クレジットカードを発行している会社を解説。注目カードも掲載しています。

三菱地所グループカードの審査とポイント還元率、評判を比較

三菱地所グループの商業施設でお得な割引きが受けられる

「三菱地所グループCARD」は三菱地所グループの提携施設でお得な会員割引きや優待特典が受けられるクレジットカードです。カード発行会社は三菱UFJニコスカード(VISA)とJCBカード。プレミアム・アウトレット、天神イムズを含めて三菱地所グループの関連施設では、全てのカードで2%以上のポイント還元と10~20%の割引、駐車場代無料などの特典が受けられます。さらにいつでもどこでも100円につき1ポイントがたまる高還元カードでもあります。お買い物でボーナスポイントが貯まるだけでなく、提示するだけでも会員特典や割引きが受けられるため、三菱地所グループの商業施設・駐車場・美術館などを頻繁に利用する方におすすめです。

三菱地所グループカードで注目のクレジットカード

三菱地所グループカード
【徹底解明】人気の理由とは

三菱地所グループCARDとは?

三菱地所グループ関連施設の利用者におすすめのクレジットカード

三菱地所グループCARD VISA JCB「三菱地所グループCARD」は、三菱地所グループの提携施設を利用することで高ポイント還元&割引・優遇特典が受けられるクレジットカードです。提携している発行会社は三菱UFJニコスとJCB。国際ブランドは「VISA」もしくは「JCB」が選択できます。

ゴールドカードは提携カードによってあるものと無いものがあるので、ご注意ください。なお三菱地所グループCARDおよび、プレミアム・アウトレット、イムズ、レジデンスクラブのゴールドカードは、カード券面のデザインが同じとなっています。見た目に違いはありません。

プレミアム・アウトレットやイムズなどの施設でお得な会員割引きや優待特典が受けられます

三菱地所グループCARDプレミアムアウトレットVISA三菱地所グループCARDは施設ごとに複数の種類がありますが、どの券面デザインでも基本的な特典内容は同じ。お買い物でポイントが貯まり、提示するだけで優待や割引きが受けられます。丸の内エリアの各施設やランドマークプラザ、プレミアム・アウトレットなどの三菱地所グループの施設を頻繁に利用する方におすすめです。

ゴールドカード申し込み時に他の施設を選んでしまうと、券面デザインは同じでも会員専用Webサイトのログイン先が異なり、ポイントを確認・交換することができません。申し込み時にはご注意ください。

三菱地所グループCARDの概要

三菱地所の関連施設で2%以上の高還元!しかも常に1%還元!

「三菱地所グループCARD」は、2013年4月より発行を開始した比較的新しい会員証を兼ねたクレジットカードです。還元率はいつでもどこでも常に1%!しかもこのカードで、三菱地所グループ提携施設を利用すると「2%以上の高還元」を受けることができます!

セールや割引きもお得です!レストランやショッピングで5%~20%オフ

御殿場プレミアム・アウトレットどのカードでも三菱地所グループの施設で、飲食&ショッピング5%~20%割引、駐車場無料サービス、ホテルでの飲食5%割引、ゴルフ場のドリンクサービスなど、様々な優遇特典が受けられます。プレミアム・アウトレットなど関連施設の多さも人気の秘密となっています。

さらに、会員は「三菱地所グループCARD限定セール」に参加でき「請求時5%OFF」でお買い物可能です。年に数回も開催されるため、こちらも大きな魅力となっています。

三菱地所グループ利用者のための会員証を兼ねたクレジットカード

ゴールドカード以外なら18歳以上(高校生不可)から申し込みできるため「三菱地所グループ提携施設をよく利用する」という方々からは、老若男女問わず注目を集めています。さらに「三菱地所グループCARD」は、追加発行できるETCカードの還元率も優秀。100円につき1.5ポイント貯まりますから、その還元率は「1.5%」。やはりこちらも、カードが人気を集める一因となっています。

デメリットはポイント用途の狭さ!三菱地所グループヘビーユーザー限定でおすすめ

三菱一号館美術館三菱地所グループポイントの「デメリット」と言えば、何といっても利用用途の狭さです。高い還元率で貯めたポイントも、使い道としては「三菱地所グループ共通ギフトカード」(三菱地所グループ施設でご利用可能)にしか交換できません。単位も1,000ポイント=1,000円相当ごとです。この点をクリアできるかどうかが申し込むべきかどうかの基準になります。

三菱地所グループCARDの種類とラインナップ

「プロパーカード」は一般カード7種類!ゴールドカード6種類!

三菱地所グループCARDには一般カードとゴールドカード合わせて合計13種類がラインナップされています。各カードはどれも基本的な機能や特典内容は同じです。しかし共通点は多いものの、特定の施設利用者に最適なカードもあるため、以下でご紹介する「三菱地所グループCARDの4つの区分け」はチェックしてください。

基本の「一般カード」と「ゴールドカード」は1種類2カード

三菱地所グループCARD VISA JCB三菱地所グループCARDのメインカードは『三菱地所グループCARD(一般カード)』(年会費1,250円+税※初年度無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)と呼ばれます。また、デザインが同じで、一般カードの上位カードに当たるものに『三菱地所グループCARD(ゴールドカード)』(年会費10,000円+税/還元率1.0%:100円で1ポイント)があります。こちらは、関連施設でのポイント還元率が1%高くなっていますが、年会費10,000円+税がかかります。ポイント差で年会費分を取り戻すには100万円以上の利用が必要です。

「割引&ポイント優遇」会員割り引きとボーナスポイント還元の2種類4カード

三菱地所グループCARD 天神イムズ VISA JCB三菱地所グループCARDには特定の施設で利用したときだけお得な割引きが受けられ、さらにボーナスポイントまで貯まるものがあります。福岡の天神にある『イムズ(IMS:インターメディアステーション)』でお得に利用できる「三菱地所グループCARD(イムズ)」。それに、仙台泉や佐野をはじめ全国9箇所にあるプレミアム・アウトレットでお得に利用できる「三菱地所グループCARD(プレミアム・アウトレット)」の2つが該当します。メインカードの「一般カード」とはデザインは異なりますが、基本的な機能やサービスの内容は同じです。

「ポイントカード一体型」会員制ポイントカードとの一体型3種類5カード

三菱地所グループCARD(みなとみらいポイントカード一体型) VISA JCB三菱地所グループCARDの中には「ポイントカード機能付き」のものが3種類あります。ポイント機能一体型カードなので、お財布がすっきりするというメリットも魅力です。三菱地所グループポイントに加えて、丸の内ポイントもたまる「丸の内カード一体型」、みなとみらいポイントがダブルでたまる「みなとみらいポイント一体型」、ロイヤルパークホテルズ利用でザ クラブポイントもたまる「ザ クラブ・ロイヤルパークホテルズ」の3カードが該当します。ただしロイヤルパークホテルズ会員カードを兼ねた「ザ クラブ・ロイヤルパークホテルズ」のみゴールドカードがありません。

「三菱地所マンション所有者専用」三菱地所レジデンスクラブの1種類2カード

三菱地所グループCARD 三菱地所レジデンスクラブ最後に残った三菱地所グループCARD「レジデンスクラブ」は、三菱地所グループの分譲マンションにお住まいの方向けのカード。管理費、修繕積立金・駐車場使用料などでカードが利用でき、しかもポイントも貯まります。

ただし三菱地所グループのマンションに住んでいて、さらにレジデンスクラブに入っている方限定なので、一般のユーザーには無縁のカードと言えそうです。

三菱地所グループCARDの基本

一般カードの年会費は格安!初年度無料!条件クリアで次年度も無料!

全体的に見ると、三菱地所グループカードは、年会費も格安です。例えば「ゴールドカード以外のカード」ですと、年会費1,250円となりますが「年間45,000円以上の利用によって、年会費が無料」になります。「年間45,000円」と言うことは「月に3,750円」の利用でOKということですから、「年会費無料の条件」としては、かなり低いハードルとなっています。

年間45,000円以上利用で次年度無料!ゴールドカードの年会費は1万円+税です。

いつものお買い物で「三菱地所グループポイント」がたまります。心配な方は家族カードを発行して、ご家族と共に利用してください。ご家族のカード利用分も合算されますので、月に1〜2度外食をしたり、必要な生活雑貨を購入しただけでもラクにクリアすることができるでしょう。

ただしゴールドカードについては「年会費無料の条件」などは設けられていません。必ず年会費がかかりますので、ご注意ください。

カード提示だけで「三菱地所グループ各施設での優待」あり

ロイヤルパークホテル(日本橋)例えば、全国の「ロイヤルパークホテルズ」「プレミアム・アウトレット」では、レストラン特典、ショップ特典などが受けられます。具体的には「飲食・お買い物5%~20%割引」となっります。こちらもポイント還元に加えれば、かなりお得感があるのではないでしょうか。

特定施設を集中的に利用するなら、その施設のカードを申し込むべし!

この他、「サンシャインシティ」「丸の内エリア」「イムズ IMS」「みなとみらいエリア」では、カードが用意する主要な特典優遇が全て受けられます。具体的には「レストラン特典」「ショップ特典」「美術館・水族館・レジャー等」「駐車場割引」の4特典です。休日の家族サービスはもちろん、デートなどでこれらの施設を利用されると、様々な恩恵を受けることができます。

ポイントプログラム「三菱地所グループポイント」

三菱地所グループカードを使うと、通常は、100円につき1ポイントのポイント還元が受けられます。ポイントは1,000ポイントから1,000円相当の「三菱地所グループ共通ギフトカード」に交換できるため、還元率は1%。商品券のため用途は限定されますが、1%還元は十分、高還元カードの1つと言えます。

三菱地所グループ対象施設では合計2%~3%の「ポイント還元」

三菱地所グループCARDの会員は、三菱地所グループの提携施設、対象施設でのカード利用で、さらにお得なポイントの優遇を受けることができます。通常は1%の還元ですが、三菱地所グループの提携施設や対象施設では、100円につき2円から3円の優遇が受けられます。つまり、ポイント還元率が、2%から3%ということになります。

貯めたポイントは「三菱地所グループ共通ギフトカード」に交換して利用

三菱地所グループ共通ギフトカード貯まったポイントは、三菱地所グループの対象施設や、提携施設で利用できる商品券「三菱地所グループ共通ギフトカード」に交換することが可能です。その他の利用方法はありません。ただしこの商品券は利用期限がないため、好きなときに、好きなように使えるという自由度があります。

三菱地所グループポイントの「メリット」は高いポイント還元率と割引き

三菱地所グループポイントのメリットは、「優待施設でのボーナスポイント=還元率が非常に高いこと」です。一般的なカードの、還元率は、0.5%から1%程度と言われています。それに対して、三菱地所グループカードは常時1%還元です。

さらに三菱地所グループの対象施設などで利用した場合、5%~20%の割引きがある上に、さらに2%~3%のポイント還元を受けることができます。三菱地所グループの特定施設のヘビーユーザーであれば、このクレジットカードを利用しない手はありません。

三菱地所グループポイントの「デメリット」は利用用途の狭さ

それに対して、三菱地所グループポイントのデメリットは「還元されたポイントの利用範囲が狭いこと」と言えるでしょう。還元されたポイントは、三菱地所グループ共通ギフトカードに交換する必要があります。しかし、対象施設は国内にしかなく、さらに国内での利用範囲も限定的。利用できる施設は「全国に40箇所程度」と少なめです。

ポイント交換は1,000ポイント(10万円利用相当)から

また、三菱地所グループの共通ギフトカードは「1,000ポイント貯まるごとに、1,000円分のギフトカードに交換」という形になっています。300ポイント、500ポイントなどの「端数の段階では交換できない」という点も、少々融通が効かない印象を受けます。

三菱地所グループCARDのメリットを比較!

三菱地所グループCARD(一般カード)を選ぶべき方

三菱地所グループCARD VISA JCB三菱地所グループCARD(一般カード)』(年会費1,250円+税※初年度無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)は、すべての三菱地所グループCARDにおいて、最もスタンダードな存在です。他のカードを比べる上での、基準となるスペックを持っています。特典内容は「三菱地所グループCARD(イムズ)」「三菱地所グループCARD(プレミアム・アウトレット)」と全く同じです。三菱地所グループの提携施設をよく利用される方で「どのカードを持ったら良いか分からない」という方は、とりあえず申し込みを検討しても損はないカードと言えます。

VISAとJCBでキャンペーンとショッピング保険の適用条件が違うことに注意!

本カードのVISAカードは三菱UFJニコスカードが発行し、JCBカードはJCBが発行しています。公式サイトでは「基本的な商品性の違いはありません」としていますが各社独自の保険内容やサービスについて違いがあります。ポイントはキャンペーンとショッピング保険の違い。三菱UFJニコスカード(VISA)の方がキャンペーンは多少、手厚いようです。またショッピング保険はJCBは一括払いでも適用されますが、VISAは分割払・リボ払いのみが対象となります。

三菱地所グループCARDゴールドを選ぶべき方

三菱地所グループCARDゴールドカード VISA JCB三菱地所グループCARD(ゴールドカード)』(年会費10,000円+税/還元率1.0%:100円で1ポイント)は、三菱地所グループの提携施設をよく利用され、なおかつ年間で100万円前後を利用される方にメリットがあるカードです。三菱地所グループCARDの中では最も高い「最高3%の還元率」(提携施設利用時)を実現しているので、高額のお買い物をされる方ならば簡単に年会費(10,000円・税別)の元が取れてしまいます。

VISAとJCBで申し込み基準が違うことに注意!

ちなみに、「三菱地所グループCARDゴールド」はカードブランドによって、申し込み対象者年齢が異なるので、この点もチェックしておきましょう。いずれのカードブランドも「安定収入があること」が基本となりますが、VISAは「原則として25才以上」、JCBは「原則として20歳以上」が対象です。

三菱地所グループCARDプレミアム・アウトレットを選ぶべき方

三菱地所グループCARDプレミアムアウトレットVISA「三菱地所グループCARDプレミアム・アウトレット」は「三菱地所グループCARD(一般カード)」と機能やサービスの内容は同じです。ただし「PREMIUM OUTLETS」と書かれたカードデザインなので、そちらが気に入った方にはおすすめです。また、「三菱地所グループCARDプレミアム・アウトレット」のブランドは「VISAのみ」となっています。

わざわざ「プレミアム・アウトレット」と名告っているので、特別な特典があるかと思いがちですが、現在のところ一般カードとの差別化はカード券面デザインのみとなっているようです。

三菱地所グループCARDイムズを選ぶべき方

三菱地所グループCARD 天神イムズ VISA JCB「三菱地所グループCARDイムズ」は「三菱地所グループCARD(一般カード)」と機能やサービスの内容は同じです。こちらも特別な特典は用意されていません。ただし「INTER MEDIA STATION」と書かれたカードデザインなので、そちらが気に入った方にはおすすめです。福岡の天神イムズのお近くにお住まいの方にもこちらがおすすめと言えそうです。

三菱地所グループCARD丸の内カード一体型を選ぶべき方

三菱地所グループCARD丸の内カード一体型 VISA JCB「三菱地所グループCARD丸の内カード一体型」は、丸ビル、新丸ビル、丸の内オアゾ、ショップ&レストラン、東京ビルTOKIAなど「対象施設のある丸ノ内エリア」でよくショッピングされる方におすすめです。

「丸の内カード一体型」と言うように、丸の内ポイントと三菱地所グループポイントの2つのポイントカード機能が付帯されています。そのため1枚持っていれば、忘れずに「ポイントの2重取り」ができます。「三菱地所グループCARD ポイント2% 」に加えて「丸の内ポイント1%」が付きますよ。

なお、丸の内ポイントを「お買物券」に交換する場合には、施設内にある「お買物券自動発券機」が利用できて便利です。

三菱地所グループCARDみなとみらいポイントカード一体型を選ぶべき方

三菱地所グループCARDみなとみらいポイントカード一体型 VISA JCB「三菱地所グループCARDみなとみらいポイントカード一体型」は、ランドマークプラザ・クイーンズタワーのショップ&レストラン、など「みなとみらいエリア」でよくショッピングされる方におすすめです。

「みなとみらいポイントカード一体型」と言うように、みなとみらいポイントと三菱地所グループポイントの2つのポイントカード機能が付帯されています。そのため、1枚持っていれば、忘れずに「ポイントの2重取り」ができます。「三菱地所グループCARD ポイント2% 」に加えて「みなとみらいポイント1%」が付きます。

なお、みなとみらいポイントを「お買物券」に交換する場合には、施設内にある「お買物券自動発券機」が利用できて便利です。

三菱地所グループCARDザ クラブ・ロイヤルパークホテルズ一体型を選ぶべき方

三菱地所グループCARDザ クラブ・ロイヤルパークホテルズ「ザ クラブ・ロイヤルパークホテルズ一体型」は全国のロイヤルパークホテルズに宿泊される機会が多い方におすすめです。ポイントカード機能が付帯されているので、1枚持っていれば、忘れずに「ポイントの2重取り」ができます。「三菱地所グループCARD ポイント2% 」に加えて「THE CLUBポイント5~10%」が付きます。

ちなみに、ロイヤルパークホテルズのポイント付与率は「年間利用額」で変化。50万円未満でも5%、50~100万円なら7%、そして100万円以上のご利用で10%の付与率になります。なお「三菱地所グループCARDザ クラブ・ロイヤルパークホテルズ一体型」のブランドは「VISAのみ」となっています。

三菱地所グループCARDレジデンスクラブを選ぶべき方

三菱地所グループCARDレジデンスクラブ「三菱地所グループCARDレジデンスクラブ」は三菱地所グループのマンションに在住+レジデンスクラブの入会者限定カードです。こちらのカードでは「管理費、修繕積立金、駐車場使用料の支払い」でポイントが付きます。

何の特典もなく、これらの費用(使用料)を払っている方は、少々もったいないかもしれません。対象となる方は、1度申し込みを検討すべきカードかと思います。なお「三菱地所グループCARDレジデンスクラブ」のブランドは「VISAのみ」となっています。

三菱地所グループカードでクレジットカードを作るならどのカードがおすすめ?一発比較しました。

三菱地所グループカード
注目カードを厳選掲載中

【一発比較】三菱地所グループカード比較表

どれが自分に合っているか迷ったら、まずは比較!

三菱地所グループCARD(ゴールドカード)

三菱地所グループCARD(ゴールドカード)
三菱地所グループで3%還元!海外旅行保険は家族特約付き!
年会費 10,000円+税(2年目以降:10,000円+税) 還元率 1.0%~3.0%
発行期間 公式サイト参照 限度額 公式サイト参照
ブランド VISAカードJCBカード 電子マネー マイル

『三菱地所グループCARD(ゴールドカード)』は、三菱地所グループのプロパーゴールドカード。三菱地所グループの施設で利用すると常時3%のポイント還元が受けられます。国際ブランドはVISA(三菱UFJニコスカード)とJCB(ジェーシービー)の2種類。海外旅行傷害保険(家族特約付き)や国内旅行傷害保険、ショッピング保険が強化されています。プレミアム・アウトレットや天神イムズのショップ・飲食店で割引きや優待が受けられるのは一般カードと同じ。違いは還元率と保険なので、年間100万円以上、三菱地所グループ関連施設でクレジットカードを利用される方限定でおすすめです。もちろん丸の内エリアの新丸ビルやオアゾ、あみやりんくうのプレミアム・アウトレット、福岡の天神イムズ、横浜のランドマークタワーなどでも利用できます。

三菱地所グループCARD(一般カード)

三菱地所グループCARD(一般カード)
三菱地所グループで2%還元!プレミアム・アウトレットで割引
年会費 無料(2年目以降:1,250円+税※条件付き無料) 還元率 1.0%~2.0%
発行期間 公式サイト参照 限度額 公式サイト参照
ブランド VISAカードJCBカード 電子マネー マイル

『三菱地所グループCARD(一般カード)』は、三菱地所グループのプロパーカード。丸の内やみなとみらいの三菱地所グループ関連施設で利用すると、高い還元率&会員割引などの優待特典が受けられます。国際ブランドはVISA(三菱UFJニコスカード)とJCB(ジェーシービー)の2種類が選択可能。通常は100円毎に三菱地所グループポイントを1ポイント還元(還元率1%)。三菱地所グループの提携施設での利用では100円毎に2ポイントが還元されます(還元率2%)。またETCカードの利用でも還元率1.5%となります。貯まったポイントは1,000ポイントごとに、1,000円分の「三菱地所グループ共通ギフトカード」に交換可能。約40施設(3,000店舗)ある三菱地所グループ提携施設にて利用できます。丸の内エリアの丸ビルや御殿場、佐久のプレミアム・アウトレット、福岡の天神イムズ、横浜のランドマークプラザなどの利用者におすすめです。

三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP