年会費・審査・ポイント還元率から口コミ/評判まで気になる情報を掲載中!

ANA JCBワイドカード

ゴールドカード並みボーナスマイル!海外旅行保険も人気

ANA JCBワイドカード
JCBカード

スペック表

18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方

発行期間 約2週間 年会費(初年度) 7,250円+税 年会費(2年目) 7,250円+税 利用限度額 公式サイト参照
還元率 0.5%~2.0% マイレージ ANAJALDELTA マイル還元率 1pt = 2.5~10マイル 電子マネー quicpayedy

クレカ編集部のコメント

『ANA JCBワイドカード』は「ANA JCB一般カード」に手厚いサービスとボーナスマイルを追加した上位のANAカードです。空港ラウンジ無料サービスが付帯し、海外旅行保険も傷害・疾病治療が自動付帯するなどワンランク上のサービスが人気です。メインカードとしてゴールドカード並みに効率よくANAマイルを貯めたい方におすすめです。

入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

ANA JCBカードキャンペーン!新規ご入会&ご利用条件クリアで通常入会ボーナスと合わせ最大19,700マイル相当をプレゼント!

ANA JCBワイドカードが人気な理由

どうしてANA JCBワイドカードは評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開!

ANA JCBワイドカードの特徴

『ANA JCBワイドカード』は「ANA JCB一般カード」に手厚いサービスとボーナスマイルを付けた上位のANAカードです。空港ラウンジ無料サービスが付帯し、海外旅行保険も傷害・疾病治療が自動付帯するなどワンランク上のサービスが人気です。効率よくANAマイルが貯まるクレジット機能付きANAマイレージクラブカードをメインカードとして活用してください。

ANA JCBワイドカードのメリット

ANAマイルをさらに効率良く貯めるためのクレジットカード

『ANA JCBワイドカード』は、ANAマイルを更に効率良く貯めるために「ANA JCB一般カード」を強化したクレジットカードです。年会費は7,500円+税と高価ですが、ボーナスマイルが一般カードよりも多くなるなど、ANA利用者のためのメリットが手厚くなっています。
年会費を抑えて更に効率的にマイルを貯めたいという方、特にANA航空機に多く搭乗する方に、ANA JCBワイドカードはおすすめです。

ワイドゴールドとは特典とトータルコストで比較して選びましょう

「ANA JCBワイドカード」の上位には『ANA JCBワイドゴールド』がありますが、年会費は約2倍の14,000円+税です。国内旅行傷害保険が付帯し、優先チェックインが使えるなど、より高いレベルのサービスを求める方でなければ、年会費が約半額の「ANA JCBワイドカード」がおすすめです。
ただし「ANA JCBワイドゴールド」はワイドカードでマイル交換手数料(2015年4月から5,000円+税/年)が無料のため、2015年4月からはワイドゴールドの方がコストパフォーマンス的におすすめとなりそうです。

一般カードの2倍以上のボーナスマイル!

一般カードですと、入会・継続年に付与されるボーナスマイルはそれぞれ1,000マイルですが、『ANA JCBワイドカード』ではそれぞれ2,000マイルとなります。
また、ANAグループや提携航空会社に搭乗した際に付与されるボーナスマイルは、ワイドカードが「区画基本マイレージの10%分」であるのに対し、ANA・JCBワイドカードは「区画基本マイレージの25%分」となります。これは、上位カードであるANA・JCBワイドカードゴールドと同じ高レートです。

ANA系列店では、追加でANAマイルが貯まる!

ANAカードは、ANAカードマイルプラス提携店舗で利用すると、JCBの「Oki Dokiポイント」とは別に直接「ANAマイル」が貯まります。追加マイルのレートは、店舗によって違いますが、通常100円または200円につき1マイル貯まります(還元率0.5%~1.0%)。

100円で最高1マイル!OkiDokiポイントが貯まる!

『ANA JCBワイドカード』でマイルを効率良く貯める方法は、一般カードと同じく「10マイルコース」を選ぶことです。JCBカードではカード利用金額1,000円につき「Oki Dokiポイント」が1ポイント貯まります。
この貯めたOkiDokiポイントはANAカードの場合、1ポイント=5マイル、もしくは10マイルに交換できます。通常のJCBカードは1ポイント=3マイルのため、5マイルでもANAカードのみの高い交換レートとなっています。なお特典などで得たボーナスポイントのみ、1ポイント=3マイル交換となります。

コストパフォーマンス最高!最も安く、マイルに交換できる!

OkiDokiポイントをANAマイル5マイルに移行する時は手数料は無料です。しかし、交換レート2倍の10マイルに移行する場合は、マイル移行手数料を追加で払う必要があります。
手数料は2,000円+税(2015年4月1日より5,000円+税)。アメックスやVISA、マスターカードが6,000円+税かかるので、ANA JCBカードが最も安く高レートで交換できます。

家族カードのマイルも合算できる

家族カードを発行する場合は、「ANAカードファミリーマイル」に無料登録すると、家族のマイルを合算することができます。

海外旅行保険が高額に!傷害・疾病治療も自動付帯!

『ANA JCBワイドカード』は、元々のクレジット機能付きANAマイレージクラブカードとしての役割が強化されただけでなく、旅行保険が強化されています。海外旅行傷害保険・国内航空傷害保険ともに最高補償額が5,000万円までアップしており、最も良く使われる「傷害・疾病治療」や「携行品損害」も補償されます。

国内旅行傷害保険で選ぶならワイドゴールドを

国内“旅行”傷害保険はありませんが、国内“航空”傷害保険が付帯するので、国内飛行中の航空機に搭乗した際のトラブルについては高額保障を受けられます。ただし国内線を利用することが多い方にとっては、国内旅行傷害保険が自動付帯して充実度の高い『ANA JCBワイドゴールド』がおすすめです。

空港での優待サービスがあります

一般カードにはないANAグループの空港優待サービスも受けられます。『ANA JCBワイドカード』があれば、ANA国際線エコノミークラスを利用する時も、ビジネスクラス専用カウンターで受付できます。長蛇の列になりやすいエコノミーカウンターを利用しなくてよいのは、大きなメリットですよね。
その他にも、ANAグループ空港内免税店で10%引きになったり、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンに直接予約することで朝食無料になったりと、お得なサービスが豊富です。

ANA JCBワイドカードのデメリット

2015年4月から年会費7,250円+手数料5,000円!魅力が半減!

『ANA JCBワイドカード』は毎年7,250円+税の年会費がかかります。しかもこれまでANAマイル移行手数料は2,000円+税だったのが、2015年4月から5,000円+税に値上げされてしまいます。
こうなると年間費用は、9,250円+税→12,250円+税となり、『ANA JCBワイドゴールド』の年会費14,000円+税とほとんど変わりがなくなります。特典などを鑑みるとコストパフォーマンスが極端に悪くなり、魅力半減です。

ANA JCBワイドカードのまとめ

まとめ:手数料改定までは魅力的なANAカード

『ANA JCBワイドカード』は、一般カードよりも手厚い補償、マイル優待、空港サービスを受けられるカードであり、特にボーナスマイルが25%となることからコストパフォーマンスの高さが魅力となっていました。
しかしマイル移行手数料が改定されることから、その魅力は半減。空港ラウンジサービスが利用できる『ANA JCBワイドカードゴールド』に移行する人が続出しそうです。付帯保険や空港ラウンジ無料利用など、付帯内容を比較してみて自分に合った方を選びましょう。

ANA JCBワイドカード詳細情報

基本情報

入会資格 18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
発行会社 株式会社ジェーシービー
本社所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
創業 1961年1月25日
発行可能ブランド JCBカード
発行期間 約2週間
年会費 1年目 7,250円+税
2年目以降 7,250円+税
家族カード 1年目 1,500円+税
2年目以降 1,500円+税
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイントシステム

ポイントプログラム OkiDokiポイント
ポイント還元率 0.5%~2.0%
ポイント有効期限 最長2年間
最低交換単位 200ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANAJALDELTA
マイレージ還元率 1pt = 2.5~10マイル
最低交換単位 200ポイント
マイレージ移行手数料 5マイルコース無料/10マイルコース年間5,000円+税 別途必要

電子マネー

チャージ可能な電子マネー quicpayedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害・疾病 -
携行品損害 1旅行かつ年間累計額50万円限度
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 100万円限度(海外)
備考 「JCBでe安心」付き。国内航空傷害保険 最高5,000万円が付帯。
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP