国内最大級400枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

イオンカード(WAON一体型)

年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
家族カード 無料
旅行保険 海外
国内
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー idwaon
国際ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行会社 イオン銀行
発行期間 約2週間
  1. point1ときめきポイントとWAONポイントが両方貯まる!オートチャージも可能!
  2. point2年会費無料!お客さま感謝デー5%オフなど割引き特典やメリットが豊富!
  3. point3イオン、ビブレ、マックスバリュなどでポイント2倍!還元率1.0%!

イオンカード(WAON一体型)の特徴

電子マネーWAONとイオンカードが一緒になったクレジットカード

イオンカード(WAON一体型)券面画像『イオンカード(WAON一体型)』は、人気のイオンカードに電子マネーであるWAONの機能を追加したクレジットカードです。これまでのクレジットカード機能だけの『イオンカード』から切り替えて、『WAON一体型』となることで使い方の幅が広がり、電子マネーが使えてポイントが貯まったり、オートチャージでもポイントが貯まるなどメリットが増えました。WAONの発行手数料が無料になるのもメリットの1つです。

イオンカード(WAON一体型)はディズニーのミッキーマウス デザインも選べます!

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)券面画像『イオンカード(WAON一体型)』は、ディズニーのキャラクター「ミッキーマウス デザイン」のカードフェイスも選べます。こちらは通常の『イオンカード』では選べない特別なカードフェイス。国際ブランドJCBを選んだときだけの特典です。『イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント=1円相当)でも選ぶことができるので選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

イオンカード(WAON一体型)のメリット

WAON一体型でWAONポイントが貯められるメリット!

もともとクレジットカードである『イオンカード』は、後払いシステムにてショッピングやキャッシングができるため、お財布の中身を気にしなくても利用ができました。しかし事前にチャージ(入金)したWAONを使うことで、WAONポイントを貯めることもできるようになりました。

WAONとイオンカードの使い分けでさらにお得に!

WAONを使って買い物をすることで、その支払い代金に対してのWAONポイントももらえますので、WAONポイントが多くもらえる日に利用することでさらにお得になります。

WAONポイント目的で、先払いのWAONを中心に利用することで、後払いのために使いすぎてしまうといった心配を軽減できます。しかもWAONで対象商品を購入すると、別途、WAONボーナスポイントがもらえたりするので、クレジットカード機能とWAON機能の使い分けがおすすめです。

WAONポイントがお得になる特定日

  • WAON特典1 毎月20日・30日「お客さま感謝デー」
    ・・・WAONでお支払いいただくと、お買物代金が5%OFF!
  • WAON特典2 毎月5日・15日・25日「お客さまわくわくデー」
    ・・・WAONでお支払いいただくと、WAONポイントが2倍!
  • WAON特典3 毎月10日「ありが10デー」
    ・・・ WAONのお支払いで、WAONポイント5倍!
  • WAON特典4 「火曜市WAONトクトクポイント」
    ・・・火曜日にイオンのお店で3,000円(税込)以上のWAONのお支払いで、100WAONポイントプレゼント!

※全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンター、ミニストップの各店舗が対象ですが、一部対象外店舗および一部対象外商品があります。イオンカードのときめきポイントなどのキャンペーン、ポイント倍付け企画等との併用はできません。

電子マネー「WAON」のオートチャージが可能!ポイントも貯まる!

イオンカード(WAON一体型)には電子マネーWAONの機能が付いていますが、通常は現金を専用の機械等でチャージすることで利用することになります。しかしこのWAONへのチャージを、イオンカードのクレジット機能を使ってオートチャージすることもできるのです。

もちろん1,000円単位でWAON端末(WAONチャージャー、WAONステーションなど)でクレジット支払いのチャージも可能です。

イオンカードの特典も盛りだくさん!

もちろんこれまでの『イオンカード』と同じように、イオン系列のデパートやスーパーでは、20日、30日に5%オフの特典を受けることもできます。イオンカードで支払いするだけで5%割引の恩恵を受けられる上に、ときめきポイントも2倍になるのがポイントです。

コスモ石油でポイント2倍!、イオンシネマで特別料金!

『イオンカード(WAON一体型)』は、ときめきポイントクラブの優待加盟店で利用すれば2倍~3倍のときめきポイントが貯まります。特に自動車ユーザーには「コスモ石油」でポイント2倍、映画好きには「イオンシネマ(※旧ワーナー・マイカル・シネマズ含む)」でポイント2倍になるのが好評です。

またイオンシネマは、イオンマークのカードでのクレジット払いで、会員の方と同伴の方(大人)1名まで300円引きになるのも見逃せません。さらに毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」は会員と同伴者全員鑑賞料金1,000円で映画が見られます。

イオンカードで受けられる特典リスト

  • イオン特典1 毎月20日・30日「お客さま感謝デー」
    ・・・イオンカードの利用で、イオン系列店でお買物代金が5%OFF!
  • イオン特典2 毎月5日・15日・25日「お客さまわくわくデー」
    ・・・WAONのご利用で、ときめきポイント2倍!
  • イオン特典2 毎月10日「ときめきポイントデー」
    ・・・ 毎月10日はクレジットカード利用で、どこでもときめきポイント2倍!
  • イオン特典4 毎月15日「G.G感謝デー」
    ・・・毎月15日は、55歳以上の会員さま限定でイオン系列店で、お買い物5%OFF!

イオンカードは年会費無料!切り替え費用も無料!

イオンカード(WAON一体型)は作るのに一切の費用が掛かりません。もちろんカード発行代だけでなく、継続して使うための年会費も無料です。

しかもカードを仮に1年間一切利用していなかったとしても、何もお金は掛かりませんので、持っていて損をすることがないのです。イオングループのポイントカードとして位置づけるのもありです。

また、イオンカードからイオンカード(WAON一体型)へと切り替えることもできますが、その費用も1円も掛かりません。

イオンの割引き特典が受けられ、ときめきポイントの2重取りもできる

イオンカードは特定日に5%割引きが受けられます。ポスレジに通す処理が必要なのでお預かりが必要ですが、イオンカードを利用するだけで5%割引きが受けられるので、イオングループはいつでもポイント2倍なので、5%オフの他にイオンカードで決済すれば、1.0%のときめきポイントも貯まります

ときめきポイントはWAONポイントへ交換すれば使い方が自由自在!

イオンカードでお買い物した際には「ときめきポイント」をもらえますが、この「ときめきポイント」は、1,000ポイント以上500ポイント単位で「WAONポイント」に移行して利用することができます。
1,000WAONポイントは、1,000円相当の電子マネーとして、いろいろな場所で利用できるので、状況に応じて使い分けることがコツとなります。

イオンカード(WAON一体型)のデメリット

旅行保険やショッピング保険が一切付かない!

イオンカード(WAON一体型)は、海外・国内の旅行傷害保険が一切、付帯しません。ショッピング専門のクレジットカードとなっています。そのためイオンカードは割引特典などの具体的なメリットを利用するサブカードという位置づけになります。

ポイント還元率は平凡な0.5%というデメリット

イオンカード(WAON一体型)のポイント還元率は0.5%。200円に1ポイントなので還元率的には全く平凡なクレジットカードです。単純にポイント還元率で見た場合は、同じ無料でも『Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』(還元率1%以上)などの方が遥かに還元率が良く、おすすめです。

そのため割引きなどの特典が受けられるイオングループ店での利用以外ではあまりおすすめできません。

Suicaへのチャージは不利となります

普段電車の利用でSuicaを利用している人は、イオンカードからチャージすることもできるのですが、他のクレジットカードと比較すると、ポイントによる還元率が低いので、あまりおすすめではありません。

イオンカードでのSuicaチャージは、通常の0.5%よりも低い、0.25%の還元率となります。しかしJR東日本が発行している「ビューカード」の場合には、1.5%と6倍もの還元率となっているのです。日々通勤やコンビニなどで利用する機会が多い人は、かなり大きな差となるのです。

イオンカードを切り替える際には注意が必要

もともとイオンカードを持っている人は無料でイオンカード(WAON一体型)へと切り替えることができますが、国際ブランドを新たに変更することはできません。

また、イオンSuicaカードなど、カードの種類によっては切り替えることができない場合もあります。
もし切り替えができないけどイオンカード(WAON一体型)が欲しいという際には、新たに申し込みを行って、審査に通らないといけません。

イオンカード(WAON一体型)のまとめ

まとめ:WAONでイオングループ各店を更にお得に利用するためのカード

『イオンカード(WAON一体型)』は、イオングループの各店舗でクレジットカードとイオン系列の電子マネーWAONを使い分けて、さらにお得にお買い物をするためのクレジットカードです。
イオングループ各店舗をご利用で、WAONの利用を含めて、お得にお買い物をしたい方におすすめのクレジットカードとなっています。

発行料無料のWAONカード、イオン専用のサブカードとして利用しましょう

既存の『イオンカード』の場合、別に有料の「WAONカードプラス」を申し込むことで、買物のたびに電子マネーでポイントを貯めることができるようになります。しかし『イオンカード(WAON一体型)』であれば無料で申し込むことができますし、一体型にすることで、1枚でクレジットカードと電子マネーの両方を利用できるようになります。

基本情報

入会資格 18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
発行会社 イオン銀行
本社所在地 東京都江東区 枝川1-9-6
創業 2006年5月15日
発行可能ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行期間 約2週間
年会費 1年目 無料
2年目以降 無料
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム ときめきポイント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 最長2年間
最低交換単位 1,000ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ JAL
マイレージ還元率 1pt = 0.5マイル
最低交換単位 1,000ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー idwaon

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件
死亡・後遺障害
傷害・疾病
携行品損害
国内旅行傷害保険
ショッピング保険
備考

イオンカード(WAON一体型)でよくある質問