国内最大級375枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ディズニー★JCBカード(一般カード)

ディズニー★JCBカード(一般カード)
年会費 初年度:無料
2年目以降:2,000円+税
還元率 0.5%
発行日数 最短3営業日
オンライン新規ご入会でもれなく2,000ディズニーポイント(2,000円相当)をプレゼント!
年会費 初年度 無料
2年目以降 2,000円+税
家族カード 無料
旅行保険 海外 -
国内 -
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー quicpay
国際ブランド JCBカード
発行会社 ジェーシービー
発行期間 最短3営業日
  1. point1ディズニーの人気パーティーやディズニーライブ、各種イベントに優先的にご招待!
  2. point2ポイントはディズニー関係で使えてお得(ギフト券と交換、1円単位で買い物etc.)!
  3. point3ディズニーキャラクターが大きくデザインされたディズニーカード!撮影会も開催中

ディズニー★JCBカード(一般カード)のメリット

ディズニー公式のプロパーカード

ディズニーカードの券面「ディズニー★JCBカード(一般カード)」は毎日に夢と魔法を届けるディズニー公式クレジットカード。JCBとウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社が提携して発行するプロパーカードです。パーティーへのご招待・ホテルでのご優待・人気キャラ勢ぞろいの撮影大会……ディズニーリゾートで受けられるサービスが盛りだくさんなのが特徴です!

「ディズニー・カードクラブ」限定のイベントやキャンペーンに参加できる

ディズニーカードクラブのロゴ『ディズニー★JCBカード』を持つと自動的に「ディズニー・カードクラブ」のメンバーになります。

ディズニーリゾートの人気のひとつになっているのが、オリジナルの華やかなパーティーや、さまざまな楽しいイベントでしょう! ディズニーキャラが総出で参加者を出迎えて、楽しませてくれたりユニークなパフォーマンスを見せてくれたりします。そんなイベントに優先的に、そして破格の条件で参加できるようになるのが『ディズニー★JCBカード(一般カード)』の最大のポイントです!

ただし一部のイベントやサービスは「ディズニー・カードクラブ」のサイトで登録しないと利用できません。

※キャンペーン、特典、カード入会には、諸条件があります。詳細は「ディズニー・カードクラブ」サイトにてご確認ください。

イベントに参加するチャンスが到来する

ディズニーファンなら、ディズニーランドやディズニーシーの豪華なイベントにはできるだけ参加したいものではないでしょうか? それなら、『ディズニー★JCBカード(一般カード)』を持つべきでしょう。会員になったら、大人気の「ディズニー・カード・クリスマスパーティー」にも招待されるかも!?多くのイベントに招いてもらえるチャンスが随時やってきます!

では、具体的にどんなパーティーに参加できるのか、主な内容を見てみましょう!

ディズニー・カードクラブ・パーティー

  • ディズニー・カードクラブ・ファンパーティー
  • ディズニー・カードクラブ・クリスマスパーティー
  • ディズニー・カードクラブ・サマーパーティー……etc.

「ディズニー・カードクラブ・ファンパーティー」は東京ディズニーランドでディズニーの仲間たちと開く、特別なパーティー。イベントではディズニーの主要キャラが、テーブルに直接、挨拶に来てくれたりします!そのほか、毎年凝ったプログラムが用意されます。オリジナルのレビューが目の前で開催されたり、オリジナルのプレゼントをもらえたりと、濃いメニューが目白押しのパーティーです。

良い席を確保できる

気になるパーティー中身をのぞいて見ると……? たとえば「ディズニー・カードクラブ・クリスマスパーティー2014」では「ドナルドのファンタスティックレビュー」「『アナと雪の女王』をイメージしたデザート等を含めたスペシャルコース料理」「オリジナルグッズ(ネックストラップ)プレゼント」等のサービスが用意され、大好評を博しました!

ディズニー・ライブ

ディズニーがこれまでに発表して人気を博してきた、おなじみのエピソードが目の前でミュージカルとして再現されます。観客が参加できるシーンがたくさんあるところも人気の秘密です!

ディズニー・オン・クラシック

ディズニーのヒット映画等で使用された名曲の数々を、ふんだんに聴ける音楽会です。生のオーケストラやヴォーカリストが起用される点が最大の醍醐味!

『ディズニー★JCBカード(一般カード)』の会員にはこのような、季節ごとのイベントに会員限定席で参加できるチャンスや格安料金で申し込めるチャンスを提供してもらえます。イベントによっては抽選・早い者勝ちになるケースがあるものの、よい席で楽しめるのは、このカードの会員ならではの特典です!

ディズニーホテルのサービスやグレードアップが出来る

『ディズニー★JCBカード(一般カード)』の会員には、東京ディズニーランドホテル、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーセレブレーションホテルの宿泊特典が付帯します。

ディズニーランドにしてもディズニーシーにしても、1日かけても遊び切れないほどアトラクションやイベントがてんこ盛りですよね!? それに、地方から上京して遊ぶのであれば、往復の移動だけで何時間もつぶれちゃいます。

……というわけで、ディズニーホテルに1泊か2泊くらいしたほうが何かとオトク。そして『ディズニー★JCBカード(一般カード)』が手に入ったら、ホテルを利用するだけでも特典をいっぱい使えます! では具体的な、その宿泊時のご優待サービスの中身を見てみましょう。

  • 宿泊料金を10〜20%割引するサービス
  • 泊まる部屋の、アップグレードキャンペーン
  • ロイヤル・ドリーム・ウェディングにおける来館特典…etc.

ロイヤル・ドリーム・ウェディングとは、ディズニーランド内で結婚式を挙げられるという、ディズニーファンにはたまらないサービスのことです(1日1組しか使えません)!「シンデレラ城での挙式」と「ディズニーホテルでの披露宴」がワンセットになっているのが特徴です!

「キャラクターグリーティング」特典もある

週に2回(水曜と金曜)、ディズニーシーでは「キャラクターグリーティング」というサービスを実施しています。これは、ディズニーのキャラと一緒に写真を撮ってもらえるサービスです。毎週水曜日と日曜日に1日50組限定となっています。ディズニーの仲間たちと一緒に写真撮影が楽しめる特典。ミッキーマウスやドナルドダックなどツーショット写真を撮れるチャンスというわけですね!

お気に入りのキャラとツーショットを残そう

1日に50組までの制限がありますが、『ディズニー★JCBカード(一般カード)』の会員になれば申し込みが可能。抽選で当たれば、ツーショットに招待してもらえます! 撮り終わったら、その写真はオリジナルのフォトフレームに入れてから渡してくれます。

※ご応募には「ディズニー・カードクラブ」サイト登録が必要です。

※パークチケットはつきません。

ファンダフル・ディズニーの年会費をカードで払えばプレゼントがある

東京ディズニーリゾートのオフィシャルファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」の年会費を「ディズニー★JCBカード」で払うと、抽選で東京ディズニーリゾートギフトカードをプレゼント!

ファンダフルはFun(楽しい)とWonderful(素晴らしい)から生み出された造語。メンバーといっしょに、楽しいことや素晴らしいことがあふれるファンクラブをめざしています。

魅力的な特典がいっぱい

メンバーだけが手に入れられるメンバーズカードや会員報、スペシャルグッズはもちろん、メンバー限定グッズ(アクションフィギュア、トートバック、バインダーなど)や、メンバーだけの特別プラン(スペシャルデザートセット、バケーションパッケージなど)が愉しめます。

デザインが豊富でいつでも変えられる

ディズニーJCBカードのデザイン『ディズニー★JCBカード(一般カード)』を、ほかのクレジットカードと一緒に並べたときのはっきりとした違いは、表面のデザインです。ミッキーやドナルドはもちろんのこと、ティンカー・ベルやシンデレラ城のような人気のキャラやスポットをモデルにしたオリジナルのデザインが、常時10種類前後用意されています

お気に入りのデザインのカードが使える

カード券面の数や内容は、絶えず変動します。ある意味「申し込んだときのお楽しみ」ですね!。期間限定のデザインは、しょっちゅう企画されています。

それに。デザインはいったん選んだら永久に固定されるわけではありません。変えたくなったら、再発行手続きを利用すれば何度でも変えてもらえます。その手数料は、「1,000円+消費税」です。

「ディズニーポイント」はディズニーリゾートで使える

『ディズニー★JCBカード(一般カード)』では、200円使うごとに1ポイントを付与してもらえるシステムになっています。還元率を計算すると0.5%……、これだけなら、平々凡々に見えますね。

しかし、ディズニーファンのためになるポイントの使い道を用意しているのが、このカードのうれしいところ。貯まったら、ディズニー系施設内での支払いに使ってもプレゼントと交換してもOKなんです。

1ポイント1円相当で利用

ディズニーリゾートやディズニーストアであれば、このカードで貯まったポイントは、支払いの一部に使って構いません(500ポイント貯まったら認められます)。1ポイント=1円のレートで使えますから、TカードやPontaカードに近い使い方ができることになります。10円以下の端数の支払いなんかに使うと、とても便利でしょう。

ちなみに遊びに出かけたり買い物に出かけたりしなくても、この使い方は楽しめます。ディズニーストアオンライン販売も最近は人気が高まっていますね。このネット通販でも使えるんです、しかもポイントが3倍に!ディズニーグッズを買いあさるのがますます面白くなりますね!

限定グッズやライブイベントもおすすめ

「ディズニーポイント」をお得に使うなら、「東京ディズニーリゾートギフトカード」との交換もおすすめ。このギフトカードは、名前を読めば簡単に察しがつきますが、ディズニーリゾート内の支払いや買い物で役立ちます。ディズニーポイントが5000ポイント集まったら、5000円分の東京ディズニーリゾートギフトカードと交換できます。(典型的な等価交換が成立する点もオトクですね!)。

おすすめディズニーグッズ

そのほか、代表的な交換内容をご紹介しましょう。せっかくですから現金と交換するよりもディズニー関係の限定グッズと交換するのも良いですよね。特に『ディズニー★JCBカード(一般カード)』はグッズのラインナップが充実しています!

プレゼント名 必要なポイント
東京ディズニーリゾートパークチケット 4800ポイント~
東京ディズニーランド/東京ディズニーシー 年間パスポート 4100ポイント~
ディズニーホテル・レストラン優待券 5000ポイント
ディズニー・パーク&リゾート・トラベルクーポン 10000ポイント
ディズニー映画 特別試写会 2000ポイント~
ディズニーライブイベント 3000ポイント~

ディズニーポイントは家族カードに移せる

『ディズニー★JCBカード(一般カード)』では、集めたディズニーポイントを家族カードに振り分ける機能があります。子供に持たせる際は、ポイントを分けてあげると便利です。

というのも通常の家族カードとは小さな子供は持てません。しかしディズニーリゾートは小学生のような子供がよく行くところですよね? そこで、満6歳以上13歳未満の子供に持たせるために用意された「ディズニー・キッズポイントカード」があります。

「ディズニー・キッズポイントカード」でみんな大喜び

小学生用のカードなので、クレジット機能はついてきませんが、ディズニーポイントを移行してあげれば、ディズニー施設内で使えるようになります。最大8枚まで発行してくれますから、子供たちだけで遊びに行かせるときも、おそらく人数分用意してあげられるでしょう。

「ディズニー・キッズポイントカード」の手数料は「1,000円+消費税」です。通常の家族カードなら、年会費が初年度無料、翌年以降は「400円+消費税」。そして本体カードは年会費が初年度無料、翌年以降は「2,000円+消費税」となっています。

ディズニー★JCBカード(一般カード)のデメリット

普通のクレカにある機能やサービスはないことも

ディズニーファンを喜ばせるためのサービスをなるべく増やしたので、その代わりに、「クレジットカードって、たいていは●●●がついてるものじゃないの?」と思うような機能がついてきません。それでは●●●の部分にあてはまるのが何なのか、ざっと見ていきましょう。

ディズニーJCBラウンジは利用できない

東京ディズニーリゾート®も JCBカードでクレジットカード会社で唯一、東京ディズニーリゾートとスポンサー契約を結んでいるのがJCBカードです。JCBカードがスポンサードしているアトラクションは、東京ディズニーランドが「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」。東京ディズニーシーが「ニモ&フレンズ・シーライダー」です。

どちらも超人気アトラクションですが、JCBカードはこれらのアトラクションに併設した「JCBラウンジ」を運営しています。つまりJCBカードの優良会員に対して特典としてこれらのラウンジおよび施設の優待利用を実施しているのです。しかし、『ディズニー★JCBカード(一般カード)』では、JCBラウンジおよびアトラクションの優待は利用できません

JCBラウンジの利用は『JCB・ザ・クラス』のみ

『JCB THE CLASS』券面画像ディズニーランドとディズニーリゾートのJCBラウンジを利用するには、『JCBゴールドカード』の上位カード、『JCB・ザ・クラス』が必要です。『JCB・ザ・クラス』はJCBカードの最高峰クレジットカード、つまりブラックカードです。東京ディズニーリゾートのJCBラウンジは、この『JCB・ザ・クラス』を持っていなければ利用できません。

JCBラウンジを利用したいならJCBゴールドカードで実績を積む

JCBゴールドディズニーデザインしかも『JCB・ザ・クラス』は招待制のため、その前に『JCBゴールドカード』を利用し続けて、実績を積まなければなりません。もしも東京ディズニーリゾートのラウンジサービスも利用したいなら、『JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】』(年会費10,000円+税※オンライン入会で初年度無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)も視野に入れましょう。『JCBゴールドカード』にもディズニーデザインはあります。もちろん2枚持ちも可能です。

JCBゴールド【JCB ORIGINAL SERIES】

海外旅行保険は家族特約付き!日本人のためのゴールドカード
国内最高峰のステータスカード!アメックス、ダイナースに次ぐゴールドカード

詳細を見る

トラベル関係の機能はほとんど期待できない

上述しているように、ディズニーホテル関係のサービスなら申し分ありません。しかし、そのほかの場所に行きたいときに役に立つカードではありません。

海外旅行保険&国内旅行傷害保険がついてこない

『ディズニー★JCBカード(一般カード)』には、国内旅行保険と海外旅行保険がまったくありません。旅行保険は、よそのクレカを使うかカード以外の方法で間に合わせる必要があります。

ショッピング保険についても、海外向けでのみ用意されています(年間100万円補償)。

空港ラウンジは利用できない

一般カードなので当然なのですが、国内・海外を問わずどこの空港のラウンジにも入れません。地方から国内線を使ってTDLに来るにあたって、「ラウンジでホッとしたい」なんて思うなら、ゴールドカードを別に持つ必要があります。

海外滞在中に使える場所は比較的少ない

JCBは、VISA・Master・American Express等と比べると、海外で使える場所が制限されるきらいがあります。海外によく出かけるのなら、JCB以外のカードも持ち歩いたほうがよいでしょう。

日本のディズニーとの提携カードなので、特に海外のディズニーランドで特典があるということもありません。

ポイント交換先が少ない

JCB系列のクレカのため、「Oki Doki ポイント」との互換性を期待する方がときどき出てくるという情報があります。しかし「Oki Doki ポイント」と交換することは現在できませんし、そのほかにポイントシステムやマイレージ等に移行させることもできません。このカードにおいてはポイントを貯めたら、ディズニー関係の用途に絞って役立てていく以外のコースはとれないわけです。

ディズニー★JCBカード(一般カード)のまとめ

『ディズニー★JCBカード(一般カード)』は、ディズニーファンを喜ばせるために企画されたクレジットカードです。カード本体や提携する電子マネーを、ミッキーはじめ主要なディズニーキャラのデザインにしてもらえるので、携帯するだけでも楽しくなるはず。

ディズニーリゾートやディズニーストア向けサービスがオンパレード!

特典ではディズニー関係の割引サービスやイベントの優先特典がこれでもかこれでもかという勢いで提供されます。特に、ディズニー大好きなカップルや、夫婦に子供と一家そろってディズニー大好きなファミリーにはおすすめです。

家族カードを持ったらディズニーポイントの移し替えも認められますから、家族全員で別々に楽しむことだってできるようになるでしょう。

 会員特典メインで使い分けもおすすめ

逆に言えば、ディズニーリゾートにたまにしか行かない方であれば、あまりメリットを味わえません。それから、「ディズニーは好きだけど、それ以外のサービスもほしい」という方であれば、もう1枚、まったく方向性が異なるカードを持つ必要が生まれますね。

最後にひと言付け加えると、『ディズニー★JCBカード(一般カード)』は、まだ開始されてから日が浅いです。サービスは少しずつ変わっていますし、会員が増えることで将来はサービスが一段とゴージャスになっても不思議ではありません。ディズニーファンをこれからもずっと続けていく方は、会員になって後悔することはなさそうです。

基本情報

入会資格 18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上の学生の方。
発行会社 ジェーシービー
本社所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
創業 1961年
発行可能ブランド JCBカード
発行期間 最短3営業日
年会費 1年目 無料
2年目以降 2,000円+税
家族カード 1年目 無料
2年目以降 400円+税
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム ディズニーポイント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 2年間
最低交換単位 500ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー quicpay

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 -
死亡・後遺障害 -
傷害・疾病 -
携行品損害 -
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 100万円限度※海外限定
備考 オンラインプロテクション

ディズニー★JCBカード(一般カード)でよくある質問

ディズニー★JCBカード(一般カード)には期間限定デザインがありますか?

たくさんのディズニーキャラクターのデザインがあるのがディズニー★JCBカードの特徴ですが、時期によっては期間限定デザインのカードを発行しています。2020年9月25日~2021年12月15日までは、美女と野獣デザインのカードを発行しています。こちらのカードに入会しると、抽選で東京ディズニーランドホテルの「ディズニー美女と野獣ルーム」に抽選で招待してもらえるなどの嬉しい特典のあります。

今なら「美女と野獣デザイン」のカードが選べる!

ディズニー★JCBカード(一般カード)のおすすめポイント交換先を教えて下さい

ディズニー★JCBカード(一般カード)のポイント交換は、やはりオリジナルグッズがおすすめでしょう。他では手に入らないグッズへと交換できるので、ディズニーファンにとってはとても嬉しいサービスです。
他にもパークチケットやホテルでも利用が出来るので、ディズニーへ良く行かれる方にとっては嬉しいポイントサービスです。

ポイント交換はオリジナルグッズがおすすめ!

ディズニー★JCBカード(一般カード)の解約方法を教えて下さい

インターネットまたは電話(自動音声)で退会手続きができます。
電話の場合は、0120-800-962へ連絡する自動音声で24時間対応してくれます。
インターネットの場合は、会員専用WEBサービス「MyJCB」で手続きが可能です。

ディズニー★JCBカード(一般カード)の審査基準を教えて下さい

ディズニー★JCBカード(一般カード)の入会基準は、年齢18歳以上で安定収入のある方が対象となっています。独自の審査基準があるので詳細は分かりませんが、安定収入のある方であれば比較的入会しやすく、審査基準はそこまでは高くないです。

ディズニー★JCBカード(一般カード)の審査期間を教えて下さい

ディズニー★JCBカード(一般カード)の審査にかかる期間は、2~3日程度が一般的です。カードが手元に届くまでは1週間~10日程度かかります。申し込み手続きを郵送で行った場合には、カードの到着までの期間はもう少し長くなります。

手元に届くまでは、1週間~10日程度かかる。

ディズニー★JCBカード(一般カード)は正直なところ口コミ・評判はどうなんですか?

ディズニー★JCBカード(一般カード)は本文でも説明している通り、ディズニーに特化したカードと言えます。カードデザインもディズニーキャラクターのみで、ポイント交換もディズニー関連のみですから、ディズニーファンからの評判はとても高いです。
一方でディズニーがそこまで好きではない方にとってはメリットは少なく、「JCB CARD W」のようにポイント還元率の高いカードの方がオススメです。
http://www.patacriticism.org/creditcard/jcb-card-w.html

ディズニー★JCBカード(一般カード)はディズニー好きには絶対おすすめのカード!