国内最大級399枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ライフカードゴールドDp(デポジット)

ライフカードゴールドDp(デポジット)
年会費 初年度:10,000円+税(保証金:90万円まで)
20,000円+税(保証金:100万円以上)

2年目以降:10,000円+税(保証金:90万円まで)
20,000円+税(保証金:100万円以上)
還元率 0.5%
発行日数 1週間程度
年会費 初年度 10,000円+税(保証金:90万円まで)
20,000円+税(保証金:100万円以上)
2年目以降 10,000円+税(保証金:90万円まで)
20,000円+税(保証金:100万円以上)
家族カード
旅行保険 海外 最高1億円
国内 最高1億円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー nanacoidsuicaedy
国際ブランド マスターカード
発行会社 ライフカード株式会社
発行期間 1週間程度
  1. point1審査に不安があっても申し込めるゴールドカード
  2. point2空港ラウンジサービスなどゴールド特典も付帯
  3. point3最高1億円の旅行傷害保険が付帯!

ライフカードゴールドDp(デポジット)の特徴とは?

保証金(デポジット)を支払って発行されるライフカードのゴールドカード!それがライフカードゴールドDp(デポジット)!

lifecardgold_face

ライフカード株式会社が発行している”審査に不安のある人”のためのクレジットカーに『ライフカードDp(デポジット)』というカードがあります。その上位カードにあたるのが、『ライフカードゴールドDp(デポジット)』です。

文字どおりデポジット制となっているのが特徴で、カード到着時に代引きで保証金を支払えば発行してもらうことのできるゴールドカードです。ただ単にクレジットカードが欲しいだけなら一般カードの『ライフカードDp(デポジット)』でも十分です。しかし、空港ラウンジサービスなどゴールドカードとしての機能をどうしても使いたいという人には、本記事でご紹介する『ライフカードゴールドDp(デポジット)』がおすすめです。

ライフカードゴールドDp(デポジット)は審査難易度の低いゴールドカード!発行後は通常のライフカードゴールドと同様に使える!

説明する男性

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』は、事前に保証金と年会費さえ支払うことができれば、非常に高い確率で発行を受けることができる審査難易度の低いゴールドカードですが、「カード到着時に代引きで保証金と年会費を現金で支払う」ということを除けば通常のクレジットカードと変わりません。

ベースは『ライフカードゴールド』となっており、発行後はライフカードのゴールドカードとしてゴールドカード付帯の各種優待サービスを利用することも可能になります。『ライフカードゴールド』自体は決してステータスの高いゴールドカードというわけではありませんが、審査に不安のある人でも持てるゴールドカードという点では非常に貴重な存在です。

ライフカードゴールドDp(デポジット)の保証金は20万円~!保証金はそのままカード利用額に設定される!カード解約時には返金されるので無駄がない

デポジット制カードとは

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』で支払うデポジット(保証金)は20万円~190万円となっており、デポジットはそのままカード利用限度額に設定されます。つまり、20万円のデポジットならカード利用限度額は20万円、100万円のデポジットならカード利用限度額は100万円となります。発行時に支払ったデポジットについては、カード解約時に返金されますので無駄がありません。

ライフカードゴールドDp(デポジット)の年会費は限度額に応じて2種類に分けられる!

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』の年会費は10,000円(税抜)もしくは20,000円(税抜)の2種類です。年会費はカードの利用限度額によって分けられています。

限度額(保証金) 年会費(税抜)
20万円~90万円 10,000円
100万円~190万円 20,000円

カード利用限度額が90万円までなら10,000円(税抜)、100万円以上なら20,000円(税抜)の年会費です。

ライフカードゴールドDp(デポジット)の特典はライフカードゴールドと同じ!

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』が発行された後は、通常の『ライフカードゴールド』と同等のサービスを利用することができるようになります。充実の旅行傷害保険も付帯しますし、空港ラウンジサービスなどのゴールド特典も利用可能です。付帯特典や付帯保険などの詳細は後述します。

ライフカードゴールドDp(デポジット)とライフカードゴールドの違い

ではここで、『ライフカードゴールドDp(デポジット)』と、同じく審査に不安のある人に向けて発行されている『ライフカードゴールド(Ch)』、そして通常の『ライフカードゴールド』の違いについてみてみることにしましょう。

ゴールドDpとライフカードゴールドの比較
カード名 ライフカードゴールド(Dp) ライフカードゴールド(Ch) ライフカードゴールド
券面画像 lifecardgold_face lifecardgold_face lifecardgold_face
入会資格 20歳以上で電話連絡が可能な方 18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生不可) 23歳以上で安定した継続収入のある方
年会費(税抜) 10,000円(限度額90万円までの場合)
20,000円(限度額100万円以上の場合)
10,000円 10,000円
発行条件 審査通過後カード到着時に年会費+保証金を代引きで支払うこと 審査通過後カード到着時に年会費を代引きで支払うこと ゴールドカード独自の審査に通過すること
国際ブランド Mastercard Mastercard
VISA
ポイントプログラム LIFEサンクスプレゼント
主な付帯特典 LIFE CARD GOLDデスク
弁護士無料相談サービス
空港ラウンジサービス
ロードサービス(※)
ライフカード付帯の各種特典・優待
※Dpは年会費20,000円の場合のみロードサービスが付帯
付帯保険 【海外旅行傷害保険】
最高1億円
【国内旅行傷害保険】
最高1億円
【シートベルト傷害保険】
最高200万円
【ショッピングガード保険】
最高200万円
キャッシングサービス × ×

付帯サービスについては3券種ともに同じです。また、カードフェイスについても違いはありません。大きな違いは審査難易度となっていて、もっとも審査難易度の低いのは保証金を支払うことで発行を受けられる『ライフカードゴールドDp(デポジット)』となります。

ライフカードゴールドDp(デポジット)が選ばれる3つの魅力

ライフカードゴールドDp(デポジット)は保証金を払えば持てるゴールドカード!審査難易度が低い!

ポイント解説

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』は審査難易度が低いゴールドカードです。その理由は、デポジット(保証金)を預けることで発行してもらえるという特別なシステムを採用しているからです。

ライフカードでは、『ライフカードゴールドDp(デポジット)』以外でも審査に不安のある人に向けて発行している『ライフカードゴールド(Ch)』というカードもありますが、保証金を支払う必要のある『ライフカードゴールドDp(デポジット)』がもっとも審査難易度が低くなっています。

預けた保証金は、万が一延滞というアクシデントが発生した場合に損失をカバーするためのものです。そのため、保証金=利用限度額となっているのです。通常、信用スコアの低い人はカードの発行を見送られがちですが、保証金を事前に預けることで信用スコアの低い人でも発行できるように工夫されています。

ライフカードゴールドDp(デポジット)なら発行後は通常のライフカードゴールドとして使える!

lifecardgold_face

カード到着時に、保証金と年会費を代引きで支払う必要はありますが、だからといってカードの機能が制限されてしまうわけではありません。発行が済んでしまえば通常の『ライフカードゴールド』と同様のサービスが利用できます。付帯保険(後述)も同様ですし、空港ラウンジサービスなどの付帯サービスも同様です。先述したようにカードフェイスもまったく同じなので、デポジット制のクレジットカードだとバレることもありません。

ライフカードゴールドDp(デポジット)はクレヒス修行にもおすすめできる!

クレジットカードの審査をなかなかパスできない人の多くが、クレヒス――いわゆる信用履歴に何かしらの問題があるからです。審査に悪影響を与える主な信用履歴を挙げてみますと、

  • 過去5年以内に債務整理等の異動情報がある
    ※自己破産の場合は10年以内
  • 過去5年以内に延滞などをした
    ※スマホなどの機種代金を割賦払いしている場合も同様
  • 過去2年以内にクレカやローンなどの支払い遅延があった
    ※スマホなどの機種代金も含む
  • 過去6ヵ月以内に複数のクレカやカードローンなどに申し込んでいる
    ※特に、短期間で集中的に申し込んで審査落ちしている場合はさらに悪影響

以上に該当する場合は、クレジットカードの審査落ちの確率が高くなります。実際、上記に該当するばかりにクレジットカードが必要でも持つことができず困っている人も多いです。

しかし、『ライフカードゴールドDp(デポジット)』なら、デポジットさえ支払うことができるなら上記に該当する場合でも発行を受けられる可能性がありますし、良好な利用をし続けることで優良なクレヒスを積んでいくことも可能です。クレヒス修行をしたいと考えている人には最適な1枚です。

ライフカードゴールドDp(デポジット)の優待特典

ライフカードゴールドDp(デポジット)でもゴールド特典を利用できる!ライフカード会員向けの各種優待も利用可!

記述のとおり、『ライフカードゴールドDp(デポジット)』は通常の『ライフカードゴールド』と同等のサービスが付帯しますので、ライフカードのゴールド特典を利用できます。

特典 内容
LIFE CARD GOLDデスク ゴールド会員専用のダイヤルデスク
国内空港ラウンジサービス 国内主要空港のラウンジを無料で利用できる
ロードサービス 自動車事故や故障の祭に電話1本で対応してくれるロードサイドアシスタンス
※ライフカードゴールドDpは保証金100万円以上(年会費20,000円)で付帯
弁護士無料相談サービス 面談もしくは電話にて1時間無料の法律相談が可能
※初回1回のみ

ロードサービスについては、通常の『ライフカードゴールド』では無条件で付帯しますが、『ライフカードゴールドDp(デポジット)』の場合は保証金(利用限度額)100万円以上の場合にのみ付帯します。

保証金20万円~90万円
(年会費10,000円+税)
ロードサービスの付帯なし
保証金100万円~190万円
(年会費20,000円+税)
ロードサービスが付帯

さすがにロードサービスだけを目的に『ライフカードゴールドDp(デポジット)』へ申し込む人はいないと思われますが、保証金100万円以上でなければロードサービスが付帯しないということは承知しておきましょう。

その他、ライフカードに付帯している基本的な優待も利用することができます。

ライフカードの基本的な優待
ジャンル サービス名
トラベル LIFE DESK
旅行サービス<リロの旅デスク>
旅行サービス<Travel Gate>
トラベルグッズ割引
国内レンタカー割引
海外おみやげ宅配
外貨両替
レジャー・エンタメ 全国の飲食店やレジャースポットなどでの優待サービス
オンラインモール「L-Mall(エルモール)」
カーシェアリング
toto・BIGのオンライン購入
生活 新電力「ひまわり電気」
ふるさと納税
ブランド品買取・販売
JCBギフトカードの購入
公共料金や通信料金などの各種料金支払い
ポストペイ型電子マネー「ライフカードiD」

これらはライフカードの一般カードでも利用できる基本的な優待特典です。もちろん、『ライフカードゴールドDp(デポジット)』でも利用できます。

ライフカードゴールドDp(デポジット)の付帯保険

ライフカードゴールドDp(デポジット)には最高1億円の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯!ショッピング保険もあり!

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』の基本スペックは『ライフカードゴールド』と同じですので、付帯保険も同様の補償となります。旅行傷害保険は海外と国内ともに最高1億円の補償が付帯し、年間最高200万円のショッピング補償も付帯します。以下が付帯保険の内訳です。

ライフカードゴールドDp(デポジット)の付帯保険
保険種類 保険内容 補償内容 家族特約
海外旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
傷害治療費用 300万円 150万円
疾病治療費用 300万円 150万円
救援者費用等 300万円 100万円
賠償責任保険 1億円 5,000万円
携行品損害 1旅行中40万円 1旅行中20万円
国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
入院保険
(フランチャイズ7日)
10,000円/日 5,000円/日
通院保険
(フランチャイズ7日)
4,000円/日 2,000円/日
手術保険 入院中:入院日額×10倍
それ以外:入院日額×5倍
ショッピング補償 ショッピングガード保険 年間最高200万円
その他 シートベルト傷害保険 最高200万円

海外旅行傷害保険の「傷害治療費」と「疾病治療費」はそれぞれ300万円、ショッピングガード保険も最高200万円なので、ゴールドカードとしてはやや低めの補償となっています。ただし、海外・国内ともに旅行傷害保険には家族特約まで付帯しており、全体的な充実度はかなり高めです。

ライフカードゴールドDp(デポジット)のポイントと還元率

ライフカードゴールドDp(デポジット)の基本還元率は0.5%!LIFEサンクスプレゼントでポイントを貯められる!ポイント有効期限は最大5年!

lifeサンクスプレゼント

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』も、ライフカードの「LIFEサンクスプレゼント」がポイントプログラムとなっています。カード利用1,000円ごとに1ポイントを獲得できます。1ポイントあたりの価値は最大で5円相当となっていますので、基本還元率は0.5%になります。通常のライフカードと同様に、貯まったポイントは厳選アイテムや各種ポイントなどとの交換が可能です。しかもポイント有効期限は最大5年(繰越手続きが必要)もあるので、じっくりと貯めることもできてさらに便利です。

ライフカードゴールドDp(デポジット)なら各種ボーナスポイントでさらに高還元率な利用がOK!誕生日月やステージ制プログラムでお得!

lifecard_ch_point_birthday

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』は、入会後1年間はポイント1.5倍の0.75%で利用できるほか、誕生日月にはポイント3倍の還元率1.5%で利用することができます。

さらに、年間利用額に応じて次年度の還元率がアップする「ステージ制プログラム」、年間利用額50万円以上で300ポイントのボーナスポイントを獲得できる「スペシャルボーナス」もあります。

ステージ制プログラム
年間利用額 ステージ 次年度還元率
50万円未満 レギュラー 0.5%
50万円以上100万円未満 スペシャル 0.75%
100万円以上200万円未満 ロイヤル 0.9%
200万円以上 プレミアム 1.0%

以上のように、年間200万円以上の利用があれば翌年度は還元率1.0%で利用できるので、高還元率カードとして活用することも難しくありません。

ライフカードゴールドDp(デポジット)ならL-Mall(エルモール)を利用しないと損!ネットショッピングで最大25倍のポイントが貯まる!

L-Mall

ネット通販を利用するなら、オンラインモール「L-Mall(エルモール)」を経由したショッピングがお得です。「L-Mall」経由でネット通販をするだけで2倍~最大25倍ものポイントを獲得できますので、せっかくライフカードの会員になるなら、積極的に「L-Mall」を利用しないと損です。

ライフカードゴールドDp(デポジット)がおすすめの方

ライフカードゴールドDp(デポジット)の最大の特徴は審査難易度の低さ!どうしてもゴールドカードを持ちたい人におすすめ

困っている男性

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』の最大の特徴となるのは「審査難易度の低さ」です。通常では審査に落とされてしまう人でも、事前に年会費と保証金を支払えば高確率で発行を受けることのできるゴールドカードとなっています。ゴールドカードが欲しくても一般カードクラスの審査にすらパスできずに悩んできた人にでも審査通過の可能性がある唯一のゴールドカードと言っても過言ではありません。

単純にクレヒス修行をしたいのであれば一般カードのライフカードDp(デポジット)がおすすめ

補足説明イラスト

ただ単に良好なクレヒスを積むだけのクレヒス修行をしたという場合なら、敢えて『ライフカードゴールドDp(デポジット)』を選ばなくても、一般カードの『ライフカードDp(デポジット)』でも十分です。

ライフカードDp(デポジット)』でも『ライフカードゴールドDp(デポジット)』でも、どちらにしてもクレジットカードであることには変わりがありませんので、クレヒスを積むという単純な理由だけで発行を狙うなら、低い保証金で利用できる『ライフカードDp(デポジット)』の方がおすすめです。

ライフカードゴールドDp(デポジット)のメリット

ライフカードゴールドDp(デポジット)は審査のハードルが低いゴールドカード!ゴールド特典も付帯!

ではここで、『ライフカードゴールドDp(デポジット)』のメリットをまとめておきましょう。

  • デポジット制のゴールドカードで審査難易度が低い!
  • 空港ラウンジサービスやゴールドデスクも利用できる
  • 旅行傷害保険は最高1億円
  • 年間最高200万円のショッピングガード保険
  • 最高200万円のシートベルト傷害保険
  • 弁護士無料相談サービスが付帯
  • 保証金100万円以上ならロードサービスも付帯
  • 入会後1年間はポイント還元率1.5倍!
  • 誕生日月はポイント還元率3倍!
  • ステージ制プログラムで翌年度のポイント還元率アップ!
  • 年間50万円で300ポイントのスペシャルボーナス!
  • L-Mall(エルモール)経由でポイント最大25倍
  • ETCカードも発行できる

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』は、ゴールドカードとしては異例とも呼べるほど審査難易度が低いです。もちろん、保証金として20万円以上が必要となるわけですが、少なくともそれを事前に支払うという条件さえクリアできれば高い確率で発行を受けることができます。なかなかクレジットカードの発行を受けられない人にとっては、非常にメリットの多いゴールドカードと言えそうです。

ライフカードゴールドDp(デポジット)のデメリット

ライフカードゴールドDp(デポジット)はカード受け取り時に年会費と保証金を代引き!21万円以上が必要!

lifecard_dp_advance_payment

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』は、カード到着時に代引きで年会費と保証金を支払う必要がありますので、手元にまとまった現金がない場合は発行を受けられません。

前述しましたように、保証金は20万円~190万円となり、20万円~90万円は年会費が10,000円(税抜)、100万円以上の場合は年会費が20,000円(税抜)です。カード到着時には、少なくとも21万円以上を支払う必要があるわけです。

ライフカードゴールドDp(デポジット)は家族カードを発行できない!キャッシング機能もなし!支払いは1回払いだけ!

家族カードNG

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』には家族カードがありません。また、キャッシング機能も利用することができません。そこは審査に不安のある方に向けて発行されているカードという側面もありますので、利用できるのは本人のみ&ショッピングのみということになります。また、分割払いやリボ払いなどの利用も制限されており、ショッピングでは原則として1回払いのみとなっています。

ライフカードゴールドDp(デポジット)の国際ブランドはMastercard一択!他は選べない!

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』では、付帯する国際ブランドについてはMastercardしか選べません。JCB、VISAといった他の国際ブランドを付帯させることはできません。

ライフカードゴールドDp(デポジット)評判!審査や口コミは?

これまでゴールドカードに手が届かなかった人もライフカードゴールドDp(デポジット)なら所有できる可能性大!

point

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』は、本来ならクレジットカードの審査を見送られてしまうような属性でも発行できる、極めて稀なゴールドカードです。もともとは『ライフカード(Ch)』の審査にも落ちてしまった人たちに対してインビテーションが出されていたカードでもあるため、審査難易度はかなり低いです。審査通過率100%というわけにはいかないまでも、よほどのことがない限りは高い確率で発行を受けることができます。

利用するまでの流れとしては、『ライフカード<年会費無料>』で審査落ち、次いで『ライフカード(Ch)』で審査落ちし、最終的に『ライフカードゴールドDp(デポジット)』に申し込むという流れが多いようですが、他社のクレジットカードで審査落ちしてから直接『ライフカードゴールドDp(デポジット)』に申し込んだというユーザーも少なくありません。いずれにしても、まとまった保証金を手元に用意できるかどうかが、審査通過のためのもっとも重要なポイントとなりそうです。

ライフカードゴールドDp(デポジット)は過去に延滞等の経験があってもOK!ただし現在滞納しているような場合はアウト!

指し棒を持つ女性

事前にデポジットを納めればほぼ高い確率で発行が可能な『ライフカードゴールドDp(デポジット)』は、過去に延滞等の経験があっても申し込むことができます。実際、債務整理をして数年で発行してもらえたという人もいます。しかし、完全にノー審査でパスできるわけではありません。今現在未払いのものがある場合は確実に審査落ちします。

ライフカードゴールドDp(デポジット)のまとめ

ライフカードゴールドDp(デポジット)なら審査に不安でもゴールドカードが持てる!

lifecardgold_face

『ライフカードゴールドDp(デポジット)』は、審査に不安があっても事前にデポジットを納めることで発行してもらえるゴールドカードです。デポジット自体が保証となるので、審査難易度が非常に低く設定されているのが特徴です。ただし、デポジットは最低でも20万円となっているので、まとまった現金を手元に用意しておく必要もあります。また、単にクレジットカードが欲しいだけというのであれば、下位カードの『ライフカードDp(デポジット)』がおすすめです。5万円もしくは10万円のデポジットなので、『ライフカードゴールドDp(デポジット)』よりは財布の負担も少なくて済みます。

基本情報

入会資格 日本国内にお住いの20歳以上で、電話連絡が可能な方
発行会社 ライフカード株式会社
本社所在地 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20
創業 昭和27年10月
発行可能ブランド マスターカード
発行期間 1週間程度
年会費 1年目 10,000円+税(保証金:90万円まで)
20,000円+税(保証金:100万円以上)
2年目以降 10,000円+税(保証金:90万円まで)
20,000円+税(保証金:100万円以上)
家族カード 1年目
2年目以降
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム LIFEサンクスプレゼント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 最大5年
最低交換単位 100ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANA
マイレージ還元率 300ポイント→750マイル
最低交換単位 300ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー nanacoidsuicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害・疾病 300万円
携行品損害 40万円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 200万円
備考 家族特約あり

ライフカードゴールドDp(デポジット)でよくある質問