クレジットカードを発行している会社を解説。注目カードも掲載しています。

KCカードの審査とポイント還元率、評判を比較

ヤフーグループになった!旧楽天KCカード

「YJカード」のカードブランド「KCカード」は、ヤフーグループのクレジットカード会社、ワイジェイカード(YJカード)株式会社が発行するプロパーカードです。2014年にヤフー株式会社が、旧KCカード株式会社を子会社化したことで、カード会社の名前もKCカードからYJカード(ワイジェイカード)へと変更されました。新しくなった‘新’KCカードにご期待ください。

KCカードで注目のクレジットカード

KCカード
【徹底解明】人気の理由とは

YJカード(KCカード)の種類

プロパーカードは1種類のみ!現在はヤフーのカードです

「YJカード(ワイジェイカード)」のカードブランド「KCカード」は、ワイジェイカード株式会社(YJ Card Co., Ltd.、略称:YJカード)が発行するクレジットカードです。選べる国際ブランドはJCBとMaster Cardの2種類。KCカードは、元々は1963年に設立された九州を地盤とする国内信販株式会社でしたが、楽天グループの楽天カード株式会社を経て、現在はソフトバンクグループのヤフーの連結子会社が発行するクレジットカードブランドとなっています。

YJカード(KCカード)の歴史

楽天グループからヤフーグループに移籍しました

KCカードは元々、九州地方を中心にクレジットカード事業を手がける鹿児島信販株式会社でしたが、楽天グループに買収され、楽天KCカードとなり、現在はヤフーを擁するソフトバンクグループのクレジットカードブランドになっています。ポイントプログラムは「点でうれしいプレゼントポイント」です。国際ブランドはJCB、マスターカードの2つを選ぶことができます

今後、ラインナップが増える可能性あり!

発行元のワイジェイカード株式会社は、2014年7月に誕生したばかりの新しいカード会社のため、ラインナップは旧KCカードを受け継いだ「KCカード」名義のプロパーカード1種類のみとなっています。

YJカード(KCカード)の特典

オンライン会員サイト「KC Card online」を提供

YJカードは、KCカード会員向けにインターネットサービス「KC Card online」を提供しています。KCカード会員はこのオンラインサービスを利用して、月々のご利用明細やご利用可能額の確認、住所変更、お支払い方法の変更など、さまざまな手続き、利用状況の照会、キャッシングの手続きをパソコンやスマートフォン、携帯電話を使って利用できます。

ポイントプログラム「点でうれしいプレゼント」

「KCカード」が提供するポイントプログラムは「点でうれしいプレゼント」です。ショッピングや公共料金の支払いなどでKCカードを利用することで、200円ごとに「点でうれしいプレゼント」が1ポイント付与されます。

ポイント還元率は0.5%。有効期限は最長2年間

点でうれしいプレゼントは、1000ポイント以上、100ポイント単位で、1ポイント=1円相当の提携ポイントに交換できます。そのため還元率は、0.5%となります。さらに誕生月はポイントが2倍になります。
ポイントの有効期間は、最長2年間です。前々年5月1日から前年4月末までに付与されたポイントの有効期限は、当年4月末日までとなります。

貯まるともらえるボーナスポイント

KCカードを使うと点でうれしいプレゼントポイントが貯まりますが、KCカードにはボーナスステージが設定されており、「点うれポイント」が2,000、5,000、10,000、20,000、40,000ポイントになった時、それぞれ1,000、2,500、5,000、10,000、20,000+5,000のボーナスポイントがプレゼントされます。

還元率最大1.51%!ボーナス最大25,000ポイント!

貯まったポイントの半分をボーナスポイントとしてプレゼントされるわけですが、4万ポイントのみ別途最終到達ボーナスとして5,000ポイントがプレゼントされます。そのため40,000ポイント到達時にはボーナスポイントと合わせ累計65,000ポイントにもなり、ポイント還元率は1.51%となります。

点でうれしいプレゼントのおすすめ利用方法

点でうれしいプレゼントのおすすめの利用方法は、「P割」という名のキャッシュバックです。次のカード利用分の利用代金に交換できます。交換は1,000ポイント以上、100ポイント単位です。
また使い勝手が良い共通ポイントに交換するのもおすすめです。こちらはAmazonギフト券/楽天スーパーポイントなどへの交換がおすすめ。同じく1,000ポイント以上、100ポイント単位で、1ポイント1円相当になります。

寄付やマイルへの交換も可能です

その他、お得度は下がりますが、ANAマイレージには1ポイント=0.4マイルに、auWALLETは1ポイント=0.8ポイントへと交換することが可能です。また日本ユニセフ協会や国境なき医師団日本、日本盲導犬協会などへの寄付に活用することもできます。

KCカードでクレジットカードを作るならどのカードがおすすめ?一発比較しました。

KCカード
注目カードを厳選掲載中

【一発比較】KCカード比較表

どれが自分に合っているか迷ったら、まずは比較!

新KCカード

新KCカード
海外旅行保険が旅行者に人気!実質年会費無料!
年会費 無料(2年目以降:2,000円+税※条件付き無料) 還元率 0.5%~1.51%
発行期間 最短5営業日 限度額 個別に設定
ブランド マスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 0.4マイル

新『KCカード』は実質的に年会費無料のクレジットカードでありながら、強力な海外旅行傷害保険が自動付帯!国内旅行傷害保険も充実しているため、旅行者が選ぶべきカードのTOP3に位置づけられます。ヤフーグループに吸収され、新しく券面が生まれ変わりましたが、ボーナスポイントで還元率が最大1.51%までアップする、誕生月がポイント2倍になる、などの特典はそのまま。提携する共通ポイントが増えて使い勝手が良くなりました。充実したサービスが魅力です。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP