11万円返すだけです。

  • ヤミ金業者(クレジットカード現金化)で10万円手に入れる…返済額はカード会社に約14万円以上
  • 消費者金融で10万円借りる…カードローンの返済額は1年後でも約11万円

クレジットカード現金化は実質ヤミ金融で違法であるからこそ、消費者金融のカードローンとは比べものにならないお金を利用者からむしり取るのです。

クレジットカード現金化では年率20%の出資法の上限を超える利息が取られています

貸金業者の上限は年率20%ですが、一般の消費者金融や銀行カードローンは互いの競争のため上限が年率18%の場合がほとんどです。しかし通販業者をよそおうヤミ金業者は、実質的に違法なことをしてまでお金を貸すので、出資法の上限20%を大きく上回る利益をクレジットカード現金化で得ています。

「クレジットカード現金化」という心地よい名前で勧誘しているだけです。ヤミ金業者に手を出すなら消費者金融の方がよほど良心的です。

クレジットカード現金化で即金を手に入れる危険性

クレジットカード現金化は一時的にお金が手に入るのでとにかく急いで確実に現金が欲しい時には便利というメリットはあります。しかし、以下のような危険性があることを絶対に忘れてはいけません。

クレジットカード現金化で即金を手に入れても支払い時に損をする

クレジットカードの支払日に引き落とされる金額は、現金化で手にした金額よりも明らかに高くて損をするのは間違いないので、結果的には必ず損をするものだと考えてください。

確実に損をすることがわかっていながらも即金でお金を手に入れるメリットがあるものなのかを冷静になってよく考えることが大切です。

そもそもクレジットカード現金化は利用規約で禁止されている

クレジットカードで購入した商品を買い取ってもらい現金に換えるという方法は厳密にいえば違法ではありません。法律を犯しているわけではないので問題ないという意見もありますが、かなりグレーゾーンであることを忘れてはいけません。

クレジットカード会社では会員向けに利用規約を定めていますが、ほとんどのクレジットカード会社では現金化を目的にして商品やサービスの購入をすることを禁止しています。

クレヒスに致命的な傷が残り、お金を借りることもできなくなる

それでもバレなければ大丈夫!とクレジットカード現金化を行い、詐欺などの犯罪に巻き込まれても補償を受けられないどころか、クレジットカードが利用停止になる可能性もあります。

被害を受けた消費者として救済されるどころか、規約違反を犯した利用者としてブラックリストに入れられる可能性の方が高いのです。

一度でもクレジットカード会社から悪質な行為を繰り返している人物だと判断されると、クレジットカードを作ることも他のローン商品を利用することも一切できなくなる可能性があります。

現金が必要ならクレジットカード現金化よりキャッシングがおすすめ

クレジットカードでも消費者金融でもキャッシングは合法で安心

今すぐに現金が必要という場合は、安易にクレジットカード現金化を利用するのではなく、クレジットカードのキャッシング枠を上手に活用することをおすすめします。

クレジットカードのキャッシング枠は金利が高いから、現金化の方が良いのでは?と考える方もいますが、冷静になってよく考えてみてください。

クレジットカードで商品やサービスを購入し、買取やキャッシュバックで現金化に成功できても、手に入れた現金がクレジットカードで購入した金額を上回ることはありません。

むしろクレジットカード現金化は、キャッシングの金利よりもはるかに高い割合で損する結果になります。クレジットカードの引き落とし日に支払いすることを考えるならキャッシングの方がお得で安心して利用できます。

即金が必要な時に備えてクレジットカードのキャッシング枠を確保しよう

クレジットカードのキャッシング枠は、申込み時の審査結果によってはあらかじめ設定されている場合もあります。契約しているクレジットカードを確認し、キャッシング枠が設定されていない場合は、申請をするとキャッシング枠を設定してもらえる場合もあります。

ただし、キャッシング枠はあくまでもショッピング枠と合わせたカード限度額の範囲内で設定されるので注意しましょう。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の仕組み

例えば、カード限度額が50万円でショッピング枠50万円、キャッシング枠10万円に設定されていたとします。

既にショッピングで50万円利用していた場合、キャッシング枠が10万円で設定されていていても、キャッシングは利用できません。この場合はカード限度額いっぱいまでショッピング枠を使ってしまったので、ショッピングのご利用額分をお支払いして限度額の枠が確保されるまでキャッシングを利用できないのです。

また、ショッピングは一切利用していないとか40万円まで利用しているという場合は、キャッシング枠で設定されている金額が上限になるので10万円までキャッシングを利用できます。

キャッシングを利用しやすくしたクレジットカードも登場しています

クレジットカードのキャッシング枠を確保しておけば、いざという時に便利なので、キャッシング枠がない場合はクレジットカード会社に問い合わせしてください。

キャッシングを利用しやすいように利便性を向上させたクレジットカードも登場しています。ただしキャッシングを利用する場合はあくまでも緊急時だけにしておきましょう。

クレジットカード現金化まとめ:ヤミ金業者の手法なので危険です

クレジットカード現金化業者の実態はヤミ金業者

クレジットカード現金化は今すぐにお金が必要という方にとっては魅力的に感じられますが、結果的には損をするため絶対にやめるべきです。多くが通販業者や質屋さんのふりをしていますが、実態は非合法な貸金業者=ヤミ金業者です。

ホームページがキレイだったり、振込手数料無料、カード決済手数料無料、各種手数料無料など美味しい話が並んでいるのは、すべてヤミ金融であることをカモフラージュするためです。クレジットカード現金化業者のキャッシュバック率を計算すれば、必ず貸金業法の20%以上となります。実質ヤミ金業者の証拠です

クレジットカードでキャッシングする方が現金化より安全でおすすめ

どうしても現金が必要という場合に備えて、クレジットカードのキャッシング枠を用意しておくことをおすすめします。いざという時にクレジットカードのキャッシングを利用する場合には、すぐに返済できる金額にとどめておき、頻繁に利用し過ぎないように気をつけることも大切です。

そして頻繁にお金を借りるようであれば、クレジットカードのキャッシングと同じように利用できる消費者金融や銀行カードローンへの切り替えをおすすめします。カードローンにはお借り入れ専用のサービスならではのメリットがあります。

本当にお金を借りたいなら消費者金融のカードローンへ!金利も低く現金がすぐ手に入る

またクレジットカードのキャッシングよりもカードローンの方がおすすめという事実もあります。JCBカードなどのクレジットカード会社もクレジットカードのキャッシングを使っているお客様に、クレジットカードからカードローンへの切り替えをおすすめしています。

クレジットカードはあくまでもショッピング機能をメインにしたもの。カードローンはキャッシング専用です。その分、カードローンはクレジットカードよりも限度額が大きく、さらに低金利です。餅は餅屋。お金を借りるなら金融業者です。詳しくは下記の記事をどうぞ。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP