年会費・審査・ポイント還元率から口コミ/評判まで気になる情報を掲載中!

GINZA SIXカード ゴールド

GINZA SIXでポイント還元率2%!駐車場無料サービスも付帯

GINZA SIXカード ゴールド
マスターカード

スペック表

原則として18歳以上で、安定した収入のある方(学生を除く)

発行期間 2週間 年会費(初年度) 5,000円+税 年会費(2年目) 5,000円+税 利用限度額 10〜200万円
還元率 1.0%~2.0% マイレージ マイル還元率 - 電子マネー

クレカ編集部のコメント

『GINZA SIXカード ゴールド』は、GINZA SIXカードの中で最も年会費が安いクレジットカード。年会費5,000円+税で発行できる格安ゴールドカードです。家族カードは1枚まで年会費無料。GINZA SIXのお買い物ではポイント還元率2%。GINZA SIXアプリの2倍のポイントが貯まります。国際ブランドはマスターカードのみ、発行会社はMUFGカードです。ショッピング保険や海外旅行保険に加えて、国内旅行保険は家族特約付きで国内空港ラウンジサービスも付帯します。

審査難易度はどのくらい?
難関クラス
RANKA

一般のゴールドカードが集うクラス。ステイタスもそれなりに高く、見せても恥ずかしくない。年会費は10,000円前後。クレヒスも必要。

GINZA SIXカード ゴールドが人気な理由

どうしてGINZA SIXカード ゴールドは評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開!

GINZA SIX カード ゴールドとは

銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」の会員制クレジットカード

GINZA SIX カード ゴールド2017年の4月後半、もう少しでゴールデンウィークが開幕するという時期に、銀座の松坂屋の跡地では「GINZA SIX(ギンザ シックス)」のグランドオープンが盛大に実施されました。マスコミが大量に詰めかけて華やかなスタートを切ったGINZA SIXは、従来の商業店とは違う、新しいサービスを目指しています。お買い物や飲食、娯楽などを楽しめる店舗のほかに、文化施設や公的機関が入居しています。

国際ブランドはマスターカード限定!プレミアムなサービスが利用可能

GINZA SIXカード ゴールドは国際ブランド「Master Card」のクレジットカードです。クレジットカードとして日本全国、全世界のマスターカード加盟店で使用できます。GINZA SIXでしか使えない店舗限定ハウスカードではありません。もちろんMaster Cardが会員向けに提供しているお得なサービスも利用できます。

GINZA SIX のお買い物はポイント2倍!還元率2.0%の高還元率クレジットカード

GINZA SIXで買い物するときにGINZA SIX カード ゴールドを使用すると、よそのお店で使うときの2倍になります。常に還元率が2.0%! 休みの日にでも銀座に遊びに行ったときはつい散財したくなるかもしれませんが、高い品物を買ってもちゃんとポイントという形で報いてくれるのです。

GINZA SIXでは還元率2.0%!通常でも100円につき1ポイントを還元

GINZA SIX カード ゴールドはMastercardと提携しているので、Masterの商標が受付に掲げてあるところでなら必ず支払いに使えます。

マスターカード加盟先で使うときは、1.0%の還元率で使えます。クレジットカードの還元率の平均値の2倍ですね(言い換えますと、GINZA SIXで使うときは、一般のクレジットカードの平均値の4倍の還元率で使えることになります!)。

GINZA SIX カード ゴールドのメリット

GINZA SIX カード ゴールドはステータスカードなのに格安のゴールドカード

GINZA SIXは、高級感があふれ出している場所ですね。そのような高級店のオリジナルのカードと言ったら、さぞかし高くつくのかと思いきや……その予想をいい意味で裏切ってくれます!

「GINZA SIX カード」は一般カードなし!全てゴールドカード以上!

GINZA SIX アプリGINZA SIX カードは、最先端のテクノロジーを駆使しているクレジットカードサービスです。その点をまざまざと感じとれるのは、クラシックカード(一般カード)がないことです。

GINZA SIXのポイント制度は、基本的にカードではなくて、お手持ちのスマートフォン等を用いて収集します。スマホに専用のアプリ(GINZA SIXアプリ)を入れて、そのスマホを店頭で提示してポイントを貯めます。

クレジットカードが登場するのは、ゴールドカードから。この「GINZA SIX カード ゴールド」と「GINZA SIX カード プレステージ」のみのラインナップとなります。

GINZA SIX カード ゴールドの年会費は5,000円!格安ゴールドカード

ゴールドカードも絶えず増えたり減ったりしていますから、はっきりしたことをいいにくいのですが年会費の平均額は1万円を超える可能性が濃厚。2万円を超えても不思議ではありません。

数千円程度で間に合うならそれは「格安」と呼んでかまわないでしょう。うれしいことにGINZA SIX カード ゴールドの年会費は、は5,000円+税です。リーズナブルなゴールドカードであることは間違いありません

追加カードは家族カードもETCカードも年会費無料!発行手数料無料!

GINZA SIXカードは明らかに、富裕層をターゲットに含めているカードです。家庭を持っているユーザが多数派となることを踏まえて、家族カードやETCカードを作りやすくしてあります。

家族カードは1名が年会費無料!2名以上でも1,000円/枚未満!

家族カードは1枚しかつくらないなら、年会費はいっさい取られません。初年度だけでなく、次年度以降も年会費無料です。配偶者のために発行するなら、コストは無しで済みますね。2枚以上つくる場合でも、必要な年会費は750円+税と安いです。

ETCカードも発行手数料無料、年会費無料

GINZA SIX カード ゴールドはETCカードも気軽に発行してもらえます。手数料も年会費もいっさいかからないので、車で遠出する機会をそこそこお持ちの方にはとってもおすすめです。

「GINZA SIX カード ゴールド」のポイントプログラムは「GINZA SIX ポイント」

GINZA SIXでは、オリジナルのポイントサービスを考案しました。GINZA SIXポイントの歴史はまだはじまったばかりですが、見ごたえあるサービスが集結しています。現時点でもうあちこちから注目を集めています。

GINZA SIXのお買い物でポイント還元率2.0%!アプリの2倍貯まる

GINZA SIX アプリだけのユーザの場合、GINZA SIXでのお会計のときに付与されるポイントは、100円につき1ポイント。これでも還元率は1.0%と悪くありませんが、GINZA SIX カード ゴールドは前述している通り2.0%。アプリだけのユーザの2倍有利です。

ポイントはGINZA SIXでのみ利用可能!交換や移行はできません

GINZA SIX ポイントはコツコツと貯めていくのがベストでしょう。なぜならば、1,000ポイントまで貯まったら晴れて自由に使えるようになるからです。では、その使い道とは? これは迷う必要がありません。よそのポイントに移行したりギフトと交換したりはできないのです。

GINZA SIXでの支払いに1ポイント=1円換算で使えます。Tポイントと似たような使い道だと考えると、わかりやすくなるのではないでしょうか。

ポイントの有効期限は最大2年間!1,000ポイント以上で1円から使える

1,000ポイント貯めるには時間がかかることは間違いありません。しかし1ポイント単位で1円相当から使えますから融通が利いて便利です。

それに有効期限は2年です。2年あるなら、ポイントが無効化する日を忘れないようにすることは至難の業ではないでしょう。

「GINZA SIX カード ゴールド」で使える「GINZA SIX PREMIUM SERVICE」

GINZA SIXは、できたらコンスタントに出かけて楽しんできたいスポットです。特別なイベント等も、これから随時企画されると思われますが、それだけではありません。GINZA SIX ポイントは、使った分が必ず近い将来に報われるように設計されているのです。

「GINZA SIX PREMIUM SERVICE」はお買上金額とカードタイプに応じたステージ制度

「GINZA SIX PREMIUM SERICE」には、年間のお買上金額にもとづいたステージ制度があります。このステージ、カードの種類による違いもあるのですがGINZA SIX カード ゴールドの場合は、次のように分かれています。

前年度の利用額 ステージ名
~100万円未満 ブロンズステージ
100万円~ プラチナステージ
300万円~ ダイヤモンドステージ

BRONZE STAGEの主な特典はコチラ↓

  • 駐車場サービス(1時間無料)
  • バレーパーキングを2,000円で使用可能

PLATINUM STAGEの主な特典はコチラ↓

  • 駐車場サービス(2時間無料)
  • 特典プレゼントの贈与

DIAMOND STAGEの主な特典はコチラ↓

  • 駐車場サービス(4時間無料)
  • バレーパーキングを無料で使用可能
  • LOUNGE SIX
  • ポーターサービスの使用権
  • バースデーギフトの贈与

各サービスの概要は以下でご説明しましょう。

プレミアムラウンジ“LOUNGE SIX”はDIAMOND STAGE以上が必要

これは一部で、「GINZA SIX PREMIUM SERVICE」で最大の栄誉であり最大の特権だといわれています。GINZA SIXの5階にお上りいただくと、“LOUNGE SIX”という名のスペースが見えてきます。

これはひと言で語るなら、特製のラウンジです。いわゆる“VIPルーム”のようなところだと書けば伝わりやすいでしょうか? デラックスな設備とデラックスなフードメニュー&ドリンクメニューが、入場者を出迎えてくれます。コンシェルジュやスタイリストにいろいろな注文や相談をすることもできます。また随時、凝ったイベントが企画されています。

「駐車場サービス」は1日につき1時間無料!PLATINUM STAGEで延長

「駐車場サービス」はGINZA SIX カード ゴールド会員は1時間無料 (1日1回限り)です。さら当日のお買上額3,000円以上で1時間無料、10,000円以上で2時間無料、30,000円以上で4時間無料となります。これは、特に補足を用意する必要はないでしょう。車で移動しているときなら、ありがたい恩恵となるはず!

「予約制バレーバーキング」は利用料2,000円!ホテル並みのパーキングサービス

ショッピングモールをはじめ、駐車場が設営されている施設は各地にあります。特に鉄道が普及していない地方なら、駐車場付きの施設はザラですね。

ところで、駐車場の出入りで「ありがちなシチュエーション」といえば……、前の車がつかえていたりと立ち往生させられてしまうケースですね。GINZA SIXは、この難題を解消するためにバレーバーキングのサービスを設置しました。係員が待機している車寄せに出向くと、車を係員が責任を持って預かってくれます(もちろん、駐車場に代わりに駐めておいてくれます)。

このサービスでは、帰宅時に指定の場所に車を回してくれます。帰るときもイライラしなくてよいわけです。

「ポーターサービス」はDIAMOND STAGE以上で利用可能!GINZA SIXを手ぶらで利用できる

ポーターといえば、欧米ではずっと昔から当たり前の存在でしたが日本ではなかなかお目にかかれる機会が少ないかもしれません。しかしGINZA SIXは、来場者にたっぷりと商品をお買い上げいただきたいために、このサービスに着目しました。

早い話、手荷物を代わりに運んでくれるわけです。ポーターに、特にTIP等を手渡す必要はありません。勝った商品はバレーパーキングのエリアかLOUNGE SIXまで持ってきてくれます。GINZA SIX内のあちこちの店舗で、まとめてお買い物したい日は、このサービスがあると大助かりですね。

国内海外旅行保険とショッピング保険も完備!リッチなサービスが盛りだくさん

GINZA SIXは保険がしっかりしているカードでもあります。旅行保険が充実しているカードの場合、空港でラウンジにタダで入れる権利がついてくることが多いですが、その点でもそつがないカードですね。

海外旅行保険は自動付帯!最大3,000万円まで補償

海外旅行保険は自動付帯のため、ただカードを肌身離さず持っていくだけで適用されます。最大補償額は3,000万円と、ゴールドにしてはそれほどではないかもしれませんがまずまずの金額です。

全国の6空港とハワイのホノルル空港の空港ラウンジが利用できます

GINZA SIX カード ゴールドでは、国内の大きな空港で設営されているラウンジで接待を受けることもできます。

  • 新千歳空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港
  • ホノルル国際空港(ハワイ)
国内出張でも活躍!国内旅行保険は利用付帯で最大3,000万円まで補償

国内旅行については利用付帯のため、プライベートな旅行の場合でも出張・商用の場合でも、とにかく旅費の一部を早めに支払っておくほうが無難です。最大補償額は、海外に行くとき同じで3,000万円です。

東海道新幹線に、素早く乗れます!「プラスEXサービス」

プラスEXサービスは、東海道新幹線の東京⇔新大阪の区間を、手早く乗るためにある特典です。その区間に限り、オンラインから短時間で予約ができます。しかも、券をどこかで発行してもらったり取りに行ったりする必要がありません。仕事等で素早く東京や大阪に向かいたくなったときに有効なサービスといえるでしょう。

ショッピング保険は最高200万円まで補償!

GINZA SIXは買い物を楽しむ場所です。カードで買った品物が壊れたり盗まれたりしたときの保険はやはりほしいですね。

GINZA SIXカードのショッピング保険は、年間で200万円までの補償です。自己負担額は3,000円。負担額は平凡なのに、保証の限度額はゴールドらしい高さといえます。

「Mastercard Taste Of Premium」の中に、旅行中の特典がいっぱい!

GINZA SIXは、Mastercardと提携契約を締結しています。ただ、マスター加盟店で決済できるわけではありません、「Mastercard Taste Of Premium」のというサービスの適用を全面的に受けることも認められています。

全国の、1000近い宿に泊まれる!「国内高級ホテル・高級旅館」

現在、北海道から九州や沖縄まで、全国の名だたる観光地で営業している宿泊施設が参画しています。デラックスなホテルから、老舗の旅館まで、すべてを一度に調べて手配できます。

宿泊費が安くなる「海外ホテル」航空券の割引とセットに!

宿泊先の手配や予約ができるのは国内限定ではありません! 諸外国の一流ホテルもネットを通じて楽々と検索・抽出して手配できます。宿泊費が1割安くなるサービスや、宿泊費&航空運賃から2500円の値引きを受けられるサービスもご利用できます。

外国に行っても通話やネット接続に困らない「海外用携帯電話・WIFIレンタルサービス」

いまや、どこに行ってもネットにつながらないと不便で仕方ない時代です。そこでMastercardでは海外で使えるケータイやポータブルなWi-Fiルーターを貸し出すサービスをやっています。

帰国時に手ぶらで移動できます「国際線手荷物無料宅配」

海外に行くとなると、数日程度の旅程でも荷物が増えるのが普通です。大きなスーツケースを持参する場合でも、入りきらないことがしばしばあるはず。それにお土産を買っていると、必然的に帰国の際は荷物がかさんでしまいますね。

そこで、手荷物を自宅まで送り届けてくれるサービスが登場しています。空港に制限はあるものの、500円という格安料金でご利用可能です。

三菱UFJニコスが提供するゴールドカードサービス

GINZA SIXは、三菱UFJニコスとも契約しているとのことですね。クレジットカード業界では重きをなしている三菱UFJニコスがバックにいるおかげで、以下のような特典も期待できます。

日本語で情報を教えてもらえる「ハローデスク」に電話できます

これは外国に行ったときに、重宝するサービスです。

言葉が通じない異国の地で、わからないことや困ったことに出くわしたときに電話1本で助けを求められます。日本語のオペレーターがテキパキと回答してくれます。

国内と海外、どちらに出かける場合でもレンタカーに格安料金で乗れます

三菱UFJニコスがGINZA SIX カード ゴールドに提供しているレンタカー関連のサービスは、主に以下の2点ですね。

  • レンタカー割引

国内のレンタカー業者のサービスを申し込むときに、値引きを受けられます。トヨタレンタカーや日産レンタカーといった、有名どころで利用できます。

  • 海外レンタカー割引

レンタカーの利用料金が安くなるという点では、蒸気の国内向けサービスと大差ありません。提携しているのは、ハーツやバジェット、アラモ……etc.と、やはり大手の業者ばかりです。

電子マネーも使えますApple Pay(アップルペイ)&QUICPay(クイックペイ)

電子マネーの中で、今特に伸び盛りなのはどこでしょう? 答えは人それぞれ変わることでしょうが、ApplePayやQUICPayの名前をあげる人はたくさんいるのではないでしょうか?

GINZA SIXは、このふたつの将来性に気づいてGINZA SIX カードで使えるように取り計らいました。もともと三菱UFJニコスがかかわっているクレジットカードの場合、Apple Payは使えるのが当たり前になっています。

Apple Payに、GINZA SIXカードを登録できます! iPhoneで支払いができます!

お手持ちのiPhoneにApple Payを設定し、さらにそこにGINZA SIXカードを登録しましょう。するとQUICPayが使えるところでならどこでも、支払いが一瞬で実現するようになります。

Apple Payの利用額も、GINZA SIXポイントをもらえます

ApplePay&QUICPayを使えるのは便利ですが、それだけではありません、その決済額もちゃんとGINZA SIX ポイントの加算対象に含まれます。

QUICPayを通した支払いができます!おサイフケータイで買い物しましょう

QUICPayの決済を導入している商業施設は急速に増加していますし、まだ増える可能性が高いです。それと、現金もカードも出さずに決済できるのは、この上なく便利なことですね。

GINZA SIX カード ゴールドのデメリット

GINZA SIXにコンスタントに行ける人にのみおすすめの会員向けクレジットカードです

マスターカードと提携していますから使用できる店は全国に無数にありますし、保険関係やトラベル関係、それから電子マネーとサービスはそこそこ多いのですが、あくまでもGINZA SIXで使うために存在するクレジットカードです。銀座に容易にアクセスできる場所に住んでいるなど、GINZA SIXにときどき遊びに行けるユーザでないと、メリットは半減してしまいます。

ポイント還元率が高くても利用できるのはGINZA SIXのみ!ご注意ください

ポイント還元率が常に高いカードですが、せっかくポイントを貯めてもそれを使えるのはGINZA SIXの中だけです。前述していますが、何かのポイント・マイルや商品券に交換することもプレゼントをもらうこともできないのです! この点をみてもやはり、GINZA SIXにめったに行けないユーザにはおすすめできるカードではありません。

チャージできる電子マネーはあっても、ポイント対象にならないことが多い

チャージするだけであれば、楽天EdyやモバイルSuica、SMART ICOCAのようなメジャーな電子マネーに入金できます。しかしいくらチャージしても、その額からポイントが還ってくることはありません。

GINZA SIX カード ゴールドのまとめ

GINZA SIX カード ゴールドは富裕層向けの会員制ゴールドカード。サービスのバランスが抜群

GINZA SIX カード ゴールドは、銀座のシックな街並みをコンスタントに歩き回っている層にぴったりのクレジットカード。近いうちに銀座の新たなシンボルになると思われる、GINZA SIXに通うことができるセレブのためにあるゴールドカードです。満足度の高いショッピングや飲食、エンターテインメントのためにお金を惜しまない層のニーズに合わせて、サービスがつくられています。

ポイントシステム・旅行関係を中心にサービスが整っています。大きな穴はありません

GINZA SIXの内部でも、Master提携店でも高い還元率でポイントが貯まります。そしてトラベル関係の特典の質と量が光ります! 飛行機や鉄道、空港や保険、さらにレンタカーや手荷物サービス、コールセンターサービスと山盛りです。

年会費が安いローコストなゴールドカードである点は見逃せない強み

『GINZA SIX カード ゴールド』は年会費が安いのも魅力の1つ。格安ゴールドカード並みの年会費5,000円+税です。重荷になるゴールドカードではないでしょう。

年会費が格安なのに豪華なサービスが用意されています

これだけ年会費が安いのにもかかわらず、サービスはまったくチープではありません。しかも(GINZA SIXに行けないユーザのことを想定していない点を除くと)ウェルバランスなカードです。

「GINZA SIX カード ゴールド」が「GINZA SIXカード プレステージ」よりもおすすめな方とは?

「GINZA SIXカード プレステージ」は、ゴールドカードをはるかに凌駕するプレミアムカードです。その分、還元率や旅行保険は高くなりますし「GINZA SIX PREMIUM SERVICE」におけるサービスだって、ひと回り上です。しかし年会費が、何と「GINZA SIX カード ゴールド」の10倍に達します。50,000円という膨大なコストを貪欲に取り返すつもりで持つ決意がないと、おそらく宝の持ち腐れになってしまいますね。

「GINZA SIXにときどき行けるし、リッチな気分も味わいたいけど、コストはかけたくない!」そんなユーザに向いているのが「GINZA SIX カード ゴールド」でしょう。

GINZA SIXカード ゴールド詳細情報

基本情報

入会資格 原則として18歳以上で、安定した収入のある方(学生を除く)
発行会社 三菱UFJニコス
本社所在地 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX
創業 1951年6月7日
発行可能ブランド マスターカード
発行期間 2週間
年会費 1年目 5,000円+税
2年目以降 5,000円+税
家族カード 1年目 無料 2枚目より750円/枚
2年目以降 無料 2枚目より750円/枚
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイントシステム

ポイントプログラム GINZA SIXポイント
ポイント還元率 1.0%~2.0%
ポイント有効期限 カード利用日から起算して翌年度の2月末日まで
最低交換単位 1,000ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ
マイレージ還元率 -
最低交換単位 -
マイレージ移行手数料 -

電子マネー

チャージ可能な電子マネー

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害・疾病 最高150万円
携行品損害 最高20万円(免責3,000円)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円
ショッピング保険 最高200万円
備考 国内旅行保険家族特約付帯
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
高還元率カード比較!ポイントがお得に貯まるおすすめクレジットカード
年会費無料のクレジットカード比較!還元率や海外旅行保険でおすすめ
キャッシングにおすすめのクレジットカード比較!金利や返済、審査で選ぶ
家族カードおすすめ比較!家族カードがお得なクレジットカードランキング
「審査」重視派
審査に通りやすい?審査基準で選んだおすすめクレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査&発行が早いクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード比較!専業主婦でも審査に通る?
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
ANAカード比較!お得にマイルを貯めるおすすめのANAクレジットカード
最強マイルカード比較!マイルが貯まる航空会社別クレジットカードランキング
JALカード比較!JALマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!クレジットカードをステータスでランキング
銀行系クレジットカード比較!メリットと審査で選ぶおすすめ銀行系カード
ゴールドカードをお得度で比較!年会費が安いおすすめゴールドカード
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較!人気のゴールドカード
海外旅行保険付きクレジットカード比較!年会費無料で自動付帯がおすすめ
クレジットカードを海外旅行保険で比較!自動付帯のおすすめゴールドカード
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
プライオリティ・パスで選ぶクレジットカード比較!海外VIP空港ラウンジ無料
「自動車」重視派
最強ガソリンカード比較!ガソリンスタンド別クレジットカードランキング
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代におすすめのクレジットカード比較!大人のステータス&ゴールドカード
40代の大人のクレジットカード比較!かっこいいゴールドカードランキング
50代の申込み制プラチナカード比較!おすすめステータスカードランキング
20代におすすめのクレジットカード比較!18歳以上で初めてなら銀行系カード
新社会人のためのクレジットカード比較!社会人一年目におすすめ
「学生」重視派
学生でも即日発行できるクレジットカード比較!審査でおすすめの学生カード
海外旅行で学生に人気のクレジットカード比較!海外旅行保険付き学生カード
ANA学生カードvsJAL学生カード!マイルと特典で学生クレジットカードを比較
学生におすすめのクレジットカード比較!お得な特典で選ぶ学生カード
「法人カード」比較特集
ポイント還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
法人カードを年会費無料vs有料で比較!ビジネスで役立つ法人クレジットカード
マイル還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
「お買い物」重視派
Amazonでおすすめのクレジットカード比較!カード払いでポイントを貯める
楽天市場でお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
「デザイン」重視派
JCBのディズニーカード比較!ディズニーデザインで選ぶクレジットカード
クレジットカードをデザインで比較!かっこいい&おしゃれなカードランキング
可愛いクレジットカード比較!かわいいキャラクターカードのランキング
「電車」重視派
おすすめビューカード比較!Suicaにオートチャージできるクレジットカード
おすすめパスモカード比較!PASMOにオートチャージできるクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP