国内最大級399枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ルミネカード

ルミネカード
年会費 初年度:初年度無料
2年目以降:953円+税
還元率 0.5%~1.84%
発行日数 約2週間
年会費 初年度 初年度無料
2年目以降 953円+税
家族カード 家族カードなし
旅行保険 海外 500万円
国内 1,000万円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー nanacosuicaedy
国際ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行会社 ビューカード
発行期間 約2週間
  1. point1ルミネでいつも5%OFF!LUMINEならユニクロも無印良品も本屋もスタバも5%オフ
  2. point2Suica利用でポイント還元率1.5%!Suicaオートチャージで最強の電子マネーに!
  3. point3Suica定期券機能で通勤通学に利用可能!初年度年会費無料で国内・海外旅行保険付き

ルミネカードの特徴とメリット

ルミネのお買い物が何でもいつでも5%割引きになるのが最大のメリット

ルミネ・NEWoManでおトク!のイメージ『ルミネカード』の一番のメリットといえば、間違いなく駅ビル「ルミネ(LUMINE)」でのショッピングがいつでも5%オフになることでしょう。

『ルミネカード』の5%オフは商品やサービスを選びません。本屋さんやレコード店、コスメショップもスーパーマーケットも全部が5%割引きになります。一般的に割引対象外になる本やCD・DVDも5%オフとなり、バーゲン品でも割引されます。

ルミネで使ったルミネカードのカード代金が一律5%オフで請求される

支払い方法によらず割引きは適用されるので、分割払いやボーナス払いのお買物でも5%オフになります。

ただし分割払いの場合は一回あたり1,000円(税込)以上から、ボーナス一括払いのご利用は10,000円(税込)以上が対象となります。ご注意ください。

ルミネ・NEWoManのユニクロや無印良品、化粧品も全て5%オフ!

ルミネカードで割引きになるのは駅ビルのルミネとJR新宿駅新南口の商業施設「NEWoMan」(ニュウマン)などです。

ルミネカードを利用すれば、ほとんどの施設で常時5%、ルミネセール期間中は10%の割引きが受けられます。

広く人気があるユニクロ、無印良品、ロフト、ブックファースト、スターバックスもすべて割引の対象です。利用しない手はありません。しかし、一部対象外の店舗があるので、心配な場合はカードセンターで確認しましょう。

セール期間だけ割引き対応などの変則的な対応もあるので、いつもなのか、セール期間だけなのか、状況に応じて確認することをおすすめします。

ルミネセールでは10%オフになる

ルミネザバーゲンのバナーさらに『ルミネカード』会員には、ルミネカードの支払いでお買い物が10%オフになる会員専用のセール期間が設けられています。

期間内はルミネカードで購入する全ての商品がカード代金のお支払い時に一律10%オフで計算されるのが最大のメリット。

なんとルミネに入っている書店の本も10%オフになります。月刊誌などはこの期間に1年分を一括して購読する方もいるほど。お得に活用できるクレジットカードなのです。

通勤や通学でもお得に使える

JR東日本の利用でも常にJREポイントが3倍の1.5%貯まるので(ポイント還元率1.5%)、通勤・通学に定期券やモバイル定期券を利用している方はいつでもお得です。

通勤・電車利用でも便利 (Suica+定期券)のイメージ貯めたポイントはルミネ商品券に交換することも可能ですので、日常的にルミネを利用している方に特におすすめです。

もちろんSuica一体型なのでオートチャージも可能。登録のモバイルSuicaでオートチャージも可能です。モバイルSuicaで通勤・通学の定期券としても活用できます。

年に6回のルミネ・ザ・バーゲン期間中はセール品もルミネカード支払いで更に10%オフ

ルミネザバーゲンセール2019年1月のイメージ

ルミネでは年に数回、ルミネカード会員のためのセールを行っています。それがコマーシャルでもお馴染みの『ルミネ・ザ・バーゲン』です。

セール期間中はさらに+5%の割引率アップのキャンペーンを行っており、期間中はいつでも10%オフになります。このルミネの『ルミネ・ザ・バーゲン』セールは年に4回あります。

夏7月と冬1月に加え、3月、5月、9月、11月の年6回のバーゲンセールがある

2018年は1月の頭と7月頭の冬と夏のバーゲンセールの他、3月、5月、9月、11月に行われました。2019年1月3日から行われたため、おそらく今後もこのタイミングで行われます。

夏(7月)と冬(1月)のバーゲンセールの時期と、かき入れ時の12月を外してルミネセールは2ヶ月に1回は行われている印象です。年の半分の月でお得な期間が設けられているのは、ルミネ利用者にとって大きなメリットと言えるでしょう。

ルミネのお買い物はサインレスでOK!

またクレジットカードはサインをするのが面倒という方も多いと思いますが、本カードを使用するとルミネでサインレス決済可能です。ルミネ店舗内のレストラン・本屋では1万円未満でサインレス、食品店では3万円未満でサインレスになります。

ルミネカードの審査難易度

審査基準は緩いので10代の学生や20代の社会人でもOK

仲良くハイタッチルミネカードは駅ビルのクレジットカードのため、お買い物で利用する学生さんや社会人、主婦の方にも幅広く発行しています。そのため審査基準はそこまで高くありません。定期券機能が付いていることからも、学生の通学定期券、社会人一年目の通勤定期券として活用されています。

10代の場合は限度額がやや低い

口コミ情報を調べる限り、10代の学生の場合は、ショッピング枠が15万円~20万円ほどで発行されることが多いようです。

しかし、限度額低めで発行されることで、よっぽどのことが無い限り、審査落ちになることはありません

ルミネカードの年会費

年会費は初年度無料

ルミネカードの年会費は初年度無料です。次年度より953円(税抜)かかりますが、2万円利用すれば5%割引で1,000円お得になります。

また、10%キャンペーン中ならわずか1万円で年会費を相殺できます。ルミネ利用者なら持たない手はありません。

ルミネカードのポイントと還元率

JRE POINT(旧ビューサンクスポイント)が貯まる

JREポイントのロゴ『ルミネカード』は、ルミネ以外で使用してもポイントが貯まってお得です。『ルミネカード』で貯まるポイントは「JRE POINT」です。

JRE POINTは1ポイント=1円の価値。Suicaチャージで使うのが最も手軽で、JRE POINT1ポイントから1円相当でチャージできます。以前はビューカード専用の「ビューサンクスポイント」が貯まっていました(2018年6月28日から全面移行)。

Suicaなら還元率1.5%の最強の電子マネーになる

Apple PayのSuicaのイメージルミネカードを利用することでSuicaはポイント還元率1.5%の最強の電子マネーとなります。というのもルミネカードはSuicaチャージ(Apple PayのモバイルSuica含む)でポイント3倍になるからです!

ルミネカードは一般加盟店で1,000円につき5ポイント(還元率0.5%)ですが、JR利用者が対象商品(JR東日本の乗車券、定期券、Suicaチャージ、びゅう国内旅行商品など)の購入の際に利用すれば、1,000円につき3倍の15ポイントが貯まります(還元率1.5%)。

切符や定期券だけじゃなく、回数券やびゅう国内旅行商品、Apple PayのモバイルSuicaへのチャージなども対象なので、ルミネカードの活用範囲はさらに広がります。

おすすめのポイント交換先はルミネ商品券

貯まったJREポイントは登録したSuicaにチャージして利用できる、というイメージJREポイントの使い方で最もオーソドックスなのは1ポイント=1円としてSuicaチャージするか、JR東日本の駅ビルで直接使うことです。

以前のビューサンクスポイントではルミネ商品券に交換の場合、650ポイント=2,000円分、1,250ポイント=4,000円分のルミネ商品券に交換できました(還元率最大1.92%)。

しかし、JRE POINTになったことでこの比率での交換は無くなりました。

還元率最大1.84%!比率は下がってもルミネ商品券との交換はお得!

ルミネ商品券のイメージその代わり、駅ビルで直接、JRE POINTを使うことができるようになって利便性が上がりましたし、1ポイント=1円相当でも、従来通り電子マネー「Suica」にチャージすれば還元率1.5%となります。

とは言っても、交換商品でルミネ商品券は残ってますし、最大のルミネ商品券(30,000円分)はポイント数:24,400ポイントで交換が可能です。

計算するとルミネ商品券との交換で還元率は最大で約1.84%にまで上がります。ポイント数の端数400ポイントは商品券の郵送代込みの交換手数料のようなものですね。

ルミネ商品券の交換商品ラインナップ
商品券の額面 必要な交換ポイント数 最大還元率
ルミネ商品券(2,000円分) ポイント数:2,000 還元率最大1.500%
ルミネ商品券(4,000円分) ポイント数:3,600 還元率最大1.666%
ルミネ商品券(6,000円分) ポイント数:5,200 還元率最大1.731%
ルミネ商品券(8,000円分) ポイント数:6,800 還元率最大1.765%
ルミネ商品券(10,000円分) ポイント数:8,400 還元率最大1.786%
ルミネ商品券(20,000円分) ポイント数:16,400 還元率最大1.829%
ルミネ商品券(30,000円分) ポイント数:24,400 還元率最大1.844%

ルミネ商品券はルミネ各店(大宮、北千住、池袋、有楽町、新宿、ルミネエスト新宿、立川、横浜、町田、荻窪、藤沢、川越、ルミネ・ザ・キッチン品川、大船ルミネウィング)、およびNEWoManでご利用できる商品券です。お釣りも出るのでお得です。

もちろんSuicaチャージや駅ビルで直接使う方が用途が限定されないため、使い勝手は上なのですが、ルミネカードを持つ人はルミネで買い物する人なので、ルミネ商品券への交換はすごくおすすめです。

日常的にルミネを利用している方であれば、5%オフと合わせてザクザク貯まったポイントもお得に使えます。ルミネ利用者にとっては大いに価値があるクレジットカードとなるでしょう。

ルミネカードのその他の特典とメリット

ルミネ「スペシャルサンクス」プレゼントが毎年もらえる!

『ルミネカード』は、ルミネでの年間利用金額に応じてルミネ商品券がプレゼントされるサービスもあります。1月1日~12月31日の間にルミネで20万円以上50万円未満のカードショッピングをすると1,000円分、50万円以上70万円未満で2,000円分、70万円以上100万円未満で3,000円分、100万円以上で5,000円分のルミネ商品券がプレゼントされます。

海外旅行傷害保険が自動付帯する

『ルミネカード』には、海外旅行傷害保険が自動付帯しており、入会するだけで最高500万円の死亡・後遺障害費用を補償。最もよく利用される傷害・疾病治療費用についても、最高50万円まで補償されます。

ただし携行品損害や賠償責任などは保障されません。

利用付帯で国内旅行傷害保険もしっかり付く!

国内旅行についても、旅行代金を本カードで支払うと、死亡・後遺障害から入院・通院・手術費用まで補償される最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯されております(入院・通院費用は入通院期間が7日以上の場合のみ適用されます)。

関東地方を中心に全15店舗を展開している

「ルミネ」はJR東日本グループが展開する駅ビル型デパート群のこと。現在関東地方を中心に全15店舗を展開しています。

最も有名なのはよしもとの劇場「ルミネtheよしもと」が併設された「ルミネ新宿店(ルミネ1、2)」でしょうか。JRの駅に直結する利便性と手ごろな価格設定、バラエティに富んだブランドの専門店が集まることから、日本最大級のファッションビルグループとなっています。

ルミネ店舗一覧

  • ルミネ新宿店(ルミネ1、ルミネ2)
  • ルミネエスト新宿店(旧マイシティ新宿)
  • ルミネ池袋店(旧メトロポリタンプラザショッピングセンター)
  • ルミネ北千住店(旧北千住ウイズ)
  • ルミネ有楽町店(ルミネ1、ルミネ2/旧有楽町西武)
  • ルミネマン渋谷店
  • ルミネ ザ・キッチン品川店
  • ルミネ大宮店(ルミネ1、ルミネ2/旧OSB、旧We)
  • ルミネ横浜店
  • ルミネ荻窪店
  • ルミネ立川店(旧WILL)
  • ルミネ藤沢店
  • 大船ルミネウィング
  • ルミネ町田店
  • ルミネ川越店

ルミネカードのデメリット

ルミネでは割引優先でJREポイント還元がない

ルミネカードはルミネではポイント還元を受けられません。ちょっとだけ残念ですがルミネでの利用では5%割引き特典が優先されるため、JRE POINTが貯まらないのです。

しかしポイント還元よりも、5%オフの方がはるかにお得ですので、ルミネ利用者はルミネカードを持たない手は無いでしょう。ルミネで使用するなら他のビューカードよりもルミネカードの方が断然お得です。

常時5%オフ、セール10%オフが受けられない店舗がある

ルミネカードの割引きは書店や食料品、レストランも対象となりますが、ただし一部店舗では割引きが受けられません。また普段割引きにならないショップが、セール期間のみ10%オフになるなどイレギュラーな対応もあります。

一般的に人気のあるルミネ内の無印良品もロフトもブックファーストもスターバックスも5%オフの対象です。

しかし、高級店を中心に割引きが利用できない店舗もあります。利用したいルミネの店舗がルミネカードの割引対象かどうかはきちんと確認した法が良いでしょう。セール時期の対応も要チェックです。

2年目以降は953円+税の年会費がかかる

ルミネカードは初年度は無料ですが、2年目以降に年会費953円+税が掛かってきます。5%の分として毎年ルミネで約20,000円分のショッピングをしないと元は取れません。

最寄り駅にルミネがあり、日常的に食料品を買ったり、本を買ったりする方や、好きなコスメやお洋服のブランドがある人は問題ありませんが、めったに利用しない方は元が取れなくなる可能性があります。自分の利用頻度や活用法を考えて申し込みましょう。

ルミネカードの締め日と引き落とし日

ルミネカードの締め日は「月末締め」支払日は「翌々月4日」

ルミネカードはビューカードの一種のため、締め日と引き落とし日は他のビューカードとまったく同じです。つまりルミネカードの締め日は毎月の「月末締め」、引き落とし日は「利用月の翌々月4日」です。代金の締めから支払いまでの期間は約35日ほどになります。

インターネット(VIEW’s NET)からご利用明細を確認できます

Web明細ポイントサービスで確認するイメージルミネカードの利用代金は、毎月月末に締め切られ、翌月20日頃に「ご利用代金明細書」が発行されます。

ルミネカード会員の多くの方は「Web明細ポイントサービス」を利用していると思います。これは、「ご利用代金明細書の郵送」を止めることで、毎月JRE POINT 50ポイントが貯まります。つまり、年間最大600ポイントがもらえます。

インターネット(VIEW's NET)からご利用明細を確認するイメージ

ルミネカードのまとめ

『ルミネカード』は、ルミネで5%~10%の割引きや商品券のサービスを受けられるビューカードです。

JR東日本の圏内にお住まいで日常的にルミネを利用する方は、絶対に持つことをおすすめします。年間10万円の利用でも、5,000円分は割引きされるのですから、間違い在りません。100万円では5万円です。

ルミネ以外のクレジットカード利用でも、ポイントを貯めてルミネ商品券などに交換することが可能ですし、隙はありません。

しかもJRの定期券やオートチャージでは1.5%の還元です。JRの利用者、かつルミネでショッピングする方にとっては圧倒的にお得なクレジットカードです。

基本情報

入会資格 18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
発行会社 ビューカード
本社所在地 東京都品川区大崎一丁目5番1号 大崎センタービル
創業 2009年9月
発行可能ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行期間 約2週間
年会費 1年目 初年度無料
2年目以降 953円+税
家族カード 1年目 家族カードなし
2年目以降 家族カードなし
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 477円+税
2年目以降 477円+税

ポイント還元

ポイントプログラム JRE POINT
ポイント還元率 0.5%~1.84%
ポイント有効期限 24ヶ月(※ポイント獲得/利用があれば24ヶ月自動延長)
最低交換単位 1ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ
マイレージ還元率 -
最低交換単位 -
マイレージ移行手数料 -

電子マネー

チャージ可能な電子マネー nanacosuicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 500万円
傷害・疾病 50万円
携行品損害 -
国内旅行傷害保険 1,000万円
ショッピング保険 -
備考

ルミネカードでよくある質問

ログインは何処からできますか?

https://www.jreast.co.jp/card/servicelist/viewsnet/login.html
上記の公式ページからログイン可能です。

解約は何処からできますか?

定期機能の有無に関わらず「03-6685-7000」に電話をすることで解約可能です。
ただ営業時間が9時~17時30分となっているので注意して下さい。
電話が繋がらない、電話をしたくない方は公式から退会PDFをダウンロードして、記載された住所に郵送しましょう。

損をしないためにも、解約する場合はオートチャージの解除や貯まったポイント、チャージ額を必ず使い切って下さい。

ルミネsuicaカードからマイナポイントを申し込むメリットはありますか?

マイナポイントに申し込んだ後、20,000円以上suicaにチャージすると抽選で2500名ですが、2,000ポイントがプレゼントされます。
優秀なメリットなのは間違いありませんが、20,000円というチャージ額に対して抽選であったり、ポイントも2,000と微妙なのでこのためだけに申し込む価値があるかは微妙なところです。

おすすめのポイントの使い方・交換先を教えて下さい。

一番オトクなのは商品券への交換です。1ポイント1.2円で交換できるのでオススメです。
時点でJRE加盟店です。レートは1ポイント1円ですが、100円使うことで再度1ポイント貯まるのでこちらも非常にお得です。

ルミネカードは豊富な交換先があり、交換レートも他カードと比べて高いので優秀です。

インビテーションは来ますか?

ルミネカードにゴールド、プラチナカードが存在しないため、インビテーションは来ないようです。
ルミネをお得に利用するならこのカードが最高峰です。

ゴールドカードを利用したい人はルミネ特典はありませんが、系列のビュープラスゴールドカードを使いましょう。http://www.patacriticism.org/creditcard/viewgoldplus.html

ぶっちゃけ口コミや評判はどうなんですか?

ルミネをよく利用する方、JR東日本を利用する方からの評価は非常に高く、発行してまず損のないカードと言えるでしょう。
web明細にするだけでも600円ポイントが貰えるので、年会費の元もすぐに取ることができます。
特に本や化粧品といった、通常だと割引なく定価で販売される事の多い商品を5~10%オフで購入できるのは非常に大きいです。

年に1万円以上ルミネを利用するなら絶対に発行するべきです。一方でルミネを年間1万円使わない人はビックカメラsuicaカードを選んだ方がいいです。 http://www.patacriticism.org/creditcard/biccamerasuicacard.html