年会費・審査・ポイント還元率から口コミ/評判まで気になる情報を掲載中!

ANA ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

PASMOチャージでもマイルを貯める!鉄道系ANAカード!

ANA ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
JCBカード

スペック表

18歳以上(学生不可)でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。

発行期間 約2週間 年会費(初年度) 初年度無料(次年度以降:2,000円+税) 年会費(2年目) 2,000円+税 利用限度額 公式サイト参照
還元率 0.5%~2.0% マイレージ ANAJALDELTA マイル還元率 1pt = 2.5~10マイル 電子マネー quicpayedy

クレカ編集部のコメント

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は、通勤/通学で東京メトロを利用する方にベストな最強ANAカードです。ANAと東京メトロとの提携カード(To Me CARD)のため、東京メトロ利用や定期券購入で「メトロポイント」と、JCBの「OkiDokiポイント」の両方がダブルで貯まります。PASMOチャージでもマイルを貯められる唯一のクレジットカードです。

審査難易度はどのくらい?
中級クラス
RANKD

航空・鉄道会社、百貨店の提携カードが集うクラス。キャンペーンが手厚い分、審査はしっかり行う。仕事(バイト)をしていれば、通過する可能性が高い。

入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

ANA JCBカードマイルプレゼントキャンペーン!新規ご入会&各種条件達成で通常入会ボーナスマイルと合わせ最大36,100マイル相当+500メトロポイントをプレゼント!

ANA ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)が人気な理由

どうしてANA ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開!

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)を選ぶべき4つの理由

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)はOkiDokiポイントとメトロポイントがダブルで貯まる!

ANAソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)『ソラチカカード(正式名称「ANA To Me CARD PASMO JCB」)』は、全日空と東京メトロ、JCBの提携クレジットカードです。同じJCBの発行する『ANA JCB一般カード』は、ショッピングやフライトでANAマイルの貯まるお得なカードとして知られています。

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』はさらに、JCBの「OkiDokiポイント」と、東京メトロの「メトロポイント」がダブルで貯まります。ポイントが二重取りできるお得なクレジットカードなのです。ANAカードなのでもちろんANAの飛行機に乗ればフライトマイルも貯まります。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)はPASMOチャージでもマイルが貯まる!

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は電子マネーPASMOへのチャージでマイルが貯まる唯一のANAカードとして人気です。貯まるポイントは東京メトロの「メトロポイント」。PASMOのオートチャージ1,000円ごとに「メトロポイント」5ポイントが貯まるほか、東京メトロでの切符・定期券の購入や通常のPASMOチャージでもメトロポイントが貯まります。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は年会費が初年度無料!お得な特典も満載!

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は初年度の年会費が無料です。2年目からは年会費2,000円(税抜)がかかりますが、メリットに比して格安。しかも最高1,000万円まで補償してくれる海外旅行傷害保険と、最高1,000万円の国内航空傷害保険が自動付帯します。さらにショッピング保険、ネット不正利用補償の「JCBでe安心」なども付帯しており、保険が充実しているのが特徴です。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)で貯まるOkiDokiポイントは100円で最大1マイル!

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は、JCBの一般カード同様にカードショッピング1,000円ごとに1ポイント(Oki Dokiポイント)が貯まります。さらに、『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』の場合はマイルへの換算レートが高いのが特徴です。

通常のJCBカードだと1ポイントあたりの移行レートは3マイルですが、『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は1ポイントを5マイル(5マイルコース)または10マイル(10マイルコース)に交換できます。また、Oki Dokiポイント1ポイント=メトロポイント5ポイント、10,000マイル=メトロポイント10,000ポイントにも移行可能です。その時の都合に応じてポイントの利用先を選べるのが魅力です。ただし、コースにかかわらず、ボーナスポイントに関しては1ポイント=3マイルでの交換となります。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の特徴

駅でも街でも空でも活躍する東京メトロ発行のANA提携カード!PASMOオートチャージ機能も搭載

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は、東京メトロとANAの提携カードで、『東京メトロ To Me CARD』に『ANA JCB一般カード』の機能が搭載されています。しかもPASMOオートチャージサービスの機能も利用できるため、PASMOの残高を気にせずスムーズに改札を通過することができる便利な1枚です。

通勤など、日常的に東京メトロを利用しており、かつANAやANAグループでのフライトも利用するという方におすすめのクレジットカードです。ポイントについての詳細は後述します。

東京メトロ利用者でANAマイラーなら必携!To Me CARD PASMOとANAカードの優待が利用できる!

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は、上述のとおり『東京メトロ To Me CARD』と『ANA JCB一般カード』が一体となったクレジットカードなので、両カードの優待を利用することができます。例えば、『東京メトロ To Me CARD』の特典として提携先での優待を利用できるほか、『ANA JCB一般カード』の特典として空港での各種優待を利用することができます。

To Me CARDの優待
店舗名 優待内容
三越 To Me CARDでの支払いで1,000円ごとに5メトロポイント付与
ビックカメラ To Me CARDでの支払いでビックポイントの還元率が通常8.0%のところ8.5%にアップ
毎日新聞 To Me CARDで購読料を支払うと、
(1)6ヶ月以上の契約で1,800メトロポイント
(2)上記契約者のうちさらに6ヶ月以上の契約更新で1,000メトロポイント
(3)すでに毎日新聞を購読している場合は支払い方法をTo Me CARDに切り替えると500メトロポイント
日経BP ・To Me CARDで日経ビジネスの購読料を支払うと、1年購読の新規申込で400メトロポイント、3年購読の新規申込で1,000メトロポイント
・To Me CARDでナショナルジオグラフィック日本版の購読料を支払うと、1年購読の新規申込で100メトロポイント、3年購読の新規申込で200メトロポイント
※上記いずれもTo Me CARD専用ページから申し込んだ場合のみ。ANA専用ページから申し込むとANAカードマイルプラスが対象
京都嵯峨料理 良彌 奥の庭 ・To Me CARDで京都嵯峨料理 良彌 奥の庭の食事代金を支払うと1,000円につき50メトロポイント
・To Me CARDで京土産専門店「良彌」「花菱」の利用代金を支払うと3,000円につき150メトロポイント
メトログリーン東陽町 To Me CARDで利用代金を支払うと1,000円につき5メトロポイント
メトロ・エム 後楽園 To Me CARDで利用代金を支払うと1,000円につき5メトロポイント、対象店舗にて割引など優待もあり
Echika池袋 To Me CARDで利用代金を支払うと1,000円につき5メトロポイント
Esola池袋 To Me CARDで利用代金を支払うと1,000円につき5メトロポイント
ダイヤモンド社 1年・2年・3年それぞれの定期購読料割引に加え、245~566ポイントが付与される
※ただし、To Me CARD専用ページからの申し込んだ場合に限る。ANA専用ページから申し込むとANAマイルプラスの対象
カレッタ汐留 対象30店舗にて各種優待を受けられる
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー To Me CARDの提示で一般料金から200円割引
東京国立博物館 入館時にTo Me CARDの提示で総合文化展の観覧料が割引
地下鉄博物館 帰りに受付で入館券とTo Me CARDを提示すると記念品プレゼント
Echika fit上野 対象3店舗で優待を受けられる
Metro pia 新宿メトロピアおよび北千住メトロピアにて優待を受けられる
新宿メトロ食堂街 対象20店舗で優待を受けられる
渋谷メトロプラザ 対象6店舗にて飲食代割引などの優待
タイムズ スパ・レスタ To Me CARD提示で割引
ルミネtheよしもと To Me CARD提示で当日券を前売り料金で購入可
神保町花月 To Me CARD提示で当日券を前売り料金で購入可
ホテル椿山荘東京 To Me CARD提示で対象レストランでの飲食代が10%OFF
シビック スカイレストラン椿山荘 To Me CARD提示で飲食代が10%OFF
ロイヤルパークホテル To Me CARD提示で対処のレストラン、バー、ラウンジが10%OFF
国立科学博物館 To Me CARDの提示で割引
プレジデント社 To Me CARDで「PRESIDENT」の定期購読料を支払うと、1年購読(12,000円購入)で書籍プレゼント
※ANA専用ページから申し込んだ場合はANAカードマイルプラスの対象
タイムズカーレンタル To Me CARDでの支払いでミニバン・ワゴン・マイクロバスが30%OFF、その他の車種25%OFF
タイムズカープラス To Me CARDでの支払いで、会員カード発行手数料無料、月額基本料金3ヶ月無料
オリックスカーシェア To Me CARDを支払いカードに登録すると、ICカード発行手数料無料、月額基本料金個人Aプランが2ヶ月無料、時間料金2時間分2ヶ月無料
オリックスレンタカー To Me CARDでの支払いでレンタカー料金10%=最大55%OFF
ANAカードの優待
空港免税店割引 対象の空港免税店にて5%OFF
高島屋SHILLA&ANA割引 カード提示にてショッピングをすると5%OFF
国内線・国際線機内販売割引 ANA国内線と国際線およびエアージャパン便の機内販売10%OFF
ANA FESTA割引 空港内店舗「ANA FESTA」にて1,000円以上のショッピングをした場合にレジにてカードを提示すると5%OFF
空港パーキング割引 成田空港のセントラルパーキング成田にて特別割引
ANAショッピング A-style割引 ショッピングサイト「A-style」で5%OFF
対象旅行商品割引 ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAワンダーアースをそれぞれ5%OFFで利用できる
ANAビジネスソリューション公開講座割引 ANAビジネスソリューションの研修プログラムである各種公開講座を15%OFFで受講できる
ハウステンボス内指定店舗割引 ハウステンボス内の、スキポール、フォンデル、ベスト3ショップなどで代金が5%OFF

ポイントアップ関連については後述するので除外してありますが、ざっと挙げただけでも以上のような優待を利用できます。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)には海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険付帯!最高100万円の海外ショッピングガード保険も!

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』には、最高1,000万円の海外旅行傷害保険と、同じく最高1,000万円の国内航空傷害保険、そして最高100万円のショッピングガード保険(海外)が付帯します。

ANAソラチカカードに付帯する保険内容
海外旅行傷害保険 【傷害死亡・後遺障害】
最高1,000万円
【救援者費用】
最高100万円
国内航空傷害保険 【傷害死亡・後遺障害】
最高1,000万円
ショッピングガード保険 海外:最高100万円
国内:―

ちなみに国内航空傷害保険というのは国内旅行傷害保険と同じですが、航空機搭乗中や飛行場内でのみ補償対象となる保険のことを指します。また、海外旅行傷害保険は傷害治療費や疾病治療費などの補償は適用されませんので注意しましょう。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)で電子マネーQUICPayなどの追加カードOK!プラスEXも利用できるから旅行やビジネスでも活用できる

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』にはPASMOが搭載されていますが、追加カードとして家族カードやETCカードのほかにQUICPayやPiTaPaを発行することができます。QUICPayは、JCB発行のANAカードでしか発行できない「ANA QUICPay+nanaco」を利用することもできます。QUICPayのほか、ANAスキップサービスとnanacoの機能を利用できる便利な追加カードです。

また、東海道・山陽新幹線(東京~博多)のネット予約&IC乗車サービス「エクスプレス予約サービス(プラスEX)」のプラスEXカードを追加発行できます。年会費は別途1,000円(税抜)必要になりますが、会員価格での乗車が可能で、しかもICカードのEXカードを使えばタッチするだけでスムーズに新幹線の改札を通ることができます。旅行だけでなくビジネスにも活躍してくれるおすすめのサービスです。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のポイントと還元率

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)ならポイント二重取り!東京メトロ利用でマイルが最大1.45%還元!

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は、既述のとおり定期券が搭載できるほかPASMOも搭載しています。東京メトロで切符・定期券を購入したりPASMOのチャージをすると、1,000円につき「メトロポイント」が5ポイント貯まります。メトロポイント1ポイント=0.9マイルとなるため、マイル還元率は0.45%です。

さらに、カード決済分の通常ポイントとしてJCBの「OkiDokiポイント」も貯まります。こちらも1,000円につき「OkiDokiポイント」1ポイント(5~10マイル相当)が貯まるため、還元率は0.5%~1.0%。還元率は合計で最大1.45%となります。東京メトロ利用者でANAマイルを貯めたいという方にとっては高還元率カードとして活躍してくれます。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)はメトロポイントPlusでお得!提携先はPASMO利用でもポイントが貯まる!

東京メトロ利用者は事前に「メトロポイントPlus」に登録しておくと、東京メトロ乗車時のPASMO利用でもポイントが貯まります。その場合、1乗車(定期券区画外)につき5~15メトロポイント、メトロポイントPlus加盟店(売店や自動販売機)では100~200円につき1メトロポイントが貯まります。

メトロポイントPlusの乗車ポイントと電子マネーポイント
定期区間外:平日 1乗車につき5メトロポイント
定期区間外:土日祝 1乗車につき15メトロポイント
PASMO
(電子マネーポイント)
メトロポイントPlus提携店舗200円ごとに1メトロポイント
自動販売機100円ごとに1メトロポイント

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』で貯めたメトロポイントは、100ポイント=90マイルに移行することも可能です。コツコツ電車に乗るだけでマイルを貯めることができます。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は毎年ボーナスマイルがプレゼントされる!

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』はANA(全日空)をそれほど利用しない陸マイラーでもANAマイルを貯めやすいのが特徴です。ANAカードとしての機能もありますので、他のANAカードと同様にボーナスマイルの付与もあります。

入会・継続ボーナス 1,000マイル
搭乗ボーナス 区間基本マイルの10%をプラス

ボーナスマイルとして毎年1,000マイルがもらえますし、搭乗ボーナスマイルとして「区画基本マイル×クラス・運賃倍率×10%」も獲得できます。これは『ANA JCB一般カード』と同じです。

陸マイラーもショッピングでマイルを貯められる!ANAカードマイルプラス提携店なら還元率最高2.0%!

またANAカードマイルプラス提携店舗では、OkiDokiポイントとは別に、直接マイルが貯まります。ENEOSやタカシマヤなど、日常生活で利用する店舗が多くあるため、チェックしておきましょう。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のポイント還元率

ここで、『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』の基本的なポイント還元率について整理しておきましょう。

カード名 ポイント名 マイル移行レート 還元単位
ソラチカカード メトロポイント 1pt=0.9マイル 1,000円で5pt
(4.5マイル)
OkiDokiポイント 1pt=0.5マイル(5マイルコース)
1pt=1.0マイル(10マイルコース)
1,000円で1pt
(5~10マイル)

To Me CARDの場合、メトロポイントからマイルへ移行すると1pt=0.6マイルですが、『ANA ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』なら0.9マイルという高レートで移行できます。

さらに、OkiDokiポイントから移行したANAマイルは、10,000マイルから移行レート1:1でメトロポイントへと移行できます。つまり、10,000マイル=10,000メトロポイントです。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のメリット

ここまでご紹介してきた『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』のメリットをまとめてみました。

  • 東京メトロ・東急電鉄・東武鉄道・京急電鉄・相模鉄道・京王電鉄発売の定期券搭載可
  • PASMO搭載(オートチャージサービス機能付)
  • メトロポイントPlusで土日祝の乗車ポイントが平日の3倍(定期区間外)電子マネーポイントも付く
  • OkiDokiポイントとメトロポイント二重取りOK!ANAマイルとメトロポイントの相互交換OK
  • ANAカードの機能搭載でボーナスマイルなど豊富な魅力
  • 初年度年会費無料で海外旅行傷害保険やショッピングガード保険付帯

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は、『東京メトロ To Me CARD』と『ANA JCB一般カード』がひとつになった、空でも駅でも街でも使い倒せる多機能なクレジットカードです。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のデメリット

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は年会費が2,000円!「10マイルコース」の移行手数料が5,000円!損益分岐点を意識しよう

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は年会費が初年度無料ですが、次年度は2,000円(税抜)必要になります。さらに、OkiDokiポイントで「10マイルコース」を選ぶと高レートでの移行が可能になりますが、「10マイルコース」の場合はマイル移行手数料として年間5,000円(税抜)が必要にります。つまり、「10マイルコース」を選ぶと実質的な年会費が7,000円(税抜)となってしまうのです。

もし「10マイルコース」を利用したいのであれば損益分岐点を意識しましょう。移行手数料5,000円分の元をポイントでカバーした場合、OkiDokiポイントは1,000円ごとに1ポイント(5円相当)なので、1,000ポイント分の100万円が損益分岐点となります。『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』の年間利用額が100万円に満たない人は「5マイルコース」で十分でしょう。逆に、年間100万円を十分にクリアできるのであれば「10マイルコース」がおすすめです。

それでも最もANAマイル移行手数料が安いクレジットカード

JCBの発行するANAカードは、もともとマイル手数料が2,000円だったため、高交換レートで維持費が破格に安い優秀なクレジットカードとして評判でした。アメックスやVISA、マスターカードなどが発行するANAカードでは移行手数料が6,000円かかるのに対して、2,000円という格安手数料で移行できたJCBのANAカードは高コストパフォーマンスだったからです。

しかし移行手数料が2,000円→5,000円へと改悪されてしまったため、少し魅力が落ちてしまいました。その点はやはり残念ではありますが、それでも現状ではもっとも移行手数料の低いカードであることには違いありません。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の旅行傷害保険が微妙!海外へ行くなら複数枚を使いこなすのがおすすめ

先にご紹介したように、『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』には海外旅行傷害保険が付帯していますが、だからといって海外へ行く際は『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』だけでは不安です。付帯する海外旅行傷害保険で補償されるのは「傷害死亡・後遺障害」と「救援者費用」だけで、もっとも重要な「傷害治療費」と「疾病治療費」の補償は付帯していないからです。

渡航先では死亡よりもケガや病気で医療機関を受診する確率のほうがずっと高いので、治療費の補償が充実した保険は必須です。海外の医療費は高額になりやすく、入院や手術などが加われば数百万円の請求くらい当たり前です。海外へ行くなら、海外旅行傷害保険の充実した他のクレジットカードを複数枚携行するか、もしくは保険会社の海外旅行保険などに加入しましょう。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の審査や口コミの評判

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は学生の申し込みもOK!審査難易度は標準レベル!

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は18歳以上であれば高校生を除く学生でも申し込むことができます。社会人であれば安定した収入があればまず高い確率で審査に通過できるレベルです。もちろん、審査が甘いわけではなく、カードローンなどの借り入れが多かったりすると審査にも影響を及ぼす恐れがあります。他のクレジットカード同様に、「個人の信用情報がしっかりしていること」が審査通過の大前提であることは言うまでもありません。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の口コミ!ユーザーの評判は?

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は、東京メトロを利用している陸マイラーにおすすめの1枚としてユーザーからの評判も上々です。PASMOや定期券を搭載できるほか、メトロポイントをザクザク貯めることができる点やANAマイルとメトロポイントの相互移行ができる点など、多機能ぶりが人気です。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のまとめ

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は東京メトロ利用者にはベストのANAカード

『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』は、普段使いのメインカードとして十分なコストパフォーマンスで応えてくれるカードです。マイル移行手数料が5,000円(税抜)かかってしまいますが、それでも他のANAカード(VISA/マスターカード/アメックス)の手数料が6,000円(税抜)であることを考えれば、安い方です。メトロポイントの貯まりやすさ、使い勝手の良さと合わせておすすめです。

さらに、先述したように、『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)』はメトロポイントからマイルへの移行レートが一番高いクレジットカードですので、効率よくマイルを貯めたい方におすすめです。ANAマイラーで、東京メトロを日常的に利用している方はぜひ検討してみることをおすすめします。

ANA ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)詳細情報

基本情報

入会資格 18歳以上(学生不可)でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
発行会社 株式会社ジェーシービー
本社所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
創業 1961年1月25日
発行可能ブランド JCBカード
発行期間 約2週間
年会費 1年目 初年度無料(次年度以降:2,000円+税)
2年目以降 2,000円+税
家族カード 1年目 1,000円+税
2年目以降 1,000円+税
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイントシステム

ポイントプログラム OkiDokiポイント/メトロポイント
ポイント還元率 0.5%~2.0%
ポイント有効期限 最長2年間/2年間
最低交換単位 200ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANAJALDELTA
マイレージ還元率 1pt = 2.5~10マイル
最低交換単位 200ポイント
マイレージ移行手数料 5マイルコース無料/10マイルコース年間5,000円+税 別途必要

電子マネー

チャージ可能な電子マネー quicpayedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1,000万円
傷害・疾病 -
携行品損害 -
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 100万円限度(海外)
備考 「JCBでe安心」付き。国内航空傷害保険 最高1,000万円が付帯。
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP