国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカード

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカード
年会費 初年度:16,500円(税込)
2年目以降:16,500円(税込)
還元率 1.5%
発行日数 最短3営業日~1週間
年会費 初年度 16,500円(税込)
2年目以降 16,500円(税込)
家族カード 5,500円(税込)
旅行保険 海外 最高1億円(自動付帯は最高5,000万円)
国内 最高5,000万円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー quicpay
国際ブランド JCBカード
発行会社 株式会社ジェーシービー
発行期間 最短3営業日~1週間
  1. point1マイル還元率1.5%!100円で1.5マイルが直接貯まる!
  2. point2最高1億円の海外・国内旅行保険が付帯!空港ラウンジも無料!
  3. point3実質無期限!マイレージプラスはANAでも利用可能!

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードはJCBと、ユナイテッド航空のマイルプログラムであるマイレージプラス(MileagePlus) が提携したカードです。

年会費は16,500円(税込)と高額ですが、高還元率でユナイテッド航空のマイルがたまるおすすめカードです。

今回の記事ではマイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードについてメリットやデメリットなど詳しく解説していきますので、このカードに興味のある方はぜひお読みください。

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカード

マイレージプラス JCBゴールドカードのメリット

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカード メリット

まずはマイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードのメリットから紹介していきます。

有効期限のないマイルが1.5%で貯まる

このカードの一番の特徴が利用額に応じてユナテッド航空のマイルが貯まる点ですが、還元率は1.5%と高い還元率を誇ります。

マイルの貯まるクレジットカードは他にもたくさんありますが、その中でもこのカードの還元率は最高水準と言えるでしょう。

更にユナイテッド航空の航空券を購入した場合は還元率が2倍になるので、3%という超高還元率になります。

また貯めたマイルはユナイテッド航空だけでなく、ANAなどスターアライアンス加盟各社のマイルとしても利用出来るので汎用性が高く、マイルを貯めたい方にはおすすめカードと言えます。

フライトや更新でボーナスマイルが貰える

カードの利用以外でもマイルを貯めることが出来るのがこのカードの特徴で、ユナイテッド航空やスターアライアンスに加盟する航空会社のフライトを利用するとマイルが貯まります。

さらに年間300万円以上カードショッピングを利用して、カードを更新するとボーナスマイルを貰うことが出来ます。

このように様々なシーンでマイルが貯まるのが、このカードのメリットの一つと言えるでしょう。

特典航空券をプレゼント出来る

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードで貯めたマイルを使って特典航空券を購入することが出来ますが、マイレージプラスの場合は他人名義の特典航空券を購入することが出来ます。

他の航空会社のマイルの場合は親族に限定している場合が多いので、誰にでもプレゼントが出来るのもメリットの一つです。

空港ラウンジ&JCBラウンジが利用できる

マイルが貯まる以外にも便利な特典が付帯するのがマイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードのメリットの一つです。

その特典の一つが空港ラウンジの利用で、国内の主要空港とハワイ・ホノルル空港が利用出来る事に加えて、世界1,100ヶ所以上の空港ラウンジが利用出来る「ラウンジ・キー」が付帯します。

また空港ラウンジだけでなく、世界8ヶ所にあるJCBラウンジを利用が出来て、旅先で便利な情報などを現地に詳しいスタッフに日本語で相談することが出来ます。

このような各種ラウンジの利用に加えて、最高1億円の旅行保険に最大500万円のショッピング保険も付帯するなど、豊富な特典がマイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードのメリットと言えるでしょう。

マイレージプラス JCBゴールドカードのデメリット

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカード デメリット

メリットに続いて、マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードのデメリットを見ていきましょう。

海外では利用出来ない店舗もある

JCBの発行しているカードなので、このカードの国際ブランドはJCBになります。

JCBは日本を代表する国際ブランドなので日本での利用は殆ど問題ありませんが、海外ではVISAやMastercardに比べるとシェアは高くはありません。

そのため海外だと、店舗によってはJCBが利用出来ない場合があります。アメリカや韓国、ヨーロッパなどの日本人が多い国にであれば使える場合も多いですが、地域によっては使えない場合もあるのはデメリットと言えます。

海外でカードを使う機会の多い方は、サブカードとしてVISAやMastercardを持っておくと良いでしょう。

JCB THE CLASSなど上位カードへのインビテーションは届かない

JCBには様々なカードラインナップがあり、その中にはJCB THE CLASSのようなハイスペックなカードもあります。

このようなハイスペックカードは直接申し込むことは出来ず、下位カードで実績を積んでインビテーションが届くのを待つしかありません。

しかしマイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードの場合はこれ以上の上位カードはなく、どれだけ実績を積んでもJCB THE CLASSのインビテーションは届きません。

もし上位のJCBカードを目指したい方は、他のカードを選んだ方が良いでしょう。

マイレージプラス JCBゴールドカードの審査基準・難易度

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカード 審査

メリット・デメリットにつづいて、審査基準について説明をしていきます。

審査通過の目安は年収500万円

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードはJCBが審査を行うゴールドカードなので、一般カードに比べると審査基準はやはり厳しいと言えるでしょう。

このカードに申込が出来る入会基準を見てみると、下記のようになっています。

  • 20歳以上
  • ご本人に安定継続収入のある方。

入会基準だけを見るとそこまで審査の厳しいカードには見えませんが、実際にはゴールカード基準の審査が行われます。

通常安定収入と言うとパートやアルバイトではなく正社員で働いている年収を指し、200万円程度を指しますがゴールドの場合は違います。

カードにもよりますがゴールドクラスのカードでは年収要件を公表している場合があり、多くのカードでは年収500万円を審査基準の一つとしています。

そのためこのカードの場合も審査通過する年収目安としては、500万円が基準となるでしょう。

また年収だけでなく、ゴールドカードの場合は過去のクレジットヒストリーも重要になります。過去に大きな延滞や金融事故が無い事はもちろんですが、良好な返済実績がある事がポイントです。

また他社での借り入れ状況も重要でキャッシングやフリーローンのような消費性借入が多いと、審査に悪影響があるので注意しましょう。

審査期間は1週間

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードの審査期間は約1週間程度と、他のカードよりも早い水準です。

JCBカードではカードの種類によっては最短翌日発行というスピード審査を行っていますが、このカードには対応していません。それでも1週間という早い審査期間なので、急いでカードが欲しい方にもこのカードは向いています。

マイレージプラス JCBゴールドカードの口コミ・評判

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカード 口コミ

続いてマイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードの口コミ情報を紹介します。カードを調べる際には実際のユーザーの口コミ情報は貴重なので、必ずチェックしましょう。

入会キャンペーンがお得

口コミマイレージ①

まるかく/男性/40代/500万円

マイレージプラス(MileagePlus) JCBではとてもお得な入会キャンペーンを行っており、ゴールドカードの場合は3,000マイルが貰えます。

入会キャンペーンを行っているカードは多いですが、どれも殆どが「期間中に〇万円以上利用」などの条件が付く事が多いです。

しかしこのカードのキャンペーンは入会するだけで貰えるので、ぜひ活用するようにして下さい。

陸マイラーにはおすすめ

口コミマイレージ②

きゃん/女性/40代/400万円>

メリットでも説明したように1.5%の高還元率でマイルが貯まるのがこのカードの一番の特徴で、フライトを利用する機会の少ない方でもどんどんマイルを貯められます。

マイルの有効期限も無いので、時間をかけてたくさんマイルを貯めたい方にも向いているでしょう。

スターアライアンス他社の特典航空券も購入出来る

口コミマイレージ③

Nao/男性/30代/400万円

ユネイテッド航空のマイルはANAなどスターアライアンスに加盟している航空会社のマイルとしても利用が出きます。

そのためこのカードで貯めたマイルを使って他社航空会社の特典航空券を購入することが出来ます。

更にスターアライアンスに加盟している航空会社のフライトでも、ユナイテッド航空のマイルを貯める事も出来るなどマイルの使い勝手が良いのもメリットと言えるでしょう。

まとめ|とにかくマイルの貯まりやすいJCBゴールド

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカード まとめ

マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードは、JCBとユナイテッド航空が提携して発行しているカードです。カードの利用でユナイテッド空港のマイルが貯まるのが特徴ですが、還元率が1.5%と高還元率となっています。

マイルを貯められるカードは他にもたくさんありますが、ここまでの高還元率のカードはそう多くはありません。

更にユナイテッド航空の航空券の購入であれば還元率が2倍になるので、何と3.0%の超高還元でマイルを貯めることが出来ます。

他にも入会キャンペーンやカードの継続でボーナスマイルが貰えるので、フライトをあまり利用しない陸マイラーの方にもおすすめです。

またマイルの還元率だけでなく充実の保険や空港ラウンジなどの特典も充実していますが、JCB THE CLASSなどの上位カードのインビテーションの対象ではありません。

とにかくマイルが貯まりやすいのが特徴のカードなので、マイレージプラス(MileagePlus) JCBゴールドカードに興味のある方はぜひ今回の記事を参考にして下さい。

基本情報

入会資格 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(学生は除く)
発行会社 株式会社ジェーシービー
本社所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
創業 1961年
発行可能ブランド JCBカード
発行期間 最短3営業日~1週間
年会費 1年目 16,500円(税込)
2年目以降 16,500円(税込)
家族カード 1年目 5,500円(税込)
2年目以降 5,500円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム ユナイテッド航空マイレージプログラム
ポイント還元率 1.5%
ポイント有効期限 18ヵ月※実質無期限
最低交換単位 1ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ UNITED
マイレージ還元率 1pt = 1マイル
最低交換単位 1マイル
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー quicpay

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯 ※一部利用付帯
死亡・後遺障害 最高1億円(自動付帯は最高5,000万円)
傷害・疾病 300万円限度
携行品損害 50万円限度
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 500万円限度
備考 「jcbでe安心」付帯