国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシック
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
還元率 1.0%~2.0%
発行日数 即時仮カード発行
年会費 初年度 無料
2年目以降 1,375円(税込)
家族カード 無料
旅行保険 海外 -
国内 -
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー id
国際ブランド マスターカード
発行会社 三井住友カード株式会社
発行期間 即時仮カード発行
  1. point1アマゾンでポイント還元率最大2.0%!通常のお買い物も1.0%の高還元率カード
  2. point2初年度年会費無料!年1回の利用で翌年も無料!即時審査で3分で仮カードを発行!
  3. point3Amazonポイントは自動加算で実質、無期限!手続不要で交換忘れもなし!

Amazon Mastercardクラシック(Amazonカード)とは?

Amazonが発行しているクレジットカード

amazon_c200『Amazon MasterCard』はAmazonが発行しているクレジットカード。クラシックとゴールドの二つのランクがあり、いずれもAmazonとの併用のしやすさに特化したカードです。

Amazonロゴ良くも悪くもAmazonでの利用に特化したクレジットカードです。Amazon利用でポイント還元率が上がり、交換の手間などなく直接Amazonポイントが貯まるのでamazonでは非常に便利です。

特にポイントの運用のしやすさに関しては、直接Amazonポイントが貯まるシステムのお陰で間違いなくこのカードがトップでしょう。

Amazon Mastercardクラシック(Amazonカード)のメリット

  • Amazon利用で還元率は1.5%!プライム会員は2.0%!
  • ポイント有効期限は実質無期限!交換の手間もない!
  • 年一回以上の利用で年会費無料!
  • 3分で使えるテンポラリーカード!
  • 審査も通りやすいと評判!

Amazonで使えば1.5%以上の還元率になる

クラシック・ゴールド共に還元率は常時1.0%ですが、Amazonで利用することでクラシックなら1.5%に、プライム会員なら2.0%、ゴールドはプライム会員無料付帯で還元率が2.5%になる高還元率カードです。

一般会員がAmazonカードクラシックを使って毎月1万円Amazonでお買い物をすると、一年間で1,800円分貯まる計算になります。

Amazon利用では年会費無料でさらに高還元率のクレジットカードも登場しているので、詳しくは下記を参照してみて下さい。

『Orico Card THE POINT』と『JCB CARD W』がライバルカード

Amazonでポイントを使う/貯める際のポイントの『運用の楽さ』をオリコカードザポイントとJCB CARD Wと比較し、表にまとめました。

ポイントの『貯まりやすさ』や『使いやすさ(汎用性)』はAmazonカードは見劣りしますのでデメリットの項に回します。ポイントを使う際、貯める際に、Amazonカードが如何に面倒ではないかに注目してください。

Amazon MasterCardクラシックのポイント運用の楽さ比較表(Orico Card THE POINT/JCB CARD W)
クレジットカード名 Amazon MasterCardクラシック Orico Card THE POINT JCB CARD W
券面画像 Amazonカード券面画像 Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)券面画像 JCB CARD W/JCB CARD W券面画像
Amazonでの還元率/()内は通常時 1.5~2.0%(1.0%) 2.0%(1.0%)  2.0%(1.0%)
Amazon利用時還元率UPの条件 無し オリコモールを経由する Oki Dokiランドを経由する
ポイント有効期限 最終加算時から一年(年一回以上利用で実質無期限) 一年(順次失効) 二年(順次失効)
Amazon利用時最低利用可能ポイント 1ポイントから利用可能 500ポイント毎に500円分のAmazonギフト券と交換 1ポイントから利用可能
ポイント交換方法 無し オリコポイントゲートウェイに登録・同サイトにて交換手続き パートナーポイントプログラムにに登録

還元率でこそどちらかといえば見劣りします。しかしAmazonでのポイント運用のしやすさは一目瞭然。1ポイントから使えるので、交換ポイントに達していなくて無駄にしてしまった、なんてことも起こらないのです。

更にAmazonカードクラシックのすごいところは、『Amazonを利用する』こと以外の条件が無くこの還元率を実現していること、そしてポイントの運用の手間が0なことです。

サイバーマンデーなどの期間にはさらに還元率がUPする

毎年年末に開催されるAmazonのセールイベントのサイバーマンデーの期間には、Amazon MasterCardクラシックのポイント還元率がなんと3.0%にUPします。

こういったイベント時などに大きなお買い物をしてポイント還元を狙ってみるのもいいのではないでしょうか?

貯まったAmazonポイントは有効期限実質無期限

Amazonポイントは、ポイントが加算されると、既に保有していたポイントも含め、最後にポイントが加算された時から有効期限が一年延長されるシステムをとっています。

つまり、一年以内に一回以上利用すればポイントが消えることがありません。1ポイントから使える点も利便性が高いと言えます。

1ポイント1円相当で自動加算なので交換の必要なし

ほっと安心する男性一般的なクレジットカードのポイントを交換する際、交換先によって1ポイントあたりの金額は統一されていません。

基本的には1ポイント=1円とされていても、交換先によっては1円以下のものもあり、損をしてしまうこともあります。また交換の際には、専用サイトをサイトにログインしたりなどの一手間があることが殆どです。

しかしAmazonは1ポイント=1 円なので損をする心配も無く、Amazonポイントが直接貯まるため交換の手間も一切ないのです。「出先で使おうと思ったけどIDとパスワードを忘れた……」といったことも無く、いつでもストレスフリーに利用出来るのが魅力です。

実質年会費無料のクレジットカード

Amazon MasterCardクラシックは年会費は1,375円(税込)です。しかし、年に一回以上カード利用があれば翌年度年会費が無料になる割引があります。

加えて初年度無料なので、カードを使う限り一年目からずっと無料で使うことが可能です。

Apple Payに対応している

電子マネーiD(アイディ)のロゴ『AmazonMastercardクラシック』はAmazonが三井住友カードと提携して発行するクレジットカードです。そのため、

『AmazonMastercardクラシック』は三井住友カードiDが利用可能。Apple Payでスマホ決済でお支払いできます

iPhoneもApple Watchでも登録が可能。いつでもどこでも1%のポイント還元が受けられます。

即日発行に対応している

申し込んで3分で使えるテンポラリーカード有り

Amazonカードには即時審査サービスのテンポラリーカードというものがあります。ネットで年齢や職業等の必要事項を入力すると、簡易的な審査によりものの3分ほどで即時仮カードが使えるサービスです。

その後にある本審査に落ちると勿論本カードは使えません。テンポラリーカードは番号が発行されるだけなので、カードとしての実体はありませんが必要事項の入力さえ済めば、本当にすぐに使えるようになります。

テンポラリーカードの注意点

テンポラリーカードには幾つか制限があります。まず購入限度金額は3万円までです。

また、入会キャンペーンなどのポイント加算もテンポラリーカード時点では利用できません。ギフト券やダウンロードコンテンツの購入も出来なくなっています。あくまで”仮”のカードなので注意しましょう。

テンポラリーカードの即時審査サービスの受付時間は平日が9:00~19:ooになっています。機械的な審査ですが、時間は決まっているようなので注意しましょう。

審査も通りやすい

okサインを出す女性Amazonカードの審査はクチコミから察するに概ね通りやすいです。

「年金生活者でも通った」「年収200万前後のフリーターでも通った」などが具体例として挙げられます。

しかし、審査をするのは三井住友カードです。銀行系カードは審査が厳しめと言われていますので油断は禁物です。

Amazon MasterCardゴールドの申込み資格者条件が緩和

クラシックでは無くゴールドの方の話にはなりますが、以前は満30歳以上が条件だったのに対し、今は満20歳以上に変更されています。だから審査が甘くなった、とは断言できるものではありませんが、傾向として受け口を広くしようとしているのではないでしょうか。

Amazon Mastercardクラシックとゴールドカードを比較

クラシックとゴールドの主な違いは年会費・還元率・プライム会員無料付帯の有無の三点です。ゴールドはAmazonヘビーユーザー向け、クラシックはスポット的にAmazonを利用するような比較的ライトユーザー向けのカードです。

ではどの辺りがヘビーユーザーとライトユーザーの判断基準になるのか、具体的にクラシックとどういった違いがあるのか、細かく見ていきましょう。

Amazonカードのスペック比較表(クラシック/ゴールド)
クレジットカード名 Amazon MasterCardクラシック Amazon MasterCardゴールド
券面画像 Amazonカード Amazonカードゴールド
年会費 1,350円 ★初年度無料 10,800円
年会費割引 前年度一回以上の利用で翌年無料 マイ・ペイすリボ登録→−5,400円
web明細利用兼年間請求回数(最大12回)が6回以上→1,080円
割引適用後の年会費 無料 4,320円
発行対象 高校生を除く満18歳以上(未成年は親権者の同意が必要) 原則として満20歳以上
本人に安定継続収入のある方
Amazon利用時ポイント還元率
(括弧内はAmazon以外での還元率)
1.5%
2.0%:プライム会員時
(1.0%)
※1,000円で1ポイント=1円相当
2.5%
(1.0%)
※1,000円で1ポイント=1円相当
プライム会員 無し(要別途申し込み/年会費3,900円) 有り(自動的に付帯/年会費無料)
旅行傷害保険 無し 有り:最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
(自動付帯あり/利用付帯と自動付帯で金額の差有り)
空港ラウンジ 無し 有り:全国主要空港ラウンジ無料で利用可能
お買い物安心保険 最高100万円まで 年間300万円まで
おすすめな方 プライム会員が不必要な方
比較的ライトユーザーな方
目安:年間利用金額84,000円以下(プライム会員時を想定した場合)
プライム会員希望の方
比較的ヘビーユーザーの方
目安:年間利用金額84,000円以上の方

年会費の割引条件が違う

まずは年会費の違い。クラシックの年会費は年1回以上の利用で無料になるのに対し、ゴールドの方は年6回以上の請求で1,080円割引されます。

利用回数が6回では無く『請求回数が6回』であることに注意してください。カードの請求は月一回ですので、クレジットカードを使う月が一年間の内合計6回以上という意味です。

一年に6回請求がくる程使わないかな、という人は無駄な費用が発生しない点でクラシックの方が無難でしょう。

Amazonプライム会員ならゴールドカードの年会費は実質420円になる

Amazon MasterCardゴールドの割引をフル活用すると、最終的な年会費は4,320円になります。ただしプライム会員の年会費3,900円が含まれているので、既にプライム会員の場合はカードを作ることによってにかかる追加費用は420円になります。

つまりプライム会員のクラシックカードユーザーの場合、420円を払うと還元率が0.5%UP・空港ラウンジや付帯保険が充実する、と考えることもできます。

年間利用金額が84,000円以上ならゴールドがおすすめ

Amazonプライム会員の場合、年間のAmazonでのお買い物総額が84,000円が分岐点になります。

①Amazonプライム会員で、②アマゾンのお買い物が年間84,000円以下ならクラシック、84,000円以上ならゴールドがお得になります

あくまでポイントでの利益に注目した場合の話でしたが、ヘビーユーザーかライトユーザーかの大体の目安はこの辺りです。

Amazon Mastercardゴールド

Amazonで還元率2.5%!プライム特典も使えるゴールドカード
Amazonでポイント還元率2.5%!通常のお買い物も1.0%還元の高還元率カード

詳細を見る

Amazon Mastercardクラシック(Amazonカード)のデメリット

アマゾン以外での還元率は普通

Amazon以外での利用の還元率は全て一律で1.0%なので、特別高くはないです。様々な場所でカードを使ってポイントを貯めていきたいのならおすすめ出来ません。

Amazonカードより他の高還元率カードの方がポイントが貯めやすい

先程比較したライバルの高還元率カード二つの方が対象ポイント優待対象が多いです。特にオリコカードザポイントの優待対象数は圧倒的です。有効期限ではAmazonカードに劣る分、この二枚は短期で多くのポイントを稼ぎやすくなっています。

Amazon MasterCardクラシックのデメリット比較表(Orico Card THE POINT/JCB CARD W)
クレジットカード名 Amazon MasterCardクラシック Orico Card THE POINT JCB CARD W
券面画像 Amazonカード券面画像 Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)券面画像 JCB CARD W/JCB CARD W券面画像
Amazon以外での還元率 1.0% 楽天やyahooなどのネットショッピング、旅行や家電、書店など多数で2.0%~ 楽天、yahoo、スタバ、ヨーカドーなど多数で2.0%~
ポイントの使い道 Amazonのみ Amazonギフト券、nanaco、Tポイントなど多数に交換可能 電子マネー「JCB プレモカード」にOki Doki チャージして利用
付帯保険 ショッピング保険100万円※条件あり 無し 海外旅行保険最高2,000万円
ショッピング保険100万円※条件あり
その他サービス 無し 無し トラベルデスク、コールセンター、ラウンジサービス付帯

JCB CARD Wはセブンやスタバ、対象ガソスタで還元率UP

JCB CARD Wはオリコカードザポイントよりはポイント優待対象数は劣りますが、セブンイレブンやスタバ、ゼネラル等のガソリンスタンドでの優待があります。特にスタバは3.0%の還元を誇るので、スタバをよく利用する方におすすめです。

他のネットショッピングも良く使うならオリコが便利

オリコカードザポイントはオリコモールを経由し各サイトでネットショッピングをすることでポイントが常に優待される仕組みになっています。

各ショップごとにボーナスポイント付与率というものが設けられていて、基本還元率1.0%に加え0.5%〜15%のポイントが付与されます。ネットショッピングなら間違いなく一番高還元を狙えるでしょう。

また電子マネーにも対応しているので、ICカードなどのチャージもしっかりポイントが取れます。

Amazonポイントの使い道はアマゾンのみ

AmazonカードはAmazonポイントが直接貯まるので他のポイントや商品券等には交換できません。

貯めたポイントの用途はAmazonのみになります。

ポイントの用途の多さはオリコがおすすめ

オリコポイント交換先

こちらもオリコカードザポイントが一番充実しています。とりあえず何に使いたいか定まらない場合はオリコカードザポイントにしておくのが無難そうです。しかし、有効期限の短さと、最低交換ポイント数が高いのがネックです。

海外旅行保険はなし。ショッピング保険も制限あり

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険についてAmazonクラシックはショッピング保険のみ付いており、上限は年間100万円です。

一方ゴールドはショッピング保険が年間300万円で、国内・海外旅行保険が最大5,000万円で付帯しています。

ポイントだけでなく、少しでもクレジットカードの様々なサービスを望む方は、ゴールドカードのAmazon MasterCardゴールドや、後述のJCB CARD Wがおすすめです。

Amazon Mastercardクラシック(Amazonカード)のまとめ

Amazon Mastercardクラシックがおすすめな人

  • ポイントもカードもAmazon専用で構わない人
  • ポイントを無駄にしたくない人
  • ヘビーユーザーではないけどよくAmazonを使う人

AmazonクラシックカードはAmazonヘビーユーザーには向きません。ヘビーユーザーの方はプライム特典や送料無料がつくゴールドにしてしまうのがおすすめです。

Amazonクラシックはとりあえず今よりもamazonをお得に使いたいけど、カードに年会費は払いたくないという方におすすめです。

Amazon Mastercardゴールド

Amazonで還元率2.5%!プライム特典も使えるゴールドカード
Amazonでポイント還元率2.5%!通常のお買い物も1.0%還元の高還元率カード

詳細を見る

基本情報

入会資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
発行会社 三井住友カード株式会社
本社所在地 東京都港区海岸1-2-20
創業 1967年12月26日
発行可能ブランド マスターカード
発行期間 即時仮カード発行
年会費 1年目 無料
2年目以降 1,375円(税込)
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 550円(税込/年間1回以上ETC利用で無料)
2年目以降 550円(税込/年間1回以上ETC利用で無料)

ポイント還元

ポイントプログラム ワールドプレゼント
ポイント還元率 1.0%~2.0%
ポイント有効期限 1年間※実質無期限
最低交換単位 1ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ
マイレージ還元率 -
最低交換単位 -
マイレージ移行手数料 -

電子マネー

チャージ可能な電子マネー id

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 -
死亡・後遺障害 -
傷害・疾病 -
携行品損害 -
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 最高100万円※条件付き
備考

Amazon Mastercardクラシックでよくある質問

今開催しているキャンペーンはありますか?

Amazonカードに入会をして、特定の期間までに60,000円以上の利用をすることで入会特典として、2,000ポイント(2,000円相当)がもらうことが出来ます。

※時期によって付与されるポイントが上下しますので、上記リンクから公式サイトをご確認下さい。

Amazon MasterCardゴールドへの切換え方法を教えて下さい。

Amazonカードクラシックからゴールドへと切り替えを行う場合は、カードを発行している三井住友カードのホームページから申込を行います。ゴールドへの切換えには所定の審査がありますが、スムーズにいけば1~2週間ぐらいで手元にカードが届きます。

https://www.smbc-card.com/mem/update/kirikae_amazon.jsp

Amazonカードの解約方法を教えて下さい。

Amazonカードを解約するには、下記の「amazon MasterCardクラシックデスク」へ電話することで行う事が出来ます。
電話番号:0120-975-776
営業時間:10:00-17:00
土日祝でも受付することが可能です。

Amazonカードの審査基準を教えて下さい。

Amazonカードの具体的な審査方法は公開されていませんが、具体的審査は三井住友カードが行います。三井住友カードが審査が厳しいと言われる銀行系のカード会社ですが、Amazonカードの申込基準は18歳以上となっており銀行系カードの中では、比較的審査基準は緩くしていると言えます。

Amazonカードの審査期間を教えて下さい。

Amazonカードの審査期間は一般的な他のカードと大きく変わりません。カードの申込をして手元に届くまでは、約1~2週間程度です。

正直なところAmazonカードの口コミ・評判はどうなんですか?

Amazonカードは本文でも紹介しているように、Amazonでの利用に特化しているカードです。ポイントもAmazonでしか使えないため、Amazonをよく利用する方にとってはおすすめです。
しかしメインカードやAmazonをあまり利用しない方にとっては、メリットの薄いカードです。そのような方は他のカードを検討するようにしましょう。

Amazon決済用以外であればポイント還元率の高いこちらのカードもおすすめ。http://www.patacriticism.org/creditcard/jcb-card-w.html