国内最大級399枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ANA VISA/MasterCard 学生カード

ANA VISA/MasterCard 学生カード
年会費 初年度:無料
2年目以降:無料
還元率 0.5%~2.00%
発行日数 最短3営業日
年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
家族カード 家族カードなし
旅行保険 海外 1,000万円
国内 1,000万円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー suicaedy
国際ブランド VISAカードマスターカード
発行会社 ANA
発行期間 最短3営業日
  1. point1海外に強い!国際ブランド“ビザ/マスターカード“の学生カード!
  2. point2在学中年会費無料!マイル交換手数料も無料のANAカード!
  3. point3海外旅行保険、国内航空傷害保険、ショッピング保険も付帯

ANA VISA/MasterCard学生カードを選ぶべき3つの理由

学生専用のANAカード!年会費無料で審査も特別!

ANA VISA/MasterCard 学生カードの券面画像『ANA VISA/MasterCard学生カード』は、『ANA VISA/MasterCard一般カード』のスペックを踏襲した学生専用のANAカードです。

基本的なサービスは『ANA VISA/MasterCard一般カード』と同じですが、ゴールドカード並みにボーナスマイルが貯まり、在学中は年会費無料で利用できるなど、学生限定のサービスが利用できるお得な学生カードです。

学生専用の審査基準だから収入が無い学生でもANAカードが持てる!

クレジットカードの入会審査自体も学生専用となっているため、収入の有無は重視されません。航空系カードは審査基準が高く、収入が安定していないフリーターやアルバイトだと審査に通りにくいとされています。しかしANA学生カードは普通の学生であれば審査に通る可能性は十分にあります。

ただしANAカードは発行会社によるキャンペーンの違いが大きいので、他の国際ブランドもチェックして下さい。

ボーナスマイルとANA優待特典が豊富!

ANA VISA/MasterCard 学生カードは学生カード限定のボーナスマイルをはじめ、特別なANAの旅行特典が豊富に付帯します。

ANA VISA/MasterCard学生カードの主な特典
年会費 在学中無料
ボーナスマイル ・入会&継続:1,000マイル
・搭乗:フライトマイルの10%
ANAプレミアムポイントを5,000ポイント達成で1,000マイル
ANAプレミアムポイントを10,000ポイント達成で2,000マイル
卒業後にANA一般カードへ自動切替すると2,000マイル
割引運賃 スマート U25(25歳以下限定割引運賃を利用可
マイル積算率:通常50%のところ、ANA学生カード会員に限り100%
ANA優待特典 ・空港内店舗や免税店、機内販売が割引
・パッケージツアー5%OFF
・提携ホテル5%OFF・ハウステンボス指定店舗割引
・「SHIDAXの法人・団体会員サービス」の適用
・ANAビジネスソリューション公開講座受講料割引
付帯保険 【海外旅行保険】
・最高1,000万円
【国内航空傷害保険】
・最高1,000万円
【ショッピング補償】
・年間最高100万円のお買物安心保険

基本サービスは一般カードと同じですが、『ANA VISA/Master学生カード』限定の特典も付帯しています(黃マーカー部分)。注目点は、年会費無料でボーナスマイルが充実している点でしょう。卒業後に一般カードへと自動切替するだけで卒業マイルをもらえるのも学生だけの限定特典です。

海外旅行傷害保険に国内旅行保険も付帯!

ご説明したとおり、『ANA VISA/MasterCard学生カード』は『ANA VISA/MasterCard一般カード』と同じ付帯サービスを利用できます。ANAの優待特典が利用できるのはもちろん、『ANA VISA/MasterCard学生カード』だけの限定特典が付帯するのも既述のとおりです。

また最高1,000万円の海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険が自動付帯され、ショッピング補償として年間100万円まで補償してくれるお買物安心保険が付帯するというところも一般カードと同等です。年会費無料でありながらこれだけのサービスが利用できるのは大きなメリットです。

海外旅行傷害保険 ・傷害死亡・後遺障害:最高1,000万円
・救援者費用:100万円
国内航空傷害保険 ・傷害死亡・後遺障害:最高1,000万円
※航空機搭乗帳中/飛行機場内のみ

ただし、海外旅行傷害保険には傷害治療費や疾病治療費といった補償がありません。旅行保険が自動付帯するのは魅力ですが保証内容の充実度は低いので、海外へ行く際には保険会社の旅行保険へ加入するか、海外旅行傷害保険の充実した他のクレジットカードをあわせて所持していくようにした方が良さそうです。

ANA VISA/MasterCard学生カードの特徴

ANAマイルがお得に貯まる!

『ANA VISA/MasterCard学生カード』は、年会費無料でANA VISA一般カードのお得なサービスを利用できる学生専用カードです。特に、12歳以上25歳以下限定の「スマート U25」という割引運賃を利用できる点は学生カードならではのサービスです。

しかも、「スマート U25」の場合、通常は区間基本マイルの50%が積算されるところ、『ANA VISA/MasterCard学生カード』の会員に限り積算率100%で利用できるのが魅力です。ちなみに発行は三井住友VISAカードですが、選べる国際ブランドはVISAだけでなく、マスターカード(MasterCard)も選べます。

入会・継続・切り替え時にはボーナスマイルがたまる!

『ANA VISA/MasterCard学生カード』は、18歳以上で高校生以外の学生であれば専門学校生でも大学院生でも入会できるのが特徴。在学中の年会費はすべて無料になります。学生であれば4年以上在学していてもカード切り替えの必要はありません。無料の学生カードのまま利用できます。しかも、卒業後に『ANA VISA/MasterCard一般カード』へ自動切替すると卒業マイルとして2,000マイルが付与されます。

その他、ボーナスマイルは入会時に1,000マイル、毎年のカード継続で1,000マイルがボーナスとして付与されます。年会費無料で持つことができますし、ボーナスマイルを獲得できるだけでもお得ですよね。ANAマイルを貯めている学生さんなら持たない手はありません。

ANA(全日空)フライト利用でもボーナスマイルプレゼント

『ANA VISA/MasterCard学生カード』は、ANAグループ便に搭乗すると、通常のフライトマイルに加えて区間基本マイルの10%相当をボーナスマイルとして獲得できます。これは「ANA VISA/MasterCard一般カード」と同じボーナスマイル。

ANA(全日空)が参加するスターアライアンス加盟各社の航空便でもこのボーナスマイルは獲得できます。また、先述のとおり「スマート U25」の割引運賃でも区間基本マイレージが100%積算されるので、割引分がお得になります。

海外旅行傷害保険がしっかり付帯!

『ANA VISA/MasterCard学生カード』は最高1,000万円の海外旅行傷害保険、同じく最高1,000万円の国内航空傷害保険が自動付帯しています。ちなみに、国内航空傷害保険とは国内旅行傷害保険のひとつですが、航空機搭乗中や空港内でのみ適用される傷害保険のことです。

また、最高100万円のお買物安心保険が付帯していますが、国内利用分はリボ払い・3回以上の分割払いで対象となります。海外利用分は一括払いでも補償対象です。

ANA VISA/MasterCard学生カードのポイントと還元率

1ポイント=5マイル~10マイルに交換可能!

『ANA VISA/MasterCard学生カード』のポイントプログラムは、三井住友VISAカードの「ワールドプレゼント」です。カードショッピング1,000円につき「ワールドプレゼントポイント」が1ポイント貯まり、1ポイント=5マイルという高レートで交換できます(5マイルコース)。なお年間6,000円+税の手数料を追加で払うことで1ポイント=10マイルに移行することも可能です(10マイルコース)。

ポイントUPモールやANAマイレージモールも利用できる!

三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」は「ポイントUPモール」を経由してお買い物すると、ポイントが2~20倍で貯まるほか、ANAの運営する「ANAマイレージモール」なら直接ANAマイルを貯めることができます。ポイントUPモールやANAマイレージモールを必要に応じて賢く使い分けましょう。

年間の利用額に応じて次年度にボーナスポイントが付与される!

『ANA VISA/MasterCard学生カード』も『ANA VISA/MasterCard一般カード』と同じように、年間利用金額に応じてボーナスポイントも付与されます。

年間の利用額 ステージ ボーナスポイント
50万円以上
100万円未満
V1 50万円到達で50P
以降10万円ごとに10P
100万円以上
300万円未満
V2 50万円到達で75P
以降10万円ごとに15P
300万円以上 V3 50万円到達で150P
以降10万円ごとに30P

ちなみに、通常付与されるポイントは、5マイルコースなら1ポイント=5マイル、10マイルコースなら1ポイント=10マイルへ移行できますが、ボーナスポイントに関しては1ポイント=3マイルにしか移行できません。

電子マネーも使える!iDや楽天Edyで1枚4役を使い分け!

『ANA VISA/MasterCard学生カード』には、電子マネーのiDや楽天Edyを搭載できます。iDなら利用分もしっかりポイントが貯まりますし、楽天Edyの場合は「Edyマイルプラス」でお得にマイルを貯めることができます。iDは後払い式なので、iDで利用した分は『ANA VISA/MasterCard学生カード』の利用分と一緒に請求されるため、通常のクレジットカード利用と同じようにポイントが貯まります。

楽天Edyの場合は事前チャージ式ですが、『ANA VISA/MasterCard学生カード』でチャージしてもポイントは貯まりません(付与対象外)。ただし、200円ごとに1ポイントが還元されるため、還元率0.5%で利用できます。しかも、「Edyマイルプラス」というサービスに登録して加盟店で利用すると、還元率が倍の1.0%となり、200円で2マイルが獲得できます。

さらに、ANAマイレージクラブ会員が加入できる「ANAマイレージクラブ モバイルプラス(月額300円+税)」に登録すると、楽天Edy200円の利用ごとに3マイルを獲得することができるのも見逃せない魅力です。ANAマイレージクラブカードとクレジットカード、そして電子マネーiDと楽天Edyという4役をこなしてくれる便利な1枚です。電子マネーを日常的に活用する学生にとっても機能性に優れた使い勝手の良いクレジットカードと言えます。

ANA VISA/MasterCard学生カード対応の電子マネー
iD ポイント付与対象
楽天Edy ・通常は200円=1ポイント
・Edyマイルプラスで200円=2マイル
・AMCモバイルプラスで200円=3マイル
※チャージ分はポイント付与対象外
nanaco チャージ可
※チャージ分はポイント付与対象外
ICOCA チャージ可
※チャージ分はポイント付与対象外
WAON チャージ可
※チャージ分はポイント付与対象外
モバイルSuica チャージ可
※チャージ分はポイント付与対象外
※ただしGoogle Pay経由のチャージのみポイント付与対象

EdyマイルプラスやAMCモバイルプラスでマイルが高還元率で貯まる!

先にも触れていますが、『ANA VISA/MasterCard学生カード』は、電子マネー「楽天Edy」や「iD」を利用できます。コンビニや自動販売機などクレジットカードを使いにくい場面でも気軽に決済できますし、iDなら通常のクレジットカードと同様にポイントが貯まります。

また、楽天Edyはチャージ分こそポイント付与対象外ですが、200円につき1ポイントが貯まり、しかも「Edyマイルプラス」というサービスに登録すると対象加盟店での利用で200円につき2マイル貯まりますので、還元率1.0%で利用できます。

しかも、ANAマイレージクラブの「モバイルプラス」に登録すれば、月300円+税こそかかるものの200円利用ごとに3マイルが貯まり、楽天Edyの還元率が1.5%となります。クレジットカードが利用できないときも、ぜひ楽天Edyをフル活用してみて下さい。

ANAカードマイルプラスを利用できる!

あまり航空機を利用しない方でも、ANAカードマイルプラス提携店でお買い物すれば、三井住友VISAカードの「ワールドプレゼント」ポイントとは別に、100円または200円につき「ANAマイレージ」1マイルが直接加算されます(還元率0.5%~1.0%)。

ポイント(ワールドプレゼント)とは別に加算されるため、「10マイルコース」で1,000円お買い物すれば、実質還元率1.5%~2.0%となります。提携店はコンビニからガソリンスタンド、宿泊施設まで幅広く存在しており、日常的にマイルを貯めることが可能です。

ANA VISA/Master学生カードのメリット

学生が申し込みしやすいように設計されたANAカード!

ここまでのおさらいとして、『ANA VISA/MasterCard学生カード』のメリットを整理してみましょう。

  • 在学中は年会費無料
  • 年会費無料でも一般カードと同等の優待特典付帯
  • 卒業後に一般カードへの切替で卒業マイル付与
  • 海外旅行傷害保険や国内航空傷害保険が自動付帯
  • スマート U25の割引運賃でも積算率100%!

主なメリットとしては以上の5点となります。『ANA VISA/MasterCard学生カード』の限定特典が付帯するなど、学生に使いやすいように設計されているのが最大のメリットです。

ANA VISA/Master学生カードのデメリット

10マイルコースが有料! マイル目的なら他のカードの選択も考えよう

『ANA VISA/MasterCard学生カード』は学生にとって非常にお得なANAカードです。ほとんど欠点はありませんが、強いて言えば10マイルコースの年間手数料が6,000円(税抜)かかってしまうことがマイナスです。本格的にマイルを貯めたいという方には向きません。

なぜかというと、比較対象となる『ANA JCBカード(学生用)』なら手数料無料で10マイルコースを利用できるからです。マイル目的であればJCBブランドの方ががおすすめです。

ただし、これはあくまでも学生カードに限った話です。一般カードになると、『ANA JCB一般カード』でも10マイルコースで5,000円(税抜)の年間手数料が発生しますので、VISA/MasterCardとの違いもあまりありません。

さらに言えば、JCBは海外で利用できるシーンが限られるという点にも注意が必要です。JCBといえば国内での加盟店数こそ圧倒的ですが、海外ではVISA/やMasterCardの方が圧倒的に有利です。近年では東南アジアにおける利便性が高まってきているJCBですが、欧米ならVISAやMasterCardが優勢です。

ANA VISA/MasterCard学生カードの審査や口コミの評判

審査難易度も低いから初めての1枚にもおすすめ!

『ANA VISA/MasterCard学生カード』は航空系のクレジットカードということで、イメージ的には少々審査難易度も高そうな感じがしますが、ハードルとしては決して高くはありません。

その理由としては、

  1. 年会費無料であること
  2. 学生だけをターゲットにしていること

以上の2点が挙げられます。

未成年者こそ親権者の同意が必要となるものの、高校生を除く18歳以上で、学生という身分であれば申し込むことができます。学生をターゲットとしたクレジットカードという時点で通常のクレジットカードよりも審査難易度が低く設定されている証拠なので、初めてクレジットカードへ申し込むという学生でも安心です。

ANA VISA/MasterCard学生カードのまとめ

ANAマイルを効率良く貯めたい学生におすすめ!

『ANA VISA/MasterCard学生カード』は、スカイメイト割引でANA便をお得に利用できるカードであり、さらに入会・継続・搭乗などでボーナスマイルが付与されます。マイル目的であれば「ANA JCBカード(学生用)」がおすすめですが、留学や旅行など海外を中心にANAを利用する学生であれば、より汎用性が高い国際ブランド「VISA/マスターカード」を搭載した『ANA VISA/MasterCard学生カード』こそが、必携の1枚と言えるでしょう。

基本情報

入会資格 18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
発行会社 ANA
本社所在地 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎ウエストタワー17F
創業 1952年12月27日
発行可能ブランド VISAカードマスターカード
発行期間 最短3営業日
年会費 1年目 無料
2年目以降 無料
家族カード 1年目 家族カードなし
2年目以降 家族カードなし
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 500円+税※条件付き無料

ポイント還元

ポイントプログラム ワールドプレゼント/ANAマイル
ポイント還元率 0.5%~2.00%
ポイント有効期限 最長2年間
最低交換単位 1ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANA
マイレージ還元率 1pt = 3~10マイル
最低交換単位 1ポイント
マイレージ移行手数料 無料※一部有料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー suicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 1,000万円
傷害・疾病 -
携行品損害 -
国内旅行傷害保険 1,000万円
ショッピング保険 100万円
備考 国内航空傷害保険1,000万円付帯

ANA VISA/MasterCard 学生カードでよくある質問

卒業後はどうなるの?

ANA学生カードは卒業と同時に一般カードに自動的に切り替えられます。一般カードになると、これまで無料だった年会費が発生したりと学生カードならではの特典は受けられなくなりますが、卒業特典として2,000マイルが付与されます。
大学院に進学するなど卒業をしないで学生生活を続ける場合は、カード会社へと連絡することで対応をしてもらえます。

卒業後は一般カードへと自動切換えとなり、学生カードの恩恵が受けられなくなることには注意が必要。

今開催しているキャンペーンを教えてください。

残念ながら現在はANA VISA/MasterCard学生カードの入会キャンペーンは行っていません。しかし、ANA JCB学生カードでは入会特典のマイル付与キャンペーンを行っていますので、合わせて検討して下さい。

限度額の上限はいくらですか?

ANA学生カードの場合の限度額の上限は30万円となっています。申し込み当初は10万円や20万円の場合もありますが、利用状況によっては30万円までは引き上げが可能です。ANA学生カードに限らず、他社も含めて学生カードの場合は30万円を上限としているカード会社が多いので一般的な上限金額と言えるでしょう。

解約方法を教えて下さい。

解約については、ANA学生カードが提携をしている三井住友カード「FOR YOUデスク」に連絡をして下さい。
電話番号:0570-004-980(ナビダイヤル・有料)
東京(上記が繋がりにくい場合):03-6627-4137(有料)
大阪(上記が繋がりにくい場合):06-6445-3501(有料)
受付時間:9:00~17:00(12月30日~1月3日除く)

JCBカードの場合は、次の連絡先になるので間違えないようにしましょう。0120-800-962(フリーダイヤル)

審査基準を教えて下さい

学生専用のカードという事で限度額が低いこともあり、審査基準は比較的甘めな水準となっています。収入がアルバイトのみであっても、カードの発行は可能です。収入よりも、過去の延滞情報などのクレジットヒストリーが重要視される傾向にあります。そのため過去に大幅な延滞などの履歴が残っていると、審査がおりない場合もあります。

学生カードは収入よりも、クレジットヒストリーが重要。

審査期間を教えて下さい

審査期間は短いのが特徴で、最短で3営業日となっています。更に申し込みをしてからカードが手元に届くまでは、早ければ1週間と他のカードと比べるとかなり早い審査期間と言えます。学生カードということもあり、限度額が低めに設定されていますから審査基準も甘めなことから、審査期間も短くなっています。

審査期間が短いので、急いでいる方にもおすすめなのが特徴です。

正直なところ口コミ・評判はどうなんですか?

通常のマイレージクラブと比較するとマイルが貯まりやすいというメリットがあるので、帰省や旅行などで飛行機を使う機会の多い学生からは高い評価を得ています。在学中は年会費も無料で審査基準も緩やかであるため、学生が持つクレジットカードとしてはおすすめの一枚と言えます。
しかしポイント還元率だけで比較すると他にも高い還元率のカードがあるので、飛行機を利用する機会のない学生にとっては他のカードの方がお得になります。あまり飛行機に乗る機会のない学生であれが、他のポイント還元率の高いカードを検討して見るのも良いでしょう。

ANA学生カードを利用するかどうかは、飛行機の利用の有無がポイントと言えます。