国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)

年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
家族カード 無料
旅行保険 海外
国内
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー idsuicawaonedy
国際ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行会社 イオン銀行
発行期間 約3週間
  1. point1イオン銀行キャッシュカード+電子マネーWAON+イオンカードクレジットカード
  2. point2WAONチャージで0.5%還元!ミニストップの公共料金、コンビニ支払いでもお得!
  3. point3年会費無料!イオン、ビブレ、マックスバリュで常時ポイント2倍!還元率1.0%

イオンカードセレクト((キャッシュカードWAON一体型))の特徴

WAONとイオンカード、イオン銀行キャッシュカードが1つになったカード

aeonselectbank『イオンカードセレクト(イオン銀行一体型)』は、もともとのイオンカードとしての①クレジット機能に加えて、②電子マネーのWAON、③イオン銀行のキャッシュカード、の3つの機能が1つにまとまったクレジットカードです。
イオンカードセレクト(イオン銀行一体型)は、年会費も無料のため、普段からイオンでの買い物を頻繁にする方、あるいはたまにしかイオンを利用しない方にもオススメです。またときめきポイントの2重取りができる珍しいクレジットカードともなっています。

イオンカードセレクト((キャッシュカードWAON一体型))のメリット

WAONオートチャージでWAONポイントが貯まる

『イオンカードセレクト((キャッシュカードWAON一体型))』の大きなメリットは、イオンカードセレクトでWAONオートチャージを行うことで、ときめきポイントをもらうことができることです。
オートチャージとはあらかじめ金額の設定をしておき、残高がその設定金額を下回った際に、自動でチャージできる制度です。他のイオンカードもWAONへオートチャージを行うことができるのですが、オートチャージでときめきポイントがもらえるのは、イオン銀行と連携しているイオンカードセレクトだけの特典なのです。そのためお財布の中身がスマートになるだけでなく、お得にWAONポイントを貯めるのにも人気なのです。

ポイント二重取りはイオンカードセレクトだけ

さらにそのチャージしたWAONでお買い物をすれば、WAONポイントももらえるので、オートチャージしたWAONでの一度のお買い物で、「ときめきポイント」と「WAONポイント」の両方をもらうことができるというイオンカードセレクトだけのメリットが出てきます。このときめきポイントとWAONポイントのポイント2重取りがイオンカードセレクトが他のイオンカードよりも人気となっている理由です。
オートチャージは、イオン銀行の自分の口座からチャージすることになりますので、当然口座にお金が入っていなければチャージができません。これはWAONとイオン銀行の機能が備わったイオンカードセレクトだからこその特典となっているのです。

イオン銀行ポイントクラブで更にお得

イオンカードセレクトは利用金額に応じてステージが存在しています。その名もイオン銀行ポイントクラブです。イオン銀行ポイントクラブでは直近6ヶ月間の利用金額が多ければ多いほどステージが上がり、翌月にもらえる特典が増えていきます
WAONオートチャージはもちろん、クレジットカードとしての利用だけでなく、WAONの利用金額も対象となっていますので、イオンでの買い物が多い人には有利となるのです。

わくわくデーの利用で更にお得になる

イオン銀行ポイントクラブのステージは10万円~、30万円~、50万円~の3段階に分けられています。わくわくデー(毎月5日・15日・25日)のオートチャージで、最大で3倍ものWAONポイントをもらうことができます
ただ、オートチャージによる金額は銀行座から引き落としされる仕組みとなっていますので、ステージ換算のための合計金額には含まれません。

イオン銀行口座の活用でWAONポイント獲得

イオンカードセレクトと連携しているイオン銀行では、口座を給与の振込口座に指定することで、毎月必ず10WAONのポイントをもらうことができます。給与の金額は関係なく、例え少ない金額だったとしても、固定で10WAONポイント付与となっています。
もし本業と掛け持ちでサイドビジネスをしている方が、そのどちらの給与もイオン銀行にすると毎月20WAONポイントがもらえまので、よりお得になります。

毎月の支払いをすれば更に貯まる

さらに生活する上で毎月発生するガスや電気、携帯代などをイオンカードセレクトで支払うことで、毎月5WAONポイントがもらえます。それぞれの支払いに対してポイントが付与されますので、仮に3件カードで支払うと15WAONポイントを毎月付与されるのです。
これはイオンカードセレクトだけのサービスとなっていますので、ぜひとも利用したい特典となります。
特典によってはステージが上がれば還元率もあがるため、暮らしの全てでイオンを利用するようになってきます。

イオンカードセレクト(イオン銀行一体型)は切り替え費用無料

イオンカードセレクト(イオン銀行一体型)は、イオン銀行の口座の開設が必要ですが、発行手数料無料、年会費無料で作ることができます。イオンカードからイオンカードセレクト(イオン銀行一体型)への切り替えも無料で行えます。

WAONとカードは日によって利用方法を変えよう

20日、30日は5%オフや、5日、15日、25日はポイント2倍など、日によって色々な特典を設けていますが、毎月10日はWポイントデーとなっています。この日はクレジットでの支払いをすることで、ときめきポイントがいつもの倍もらうことができます。
この日はクレジット払いだけが対象となっていますので、WAONを使っても特典を受けることができないのです。

WAONポイントがお得になる特定日

  • WAON特典1 毎月20日・30日「お客さま感謝デー」
    ・・・WAONでお支払いいただくと、お買物代金が5%OFF!
  • WAON特典2 毎月5日・15日・25日「お客さまわくわくデー」
    ・・・WAONでお支払いいただくと、WAONポイントが2倍!
  • WAON特典3 毎月10日「ありが10デー」
    ・・・ WAONのお支払いで、WAONポイント5倍!
  • WAON特典4 「火曜市WAONトクトクポイント」
    ・・・火曜日にイオンのお店で3,000円(税込)以上のWAONのお支払いで、100WAONポイントプレゼント!

※全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンター、ミニストップの各店舗が対象ですが、一部対象外店舗および一部対象外商品があります。イオンカードのときめきポイントなどのキャンペーン、ポイント倍付け企画等との併用はできません。

イオンカードで受けられる特典リスト

  • イオン特典1 毎月20日・30日「お客さま感謝デー」
    ・・・イオンカードの利用で、イオン系列店でお買物代金が5%OFF!
  • イオン特典2 毎月5日・15日・25日「お客さまわくわくデー」
    ・・・WAONのご利用で、ときめきポイント2倍!
  • イオン特典2 毎月10日「ときめきポイントデー」
    ・・・ 毎月10日はクレジットカード利用で、どこでもときめきポイント2倍!
  • イオン特典4 毎月15日「G.G感謝デー」
    ・・・毎月15日は、55歳以上の会員さま限定でイオン系列店で、お買い物5%OFF!

イオンカードセレクト((キャッシュカードWAON一体型))のデメリット

発行までに時間がかかる

イオン銀行の口座を持っていない方が申し込んだ場合、イオンカードセレクトはイオン銀行の口座開設と、イオンカードのクレジット審査を同時に行うことになります。このように銀行とクレジットの両方の審査があるため、通常のクレジットカードの審査、発行よりも時間が掛かってしまいます
最短では一週間程度で発行できますが、即日発行できるケースが多いために、手元に届くまでに長いと感じるでしょう。

海外・国内旅行保険は付帯しない

イオンカードセレクト(イオン銀行一体型)は、ショッピング保険とカード盗難保障ぐらいしか保険が無料付帯しません。海外旅行傷害保険がついてこないためメインカードとしてはおすすめできません。日本国内、特にイオン系列でのショッピング専門のクレジットカードとして位置づけられます。もちろんWAONが貯まるため、公共料金の支払いなどに特化させてもOKです。

ポイント還元率重視のカードではない

イオンカードセレクト(イオン銀行一体型)のポイント還元率は0.5%です。200円(税込)に1ポイントなので、ポイント還元率重視の方にはあまりおすすめできません。平均的な還元率ではなく、あくまでもWAONとの連携や、イオン系列店での特典を重視すべきです。

イオンカードセレクト((キャッシュカードWAON一体型))のまとめ

イオングループをお得に利用するためのカード

イオンカードセレクトはイオンとWAONのサービスを最大限使い倒したい方に是非おすすめしたいクレジットカードです。日頃からイオン系列の店舗で買い物をする方は、イオンカードセクレトを有効に活用することで、ダブルでポイントを獲得できるため、通常よりもかなりお得に買い物ができるのです。

クレジット払いなどは怖いから使わないという人もいますが、特徴を見れば分かるように、イオンカードセレクトは現金での利用よりもカード利用が大幅にお得な支払い方法となっています。もしどうしてもクレジット払いは怖いという人であれば、イオン銀行への入金額を少額にしておくことをおすすめします。またWAONへのオートチャージも低く抑えておくと良いでしょう。限度額が決まっていることで安心して利用することが出来ます。

基本情報

入会資格 18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
発行会社 イオン銀行
本社所在地 東京都江東区 枝川1-9-6
創業 2006年5月15日
発行可能ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行期間 約3週間
年会費 1年目 無料
2年目以降 無料
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム ときめきポイント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 最長2年間
最低交換単位 1,000ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ JAL
マイレージ還元率 1pt = 0.5マイル
最低交換単位 1,000ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー idsuicawaonedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件
死亡・後遺障害
傷害・疾病
携行品損害
国内旅行傷害保険
ショッピング保険 50万円
備考

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)でよくある質問

今開催しているキャンペーンはありますか?

イオンカードセレクト(イオン銀行一体型)では現在入会キャンペーンを行っています。今カードに入会すると特典として、最大で1万円分のポイントがもらえるキャンペーンを行っています。キャンペーン期間内にカードに入会をして、一定期間の間にカードを利用することで、利用額に応じて最大1万円分のポイントがもらうことが出来ます。

入会特典として最大1万円分のポイントがもらえる特典があり!

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)のデメリットを教えて下さい

記事の中でもイオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)のデメリットを紹介していますが、他のデメリットについて紹介します。とても便利なカードだけに、どうしてもデメリットに関する質問が増えるのも特徴です。
イオンカードセレクト(イオン銀行一体型)のデメリットには、下記のようなものがあります。
・引き落とし口座がイオン銀行限定
・ポイントが複雑
・イオン以外の利用は還元率が良くない
イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)に入会するには、上記のデメリットも理解したうえで検討しましょう。

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)にはデメリットもある。

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)の解約方法を教えてください

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)の解約方法には、電話とインターネットの二種類があります。
①インターネットの場合は下記サイトから行えます。
https://www.aeon.co.jp/inquiry/leave/
②電話の場合は下記に連絡をします。
0570-071-090(受付時間 9:00-18:00 年中無休)

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)の審査基準を教えてください

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)の申込基準は、年齢が18歳以上で電話連絡が可能な方です。申込基準としては他カード会社と比べても低く、審査もそこまで厳しくはないと言えるでしょう。イオンのような流通系カード会社は、他のカード会社と比較すると比較的審査は通りやすいです。そのためイオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)審査基準はそこまで高くないと言えるでしょう。

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)の審査期間を教えてください

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)の審査期間は、口座解説とカードの審査を同時に行うため若干時間のかかる傾向にあります。最短であれば申込をしてから一週間程度で審査が通過しますが、カードが手元に届くまでは二週間程度を見ておきましょう。

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)は正直なところ口コミ・評判はどうなんですか?

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)は数あるイオンカードの中でも、イオンユーザーにとっては一番おすすめの出来るカードです。ポイントが二重取り出来るなど、イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)ならではの特典が魅力です。
しかし、これらの魅力はイオンユーザーでなければ半減してしまいます。引き落とし口座もイオン銀行のみというのも、デメリットの一つです。生粋のイオンユーザーにとっては、特におすすめが出来る一枚です。

イオンユーザーのはおすすめのカード。普段あまりイオンを利用をしないのであれば、こちらのカードもおすすめです。http://www.patacriticism.org/creditcard/nicoscardviaso.html