国内最大級400枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ENEOSエネオスカード(NICOS)

ENEOSエネオスカード(NICOS)
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,250円+税※条件付き無料
還元率 最大7円/L値引き
発行日数 約2週間
WEB入会で入会翌月から3か月間、ガソリン・経由合計100Lまで+2円/L割引き!
年会費 初年度 無料
2年目以降 1,250円+税※条件付き無料
家族カード 無料
旅行保険 海外
国内
ETCカード 発行手数料 1,000円+税
年会費
電子マネー nanacoquicpaysuicaedy
国際ブランド VISAカードマスターカード
発行会社 三菱UFJニコス
発行期間 約2週間
  1. point1エネオスのガソリンスタンドでガソリン・軽油が最大7円/ℓ値引き!
  2. point2初年度年会費無料!24時間365日のENEOSロードサービスが付帯!
  3. point3ショッピングパートナー保険&NICOSネットセーフティサービスも付帯

ENEOSエネオスカード(NICOS)のメリット

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』は、ガソリン最大7円/L値引き!エネオスのガソリンカード

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』は、初年度年会費無料で、全国展開するENEOSサービスステーションでガソリンや軽油、灯油をお得に給油できるガソリン系カードです。前月の利用金額に応じて、翌月のガソリン・軽油代が大幅に割引となります。ENEOSで毎年、大量に給油する方には大変お得になるクレジットカードです。

年会費は初年度無料!ロードサービスが付帯します!

年会費は初年度無料! 次年度以降は1,250円+税の年会費が発生します。国際ブランドは、VISAブランドが選べます。自動車での万が一のトラブルにも安心のロードサービスが付帯されているほか、カーコンビニ倶楽部でのキズやヘコミの修理も5%割引で利用できます。NICOSチケットサービスやショッピングガード保険、カード盗難保険などNICOS付帯のサービスも利用できます。

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』のライバルは「ENEOSカードC(キャッシュバック)」

トヨタファイナンスが発行する「JX日鉱日石ENEOSカードC(キャッシュバック)」と特典やサービスが似ており、給油代の値引きに特化しているため、両方ともポイントが貯まることはありません。ENEOSカードCは国際ブランドJCBとVISA、本カードはVISA、マスターカードのクレジットカードが選べます。入会キャンペーンや微妙な特典の違いで比較しましょう。

エネオスSSで翌月最大ガソリン・軽油が7円/L値引き!

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』はショッピングで利用すればするほどガソリン代もお得になります。1カ月のカード利用額によって値引き単価が決まり、翌月、ガソリンと軽油が割引となります。1万円未満の利用で1円/L、1万円以上2万円未満で2円/L、2万円以上5万円未満で4円/L、5万円以上7万円未満で5円/L、7万円以上で7円/の値引きを受けられます。

灯油は1円/L値引き!1ヶ月間に150リットルまでです

ただし、灯油に関しては1円/の値引きで固定されています。さらに、値引き対象となるのは1カ月150リットルまでという制限もあるので、頻繁に給油される方は注意が必要です。またガソリン値引きが適用されるのは数ヶ月先なのですぐに還元されるわけでもありません。

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』は初年度年会費無料!家族カードは永年無料!

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』は、通常1,250円+税の年会費が必要ですが、初年度に限り無料で利用することができます。また、家族会員であれば永年無料で利用できます。ただし次年度以降、年会費が無料になるサービスはありません。

家族カードも給油代値引きの対象です!

また、家族カードを発行する場合は、家族カードの利用分も合わせて値引き単価を決定します。そのため、家族で利用している方は値引き単価が高くなりやすいというメリットがあります。

ガソリン・軽油値引きは150L/月が上限です

ただし、値引き単価が適用されるガソリン・軽油代は、家族カードも合わせて毎月150Lまでとなります。家族会員は年会費無料で本会員と同じサービスを受けられます。

電話一本で24時間365日カーレスキュー!

電話一本で24時間365日、ENEOSのロードサービスを利用することができます。レッカーサービスは10kmまで無料、キー閉じ込み・バッテリー上がり・ガス欠・パンクなどの路上修理は30分以内であれば無料で利用できます。

アフターサポートのロードサービスも追加できます

さらに、有料ではあるもののレンタカー案内や宿泊先案内などの案内サービスを利用できます。距離や時間の制限があるとはいえ、ゴールドカード以外でロードサービスが無料付帯されているのはENEOSのみです。

カーコンビニ倶楽部のメンテナンス料金を割引

本カードにはカーコンビニ倶楽部で本カードを提示すれば割引特典が受けられるメンテナンス料金の割引サービスもあります。愛車のキズやヘコミを修理する際、「カーコンビニ倶楽部」を利用すると5%割引で利用できます。

ショッピングパートナー保険は最高100万円まで補償!

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』には、国内で利用して購入した商品で、且つリボ払いもしくは分割払いで購入した商品が、盗難や事故による破損など損害を被った場合、年間最高100万円まで補償してくれるショッピングガード保険が付帯しています。その代わり、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険は付帯しません。

オンライン不正対策や盗難保険もバッチリ付帯

また国内や海外で本カードを紛失もしくは盗難被害に伴う不正使用に対して損害金を補償してくれるカード盗難保険、オンラインでの不正使用の損害を補償してくれる「NICOSネット セーフティサービス」などが付帯されています。尚、海外旅行や国内旅行に関する保険は付帯されていません。

カード利用で環境貢献!NICOS独自の特典があります

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』でENEOSのSSを利用すると、カード利用額に応じた金額が社団法人国土緑化推進機構へと寄付されます。寄付された支援金は緑化推進や森林整備などに役立てられます。特典付きの公演や割引優待を受けられる公演のチケット情報など会員限定のお得なチケットサービスを受けられる「NICOSチケットサービス」も利用できます。

全国のほぼ全てのエネオスSSで利用できる

全国に約11,000ヵ所あるENEOSのSSは日本一の数を誇ります。他社の石油系カードの場合、個人経営のガソリンスタンドなど利用するガソリンスタンドによってはそのカードを利用できないということもありますが、ENEOSカードならほぼ全てのSSで利用することができるので給油場所を選ぶ必要もありません。

ENEOSエネオスカード(NICOS)のデメリット

最初の3か月間は恩恵がほとんど受けられません

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』は、ガソリン代がすぐに値引きされません。当月(1ヶ月目)にカードを利用すると、利用金額合計が分かるのは翌月(2ヶ月目)ですので、値引き単価も翌月に決定します。そのため値引き単価の対象となるのは、さらに翌月(3ヶ月目)のガソリン・軽油代に対してです。そして実際にキャッシュバックとして適用され、請求額から割引されるのは、さらにその翌月(4ヶ月目)となります。利用時にはご注意ください。

「ENEOSエネオスカードC」の入会キャンペーン値引きが受けられません

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』は、「ENEOSカードC(キャッシュバック)」とは異なり、入会キャンペーンが設定されていません。現在、WEBサイトから「ENEOSエネオスカードC」に申込めば、入会の翌月から3ヵ月間、ENEOSでのガソリン・軽油代が最大100Lまで2円/L引きとなるので、入会後数ヶ月間の損をカバーできます。本カードは入会キャンペーンがなく、最初の2ヶ月間はENEOSでの給油代がキャッシュバックされないので、ご注意ください。

利用金額が少ないと『ENEOSカードS』の方が割引きが大きい!

「ENEOSエネオスカード」には他にも割引が適用されるカード「ENEOSカードS(スタンダード)」がありますが、『ENEOSカードS』の場合、毎月の利用額に関わらずいつも2円/L引きとなります。しかもショッピングでポイントが貯まりますので、月々の利用金額が2万円以下という場合は「ENEOSカードS」を利用した方がよいでしょう。反対に、月々の利用額が大きい方ほど本カードで受けられるメリットが大きくなります。

ガソリンが少額であれば「ENEOSカードP」がおすすめ

ただし、いくら値引き単価が高くても給油しない月があれば、その月はまったくキャッシュバックの恩恵を受けることができません。ですので、月2万円以上カード利用することに加えて毎月給油する方であれば、本カードを検討することをおすすめします。また安定してエネオスを利用するようであれば、「ENEOSカードP」の方が還元率で上回るようです。

保険はショッピング保険のみ!旅行保険は一切無し!

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』には海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険は付帯されていません。メインカードとしては物足りない内容です。付帯するのは最高100万円のショッピング保険のみなのでガソリンを入れることのみにほぼ特化したカードと言えます。

ENEOSエネオスカード(NICOS)のまとめ

バランスの良いニコスのガソリン系カード

『ENEOSエネオスカード(NICOS)』は、ENEOSでのガソリン・軽油の給油が1カ月のカード利用額に応じて値引きされるほか、灯油代もリッターあたり1円引きで購入できます。ロードサービス付帯でカーコンビニ倶楽部でのキズやヘコミの修理もお得。ショッピング保険やオンライン不正利用対策なども付帯されます。年会費初年度無料で利用できるのもポイントです。

ライバルの「ENEOSカードC(キャッシュバック)」が有利かも!

石油系カードとしてはまずまずのカードスペックではありますが、ライバルの「ENEOSエネオスカードC(キャッシュバック)」もほぼ同じサービスが利用できます。ロードサービスを利用できる点なども同じのため、特典の差は微妙です。お近くにロードサービス付帯のカードが欲しいという方で近くにENEOSのSSがあるという方は、特典の違いをよく比較して選びましょう。

基本情報

入会資格 原則として年齢18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。
発行会社 三菱UFJニコス
本社所在地 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX
創業 1951年6月7日
発行可能ブランド VISAカードマスターカード
発行期間 約2週間
年会費 1年目 無料
2年目以降 1,250円+税※条件付き無料
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 発行手数料 1,000円+税
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム キャッシュバック
ポイント還元率 最大7円/L値引き
ポイント有効期限
最低交換単位

マイレージ

交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー nanacoquicpaysuicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件
死亡・後遺障害
傷害・疾病
携行品損害
国内旅行傷害保険
ショッピング保険 100万円限度
備考 ENEOSロードサービス付帯、NICOSネットセーフティサービス付き

ENEOSエネオスカード(NICOS)でよくある質問