年会費・審査・ポイント還元率から口コミ/評判まで気になる情報を掲載中!

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉

還元率1.0%以上!年間100万円以上で次年度年会費無料

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉
VISAカードマスターカード

スペック表

原則として満25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

発行期間 2~3週間 年会費(初年度) 7,000円+税 年会費(2年目) 7,000円+税
※年会費割引および無料の諸条件あり
利用限度額 公式サイト参照
還元率 1.0% マイレージ JAL マイル還元率 5ポイント→1マイル 電子マネー nanacosuicaedy

クレカ編集部のコメント

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は大丸・松坂屋で最大5%の優待ポイントが獲得でき、駐車場無料サービスも付帯します。しかも大丸・松坂屋で年間100万円以上の利用を達成すれば次年度年会費が無料になる特典もあります。毎年100万円以上利用できれば、初年度以外ずっと年会費無料です。また、空港ラウンジサービスをはじめJFRロードサービスやJFRライフサポートサービスなどゴールド限定の特典も豊富で、最高5,000万円の旅行傷害保険が自動付帯するなど充実の付帯補償も魅力のゴールドカードです。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉が人気な理由

どうして大丸松坂屋カード〈ゴールド〉は評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開!

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉の特徴とは?

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉は大丸松坂屋カードの上位カード!基本還元率は1.0%!

daimarumatsuzakayacard_gold_face

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、JFRカードが発行し大丸や松坂屋をお得に利用できる『大丸松坂屋カード』の上位にあたるカードで、一般カードの『大丸松坂屋カード』にゴールド限定特典がプラスされたお得なゴールドカードです。

大丸や松坂屋なら優待ポイントで最大5%の還元率となるほか、大丸・松坂屋以外であっても還元率1.0%で利用できる高還元率カードでもあります。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉は大丸・松坂屋で優待ポイントや駐車場無料などの特典を利用できて超お得!

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、大丸・松坂屋の各店で最大5%の還元率で優待ポイントを獲得できます。優待ポイントについては一般カードの『大丸松坂屋カード』と同じ還元率となっていますが、それ以外でも大丸・松坂屋各店指定の駐車場料金が所定時間内に限り無料になります。

ただし、駐車場無料のサービスについては、対象外となる店舗もあります。

駐車場無料サービスのない店舗 大丸京都店、大丸下関店、松坂屋名古屋店、松坂屋静岡店

なお、駐車場無料サービスについては、無料となる対象時間や無料になる条件の有無などが店舗によって異なります。必ず利用店舗にて確認するようにしてください。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉は年会費割引特典が充実!実質無料で利用することも可能!家族カードは1人目無料!

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は通常年会費が7,000円(税抜)です。これだけでもゴールドカードとしては比較的リーズナブルな年会費とも言えそうですが、さらに年会費を抑えることもできます。なぜなら、『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』には年会費割引の特典があるからです。

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』では、以下のような条件を満たせば、年会費が割引もしくは無料になります。

条件 割引後の年会費 備考
大丸・松坂屋で年間100万円以上利用 次年度の年会費無料 初年度は7,000円(税抜)
マイ・ペイすリボ指定 年1回以上決済で次年度年会費半額 初年度も半額

大丸や松坂屋で年間100万円以上利用すれば次年度は半額になり、リボ払いサービスの「マイ・ペイすリボ」を指定すれば初年度から半額+年1回以上利用で次年度半額です。

どちらがお得かは一目瞭然で、やはりトータルでお得なのは「大丸・松坂屋で年間100万円以上」です。大丸や松坂屋の利用頻度が比較的高めの人なら簡単にクリアできる数字ですし、リボ払いサービスの「マイ・ペイすリボ」はリボ払い手数料(年率12.0%)の無駄も発生してしまうのでお得とはいえません。

家族カードについては、通常1,000円(税抜)の年会費が発生しますが、1人目に限り無料で発行可能となっています。

大丸松坂屋カード(一般カード)の特典に加えて空港ラウンジなど大丸松坂屋カード〈ゴールド〉独自の特典も付帯!

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』をゴールドカードたらしめているのは、やはり一般カード以上に充実した付帯特典です。

大丸・松坂屋関連では、優待ポイントこそ一般カードと同じですが、先にご紹介したように駐車場無料サービスや年間100万円以上利用で次年度年会費無料といったサービスはゴールドカードだけの特典です。

さらに、『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』なら一般カードと同じ優待サービスに加えてゴールドカード限定の特典が付帯します。一般カードと同じ優待サービスについては『大丸松坂屋カード』を参照していただくとして、ここでは『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』だけに付帯するサービスについてご紹介します。

特典 内容
国内空港ラウンジサービス VISA会員は三井住友カードの空港ラウンジサービスを利用可
Mastercard会員は三菱UFJニコスの空港ラウンジサービスを利用可
JFRロードサービス 【車両故障で走行困難】
・30分以内の路上サービスが無料
【走行不能時】
・レッカー牽引が15km以内無料
【現場から自宅まで100km以上ある場合】
・レンタカーサービス
・帰宅費用サポートサービス
・宿泊費用サポートサービス
JFRライフサポートサービス 【ホームアシスタンス】
・鍵の閉じこみや水回りトラブル等
【法律相談アシスタンス】
・民事専門弁護士の電話アドバイス
【緊急時医療相談アシスタンス】
・緊急時に医師または看護士が医療相談応じてくれる
【レンタカー優待割引アシスタンス】
・レンタカーで優待割引
【防犯セキュリティ優良業者紹介サービス】
・鍵の増設や交換などの優良業者紹介
【チャイルドシートレンタル割引や家事代行サービス優待】
・チャイルドシートや家事代行サービスを割引優待
【メッセージデリバリーサービス】
・アクシデントやトラブルに伴い緊急連絡が必要になった際にメッセージを指示した時間に相手へ伝えてくれる伝言サービス
リボ払い手数料の優遇 通常年率15.0%のリボ払い手数料が12.0%になる
「Relux」の特別価格 一流ホテル・旅館宿泊予約サイト「Relux」が特別価格
大丸ミュージアム入場料 大丸ミュージアムの入場料が、同伴者1名まで無料

空港ラウンジサービスは、国際ブランドによって対象サービスが異なります。上記のとおり、VISAなら三井住友カードの空港ラウンジサービスが、Mastercardなら三菱UFJニコスの空港ラウンジサービスが対象になりますので、詳細は各カード会社の空港ラウンジサービスをチェックしましょう。

その他、「JFRロードサービス」や「JFRライフサポートサービス」が特徴的な特典です。もともとは一般カードにも付帯していたサービスですが、2019年9月で一般カードへのサービス提供が終了し、現在ではゴールドカードでのみ利用できる特典となっています。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉なら充実の補償が付帯する!旅行傷害保険は自動付帯で海外は家族特約が付く!

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』には、最高5,000万円の海外旅行傷害保険と、同じく最高5,000万円の国内旅行傷害保険がそれぞれ自動付帯します。また、海外旅行傷害保険には最高1,000万円の家族特約も付帯します。

さらに、国内航空便遅延保険に最高100万円のライフアクシデントケア制度、年間最高300万円のお買物安心保険が付帯するなど、一般カードを遥かに凌ぐ充実の補償が付帯しています。もちろん、一般カードに付帯している海外アシスタンスサービスの「日本語緊急援助サービス」も利用できます(※付帯保険の詳細は後述)。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉と大丸松坂屋カードの違い

日常から旅行までメインカードとして使いたいなら大丸松坂屋カード〈ゴールド〉!

大丸や松坂屋でお得になるクレジットカードには、一般カードの『大丸松坂屋カード』と『さくらパンダカード』、そして上位カードの『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』の3種類があります。ちなみに『さくらパンダカード』のスペックは『大丸松坂屋カード』とまったく同じなので、大きく分ければ一般カードとゴールドカードの2種類となります。

では、一般カードの『大丸松坂屋カード』とゴールドカードの『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』とではどのくらいの違いがあるのか、比較してみましょう。

カード名 大丸松坂屋カード 大丸松坂屋カード〈ゴールド〉
券面デザイン daimarumatsuzakayacard_face daimarumatsuzakayacard_gold_face
入会基準 満18歳以上で安定した収入のある方、その配偶者の方、または学生(高校生除く) 原則として満25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
年会費(税抜) 1,000円
※初年度無料
※マイ・ペイすリボ指定&年1回以上利用で次年度無料
7,000円
※大丸・松坂屋で年間100万円以上利用で次年度無料
※マイ・ペイすリボ指定で初年度半額&年1回以上利用で次年度半額
国際ブランド VISA/Mastercard VISA/Mastercard
基本還元率 0.5% 1.0%
大丸・松坂屋での特典 還元率最大5%
半年間の獲得ポイントに応じて最大100%のボーナス
還元率最大5%
半年間の獲得ポイントに応じて最大100%のボーナス
駐車場無料サービス
年間100万円以上利用で次年度年会費無料
付帯保険 【海外旅行傷害保険】
最高2,000万円(自動付帯)
【国内旅行傷害保険】
最高2,000万円(利用付帯)
【お買物安心保険】
年間最高100万円
【その他】
日本語緊急援助サービス
【海外旅行傷害保険】
最高5,000万円(自動付帯)
【国内旅行傷害保険】
最高5,000万円(自動付帯)
【お買物安心保険】
年間最高300万円
【その他】
日本語緊急援助サービス
国内航空便遅延保険
ライフアクシデントケア制度
空港ラウンジ 国内空港ラウンジサービス
主な特典 JFRカード特典
JFRカードクラブオフ特典
海外渡航サポートサービス
JFRカードトラベル
JFRカード海外航空券・ホテル予約サイト
JFRカード国内航空券予約サイト
JFRカード国内ダイナミックパッケージ
国際ブランドごとの特典
JFRカード特典
JFRカードクラブオフ特典
海外渡航サポートサービス
JFRカードトラベル
JFRカード海外航空券・ホテル予約サイト
JFRカード国内航空券予約サイト
JFRカード国内ダイナミックパッケージ
国際ブランドごとの特典
JFRロードサービス
JFRライフサポートサービス
リボ払い手数料の優遇
一流ホテル・旅館宿泊予約サイト「Relux」優待
大丸ミュージアム入場料無料

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、一般カードの『大丸松坂屋カード』に比べて各種優待が充実しています。

ゴールドカードでありながら年会費も決して高額というわけではなく、しかも大丸・松坂屋で年間100万円以上利用すれば次年度の年会費が無料になりますので、大丸・松坂屋のヘビーユーザーなら非常にコスパの高いお得なカードです。

しかも基本還元率が1.0%なので、大丸・松坂屋以外でも高還元率カードとして活用できるのは嬉しい魅力です。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉が選ばれる2つの理由

充実した特典が魅力の大丸松坂屋カード〈ゴールド〉!一般カード以上に使い勝手が高くてコスパも良い

ご紹介していますとおり、『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は『大丸松坂屋カード』の上位カードとして、充実度の高い優待サービスを利用することができます。一般カード以上に使い勝手が高いですし、何より大丸・松坂屋で年間100万円以上利用すれば次年度の年会費が無料になる特典も魅力です。「大丸・松坂屋での利用額」という条件こそあるものの、年間最高100万円以上利用できるなら非常にコスパが高い1枚です。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉は日常から旅行まで多彩なシーンでメインカードになる!

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、大丸・松坂屋で利用すると還元率が最大5%となるほか、大丸や松坂屋以外でも1.0%の還元率で利用できる高還元率カードでもあります。しかも空港ラウンジサービスをはじめ最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯するなど、旅行のメインカードとしても活用度が高いです。日常のショッピングから旅行まで、シーンを問わず使い倒せるのが魅力です。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉をおすすめできる方

すでに大丸松坂屋カードを所有している人でさらに充実の特典を希望する人に大丸松坂屋カード〈ゴールド〉がおすすめ

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』のお得感を目いっぱい享受したいのであれば、いきなり『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』に申し込むよりはまず一般カードの『大丸松坂屋カード』からスタートしてみるのがおすすめです。

また、すでに『大丸松坂屋カード』を所有している人でさらに充実した特典を希望したい方にも『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』への切り替えをおすすめします。ここまでご紹介してきましたように、駐車場無料サービスや年間最高100万円以上利用で次年度年会費無料といった優待を受けられるのはゴールドカードだけですので、大丸や松坂屋で一般カード以上の優待を受けたいと考えるのであれば、一般カードよりもゴールドカードの方が断然お得なのです。

大丸・松坂屋のユーザーで旅行へ行く機会の多い方に大丸松坂屋カード〈ゴールド〉がおすすめ!

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』には、最高5,000万円の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が自動付帯するほか、国内空港ラウンジサービスをはじめ旅行関連の優待特典が多彩ですので、入会するならこうした特典もぜひ活用したいところです。普段から大丸・松坂屋を利用している方で、かつ旅行へ出かける機会が比較的多めの方に『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』が特におすすめです。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉のメリット

実質年会費無料でも利用できる大丸松坂屋カード〈ゴールド〉!コスパが高くておすすめ!

ではここまでご紹介してきました内容をもとに、『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』のメリットをまとめておきましょう。

  • 通常年会費は7,000円(税抜)!年間最高100万円以上利用すれば次年度無料
  • マイ・ペイすリボ指定でも初年度年会費無料&次年度年会費無料!
  • 大丸・松坂屋で最大5%!通常でも1.0%の高還元率カード
  • 大丸・松坂屋での駐車場無料サービス!
  • 国内空港ラウンジサービス付帯!
  • JFRロードサービスとJFRライフサポートサービスが付帯する
  • 通常15.0%のリボ払い手数料が12.0%に優遇される
  • 一流ホテル・旅館宿泊予約サイト「Relux」を優待価格で利用OK
  • 大丸ミュージアムの入場料が同伴者1名まで無料になる特典が付帯する
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯!お買物安心保険は最高300万円
  • 国内航空便遅延保険やライフアクシデントケア制度も付帯する

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は実質年会費無料で所有することができるので、非常にコスパに優れたゴールドカードです。付帯特典の活用度が高ければ高いほどコスパもどんどんアップするのが特徴です。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉のデメリット

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉は年間最高100万円以上利用で次年度年会費無料でも初年度は無料にできない

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、大丸や松坂屋で年間100万円以上利用すると次年度の年会費が無料になるメリットがありますが、初年度は年会費が優遇されないので、7,000円(税抜)の年会費が発生してしまいます。

ちなみに、「マイ・ペイすリボ」指定で初年度も年会費が半額になりますが、手数料が発生してしまうリボ払いの利用はあまりおすすめできません。しかも「マイ・ペイすリボ」による年会費優遇は半額止まりなので、年会費無料ほどの旨みもありません。初年度の年会費を負担することになったとしても、年間100万円以上の利用で次年度以降の年会費無料を目指した方がお得です。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉のポイントと還元率

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉なら還元率1.0%以上!大丸・松坂屋で還元率最大5%は魅力的!ポイントは1ポイントから使える

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、大丸や松坂屋での優待ポイントで還元率が1.0%~5.0%となるほか、大丸・松坂屋以外で利用しても還元率1.0%です。どこでも高還元率カードとして使えるので非常にお得感が高いです。

ただし、優待ポイントについては、福岡大丸 博多天神店および高知・鳥取の大丸は対象外となっているので注意してください。それでも還元率1.0%でショッピングできるので便利です。貯まったポイントは1ポイント=1円として、大丸・松坂屋でのショッピングに充当できます。

ポイントの移行先としてJALマイルも選べる!

ポイントは、「JFRショッピングマイレージクラブ」に加入すればJALマイルへに移行することが可能です。ただし、。「JFRショッピングマイレージクラブ」へ加入すると別途3,000円(税抜)の年会費が必要になるほか、5ポイント=1マイルというレートも決して良いとは言えませんので、おすすめ度は低いです。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉は半年ごとにお得なボーナス!獲得ポイントに応じて最大100%のポイントが付与される

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、優待ボーナスとして半年ごとの獲得ポイントに応じたボーナスポイントを獲得できます。内容は以下のようになっています。

ボーナスポイント内容
半年間の獲得ポイント ボーナスポイントの付与率
15,000ポイント以上 100%
10,000~14,999ポイント 50%
5,000~9,999ポイント 20%

半年間で15,000ポイント以上を獲得すれば100%のボーナスポイントとなるので、合計で30,000ポイントも獲得できることになります。使えば使うほどにお得で、まさに大丸・松坂屋のヘビーユーザーほどお得にポイントを稼ぐことができます。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉の付帯保険

海外・国内旅行傷害保険が自動付帯する大丸松坂屋カード〈ゴールド〉!は海外旅行傷害保険は家族特約付き

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、最高5,000万円の海外旅行傷害保険、同じく最高5,000万円の国内旅行傷害保険がそれぞれ自動付帯します。また、海外旅行傷害保険には家族特約も付帯しています。旅行傷害保険の内容は以下のようになっています。

保険種類 保険内容 補償内容 家族特約
海外旅行傷害保険
(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害治療費 1事故150万円限度 1事故50万円限度
疾病治療費 1疾病150万円限度 1疾病50万円限度
賠償責任 1事故3,000万円限度 1事故2,000万円限度
携行品損害 1旅行中最高30万円限度 1旅行中最高15万円限度
救援者費用 保険期間中100万円限度 年間50万円限度
国内旅行傷害保険
(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
入院保険 5,000円/日
※フランチャイズ7日
手術保険 最高20万円
通院保険 2,000円/日
※フランチャイズ7日

海外旅行傷害保険については、ゴールドカードとしてはやや不案な補償内容ですので、旅行傷害保険の充実したサブカードを携行していくか、保険会社の旅行保険に加入するなどの対策をしておくと安心です。

国内旅行傷害保険については、国内で発行されている他のゴールドカードと比べても遜色ない内容となっています。国内旅行傷害保険について充実度が高く、ゴールドカードらしい補償内容です。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉のお買物安心保険は最高300万円!国内航空便遅延保険なども付帯する

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』には、上述の旅行傷害保険以外にも様々な補償が付帯してます。

保険種類 補償内容
お買物安心保険(自動付帯) 年間最高300万円
国内航空便遅延保険(利用付帯) ・乗継遅延:2万円限度
・出航遅延/欠航/搭乗不能:1万円限度
・手荷物遅延:1万円限度
・手荷物紛失:2万円限度
ライフアクシデントケア制度(自動付帯) ・死亡/後遺障害:100万円
・入院:5,000円/日
・通院:3,000円/日
日本語緊急援助サービス ・ケガや病気時の緊急アシスタンス
・ケガや病気により亡くなられた場合の緊急アシスタンス
・救援者の渡航や宿泊手配等のアシスタンス
・弁護士紹介等法律上のアシスタンス

国内航空便遅延保険やライフアクシデントケア制度、それに日本語緊急援助サービスなどは非常に頼れる付帯サービスとなります。万が一のアクシデントにもしっかり備えられるのは大きな魅力です。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉の評判!審査や口コミは?

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉は原則25歳以上からが申し込み対象!申し込む本人に安定した収入必須!審査難易度は高め

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、一般カードの『大丸松坂屋カード』とは異なり、学生や専業主婦などは申し込めません。25歳以上で本人に安定した収入のあることが原則となります。そのため、申し込み基準・審査難易度ともに高めです。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉の審査通過率を上げるなら一般カードからの切り替えがおすすめ

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、申し込みだけでなく一般カードの『大丸松坂屋カード』からの切り替えも可能です。いきなり『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』へ申し込むよりも、一般カードの『大丸松坂屋カード』で利用実績を重ねてから切り替えを行った方が審査通過率も上がります。

どうしても『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』が欲しいという方は、まず一般カードの『大丸松坂屋カード』の利用で実績を重ねてから『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』に切り替える方法も検討してみましょう。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉のまとめ

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉はより贅沢な優待が付帯した大丸・松坂屋でお得なゴールドカード!

daimarumatsuzakayacard_gold_face

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、『大丸松坂屋カード』の上位カードとしてより贅沢で充実した優待特典を利用することができます。大丸・松坂屋で最大5%の優待ポイントが獲得できるほか、駐車場無料サービス、年間100万円以上の利用で次年度年会費無料という特典まで付帯しています。

しかも、半年ごとに獲得したポイントに応じたボーナスポイントも獲得できるので、大丸・松坂屋の利用頻度が多ければ多いだけ得をするシステムです。

空港ラウンジサービスをはじめとした特典ほか付帯補償も充実

『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』は、ゴールドカード特典として空港ラウンジサービスが付帯するほか、JFRロードサービスやJFRライフサポートサービスといった独自特典を利用できます。

さらに、旅行傷害保険やお買物安心保険以外にも、ライフアクシデントケア制度など万が一のアクシデントに対応した補償も付帯するなど、一般カード以上に魅力的な特典を利用することができます。

大丸・松坂屋だけでなく、通常の利用でも1.0%の高還元率で利用できるのも『大丸松坂屋カード〈ゴールド〉』の特長なので、日常的なメインカードとして存分に活用できるお得なゴールドカードです。

大丸松坂屋カード〈ゴールド〉詳細情報

基本情報

入会資格 原則として満25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
発行会社 JFRカード株式会社
本社所在地 大阪府高槻市紺屋町2-1
創業 1988年3月
発行可能ブランド VISAカードマスターカード
発行期間 2~3週間
年会費 1年目 7,000円+税
2年目以降 7,000円+税
※年会費割引および無料の諸条件あり
家族カード 1年目 無料
※2人目は1,000円+税
2年目以降 無料
※2人目は1,000円+税
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイントシステム

ポイントプログラム ポイント
ポイント還元率 1.0%
ポイント有効期限 1年
最低交換単位 1ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ JAL
マイレージ還元率 5ポイント→1マイル
最低交換単位 5ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー nanacosuicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害・疾病 最高150万円
携行品損害 最高30万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 最高300万円
備考 国内航空便遅延保険
ライフアクシデントケア制度
日本語緊急援助サービス
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2020 Agoora.inc.

TOP