クレジットカードを発行している会社を解説。注目カードも掲載しています。

JFRカード(大丸松坂屋カード)の種類と主な特徴を徹底解説

JFRカードは大丸松坂屋百貨店でお得なクレジットカード

JFRカード(大丸松坂屋カード)は大丸・松坂屋各店をはじめ、博多大丸や高知・鳥取の各大丸、大丸松坂屋オンラインショッピングでもお得なクレジットカードです。百貨店の会員証(ハウスカード/百貨店カード)として、お買物で最大10%のポイントが還元されます。JFRカード(大丸松坂屋カード)は一般カード、ゴールドカード、さくらパンダカードの3種類。大丸・松坂屋各店でのお買い物では、普通商品の場合、最大5%の高還元率です。さらに半年ごとのボーナスポイントも魅力!半年間の獲得対象ポイント合計の最高100%が貰えるボーナスポイントとあわせると、還元率最大10%となります!

JFRカード(大丸松坂屋カード)で注目のクレジットカード

JFRカード(大丸松坂屋カード)
【徹底解明】人気の理由とは

JFRカード(大丸松坂屋カード)とは?

JFRカード(大丸松坂屋カード)は大丸・松坂屋でお得なクレジットカード

JFRカード(大丸松坂屋カード)は、大丸・松坂屋の各店を利用される方にとって非常にお得なクレジットカードです。大丸・松坂屋各店での利用なら還元率最大5%、ボーナスポイントも合わせれば最大10%の高還元率になります。

大丸・松坂屋でのお買い物が断然お得になる百貨店カードで、国内外でお得にショッピングを楽しむことができます。

JFRカード(大丸松坂屋カード)は3券種!利用頻度に合わせて一般カードとゴールドカードから選択OK

大丸松坂屋カード3種類のトップイメージ

JFRカード(大丸松坂屋カード)には、一般カード、ゴールドカード、それに『さくらパンダカード』の3種類があります。

カードの名前 カードの分類 特徴
大丸松坂屋カード(一般カード)券面画像
JFRカード(大丸松坂屋カード)
一般カード もっともスタンダードなカード。リーズナブルな年会費
さくらパンダカード券面画像
さくらパンダカード
ピンクリボン運動応援カードとして一定額がピンクリボン運動へ寄付される。基本スペックは一般カードと同じ
大丸松坂屋カード<ゴールド>券面画像
大丸松坂屋カード<ゴールド>
ゴールドカード 空港ラウンジサービスなどゴールドカード限定の上質な特典が付帯

以上のように3種類とも三者三様の特徴がありますが、「大丸・松坂屋各店でお得」という点は共通しています。それぞれの券種の特徴については後述します。

『さくらパンダカード』については、カード利用額の一部がピンクリボン運動に寄付されるという点以外は一般カードとまったく同じスペックですので、JFRカード(大丸松坂屋カード)をざっくり分類すれば一般カードとゴールドカードの2種類ということになります。

JFRカード(大丸松坂屋カード)なら大丸・松坂屋各店のショッピングで還元率最大5%!ボーナスポイントも含めれば最大10%も可能

大丸松坂屋カードのご優待ポイントイメージ

JFRカード(大丸松坂屋カード)なら、大丸・松坂屋各店のショッピングが最大5%になります。ただし、大丸・松坂屋各店で利用しても、食品やレストラン、それに特価品などは還元率1.0%です。

また、JFRカード(大丸松坂屋カード)では半年間で獲得したポイントに応じてボーナスポイントを付与してくれます。詳細は後述しますが、仮に半年間で15,000ポイント以上を獲得した場合、100%のボーナスポイントを獲得でき、合計で30,000ポイントを獲得可能です。ポイントをすべて還元率5%で獲得した場合は、合計で還元率10%ということになるので非常にお得です。

ちなみに15,000ポイントというと、大丸・松坂屋各店にて還元率5%でショッピングしたとすると30万円分になります。ヘビーユーザーなら楽々クリアできる範囲です。

ポイントアップ開催中なら対象商品購入で還元率がお得

大丸・松坂屋各店では、お店ごとにポイントアップが開催されます。ポイントアップの対象商品を購入することで通常(5%)のポイント還元率に+αのポイントが加算されます。

仮にポイントアップ率が3%なら合計で8%、ポイントアップ率が2%なら合計で7%という還元率でショッピングできます。ポイントアップのタイミングを上手に活用するとさらに効率よくポイントを獲得できるシステムになっています。

JFRカード(大丸松坂屋カード)で獲得したポイントは1ポイント=1円でショッピングに充当できる!

JFRカード(大丸松坂屋カード)で貯めたポイントは、大丸・松坂屋各店でのショッピングに1ポイント=1円で使用できます。また、大丸松坂屋オンラインショッピングでの利用もOKです。

ポイントをJALマイルへ交換する方法もあるがおすすめできない!

ちなみにJFRカード(大丸松坂屋カード)で貯めたポイントをJALマイルへ交換することもできますが、「JFRショッピングマイレージクラブ」への登録が必須で年会費が3,000円(税抜)必要なことと、移行レートも5ポイント=1マイルと芳しくありませんのでおすすめはできません。

JFRカード(大丸松坂屋カード)なら一般カードもゴールドカードも実質年会費無料で利用可能!

JFRカード(大丸松坂屋カード)なら、一般カードもゴールドカードも実質年会費無料で利用することも可能です。条件付きで年会費が割引もしくは無料になります。

では、JFRカード(大丸松坂屋カード)の一般カードとゴールドカードそれぞれの年会費と、割引or無料になる条件をみてみましょう。

カード種類 通常年会費(税抜) 年会費割引or無料になる条件
大丸松坂屋カード&さくらパンダカードの券面イメージ
大丸松坂屋カード(一般カード)&さくらパンダカード
【本会員】1,000円
【家族会員】250円
※本会員・家族会員ともに初年度無料
【本会員】リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を指定すると年1回以上のカード利用で次年度無料
【家族会員】2年目以降、年3回以上のカード決済があれば次年度無料
大丸松坂屋カード<ゴールド>の券面イメージ
大丸松坂屋カード<ゴールド>
【本会員】7,000円
【家族会員】1人目無料・2人目以降1,000円
【本会員】大丸・松坂屋各店で年間100万円以上利用すると次年度無料/「マイ・ペイすリボ」指定で初年度年会費半額さらに年1回以上利用で次年度半額
【家族会員】2年目以降、年3回以上のカード決済があれば次年度無料

以上のような内容になっています。

「マイ・ペイすリボ」は、登録しておくと一括払いのショッピングでも自動的にリボ払いになるサービスで、毎月の支払額を時分で設定できるサービスです。設定額は、一般カードが「5千円・1万円・2万円・3万円・4万円」の5パターンから、ゴールドカードは「1万円・2万円・3万円・4万円」の4パターンから設定できます。

「マイ・ペイすリボ」に登録し、かつ年1回以上の利用があれば、一般カードは次年度年会費が無料になり、ゴールドカードは初年度無料&年1回以上の利用で次年度年会費半額になります。

わざわざマイ・ペイすリボへ登録して年会費を安くしなくても十分にお得!

「マイ・ペイすリボ」は、設定額を最高の4万円にしておけば、毎月それ以下の金額に抑えることで一括払いと同じように利用できます。しかし、仮に設定額を上回った場合は、リボ手数料として一般カードで年率15.0%、ゴールドカードで年率12.0%の手数料が発生してしまいます。大きな買い物をした際には損です。

設定額をほんの少しだけ上回るような利用をすればリボ手数料を最小限にすることも可能ですが、利用のたびにそんな細かいことまで意識していられません。ましてやゴールドカードの場合は年100万円以上利用すれば次年度年会費が無料になるので、それを目指す人にとってはリボ手数料を気にして月間4万円以下の利用にとどめていては年間100万円には届きません。

それよりも、「マイ・ペイすリボ」は利用せず通常どおりの利用でも問題はありません。一般カードなら初年度無料ですし、2年目以降もたった1,000円(税抜)の年会費でしかありませんし、ゴールドカードなら年間100万円以上利用し続ければ実質年会費永年無料で利用できます。後述する特典も考慮すれば、十分に元が取れます。

JFRカード(大丸松坂屋カード)は優待特典が豊富!多彩なシーンで楽しめる

JFRカード(大丸松坂屋カード)には、「旅行・宿泊」・「グルメ」・「エンタメ」・「アミューズメント」・「生活・サポート」・「ビューティー・カルチャー・ヘルス」の各分野で様々な優待特典を利用できます。

旅行・宿泊 航空券やツアーほかホテル・旅館などで割引などの優待
グルメ 厳選レストランや料亭などで割引などの優待
エンタメ 映画ほか各種チケットを優待価格で購入可
アミューズメント 全国各地の対象レジャー施設を会員優待価格で利用可
生活・サポート 家事代行サービスや引っ越しなどのサービスを優待価格で利用可
ビューティー・カルチャー・ヘルス スパやネイルサロンといった美容・健康関連の施設や美術館などでの優待

上記記載のJFRカード(大丸松坂屋カード)の優待は、「JFRカード特典」と「JFRカードクラブオフ特典」という2つの特典から構成されています。

「JFRカード特典」は登録不要で利用可能ですが、「JFRカードクラブオフ特典」は会員登録(無料)が必要です。それぞれに多様な優待を利用できるのが魅力です。

優待内容は変更になる場合もありますので、必ず公式サイトなどで随時チェックしてきましょう。

大丸松坂屋カード<ゴールド>なら一般カード以上に充実の特典が付帯する

JFRカード(大丸松坂屋カード)のゴールドカード『大丸松坂屋カード<ゴールド>』なら、充実の保険や空港ラウンジサービスなど、一般カード以上の特典も付帯しています。主な特典は以下のとおりです。

先にご紹介した特典とあわせて。上記ゴールドカード特典も活用すれば、年会費(7,000円+税)などあっという間にペイできます。年間100万円以上の利用で次年度年会費無料の特典も大いに魅力です。

急ぎでも安心!JFRカード(大丸松坂屋カード)は臨時発行カードで即日利用OK!

JFRカード(大丸松坂屋カード)は、大丸・松坂屋各店で即日発行も可能です。各店に設置されているクレジットサービスセンターにて「臨時発行カード」というカードを発行してもらうことができ、その日から大丸・松坂屋各店に限り利用することができ、ポイントも貯められます。後日、本カードが送られてきます。

JFRカード(大丸松坂屋カード)の3券種を比較

大丸松坂屋カード(一般カード、さくらパンダカード、ゴールドカード)の違いを比較

それでは、JFRカード(大丸松坂屋カード)のそれぞれの券種を、実際に一覧で比較してみましょう。

JFRカード(大丸松坂屋カード)券種比較
クレジットカード名 大丸松坂屋カード(一般カード) さくらパンダカード 大丸松坂屋カード<ゴールド>
券面画像 大丸松坂屋カード(一般カード)券面画像 さくらパンダカード券面画像 大丸松坂屋カード<ゴールド>券面画像
入会基準 満18歳以上で安定した収入のある方、その配偶者の方。または学生(高校生・留学生は除く) 原則として満25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
年会費 1,000円+税
※初年度無料
※マイ・ペイすリボ指定&年1回以上の利用で次年度無料
7,000円+税
※2年目以降は大丸・松坂屋で年間100万円以上利用で次年度無料
※マイ・ペイすリボ指定で初年度年会費半額&年1回以上の利用で次年度年会費半額
ポイント還元率
(標準)
0.5% 1.0%
ポイント還元率
(大丸松坂屋優待ポイント)
最大5.0%
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・VISA ・VISA
・Mastercard
クレジットカード名 大丸松坂屋カード(一般カード) さくらパンダカード 大丸松坂屋カード<ゴールド>
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
(自動付帯)
最高5,000万円
(自動付帯)
※家族特約付き
国内旅行傷害保険 最高2,000万円
(利用付帯)
最高5,000万円
(自動付帯)
ショッピング保険 年間最高100万円(海外)
※国内は3回以上の分割もしくはリボ払いで付帯
年間最高300万円(海外・国内)
その他保険 日本語緊急援助サービス 国内航空便遅延保険
ライフアクシデントケア制度
日本語緊急援助サービス
空港ラウンジサービス 国内主要32空港+海外1空港
その他主な特典 JFRカード特典
JFRカードクラブオフ特典
JFRカード特典
JFRカードクラブオフ特典
ピンクリボン運動応援
JFRカード特典
JFRカードクラブオフ特典
大丸松坂屋駐車場所定時間無料
JFRロードサービス
JFRライフサポートサービス
「Relux」特別優待
大丸ミュージアム入場料同伴者1名まで無料
おすすめの人 リーズナブルなスタンダードカードなので学生や専業主婦などにおすすめ 個性的なデザインのJFRカード(大丸松坂屋カード)が欲しい方やピンクリボン運動に賛同される方におすすめ 駐車場無料の優待など付帯サービスも一般カード以上に充実。ワンランク上のJFRカード(大丸松坂屋カード)が欲しい方におすすめ

『JFRカード(大丸松坂屋カード)』と『さくらパンダカード』の違いはピンクリボン運動に一定額が寄付されるか否かの違いだけで、基本的には同一スペックとなります。カードのサービス内容にこだわりたい方や、国内外問わず使い倒せるカードを求めたい方であれば『大丸松坂屋カード<ゴールド>』一択となります。

JFRカード(大丸松坂屋カード)のポイントプログラム

JFRカード(大丸松坂屋カード)なら大丸・松坂屋各店でのポイント還元率がお得!ゴールドカードなら常時1.0%の高還元率

『JFRカード(大丸松坂屋カード)』は大丸・松坂屋各店を利用するユーザー向けに発行されているので、大丸・松坂屋各店でお得に利用できるような内容になっています。大丸・松坂屋各店であれば100円ごとに最大5ポイントが還元され、還元率にして最大5%となります。ただし、食品やレストラン、特価品に関しては還元率1%です。

ポイントプログラムに独自の名前はなく、単に「ポイント」という名称が使用されています。なので、JFRカード(大丸松坂屋カード)のポイントプログラムは「ポイント」です。

ちなみに、『大丸松坂屋カード(一般カード)』や『大丸松坂屋カード<ゴールド>』の還元率をおさらいしておくと、

カード種類 大丸松坂屋での利用 大丸松坂屋以外での利用
大丸松坂屋カード&さくらパンダカードの券面イメージ
大丸松坂屋カード
(一般カード・さくらパンダカード)
1%~5% 0.5%
大丸松坂屋カード<ゴールド>の券面イメージ
大丸松坂屋カード<ゴールド>
1%~5% 1%

大丸・松坂屋各店での利用なら、一般カードでもゴールドカードでも共通で、還元率1%~5%です。

JFRカード(大丸松坂屋カード)の基本還元率は0.5%!ゴールドカードは常時1.0%

ただし、大丸・松坂屋各店以外での利用はゴールドカードの方がお得です。ゴールドカードなら還元率1%で利用できますが、一般カードは還元率0.5%です。

あらゆるシーンでできるだけ高還元率にこだわりたいなら、一般カードよりも2倍のスピードで貯まるゴールドカードを選んだ方が効率的です。

JFRカード(大丸松坂屋カード)のポイントプログラムはシンプル!交換先はショッピングの充当一択!

JFRカード(大丸松坂屋カード)で貯めたポイントは、大丸・松坂屋各店にて1ポイント=1円で利用できます。ポイント有効期限は1年ですが、1ポイントからショッピングに充当できるので有効期限切れによる失効というリスクがほぼないので安心です。ポイントは、大丸・松坂屋のオンラインショッピングにも利用可能です。

マイル以降は効率があまりよくないのでおすすめ度は「低」

また、ポイントの移行先にはJALマイルもあります。しかし、先述したように移行レートが「5ポイント=1マイル」と非常に悪い点、それにマイル移行のために登録必須な「JFRショッピングマイレージクラブ」で年会費が3,000円(税抜)必要な点などを考慮すると、マイル移行のおすすめ度はかなり低いです。敢えて1ポイントあたりの価値を下げてしまうような移行先を選ぶなら、最初から1ポイント=1円としてショッピングへ充当させた方が断然おすすめです。

JFRカード(大丸松坂屋カード)のボーナスポイントが魅力!大丸・松坂屋の優待ポイントとあわせて還元率最大10%も可能!

大丸松坂屋カードのボーナスポイントのイメージ

JFRカード(大丸松坂屋カード)はポイント還元率だけでなくボーナスポイントも魅力です。先にも触れましたが、『大丸松坂屋カード(一般カード)』のボーナスポイントは半年間で獲得したポイントに応じて付与される仕組みで、最大100%のボーナスポイントを獲得することも可能です。

半年間の獲得ポイント ボーナス付与率
15,000ポイント以上 100%
10,000~14,999ポイント 50%
5,000~9,999ポイント 20%

半年間で15,000ポイント獲得できれば、さらに同じだけのボーナスを獲得できます。還元率にして最大10%も可能なのは大いに魅力的です。

JFRカード(大丸松坂屋カード)のメリット

JFRカード(大丸松坂屋カード)なら大丸・松坂屋各店が還元率最大5%!ボーナスポイントで最大10%還元

JFRカード(大丸松坂屋カード)は、大丸・松坂屋各店で還元率最大5%という点がの最大のメリットです。食品や特価品などは還元率1%になってしまいますが、それでも比較的高還元率で利用できる点は評価に値します。しかもこの還元率は一般カードもゴールドカードも同じなので、単純に大丸・松坂屋各店だけでポイントを稼ぎたいなら一般カードでも十分に活用できます。

さらに、半年間の獲得ポイントに応じたボーナスポイントもあり、最大100%という超太っ腹な付与率で還元されます。つまり、通常のポイント還元率とボーナスポイントをあわせれば、最大10%も可能という計算です。

JFRカード(大丸松坂屋カード)には豊富な優待特典が付帯する!大丸松坂屋以外でも利用シーンが多彩

大丸松坂屋カードの2つの特典解説画像

『大丸松坂屋カード(一般カード)』には、「JFRカード特典」と「JFRカードクラブオフ特典」の2つの優待が付帯します。旅行からグルメ、エンタメに至るまで幅広いシーンで優待を利用することができます。

さらに、『大丸松坂屋カード<ゴールド>』なら、大丸・松坂屋各店の駐車場無料サービスやロードサービス、ライフサポートサービスなど独自の特典も付帯します。

即日発行OKのJFRカード(大丸松坂屋カード)!各店のクレジットサービスセンターでPM6時まで対応!

百貨店系のクレジットカードは店頭で申し込むことで最短即日発行を受けられるケースが多いですが、『大丸松坂屋カード(一般カード)』の場合も各店のクレジットサービスセンターで申し込めば「臨時発行カード」を発行してもらえます。ただし、臨時で発行される簡易的なカードなので、利用できるのは大丸・松坂屋各店のみとなります。

しかし、利用範囲が大丸・松坂屋各店のみに限られてしまうとはいえ、その日からポイントを獲得できるのでお得です。本カードは後日送られてきますが、それまでに貯めたポイントもちゃんと引き継がれるので安心です。(※臨時カードは下関・高槻・須磨・芦屋・豊田各店では発行していないので注意)

大丸松坂屋カードは家族カード会員も実質年会費無料で利用できる!

『大丸松坂屋カード(一般カード)』の家族カードは通常年会費250円(税抜)、『大丸松坂屋カード<ゴールド>』の家族カードは1人目が無料、2人目以降は通常年会費1,000円(税抜)です。

しかし、家族カード会員の場合は、年3回以上のカード利用があれば次年度年会費が無料になります。これは一般カードもゴールドカードも同じです。したがって、毎年3回以上の利用を続けていれば実質永年無料で利用できます。

JFRカード(大丸松坂屋カード)のデメリット

JFRカード(大丸松坂屋カード)の一般カードは基本還元率0.5%!大丸・松坂屋以外では活用度が低い

一般カード(さくらパンダカードを含む)の場合、大丸・松坂屋以外でのポイント還元率は0.5%とかなり低くなってしまいます。大丸・松坂屋のユーザー向けに発行されているという特性上、大丸・松坂屋以外でのポイント還元率が下がってしまうのはやむを得ない点ではありますが、大丸・松坂屋各店で最大5%獲得できる高還元率カードでありながら、それ以外の場所では10分の1まで還元率が下がってしまうことになるのは結構なデメリットでしょう。

JFRショッピングマイレージプログラムにお得感がまったくないのが残念

『JFRカード(大丸松坂屋カード)』で貯めたポイントをJALマイレージバンクへと自動的に移行してくれる「JFRショッピングマイレージクラブ」というサービスを利用できますが、移行レートは1マイルに交換するのに5ポイント必要になるため、移行レートとしてはかなり低めです。1マイルあたりの価値はおよそ1円~3円程度なので、5円分の価値をそれに充ててしまうのはもったいないです。

それに加えて「JFRショッピングマイレージクラブ」は3,000円(税抜)の年会費が別途必要になるので、その分の無駄も発生してしまいます。1マイルあたりの価値が平均2円程度だとしても、元を取るために7,500ポイント分に相当する1,500マイルが必要ということになります。

すべてのポイントを還元率5%で貯めたとして、7,500ポイント貯めるのに15万円分の利用が必要です。正直、そこまでしてマイルに固執する理由はありません。マイルを貯めたければ、マイルの貯まりやすい航空系のクレジットカードなどを選ぶのがベストです。ポイントはショッピングへと充当させるのが賢い活用方法です。

JFRカード(大丸松坂屋カード)のまとめ

大丸・松坂屋各店を利用するだけなら一般カードへの入会がおすすめ!

大丸松坂屋カード(一般カード)券面画像大丸松坂屋カード(一般カード)の利用価値は、「どれだけ大丸・松坂屋各店を利用するのか?」という一点に絞られます。大丸・松坂屋のユーザー向けのクレジットカードなので、そこそこの利用頻度があるなら入会しておいて損はありません。

逆に、大丸・松坂屋各店をほとんど利用しない人が所有しても、さほど高還元率で利用できるわけでもないので持つ意味がありません。やはり、大丸松坂屋を利用してこそ存在感が発揮されます。

日常のメインカードに据えたいなら大丸松坂屋カード<ゴールド>がベスト

大丸松坂屋カード<ゴールド>券面画像大丸・松坂屋だけでポイントを貯めていきたいなら一般カードでも十分ですが、大丸・松坂屋以外でもしっかりとポイントを貯めていきたいなら『大丸松坂屋カード<ゴールド>』がおすすめです。

ゴールドカードなら基本還元率が1%なので、大丸・松坂屋以外でも高還元率カードとして活用度が高いです。

JFRカード(大丸松坂屋カード)でクレジットカードを作るならどのカードがおすすめ?一発比較しました。

JFRカード(大丸松坂屋カード)
注目カードを厳選掲載中

【一発比較】JFRカード(大丸松坂屋カード)比較表

どれが自分に合っているか迷ったら、まずは比較!

大丸松坂屋カード(JFRカード)

大丸松坂屋カード(JFRカード)
大丸・松坂屋でポイント還元率最大10%!即日発行OK!
年会費 無料(2年目以降:1,000円+税) 還元率 0.5%
発行期間 2~3週間 限度額 個別に設定
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 5ポイント→1マイル

『大丸松坂屋カード(JFRカード)』は、JFRカードが発行する大丸・松坂屋各店でお得なカードです。大丸・松坂屋各店ならポイント還元率が最大5%で、最低でも1%の高還元率で利用できるほか、半年ごとに獲得したポイント数に応じて最大100%のボーナスポイントを獲得することもできます。最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険や年間最高100万円のお買物安心保険が付帯し、グルメや旅行関連を中心に優待特典も豊富です。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉
還元率1.0%以上!年間100万円以上で次年度年会費無料
年会費 7,000円+税(2年目以降:7,000円+税
※年会費割引および無料の諸条件あり)
還元率 1.0%
発行期間 2~3週間 限度額 公式サイト参照
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 5ポイント→1マイル

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は大丸・松坂屋で最大5%の優待ポイントが獲得でき、駐車場無料サービスも付帯します。しかも大丸・松坂屋で年間100万円以上の利用を達成すれば次年度年会費が無料になる特典もあります。毎年100万円以上利用できれば、初年度以外ずっと年会費無料です。また、空港ラウンジサービスをはじめJFRロードサービスやJFRライフサポートサービスなどゴールド限定の特典も豊富で、最高5,000万円の旅行傷害保険が自動付帯するなど充実の付帯補償も魅力のゴールドカードです。

さくらパンダカード(大丸松坂屋カード)

さくらパンダカード(大丸松坂屋カード)
大丸・松坂屋で最大10%以上お得!女性のための社会貢献カード
年会費 無料(2年目以降:1,000円+税) 還元率 0.5%
発行期間 2~3週間 限度額 個別に設定
ブランド VISAカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 5ポイント→1マイル

『さくらパンダカード』は女性向けの大丸松坂屋カード!ピンクリボン運動を応援するJFRカードが発行しており、利用額の一部がピンクリボン運動に寄付される社会貢献型カードです。お洒落で愛らしいカードデザインも特徴で、女性におすすめです。また、ベースは『大丸松坂屋カード』なので、大丸・松坂屋各店で最大5%の還元率でポイントが貯まるほか、JFRカード特典やJFRカードクラブオフ特典など充実の優待サービスが付帯するのも魅力ポイントです。さらに、最高2,000万円の旅行傷害保険や最高100万円のお買物安心保険まで付帯します。

目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2020 Agoora.inc.

TOP