クレカ編集部が目的やこだわりで徹底的に調査した!学生クレジットカード比較の決定版

学生クレジットカードの審査比較!大学生や専門学生が審査落ちしにくいクレカ

学生クレジットカードは大学生や専門学生なら審査落ちなし?

大学や専門学校などに在籍している学生だけが作ることができる「学生クレジットカード」は、一般的なクレジットカードと比べてポイント還元率が高く、旅行保険などの特典が充実していて、さらに審査が甘いお得なクレジットカードと言われています。実際にゴールドカード以上の特典が年会費無料で付帯し、審査にも通りやすい学生クレジットカードは多いです。もちろん審査が甘いといっても、クレジットカードの審査自体はきちんと行われるので、審査落ちする大学生や専門学生も一定数います。今回は学生クレジットカードの審査基準や一般カードと比べた違いを中心におすすめの学生クレジットカードを紹介します。将来にわたって役に立つ学生クレジットカードを選びましょう。

審査落ちする学生は少ない!学生のためのクレジットカード

学生クレジットカードの審査
大学生はクレジットカード審査に通る率が高い!?

大学生向け「学生クレジットカード」は「一般カード」よりも審査落ちる率が低いと評判

学生クレジットカードというものは、学生という身分でなければ申し込みはできないという縛りはあります。しかし一般的なクレジットカードよりも審査に通ると言われています。その理由は学生カードの審査基準にあります。大学生が申し込む学生クレジットカードは一般カードとは審査基準が違うために、一般の社会人と比較して大学生はクレジットカードの審査に通ると言われているのです。

「学生クレジットカード」は一般カードとは『審査基準』が違います

三井住友VISAクラシックカード(学生)券面学生のうちからお金をしっかり稼いで、年収が安定しているという方はいません。また学生のうちからローンやキャッシングを利用し、返済をしているというのもレアケースです。ですのでクレジットカード会社は大学生を社会人と同じ基準では審査できません。そのために学生専用の「学生クレジットカード」が作られました。その先駆的な例が『三井住友VISAクラシックカード(学生)』(年会費無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)です。

学生クレジットカードは決して審査が甘いわけではありません。審査のポイントが違います。

三井住友VISAクラシックカード学生クレジットカードが言われる、審査が甘い、審査基準が甘い、という口コミの評判は、大学生が持つ学生クレジットカードが一般カードと審査基準が違うことが原因です。

学生向けの審査基準で審査することによって、一般の社会人では持てないケース(例:安定した収入無し)でも、学生クレジットカードなら持てる、ということなのです。これはまた、学生という身分であれば、もしお金が返せなくなりそうでも親が立て替えてくれる可能性が高いというのも、1つのポイントです。

審査基準が異なる証拠として同じ『三井住友VISAクラシックカード』(初年度無料、年会費1,250円+税※条件付き無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)でも、社会人と学生とでは審査基準も違い、利用可能枠も、社会人10~80万円、学生10~30万円と違っています。

クレジットカード会社は大学生に学生クレジットカードを発行したい

学生専用ライフカード学生クレジットカードは、クレジットカード会社の中での位置づけが、社会人向けの一般的なクレジットカードと全く違います。だから大学生は収入ゼロ円でも学生クレジットカードなら持てるのです。

学生クレジットカードの中には『学生専用ライフカード』(年会費無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)のように、海外でのクレジットカード利用分を5%もキャッシュバックしてくれる学生クレジットカードまであります。

学生クレジットカードは将来的にも使い続ける可能性が高いクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード券面画像クレジットカード会社が学生カードを発行している理由として、審査基準が異なるからということを挙げましたが、それ以外にも「学生のうちに積極的にクレジットカードを発行させたい」という理由もあります。

人生で初めて発行した「ファーストカード」は、長く使い続ける傾向にあるというのがクレジットカード業界でよく言われていることです。将来有望な学生のうちに自社のクレジットカードを作ってもらえば、社会人として働き出してもずっと使ってくれる可能性が高いため、クレジットカード会社は社会人よりも甘い審査基準でカードを発行するということですね。

『三井住友VISAデビュープラスカード』は年会費無料で還元率1.0%!満26歳でヤングゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカードその典型例が『三井住友VISAデビュープラスカード』(年会費無料/還元率1.0%:1,000円で2ポイント=10円相当)です。

実際に『三井住友VISAデビュープラスカード』は、満26歳でヤングゴールドカードの『三井住友VISAプライムゴールドカード』(初年度無料、年会費5,000円+税※条件付き割引きあり/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)となり、さらに満30歳でステータスカードの『三井住友VISAゴールドカード』(初年度無料、年会費10,000円+税※条件付き割引きあり/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)となります。

大学生クレジットカード選び
学生クレジットカードを持つメリットで選ぼう!

大学生のクレジットカード選びの第1歩は学生クレジットカードを使う目的の明確化

この世の中には数えきれないほどのクレジットカードがありますが、その1枚1枚の特徴や種類はカードによって異なります。どんなカードを選ぶかは、自身のライフスタイルや生活習慣、使う目的にしたがって考えましょう。初めてのクレジットカード選びを間違うと無駄なカードで結局、解約など後悔しかねません。もちろん複数申し込んでも良いのですが、連続で申し込むのはNGなので、最初のカードはできるだけ慎重に選びましょう。

  1. 【将来性】大学生は卒業を視野に入れ、将来ランクアップしていく学生クレジットカードを持とう
  2. 【還元率】大学生もお得なクレジットカードが大好き!少しでも還元率が高い学生クレジットカードを選ぼう
  3. 【海外旅行】海外旅行好きの大学生はお得にマイルが貯まる&海外旅行保険が付帯する学生カードを選ぼう

目的・タイプ別の学生クレジットカードの選び方

将来性 銀行系のプロパーカードがおすすめ!長く使い続けることで、ゴールドカードへの道が開けてきます。
還元率 【年会費無料で還元率1%以上は必須】決まったお店で買い物をするなら、そのお店のカードを持つのもあり。
海外旅行 付帯保険が充実しているのは当然ですが、利用付帯・自動付帯も確認しましょう。(詳しくはココ

【将来性】で選ぶ!おすすめの学生クレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード券面画像銀行系クレジットカードの学生向けカードを選びましょう。クレジットカードは途中で止めることができますが、最初の1枚はクレヒスを残すために解約しない方が良いとされています。そのため一定条件で年会費無料で持ち続けられるクレジットカードがおすすめです。今回は三井住友銀行系の【三井住友VISAデビュープラス】と、三菱東京UFJ銀行系の【MUFGカード イニシャルカード】をご紹介します。

【還元率】で選ぶ!おすすめの学生クレジットカード

学生専用ライフカード還元率を重視するなら日常使いのイメージが大切です。最近はスーパーマーケットやコンビニ払いもクレジットカード一発で済ませられる時代。楽天EdyやTポイントなどとの連携があれば、いちいちポイントカードを出す手間も省けます。いつも使って、コツコツとポイントを貯め、実質1%引きなどとお得に還元させましょう。ここでは海外旅行にも強い【学生専用ライフカード】と、学生専用で無いのに持ちやすく還元率が高い【楽天カード】を紹介します。

【海外旅行】で選ぶ!おすすめの学生クレジットカード

ANA VISA/Master学生カード券面画像旅行を重視する学生のクレジットカードと言えば航空系クレジットカードでしょう。航空系カードは日常生活では活躍度がイマイチですが、いざ旅行!というときに大活躍します。マイル還元率も学生カードはゴールドカード並みに高いためサブカードとしておすすめです。
さらに帰省や国内旅行にも視野を広げれば、新幹線利用などでメリットがある鉄道系クレジットカードも視野に入ってきます。鉄道系カードは航空系カードと異なり、日常生活でも定期になったり活躍してくれます。普段使い重視なら鉄道系でしょう。ここでは航空系カードの定番『ANA VISA/Master学生カード』(年会費無料/マイル還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5マイル相当)と、鉄道系の鉄板カード『ビュー・スイカ カード』をご紹介します。

注意!大学生はリボ払い専用クレジットカードに入会しないこと!

JCB EIT(ジェーシービー エイト)カードリボ払いとはリボルビング払いのこと。毎月の返済額を一定にし、支払いやすさを売りにしているクレジットカードです。『JCB EIT(ジェーシービー エイト)カード』(年会費無料/還元率1.0%)が代表例です。

正しく使用できれば非常に便利なクレジットカードなのですが、このカードをメインにしてしまうと「リボ手数料」がかさばって通常より多くのお金を支払うハメになりかねません。とくに、公共料金や携帯電話料金など固定費のリボルビング払いは危険です!しかも学生クレジットカードはリボ払い専用カードよりも特典がお得なことが多く、選ぶ理由がありません。大学生におすすめはあくまでも学生クレジットカードです。

リボ地獄に陥ると手数料だけ払って元本が全く返せてないことも…!?

例えば、携帯代が10,000円程度だとして、月々5,000円のリボ払い設定をしているとしますよね。そうすると毎月10,000円ずつ支払いは発生しているのに、5,000円しか払わないことになるので支払い額はどんどん貯まっていき、リボ手数料もどんどん上がっていきます。つまり、いつまで経っても借金はなくならず、手数料を払い続けることになるというわけ…。リボ専用カードは高還元率をウリにしているものも多く、目を引きやすいですが、このようなトラップもあるので注意してくださいね。

学生クレジットカードの審査は社会人向けのカードとどう違う?

学生クレジットカードと社会人向けクレジットカードの審査上での違いは、学生は「信用情報のキズ」がないかをチェックするだけなのに対し、社会人はざっくり表現すると「信用情報のキズ」、「返済能力」、「クレヒスの良し悪し」の3項目についてチェックされます。

厳密に言うと、信用情報とクレヒスは同じ「クレジットヒストリー(credit history:信用情報)」を指していますが、ここではあえて分けて表記しています。それぞれの用語について、順に解説します。

  1. 信用情報のキズ
  2. 返済能力の不安
  3. クレヒスの悪さ

1.「信用情報のキズ」でクレジットカード審査落ちるケース

信用情報にキズがあるということは、簡単に言うと長期の延滞や自己破産などの「金融事故」を起こしていることになります。例えば、自分名義の携帯電話の料金を長期で延滞した、というのもこれに当たります。

学生のうちに自己破産までしてしまう方は少ないとは思いますが、社会人であれ、学生であれ信用情報にキズがあるというのは大きなマイナスですので、審査が甘い学生クレジットカードでも「審査落ち」してしまう原因になります。

うっかり支払いを短期で忘れていたのが1件だけ、など悪質性が低い場合は、審査上ほとんど問題にはならないケースも少なくありません。とはいっても、やはり延滞は延滞ですので、中にはそれが原因で審査に落とされてしまうことも無いとは言い切れません。

2.「返済能力の不安」でクレジットカード審査落ちるケース

返済能力とは、年齢や勤務先、勤続年数、持ち家の有無などの情報を含めた「属性」で判断されます。

申し込んでいるクレジットカードのグレードに対して、十分な安定収入があれば問題なく通ることができますが、収入が極端に低い場合には社会人カードの場合、審査落ちしてしまいます。

学生クレジットカードは、基本的に学生には収入がないというのが前提ですので、収入は審査の合否の基準にはなっていません。

3.「クレヒスの悪さ」でクレジットカード審査落ちるケース

悪いクレヒスというのは、信用情報、いわゆるクレジットヒストリー(クレヒス)に問題があるケースを指しています。

金融事故を起こしている「キズがある状態」はもちろんそれに当てはまりますが、それ以外にも、うっかりの「支払い忘れ」が頻発している場合も当てはまります。

支払い忘れが頻繁に起これば、いつか本当に返済されなくなるのでは、と考えるのは普通のことですので、審査では厳しく判断されます。

学生クレジットカードの審査申し込み時に「収入」はどう書く?

クレジットカードの申し込み時に多くの学生が悩んでしまうのが、「年収」をどのように書けばよいか、ということです。

学生クレジットカードであれば、学生は年収がなくて当たり前と扱ってもらえるので、年収は特に気にせず正直に記入しましょう。アルバイトをしていないのなら年収は0円でも大丈夫です。一応補足しておきますが、社会人であっても、学生であっても、年収を多く偽るのは絶対にやめましょう。

親からの仕送りは収入にならない!学生クレジットカードの審査申し込みで注意!

よく聞くのが、親からの仕送りを年収として申告するという人ですが、これは間違っています。 というのは、年収はあくまで「自分で稼いだ」お金でなくてはいけないので、親からの仕送りはただのお小遣いであり、書類上では収入として計上できません。毎月安定して貰えるお金ですと、間違えて書いてしまいそうになりますが、注意しましょう。

学生は信用情報が「極端に悪い」のでなければクレジットカード審査に通る

逆に、良いクレヒスとは、定期的にクレジットカードなどを利用し、きちんと滞りなく返済し続けているクレヒスのことです。社会人の場合、クレヒスが良ければクレジットカードの審査に通りやすくなります。

学生の場合は、初めてクレジットカードを申し込む場合が多く、クレヒスが全くないのが普通ですので、事故情報やあまりに悪いクレヒス以外は重視されません。

ですので、社会人向けクレジットカードとは違い、クレヒスが全くないから信用できるか判断できず審査に落ちる、ということはないのでご安心ください。

学生クレジットカードのメリット・デメリットを比較!

学生クレジットカードは審査が甘めで通りやすいクレジットカードですので、メリットがたくさんあります。ただし、注意してほしい点もありますので、合わせてごらんください。

学生クレジットカードのメリット

  1. 年収が0でも大学生は学生クレジットカードの審査に通る
  2. 年会費無料が多いのに、学生クレジットカードは特典が多い
  3. 学生カードを所持していれば、卒業後に継続して所持可能
1.年収が0円でも大学生は学生クレジットカードの審査に通る

本記事では何度も説明していることですが、大きなメリットの一つですので改めてご紹介します。学生クレジットカードは、学生のうちしか申し込めないということもあり、基本的に「年収」は審査の合否に関わりません。

毎月アルバイトを全くせず、お小遣いだけで生活していても、何の問題もなく審査に通ります。 一般的なクレジットカードは「安定した収入」があることを必須条件としていますので、審査がかなり甘いことが分かります。

2.年会費無料が多いのに、学生クレジットカードは特典が多い

学生クレジットカードは、学生はお金がないことが多いため、より多く発行してもらうために「年会費」をとらないものが少なくありません。年会費無料と聞くと、特典面であまり優遇されないという印象がありますが、学生クレジットカードは「より多くの人に使ってほしい」という狙いがありますので、逆に年会費無料であっても特典が充実しています。

中には、海外で利用したぶんの5%が還元されるという驚きの特典がつく「学生専用ライフカード」のようなクレジットカードもありますので、興味のある方はチェックしてみてください。

3.学生カードを所持していれば、卒業後に継続して所持可能

社会人になると、クレジットカードの発行には審査がつきものですが、学生専用カードを在学中に利用していた場合は、卒業後に審査なしで継続が可能です。その場合、学生専用ではなく、同ランクの社会人カードにはなりますが、審査なしですぐにクレジットカードを手に入れられるのは魅力です。

学生クレジットカードのデメリット

学生クレジットカードのデメリットはほとんどありませんが、強いて言えば「利用限度額」が少ない、「キャッシング枠」がないカードが多いことです。学生クレジットカードの利用限度枠は、10万〜30万円がふつうですが、社会人向けのクレジットカードは利用限度額が100万円を超えるものも少なくありません。なので一般カードに比べると限度額が少ないと感じるでしょう。

利用限度額が10万円~30万円と低いのが学生クレジットカードのデメリット

ただし、学生のうちに毎月10万円、20万円も使う人は「まれ」だと思いますので、実際には大きな影響はないと言えます。

もし、毎月たくさん使うというのであれば、親が発行しているクレジットカードの「家族カード」を発行してもらうのも一つの手段ですが、その場合支払いは親負担になり、明細も親に送付されるほか、使っても自分のクレヒスにはなりませんのでおすすめしません。

まとめ:学生のうちからクレジットカードは発行しておこう!

学生クレジットカードは、学生のうちしか発行できない、メリットたっぷりの貴重なクレジットカードです。特典も盛りだくさんでポイントが貯まるカードも多いので、それだけでも発行しておく価値が十分にあります。

利用しやすい、という以外にも、社会人になってから新たにクレジットカードを作ったり、マイカーローンを組んだりする際に審査で重視される「クレヒス」もコツコツ作れますので、学生のうちからクレジットカードを作っておくことはとてもおすすめです。興味がある方は、一度自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを探してみてくださいね。

大学生に人気の学生カード
口コミと評判で学生クレジットカードを比較

大学生クレジットカードは審査落ちる率も低い!口コミで評判の学生カードを比較

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード
【18歳縲鰀25歳限定】デビューに相応しい1枚
在学中年会費 無料(2年目以降:1,250円+税) 還元率 1.0%~2.5%
海外旅行保険 国内旅行保険

銀行系の定番!三井住友VISAカードの若者限定カード!学生が最もお得なクレジットカードの1つ

信頼して使える安心の三井住友VISAカード!名門なのに学生カードは実質、年会費無料です。

「はじめて持つならこのカード♪」でおなじみの『三井住友VISAデビュープラスカード』。18歳~25歳限定のクレジットカードで、カード利用で付与されるポイントは常に2倍!入会後3ヵ月間はなんとポイント5倍になる超お得なカードです。初年度の年会費は無料ですが、2年目以降からは1,250円+税の費用が発生します。ただし、一度でもカードを利用した場合は翌年も年会費無料に。カードを発行して一度も使わないという人はいらっしゃらないと思いますから、年会費は実質無料と考えてもいいでしょう。

Amazonも楽天市場も使う学生はクレジットカードポイントを貯めてお得にショッピング!

『三井住友VISAデビュープラスカード』のカード利用で貯まるポイントは「ワールドプレゼント」。1,000円=2ptで入会後3ヵ月間なら1,000円=5ptのポイントが貯まります。「ワールドプレゼント」をもっと貯めたい人は専用モールである「ポイントUPモール」経由でのショッピングがおすすめ。Amazonや楽天市場へもポイントUPモールから飛ぶことができるのでありとあらゆるアイテムをポイントUPモールから購入することができます。ポイントUPモール経由で買い物をするとショップにもよりますが、2倍縲鰀20倍のポイントが加算されるので、これを見逃さない手はないでしょう。貯まった「ワールドプレゼント」は他のポイントに交換することや景品と交換、1pt=3円でキャッシュバックすることができます。ちなみに、楽天スーパーパイントに交換した場合は1pt=5pt(5円換算)です。

真のステイタスへ!学生クレジットカードはプライムゴールドカードへ自動ランクアップ

『三井住友VISAデビュープラスカード』は18歳~25歳限定のクレジットカードですから26歳を超えると自動的に『プライムゴールドカード』へランクアップされます。20代でゴールドカードを所持できるので、ステータス性も抜群。『プライムゴールドカード』を持つために『三井住友VISAデビュープラスカード』から始めるというのもカードの持ち方としてアリといえるでしょう。

MUFGカード イニシャルカード

MUFGカード イニシャルカード
29歳以下限定!初めての名門クレジットカード
在学中年会費 無料 還元率 0.5%~1.5%
海外旅行保険 自動付帯 国内旅行保険 利用付帯

安心して使える若者限定の銀行系クレジットカード!学生カードとしてもおすすめ!

18~29才以下限定!学生も持てるお得なクレジットカード!在学中は年会費無料

『MUFG イニシャルカード』は18~29才以下限定のクレジットカード。社会人の場合は2年目以降、1,250円+税の年会費が必要となりますが、在学中は年会費無料で使用することができます。ただし、大学卒業後もWEB明細チェックの登録と20万円以上のショッピング利用で年会費を無料にすることも可能です。

学生も入会後3ヵ月間はポイント3倍!還元率1.5%になるクレジットカード

『MUFG イニシャルカード』の利用で貯まる「グローバルポイント」は入会後3ヵ月間はポイント3倍!専用モールである「POIT名人.com」経由でお買い物をすると基本ポイントに加えてPOIT名人.comの特別ポイントが加算。しかも、POINT名人.comでお気に入りショップを登録するとポイントの付与率はさらに増加します。また、カード利用額に応じてもポイント還元率はアップ。使えば使うほど、ポイントの還元率も増加していくポイントシステムになっているのです。

海外旅行保険にショッピング保険!補償も充実の学生クレジットカード

『MUFG イニシャルカード』はさすが銀行系クレジットカードと呼べるほど、保険類も充実しています。「海外旅行傷害保険」は最高で2,000万円。カードで購入した商品がなんらかのトラブルで破損した場合の損害を補償する「ショッピング保険」も自動付帯。万が一、不正利用された場合の「不正利用の補償」もきちんと付帯されています。海外旅行でも普段のショッピングでも安心して使用することのできるクレジットカードといえるのではないでしょうか。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
海外旅行に強い学生専用カード
在学中年会費 無料 還元率 0.5%~3.0%
海外旅行保険 在学期間中のみ自動付帯 国内旅行保険

特典が満載の学生クレジットカード!海外旅行に行く大学生御用達のクレジットカード

学生クレジットカードだけのスーパー特典!海外利用分を5%キャッシュバック!

『学生専用ライフカード』は大学生や専門学校生が学生ライフを満喫するために特化したクレジットカードといえるでしょう。特典のひとつが「海外利用キャッシュバックサービス」!海外へ出発する前にキャッシュバックスサービスを申し込むと海外旅行先でのカード利用総額の5%にあたる現金が登録口座にキャッシュバックされるという破格のサービスです。旅行や留学と何かと海外に行く機会の多い大学生。5%でも戻ってくるというのはかなり嬉しいサービスですよね。ただし、ネットショッピングは対象外となるのでご注意を。

海外でのトラブルも安心「海外旅行傷害保険」付きの学生クレジットカード

海外でなんらかのトラブルに遭遇した際に助けてくれるのが「海外旅行傷害保険」です。補償内容はこの通り。死亡・後遺障害(傷害による) 2,000万円、傷害治療費用200万円、疾病治療費用200万円、救援者費用200万円、賠償責任2,000万円、携行品損害20万円(免責3.000円)。海外では思わぬトラブルが起こりやすいもの。こういった保険が付帯しているクレジットカードを持っていれば、もしもの時の助けになることは間違いありません。

学生クレジットカードもL-Mall経由でポイント倍増

『ライフカード』が運営する専用モール「L-Mall」経由でお買い物をするとカード利用で貯まる「LIFEサンクスプレゼント」が最大で25倍に!LIFEサンクスプレゼントは1,000円につき1pt貯まるポイント。貯まったポイントでさまざまな景品やポイントへ交換することができます。ちなみに楽天スーパーポイントに移行した場合は1サンクスポイント=5楽天ポイント。楽天スーパーポイントの他にも、ANAマイルやGポイントなどにも移行することができます。また、「LIFEサンクスプレゼント」はステージ制で利用金額に応じて、ポイントの付与率が1倍、1.5倍、2倍とどんどんランクアップしていくのも特徴。さらに入会後、1年間は常にポイント1.5倍で誕生日月にはポイントが5倍にまでアップします。カードを利用するタイミングを見計らって賢く使うことでどんどんポイントが貯まっていくカードといえるでしょう。

楽天カード

楽天カード
大学生も学生も主婦も誰でも持てる買い物でお得なクレジットカード
在学中年会費 無料 還元率 1.0%~
海外旅行保険 利用付帯 国内旅行保険

大学生も便利に使える!手軽に持てる学生クレジットカードとしてもおすすめ!

大学生や学生はクレジットカード審査に通りやすい!学生なら誰でも持てます

楽天市場などを運営する『楽天カード』。その特徴は「審査基準がゆるい」ということと、使いやすいポイントが「ザクザク貯まる」ということです。審査基準ゆるいということは収入のない大学生でも気軽にカードを発行しやすいということ。学生ローンなどで金融事故を起こしているなど、よっぽどのことがない限り、審査落ちすることはほとんどないといわれています。

大学生もクレジットカードポイントを貯めやすい!人気のポイントプログラム!

「貯めやすいポイント」も『楽天カード』の魅力。カード利用で付与される「楽天スーパーポイント」は通常の利用で還元率1%、楽天市場など楽天グループでの利用では2%以上、ショップによっては10倍、20倍のポイントが付与されることもあるのです。貯まったポイントは楽天グループでのショッピングの割引として使用できる他、ANAのマイルに交換したり、楽天Edyにチャージすることもできます。楽天Edyはカード発行時に追加機能としてつけることができるので、コンビニなどEdyの使用できるところでショッピングをする機会の多い人はつけた方が断然お得といえるでしょう。

年会費永年無料&入会キャンペーン特典でも選ばれる学生クレジットカード!

クレジットカードの年会費はカード利用額少ない学生にとっては大きな出費。クレジットカードに付帯する特典をそこまで利用しない大学生にとって、年会費永年無料は嬉しいポイントのひとつです。無料だからこそ、気軽にカード発行することもできます。入会特典も手厚いので、もしもの時のためのサブカード、楽天市場を利用する時だけに利用するカードとして取得しておくのもいいかもしれませんね。

海外旅行障害保険は「利用付帯」する学生クレジットカード

『楽天カード』には海外旅行障害保険が利用付帯されています。利用付帯とは、旅費や宿泊費などをカードで支払った場合に適用される保険のこと。保険が適用されれば、万が一の時に最高2,000万円までの保険額が支払われます。短期留学や海外旅行の際に保険として利用したい場合は、なんらかの形で『楽天カード』を利用しておきましょう。

ANA VISA/Master学生カード

ANA VISA/Master学生カード
海外留学ならVISA/MasterのANAカード!年会費無料!
在学中年会費 無料 還元率 0.5%~2.0%
海外旅行保険 自動付帯 国内旅行保険 自動付帯

旅行に行く回数が多いならANAの学生カード!大学生クレジットカードとしても人気です!

ANAカードの学生クレジットカードはマイル還元率がお得!

メリットはポイントが「貯まる・使える」サービスが豊富なこと! マイル還元率は悪くないどころか、社会人向けANAカードよりも有利に作られています。特典も豊富でボーナスマイルも最高クラス。学生の間にしっかりマイルを貯めて、卒業旅行は特典マイルで海外へ!なんていう夢のような計画もできるかもしれません。

ANAカードの利用限度額は30万円まで!学生クレジットカードの限界です

ネックはカード利用限度額が低いこと。いくら信用を積んでも、学生の身分で作るカードなので利用限度額は最高30万円が限度です。収入に限界がある身なので、一般的に考えて最低利用額の10万円ぐらいでも妥当かも知れませんね。信用を重ねて、30万円分の旅行代金を一気に払えるようになれば、マイルも怖ろしいほど貯まります。

国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険が自動付帯!旅行保険で選ばれる学生カード!

海外旅行保険・国内旅行保険の付いている学生クレジットカード(年会費無料)の中でも、ANAカードはオススメです。これらのカードは持っていれば、自動付帯で保険が適用されるのでサブカードとしても重宝します。

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カード
通勤通学でJRを利用する人にお得なビュー・スイカ
在学中年会費 477円+税 還元率 0.5%~1.92%
海外旅行保険 自動付帯 国内旅行保険 利用付帯

貯まったポイントはSuicaにチャージ

大学生は通学でお得な学生カード!Suica&定期券&学生クレジットカードが1枚に!

『ビュー・スイカ カード』はSuica、定期券、クレジットカードが1枚になったカードです。日常的にJRや電車を利用する人におすすめの1枚といえるでしょう。通常のカード利用で貯まるポイントは1,000円につき2ポイント(5円相当)ですが、「オートチャージ(Suicaへの自動チャージ)」や「定期購入」、「切符購入」ではポイントは3倍に!しかも、貯まったポイントはSuicaにチャージすることができます。つまり、通学での定期購入でもポイントがどんどん貯まっていくということ(1pt=2.5円)。Suicaでのちょっとした買い物分の金額を貯めたい!という目的でのカード発行でも十分お得といえます。

学生クレジットカードもWeb明細の利用でポイントバック!

『ビュー・スイカ カード』は477円+税の年会費が必要となるクレジットカードですが、Web明細サービスを利用すると年間600円相当のポイントが付与されるので、年会費は実質無料に。年会費以上のポイントが付与されるので、『ビュー・スイカ カード』を発行する場合は必ずWeb明細サービスを利用するようにしましょう。

海外旅行保険が自動付帯する学生クレジットカード!国内旅行は利用付帯!

通常のクレジットカードは海外障害保険の方が支払われる保険金の額が高いのが一般的ですが、『ビュー・スイカ カード』の場合は逆。海外旅行障害保険で最高500万円、国内旅行障害保険で最高1,000万円となっています。JR東日本が発行するクレジットカードならではといったところですね。ただし、海外旅行の場合は何も購入しなくても万が一の場合、自動的に保険が適用される自動付帯ですが、国内旅行の場合は交通費などを『ビュー・スイカ カード』で購入しないと適用されない利用付帯となっているので、そこは注意が必要です。

学生クレジットカードを比較
審査落ちの口コミと評判で選んだ学生カード

【口コミと評判でランキング】おすすめ学生クレジットカード比較表

審査落ちる率が低い大学生クレジットカードを比較しました。

三井住友VISAクラシックカード(学生)

三井住友VISAクラシックカード(学生)
【学生限定】安心三井住友VISAカードのスタンダード
年会費 無料(2年目以降:無料※在学中) 還元率 0.4%~1.0%
発行期間 最短3営業日 限度額 10~30万円
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー ID(アイディ)WAON(ワオン) マイル 100pt=300マイル

ジャックス アクルクス(acrux)カード

ジャックス アクルクス(acrux)カード
学生カード最強!ポイント還元率最大1.65%!!
年会費 無料(2年目以降:無料
※5年間)
還元率 1.05%~1.58%
発行期間 最短7営業日 限度額 20万円~30万円
ブランド VISAカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 0.5~0.6マイル

ANA JCBカード(学生用)

ANA JCBカード(学生用)
学生用最強ANAカード!年会費無料で100円=1マイル!
年会費 無料(2年目以降:無料
※在学中)
還元率 0.5%~2.0%
発行期間 約2週間 限度額 公式サイト参照
ブランド JCBカード 電子マネー 楽天EdyQUICPay(クイックペイ) マイル 1pt = 2.5~10マイル

三井住友VISAアミティエカード(学生)

三井住友VISAアミティエカード(学生)
【学生&女性限定】特典付の定番 三井住友VISAカード
年会費 無料(2年目以降:無料※在学中) 還元率 0.4%~1.0%
発行期間 最短3営業日 限度額 10~30万円
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー ID(アイディ)WAON(ワオン) マイル 100pt=300マイル

JALカードnavi《学生カード》

JALカードnavi《学生カード》
JAL学生カードはマイル還元率1%!フライトマイルも100%!
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 1.0%~2.0%
発行期間 約4週間 限度額 10万円
ブランド JCBカード 電子マネー WAON(ワオン)QUICPay(クイックペイ) マイル 1pt = 1マイル

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
海外に強い学生カード!旅行保険&キャッシュバック付き
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 0.5~3.3%
発行期間 最短3営業日 限度額 5万円~30万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ)ID(アイディ) マイル 1pt = 3.0マイル
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
年会費無料クレジットカード比較!無料で高還元率のおすすめクレジットカード
「審査」重視派
審査に通りやすい?クレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査が早いおすすめクレジットカード
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!世界で通用するクレジットカード
コスパ最高の格安ゴールドカード比較!空港ラウンジ無料
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリンカード=ガソリン代が安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
20代におすすめ!銀行系クレジットカード比較
「学生」重視派
学生クレジットカードの審査比較!大学生や専門学生が審査落ちしにくいクレカ
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!おすすめ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP