クレジットカードを発行している会社を解説。注目カードも掲載しています。

Amazonカードの審査とポイント還元率、評判を比較

Amazon MasterCardとは?選び方と特徴を比較

「Amazonカード」は世界最大の通販サイト「アマゾン」のプロパーカード。三井住友カードと提携して発行するAmazonがお得に利用できるクレジットカードです。国際ブランドはマスターカードのみ。そのため「Amazonマスターカード」とも呼ばれます。Amazonカードには一般カードの『Amazon MasterCardクラシック』とゴールドカードの『Amazon MasterCardゴールド』の2種類があります。AmazonゴールドカードにはAmazonプライム特典が付帯。アマゾンでポイント還元率の高いクレジットカードとメリット・デメリットを比較しました。

Amazonカードで注目のクレジットカード

Amazonカード
【徹底解明】人気の理由とは

Amazonの公式クレジットカード「Amazonカード」とは?

Amazon MasterCardはAmazonが発行するクレジットカード。国際ブランドはMasterCardです。クラシックとゴールドの二種類がありますが一体どちらがお得で、どのように人にはどちらが合っているのでしょうか?

Amazonカードは2種類!利用方法でアマゾンでおすすめのクレジットカードが変わる

amazon-logoクラシックとゴールドでは、当然ゴールドの方が還元率も付帯サービスもハイグレードなものが揃っていますが、基本的な年会費は約5倍ほど差があります。この二種類を比較する場合、プライム会員を希望するかどうか・Amazonでの利用金額がどの程度かを把握することが重要になってきます。基本的にはAmazonヘビーユーザー、殊プライム会員を利用予定であるならゴールドの方がおすすめです。

最大の違いはAmazonプライム会員特典とAmazonでのポイント還元率!

アマゾンプライムロゴクラシックとゴールドの間には還元率や付帯保険など様々な違いがありますが、その中でも最も重要なのが「還元率」と「プライム会員が無料付帯するか」です。還元率はクラシックは常時1.5%でプライム会員の場合は常時2.0%、ゴールドは常時2.5%で更に年会費3,900円のプライム会員が無料付帯します。(いずれもAmazon利用の場合の還元率)

詳細は後述にしますが、プライム会員加入を前提とした場合のクラシックとゴールド間の(年会費)+(プライム会員料金)の差はたった420円になるのです。還元率の比較をするならここまで知っていて初めて有効な計算ができます。

Amazon MastercardクラシックとAmazon Mastercardゴールドを徹底比較

Amazonカードのスペック比較表(クラシック/ゴールド)
クレジットカード名 Amazon MasterCardクラシック Amazon MasterCardゴールド
券面画像 Amazonカード Amazonカードゴールド
年会費 1,350円 ★初年度無料 10,800円
年会費割引 前年度一回以上の利用で翌年無料 マイ・ペイすリボ登録→−5,400円 web明細利用兼年間請求回数(最大12回)が6回以上→1,080円
発行対象 高校生を除く満18歳以上(未成年は親権者の同意が必要) 原則として満20歳以上 本人に安定継続収入のある方
Amazon利用時ポイント還元率 (括弧内はAmazon以外での還元率) 1.5% 2.0%:プライム会員時 (1.0%) ※1,000円で1ポイント=1円相当 2.5% (1.0%) ※1,000円で1ポイント=1円相当
プライム会員 無し(要別途申し込み/年会費3,900円) 有り(自動的に付帯/年会費無料)
旅行傷害保険 無し 有り:最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険 (自動付帯あり/利用付帯と自動付帯で金額の差有り)
空港ラウンジ 無し 有り:全国主要空港ラウンジ無料で利用可能
お買い物安心保険 最高100万円まで 年間300万円まで
入会特典(H29.12.4現在) 5000円分のポイント 7,000円分のポイント
おすすめな方  プライム会員が不必要な方 比較的ライトユーザーな方 目安:年間利用金額84,000円以下(プライム会員時を想定した場合) プライム会員希望の方 比較的ヘビーユーザーの方 目安:年間利用金額84,000円以上の方

※金額は全て税込

年会費の比較と考察!クラシックは年会費無料と考えて良い!

クラシックの年会費は税込1,350円ですが、年一回以上カードを利用すれば翌年度は年会費が無料になります。加えて初年度が無料ですので、カードを使っている限りは年会費無料と考えていいでしょう。

一方ゴールドカードは年会費は10,800円と高額。しかしこちらも条件付きで割り引くことが可能。プライム会員のクラシックカードユーザーとゴールドカードユーザーの(プライム会員料金)+(カード年会費)の最終的な差はたったの年間420円になります

マイ・ペイすリボとWEB明細書割引でゴールドカードの年会費は半額以下!

ゴールドカードの年会費割引は「マイ・ペイすリボの登録」で−5,400円、「web明細の利用且つ年間6回以上の請求があること」で−1,080円です。これが半額の4,320円に抑える仕組みです。「リボ払いなんて年会費がいくらお得になったってどうせ損になる」と考える方もいらっしゃいますよね。しかし毎月の利用額をカードの限度額と同額にしてしまえば、リボ払いの高い手数料などがかかることもなく通常の一括払いと同様に利用可能です。

Amazonクラシックとゴールドのポイント還元率比較

クラシックはポイント還元率がプライム会員に加入しているかどうかで還元率が変わります非会員は1.5%で会員は2.0%。ゴールドは2.5%です。いずれもAmazonでの利用時の還元率であり、クラシック、ゴールド共Amazon以外での利用は1.0%です。

単純にポイント還元での利益を狙うというなら間違いなくプライム未加入でのクラシックカードがおすすめです。いくらプライム会員加入で還元率が上がるからと言っても、その還元率差分でプライム会員の年会費3,900円の差を埋めようとしても結構無理があるからです。具体的には年間78万円Amazonで買い物をして初めてプライム会員の年会費の差が埋まる計算です。

ただしこれはプライム会員の特典もゴールドのみに付帯するサービスもなんもかんも要らないという方の場合に限ります。

年会費分の元は取れる!?Amazon利用金額の分岐点は84,000円!

ではプライム会員加入を前提とした場合のクラシックとゴールドの還元差分を考えてみましょう。双方の年間費用の差は420円なので、この差を還元分で埋めるには年間84,000円利用できるかどうかが分岐点になります。

つまり年間利用金額が大体84,000円より少ない方はクラシックカードの方がポイント還元の恩恵を受けられるということになります。

Amazonプライム会員資格とは?Amazon Mastercardゴールドに付帯!

主なサービスは上記の4種類ほど。他にも様々な会員限定サービスがあるので興味のある方は調べてみてください。上記に記載したサービスはプライム会員に加入することで追加料金などなしに付帯するサービスです。

Amazonプライム会員サービスを把握しないとAmazonカードは選べない

先ほども記述した通り単純な額面での話なら年間80万円程利用しない限りクラシックカードを選んでプライム会員未加入が最もお得です。しかし、プライム会員には様々な特典が付帯しています。主要なものだけでもいいのでこれらを把握しないと、ポイント還元で得られる利益を帳消しにするには十分な金額の余計なコストがかかってしまうこともあります。下記で陥りがちなパターンを見ていきます。

プライム会員サービス付帯のAmazon Mastercardゴールドなら送料無料!
Amazon.co.jp発送の商品送料比較表
オプション 料金
2,000円以上 無料
2,000円未満 350円
お急ぎ便 360円
お届け日時指定便 360円
当日お急ぎ便 514円

ダンボールを運ぶ男性これらの料金がプライム会員の場合全て無料になります。上記送料のかかるお買い物をすることが多い方は、差額は送料1,2回ですぐ埋まってしまいますので、ゴールドの方がおすすめです。

しかし上記の表は「Amazon.co.jpが発送する商品」の原則の送料です。Amazonの送料の設定は結構複雑なので上記に書ききれなかった例外は幾つもあるので注意してください。

今利用しているストリーミングサービス等に掛かっている費用を把握しましょう

プライムミュージックの類似サービスはspotifyやapple musicなどがあります。このサービスの大体の相場は月額980円くらいです。プライムビデオはHuluやdTVなどが類似サービス。相場は大体500~1500円前後が相場です。また、kindleも利用しているならそれも含めて、今これらのサービスでどのくらいお金がかかっているかを確認しましょう。もしAmazonが提供しているサービスで満足なのであれば、Amazonに一本化してしまえば年間数万円単位での費用削減に繋がります

Amazon Mastercardゴールドは少し審査に難あり?

審査結果を見て審査落ちを知り落ち込む男性Amazonクラシックは申し込み対象者に未成年を含んでいることや、年金受給者でも通ったなどの口コミから判断しても割と審査は通りやすいようです。しかしゴールドの方はクレヒスにも問題なし・以前よりクラシックを利用している・収入も十分にあるといった条件の方でも落ちていたり、比較的厳しく設定されているようです。

Amazonゴールドの申し込み対象が条件緩和されました

以前までは、年齢制限の部分が30歳以上の〜となっていましたが、現在は20歳以上に変更されています。クレジットカードの審査に関しては明確な公式の記述がないので口コミなどから判断するしかありませんが、条件の緩和をしていることから以前よりは通りやすくしているのではないかと推測します。

旅行保険や空港ラウンジ付帯等はAmazon Mastercardゴールドのみ!

上記はAmazonクラシックにはない、ゴールド限定のサービスです。飛行機を利用した旅行などが多い方はAmazonゴールドの方が間違いなくおすすめです。逆にこれらのサービスは他の部分で賄えてるし、年間のAmazon利用金額も84,000円よりは低いかなという方はクラシックでもいいでしょう。

Amazon MastercardクラシックとAmazon Mastercardゴールドの比較まとめ

Amazon Mastercardクラシックは、たまにアマゾンを利用する方におすすめ

Amazon MasterCardクラシックはライトユーザー向けのカードです。たまに欲しいものをAmazonで探すくらいの方におすすめです。Amazon以外での利用は特出した点はありませんがAmazonでのポイントの運用のしやすさはピカイチ、年会費も無料なのでAmazonでの支払い専用のカードとして使うのも有用でしょう。

Amazon Mastercardゴールドは、プライム会員サービスを利用する方におすすめ

Amazon MasterCardゴールドは、プライム会員に魅力を感じるもしくはもう使っているという方、Amazonでの買い物が多い方におすすめできるカードです。Amazonでの還元率は間違いなくトップクラスなので、使えば使うほどお得です。プライムに付帯している、日用品が切れた際に物理ボタンをワンタッチするだけで注文が完了するAmazonDash Buttonのサービスなども併用してガンガンAmazonを使ってポイント還元を最大限に活かしましょう。

Amazonゴールドはオリコザポイントプレミアムゴールドがライバルカード!

Amazonカードのスペック比較表(クラシック/ゴールド)
クレジットカード名 Amazon MasterCardゴールド Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
券面画像 Amazonカードゴールド オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールド
年会費(括弧内は割引後金額) 10,800円(4,320円) 1,950円
年会費割引 マイ・ペイすリボ登録→−5,400円 web明細利用兼年間請求回数(最大12回)が6回以上→−1,080円  無し
発行対象 原則として満20歳以上 本人に安定継続収入のある方 原則として満20歳以上 本人に安定継続収入のある方
基本ポイント還元率 1.0% 1.0%
ポイント特典 Amazon利用時:2.5% Amazon等利用時:2.5% (他にもポイント加算対象・特典多数)
ポイントの使い道 Amazonでのみ利用可 Amazonギフト券・Tポイント・楽天ポイントなど多数の提携先に交換
ポイントの有効期限 ポイント加算時点で一年延長(年一回以上利用で無期限) 一年間 (ポイント加算月を含めて12ヶ月後月末に失効)
付帯保険(最高額) 国内・海外旅行傷害保険(5,000万円)・ショッピング保険(300万円) 国内・海外旅行傷害保険(2000万円)・ショッピング保険(100万円)
空港ラウンジ 有り:全国主要空港ラウンジ無料で利用可能 なし
入会特典(H29.12.4現在) 7,000円分のポイント  最大8,000円分のポイント
優待特典等 プライム会員無料付帯 orico club off(レジャー施設等の会員限定優待)
おすすめな方 Amazonプライム会員の方Amazonでの利用を主軸に置く方 長期的にポイントを貯めたい方 旅行保険の充実・空港ラウンジを利用したい方 Amazon以外でもポイントを効率的に貯めたい方・使いたい方 年会費を抑えたい方 優待サービスを利用したい方

Amazonでのポイント還元率を比較!Amazonゴールドの方が年会費は高い

Amazonでの利用に絞れば両方とも還元率は2.5%になります。同じ還元率なので単純にポイントでの利益と年会費を考えるなら、プミアム会員に入会しなければオリコカードザポイントプレミアムゴールドの方がお得です。

年会費差額は2,370円!他のサービス等で比較しましょう!

基本的にはポイント還元率は同じと考えて良いです。オリコの方はAmazon以外でのポイント還元率が2.5%を上回る場合などもありますが、クラシックとの比較でやったようにこの金額差をひっくり返すだけ使えば〜と考えるのは現実的ではありません。上記表等を参考にして、付帯保険やプライム会員付帯の有無、福利厚生などのそれぞれのカードにしかないサービスや特徴を比較しましょう。

ポイントの使い道・付与対象はオリコカードが圧倒的!

オリコポイント交換先ポイントの加算対象、使い道はオリコの圧勝です。提携ショップによってはポイント特別加算キャンペーンなども期間限定で実施しており、相場は大体4.0%前後。ネットショッピング全般で言えば最強の高還元カードでしょう。

ポイントの使い道もAmazonギフト券への交換はもちろん、Tポイント・pontaポイント・楽天スーパーポイント・iTunesギフトコードなど多数あり、貯まりやすさ、汎用性はオリコの圧勝です。

Amazonポイントは年一回以上利用で実質無期限!

Amazonカードのポイントシステムの優位点の一つはポイントの有効期限です。Amazonポイントはポイントが加算された時点で有効期限が一年延長されます。つまり、カードを利用しポイントを貯め続ける限り、期限切れになる事はありません。一年で貯まるポイントなんてたかが知れている、という方は数年分貯めて一気に使う事もできます。
オリコポイントは一年で無効になってしまいます

オリコポイント有効期限一方オリコのポイントは一年で有効期限が切れてしまいます。例えば、1月100P+6月に50P=150P貯まったとしても、翌年の1月には最初に貯めた100Pはなくなり、残るのは5月末で期限が切れてしまう50Pのみとなります。交換先にもよりますが、大体交換は最低交換ポイントは500P。500Pで500円分のギフト券に交換、のようなシステムのため、999P貯まっていても交換できるのは500P分だけ。499Pは無駄になってしまいます。

Amazonカードは直接Amazonポイントがたまるから楽!

ピースサインの女性Amazonカードはクラシック・ゴールドとも、カードを利用すれば自動的にAmazonポイントが貯まります。他のカードで一般的な「発行会社のポイントを貯める→任意のものにポイント交換の手続き」の手間がなく「交換し忘れた!」ということがありませんので、有効期限の優秀さも相俟ってポイントが無駄になりにくいです。

オリコカードのポイント交換手順について

オリコポイント交換オリコポイントは「オリコポイントゲートウェイ」という専用サイトで手続きをする必要があります。

サイトにアクセス→ログイン→交換ポイント数・交換先を入力、といった流れになります。うっかり忘れてしまうとせっかく貯めたポイントも無駄になってしまいますので注意しましょう。

Amazonカードは空港ラウンジ有り、オリコカードは優待あり!

ポイント還元以外の付帯サービスでは主に上記のような違いがあります。空港ラウンジはAmazonゴールドのみ、オリコカードザポイントプレミアムゴールドは提携レストランやホテル、テーマパークなどの優待を受ける事が出来る「orico club off」が付帯しています。

各種保険はAmazonの方が充実!

両方とも海外・国内旅行保険、ショッピング保険などは付帯していますが、最高額がAmazonはオリコの大体2,3倍に設定されています。保証金額が気になる方はAmazonがおすすめです。

入会特典はオリコカードがおすすめ!

オリコカードの方が入会特典のポイント付与が充実しています。Amazonカードは、クラシックの方は5,000ポイントほどつくのですが、ゴールドは基本的に入会特典ポイントはありません。期間限定でスポット的にキャンペーンを実施している場合もありますので、随時公式サイトにてチェックしましょう。

オリコの入会特典は”最大”8000ポイント

オリコのポイント特典は飽くまで「最大」8,000ポイントです。(キャンペーンにより変動)カード入会で1,000ポイント、対象携帯料金支払いで1,500ポイント、対象の電気料金支払いで1,000ポイント、家族カード入会で500ポイント……と実際は結構複雑に分けてありますので、8,000ポイント丸々獲得するのは容易ではありません。とは言っても、数千ポイントは簡単に獲得できるのでお得なのには変わりありませんし、入会キャンペーンも比較的頻繁にやっているようです。

まとめ:Amazonカードはアマゾンでおすすめ!その他でも使うならオリコカード!

両方ともポイント還元率を主力としていますのでやはりポイント周りに注目しましょう。ポイントの貯まりやすさ、使い勝手などを総合して考えると、ネットショッピングはほぼAmazonしか使わないか・他のサイトも均等に使っているかが判断の大きな分かれ目になります。

三券面のまとめ!それぞれおすすめなのはこんな人

Amazonクラシックは年会費無料が強み!ポイントも無駄になりにくく最も安く済むカード

Amazonクラシックとゴールドの比較は冒頭の通り。プライム会員で年間84,000円以上Amazonを利用するならこのカードは切っていいでしょう。逆にプライム会員に興味ないしそんなにAmazonは使わない方はこのカードがおすすめ。年会費が実質無料なので損はしませんし、ポイントも無駄になりにくく利用しやすいです。

Amazonゴールドはプライム会員やヘビーユーザーにおすすめ!Amazonでの使いやすさは断トツ!

正直プライム会員なら、年間84,000円のラインは気にせずこのカードでいいと思います。先述の通り既にプライム会員ならカードを作ることで加算される費用は年間420円なので、金額よりメリットの方が大きいのではないでしょうか。Amazonでの使いやすさは間違いなくトップ。空港ラウンジも付いていることも考えても420円の元をとって余りあるカードです。

オリコカードザポイントプレミアムゴールドは幅広くポイントを貯めたい・使いたい方に!年会費の安さと福利厚生も魅力!

プライム会員に興味がないならAmazonゴールドではなくオリコカードザポイントプレミアムゴールドがおすすめ。プライムで会員でないのなら、最も安く、そして高還元を実現出来ているカードです。Amazonカードと比較した場合は、有効期限の短さによるポイントの使いにくさが気にならなければポイント周りの利便性もトップです。

Amazonカードでクレジットカードを作るならどのカードがおすすめ?一発比較しました。

Amazonカード
注目カードを厳選掲載中

【一発比較】Amazonカード比較表

どれが自分に合っているか迷ったら、まずは比較!

Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシック
年会費実質無料のAmazonカード!アマゾンで還元率2.0%
年会費 無料(2年目以降:1,250円+税) 還元率 1.0%~2.0%
発行期間 即時仮カード発行 限度額 10〜80万円
ブランド マスターカード 電子マネー ID(アイディ) マイル -

『Amazon Mastercardクラシック』は通販サイト最大手のアマゾン利用に特化したアマゾン公式クレジットカード。Amazonプライム会員であればアマゾンでポイント還元率2.0%!一般会員でも還元率は1.5%になります。またアマゾン以外のお買い物でも1.0%を還元される高還元率カードです。Amazonカードで貯めたAmazonポイントはアカウントに自動で登録されるため、交換忘れがありません。有効期限はポイントが貯まる度に伸びるため、アマゾンを使い続ける限り実質、無期限。無料の即時審査サービスで審査が自動化されているため、申し込んだその日、数分でアカウントに紐付けた仮カードが即時発行されます。本カードが届くのは最短3営業日後ですが、この仮カードのおかげで今日からアマゾンでお得に買い物ができます。

Amazon Mastercardゴールド

Amazon Mastercardゴールド
Amazonで還元率2.5%!プライム特典も使えるゴールドカード
年会費 10,000円+税※条件付き割引(2年目以降:10,000円+税※条件付き割引) 還元率 1.0%~2.5%
発行期間 即時仮カード発行 限度額 50~200万円
ブランド マスターカード 電子マネー ID(アイディ) マイル -

『Amazon Mastercardゴールド』はアマゾンの公式クレジットカードの上位カード、Amazonプライム特典が付帯するお得なゴールドカードです。ゴールドカード特典としてAmazonプライム会員の権利が付帯するため、Amazonプライムビデオ、プライムミュージックなどが使い放題。アマゾンのショッピングでのポイント還元率は2.5%となります。アマゾン以外でのお買い物でも1.0%を還元。ポイントの有効期限は実質、無期限です。三井住友VISAカードのゴールドカードとして全国主要空港ラウンジサービスが付帯。最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険、最高300万円まで補償するショッピング保険も付帯します。年会費が半額以下になる特典も使えるため、Amazonプライム会員であれば年会費に実質+420円でゴールドカードが取得できます。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
高還元率カード比較!ポイントがお得に貯まるおすすめクレジットカード
年会費無料カード比較!おすすめの年会費永年無料クレジットカード
キャッシングにおすすめのクレジットカード比較!金利や返済、審査で選ぶ
家族カードおすすめ比較!家族カードがお得なクレジットカードランキング
「審査」重視派
審査に通りやすい?審査基準で選んだおすすめクレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査&発行が早いクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード比較!専業主婦でも審査に通る?
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
ANAカード比較!お得にマイルを貯めるおすすめのANAクレジットカード
最強マイルカード比較!マイルが貯まる航空会社別クレジットカードランキング
JALカード比較!JALマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!クレジットカードをステータスでランキング
銀行系クレジットカード比較!メリットと審査で選ぶおすすめ銀行系カード
ゴールドカードをお得度で比較!年会費が安いおすすめゴールドカード
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較!人気のゴールドカード
海外旅行に強いクレジットカード比較!年会費無料&海外旅行保険でおすすめ
クレジットカードを海外旅行保険で比較!自動付帯のおすすめゴールドカード
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
プライオリティ・パスで選ぶクレジットカード比較!海外VIP空港ラウンジ無料
「自動車」重視派
最強ガソリンカード比較!ガソリンスタンド別クレジットカードランキング
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代におすすめのクレジットカード比較!大人のステータス&ゴールドカード
40代の大人のクレジットカード比較!かっこいいゴールドカードランキング
50代の申込み制プラチナカード比較!おすすめステータスカードランキング
20代におすすめのクレジットカード比較!18歳以上で初めてなら銀行系カード
新社会人におすすめのクレジットカード比較!社会人一年目でも審査に通る
「学生」重視派
学生でも即日発行できるクレジットカード比較!審査でおすすめの学生カード
海外旅行で学生に人気のクレジットカード比較!海外旅行保険付き学生カード
ANA学生カードvsJAL学生カード!マイルと特典で学生クレジットカードを比較
学生におすすめのクレジットカード比較!お得な特典で選ぶ学生カード
「法人カード」比較特集
ポイント還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
法人カードを年会費無料vs有料で比較!ビジネスで役立つ法人クレジットカード
マイル還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
「お買い物」重視派
Amazonでおすすめのクレジットカード比較!カード払いでポイントを貯める
楽天市場でお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
「デザイン」重視派
JCBのディズニーカード比較!ディズニーデザインで選ぶクレジットカード
クレジットカードをデザインで比較!かっこいい&おしゃれなカードランキング
可愛いクレジットカード比較!かわいいキャラクターカードのランキング
「電車」重視派
おすすめビューカード比較!Suicaにオートチャージできるクレジットカード
おすすめパスモカード比較!PASMOにオートチャージできるクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP