年会費・審査・ポイント還元率から口コミ/評判まで気になる情報を掲載中!

ANA アメリカン・エキスプレス・カード

ANAマイル還元率1.0%以上!無期限で貯まるアメックスカード

ANA アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカンエクスプレス

スペック表

20才以上で国内に定住所、定職、定収入をお持ちの方

発行期間 約3週間 年会費(初年度) 7,000円+税 年会費(2年目) 7,000円+税 利用限度額 個別に設定
還元率 1.0%~1.5% マイレージ ANA マイル還元率 1pt = 1マイル 電子マネー

クレカ編集部のコメント

『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』は、ANAマイルを効率よく貯められるとして人気のANAカード。最もお得な年会費でANAマイルを貯められるアメックスカードです。100円で1マイルが貯まります。さらにポイント移行コースに登録すればポイントは無期限。有効期限を気にすることなくANAマイルを貯められます。ANAグループの航空券利用でボーナスポイント、還元率が1.5%になります。しかもアメックスならではの充実した付帯サービスも魅力です。

入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

新規ご入会キャンペーン!ご入会とご利用条件クリアで、合計30,000マイル相当獲得可能!

ANA アメリカン・エキスプレス・カードが人気な理由

どうしてANA アメリカン・エキスプレス・カードは評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開!

ANA アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

ANAアメックスは最も効率良くANAマイルが貯められるアメリカン・エキスプレス・カード

『ANA アメリカン・エキスプレス・カード(ANA American Express Card)』は、全日空(ANA)がアメリカン・エキスプレス(American Express)と組んで発行するANA利用者のためのクレジットカードです。クレジットカードを利用するだけでANAマイルが効率的に貯まるクレジットカードとして、口コミでも人気です。
アメックスの「メンバーシップ・リワード」でポイントが貯まるため、マイル移行期限が無くなり、無期限でANAのマイレージを貯めることができるのが特徴です。国内外の旅行でANAを多く利用される方で、日常生活からANAマイルを貯めていきたいという方におすすめです。

ANA アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

メリット①国内航空会社ANA(全日空)のマイルが貯まる!

『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』は、実質、無期限でANAマイレージを効率的に貯めることのできるカードです。
各航空会社で様々なマイレージがあるけれど、どうせ貯めるなら国内の航空会社のマイレージを貯めたい――そう思っている方も少なくないでしょう。国内航空会社のマイレージを貯めることができるクレジットカードは多々あれど、「効率よく貯める」というとなかなか難しい部分があります。というのもマイルを貯める上では、①ポイント還元率、②マイル交換レート、③マイル有効期限、という3つの問題があるからです。

ポイントプラグラムでマイレージに交換しても、交換率が悪かったりして、なかなか満足できる貯め方ができないというのが現実でもあります。しかし『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』は、①ポイント還元率が高く、②マイル交換レートが良い、③マイル有効期限も無期限という3拍子揃ったクレジットカードなのです。

メリット②「ポイント移行コース」でポイントが無期限で貯まる!

『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』は、文字通りアメリカン・エキスプレスが発行しているカードですから、利用することでアメックス独自のポイントプログラム、「メンバーシップ・リワード」のポイントが貯まります。
このポイントプログラムには、年間6,000円の「ポイント移行コース」の設定があり、登録しておくことでポイントを無期限に貯めることができます。しかも無期限のポイントを1,000ポイント単位でいつでもANAマイル1,000マイルに移行できるので、ANAのマイルを実質、無期限で貯めることが出来るのです。
ポイントをANAマイレージに移行してしまえば、マイルの有効期限が発生してしまいますが、必要な時に必要な分だけマイルへ移行すれば、マイルを無駄にすることなく利用し続けることができるのです。

※「ポイント移行コース」は参加費6,000円+消費税(年間・自動更新)がかかります。

メリット③アメックスの中では年会費が安い!

アメリカン・エキスプレス・カードはステータスが高い分、年会費が高いことでも有名です。その年会費の高さから躊躇される人も多いのですが、この『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』は、その中でも特に年会費が抑えられたクレジットカードです。
『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』の年会費は、7,000円(税抜)。他のアメリカン・エキスプレス・カードと比べればかなりお安いのが特徴です。
ただし『ANAアメリカン・エキスプレス・カード』から「ANAマイレージクラブ」へのポイント移行には、「ポイント移行コース」(参加費6,000円+消費税/年間・自動更新)への登録が必要なため、マイレージ利用を目的とした場合には、それほどお得にはなりません。

アメックス年会費比較例
  • ANA アメリカン・エキスプレス・カード ・・・ 7,000円(+消費税)+メンバーシップリワード「ポイント移行コース」参加費6,000円(+消費税)
  • アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラー・カード ・・・ 10,000円(+消費税)
  • アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン) ・・・ 12,000円(+消費税)+メンバーシップリワード参加費3,000円(+消費税)
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ・・・ 29,000円(+消費税)+メンバーシップリワード参加費3,000円(+消費税)

メリット④マイル還元率最大1.00%!100円で1マイル貯まる!

『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』は、日常生活でクレジットカードを利用すると100円で1マイルが貯まります。ポイント付与率は1.00%となります。選択する航空券次第ですが、交換マイルの価値が1円以上であることを考えると、ポイント還元率はさらに高くなります。

無料往復航空券で見る1マイルの価値
  1. 東京⇔沖縄往復航空券 18,000マイル (最安値 36,000円。1マイルの価値=2.0円)
  2. 東京⇔シンガポール往復航空券 35,000マイル(最安値 40,000円。1マイルの価値=1.1円)
  3. 東京⇔ニューヨーク往復航空券(エコノミークラス) 55,000マイル(最安値 92,000円。1マイルの価値=1.7円)

メリット⑤アメックス特典!キャンペーンマイルとボーナスマイルが熱い!

『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』は、入会時やカードの更新時期などにもボーナスとしてマイルが付与されます。
またANAグループでのショッピングでクレジットカードを利用すれば、ポイント付与率も1.5倍になるなど、サービス面も充実しています。しかもあのアメリカン・エキスプレス・カードが提供するハイステータスな特典ももちろん享受することができるのも嬉しい魅力です。
たとえばカードと搭乗券の呈示で、アメリカン・エキスプレスが提供する国内外の空港ラウンジを同伴の方1名と共に無料で利用できます。なおANAラウンジサービスは、アメックスの提供するサービスではなく、このクレジットカードでは利用できません。

ANA アメリカン・エキスプレス・カードの審査

ANAアメックスの方がアメックスグリーンよりも審査通過の実績がある

『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』は本物のアメリカン・エキスプレス・カードのプロパーカードです。しかしANAアメックスの審査は一般カードの『アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)』(年会費12,000円+税/還元率0.5%:100円で1ポイント=0.5円相当)ほど厳しくないと言われています。

ANAアメックスでクレヒスを積んでアメックスグリーンに申し込む

もちろんANAアメックスはアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトから申し込みますし、キャンペーンページも通常のANAカードとは別にアメックスの特設サイトが作られています。ANAカードのステータスも通常のクレジットカードよりも遙かに上です。

しかし口コミ評価やネットの審査の合否の評判を見る限り、それでもANAアメックスの方がアメックスグリーンよりも審査通過の実績は高いです。ANAアメックスでクレヒスを積んでから、ステップアップしてアメックスグリーンやゴールドに申し込むという方も多くいます。

ANAアメックスはアメリカン・エキスプレス・カードの中では審査に通りやすい提携カード

アメリカン・エキスプレス・カードのプロパーカードの審査は極めて厳格です。しかしANAとの提携カードであるANAアメックスは、プロパーカードの中でも審査基準が異なり、審査通過の可能性が比較的高いカードの一つとして位置づけられます。ANAアメックスの審査に落ちるようでは他のアメリカン・エキスプレス・カードの審査に通るのは難しいでしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードは審査基準のハードルを下げている

そもそもカード会社としてのアメリカン・エキスプレス・カードは2016年以降、弾力的に審査を行うように経営方針を転換しています。アメックスグリーンやゴールドカードですら、以前よりも発行されやすくなっているのです。

これは以前は足切りされていたボーダーライン上の人々に、利用限度額を低く設定することで、積極的にクレジットカードを発行しているからです。

ANA アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

デメリット①ANAアメックスは年会費が7千円以上かかる!

『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』は、ANAマイレージを貯める際、有効期限を気にする必要がありません。しかも年会費自体は7,000円と、比較的低く設定されています。
しかしANAマイレージを最大限利用しようとすると、途端にオプション費用がかかってきます。そのため様々な特典や付帯サービスの充実を考えても、お得度の高いカードと言えるかどうかは微妙です。

デメリット②ANAマイルに移行するには年会費が総額13,000円+税かかる!

ポイント期限を無期限とするためには、アメックスの「メンバーシップ・リワード」の「ポイント移行コース」への登録が必要です。「ポイント移行コース」参加費は、1年間 6,000円(+税)で、しかも自動更新です。そのため、年会費は実質、13,000円(税抜)となります。これは大きなデメリットです。

対処法②ANAのマイレージにこだわるならこのカードを選ぶべき

ANAに限らずJALでも言えることですが、マイレージにはどうしても有効期限というものが付きまといます。せっかく貯めたマイレージも、有効期限が過ぎてしまえば消滅してしまうわけです。
一部航空会社、たとえばアメリカのデルタ航空などではマイレージを無期限で貯められたりしますが、残念ながら国内大手のANAやJALのマイレージは有効期限が設けられています。
こうしたことがネックとなって、ANAやJALのマイレージに魅力を感じられないという人も少なくありません。その欠点を補うためのサービスですが、ANAのマイルの無期限保有と特典のためだけに、このカードを費用のデメリットを補って選ぶかというと微妙です。

デメリット③アメックス・プラチナやブラック希望者はNG!

『ANA アメリカン・エキスプレス・カード・カード』は、アメックスのランクアップ対象にはなりません。アメックスでクラスアップを目指す方は、『アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)』や『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』を選択してください。アメックスの「プロパーカード」は複数枚の所持が禁じられています。

ANA アメリカン・エキスプレス・カードまとめ

アメックスグリーンよりも審査が有利で年会費が安く、ANAマイルも効率良く貯まる

『ANA アメリカン・エキスプレス・カード』は、ANAのマイレージが無期限で貯まる上、空港や旅先でアメリカン・エキスプレスの多彩なサービスが利用できるクレジットカードです。

口コミの評判でも審査通過の実績は『アメックスグリーン』よりも上です。さらにグリーンよりもお得な年会費でANAマイルに貯められるメリットもあります。ANAマイルを貯めるという目的があるならば、間違いなくANAアメックスを選ぶべきです。

ANAアメックスはANAマイルを貯めたい方に最適なアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメックスは「ポイント移行コース」参加費6,000円+税がかかるため、年会費は総額で13,000円+税となります。アメリカン・エキスプレス・カードの特典目的では魅力が薄く、ANAマイレージにこだわる方にしかおすすめできません。

しかし、アメックスグリーンでANAマイルに移行するにはメンバーシップ・リワード・プラスへの登録が必要です。ポイント移行手数料と合わせて年会費は8,000円+税。年会費と合わせて20,000円です。ANAアメックスはANAマイルを貯める上で最もお得なアメリカン・エキスプレス・カードと言えるでしょう。

ビジネスや旅行などでANAを頻繁に利用する方であれば、選択しても良いかな、というクレジットカードとなっています。

ANA アメリカン・エキスプレス・カード詳細情報

基本情報

入会資格 20才以上で国内に定住所、定職、定収入をお持ちの方
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.日本支社
本社所在地 東京都杉並区荻窪4-30-16
創業 1954年11月(日本支社)
発行可能ブランド アメリカンエクスプレス
発行期間 約3週間
年会費 1年目 7,000円+税
2年目以降 7,000円+税
家族カード 1年目 2,500円+税
2年目以降 2,500円+税
ETCカード 発行手数料 850円+税
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイントシステム

ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 1.0%~1.5%
ポイント有効期限 無期限
最低交換単位 1,000ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANA
マイレージ還元率 1pt = 1マイル
最低交換単位 1,000マイル
マイレージ移行手数料 年間6,000円+税 別途必要

電子マネー

チャージ可能な電子マネー

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 3,000万円
傷害・疾病 100万円
携行品損害 30万円
国内旅行傷害保険 1,000万円
ショッピング保険 200万円
備考 家族特約あり
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP