国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

セディナカード クラシック

セディナカード クラシック
年会費 初年度:1,100円(税込)
2年目以降:1,100円(税込)
還元率 0.5%~1.5%
発行日数 約3週間
年会費 初年度 1,100円(税込)
2年目以降 1,100円(税込)
家族カード 330円(税込)
旅行保険 海外 1,000万円
国内 1,000万円
ETCカード 発行手数料 1,100円(税込)
年会費*1年目 無料
電子マネー idquicpay
国際ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行会社 セディナ
発行期間 約3週間
  1. point1ダイエー・イオンなどで常にポイント3倍!還元率1.5%!
  2. point2セブン-イレブンでも常にポイント1.5%還元!
  3. point3海外旅行保険、国内航空傷害保険、ショッピング保険も付帯

セディナカード クラシックのメリット

ダイエーグループでわくわくポイント3倍還元!

『セディナカード クラシック』のメリットは、なんといってもダイエーグループの優待特典です。

セディナカードは前身の旧ダイエー「OMCカード」の流れを受けているので、OMCカードマークが付いた『セディナカード クラシック』は、ダイエー(ダイエーネットスーパー含む)やグルメシティ、トポス、フーディアム、カテプリなどで3倍のポイント還元の特典(還元率1.5%)を利用できます。

全国のイオン各店舗でもポイント3倍還元!

『セディナカード クラシック』はダイエーグループの他に、イオングループでも3倍ポイント還元の特典が受けられます。イオン各店舗はもちろん、マックスバリュやイオンスーパーセンター、ホームワイド、マルナカなどでも受けられますので、イオングループをご利用の方にもオススメできるカードです。

近くに大型百貨店がある方は、対象店舗かどうか一度チェックしてみましょう。

海外旅行傷害保険も国内旅行保険も付帯!

『セディナカード クラシック』には海外旅行保険が自動付帯しており、カードを持っているだけで最高1,000万円の補償を受けることができます。海外では24時間日本語対応の医療電話相談を受けることができるので、急な病気や怪我にも迅速に対応できます。

また、旅行代金をカードで支払えば、同じく最高1,000万円の国内旅行保険も適用されます。入院・通院費用も補償されるので、海外旅行も国内旅行も安心して楽しめます。

ショッピング保険やインターネット不正利用保険も付帯!

また、最高50万円のショッピング保険(補償期間180日)、カード紛失・盗難保険も付帯しています。インターネット不正利用対策もしっかりしており、「ネットセキュリティサービス」が付帯されています。

「なりすまし」などインターネットでカード情報を不正に利用され、身に覚えのない請求が届いた場合は、連絡受付からの60日前まで遡って損害を補償してくれます。

セブンイレブンで常にポイント3倍!

『セディナカード クラシック』のポイントプログラムは「わくわくポイント」です。カード利用金額200円につき「わくわくポイント」が1ポイント貯まります(還元率0.5%)。貯めたポイントは、1,000ポイントから商品券や各種アイテムと交換できます。

しかも『セディナカード クラシック』は、2014年からセブンイレブンでポイントが3倍還元されるようになりました(還元率1.5%)。そのため日常生活で非常に活躍するカードとなっています。

使えば使うほどポイント優遇!

『セディナカード クラシック』は、使えば使うほど「トクトク!ステージ」によって翌年度のポイント倍率がアップします。

年間(1~12月)のカード利用金額が50万円以上であれば、翌年度のポイント付与率は1.1倍、100万円以上であれば1.15倍、200万円以上であれば1.3倍となり、「セディナビ!」のボーナスポイントなどと併せると圧倒的にポイントが貯まりやすくなります。

ショッピングモールを利用すれば最大20倍のボーナスポイント!

会員限定のショッピングモール「セディナポイントUPモール」経由でお買い物すれば最大20倍のボーナスポイントが貰えます。モール内には楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどが入っているので、普段こういったネットショップを利用している方ならポイントがサクサク貯まります。

また、藤田観光グループでツアーを予約すればポイント5倍、宇佐美グループで給油すればポイント3倍となります。

PointUp特典でさらにポイントが貯めやすくなる!

ちなみに『セディナカード クラシック』のサービス内容は、同じく年会費1,100円(税込)の「OMC一般カード」とほとんど変わりません。しかし新しく始まった「セディナカード クラシック」にはさらに独自の特典が付帯します。

本カードには「Point UP特典」があり、全国450店以上ある特定の施設でカードを利用するとボーナスポイントを獲得できます。

セディナカード クラシックのデメリット

年会費が1,100円(税込)かかる

『セディナカード クラシック』のデメリットは、年会費が1,100円(税込)かかることです。セディナカードには年会費無料で持てるカードもありますし、クラシックは有料だからといってポイント還元率が上がるわけでもありません。

もちろん、無料カードと違って海外旅行傷害保険が負担するなどメリットはたくさんありますが、クレジット機能を普段使いするというのでなければポイントも貯められないので、年会費分損をしてしまいます。

セディナカードjiyu!da!、ファーストもおすすめ!

セディナカードの優待特典を無料利用したいのであれば、年会費無料のリボ払い専用カード『セディナカードjiyu!da!』の方がお得です。ただしお買い物ではお得ですが、海外旅行保険は付帯しません。

18~25歳の若者であれば、初年度の年会費が無料になる『セディナカードファースト』という選択肢もあります。

セディナカード ファースト

若者限定!実質年会費無料で系列店舗で1.5%還元!
年会費実質無料!18~25歳限定で持てるお買い物カード

詳細を見る

ETCカードは発行手数料がかかる!

『セディナカード クラシック』のETCカードは、発行手数料が1,100円(税込)かかるというのもデメリットです。最近は、ETCカードをおまけ的に無料で発行するクレジットカードが多いので、手数料が発生すること自体デメリットと言えます。

クレジットカードをクラシック以外に持っていない、という場合は発行手数料を払っても良いかもしれませんが、他に持っているのであれば手数料が無料もしくは安いカードで作ることをおすすめします。

セディナカード クラシックのまとめ

『セディナカード クラシック』は、ダイエー・イオングループで常に3倍のポイント還元を受けられるOMCマークの付いたカードであり、さらに国内・海外旅行保険やショッピング保険など幅広い補償を受けられます。

年会費1,100円(税込)でここまで充実した補償を受けられるカードはなかなかありません。普段使いはクレジット利用によるポイント獲得が中心ですが、汎用性が高い低価格カードが欲しい方におすすめです。

もし、セディナにこだわらないというのであれば、同じく汎用性が高くて年会費無料の「JCB CARD W」を検討してみましょう。

国内外のショッピングはいつも2倍、さらにAmazonやセブンイレブン、スターバックスなどJCBオリジナルシリーズパートナーでのクレジット利用であれば2倍から10倍のポイント還元となっているので、ポイントをしっかり貯めたい方にもおすすめです。

JCB CARD W/W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】

Amazonは常時2%の還元率!常に還元率1%以上で年会費無料
年会費無料でポイント2倍!WEB入会限定/39歳までが申し込める新しいJCBカード

詳細を見る

基本情報

入会資格 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
発行会社 セディナ
本社所在地 名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
創業 1950年
発行可能ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行期間 約3週間
年会費 1年目 1,100円(税込)
2年目以降 1,100円(税込)
家族カード 1年目 330円(税込)
2年目以降 330円(税込)
ETCカード 発行手数料 1,100円(税込)
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム わくわくポイント
ポイント還元率 0.5%~1.5%
ポイント有効期限 2年間
最低交換単位 1,000ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ JAL
マイレージ還元率 1pt = 0.5マイル
最低交換単位 1,000ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー idquicpay

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 1,000万円
傷害・疾病 100万円
携行品損害 10万円
国内旅行傷害保険 1,000万円
ショッピング保険 50万円
備考 ネットセキュリティサービス付き

セディナカード クラシックでよくある質問

セディナカードクラシックの締め日はいつになりますか?

セディナカードクラシックの締め日は、ショッピング利用やキャッシング利用、ETCカード利用のいずれも月末締めとなっています。
ただし、海外で利用した場合は、集計に時間がかかることもあるため、締め日に間に合わず翌月にズレることがあります。

また、締め時間は23時59分となっているので、ETCゲートを通過した時間によっては、翌月に請求されることもあるので注意しましょう。

海外旅行傷害保険の請求はどのような手続きをすればいいですか?

トラブルや事故などで保険請求ができるトラブルや事故、ケガなどがあった場合は、発生日から30日以内に請求をしてください。
【事故にあったときの連絡先】
セディナ保険デスク(三井住友海上)
受付時間/日本時間 9:00~17:00(年中無休)
【国内】0120-240-057(通話料無料)
【海外】81-18-803-0077(コレクトコール可)

請求の際は、カードを手元に用意しましょう。
また、手続きに必要な書類もあるので、事故報告後は速やかに準備してください。

セディナカードクラシックを解約するにはどうすればいいですか?

カードの退会(解約)の手続きは電話でできます。
手持ちのカードの種類により問い合わせ先が異なるので、カードの裏面に記載されているアンサーセンターに連絡をしましょう。
また、手元にカードを用意して、カード名義人本人より電話してください。

退会(解約)する場合は、以下の点に注意しましょう。
・貯めたポイントが残っていないか
・クレジット利用などの支払は完了しているか
・付帯カード(家族カード、ETCカード)の利用残高が残っていないか
・携帯電話、公共料金など、月額使用料の引落しで使っている場合は変更が必要です

※会員専用Webサービス「セディナビ」や自動音声応答サービスからの退会手続きはできません

セディナカードクラシックを解約したのですが、セディナビの解約手続きも必要ですか?

カード退会(解約)後、会員専用Webサービス「セディナビ」の退会手続きは不要です。
カード退会後も、利用代金明細照会、メールアドレス変更メニューについては引き続き利用できます。

「セディナビ」IDを無効化したい場合は、アンサーセンターに連絡をすれば無効化できます。
【アンサーセンター】
(東京)03-5638-3211
(大阪)06-6339-4074
営業時間9:30~17:00(1月1日休)

※Web明細サービスの登録があり、利用残高がある場合は支払いが完了するまでセディナビのID無効化はできません。

カード紛失・盗難保険について教えてください。

カード紛失・盗難保険は、紛失もしくは盗難を最寄りの警察に届け出をした日から60日前までさかのぼって、不正利用を補償してくれる保険です。
また、三井住友海上火災保険株式会社にも届け出をする必要があります。
【届け出先】
(東京)03-5638-3511
(大阪)06-6339-4082

ただし、カード裏面にサインがない場合、故意の紛失や家族・知人による利用、年会費未払いなど会員規約に違反している場合などは補償対象になりません。