国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

法人カードのキャッシングに使えるカード3選|ビジネスローンとの金利や限度額比較も

ビジネスカードはいかが

法人カードは違法性の観点から基本的にキャッシング機能はついていないのですが、事業性融資ではないという前提のもと一部の法人カードではキャッシングできます。

当記事ではそんな法人カードでキャッシングできるカードを紹介しつつ、方法やビジネスローンと比べた際の金利やメリット、デメリットなどを紹介します。

法人カードにおけるキャッシング機能について

法人カードとは、法人経営者や個人事業主などが利用することのできるクレジットカードですが、クレジットカードであっても法人カードの場合は原則としてキャッシング機能というものは付帯しません。というのも法人カードは事業性融資を許可していないからです。

クレジットカードのキャッシング機能というのはカードローンと同様に、基本的には個人向けの無担保融資であり、事業性融資とは異なります。

ただ個人事業主向けの法人カードを始めとした一部のカードにはキャッシング機能の付帯しているので、以下に対応しているカードを紹介します。

キャッシングで借り入れできる法人カード3選

キャッシング限度額100万円!個人事業主カード

オリコ 法人カード EX Gold for Biz

還元率最大1.1%!プラチナ級特典の法人/個人事業主カード
還元率最大1.1%!MasterCardなら高級レストラン1名無料特典も利用可能!

詳細を見る

キャッシング限度額最高300万円!法人プラチナ

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン アメックスの格安法人プラチナカード!個人も審査に通る
個人でも設立1年未満でも申し込み可能なビジネス・プラチナカード!

詳細を見る

キャッシング限度額50万円!法人経営者カード

三井住友ビジネスカード クラシック/for Owners

創業間もないスタートアップ企業でも簡単に作れる法人カード
登記簿謄本、決算書不要で申し込める!個人事業主・法人代表者向けの法人カード!

詳細を見る

ビジネスローンと法人カードのキャッシングの違いは?

ビジネスローンは事業性融資に特化したローン

法人カードにはキャッシング機能が付帯していない(一部個人事業主向け法人カードは除く)ため、事業性資金での借り入れを希望するならビジネスローンを利用するのが一般的な流れです。

一部キャッシング機能の付帯する法人カードもありますが、ほとんどの法人カードにキャッシング機能が付帯されていない以上、法人カードでキャッシングをするのは現実的ではありません。

法人がお金を借りるなら事業性融資に特化したビジネスローン

その場合、主な借り入れ先の候補となるのがビジネスローンです。ビジネスローンにも銀行系とノンバンクがありますが、借りやすさや申込みのしやすさという点で、まずはノンバンクのビジネスローンを検討される方も多いです。

ビジネスローンの方が限度額が大きい

ノンバンクで扱うビジネスローンの金利は、最高金利で概ね18.0%ほど、融資限度額は最高で500万円~1,000万円ほどが標準的な数字で、当然ながら不動産担保ローンともなれば金利も下がりますし、融資限度額も数億円以上も可能です。

一方、クレジットカードのキャッシングの金利は15.0%~18.0%ほどで、限度額も数十万円~100万円ほどです。金利こそノンバンクのビジネスローンと変わりませんが、融資限度額に関しては圧倒的な差があります。

金利はどちらも大きな差がない

仮に、法人カードにキャッシング機能が付帯していたとしても、事業性資金として利用するならビジネスローンを利用した方が負担も小さく済みます。なぜなら、最高金利こそどちらもさほど違いはないものの、高額な借り入れができるビジネスローンの方が借入額によっては低金利で利用できるからです。仮に500万円借りたとしたら、適用金利は10%未満で済むからです。

限度額が高く高額な借り入れができる分だけビジネスローンが有利

もし500万円の資金が必要だったとすると、最高でも100万円程度しか借りることのできないクレジットカードのキャッシングを年18.0%で借りて、残りをビジネスローンで借り入れするよりも、最初からビジネスローンで500万円の借り入れをしてしまった方が金利面での負担も軽くなります。

法人がお金を借りるならキャッシングよりも銀行融資がおすすめ

一般的なクレジットカードのキャッシングやビジネスローンの金利は割高

ここまで、法人カードのキャッシングやノンバンクのビジネスローンについて述べてきましたが、実際に資金調達を検討するなら、まずは銀行や公的融資から検討するのが一般的です。

銀行のビジネスローンや公的融資の場合、クレジットカードのキャッシングやノンバンクのビジネスローンと比べて遥かに低金利ですし、公的融資であれば返済は半年後からでOKといったものも存在します。

法人はキャッシングやビジネスローンよりも銀行融資がおすすめ

最初から敢えて金利の高い法人カードのキャッシングやノンバンクのビジネスローンを考えるのはおすすめできません。

銀行や公的融資なら年率10%未満で借りられるタイプもありますので、金利差で考えた場合のメリットは計り知れません。

法人カード、ビジネスローン、銀行、公的融資の金利や融資額を比較

では実際に、法人カードでのキャッシング、ノンバンクのビジネスローン、銀行融資、公的融資それぞれを比較してみましょう。

法人カード ビジネスローン
(ノンバンク)
銀行融資 公的融資
金利 概ね12.0%~18.0%
※借り入れ額により異なる
概ね6.0%~18.0%
※借り入れ額により異なる
2%以下~15.0%程度
※各銀行や借り入れ額により異なる
数%程度
※政府系金融機関なら1%台程度
融資額 0~300万円
※法人カードにより異なる
1万円~1,000万円程度
※借り入れ先により異なる
数百万円~数千万円程度
※借り入れ先により異なる
数百万円~数千万円程度
※利用する公的融資制度により異なる
メリット クレジットカードで手軽にキャッシング機能を利用できる 銀行よりも審査ハードルが低く審査期間も短い 低金利で融資額も大きい 低金利で融資額も大きい
返済開始が6ヶ月後など比較的余裕を持った返済が可能
デメリット 金利が高く限度額が低い
キャッシング機能が付帯する法人カードが少ない
金利が高い
数千万円以上の融資には対応しにくい
審査が厳しい
審査期間が数週間に及ぶこともある
審査期間が長い
審査が1ヶ月以上かかることもある

仮に法人カードにキャッシング機能が付帯していても長期的な借り入れには不向き!

仮に、法人カードにキャッシング機能が付帯していたとしても、金利面では銀行や公的融資とは大きな開きがあります。キャッシング機能は確かに便利ではありますが、長期的な借り入れには不向きです。

キャッシング機能はあくまでも短期返済の見込みがある場合にのみ利用するようにし、長期返済での借り入れを考えるなら金利負担の少ない銀行融資や公的融資を優先して検討するのが望ましい方法です。

法人カードのキャッシングまとめ

キャッシング機能の付帯する法人カードは非常にレアで、ほとんどの法人カードにはキャッシング機能が付帯しません。仮に、キャッシング機能が付帯していたとしても、できれば緊急時以外は利用しないようにするのがいいでしょう。

資金調達のための借り入れはノンバンクのビジネスローンや銀行融資を利用する方がクレジットカードのキャッシングよりおすすめです。

クレジットカードのキャッシングでは金利も高く、返済が長期に渡れば財務を圧迫しかねません。利用するなら少額を借り入れするようにし、短期返済を心掛けるのがベストです。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points