国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card
年会費 初年度:55,000円(税込)
2年目以降:55,000円(税込)
還元率 0.5%~1.0%
発行日数 3週間ほど
年会費 初年度 55,000円(税込)
2年目以降 55,000円(税込)
家族カード 16,500円(税込)
旅行保険 海外 最高1億円
国内 最高1億円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー quicpay
国際ブランド マスターカード
発行会社 株式会社アプラス
発行期間 3週間ほど
  1. point1日本で初めての申し込み制ブラックカード!ワールドエリートマスターカード!
  2. point224時間対応のコンシェルジュ・サービス!国内・海外旅行保険は最高1億円を補償
  3. point3セレブ御用達!プライオリティ・パスが無料!空港ラウンジは同伴者1名も無料!

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardとは?

日本初上陸のマスターカードのブラックカード!World Elite Mastercard

ラグジュアリーカードのMastercard Titanium Cardの券面画像ラグジュアリーカードはその全てがマスターカードの最高峰ブラックカード「ワールドエリート マスターカード(World Elite Mastercard)」です。券面ロゴが通常の赤とオレンジの物とは違うため、一目で見分けられます。

そんなラグジュアリーカードのラインナップの中でも「Mastercard Titanium Card」(年会費55,000円(税込))は、いちばんライトなカード。ほかの2枚と比べるとだいぶ手を伸ばしやすいクレカとなっています。

旅行・飲食中心に豪華な特典が目白押しのハイステータスカード!

ワールドエリートマスターカードの券面イメージ「ラグジュアリー」とは? 辞書で調べると、「贅沢」という修飾語が第一に書かれていることが多いはず。あるいは「高級」といった修飾語が書かれていることも多いでしょう。

2016年末から日本でも発行が開始された「ラグジュアリーカード(Luxury Card)」は、まさにその修飾語通りのクレジットカードブランドです。ラグジュアリーカードは本国のアメリカでもいわゆるセレブリティばかりをターゲットに発行されています。

そんな最新のステータスカードが世界に進出するにあたって、真っ先に選ばれたのがこの日本!日本では「贅沢」という言葉にネガティブなニュアンスがありますが、「高級」「豪華」といったニュアンスでとらえていただいてかまいません。毎日の生活をデラックスにするために活用できる、期待に満ちたクレジットカードなのです。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardの審査

ラグジュアリーカードの審査基準クリアには年収700万円程度は必要

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card は、マスターカードのブラックカードにあたる「ワールドエリート」なのにインビテーション(招待)制ではありません。所定の入会資格を満たしていれば所有できる申込み制のクレジットカードとなります。

最低限の入会資格として公開されているのは2点のみです。

  • 満20歳以上(学生不可)
  • 電話連絡が可能な方

この他に、言うまでもなく「安定した収入」が必要になりますが、具体的な年収は公開されていません。実際に所有している方の口コミから、年収500~700万円が目安になると推測されます。

また、クレヒス(クレジットカードの利用履歴)も必要で、これまでにクレジットカードを定期的に利用してきちんとお支払いしていれば問題ないと推測されます。

審査で問われるのは年収と稼ぐ力!アメックスと似ている

審査基準については、以前よりもゆるくなったのではないかと言われており、「審査に通るとは思っていなかったけどダメ元で申込みしてみたら通った」との口コミもあるほど比較的審査に通りやすくなっているようです。ただし、審査に通過しても与信枠はあまり期待できない可能性もあるため、一定のクレヒスを積んでから増枠の申込みをするのもおすすめです。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardのポイントと還元率

ラグジュアリーカードはポイント還元率0.5%!高還元率カードでは無い

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardのポイントは、「Industry-Leading Rewards」ポイントです。国内利用では1,000円につき1ポイントが還元されます。1ポイント=5円相当のギフト券などと交換できるので、ポイント還元率は0.5%となります。この還元率は、いまの高還元率カード(1%以上)と比較するととても高い還元率とはいえません。しかしその低い還元率をカバーするものとして、ボーナスポイントが設定されています。

ボーナスポイントで低い還元率をカバー!還元率は最大0.75%

年に100万円以上使うことで、利用額2,000円相当に対して1ボーナスポイントが付与されます。これにより合計で利用額2,000円ごとに3ポイントが付与されます。還元率は0.75%です。基本還元率は低めでもボーナスポイントでカバーしようという考え方です。

海外では常に1.0%を還元!海外利用がおすすめのブラックカード

プラチナクラスのクレジットカードは元来、毎月気前よく出費を重ねるセレブのために発行されるカードです。ちまちまとコンビニ払いなどで利用するクレジットカードではありません。ボーナスポイントを加味しても、還元率の魅力はそこまでではありませんが、海外では常に国内利用時の2倍のポイントをもらえます。カードをもらえた直後から、1000円で2ポイントとなるため、海外利用ではおすすめです。

「Luxury Card Rewards」ポイントの使い道はギフト券やマイルがおすすめ

下記のようなギフト券やマイルがポイントの交換ではおすすめです。

  • Amazonギフト券(600ポイント→3000円分)
  • JCBギフトカード(650ポイント→3000円分)
  • EJOICAセレクトギフト(600ポイント→3000円分)
  • JALマイレージ(1ポイント→3マイル分)
  • ANAマイレージ(1ポイント→3マイル分)…etc.

このほか、普通のクレジットカードにはない交換対象があります。それは、高級ワインやシャンパン。ペトリュスやクリュッグのような、めったに市場に流通しない高級ワイン&シャンパンを格安レートにてポイントと交換してもらえます。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardのメリット

ラグジュアリーカードの『Mastercard Titanium Card』は、プレミアムな体験で生活を彩るためにつくられたワールドエリート マスターカードです。そのプライスレスの価値を提供するサービスをまとめてみました。

お正月だろうと夜の3時だろうと呼び出せるコンシェルジュ・サービス

ワールドエリート マスターカードなので、24時間・365日いつでもコンシェルジュにいろいろなことを相談・質問できます。旅行やチケットをはじめ、国内外のさまざまなエンターテインメントに対応しています。

  • レストランやバーのガイダンス
  • ショッピングセンターや高級店のガイダンス
  • ホテル・宿泊施設のガイダンス(→そのまま予約も)
  • エンターテインメント関係のガイダンス(→そのまま予約も)
  • パッケージツアーのガイダンス(→そのまま予約も)
  • 海外でしか販売されていない貴重品のガイダンス
  • 他人へのギフト・プレゼントの注文・手配
  • 各種レンタルサービスの照会…etc.

ラグジュアリーカードのコンシェルジュとは電話でもメールでもコミュニケーションが可能です! またレストランやホテルの予約に際しては、お値段が安くなるようなケースもけっこうあります。

他のステータスカードでも、コンシェルジュまたはオペレーターが何かと世話を焼いてくれるサービスはありますが、『Mastercard Titanium Card』の場合は各国に拠点を持っており、その拠点に配属する担当者が最新情報を配信してくれます。もちろん、情報の奥の深さという意味でもひたすら優れています。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardの空港ラウンジサービス

海外空港ラウンジは「プライオリティ・パス」プレステージ会員の権利が付帯!

プライオリティ・パスプライオリティ・パスは世界中の空港ラウンジを無料で利用できる特別な会員証です。使える空港はなんと1000以上! 世界中の130ヶ国、500空港、1,000箇所以上の空港ラウンジで使えます。利用方法も入会手続き完了後にデジタル会員証をダウンロードして提示するだけ。即座にラウンジが利用できます。またプライオリティ・パスのステージは「プレステージ」に位置づけられ、ラウンジの利用回数に制限が課されません。

家族カード会員もプライオリティ・パスは無料で発行されます。

プライオリティ・パスの最高峰のプレステージ会員資格の獲得には本来なら399ドルという年会費を払う必要があります。しかし『Mastercard Titanium Card』を持っているなら、無料でプライオリティ・パスが持てます。また家族カード会員(年会費16,500円(税込))にも、無料でプライオリティ・パスを発行してもらうことが可能です。これはワールドエリート マスターカードの基本サービスです。

国内主要空港では同伴者1名まで空港ラウンジが無料!

国内空港ラウンジ羽田空港国際線旅客ターミナルの「TIAT LOUNGE」をはじめ、国内の主要空港および韓国仁川国際空港、アメリカハワイのホノルル国際空港のラウンジが同伴者1名まで無料で利用できます。

海外中心のステータスカードのため、日本の国内の空港ラウンジは他のゴールドカードとそれほど変わりません。やはり航空会社ラウンジの利用などプライオリティ・パスの力を十分に発揮できる海外の空港ラウンジ利用がメインとなります。

国際線利用時の手荷物宅配が無料!

海外に行くときは手荷物がどうしても増えてしまいますね。しかしそれをまとめて運搬してくれるのなら、フライトは一気に楽になります!国際線手荷物宅配無料サービスを使えば、出国するときも帰国するときも、手荷物を3つまで無料で宅配してもらえます。使えるのは、成田空港・羽田空港(国際線)・関西国際空港・中部国際空港です。

VIPホテル&トラベルプログラム!旅行・空港関係のサービスが豊富

さて上級のクレジットカードというと、海外旅行と関連したサービスがたくさんあるのが常識です。Mastercard Titanium Cardの場合も、その手のサービスに見ごたえがあります。

世界中のリゾート観光地のツアーが快適になりますし、一流のホテルや旅館でご優待してもらえるサービスを手配してくれます。その数は3000軒以上にのぼります。

空港リムジン・トラベルクレジット

「空港リムジン・トラベルクレジット」はコンシェルジュを経由して活用するサービスの一種です。コンシェルジュを通じてツアー企画のような旅行商品の購入・予約をするたびにその金額に応じて「トラベルクレジット」をもらえます。

このクレジットがあれば、また別のツアーなんかを予約したり、または空港へ行くリムジンをオーダーしたりしたときの支払いに使えます。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardの付帯保険

旅行傷害保険(国内・海外)は共に最高1億円を補償します!

飛行機Mastercard Titanium Cardの旅行保険は、国内・海外旅行傷害保険ともに補償額は最大(死亡・後遺障害の補償)で1億円です。ちなみに海外に関しては賠償責任補償もついてきますが、これまた1億円です。ただし傷害・疾病治療の保険金額は最高200万円、携行品損害も年間100万円までと意外に少なくなっています。ステータスカードとしては少し寂しく感じられるので改善が求められます。

国内旅行傷害保険は利用付帯!適用条件にご注意下さい。

Mastercard Titanium Cardの国内旅行傷害保険は最高1億円補償ですが、利用付帯となっています。同じセレブカードのダイナースクラブカードと同じ条件です。本会員や子カードの会員になれば問題はありませんが、家族特約は付帯しません。

また保険の対象は「国内を旅行中の公共交通乗用具にご搭乗中の事故、宿泊中の火災・爆発による事故、宿泊を伴う主催旅行(パッケージツアー)に参加中の事故による死亡・後遺障害」に限定されています。ただしこれらの適用条件は、アメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブカードでも同じです。

ラグジュアリーカードの海外旅行保険には家族特約も付帯します!

Mastercard Titanium Cardの旅行保険で特におすすめなのは、海外での利用です。海外においては補償内容が多い上に自動付帯ですし、家族特約も有効となります。家族特約での傷害死亡・後遺障害の補償は最高1,000万円ですが、家族カードを持っていない家族でも、保険を利用できるメリットがあります。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardのその他のメリット

ワールドエリート マスターカードはディナーで豪華なサービスを味わえます!

ワールドエリート マスターカードのステータスカードらしさを国内で味わうには? お食事を通したサービスが、いちばん手近で使いやすいのではないでしょうか?

「Luxury Dining」は指定のコース料理が1名様無料になるサービス

指定された飲食店(全国各地に200店舗!)にて、コース料理を2名以上の人数で予約するときに1名分を無料にしてもらえます。

「Luxury Upgrade」で料理のアップグレードや優待が受けられる!

指定された飲食店(今は都内の一流店がほとんどです)にて、「コース料理のアップグレード」ができます。そのほか、余分に追加すると別料金になるようなメニューを頼みたくなったときにも使えておすすめです。

「Luxury Global Dining」は人気店をコンシェルジュが手配してくれる

世界中の300軒を超える有名な人気レストランを、コンシェルジュを通じて紹介してもらえます。予約が取りにくい有名店や人気店も、ラグジュアリーカードのコンシェルジュジュが交渉し、手配してくれます。

ラグジュアリーカードは新生銀行の取引で上位顧客として待遇してくれます

Mastercard Titanium Cardの発行元は、日本国内において新生銀行の系列に属する会社「アプラス」と提携しています。このため、新生銀行に口座を開設してヘビーユーザになると得をします。

新生銀行には独自のステップアッププログラムがありますが、Mastercard Titanium Cardを持っていると自動的に「プラチナステータス」にしてもらえます。

プラチナステータスは、新生銀行ではいちばん上のステージ!

このプラチナステータス、普通の会員が到達するのは至難の業です↓

  1. 預け入れた資産の総額の、月平均の残高が2000万円以上である
  2. 指定された投資商品の、月平均の残高が300万円以上である
  3. パワースマート住宅ローンを利用している

この3点の中から、どれかに当てはまらない限りプラチナステータスにはしてもらえないのです。そして、プラチナステータスの主な待遇とは以下の通り↓

  • 提携コンビニATMの出金手数料が無料になる
  • よその銀行への振込手数料が無料になる(月10回まで)
  • 海外への送金の際に、4000円の手数料が無料になる(月1回のみ)
  • 住宅ローンの事務取扱手数料が30000円免除になる
  • 円定期預金の金利が年に0.02%優遇される…etc.

会員制のVIPラウンジ「ラグジュアリー・ラウンジ」を展開中!

「ラグジュアリー・ラウンジ」とは、ラグジュアリーカードのメンバーしか使えない会員制のVIPラウンジのこと。世界で初めてのラグジュアリー・ラウンジ「LUXURY LOUNGE NY On Manhattan’s Madison Avenue」は、2016年の秋にニューヨークのマンハッタン島、マディソンアヴェニューにオープンしたばかりです!

各国の首都や一等地、一流の観光スポットに展開されることが予想されているため、日本でも銀座や京都などに設置されることが期待されます。ラウンジでは飲み物の提供や、Wi-Fi環境の利用が目玉です。そのほか、飲食店や何かのチケットの予約・手配を受け付けてくれます。旅先でぜひ立ち寄りたいところですね。

会員情報誌「LUXURY MAGAZINE」が購読できます。

情報誌、「LUXURY MAGAZINE」の表紙「LUXURY MAGAZINE」とは、名前の通り「ぜいたくな情報でいっぱいの雑誌」です。世界中のセレブ向けに発行されている雑誌で、通常の本屋さんに置かれているものではありません(会員にしか発行・配布が行われていません)。3ヶ月に一度、世界中のリッチな人々向けの厳選情報をキャッチできます。時代に乗り遅れたくない向きにはうってつけの情報源となるでしょう。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card で利用できる電子マネー

QUICPay(クイックペイ)とSuicaに対応!おサイフケータイでもiPhoneでも使えます。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card でチャージできる電子マネーは以下の通りです。

  • QUICPay
  • Suica
  • スマートICOCA
  • 楽天Edy
  • nanaco

このうち、楽天Edyとnanacoについてはポイント還元対象外になるので注意しましょう。実質的に、QUICPayとSuica(もしくはICOCA)がお得に利用できる電子マネーとなります。

Apple Payでも利用可能!iPhoneやスマホで決済できる

iPhoneの「Apple Pay」にカードを登録すると、QUICPayとして使えてポイント還元対象にもなります。Androidの「Google Pay」には2019年1月現在ではMasterCardがQUICPayに非対応なので、Suicaへのチャージをおすすめします。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardのデメリット

ショッピング保険がありますが、ステータスカードの中ではイマイチ!?

Mastercard Titanium Cardのショッピング保険は、年間300万円まで補償されます。他のブラックカード・年会費5万円以上のプラチナカードの場合、ショッピング保険は年500万円というカードが多いです。この点はやや見劣っています。補填期間も、お買い上げから90日間とやや平凡でしょうか。

ラグジュアリーカードのポイントシステム「Luxury Card Rewards」は魅力が薄い

ラグジュアリーカードのポイントサービスは利用額1,000円ごとに1ポイントが還元される「Luxury Card Rewards」です。600ポイントでAmazonギフト券3,000円相当と交換できるので、1ポイントが5円換算になります。還元率は0.5%と目立つ数値ではありません。ポイントを効率よく稼いでいくことを目的としたクレカではないのです。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card Business の締め日と支払日

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card Business の締め日は、ショッピングご利用分が毎月5日、キャッシングご利用分は毎月末、お支払日は27日です。

金融機関がお休みの場合は翌営業日となります。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardのまとめ

日本初のワールドエリート マスターカードのブラックカード!チタンは割安!?

ラグジュアリーカードのMastercard Titanium Cardの券面画像ラグジュアリーカード『Mastercard Titanium Card』は、旅行や飲食をはじめセレブ御用達の特典が山のようについてくるステータスカードです。ワールドエリート マスターカードのコンシェルジュを通せばありとあらゆるものが手に入ります。

それにMastercard Titanium Cardは、ラグジュアリーカード3種類の中ではいちばん年会費が安く、55,000円(税込)で手に入るブラックカードでもあるのです。既存のサービスでは物足りないゴールドカード、プラチナカードユーザーには、申し込み制ですぐに手に入るマスターカード・ブラックカードは魅力的です。

アメリカ発、セレブ御用達のステータスカード! 金属製の輝きが魅力

ブラックカードなのでもちろん年会費は安くありませんが、どんどん使ってどんどん特典を活用していくような使い方が望まれます。仕事のある日も休みの日も、よく外に出てよく遊ぶ方ならたっぷりと元をとれるのではないでしょうか!?

また『Mastercard Titanium Card』はいちばんコストパフォーマンスの良いラグジュアリーカードだとはいえ、ワールドエリート マスターカードが提供するサービスの大半は利用できます。ブラックカードとしては極めてコストパフォーマンスが良いカードとも言えます。その点が、最大のメリットといえるかもしれませんね。

基本情報

入会資格 原則として20歳以上の安定収入のある方(学生は除く)
発行会社 株式会社アプラス
本社所在地 大阪市中央区南船場1-17-26
創業 2009年4月
発行可能ブランド マスターカード
発行期間 3週間ほど
年会費 1年目 55,000円(税込)
2年目以降 55,000円(税込)
家族カード 1年目 16,500円(税込)
2年目以降 16,500円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム Luxury Card Rewards
ポイント還元率 0.5%~1.0%
ポイント有効期限 5年間
最低交換単位 200ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANAJAL
マイレージ還元率 1pt = 3マイル
最低交換単位 200ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー quicpay

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害・疾病 最高200万円
携行品損害 最高100万円(免責3千円)
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 年間300万円(免責1事故3千円)
備考 航空機遅延保険、受託手荷物遅延・紛失保険ほか