国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
年会費 初年度:13,200円(税込)
2年目以降:13,200円(税込)
還元率 0.4~1.0%
発行日数 最短15営業日
年会費 初年度 13,200円(税込)
2年目以降 13,200円(税込)
家族カード 6,600円(税込)
旅行保険 海外 5,000万円
国内 5,000万円
ETCカード 発行手数料 年会費:無料 新規発行手数料:1枚935円(税込)
年会費*1年目 無料
電子マネー suicaedy
国際ブランド アメリカンエクスプレス
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.日本支社
発行期間 最短15営業日
  1. point1最初のアメックスとして最適!大富豪も愛用してる定番のグリーン
  2. point2アメックスのプロパーカード=ゴールドクラスのサービスとステイタス!
  3. point3充実の国内・海外旅行傷害保険!旅の予約も空港ラウンジも無料!

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とは

ベーシックでもステータスを感じられるカード

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)(以下アメックスグリーン)は、アメリカン・エキスプレスのカードの中で、もっともベーシックなクレジットカードです。しかし、ベーシックといっても基本的なスペックは他社の一般カードとはまったく違います。

海外旅行傷害保険や空港での特典などは他社のゴールドカード並み、内容によってはそれ以上のスペックなので、持っているだけでステータスを感じられるでしょう。

海外に行く頻度が高ければ、『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』がおすすめですが、年に数回というのであればアメックスグリーンでも十分満足できるサービスを受けられます。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)のメリット

ショッピングのプロテクションサービスが充実している

今は、ほとんどの一般カードにショッピング保険が付帯されていますが、アメックスグリーンのショッピング補償は3つのプロテクションサービスが付帯しています。

  • インターネット上の不正使用に対応する「オンライン・プロテクション」
  • 購入店が商品の返品を受付けない場合にアメリカンエキスプレスに返品できる「リターン・プロテクション」
  • 商品の破損や盗難を補償する「ショッピング・プロテクション」

この中でも、特にメリットを感じられるのは返品をアメックスが受付けてくれること、ショッピング・プロテクションの補償額が500万円というところです。

購入した商品にこれだけの補償がついていれば、高額なお買物も安心です。

プライオリティ・パスの年会費が無料になる

プライオリティ・パスは世界中の空港ラウンジを利用できるサービスで、ゴールド以上のクレジットカードに付帯されることが多いのですが、アメックスグリーンの会員になると通常約99ドルかかる年会費が無料になります。

空港ラウンジではドリンクサービスやインターネット無料などのサービスが受けられるので、搭乗が始まるまでゆったり過ごせます。

国内の空港ラウンジを無料で利用できる

アメックスグリーンを持っていると、国内主要空港28空港と海外1空港を無料で利用することができます。

予約などは不要で、アメックスグリーンのカードと搭乗券を提示するだけで利用できるのでとても便利です。また、同伴者1名までは無料となるのもメリットです。

海外旅行傷害保険は5,000万円まで補償される

航空機のチケット代やツアー代金などをアメックスグリーンで支払うと、本カード会員はもちろん家族会員も最高5,000万円まで補償される海外旅行傷害保険が付帯されます。

一般カードの場合、保険が付いていても補償額は1,000万円から2,000万円程度なので、これだけ手厚い補償が受けられるのは、アメックスならではのメリットといえるでしょう。

海外でも24時間日本語サポートが受けられる

海外で、突然具合が悪くなったりパスポートをなくしたりするなどのトラブルがあった場合、どこに相談すればいいのか、どう伝えればいいのかが分からず困ってしまうこともあるでしょう。

アメックスにはグローバルホットラインがあり、24時間、世界のどこからでも日本語でサポートしてもらえます。トラブル相談だけではなく、人気のレストラン予約や観光の紹介などもしてくれるので、安心かつ快適な海外旅行を楽しめます。

ポイント倍率が2倍になるプログラムを完備

アメックスグリーンのポイント還元率は0.5%なので、普通に使っているだけではポイントが貯まりにくく感じるかもしれません。

しかし、メンバーシップ・リワードというプログラムに入っておけば、ボーナスポイント・パートナーズの提携店の還元率が1.0%となります。

公共料金の支払い、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど提携先はたくさんあるので、上手に活用すればポイントも貯まりやすく、年会費をカバーできるというメリットも得られます。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)の審査基準や時間

審査難易度はそれほど高くない

アメックスの審査難易度は決して高くはありません。アルバイトや専業主婦、派遣社員といった方は難しいでしょうが、一般的な会社の正社員であれば入手が可能です。

ただし最初の利用限度額は10万円という方が多いようです。

しかし、利用を続けていれば限度額も上がっていきますし、アメックスで信用が付くと上位カードの審査も通りやすくなるので、ゴールドカードやプラチナカードなどを目指したい方は作っておいて損はありません。

審査は3週間ほど時間がかかる

「アメックスグリーン」は、アメリカン・エキスプレスの中でも基本となるプロパーカードですが、ステータス・シンボルとしての「アメックス」は簡単に持てるカードではありません。

そのため、審査も普通のカードよりは厳格なので、審査期間は少なくとも3週間はかかるようです。

一方で明らかに合格に至る属性の人、もしくは否決される属性の方は審査期間そのものが短いともいわれています。

合格からカード発行まで1週間ほどしかかからなかった方や3日以内に否決の連絡が来た方もいます。年収や年齢、属性で微妙な立ち位置にいる方の審査期間は自然と延びるようです。

いずれにしても審査期間は人によって異なるため、審査状況を早く知りたい場合は電話をして照会してもらうこともできます。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)のデメリット

ポイント交換が1,000ポイントからとハードルが高い

アメリカン・エキスプレス・カードのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」は、ポイントを旅行商品や商品券への交換、カードご利用後の代金に充てることができます。

しかし最低交換条件が1,000ポイントからと、他のカードに比べ高く設定されているため、利用額が少なかったりメンバーシップ・リワードを活用したりしないとなかなか交換できないのがデメリットです。

1ポイント0.3円~と換算レートが低い

ポイント換算レートにも注意する必要があります。商品券やカードご利用後の代金に充てる場合、交換レートが非常に低く、1ポイント0.3円にしかなりません。

3,000ポイント貯めても、ヨドバシカメラの商品券1,000円分にしかならないため、商品券に替えることはおすすめできません。

一方で日本旅行や「アメリカン・エキスプレス メンバーシップ・トラベル・サービス」の対象店舗で旅行商品のお支払いに充てる時には、1ポイント1円で換算することが出来るので交換先のレートをしっかりチェックしましょう。

年会費が高い

アメックスグリーンを持つうえでネックとなるのが年会費です。一般カードであれば年会費は高くても2,000円程度ですが、アメックスグリーンはプロパーカードという位置づけながら13,200円(税込)もの年会費がかかります。

といっても、スペックは一般のゴールドカードと遜色がないので、付帯されるサービスを考慮するからすればデメリットと感じることはないでしょう。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)のまとめ

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)は、年会費は高いですが、その分一般カードよりワンランク上のサービスがたくさん付帯されています。

今までは海外旅行をする人を対象にしたサービスが多かったのですが、近年は、ポイントが貯まりやすくなるプログラムやボーナスポイントプレゼントなど一般会員でもお得感があるシステムを導入しているので利便性も高まっています。

使いこなせばコスパも良くなるカードなので、アメックスを利用したことがない方は、1度入会を検討してみてください。

基本情報

入会資格 日本国内にお住まいの20歳以上で定期的な収入が見込まれる方。 ※パート、アルバイト不可
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.日本支社
本社所在地 東京都港区虎ノ門4-1-1
創業 1954年11月(日本支社)
発行可能ブランド アメリカンエクスプレス
発行期間 最短15営業日
年会費 1年目 13,200円(税込)
2年目以降 13,200円(税込)
家族カード 1年目 6,600円(税込)
2年目以降 6,600円(税込)
ETCカード 発行手数料 年会費:無料 新規発行手数料:1枚935円(税込)
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 0.4~1.0%
ポイント有効期限 3年(実質無期限。ポイントを1度交換するか、ポイント換算レートがアップする「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると無期限になります)
最低交換単位 1,000ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANADELTA
マイレージ還元率 1pt = 0.5~1マイル
最低交換単位 1,000マイル
マイレージ移行手数料 ANAは年間5,500円(税込)が別途必要

電子マネー

チャージ可能な電子マネー suicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 5,000万円
傷害・疾病 100万円
携行品損害 30万円
国内旅行傷害保険 5,000万円
ショッピング保険 500万円
備考 家族特約有り。航空便遅延費用補償あり

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)でよくある質問

アメックス・グリーンの限度額を教えて下さい。

アメックスカードの限度額は、他の一般的なカードと違って一律に決められた金額はありません。アメックスカードは個別の利用状況や審査によって限度額がそれぞれ違うのが、特徴の一つです。そのため現在の限度額がいくらになっているかが分かりにくい部分もありますが、電話やWEBなどで確認は可能です。
また実績を重ねることで限度額を増額しやすいのもアメックスの特徴ですから、自分の収入に合わせた限度額を設定したい方にもピッタリのカードです。

アメックス・グリーンの限度額は審査や利用状況によって決まる!

アメックス・グリーンを持つメリットを教えて下さい。

アメックス・グリーンを持つ最大のメリットは、そのステータスにあります。多くの方がクレジットカードを持っていますが、流通系や交通系のシェアが高くアメックスをメインカードとして利用している方はそうは多くありません。
一方でアメックスといえばステイタスカードの象徴として定着しており、持っているだけで経済的に余裕のあるように見られます。

空港のラウンジが使えるなどのゴールドカード並みのサービスも受けられることもメリットで、ステイタスを象徴するカードを言えます。

アメックス・グリーンの解約方法を教えて下さい。

アメックス・グリーンを解約する方法は、電話で行うことが出来ます。手元にカードを準備した状態で、下記電話番号に連絡することで解約が可能です。
0120-010120(通話料無料/9:00~17:00/土日祝休)
(携帯電話の場合は、03-6625-9745)

アメックスにはどのようなカードの種類がありますか?

アメックスには今回紹介しているグリーンの他に、三種類ものカードがあります。有名なのがゴールドで、他にもプラチナやブラックと言われるセンチュリオンなどがあります。それぞれ年会費やカードのサービスの充実度が違っていますが、信用力に応じでカードの種類が違うことがアメックスの特徴です。

アメックスのカードのランクやサービスを教えて下さい。

アメックスに今回紹介しているグリーンを含めて4種類のカードがあります。カードの種類によってステータスのランクが決まっており、低い順にグリーン・ゴールド・プラチナ・ブラック(センチュリオン)となっています。プラチナまでは有名でも、更に上位のブラックがあることは知らない方もいるでしょう。
ランクが上がるほどサービスの内容も充実しており、ブラックではブランドショップで営業時間外でも買い物が出来たり、空港とホテルの送迎をしてくれたりとまさにVIPならではのサービスを受けることが出来ます。
このようにアメックスにはカードの種類によってステータスに差を付けているのも特徴です。

アメックスカードにはランクがあり、ブラックが最上級のカード。

正直なところアメックス・グリーンの口コミ・評判はどうなんですか?

アメックス・グリーンの特徴は年会費が高い代りに受けられる充実したサービスと、高いステイタスです。サービスは旅行時の保険や空港ラウンジなど旅行の際に特に充実しているので、頻繁に海外に行かれる方であれば重宝します。
JCBとも提携しているのでほぼ全ての店で利用も出来て、ポイントもしっかりと貯まりますしコールセンターの対応も抜群です。このようなサービスの対価として年会費を払っても良いと考えられる方であれば、メインカードしておすすめ出来るカードです。

年会費は高いがオススメ出来るカード!年会費を少しでも抑えたい方はこちらのカードもおすすめ。http://www.patacriticism.org/creditcard/smbc_gold.html