国内最大級399枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

マイレージプラス(MileagePlus) UCゴールドカード《セゾン》

マイレージプラス(MileagePlus) UCゴールドカード《セゾン》
年会費 初年度:18,000円
2年目以降:18,000円
還元率 1.0%
発行日数 公式サイト参照
年会費 初年度 18,000円
2年目以降 18,000円
家族カード 5,000円
旅行保険 海外 最高5,000万円
国内 最高5,000万円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー nanacoidquicpaysuicaedy
国際ブランド VISAカードマスターカード
発行会社 株式会社クレディセゾン
発行期間 公式サイト参照
  1. point1マイル還元率1.0%!100円でマイレージプラスが1マイル貯まる!
  2. point2最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯!更に家族特約付き!
  3. point3日本国内特典航空券への交換がお得!マイルはANAでも利用可能!

MileagePlus(マイレージプラス)UCカード《セゾン》のメリット

世界最大!ユナイテッド航空のマイルが2倍貯まる

『MileagePlus(マイレージプラス)UCゴールドカード《セゾン》』はアメリカに本社を置く世界最大の航空会社「ユナイテッド航空」とクレディセゾン系列のUCカードが提携して発行するプロパーゴールドカードです。カードにはフライトでもマイルが貯まるユナイテッド航空の会員機能が付属。ショッピング利用でユナイテッド航空のマイル「マイレージプラスマイル」が1%貯まります。

年会費18,000円!海外旅行保険は家族特約付きで自動付帯

ゴールドカードに相応しく、年会費は18,000円+税。通常のショッピングや食事などで利用するだけで「マイレージプラス」を高還元で貯めることができます。さらに国内主要28空港+ホノルル国際空港+仁川国際空港ラウンジの無料利用などUCゴールドカード付帯サービスも利用でき、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯されているのも魅力です。

還元率1.0%!ユナイテッド航空のマイルが更に貯まる!

『MileagePlus(マイレージプラス)UCゴールドカード《セゾン》』のポイントプログラムはユナイテッド航空の「マイレージプラス(MileagePlus)」マイルです。普段のショッピングや食事などで「マイレージプラス(MileagePlus) UCゴールドカード」を利用すれば、100円の利用ごとに1マイルが付与されます。

フライトでも貯まる! ANA(全日空)でも使える!

もちろんご旅行などの際ユナイテッド航空に搭乗すればフライトマイルが貯まるほか、ユナイテッド航空の加盟している世界的な航空連合である「スターアライアンス」所属の航空各社でのフライトでもマイルが貯まります。提携するANA(全日空)のマイレージプログラム会員として、ANAマイルを貯めることも可能です。

効率良くマイルが貯まる!通常のUCカードよりも遙かにお得!

一般のUCカードでは1,000円利用する度に「UC永久不滅ポイント」が1ポイント(還元率0.5%)貯まりますが、マイルに移行すると還元率は0.3%へと低くなります。それに対し、『MileagePlus(マイレージプラス)UCゴールドカード《セゾン》』では直接マイルが貯まります。100円利用する度に1マイルが貯まるため、通常の3倍と圧倒的に貯まります。

会員専用サイト「MileagePlusモール」で更にマイルを獲得

マイレージプラス会員のみが利用できるオンラインモール「MileagePlusモール」経由で各パートナーサービスを利用すればお得にマイルを貯めることもできます。
パートナーサイトは通販サイトを始めとして様々なサイトが名を連ね、好みのサイトでショッピングや口座開設、会員登録などを行うことでマイルを獲得できます。

フライトマイルもたっぷり貯まる!

『MileagePlus(マイレージプラス)UCゴールドカード《セゾン》』は、ユナイテッド航空のエコノミークラスは原則、すべての運賃で区間マイル100%積算となります。普通運賃は125%、ビジネスクラスは150~175%積算、ファーストクラスは175~250%積算となります。
フライトマイルの積算率が高いと、特典航空券に交換しやすいというメリットがありますが、もともと特典航空券の交換に必要なマイルが少ないので、スムーズに交換できます。

有効期限は3年。カード利用で実質無期限になります

マイレージプラスのマイルの有効期限は、最終利用日から18か月です。18か月の間に一度でもカードを利用すれば、マイルが貯まりデータが変わるため、そこからさらに18か月延長されるのです。つまりフライトで利用しなくても本カードを定期的に利用している方は実質的に無期限となります。

貯めたマイレージプラスはANAでも使える!

『MileagePlus(マイレージプラス)UCゴールドカード《セゾン》』で貯めたマイレージプラスはANAでも利用できます。ユナイテッド航空もANAも、世界最大の航空連合ともいえるスターアライアンスに加盟しているため、加盟各社の相互利用サービスを利用すればマイレージを相互利用したり、互いのフライトで貯めることができます。

ユナイテッド航空の特典航空券は他よりお得!

ユナイテッド航空の特典航空券利用時は燃料サーチャージが徴収されないため、非常にコストパフォーマンスが良いのが特徴です。
マイルの積算率が高いとプレミア会員にもなりやすいため、ユナイテッド航空を定期的に利用している方は、さらにボーナスマイルや優先チェックイン、無料受託手荷物の追加など、様々な優待サービスを受けられる可能性があります。

ゴールドカードクラスの海外・国内旅行傷害保険が付帯!

『MileagePlus(マイレージプラス)UCゴールドカード《セゾン》』には、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯されています。旅行費用支払いの有無に関わらず、自動的に付帯されるため安心です。

海外旅行傷害保険は家族特約付き!ショッピング保険も付帯

UCゴールドカードには最高1,000万円の家族特約が付帯します。また年間300万円のショッピング保険が付帯します。国内・海外を問わずカードで購入した商品は購入日より90日間、補償してもらえます。

国内の主要空港ラウンジが無料で利用可能

『MileagePlus(マイレージプラス)UCゴールドカード《セゾン》』ユーザーは、国内の主要28空港の空港ラウンジを無料利用できるのに加え、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港のラウンジも無料利用できます。

ホテルの優待プランまでゴールドクラスの充実特典

また、帝国ホテル東京や帝国ホテル大阪、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル、ホテルオークラ神戸、ホテルニューオータニ博多などの国内一流ホテルや中国料理東天紅で優待プランを利用できる「特別優待プラン」、海外の現地情報や格安航空券、ホテルの予約などを電話一本で対応してくれる「ゴールドライン東京」、各種チケット予約などでゴールド優待を受けられる「UCゴールド会員優先チケット予約」など、ゴールド付帯の様々な優待特典を利用できます。

ICチップ搭載でお買い物もサインレス

通常、クレジットカードでのショッピングでは伝票へサインをするのが一般的ですが、本カードにはICチップが搭載されており、あらかじめ指定した暗証番号を入力すればサインレスで決済ができます。紛失時や盗難時でもカード悪用の心配が極めて低くなるので安心したショッピングを楽しめます。ただし、ICチップに対応した端末が未設置のお店ではサインが必須です。

マイレージプラス(MileagePlus) UCゴールドカードのデメリット

入会ボーナス無し! 特別優待プランの魅力もイマイチ

大抵の場合、マイレージが付与されるクレジットカードには入会ボーナスなどが設けられている場合がほとんどですが、本カードには入会ボーナスがありません。さらに言えば、魅力であるはずのゴールド付帯サービスにしても充実度が高いとは言えません。特に「特別優待プラン」は利用できるホテルも少ない上に、レストランに至っては東天紅1店のみです。

無料航空券の交換レートが改悪された!

ユナイテッド航空のマイレージプラスは、2013年まで最強のマイル交換プログラムとして、最も人気を保っていました。しかし、2014年2月から無料航空券への交換レートが変更されてしまい、そこまでお得なクレジットカードではなくなってしまいました。というのも特典航空券に必要なマイル数が、大幅にアップしてしまったからです。
たとえばそれまでは国内旅行往復無料航空券が、12,000マイルで手に入ったのに、現在は20,000マイルが必要になりました(67%値上げ)。マイルの還元率は高いままですが、交換するチケットが値上がりしてしまったために、魅力が半減してしまったのです。
なお値上げは使いやすい近距離便ほど高く、遠くのハワイや北米、ヨーロッパなどは値上げ率は10%ほどで抑えられています。

マイレージプラス(MileagePlus) UCゴールドカードのまとめ

ユナイテッド航空利用者で家族特約保険が欲しい方のゴールドカード

『MileagePlus(マイレージプラス)UCゴールドカード《セゾン》』は、ユナイテッド航空のマイレージプラスが効率良くたまるプロパーゴールドカードです。区画マイル100%以上の積算率で特典航空券と交換しやすいため、ユナイテッド航空のフライトを中心に利用する方にはおすすめ。最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯されており、家族特約が付帯しているのも魅力です。

ライバルは『マイレージプラスJCBゴールドカード』

ただし他の航空系カードと比べてマイル換算率1.0%は平凡な換算率となっていますし、年会費も18,000円+税という点から見ても決してコスパが高いとも言えません。同じゴールドカードで選ぶなら、「MileagePlus JCBゴールドカード」の方が年会費も安い上にマイル換算率も1.5%と本カードよりも高いので、家族特約などを求めないならば比較検討すると良いでしょう。JCBは入会ボーナスも付与されますし、ゴールド付帯サービスの充実度も高くなっています。

基本情報

入会資格 原則として満25歳以上で年収500万円以上の方
発行会社 株式会社クレディセゾン
本社所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
創業 1951年5月1日
発行可能ブランド VISAカードマスターカード
発行期間 公式サイト参照
年会費 1年目 18,000円
2年目以降 18,000円
家族カード 1年目 5,000円
2年目以降 5,000円
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム ユナイテッド航空マイレージプログラム
ポイント還元率 1.0%
ポイント有効期限 18ヵ月
最低交換単位 1ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ UNITED
マイレージ還元率 1pt = 1マイル
最低交換単位 1マイル
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー nanacoidquicpaysuicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害・疾病 最高200万円
携行品損害 最高50万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間300万円
備考 家族特約付き

マイレージプラス(MileagePlus) UCゴールドカード《セゾン》でよくある質問