国内最大級400枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
年会費 初年度:130,000円+税
2年目以降:130,000円+税
還元率 0.3%~
発行日数 2~3週間
年会費 初年度 130,000円+税
2年目以降 130,000円+税
家族カード 追加カードは4 枚まで無料、5 枚目以降は1枚につき年会費12,000円(税抜)
旅行保険 海外 最高1億円
国内 最高5,000万円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー suicaedy
国際ブランド アメリカンエクスプレス
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間 2~3週間
  1. point1最強のビジネスパートナー!秘書代わりに活躍するプラチナ・セクレタリー・サービス
  2. point2プライオリティ・パスに航空会社空港ラウンジ!ホテル・メンバーシップも利用可能!
  3. point3本会員はメタル製カード!追加ビジネス・プラチナ・カードも最大4枚を無料で発行!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの特徴とは?

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは最高ステータスの法人カード!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』は、アメックスの発行する国内最高ステータスの法人カードです。アメックスには、「プラチナカードの中のプラチナカード」として知られる『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』という個人向けのクレジットカードが存在していますが、個人事業者や法人向けに発行されているのがここでご紹介する『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』です。

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』のステータスは個人向けのアメックス・プラチナと同等で、かつビジネス向けに便利な優待特典が付帯されているのがメリットです。しかもプラチナカードでありながらインビテーションではなく申し込み制となっているのも魅力です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの年会費は130,000円!追加カードは4枚まで無料発行OK!

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』の年会費は130,000円(税抜)で、個人向けのアメックス・プラチナと同じです。また、社員向けの追加カードについては4枚までなら無料で発行できます。

もちろん5枚以上の発行も可能で、その場合は1枚追加ごとに12,000円(税抜)の年会費が必要です。ただし、追加カードの場合は4枚まではプラチナカードとして発行OKですが5枚目以降は『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード』での発行になります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードはメタル製のカードフェイス!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』なら、基本カード会員(親カード)はメタル製のカードを発行してもらえます。

プラスチック製のクレジットカードが当たり前の国内において、メタル製のクレジットカードは国内では非常に珍しく、アメックスのプラチナカードを除けば『ラグジュアリカード』だけです。レア度も相まって、よりプラチナカードのステータスにふさわしい重厚感を感じさせてくれます。

セカンド・ビジネス・プラチナ・カードの発行で便利な使い分けもできる!

メタル製のクレジットカードは見た目も特別感が高いですが、駅の券売機など一部の機会でエラーになってしまうケースもあります。また、メタル製のプラチナカードということで、特に海外へ所持していくのはセキュリティ面でも不安です。

そんなトラブルやアクシデントに備えて、アメックスではプラスチック製の「セカンド・ビジネス・プラチナ・カード」もあわせて発行してくれます。トラブルやアクシデントが想定されそうなケースでプラスチック製を使うようにすれば、より安心してカードを使用できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードならビジネスに心強い充実の優待特典が付帯する

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』なら、個人向けのアメックス・プラチナに加えてビジネス向けの特典まで付帯します。最高峰のプラチナカードにふさわしい充実かつ贅沢な優待で心強いサポートを受けられるのが魅力です。

では実際に、『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』に付帯する主なサービスや優待特典をご紹介します。

基本サービス メタル製カード 基本カード会員には重厚感あるメタル製のカードを発行
セカンド・ビジネス・プラチナ・カード メタル製カードのほかにプラスチック製のセカンドカードも発行。メタル製カードとの使い分けでセキュリティ面でも安心して利用できる
追加カード 従業員向けに追加カードを発行可能で、4枚までは年会費無料でプラチナ・カードの追加カードを発行できる。5枚目以降を発行する場合はビジネス・ゴールド・カードの発行となり、年会費も12,000円(税抜)必要
ライフスタイル プラチナ・セクレタリー・サービス 出張や接待の手配など、様々な要望に24時間365日対応してくれるコンシェルジュサービス
メディカル・コンサルテーション 健康に関する無料相談、症状に合った医療機関の無料電話案内、人間ドックなどの検診サービスの優待などを利用可
ビジネス・プラチナ・カード・アシスト 渡航先からでも日本語で対応してくれるサービス。レストランの予約から医療機関の紹介など24時間対応OK
スポーツクラブ・アクセス 会員制スポーツクラブの入会金や年会費などが無料になる優待サービス
トラベル・グルメ ホテル・メンバーシップ 有名ホテルの上級プログラム会員に無条件で登録。各ホテルの上級会員向け特典を利用可
【シャングリ・ラ ホテル&リゾーツ】
「ゴールデンサークル」ジェイド会員
【マリオットボンヴォイ】
「Marriott Bonvoy TM」ゴールドエリート会員
【ラディソンホテルグループ】
「Radisson Rewards TM」Goldエリートステータス
【ヒルトン・ホテルズ】
「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員
ファイン・ホテル・アンド・リゾート アメックスが厳選した世界1,000ヶ所以上のリゾート施設やホテルなどで優待特典を利用可
・空室状況により12:00からチェックインOK
・空室状況によりチェックイン時に部屋のアップグレードが可能
・2名まで滞在中の朝食サービス
・客室内無料Wi-Fi
・16:00までチェックアウト時間延長
・ホテルごとのオリジナル特典
フリー・ステイ・ギフト 毎年のカード更新時に国内対象ホテルで利用できる一泊無料宿泊券贈呈
手荷物ホテル当日宅配サービス 東京駅、新宿駅、博多駅において、駅の宅配カウンターで手荷物を預け指定エリア内の宿泊ホテルに無料配送
アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション 世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる。以下6種類の空港ラウンジサービスを利用可
■カード会員専用「センチュリオン・ラウンジ」
■インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
■プライオリティ・パス
■デルタ スカイクラブ
■エアスペース
■プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ
※プライオリティ・パスについては事前申し込み必須(プレステージ)
国内空港ラウンジ 国内主要28空港+ハワイの国際空港にてラウンジを利用可。同伴者1名まで無料
手荷物宅配サービス 海外出発時および帰国時、空港~自宅間でスーツケース2個無料配送
※羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
京都特別観光ラウンジ アメックスのゴールド会員以上が利用できる高台寺塔頭 圓徳院の京都特別観光ラウンジを利用可
ハーツレンタカー ハーツGoldプラス・リワーズ ファイブスターに自動登録され割引等の特典を受けられるので海外でレンタカーを利用する際に便利
国内レンタカー割引 国内でレンタカーを利用する場合は、オリックスレンタカー、トヨタレンタカー、日産レンタカー、ニッポンレンタカー、タイムズ カーレンタルにて5%割引となるのでお得
ダイニング&バー特別優待 国内のレストランにて個室料無料やウェルカムシャンパン、ディナーアップグレード、バーにてカバーチャージ無料などの各優待を受けられる
ビジネス・サポート ビジネス・ワランティ・プラス 【オフィス・ワランティ・プラス】
家電やパソコンなどオフィスで使用する電化製品において、メーカーの保証期間が終了した後に故障・修理等が発生した場合に、購入日より3年間修理補償を受けられる
【オフィスウェア・プロテクション】
火災・破損・水漏れ等の偶発的事故で損害を被った場合、購入日より3年間補償を受けられる
※オフィス・ワランティ・プラスとオフィスウェア・プロテクションを組み合わせて利用可能
プレミア・ゴルフ・アクセス 一流の会員制ゴルフクラブを、メンバーからの紹介や同伴不要でしかもビジター料金で利用できる
ビジネス・カード会員向けイベント 従業員や取引先と一緒に、各界のスペシャリストを招いた各種イベントに参加できる
メンバーシップ・リワード・プラス 本来は3,000円(税抜)の年間費用が発生する「メンバーシップ・リワード・プラス」を無料で利用できる。ポイント有効期限が無期限になるほか、ポイント移行等のレートがアップする便利でお得なサービス
福利厚生プログラム「クラブオフ」 福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が無料で、国内外20万ヵ所以上の契約施設を特別優待価格で利用できる。本人ほか追加カード会員も利用できる
ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」 国内最大級のビジネス情報データベースサービス「G-Search」へ月会費無料で登録できる。市場調査や取引先情報などのリサーチに有益なサービス
ペイフレックス あとリボfor Business カードのビジネス目的での利用分をオンラインでリボ払いに変更できるサービス。急なビジネスチャンスの際などにも活用できるのがメリット

ざっと挙げただけでもこれだけの贅沢かつ便利なサービスが付帯されています。経理業務の効率化から出張・接待、福利厚生などに至るまで、多彩なシーンで頼れるのが『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』の強みです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードなら万一のアクシデントにもしっかり備えられる!付帯保険の充実度が魅力

旅行計画_image

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』には、”真のプラチナカード”と呼ばれるにふさわしい充実の補償が付帯しています。海外旅行傷害保険は最高1億円で、国内旅行傷害保険は最高5,000万円、その他年間最高500万円のショッピング・プロテクションはじめ、キャンセル・プロテクションやリターン・プロテクションといった各種補償で万が一のアクシデントに備えることができます。それぞれの補償内容は後ほど詳述します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードが選ばれる3つの魅力

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードなら多彩な特典で様々なビジネスシーンをサポート!

フライトimage

ご紹介してきましたように、『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』は、便利なコンシェルジュサービスとして「プラチナ・セクレタリー・サービス」が付帯するほか、ビジネスに役立つ様々な特典が付帯します。

「クラブオフ」や「メディカル・コンサルテーション」などで福利厚生の充実を図れるほか、プライオリティ・パスやデルタ スカイクラブなど世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」、ラグジュアリーなホテルの上級会員資格を得られる「ホテル・メンバーシップ」などなど、旅行だけでなく海外出張にも活用できる心強い特典も付帯しています。

もちろん、出張や仕入れ、接待や備品購入などの支払いも『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』へ集約できますし、クラウド会計ソフト freeeへのデータ連携などでより一層の経理業務の効率化が図れます。

設備投資等の大きな出費でも安心!ゆとりある限度額に加えリボ払いサービスもある

さらに、アメックスとしての利点として、「一律の制限がない利用限度額」が設けられている点も特筆ポイントです。ただし、一律の制限がないとはいっても無限に利用できるというわけではないので注意が必要です。高額なカード利用をする場合は事前に相談してから承認を得るという手順が必要になりますが、それでも他のクレジットカードに比べて高額な利用ができるというのはビジネスにおいても大きな強みです。

そして、『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』にはもうひとつ、高額な利用の際に心強い特典があります。それが「ペイフレックス あとリボfor Business」です。ビジネス目的でのカード利用分を必要な分だけリボ払いに変更できるサービスで、オンライン・サービスから手軽に変更できるのが特徴です。常にリボ払いばかり利用するのはおすすめできませんが、急な資金需要が発生するようなケースでは大いに活用できるサービスです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは充実の付帯補償で万が一のアクシデントに備えられる!

安心image

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』の海外・国内の旅行傷害保険は国内のクレジットカード最高峰の補償が付帯していますし、その他の付帯補償もプラチナステータスにふさわしい充実度を誇ります。

付帯保険の詳しい補償内容については後ほど詳細に解説しますので、ここでは注目すべき補償やサポートの詳細について触れておきます。

ビジネス・ワランティ・プラスの詳細

先にざっと触れていますが、メーカーの保証期間が過ぎてしまった後に故障等が発生した場合に修理補償をしてくれる「オフィス・ワランティ・プラス」と、火災や水漏れ等の事故によって損害を被った際に補償してくれる「オフィスウェア・プロテクション」という2つの補償が組み合わさったサービスが「ビジネス・ワランティ・プラス」です。補償対象となる製品の購入日から3年間、メーカーと同等の補償をしてくれる心強いサービスです。

「ビジネス・ワランティ・プラス」の補償対象となる製品は、メーカーの保証期間が1年以上で、かつ購入金額が1万円(税抜)以上の製品が対象です。

  • パソコン
  • パソコンモニター
  • コピー機、複合機、プリンター
  • シュレッダー
  • プロジェクター
  • スキャナー
  • 電話機(携帯電話・PHSは除く)、FAX
  • テレビ、DVD、ビデオ(いずれもポータブルは除く)
  • 冷暖房(業務用は除く)
  • 冷蔵庫(業務用は除く)
  • 電子レンジ(業務用は除く)
  • 掃除機(業務用は除く)
  • オーディオ機器(業務用は除く)
  • 電卓
  • 電気スタンド
  • ラミネーター(業務用は除く)
  • 空気清浄機
  • 加湿器、除湿器

以上のような製品が対象です。一方、対象とならない製品やには以下のようなものが該当します。

  • 家庭での使用が目的の製品
  • 2007年2月20日以前に購入した製品
  • アメックス・ビジネス・プラチナを利用しないで購入した製品
  • メーカーの保証がない、もしくは保証期間が1年未満の製品
    ※保守契約もメーカー保証とは認められない
  • 販売目的で購入した製品
  • 購入金額が1万円未満の製品
  • スマホや携帯電話
  • バッテリーやインクカートリッジといったような消耗品やリモコンなどの付属品

また、以下のようなケースに該当する場合も補償対象とはなりません。

  • 国外で生じた損害
  • メーカーの保証がされるべき損害
  • 不当な修理や改造、故意、重過失による故障や損傷
  • メーカーの瑕疵による損害
  • 洪水(台風・暴風雨・豪雨・融雪など)、高潮、土砂崩れ、落石などの火災による損害
  • 地震、噴火、津波による損害
  • バッテリー等の消耗品や付属品などを交換することで正常に機能する場合
  • プログラムやデータなどソフトに関する損害や再インストールにかかる費用
  • 詐欺、横領、紛失による損害
  • 消耗、変質や変色、虫食い(ねずみ食い)、錆やカビ、電池の液漏れ等による損害や使用に支障のないキズやへこみなど
  • 戦争や暴動、事変などのほか、国や公共機関の行使によって差押えや没収が行使された場合、核燃料物質によって損害を受けた場合
  • カード会員の資格を失った場合
  • 保守作業だけで機能が復旧する場合(紙詰まりや目詰まり等)
  • 部品交換せずに機能が復旧する場合
  • メーカーの保証において保証の対象外とされているケース

ちなみに補償を受ける際は、「オフィス・ワランティ・プラス」と「オフィスウェア・プロテクション」を合わせて年間20万円が限度になります。

渡航先のトラブルに頼れるサポート!ビジネス・プラチナ・カード・アシスト

「ビジネス・プラチナ・カード・アシスト」は、渡航先におけるアクシデントやトラブルの際に頼れる各種サポートを受けられます。主に、以下のようなサービスが提供されています。

  1. 海外緊急支援サービス
  2. お忘れ物探索サービス
  3. 海外商品探索・購入サービス/パーソナル・インポート・サービス
  4. ファイン・ダイニング
  5. 海外情報サービス
  6. その他サービス

この中でも特に、海外緊急支援サービスは万一のアクシデントにも心強いサービスになっています。

海外緊急支援サービスの概要
医師や医療チームの派遣 緊急時に、医師や医療施設の紹介、傷病の状態がひどい場合は医師や医療チーム、救急車の派遣。派遣費用も負担してくれる
輸送サービス ビジネス・プラチナ・カード・アシストが指定する医師と実際に治療にあたっている医師との協議によって、転院もしくは日本への移動が望ましい判断される場合は帰国手続きや航空券を無料提供
医療モニター・サービス ビジネス・プラチナ・カード・アシストが指定する医師の判断によって必要な場合は、退院まで治療状況のモニター・サービスを受けられる
資金援助 金銭上の理由で治療拒否や退院拒否などのトラブルが発生した場合、ビジネス・プラチナ・カード・アシストからその医療機関に対し請求書を保険会社へ送るよう交渉してくれる。また、事前の支払いやデポジットの要求に応えられず治療拒否されるようなトラブル時には、5,000USDまで立替してくれる
弁護士などの紹介 緊急時の弁護士紹介のほか、交通事故や行政手続などの違反によって拘留された場合に1,000USDを限度に保釈金を支払ってくれる。また1件につき1,000USDを限度に弁護士費用を立て替えてくれる
家族への連絡 入院後、家族や近親者、仕事関係者等への連絡が必要だと希望する場合、ビジネス・プラチナ・カード・アシストが最善を尽くして連絡してくれるサービス
遺体輸送 万一亡くなった場合に遺体を日本へ移送してくれるサービス。700USD以内の棺ほか、移動に必要なものや輸送費までを負担してくれる
証明書類の再発行サポート パスポートやビザなど身元を証明するための証明書類を紛失したり盗難に遭ったりした場合に再交付手続きなどをサポートしてくれる
病院予約・入院手配 医師や医療施設で予約が必要な場合に予約手配を、緊急を要する場合は入院の手配をしてくれる

ちなみに上記項目のうち、医師や医療チームの派遣、医療モニター・サービス、遺体輸送については、カードに付帯する旅行傷害保険の範囲内で補償を受けられます。

アメックス・ビジネス・プラチナだけに付帯するビジネス・カー・ピッキング・プロテクション

アクシデントimage

「ビジネス・カー・ピッキング・プロテクション」という補償も付帯していますが、これは『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』だけに付帯していて、個人向けのアメックス・プラチナには付帯していないオリジナルの付帯保険となります。

補償を受けられるのは基本カード会員である法人・個人事業主のうち、役員が10名以下の法人・個人事業主が対象です。この補償は、1年間(毎年2月1日起算)で30万円までを限度額に補償を受けられます(免責5,000円)。

「ビジネス・カー・ピッキング・プロテクション」で補償を受けられるケースは以下のようになっています。

補償対象となるケース 偶然のアクシデントによって補償対象者が所有する自動車の車室もしくはトランク内の動産(補償対象者所有のもの)に損害を受けた場合

基本カード会員(役員が10名以下の法人・個人事業主)が所有する車であり、損害を受けた動産も基本カード会員が所有するものであれば補償の対象になります。

逆に、補償の対象外となるケースには、以下のようなものが当てはまります。

  • 商品
  • 自動車に装備されている付属品など
  • 1個または1組が30万円を超える貴金属や骨董品、美術品等
  • 携帯電話やPHSなどの携帯式通信機器
  • 現金、有価証券、印紙、切手、預金証書、クレジットカードなど
  • メガネ、コンタクトレンズ、義歯、義肢など
  • 稿本、設計図、図案、帳簿やそれらに準ずるもの
  • 飲食物、食料品、動植物
  • 自然に消耗したりすることによる損害
  • 故意または過失による損害
  • 修理や清掃などの作業に起因する損害
  • 電気的・機械的事故に起因する損害
  • 地震・噴火・津波・火災などによる損害
  • カードの会員資格を失った場合

役員が10名以下の法人・個人事業主という補償対象者の条件さえ満たしていれば、社有車すべてが補償対象になるという点もポイントです。

レアなメタル製カードは存在感抜群!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードはインビテーション不要で申し込みOK!

アメックス・ビジネス・プラチナとビジネスマン

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』はメタル製のカードフェイスで発行されます。プラチナカードにふさわしい重厚感を漂わせたメタル製のカードは、ただ持っているだけでもそれ自体がステータスの象徴です。

メタル製のカードは、日本国内では『ラグジュアリーカード』以外では発行されていないということもあり、レア度も高いです。しかも『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』はインビテーション不要で申し込めるプラチナカードとしても注目度の高い1枚です。

セカンド・ビジネス・プラチナ・カードとの使い分けもOK!プラスチック製なので通常の利用シーンで活用度大

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』は、プラスチック製のセカンド・ビジネス・プラチナ・カードも発行してくれるので、用途に応じてメタル製カードとの使い分けが可能です。特に、先にもご説明しましたように、セキュリティ面で不安がある場合や券売機などでのトラブルを防ぐ際にプラスチック製カードが便利です。

基本的に、オンラインでの仕入れや光熱費などの支払いにメタル製カードを使用し、お店などで利用する通常の決済はプラスチック製のセカンド・ビジネス・プラチナ・カードを利用するようにするのがおすすめです。

追加カードは4枚まで無料!実質的に1枚あたりのコスパが高くなる!

社員用に発行できる追加カードについては、4枚までなら無料で発行可能です。もちろん5枚目以降の発行も可能ですが、その場合は1枚につき12,000円(税抜)の年会費が発生してしまうこと、さらに発行カードもアメックス・ビジネス・ゴールド・カードとなることは先にご説明したとおりです。

追加カード4枚までなら年会費無料でプラチナカードとしての発行が可能なので、基本カード+追加カード4枚を発行した場合は、1枚あたり26,000円(税抜)の年会費で利用できる計算です。

発行カード 1枚あたりの実質的な年会費
基本カードのみ 130,000円(税抜)
追加カード1枚 65,000円(税抜)
追加カード2枚 43,000円(税抜)
追加カード3枚 32,500円(税抜)
追加カード4枚 26,000円(税抜)

基本カードの発行だけでは130,000円(税抜)という高額な年会費でも、追加カードを含めて考えるとコスパはとても高いです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードをおすすめできる方

プレミアムな特典をビジネスに生かしたい方にアメックス・ビジネス・プラチナ・カードがおすすめ!

ホテル客室image

ビジネスカードとはいえ、アメックスのプラチナというハイステータスを誇る1枚でもあり、付帯する特典はプレミアムなものばかりです。様々な要望に対応してくれるコンシェルジュサービスの「プラチナ・セクレタリー・サービス」をはじめ、健康サポートとして「メディカル・コンサルテーション」の活用、出張サポートには「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」や「国内空港ラウンジサービス」、「ホテル・メンバーシップ」、「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」などの特典が活躍します。また、「クラブオフ」で福利厚生の充実も図れます。

海外の渡航頻度が高く安心した補償を付帯させたい方もアメックス・ビジネス・プラチナがおすすめできる!

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』には最高1億円の海外旅行傷害保険をはじめ、最高5,000万円の国内旅行傷害保険、国内航空機遅延費用ほか、ビジネス・プラチナ・カード・アシストなど充実した補償やサポートサービスが付帯しています。国内はもちろんのこと、海外への出張機会が多く、万一のアクシデントに備えて質の高い補償が付帯するカードが欲しいという方にもイチオシの1枚です。

アメックス・ビジネス・プラチナなら仕入れから出張まであらゆる経費を一元化して経理業務効率化を図りたい方にもおすすめ!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

ビジネスカードの醍醐味は経費の一元化が可能で経理業務の効率化に一役買ってくれるところでしょう。もちろん『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』も仕入れや出張費はもちろん、接待費から光熱費、外部人材の人件費、税金の納付などに至るまで、幅広い決済シーンで使い倒すことができます。各種支払いを1枚に集約できるので、必然的に経理業務の効率化を推進できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのメリット

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのメリットは多彩でラグジュアリーな特典が付帯するところ

ではここまでの内容をもとに、『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』のメリットをまとめておきましょう。

  • 重厚感を備えたメタル製カード!持つだけでステータスを得られる
  • セカンド・ビジネス・プラチナ・カードでメタル製カードとの使い分けが可能
  • 追加カードは4枚までなら年会費無料で発行できる!
  • 高額な支払いも安心!一律の制限がない限度額
  • プラチナ・セクレタリー・サービスで様々な要望に対応!
  • メディカル・コンサルテーションやクラブオフで福利厚生も充実できる!
  • アメックス・グローバル・ラウンジ・コレクションで空港ラウンジサービスも充実
  • ホテル・メンバーシップやファイン・ホテル・アンド・リゾートて贅沢な優待サービス
  • 最高1億円の旅行傷害保険付帯!国内航空機遅延費用も付帯する
  • ショッピング補償は最高500万円!返品補償のリターン・プロテクションも付帯
  • キャンセル・プロテクションでホテル代などのキャンセル費用も補償
  • ビジネス・ワランティ・プラスでメーカーの保証と同等の補償が受けられる
  • ビジネス・カー・ピッキング・プロテクションで事故による動産の損害を補償
  • ビジネス・プラチナ・カード・アシストで緊急時の各種サポートも安心
  • ビジネス情報サービスや会計ソフトへのデータ連携など業務効率化のための特典が豊富

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』のメリットは、やはり「多彩で贅沢な特典が付帯するプラチナのビジネスカード」という一言に尽きるでしょう。高額な年会費(130,000円+税)ではありますが、付帯特典の内容を見ればそれだけの年会費を支払うだけのベネフィットは十分に備えています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのデメリット

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは年会費が高額!付帯サービスを使わないとコスパが悪い

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』の年会費は130,000円(税抜)と高額です。ステータスなどにばかりこだわって申し込んでも、付帯する多彩な特典を使いこなせないと非常にコスパが悪くなります。

付帯サービスをしっかり使いこなせれば十分に元を取れるだけのベネフィットはありますが、ほとんど付帯特典のサービスを使えないのであれば、下位カードの『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード』や『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード』など、付帯サービスや年会費などとのバランスを考えて選ぶのがおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのポイントと還元率

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードはポイント有効期限が無期限!

ポイント還元image

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』のポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」です。100円利用ごとに1ポイントが貯まり、基本還元率は0.3%ほどとなります。公共料金などは200円ごとに1ポイントとなりますし、電子マネーへのチャージやNHK、寄付団体などのようにポイント付与対象外のものもありますが、基本的に通常のショッピングでは100=1ポイントという認識で問題ありません。

また、ポイントの有効期限は3年間となりますが、その間に一度でもポイントを交換すれば有効期限が無期限になります。さらに、「メンバーシップ・リワード・プラス」というサービスに登録すれば、ポイント交換の有無に関係なく、無条件でポイント有効期限が無期限になります。しかも、「メンバーシップ・リワード・プラス」は通常3,000円(税抜)の年会費が発生しますが、『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』の会員なら無料で登録することができます。

メンバーシップ・リワード・プラスでマイル移行レートがアップ!

「メンバーシップ・リワード・プラス」のメリットはポイント有効期限が無期限になるだけではありません。提携航空会社のマイル移行レートがアップするほか、ポイントを支払いに充当する際のレートもアップします。

マイレージプログラム メンバーシップ・リワード・プラスに未登録 メンバーシップ・リワード・プラスに登録済
ANAマイレージクラブ
※メンバーシップ・リワード ANAコースへの登録も必要
2,000ポイント→1,000マイル 1,000ポイント→1,000マイル
フライングクラブ
(ヴァージンアトランティック航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
クリスフライヤー
(シンガポール航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
クラブ・ミッレミリア
(アリタリア-イタリア航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
エミレーツ・スカイワーズ
(エミレーツ航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
ダイナスティ・フライヤー・プログラム
(チャイナエアライン)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
ロイヤルオーキッドプラス
(タイ国際航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
エグゼクティブ・クラブ
(ブリティッシュ・エアウェイズ)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
フィンエアー・プラス
(フィンランド航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
プリビレッジクラブ
(カタール航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
スカイマイル
(デルタ航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
アジア・マイル
(キャセイパシフィック航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
SAS ユーロボーナス
(スカンジナビア航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
エティハド ゲスト
(エティハド航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
フライングブルー
(エールフランス/KLM航空)
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル

上記のうち、ANAマイレージクラブへの移行に関しては、「メンバーシップ・リワード ANAコース(年間参加費5,000円+税)」に登録する必要がありますが、『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』の会員であれば年間参加費無料で登録することができるのでお得です。ANAマイルなら実質還元率は1.0%になります。

ヒルトン・オナーズやマリオットボンヴォイなどの提携ホテルでも移行レートがアップ!

また、ヒルトン・オナーズやマリオットボンヴォイでも、「メンバーシップ・リワード・プラス」で移行レートがアップします。

ホテル メンバーシップ・リワード・プラス未登録 メンバーシップ・リワード・プラスに登録済
ヒルトン・オナーズ 2,000ポイント→1,250ヒルトン・オナーズポイント 1,000ポイント→1,250ヒルトン・オナーズポイント
マリオットボンヴォイ 2,000ポイント→990ポイント 1,000ポイント→990ポイント

上記の2ホテルの利用頻度が高いという方には、貯めたポイントの移行先としておすすめす。

カード利用代金への充当で還元率最大1.0%!共通ポイントなども移行レートがアップする!

その他、カード利用代金へのポイント充当や、共通ポイントなどへの移行でも、「メンバーシップ・リワード・プラス」でレートがアップします。

ポイント交換先 メンバーシップ・リワード・プラスに未登録 メンバーシップ・リワード・プラスに登録済
カード利用後の代金に充当 一律1ポイント→0.3円 ・航空会社で利用した場合:1ポイント→1円
・ホテル・旅行代理店など:1ポイント→0.8円
・旅行関連以外:1ポイント→0.5円
旅行代金の支払いに充当 一律1ポイント→0.4円 ・アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン:1ポイント→1円
・HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク:1ポイント→0.8円
・日本旅行の対象店舗:1ポイント→0.8円
店頭の支払いで利用 ヨドバシカメラと高島屋で
3,000ポイント→1,000円分の商品券
ヨドバシカメラと高島屋で
2,000ポイント→1,000円分の商品券
楽天スーパーポイント 3,000ポイント→1,000ポイント 3,000ポイント→1,500ポイント
Tポイント 3,000ポイント→1,000ポイント 3,000ポイント→1,500ポイント
オンライン・ショッピングに充当
※American Express SafeKey参加加盟店
一律1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5円~1円

「メンバーシップ・リワード・プラス」へ登録しておくだけで、通常よりも交換レートがかなりアップします。『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』の会員であれば、「メンバーシップ・リワード・プラス」通常年会費3,000円(税抜)が無料ですので、登録しておいて絶対に損はありません。

ポイント交換先には、その他にも商品券や各種アイテム、Eクーポンなどがありますが、これらは「メンバーシップ・リワード・プラス」によって交換レートがアップすることはありません。詳細は公式サイトなどをチェックしておきましょう。

メンバーシップ・リワード・プラスでボーナスポイントプログラムが適用されさらにお得

「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すれば、「ボーナスポイントプログラム」への参加登録も可能になります。ちなみに登録料は無料です。

ボーナスポイントプログラムに登録しておけば、対象の加盟店やサービスの利用で100円ごとにボーナスポイントが2ポイント加算されるため、合計で100円ごとに3ポイントを獲得できます。

対象加盟店 対象サービス
Yahoo!JAPAN ■Yahoo!ショッピング
■ヤフオク(Yahoo!かんたん決済)
■ヤフー官公庁オークション
■PayPayモール
iTunes Store
App Store
■iTunes Store
■App Store
■Apple Books
■Apple Music
JAL ■JAL国内線・国際線航空券
■JAL PAK国内・海外ツアー商品
HIS ■海外航空券
■事前決済となる海外ホテル
■海外航空+ホテル(セット販売)
■海外パッケージツアー
■海外オプショナル・レンタカー
アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン ■事前決済で購入のホテル・レンタカー
■国内航空券(会員専用の国内航空券販売サイト)
Amazon ■Amazon.co.jp
■Amazonマーケットプレイス
■kindle本
■Amazon Business

以上が、100円ごとに3ポイントを獲得できるボーナスポイントプログラムの対象加盟店とサービスです。通販や旅行など、比較的利用頻度の多いサービスばかりなので、効果的に活用することで効率よくポイントが貯まります。

ただしボーナスポイントは、すべての対象加盟店・サービス利用分の合計で年間(※)100,000ポイント(500万円利用分)が上限になります。

※1年間の基準は、毎年9月1日から8月31日となります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの付帯保険

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは文句なしの充実補償!旅行傷害保険は最高1億円!

まずは、『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』に付帯する海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険についての詳細をみてみましょう。

保険種類 保険内容 基本カード会員 基本カード会員の
家族
追加カード会員 追加カード会員の
家族
海外旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 最高1億円
※うち利用付帯5,000万円
最高1,000万円(自動付帯) 最高1億円(利用付帯) 最高1,000万円(利用付帯)
傷害治療費 1,000万円(自動付帯) 1,000万円(自動付帯) 1,000万円(利用付帯) 1,000万円(利用付帯)
疾病治療費 1,000万円(自動付帯) 1,000万円(自動付帯) 1,000万円(利用付帯) 1,000万円(利用付帯)
賠償責任 最高5,000万円(自動付帯) 最高5,000万円(自動付帯) 最高5,000万円(利用付帯) 最高5,000万円(利用付帯)
携行品損害 1旅行中最高100万円(自動付帯) 1旅行中最高100万円(自動付帯) 1旅行中最高100万円(利用付帯) 1旅行中最高100万円(利用付帯)
救援者費用 1,000万円(自動付帯) 1,000万円(自動付帯) 1,000万円(利用付帯) 1,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円(自動付帯) 最高1,000万円(自動付帯) 最高5,000万円(利用付帯) 最高1,000万円(利用付帯)
入院保険 5,000円/日(自動付帯) 5,000円/日(自動付帯) 5,000円/日(利用付帯) 5,000円/日(利用付帯)
手術保険 最高20万円(自動付帯) 最高20万円(自動付帯) 最高20万円(利用付帯) 最高20万円(利用付帯)
通院保険 3,000円/日(自動付帯) 3,000円/日(自動付帯) 3,000円/日(利用付帯) 3,000円/日(利用付帯)
国内航空便遅延費用 乗継遅延費用保険金 最高30,000円
出航遅延、欠航、
搭乗不能費用保険金
最高30,000円
受託手荷物遅延費用保険金 最高30,000円
受託手荷物紛失費用保険金 最高60,000円

海外旅行傷害保険では、基本カード会員であっても最高1億円の補償を受けるには一部利用付帯となってしまっているのは残念な点ですが、それでも国内のクレジットカード付帯保険としては最高峰の補償が付帯するのは大いに魅力的です。

ショッピングからゴルフまで幅広く補償が充実

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』には、もちろんショッピング・プロテクションやキャンセル・プロテクション、リターン・プロテクションといったお馴染みの補償もしっかりと付帯しています。その他、ゴルフやカーピッキングなどに備えた補償も付帯します。

保険種類 補償内容
ショッピング・プロテクション 年間最高500万円
キャンセル・プロテクション 指定のキャンセル事由により、予定していた特定のサービスを利用できなくなった場合にキャンセル費用を補償してくれる
リターン・プロテクション アメックス・カードで購入した商品の返品を購入店が受け付けてくれない場合、アメックスが代わりに返品を受け付けてくれる
※未使用かつ故障・損傷なく正常に機能する商品であること
ゴルフ保険 【死亡・後遺障害】
最高1,000万円
【入院保険金】
15,000円/日
【通院保険金】
10,000円/日
【ゴルフ用品補償】
10万円限度/年
【ホールインワン・アルバトロス費用補償】
30万円限度/回
【第三者賠償責任補償】
1事故につき5,000万円限度
ビジネス・カー・ピッキング・プロテクション 偶発的な事故によって車室またはトランク内の動産が損害を被った場合に、年間30万円を限度に補償してくれる
※免責5,000円/1事故

付帯する補償は個人向けのアメックス・プラチナと同じですが、「ビジネス・カー・ピッキング・プロテクション」については『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』だけに付帯します。

偶発的な事故によって社有車内のPCなどが破損してしまったようなケースや、社有車内のPCやカバン等が盗難被害に遭った際に心強いサポートです。ただし既述しましたが、30万円を超える貴金属や骨董品、自動車に定着している付属品(カーナビなど)、現金やクレジットカード等、食料品や飲食品、動植物など補償対象とはならないものもありますので、詳細はしっかりと事前チェックしておきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの評判!審査や口コミは?

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは個人向けのアメックス・プラチナよりもやや審査難易度が高め

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』の気になる審査難易度ですが、個人向けのアメックス・プラチナよりもやや審査のハードルが上がります。個人とビジネスの両方で信用度をチェックするからです。

もちろん、審査基準を十分に満たしていれば難なく審査をパスできますが、審査に不安がある場合は、まず下位カードの『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード』や『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード』などからステップアップする方法も検討しましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのまとめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは高額な年会費でもそれを超えるベネフィットがある!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』は、メタル製カードで抜群の存在感を放ちます。年会費こそ130,000円(税抜)という高額な設定ではありますが、その特典内容をみれば十分に元が取れるレベルにあります。特典をフルに使いこなすことができれば、年会費分など十分にペイできてしまうだけの価値があります。

何より、秘書サービスとして活用できる「プラチナ・セクレタリー・サービス」や世界中の空港ラウンジを利用できる「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」などをはじめとして、ラグジュアリーな特典でビジネスを強力にサポートしてくれる1枚です。

出張からオフィスサプライなどの経費に至るまであらゆるビジネスシーンを後押ししてくれるので各種業務の効率化も可能になり、よりビジネスに注力できるという相乗効果をも生んでくれるのが『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』の最大の魅力です。

基本情報

入会資格 法人代表者または個人事業主
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
本社所在地 東京都杉並区荻窪4-30-16
創業 1917年
発行可能ブランド アメリカンエクスプレス
発行期間 2~3週間
年会費 1年目 130,000円+税
2年目以降 130,000円+税
家族カード 1年目 追加カードは4 枚まで無料、5 枚目以降は1枚につき年会費12,000円(税抜)
2年目以降 追加カードは4 枚まで無料、5 枚目以降は1枚につき年会費12,000円(税抜)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 500円+税
2年目以降 500円+税

ポイント還元

ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 基本最大3年間/無期限も可
最低交換単位 1ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANADELTA
マイレージ還元率 【通常】
2,000ポイント→1,000マイル
【メンバーシップ・リワード・プラス加入】
ANA:1,000ポイント→1,000マイル
その他:1,250ポイント→1,000マイル
最低交換単位 ANA:1,000ポイント
その他:1,250ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー suicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 一部利用付帯
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害・疾病 1,000万円
携行品損害 100万円(1旅行中)
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 500万円
備考 国内航空機遅延費用
キャンセル・プロテクション
リターン・プロテクション
ビジネス・カー・ピッキング・プロテクション
ゴルフ保険

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードでよくある質問