年会費・審査・ポイント還元率から口コミ/評判まで気になる情報を掲載中!

ANA JCBワイドゴールドカード

ANAマイルが貯まるJCBゴールドカード!ボーナスマイル最強

ANA JCBワイドゴールドカード
JCBカード

スペック表

20歳以上でご本人様に安定継続収入がある方

発行期間 約2週間 年会費(初年度) 14,000円+税 年会費(2年目) 14,000円+税 利用限度額 公式サイト参照
還元率 0.5%~2.0% マイレージ ANAJALDELTA マイル還元率 1pt = 2.5~10マイル 電子マネー quicpayedy

クレカ編集部のコメント

『ANA JCBワイドゴールドカード』は「ANA JCBワイドカード」の特典と補償を強化したANAのゴールドカードです。JCBゴールドカードのサービスとANAカードの特典を兼ねそなえています。ボーナスマイルが手厚く、マイル移行手数料も無料。国内旅行傷害保険や空港ラウンジも無料で利用できます。楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まるANAマイラーのためのクレジットカードです。

入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

ANA JCBカードマイルプレゼントキャンペーン!新規ご入会&各種条件達成で通常入会ボーナスマイルと合わせ最大23,900マイル相当プレゼント!さらにJCBでスマホ決済 全員に20%キャッシュバックキャンペーンも実施中!

ANA JCBワイドゴールドカードが人気な理由

どうしてANA JCBワイドゴールドカードは評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開!

ANA JCBワイドゴールドカードを選ぶべき4つの理由

ANA JCBワイドゴールドカードにはANAカードの特典とJCBゴールドカードのサービスが付帯する

ANA JCBワイドゴールドカードの券面画像『ANA JCBワイドゴールドカード』は『ANA JCBワイドカード』の上位カードです。ANA(全日空)カードとJCBゴールドカードの特典を兼ね備えています。

『ANA JCBワイドゴールドカード』の年会費は14,000円(税抜)と『JCBゴールドカード(年会費:10,000円+税)』より4000円高くなっていますが、JCBゴールドカードにANAゴールドカードとしての年会費として4,000円分がプラスされていると考えれば決して高額な年会費ではありません。

ボーナスマイルと高いマイル還元率!コスパ最高のゴールドカード!

ANA航空機を使うほどマイルが貯まるイメージ『ANA JCBワイドゴールドカード』はコスパの極めて高いゴールドカードです。入会・継続ボーナスで2,000マイルが付与されますし、ANAマイル還元率は1.0%以上です。しかもANAマイルは1マイル=2円以上の価値と考えられるため年会費を鑑みてもコスパは非常に高いです。

お買い物特典に加えてANAフライトも積極的に利用すれば区間基本マイレージの25%が加算されるので、ANA利用者はさらにお得度が上がります。JCBのゴールドカード特典に加えてANAの特典も付帯することを鑑みると、非常に魅力的なコストパフォーマンスだと言えるでしょう。それぞれの特典内容については後ほど詳述します。

ANA JCBワイドゴールドカードはANAマイルが貯まる「JCBゴールドカード」!ゴールド特典がお得

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】『ANA JCBワイドゴールドカード』は、『JCBゴールドカード』に年会費4,000円でANAカードの最高の得点を追加したクレジットカードと考えられます。

JCBゴールドカード』といえば、最高1億円の海外旅行保険やプレミアム会員限定のチケットサービス、手荷物無料宅配券サービスなどの充実した特典・サービスで知られており、贅沢な特典を年会費10,000円(税抜)で利用できるのが魅力です。

JCBゴールドカードにANAカード機能を追加!ANA利用者におすすめ!

『ANA JCBワイドゴールドカード』は、そんな『JCBゴールドカード』にANAマイルがザクザク貯まるANAカードの特典・サービスが付いてきます。上述のようにボーナスマイルなどを踏まえて総体的に比較すると、ANA利用者には『ANA JCBワイドゴールドカード』の方が魅力的だと言えるでしょう。

ANA JCBワイドゴールドカードはANA JCBワイドカードよりもコストパフォーマンスが高い

ANA JCBワイドカードの券面画像『ANA JCBワイドゴールドカード』の下位カードに位置するのが『ANA JCBワイドカード』です。ANAマイルの還元率はワイドゴールドと同じですが、特典サービスの点でかなり異なります。国内旅行傷害保険、優先チェックインなどは付帯しませんが、年会費は7,500円(税抜)と、ワイドゴールドの半額です。

カード種類 年会費 マイル移行手数料
(10マイルコース選択時)
実質負担額
(年会費+移行手数料)
ANA JCB一般カード券面
ANA 一般カード
2,000円+税
(初年度無料)
5,000円+税 7,000円+税
ANA JCBワイドカードの券面画像
ANA ワイドカード
7,250円+税 5,000円+税 12,250円+税
ANA JCBワイドゴールドカードの券面画像
ANA ワイドゴールドカード
14,000円+税 14,000円+税

このように『ANA JCBワイドゴールドカード』は付帯サービスも含めるとコストパフォーマンスが高く、絶対におすすめです

というのも上記のように、ワイドカードで1ポイント=10マイルにするには別途マイル移行手数料が必要です(ワイドゴールドは無料)。マイル移行手数料は5,000円(税抜)かかるため、ワイドカードはコストパフォーマンスが極端に悪くなります。効率良くマイルを稼ぐならワイドゴールドカードなのです。

ANA JCBワイドゴールドカードなら「ANA JCB一般カード」の2倍以上のボーナスマイルでお得!

『ANA JCBワイドゴールドカード』はANAグループ便に搭乗するたびに「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」のボーナスマイルを獲得でき、入会時と毎年の継続時にはボーナスとして2,000マイルを獲得できます。これは、『ANA JCB一般カード』の2倍以上のボーナスマイルとなっています。

ANA一般カードとANAゴールドのボーナスマイル
ボーナスマイル種類 ANA一般カード ANAゴールドカード
入会・継続ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 10% 25%

さらに、マイル移行手数料に関しても、『ANA JCB一般カード』と『ANA JCBワイドゴールドカード』とで違いがあります。

カード種類 マイル移行コース マイル移行手数料
ANA一般カード/ANAワイドカード ・5マイルコース(1P=5マイル)
・10マイルコース(1P=10マイル)
・5マイルコース:無料
・10マイルコース:5,000円(税抜)
ANAゴールドカード ・10マイルコース
※5マイルコースは無し
無料

ANAの一般カードやワイドカードで10マイルコースを選択すると5,000円の手数料が発生してしまいますが、『ANA JCBワイドゴールドカード』は自動的に10マイルコースが適用になり、ポイントのマイル移行手数料も無料です。

ANAボーナスマイルについての画像表

ANA JCBワイドゴールドカードのポイントと還元率

ANA JCBワイドゴールドカードの基本還元率は1,000円あたり10マイル!還元率1.0%以上

ANAゴールドカード会員専用の10マイルコース(手数料無料)『ANA JCBワイドゴールドカード』は、カードショッピング1,000円につき1ポイントのOki Dokiポイントが付与されます。一般カードやワイドカードでは「5マイルコース」と「10マイルコース」の2種類がありますが、『ANA JCBワイドゴールドカード』は自動的に10マイルコースが適用されます。5マイルコースが存在しません。

還元率は実質1.0%ですが、1マイルあたりの価値はマイルの移行先によっては変わります。特典航空券なら1マイルあたり2円以上の価値がありますので、マイル利用者にとって実質還元率は2.0%以上あると考えて差し支えありません。

ANAマイル自動移行コース(マイルコース)の画像表

ANAカードマイルプラスの加盟店ならポイント二重取り!直接マイルが貯まってお得!

『ANA JCBワイドゴールドカード』を「ANAカードマイルプラス」の提携店舗で利用するとさらにお得です。ANAカードマイルプラスの場合、通常のショッピングと同様に1,000円ごとに1ポイントのOki Dokiポイントが貯まりますが、同時に100円もしくは200円ごとに1マイルが貯まります。Oki Dokiポイントの還元率1.0%に加えて、ANAカードマイルプラスで0.5%~1.0%の還元率となるので、あわせて1.5%~2.0%の高還元率となります。

ANAカードマイルプラスの加盟店での還元率解説

ANA JCBワイドゴールドカードはJCBスターメンバーズが適用される!使えば使うほど翌年度の還元率がお得になる!

JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)のロゴマーク『ANA JCBワイドゴールドカード』は「JCB STAR MEMBERS(JCBスターメンバーズ)」の対象カードなので、年間の利用額に応じて翌年度のポイント還元率がアップする特典が適用されます。

年間利用額 会員ランク ポイントアップ率
50万円以上 スターβ 10%UP
100万円以上 スターα 20%UP
300万円以上 ロイヤルα 25%UP

JCB発行のクレジットカードのうち、「JCB OROGINAL SERIES」などであれば最大60%UPも可能ですが、『ANA JCBワイドゴールドカード』に適用されるボーナスアップは最大25%までなので、その点は承知しておきましょう。

楽天EdyのユーザーならANA JCBワイドゴールドカードがお得!Edyで直接マイルが貯まってチャージでも貯まる!

楽天Edyのロゴマーク『ANA JCBワイドゴールドカード』には楽天Edyが搭載されています。ANAカードの場合、搭載された楽天Edyでショッピングをすると200円ごとに1マイルを獲得することができます。さらに、「Edyマイルプラス」の加盟店で利用すると還元率が2倍になり、200円ごとに2マイルを獲得することができます。通常のショッピングで還元率0.5%、「Edyマイルプラス」加盟店なら還元率1.0%ということになります。

Edy マイルプラス対象店舗の還元率説明

楽天EdyのチャージでもANAマイルが貯まる!電子マネーも大活躍

実際のところEdyマイルプラスの加盟店数は少ないのですが、マツモトキヨシなどおなじみの企業でも利用することができます。Edyマイルプラスについて意識しておくのとおかないのとではマイルの貯まり方にも大きな差が生まれますので、Edyマイルプラス加盟店を利用するチャンスがあったら積極的に活用しましょう。

さらに、『ANA JCBワイドゴールドカード』ならEdyチャージ分も200円につき1マイルが貯まります。ANA一般カードやANAワイドカードの場合はEdyへのチャージではマイルが貯まりません。チャージでもマイルが貯まるのは、『ANA JCBワイドゴールドカード』や『ANA JCBカード プレミアム』などステータスカードだけの特権的機能です。

ANAカードの楽天EdyでANAマイルを貯める

ANAマイレージクラブ モバイルプラスに加入するとEdyがもっとお得!

『ANA JCBワイドゴールドカード』などANAカードの会員であれば同時にANAマイレージクラブの会員でもありますので、ANAマイレージクラブのモバイルサービスである「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」というサービスを利用できます。月額300円(税抜)の有料サービスとなりますが、このサービスに加入すると楽天Edyの利用200円ごとに3マイルを獲得できるようになります。つまり還元率1.5%です。

月額300円なので年間で3,600円(税抜)の維持費が発生してしまいますので、損益を考えた利用がおすすめです。Edyの還元率アップのほかにも、マイルからANA SKY コインへの移行レートが優遇されるなどの特典もありますし、少なくとも、楽天Edyのヘビーユーザーであり、かつANAマイラーであるならば絶対に加入しておくべきサービスだということは間違いありません。

ANA JCBワイドゴールドカードならOki Dokiポイントの有効期限が3年!しっかり貯められる

JCB OkiDokiポイントのロゴANAの一般カードなどですと、Oki Dokiポイントの有効期限は2年ですが、『ANA JCBワイドゴールドカード』の有効期限は3年です。ANAマイルの有効期限も3年間ですので、Oki Dokiポイントを有効期限(3年)ギリギリまで貯めてからマイルへ移行すれば実質6年の有効期限となります。これだけの期間があれば効率よくマイルを貯めることができます。

ANA JCBワイドゴールドカードの特徴

ANA JCBワイドゴールドカードはJCBゴールドの特典とANAカードの特典がWで付帯する

『ANA JCBワイドゴールドカード』はJCBゴールドの特典とANAカードの特典がWで付帯する「ANAのゴールドカード」です。ボーナスマイルが手厚く、マイル移行手数料も無料。国内旅行傷害保険や空港ラウンジも無料で利用できます。主な特典は以下のとおりです。

GOLD Basic Service(JCBゴールド特典)
空港ラウンジサービス 国内主要29空港+ホノルルの空港ラウンジを利用可
ゴールド会員専用デスク JCBゴールド会員のみが利用できる専用デスク
ゴルフエントリーサービス 全国およそ1,200ヶ所にもおよぶゴルフ場のプレー予約が可能
ゴルフイベントへの参加 JCBゴールド会員向けに開催されるコンペ形式のゴルフイベントに参加できる
JCBゴルファーズ倶楽部へ入会 入会すると名門コースでのプレーも楽しめる
グルメ優待サービス 全国250の提携店舗にて20%OFFなどの優待を受けられる
JCB THE PREMIUM JCBゴールド以上のステータスカード会員だけに発行される会員情報誌を毎月お届け
JCB GOLD Service Club Off スポーツクラブや映画館などなど、全国7万ヶ所以上にも及ぶ提携施設で優待を受けられる
JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス 対象のパッケージツアー申し込み&支払いでOki Dokiポイント5倍
国内宿泊オンライン予約 JCBトラベル提携オンライン予約からJTBの国内宿泊オンライン予約を予約してカードで支払えばOki Dokiポイント5倍
海外ホテルオンライン予約 JCBトラベル提携オンライン予約サービスからアップルワールドやJHCの海外ホテルオンライン予約を予約してカードで支払えばOki Dokiポイントが12倍
ハーツレンタカーサービス ハーツレンタカーを割引価格で利用できる
手荷物無料宅配券サービス JCBトラベルデスクから海外パッケージツアーに申し込み&カードで支払えば手荷物無料宅配券をプレゼントしてくれる
京爛漫 京都を楽しめるJCBのオリジナルガイドブック。優待サービスも付帯
東京ディズニーリゾートへの旅トラベル特典 JCBトラベルでディズニーホテルなど6施設の宿泊するパッケージプランに申し込み&カードで支払えばOki Dokiポイント5倍
JCBゴールド チケットサービス コンサートや演劇などで良席保証を受けられるほかチケットの先行予約や特典付きチケットの案内などを受けられる
ゴールドフラワーサービス 指定先へのお花のお届けが電話1本で可能。5%OFFで利用できる
JCB暮らしのお金相談ダイヤル ファイナンシャルプランナーや税理士などの専門家に暮らしに関わるお金の相談ができる
健康サービス 自宅にいながらの健康チェックサービスや優待料金で利用できる人間ドックサービス、24H年中無休で健康や育児などの相談ができるドクターダイレクト24などの利用が可

JCBゴールドとしての特典は、以上のようなGOLD Basic Serviceを利用できます。

ANAカード付帯の特典
空港免税店割引 対象の空港免税店で10%OFF
高島屋SHILLA&ANAで割引 ANA JCBワイドゴールドカード提示で10%OFF
機内販売の割引 ANAの国内線および国際線で機内販売が10%OFF
空港内店舗割引 空港内店舗「ANA FESTA」で5%OFF
成田空港でのパーキング割引 セントラルパーキング成田にてANAカード提示で特別割引
ANAショッピング A-style割引 ANAのショッピングサイト「ANAショッピング A-style」で5%OFF
旅行商品割引 ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAワンダーアースが5%OFF
ANAビジネスソリューション公開講座割引 ANAビジネスソリューションの研修プログラムを15%OFFで受講できる
IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引 ベストフレキシブル料金から5%OFF
IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンクサービス 対象ホテルにてANAカード会員宿泊割引サービスで宿泊すると、朝食無料&ウェルカムドリンクサービスを受けられる
JRホテルクレメント高松 正規料金で宿泊時に20%OFF、レストランやバー利用時5%OFF、朝食無料&ウェルカムドリンクサービス、アーリーチェックインやレイトチェックアウトなどの優待あり
レンタカー割引サービス ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーを5%OFF、海外ではハーツレンタカーを最大20%OFFで利用できる
ビジネスきっぷ ANAカード会員専用で利用できる割引運賃
スピーディな航空券予約 カード刻印のお客様番号でスムーズな予約ができる
ビジネスクラスカウンターでのチェックイン ANA国際線のエコノミークラス利用時でもビジネスクラスのカウンターを利用できる
各種イベント ANA主催の機体工場見学など各種イベントに参加できる

JCBゴールドの特典やANAカードの特典をフル活用するのであれば、年間14,000円という年会費などあってないようなものです。確実に年会費以上のベネフィットがあります。

ANA JCBワイドゴールドカードはボーナスマイルが充実!キャンペーンも上手に利用すればボーナスマイルだけで無料航空券が手に入る

ANA航空機を使うほどマイルが貯まるイメージ『ANA JCBワイドゴールドカード』では、入会・継続年に付与されるボーナスマイルが2,000マイル、搭乗ごとに付与されるボーナスは×25%となります。一般カードやワイドカードよりもボーナスマイルの付与率が高いので、その分だけマイルの貯まり方も早いです。また、キャンペーンによっては入会時に最大数万マイルものボーナスマイルを獲得できることもあります。

空でも陸でもマイルの貯まりやすいのが『ANA JCBワイドゴールドカード』の特徴ですが、マイルが貯まりやすいので特典航空券交換に必要なマイル数に達するのも一般カードやワイドカードよりも早いという特徴も備えています。大半の国内路線は往復12,000マイルで交換できますし、大阪・グアム間の特典往復航空券も17,000マイルほどです(シーズンによってマイル数に変化があります)。しかも先述のとおりマイルの有効期限は3年ですので、特典航空券に必要なマイル数を貯める時間も十分に確保できるというメリットもあります。

ANA JCBワイドゴールドカードは国内最高峰の付帯保険!海外旅行傷害保険の家族特約ほか、航空機遅延保険も付帯する

『ANA JCBワイドゴールドカード」』は付帯保険も充実しており、最高1億円の海外旅行傷害保険には家族特約が付帯、最高5,000万円の国内旅行傷害保険に航空機遅延保険(国内・海外)、最高500万円のショッピング保険(国内・海外)も付帯しています。

海外旅行傷害保険
保険内容 補償内容 家族特約
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
※うち利用付帯5,000万円
最高1,000万円
傷害治療費 最高300万円 最高200万円
疾病治療費 最高300万円 最高200万円
賠償責任保険 最高1億円 最高2,000万円
携行品損害保険 1旅行中最高50万円 1旅行中最高50万円
救援者費用等 最高400万円 最高200万円
国内旅行傷害保険
保険内容 補償内容
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院保険金 5,000円/日
※8日以上の治療から対象
手術保険金 入院日額×(10倍、20倍または40倍)
※8日以上の治療から対象
通院保険金 2,000円/日
※8日以上の治療から対象
海外・国内航空機遅延保険
保険内容 補償内容
乗継遅延費用保険金
(食事代・客室料)
最高2万円
出航遅延費用等保険金
(食事代)
最高2万円
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
最高2万円
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
最高4万円

特に家族特約が付いた海外旅行傷害保険は、19才以下のお子様や家族がいる方には人気の高い補償特典。最も良く使われる「傷害・疾病治療」や「携行品損害」も、家族特約で補償されます。

また、航空機遅延保険は海外でも国内でも自動付帯します。特に海外では航空機の遅延や寄託手荷物の遅延率も高めですので、万一に備えるという意味でも非常に有意義な保険です。

ANA JCBワイドゴールドカードのメリット

充実の特典と付帯保険!ANAマイルがザクザク貯まるJCBのゴールドカード!

『ANA JCBワイドゴールドカード』のメリットをまとめてみますと、

  • 還元率1.0%以上でマイルが貯まる!
  • ANAカードマイルプラスでポイント二重取り!
  • 楽天Edyでもマイルが貯まる!チャージ分もマイル付与
  • JCBのGOLD Basic Serviceでゴールド特典を利用できる
  • JCBスターメンバーズで翌年度の還元率UPも可能!
  • ANAカード会員の限定特典も利用できる!
  • 入会・継続ボーナスで毎年2,000マイル付与
  • 搭乗ごとのボーナスマイルは区間基本マイレージの25%が加算!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険ほか国内旅行傷害保険や航空機遅延保険が付帯する
  • ショッピングガード保険は年間最高500万円!

ANAカードとして単にマイルが貯まりやすいというだけでなく、JCBゴールドとしての付帯特典も魅力です。付帯保険の充実度も高く、国内でも海外でも存分に使い倒せる1枚です。

ANA JCBワイドゴールドカードのデメリット

JCBブランドは海外での使い勝手にやや難あり!VISAやMasterCardの併用必須!

マイルの貯まりやすさや特典だけに焦点を絞れば確かに『ANA JCBワイドゴールドカード』は魅力的ですが、「JCBブランドである」という点ではややデメリットが大きいです。海外での加盟店数はVISAやMasterCardのシェア率が非常に高いため、海外へ行くならVISAやMasterCardのクレジットカードもあわせて所持していくのがおすすめです。

ANA JCBワイドゴールドカードは搭乗ボーナスマイルも魅力のひとつ!陸マイラーには不向き!

『ANA JCBワイドゴールドカード』は搭乗ごとのボーナスとして区間基本マイレージの25%が積算されます。長距離のフライトを利用すればするほどたくさんのボーナスマイルを獲得できる点が大きな魅力ポイントとなるので、あまりフライトを利用しない陸マイラーには不向きです。

毎年2,000マイルのボーナスマイルが付与されるのは陸マイラーにとってもメリットとなりますが、搭乗ボーナスマイルの積算率を考えると、搭乗しててこそ価値が引き出される1枚であることは疑いようがありません。

ANA JCBワイドゴールドカードの審査や口コミの評判

ANA JCBワイドゴールドカードを利用中のユーザーからの評判も比較的良い!Edyでマイルが貯まる点も高評価!

実際に『ANA JCBワイドゴールドカード』を利用しているユーザーからの評判も比較的良い傾向にあります。付帯特典はもちろんですが、国内で抜群の使い勝手を誇るJCBブランドであるというところも人気ポイントのようです。ただし、海外では極端に使い勝手が下がりますので、その点には注意が必要です。

また、楽天Edyでもマイルを貯められるという面でも高い評価を得ています。ANAマイレージクラブ モバイルプラスで還元率1.5%という高還元率で利用できるほか、Edyへのチャージでもマイルが貯まるというのは大いに魅力です。

ANA JCBワイドゴールドカードの審査難易度はやや高い!安定性の高い職業は必須!

『ANA JCBワイドゴールドカード』の気になる審査難易度ですが、やはりゴールドカードクラスということもあって、ハードルは高めです。しかも航空系クレジットカードの審査は比較的シビアな一面もあるので、安易な申し込みでは審査通過率も下がります。

審査通過のためには、安定性の高い職業であることと、良好なクレヒスは最低限必要になります。信用情報に滞納歴などが残っていれば即アウトですし、最近では他社借入額などもしっかりと審査されます。借り入れが多いとクレジットカードの審査にも悪影響を与えます。

ANA JCBワイドゴールドカードのまとめ

ANA JCBワイドゴールドカードはANAマイルが貯まるJCBゴールドカード!ANAカードでコスパ最強

『ANA JCBワイドゴールドカード』は、ゴールドカードの中でも最上級の補償内容となっており、ANAカード会員の優待やJCBのゴールド特典も充実しています。もちろん、入会・継続ボーナスや搭乗ボーナスマイルも一般カードとはケタ違いです。

さらに、ゴールドカードというステータスだけではなく、実用性・機能性にも非常に優れたカードです。より快適に空の旅を楽しみたいという方はもちろんのこと、普段使いのメインカードとしても活用度が高いです。ANAマイラーなら、ぜひ入会を検討してみましょう。

ANA JCBワイドゴールドカード詳細情報

基本情報

入会資格 20歳以上でご本人様に安定継続収入がある方
発行会社 株式会社ジェーシービー
本社所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
創業 1961年1月25日
発行可能ブランド JCBカード
発行期間 約2週間
年会費 1年目 14,000円+税
2年目以降 14,000円+税
家族カード 1年目 4,000円+税
2年目以降 4,000円+税
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイントシステム

ポイントプログラム OkiDokiポイント
ポイント還元率 0.5%~2.0%
ポイント有効期限 最長3年間
最低交換単位 200ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANAJALDELTA
マイレージ還元率 1pt = 2.5~10マイル
最低交換単位 200ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー quicpayedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯 ※一部利用付帯
死亡・後遺障害 最高1億円(自動付帯は最高5,000万円)
傷害・疾病 -
携行品損害 1旅行中50万円限度
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 500万円限度
備考 「JCBでe安心」付き。家族特約付き
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP