国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

JCB一般法人カード

JCB一般法人カード
年会費 初年度:オンライン入会で初年度無料(次年度以降:1,375円(税込))
2年目以降:1,375円(税込)
還元率 0.5%~0.75%
発行日数 約3週間
年会費 初年度 オンライン入会で初年度無料(次年度以降:1,375円(税込))
2年目以降 1,375円(税込)
家族カード 1,375円(税込)
旅行保険 海外 最高3,000万円
国内 最高3,000万円(利用付帯)
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー
国際ブランド JCBカード
発行会社 株式会社ジェーシービー
発行期間 約3週間
  1. point1オンライン入会で初年度年会費無料!追加カードも1,250円+税と格安!
  2. point2あらゆる経費を0.5%でポイント還元!複数カードを一括清算!
  3. point3複数のETCカードを無料で発行可能!経費精算が楽になる

JCB一般法人カード(ポイント型)はJCBの発行する法人カードで、一般カードに位置するスタンダードなカードです。JCBの法人カードには利用額に応じてキャッシュバックが受けられるキャッシュバック型もありますが、こちらはokidokiポイントの貯まるポイント型のカードです。

スタンダードなカードで年会費も1,375円(税込)と安いですが、ビジネスに役立つ特典はしっかりと付帯しているカードです。今回の記事ではJCB一般法人カード(ポイント型)について紹介をしていきますので、興味のある方はぜひお読み下さい。

JCB一般法人カード(ポイント型)

JCB一般法人カード(ポイント型)のメリット

JCB一般法人カード(ポイント型) メリット

今回の記事ではJCB一般法人カード(ポイント型)について紹介をしていきますが、まずはメリットから見ていきましょう。

あらゆる支払いでポイントが貯まる

JCB一般法人カード(ポイント型)の一番のメリットは、カードの利用額に応じてポイントが貯まる点です。個人のクレジットカードであればポイントが貯まるのは当たり前ですが、法人カードの場合はいっさいポイントが貯まらないカードも珍しくありません。

その点このカードであればJCBのokidokiポイントが貯まるので、経費精算や出張などあらゆる支払いをお得にすることが出来ます。通常時のポイント還元率は0.5%と決して還元率が高い訳ではありませんが、次で紹介をしているように還元率が良くなる特典もあります。効率良く利用することで、経費清算などの場面でとても得することが出来ます。

海外利用や利用額に応じたポイントアップがある

カードの利用額に応じてポイントが貯まるのがメリットですが、ポイントの還元率がアップする仕組みがあるのも特徴です。ポイントアップの仕組みには二つあり、具体的には下記のようになっています。

  • WEB明細サービス「MyJチェック」に登録をして、海外でカードを利用するとポイントが2倍になる
  • 1年間で合計100万円以上利用すると、翌年のポイントが50%アップ

上記のように一定の条件がありますが、貯めるポイントを大きくアップすることが可能です。特に海外での利用はポイントが2倍になるので、海外出張などが多い法人にはおすすめの特典と言えます。

会計ソフトが割引になる

法人でも個人事業主でも、事業を行っている以上は会計処理は必須です。会計処理をするには会計ソフトが必要になりますが、このカードを持っていれば事業に必要な会計ソフトが割引価格で利用することが出来ます。

  • 弥生会計のベーシックプランもしくはセルフプラン、「青色申告 オンライン」のトータルプラン、ベーシックプランまたはセルフプランを初年度無料で利用出来る
  • クラウド会計ソフトfreeeの「法人ベーシックプラン」「個人スタンダードプラン」の初年度年会費を15%offで利用出来る

また会計ソフトが割引で利用出来るだけでなく、MyJCB外部接続サービスと上記の会計ソフトを連携させることで自動で仕分けなどの会計処理を行うことが出来ます。経費の精算をカードに集中することで、経理に伴う事務負担を大きく減らせることもメリットの一つと言えます。

最高3,000万円の旅行保険が付帯している

年会費が1,375円(税込)と安いにもかかわらず、しっかりとした旅行保険が付帯をすることもメリットです。旅行保険は旅行代金をカードで決済をする必要があり、更にMyJチェック登録をするという条件付きですが最高で国内・海外ともに3,000万円の旅行保険が付帯します。

また旅行保険だけでなく、カードを利用して購入した商品が盗難や災害による破損で損失した場合の金額を補償するショッピングガード保険も海外に限って上限100万円で付帯をしています。このように一般カードにしては保険が充実していることも、このカードのメリットの一つです。

JCBの法人サービスが利用出来る

JCBが提供する法人向けのサービスが利用出来ることもこのカードのメリットです。先ほど紹介した会計ソフトの優待以外にも、ビジネスに役立つ下記のような特典が付帯します。

  • カードの発行枚数に関係なく複数枚のETCカードが発行出来る、ETCスルーカードNが発行出来る
  • ETCスルーカードNの走行日・ご利用区間・金額をオンラインで確認できるE-CO明細サービスが利用出来る

上記以外にも贈答にピッタリのJCB商品券の手配や、タクシーチケットなどビジネスに役立つ特典が豊富に利用することが出来ます。

JCB一般法人カード(ポイント型)のデメリット

JCB一般法人カード(ポイント型) デメリット

メリットの次はJCB一般法人カード(ポイント型)のデメリットについて紹介していきます。

海外では利用できないお店もある

JCBの発行するカードですから、付帯する国際ブランドは当然JCBになります。JCBは日本で唯一の国際ブランドですから国内での利用は全く問題ありませんが、海外では利用できない店舗もあります。以前に比べるとJCBも加盟店は増えていますが、それでも国や地域によっては使えない店舗もある点がデメリットです。

アメリカやヨーロッパなどの日本人が良く訪れる地域では使える店は多いですが、それ以外の地域では使えない店舗も少なくありません。このように利用出来ない店舗があるのがJCB一般法人カード(ポイント型)のデメリットです。

ポイント還元率は低い

JCB一般法人カード(ポイント型)は様々な支払いでポイントが貯められるのは特徴ですが、そもそものポイント還元率は0.5%と高くありません。

JCBの法人カードにはキャッシュバック型もありますが、キャッシュバック型の場合は最大で3%もの還元率を誇ります。

キャッシュバック型は還元になるのが交通費や出張費に限られるなどの制約があるので一概には比較出来ませんが、ポイント型でも1%の還元率になるカードも珍しくはありません。JCB一般法人カード(ポイント型)も海外での利用などのポイントアップがありますが、それでも通常利用時の還元率が0.5%なのはデメリットと言えます。

限度額が最高100万円と低い

JCB一般法人カード(ポイント型)の限度額の上限は、100万となっています。個人向けカードであれば100万円も限度額があれば十分ですが、法人カードで限度額が100万というのは心もとない水準です。法人カードの場合は従業員向けに複数枚のカードを発行することが多いですが、そのような場合でも限度額は合算になります。

そのためカードの発行枚数が多くなるほど1枚あたりの限度額は低くなってしまいます。規模の大きな法人であるほど限度額100万円では足りなくなってしまう可能性があるので、この点はデメリットと言えるでしょう。

限度額100万円では足りない法人の場合、上位カードである「JCB ゴールド法人カード」を発行すると良いでしょう。

JCB ゴールド法人カードは限度額に決まりがなく、各法人に合わせて個別に限度額を設定してくれます。

JCB ゴールド法人カード

国内/海外旅行保険に空港ラウンジが付いた法人ゴールド
オンライン申し込みで初年度年会費無料!ETCカードの発行も簡単!

詳細を見る

JCB一般法人カード(ポイント型)の審査基準・難易度

JCB一般法人カード(ポイント型) 審査

メリット・デメリットでカードの概要が分かったら、次に気になるのは審査基準でしょう。JCB一般法人カード(ポイント型)の審査基準について紹介をしていきます。

設立間もない企業でも入会可能

カードの審査基準はどのカード会社も公開をしていないので、詳しい審査基準については不明です。しかし審査の際に重要視されるポイントについては共通をしており、法人カードの場合は事業の安定性や継続性が重要になります。

つまり、業歴の長い黒字の優良企業ほど審査に通過をしやすいのですが、カード会社によっては一概にそうとは言えません。

何故かと言うと、業歴の長い優良企業ほどカードを使わない傾向にあるので、カードの発行数を伸ばすには業歴の浅い企業に対してもカードを発行する必要があります。

実際にJCB一般法人カード(ポイント型)の入会基準を見てみると、下記のようになっています。

  • 法人または個人事業主のみ

法人または個人事業主であれば、業歴や決算が黒字かどうかも関係なく申込が可能となっており、入会基準が幅広いカードであると言えます。

このようなカードの場合の審査基準は、法人の業績と合わせて代表者のクレジットヒストリーが重要視されると言われています。

代表者がこれまで延滞や金融トラブルを起こしていたりすると、法人の信用力にも影響するのでカードの発行が難しい場合もあります。

逆に言えば、代表者の過去のクレジットヒストリーに問題が無ければ、設立間もない法人であっても発行が可能なカードと言えるでしょう。

審査期間は3週間程度

JCB一般法人カード(ポイント型)の審査期間は3週間程度です。個人向けのカードの審査に比べると、調べる項目の多い法人カードは審査期間が長めになるので3週間は一般的な水準と言えます。

実際にカードが手元に届くまでには更に時間がかかる場合もあるので、時間に余裕を持って申し込むようにしましょう。

まとめ|あらゆる支払いでポイントが貯める法人カード

JCB一般法人カード(ポイント型) まとめ

JCB一般法人カード(ポイント型)はJCBが発行するオーソドックスな法人カードで、年会費は1,375円(税込)と安い水準でありながらもしっかりと特典が付帯するのが特徴のカードです。

一番の特徴は法人カードでありながら、カードの利用額に応じてポイントが貯まる点です。還元率0.5%も年会費が安い事を考えれば悪くない数字でしょう。

また、還元率は海外での利用など一定の条件を満たすことでアップするのも魅力です。それだけでなく充実の旅行保険や、JCBの法人サービスが利用出来るなどの特典も豊富で、設立間もない法人や個人事業主でも入会できるのも大きいでしょう。

JCB一般法人カード(ポイント型)への入会を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

法人・ビジネスカード比較ランキング|デキる経営者におすすめの1枚

基本情報

入会資格 法人または個人事業主。使用者は18歳以上の方のみ。
発行会社 株式会社ジェーシービー
本社所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
創業 1961年
発行可能ブランド JCBカード
発行期間 約3週間
年会費 1年目 オンライン入会で初年度無料(次年度以降:1,375円(税込))
2年目以降 1,375円(税込)
家族カード 1年目 1,375円(税込)
2年目以降 1,375円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム OkiDokiポイント
ポイント還元率 0.5%~0.75%
ポイント有効期限 2年間
最低交換単位 200ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ
マイレージ還元率 -
最低交換単位 -
マイレージ移行手数料 -

電子マネー

チャージ可能な電子マネー

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害・疾病 -
携行品損害 1旅行中20万円限度
国内旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 100万円限度※海外利用分のみ
備考 「JCBでe安心」付き