年会費・審査・ポイント還元率から口コミ/評判まで気になる情報を掲載中!

ANA VISA Suicaカード

Suica付きVISA×ANAカード!裏技でANAマイル還元率1.3%

ANA VISA Suicaカード
VISAカード

スペック表

18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方

発行期間 約2週間 年会費(初年度) 無料 年会費(2年目) 2,000円+税 利用限度額 個別に設定
還元率 0.5%~2.3% マイレージ ANA マイル還元率 1pt = 3~10マイル 電子マネー idsuicaedy

クレカ編集部のコメント

『ANA VISA Suicaカード』は、「ANA VISA一般カード」にSuica機能が追加されたクレジットカードです。Suicaオートチャージでも「ワールドプレゼント」ポイントが貯まります。モバイルSuicaにも対応するので電車/バスなどでSuicaを利用する方におすすめ。年会費を抑えたスタンダードなANAカードですが、リボ払いの「マイ・ペイすリボ」活用で年会費751円+税に!入会時のボーナスマイルも手厚いです

審査難易度はどのくらい?
中級クラス
RANKD

航空・鉄道会社、百貨店の提携カードが集うクラス。キャンペーンが手厚い分、審査はしっかり行う。仕事(バイト)をしていれば、通過する可能性が高い。

入会特典でこんなにお得!
キャンペーンに参加して作ったその場でお得をゲット!

ANAカード会員限定キャンペーン!新規ご入会でもれなく最大1,000マイル相当がもらえる!

ANA VISA Suicaカードが人気な理由

どうしてANA VISA Suicaカードは評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開!

ANA VISA Suicaカードを選ぶべき4つの理由

ANA VISA SuicaカードはANA VISA一般カードとSuicaが一体化!空でも電車でも便利!

ANA VISA Suicaカードの券面画像『ANA VISA Suicaカード』は、ANAと三井住友VISAカードが提携した『ANA VISA一般カード』にSuica機能が付いたANAカードです。定期券機能はありませんが、実質的にVIEWカードと同じように使えるため、通勤/通学などでSuicaを利用する方におすすめです。ポイントのすべてをANAマイルに交換することができるほか、ポイントやマイルをSuicaに移行することもできるクレジット機能&Suica機能付きのANAマイレージクラブカードとなっています。

『ANA VISA Suicaカード』は、ショッピングやフライトでANAマイルがお得に貯まるだけでなく、Suicaチャージでも「ワールドプレゼント」が貯まります。Suicaチャージでポイントが貯まるANAカードは、これ以外ではAMEX(年会費7,000円+税)だけなので、特にJR東日本を利用する方にとって大変お得です。年会費を抑えつつマイルを貯めたい方、日常的にSuicaを利用している方には特におすすめです。

もちろん、Suicaの残高が減ると自動でチャージできるオートチャージ機能や、モバイルSuicaにも対応していますし、チャージ分もしっかりとポイントが貯まります。ただし、定期券機能は搭載することができないので、その点はVIEWカードと異なります。選べる国際ブランドはVISAのみで、マスターカードは選べません。

ANA VISA Suicaカードの基本スペックはANA一般カード!ボーナスマイルやANA特典も付帯!

『ANA VISA Suicaカード』はANA一般カードにSuica機能が付帯しているだけなので、Suicaの機能を除けば基本スペックは『ANA VISA一般カード』と同じです。入会・継続ボーナスとして1,000マイル、搭乗ボーナスとして区間基本マイルの10%が加算されます。もちろん、空港免税店や機内販売などがお得になるANAカード会員限定の優待特典も利用することができます

ANA VISA Suicaカードで貯めたポイントはマイルにもSuicaにも移行できる!ANA特約店ならマイルが直接貯まる

『ANA VISA Suicaカード』でショッピングをすると、カード利用1,000円ごとに1ポイントの「ワールドプレゼント」が貯まります。ANAマイルへ移行するなら「5マイルコース(1ポイント=5マイル)」もしくは「10マイルコース(1ポイント=10マイル)」のどちらかを選択できます。ANAマイルへの移行に関しては『ANA VISA一般カード』と同じですが、『ANA VISA Suicaカード』の場合は貯めたポイントを1ポイント5円分としてSuicaへ移行することも可能です。

また、ANAカードなので「ANAカードマイルプラス」の提携店舗で利用すれば、100円もしくは200円ごとに1マイルが直接付与されます。もちろん通常のショッピングポイントとして「ワールドプレゼント」も1,000円ごとに1ポイント付与されますので、ポイントの二重取りができてお得です。

ANA VISA Suicaカードなら年会費割引特典を利用できる!マイ・ペイすリボで751円!

『ANA VISA Suicaカード』は三井住友カードが発行していますので、三井住友カードの「年会費割引特典」を利用でき、500円(税抜)~1,249円(税抜)の割引を受けることができます。

WEB明細書サービスの利用 マイ・ペイすリボに申込+利用
500円割引 1,249円割引

三井住友カードのリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に申し込んで年1回以上の利用があれば年会費が1,249円割引となって751円(税抜)という格安年会費で利用することができます。ANA一般カードの通常年会費は2,000円(税抜)ですから、半額以下の年会費で利用できるのは大きな魅力です。

ANA VISA Suicaカードの特徴

ANA JCBカードのマイル手数料が値上がり!ANA VISA Suicaカードが相対的にお得になったのは朗報!

ご存知のように、VISAやMasterCardブランドのANAカードは「10マイルコース」を選択すると、年6,000円(税抜)のマイル移行手数料が発生します。このマイル移行手数料のために、これまでは『ANA VISA一般カード』や『ANA VISA Suicaカード』などは、JCBブランドのANAカードに比べてコストパフォーマンスがイマイチだと言われていました。なぜなら、JCBブランドのANAカードはマイル移行手数料が2,000円(税抜)で済んだからです。

しかし、今までVISAやMasterCardよりも比較的お得だったJCBのマイル移行手数料が、2015年4月より5,000円+税にアップしました。これにより、VISAブランドやMasterCardブランドのデメリットは相対的に改善しました。「マイ・ペイすリボ」やWEB明細書サービスで年会費を抑えられるため、コストパフォーマンスや使い勝手でVISA/MasterCardが上回る状況が生まれています。

ANA VISA Suicaカードは「マイ・ペイすリボ」活用で年会費751円+税!

『ANA VISA Suicaカード』の年会費は2,000円(税抜)です。オンライン手続きを行えば、初年度は年会費無料です。しかも、先述のとおり「カードご利用代金WEB明細書サービス」の登録で、翌年度の年会費は1,500円(税抜)となり、さらにリボルビング払い専用の「マイ・ペイすリボ」へ登録した上で年1回でも利用すると、年会費は751円(税抜)まで割引可能です。

それでも、やはりリボ払いとなるとリボ払い手数料が気になるという方もいるでしょう。リボ払いに抵抗がある方は、WEB利用明細サービスに登録するだけでも500円引きになるので是非利用しましょう。ちなみにWEB明細書サービスとマイ・ペイすリボの両方へ登録しても、マイペイすリボの割引が優先的に適用されます。両方登録すれば合計で1,749円の割引になるわけではありませんので注意してください。

ANA VISA Suicaカードは「マイ・ペイすリボ」でボーナスマイル!100円で1.3マイル還元!

『ANA VISA Suicaカード』は、リボルビング払いサービスの「マイ・ペイすリボ」を活用することで、マイル還元率1.3%、「10マイルコース」なら1,000円でANAマイル13マイルが貯まるANAカードとなります。

「マイ・ペイすリボ」を設定すると、リボ払い手数料の請求月は、利用額1,000円につき1ポイントのボーナスポイントが加算されます。通常では、「5マイルコース」なら1ポイント=5マイル、「10マイルコース」なら倍の10マイルですが、ボーナスポイントは1ポイント=3マイルとなるため、1,000円の買い物につきマイル換算で合計13マイル獲得できるようになります。実質マイル還元率は1.3%です。

ANA VISA Suicaカードは「マイ・ペイすリボ」活用でもリボ払い手数料は12円以下!

「マイ・ペイすリボ」を利用した年会費割引&ボーナスマイル獲得方法は、非常にコストパフォーマンスが良い方法です。しかし、コスパの良さを最大限活かすには、多少の細かな調整が必要です。

「マイ・ペイすリボ」の利用時は、リボ手数料が1円でも発生すれば利用額に対してボーナスポイントが与えられるため、いかにリボ払い手数料を抑えつつボーナスポイントを獲得できるかが大事です。

そのためには毎月、「臨時増額」(1,000円単位)でリボ払いの支払額を設定し直し、支払い金額を残高1,000円以下に抑える必要があります。これをきちんと行えれば、リボ払い手数料を最低限に抑えつつ(12円以下)ボーナスポイントを獲得できます。

ANA VISA SuicaカードはANA一般カードと同クラス!入会・継続ボーナスマイルや搭乗ボーナスマイルがもらえる

『ANA VISA Suicaカード』はANA一般カードがベースになっているので、入会・継続ボーナスとして入会時に1,000マイル、以後、毎年継続時に1,000マイルがプレゼントされます。1マイルあたりの価値は特典航空券への交換なら2円以上なので、このボーナスマイルだけでも年会費2,000円(税抜)を簡単に上回るメリットがあります。

もちろん、ANAやANAグループ便のフライトでもボーナスマイル(区画基本マイルの10%)を獲得できます。ANAが参加するスターアライアンス加盟各社の航空便でも同じくボーナスマイルが獲得できます。ショッピングで貯まるポイントやマイルと合わせると、さらにお得になります。

ANA VISA Suicaカードは海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険が自動付帯!ショッピング補償も付帯する!

『ANA VISA Suicaカード』には、最高1,000万円の海外旅行保険と国内航空傷害保険、ショッピング補償として年間100万円のお買物安心保険も付帯しています。

海外旅行保険は死亡・後遺障害と救援者費用のみの補償、国内航空傷害保険は航空機及び空港内での死亡・後遺障害のみの補償となるため手厚い内容とはいえませんが、どちらも自動付帯ですので、サブカードとして所有しメインカードの保険を補うという形で使用するのがベストでしょう。

ショッピング補償のお買物安心保険は海外利用がメインとなりますが、国内でも「マイ・ペイすリボ」に登録するか3回以上の分割払いでショッピングを利用した場合に限り、補償の対象となります。

ANAカードとしての優待も使える!ANAカード限定の優待特典も魅力

先にもご説明したように、『ANA VISA Suicaカード』はANA一般カードと同クラスなので、ANAカード会員限定の優待特典が付帯しています。主な優待サービスを挙げてみますと、

  • 空港内免税店5%OFF
  • 国内・国際線機内販売10%OFF
  • 空港内店舗「ANA FESTA」割引
  • ANAパッケージツアー割引
  • ANAカード会員専用運賃「ビジネスきっぷ」
  • 提携ホテル宿泊割引
  • レンタカー割引
  • 空港駐車場特別割引

などなど、空港を中心に様々な優待サービスを利用できます。

ANA VISA Suicaカードのメリット

ANA VISA SuicaカードはSuica搭載のANAカード!ANAカードでオートチャージサービスが利用できる

ここまでの内容を踏まえ、『ANA VISA Suicaカード』のメリットをおさらいしておきましょう。

  • Suica搭載のANAカード
  • 年会費は初年度無料で年会費割引特典あり
  • Suicaのオートチャージサービス対応!
  • 貯まったポイントはマイルだけでなくSuicaにも移行できる
  • 海外旅行傷害保険やお買物安心保険付帯
  • ANAカードマイルプラスやANAカード会員限定優待も利用可
  • 入会・継続ボーナスマイルや搭乗ボーナスマイルもあり

『ANA VISA Suicaカード』は、Suica搭載でオートチャージサービスにも対応したANA一般カードです。陸でも空でも活用度が広がる便利な1枚です。

ANA VISA Suicaカードのデメリット

ANA VISA Suicaカードは年会費2,000円+マイル移行手数料6,000円がかかる

『ANA VISA Suicaカード』の年会費は初年度無料ですが、次年度から毎年2,000円がかかります。また、「10マイルコース」のマイル移行手数料6,000円(税抜)が毎年かかります。そのため維持費は合計で8,000円/年(税抜)となります。「マイ・ペイすリボ」を利用することにより、年会費を半額程度にしたとしても、6,751円(税抜)です。

そのため同じく「カードご利用代金WEB明細書サービス」+「マイ・ペイすリボ」を併用すると年会費が 9,500円+税まで割引される『ANA VISAワイドゴールドカード』の方がサービス面でもコスパ面でも魅力的となります。

あくまでもSuicaチャージでANAマイルを貯めるという目的だけであれば『ANA VISA Suicaカード』がおすすめですが、旅行保険なども含めて特典や優待など総合的に考えて選ぶのであれば、『ANA VISAワイドゴールドカード』の方がコストパフォーマンスは圧倒的です。

マイル移行手数料6,000円を実質半額にすることもできる!マイルの実質有効期限も伸ばせる

「10マイルコース」は高還元でマイル移行が可能ではありますが、やはり年会費に加えて年6,000円のマイル移行手数料を負担しなければならないのはちょっともったいない気もしますよね。そんな場合は、マイル移行手数料を2年に1度だけ負担すれば済む方法もあります。

マイル移行方法には、「応募方式」と「自動移行方式」の2種類があり、「応募方式」で移行するようにするとマイル移行手数料を低く抑えられます。「自動移行方式」は、文字どおり獲得したポイントを自動的にマイルに移行してくれるので便利ですが、マイル移行手数料は毎年度初回のマイル移行時に加算されます。

ワールドプレゼントのポイント有効期限は2年間なので、「応募方式」を使って2年に1度のペースで自ら都度移行でマイルに交換するようにすると、マイル移行手数料の負担も2年に1度で済みます。これなら実質的に年3,000円のマイル移行手数料負担ということになりお得です。

また、貯めたポイントをすぐにマイルへ移行してしまうとその時点からマイルの有効期限が3年しかありませんが、ワールドプレゼントを有効期限の2年ギリギリまで貯めてからマイルへ移行すれば実質5年の有効期限となる計算ですので、「自動移行方式」よりもおすすめです。

ANA VISA Suicaカードはメインカードとしては海外旅行保険が貧弱

『ANA VISA Suicaカード』には、最高1,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。一般カードクラスで海外旅行傷害保険が自動付帯しているという点はメリットと言えるのですが、いかんせん補償内容の乏しさが目立ってしまっています。

『ANA VISA Suicaカード』の海外旅行傷害保険は「傷害死亡・後遺障害」と「救援者費用」のみが補償対象となっていて、肝心な「傷害治療費」や「疾病治療費」は補償対象外です。海外旅行用のメインカードとして使うには不向きです。

ANA VISA Suicaカードは通勤・通学で不便!Suica定期券と一体化できません

『ANA VISA Suicaカード』は、Suicaオートチャージとポイント還元に対応していますが、定期券との一体化ができません。そのため、Suica定期券を利用している人は、結局2枚のSuicaを持つことになります。この点、利便性が落ちるので注意してください。

また、1,000マイルを1,000円分のSuicaに交換することもできます。一見すると便利そうですが、1マイルあたりの価値は2円分以上の価値があるため、1マイル=1円相当でSuicaへ移行するのは損ですのでおすすめできません。

ANA VISA SuicaカードをSuicaオートチャージ専用とすると使い勝手がイマイチ

『ANA VISA Suicaカード』は、Suicaオートチャージ機能が魅力的なANAカードです。そのため、サービス内容やステータスから他のANAカードを利用したいという方は、複数枚所有して、本カードをSuicaチャージ専用カードとして利用することも可能です。

ただし、、もし仮にANA VISA カードを複数所有する場合はボーナスマイルは合算されず、もっとも高位のボーナスマイルが適用されます。複数枚利用では、この点がデメリットとなります。

ANA VISA Suicaカードのポイントと還元率

ANA VISA Suicaカードは1ポイント最高10マイル!一般のVISAカードより高い交換率

『ANA VISA Suicaカード』は、カードショッピンクのご利用金額1,000円につき「ワールドプレゼント」が1ポイント(5円相当)貯まります。ワールドプレゼント「1ポイント」は、5円相当の楽天スーパーポイントや、nanacoポイント、iDバリューに交換可能ですし、1ポイントあたり5円相当でSuicaへ移行も可能です。

しかしANAカードであればマイルを貯めてこそ価値が上がります。『ANA VISA Suicaカード』はANAカードがベースとなっているので、1ポイント=5マイルとして「ANAマイレージクラブ」のマイルへ移行することができます(移行手数料無料)。しかもマイル移行手数料(6,000円/年)こそ発生しますが、1ポイント=10マイルに移行できる「10マイルコース」も選択できます。

ANA VISA Suicaカードは還元率最高2.3%も可能!ANA提携店でのご利用で直接マイルが貯まる!

『ANA VISA Suicaカード』の基本還元率は0.5%(5マイルコースの場合)です。ANAカードマイルプラス提携店で利用すれば、100円または200円につき「ANAマイレージ」1マイルが直接加算されます(還元率0.5%~1.0%)。これは「ワールドプレゼント」ポイントとは別扱いとなるため、ポイントの二重取りが可能となり、両方をあわせると実質還元率は1.0%~1.5%です。

また、ポイントを「10マイルコース」で利用し、かつ「マイ・ペイすリボ」で1,000円お買い物すれば、13マイル+5~10マイルで、18~23マイル獲得でき、還元率も1.8%~2.3%と、なかなかの高還元率で利用することもできます。

ANA VISA Suicaカードの審査と口コミの評判

ANA VISA Suicaカードは18歳以上から申し込める作りやすいカード!審査難易度は比較的易しい

『ANA VISA Suicaカード』の気になる審査難易度ですが、申込資格が学生を除く満18歳以上からとなっています。社会人で、かつ働いて安定した収入さえあれば審査通過も難しくないレベルです。審査難易度としては比較的易しい部類に入ります。

ただし、「審査難易度が易しい=審査が甘い」というわけではないので注意が必要です。携帯割賦払いの滞納やカードローンなどの過剰な借り入れなどがあると審査にも悪い影響を与えますので、個人の信用情報が健全であるということが大前提となります。

電車と飛行機を便利&お得に使えるANA VISA Suicaカード!サブカードとして人気が高い!

『ANA VISA Suicaカード』を利用しているユーザーの評判もまずまずです。先にご説明したように、マイル移行を「応募方式」にして2年に1度マイルへ移行する使い方をするユーザーも多いです。Suica搭載ですし、関西の人ならPiTaPaを追加発行できる点も好評です。

しかも年会費割引特典がありますので、751円(税抜)~1,500円(税抜)という低年会費で利用できる点もユーザーから評判が良いです。

ANA VISA Suicaカードのまとめ

ANA VISA Suicaカードは定期券機能が不要でJRを頻繁に利用するANAマイラーにおすすめ

『ANA VISA Suicaカード』は、Suicaチャージでポイントを貯めることもできるANAカードです。ただしANAマイルを積極的に貯めるのであれば、ANA一般カードの上位カードである『ANA VISAワイドゴールドカード』の方がコストパフォーマンスが良くなります。

位置付けとしては、あくまでもSuicaチャージに特化したANAカードとなっているのが特徴です。JR東日本を利用する方で、定期券不要の方にサブカードとしておすすめしたいクレジットカードとなります。

ANA VISA Suicaカード詳細情報

基本情報

入会資格 18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
発行会社 ANA
本社所在地 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー17F
創業 1952年12月27日
発行可能ブランド VISAカード
発行期間 約2週間
年会費 1年目 無料
2年目以降 2,000円+税
家族カード 1年目 無料
2年目以降 1,000円+税
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイントシステム

ポイントプログラム ワールドプレゼント/ANAマイル
ポイント還元率 0.5%~2.3%
ポイント有効期限 最長2年間
最低交換単位 1ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANA
マイレージ還元率 1pt = 3~10マイル
最低交換単位 1ポイント
マイレージ移行手数料 10マイルコース:年間6,000円+税 別途必要

電子マネー

チャージ可能な電子マネー idsuicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 1,000万円
傷害・疾病 -
携行品損害 -
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 100万円
備考 国内航空傷害保険1,000万円付帯
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP