年会費・審査・ポイント還元率から口コミ/評判まで気になる情報を掲載中!

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)

三井住友VISA法人カード!約0.5%を還元!追加カードも格安

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)
VISAカードマスターカード

スペック表

法人のみを対象(カード使用者は20名以下が目安となります)

発行期間 公式サイト参照 年会費(初年度) 1,250円+税 年会費(2年目) 1,250円+税 利用限度額 原則20万円~100万円(1回払いでのご利用となります)
還元率 0.487% マイレージ マイル還元率 電子マネー

クレカ編集部のコメント

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』は、三井住友VISAカードが発行する法人用クレジットカード(クラシックカード)です。三井住友VISAカードといえば、日本のクレジットカード業界を牽引するトップ企業。その三井住友VISAカードが発行する中小企業向けのプロパーカードは、信頼性の高さやサービスの充実度から多くの経営者に選ばれています。経理事務・経費の管理を合理化するのに最適なクレジットカードと言えます。国際ブランドはVISAとマスターカードが選べます。ポイントプログラムはワールドプレゼント。1,000円毎に1ポイント(5円相当)が還元されます(還元率約0.5%)。

クレカ比較隊ならこんなにお得!
当サイト限定キャンペーンで作ったその場でお得をゲット!

インターネット入会限定 新規入会&条件クリアでもれなく最大3,000円分プレゼント

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)が人気な理由

どうして三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)は評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開!

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)の特徴

三井住友VISAカードの中小企業向け法人クラシックカード

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』は、中小企業の事業経費の支払いや管理に役立つ、法人用クレジットカードです。本カードを利用できるのは中小企業向けであり利用対象をカード利用者が20名までの法人です。三井住友VISAカードの法人向けプロパーカードなので信頼度は抜群です。

信頼度の高いスタンダードなビジネスカード!費用も格安!

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)の券面画像『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』の年会費は1,250円+税と格安です。追加カードも1枚につき400円+税と負担が少ないのも特徴です。経費管理の効率が上がれば、業務全体の効率もアップします。

特に人数の少ない中小企業なら、経理業務の効率化で得られるメリットは大きいはず。この点を意識して、法人用クレジットカードの契約を検討している中小企業経営者も多いのではないでしょうか。そんな中小企業経営者の方に、おすすめのクレジットカードです。

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)のメリット

三井住友VISAカードの信頼感のある法人カード

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』は、三井住友VISAカードが発行する法人用クレジットカード(クラシックカード)です。三井住友VISAカードといえば、日本のクレジットカード業界を牽引するトップ企業です。その三井住友VISAカードが発行する中小企業向けのプロパーカードは、信頼性の高さやサービスの充実度から多くの経営者に選ばれています。

国際ブランドはVISAとマスターカード!ポイント還元率は約0.5%!

マスターカードのロゴ本カードは経理事務・経費の管理を合理化するのに最適なクレジットカードと言えます。経費の支払い方法を現金から法人用カードでの決済に切り替えれば、経理業務に割く手間やコストを大幅に削減できます。国際ブランドはVISAの他にマスターカードブランドも選べます

ポイントプログラムはワールドプレゼント。1,000円毎に1ポイント(5円相当)が還元されます(還元率約0.5%)。

中小企業向け!申し込めるのはカード利用者20名以下の法人のみ

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)を申し込めるのは、カード使用者が20名以下である法人の経営者です。個人事業主やカードを使用する社員が20名を超える法人の経営者は、このカードを申し込めません。

大企業向けと個人事業主向けには別のカードが用意されています

三井住友カードマーチャントメンバーズクラブ クラシックカードちなみに三井住友カードでは、個人事業主向けに「三井住友マーチャントメンバーズクラブ」を、大企業向けに「三井住友コーポレートカード」を発行しています。いずれも法人用クレジットカードとしておすすめです。

経費精算業務を合理化!費用の支払いをシンプルにまとめられます

本カードの利用代金は、法人の口座で決済されます。追加カードで利用した代金も1つの口座で決済されるため、経費の管理が非常に楽。経費精算業務を合理的に行いたい経営者に、三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)はおすすめです。

中小企業経営者に最適化した法人ビジネスカード

三井住友カードの法人用クレジットカードは複数ありますが、中小企業の経営者には本カードが最適です。追加カードの発行枚数は最大20枚となっていますが、中小企業の役員や社員に貸与する枚数としては十分です。

年会費は1,250円+税!クラシックカードは利用しやすい

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』は信頼度が高い三井住友VISAの法人カード。三井住友カードは日本のクレジットカード業界におけるリーディングカンパニー。信頼度は抜群です。しかも一般カード=クラシックカードの年会費は、税抜1,250円と格安です。気軽に申し込めます。

追加カードは400円+税!20枚までOKです

さらに20枚まで発行できる追加カードの年会費は、カード1枚につき税抜400円+税と安価。信頼度と知名度の高いカードでありながら低コストで活用できます。国際ブランドはVISAもしくはマスターカード。どのカードを利用しても還元率0.5%でワールドプレゼントポイントが貯まります。

法人用クレジットカードは、会計の際に会社の性質を示す「顔」としての役割を果たす場合があります。日本で初めてVisaカードを発行したのも三井住友カード。信頼度の高い三井住友ビジネスカードであれば、会社の信頼性を示す「顔」となってくれるはずです。

プラスEXサービスで東海道新幹線(東京〜新大阪間)を最大限活用!

プラスEXサービス『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』は、JR東海が提供する「プラスEXサービス」に対応しています。プラスEXサービスとは、東海道新幹線(東京〜大阪間)の座席をネットで予約できるサービスです。席の予約はパソコンやスマートフォンなどから行え、空席状況を確認して座りたい座席をリクエストすることも可能となっています。

ネット予約可能!「プラスEXカード」でチケットレス!

さらに新幹線を利用する当日は、プラスEXサービスを申し込むと送られてくる「プラスEXカード」で改札を通ることが可能。チケットを発行する手間を省いて、スムーズにホームへと向かうことができます。

このほか予約の変更を無料で何度でも行えたり、1年中いつでも同じ値段で新幹線を利用できたりと、プラスEXサービスには魅力が満載。出張をサポートしてくれる、便利なサービスとなっています。

法人用サービス「ビジネスサポートパック」が活用できる!

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』には、三井住友カードの法人サービスである「ビジネスサポートパック」が付帯しています。ビジネスサポートパックに含まれるサービスは、以下の4つです。

オフィス用品デリバリーサービス

「オフィス用品デリバリーサービス」は、アスクル株式会社の商品をスピーディーに配達してもらえるサービスです。注文した商品が配達されるのは、注文を行った当日もしくは翌日。急いでオフィス用品を補充したい場合に役立つ、便利なサービスとなっています。

国際エクスプレス輸送割引サービス

「国際エクスプレス輸送割引サービス」は、DHLの輸送サービスを優待価格で利用できるサービスです。優待価格となるのは日本から輸出を行う際の運賃のみですが、海外と取引のある企業であれば利用する価値は十分にあります。

レンタカー優待サービス

「レンタカー優待サービス」は、日産カーレンタルソリューションとタイムズモビリティネットワークスの基本料金割引を受けられるサービスです。上記2つのレンタカー会社は、どちらも全国に店舗を持つ大手企業。普段の利用はもとより、出張先で営業車が必要となった場合も割安料金で車両提供を受けられます。

引っ越し割引サービス

「引っ越し割引サービス」は、アート引越センターのサービスを割引料金で利用できるサービスです。割引の対称となるのは、オフィスの移転や社員の転勤などに伴う引越し基本料金。20%の料金割引に加えてダンボールを最大30箱無料で提供してもらえる、お得なサービスとなっています。

ETCカードを複数発行!1枚の法人カードに複数枚のETCカードも発行可能

ETCカード『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』が1枚あれば、複数枚の法人用ETCカードを発行できます。ETCカードを営業車の台数分用意すれば、有料道路代を一元管理できて便利です。

ETCカードの年会費は実質無料!

法人用ETCカードの年会費は、初年度が無料で2年目以降は1枚につき税抜500円となっています。ただし年に1回ETCを利用すれば、次年度の年会費が無料となります。つまり、実質的な年会費は無料。コストをかけることなく、便利なETCカードを利用できます。

還元率は0.5%!ポイントは「ワールドプレゼント」!

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』は法人向けですが、ポイントプログラムが用意されています。付帯するポイントプログラムは、個人向けの三井住友VISAカードと同様の「ワールドプレゼント」。通常のショッピング利用代金のほか、携帯電話料金や光熱費、水道代などがポイント付与の対象となります。

ポイントはギフトカードと交換可能!

ワールドプレゼントのポイントは、1,000円につき1ポイント付与されます(1ポイント=約5円相当)。ポイント還元率は約0.5%。本カードで貯めたポイントはマイレージ移行や電子マネーや共通ポイントに交換できないため、個人向けカードより使い勝手は悪くなっています。しかしVJAギフトカードには交換出来ます。

法人向けカードではそもそもポイントが貯まらない物が多かったので、その時代と比較すればずいぶん柔軟になりました。

ポイントUPモールの利用も可能!ポイント最大20倍!

なお、お得にワールドプレゼントのポイントを貯めたい方には、三井住友カードの「ポイントアップモール」経由でのショッピングがおすすめです。ポイントアップモール経由でネットショッピングを行うと、付与されるポイントが最大20倍までアップします。モール加盟店にはオフィス用品を取扱う店舗もあるので、経費の範囲で無理なくポイントを貯めることができます。

ポイント交換はギフトカードがおすすめ!還元率約5%!

VJAギフトカード『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』で貯めたポイントは、各種景品やアマゾンギフトカード、iTunesギフトカードなどにも交換できます。しかし、おすすめのポイント利用方法は、VJAギフトカード(全国共通商品券)への交換です。

還元率は最大4.87%!他のポイント交換はレートが悪くなります

ポイントを2万円分のギフトカードに交換した場合のみ、0.487%のポイント還元を得られます。1100ポイントでは5,000円相当(還元率約4.54%)、4100ポイントで20,000円相当と交換できる計算です(還元率は約5%)。なお、ポイントの交換レートは以下のようになっています。

必要ポイント数 VJAギフトカード内容
1,100ポイント 5,000円分のギフトカードに交換可能
2,100ポイント 10,000円分のギフトカードに交換可能
3,100ポイント 15,000円分のギフトカードに交換可能
4,100ポイント 20,000円分のギフトカードに交換可能
20,000円相当のポイントを貯めるのは大変です!

VJAギフトカード(全国共通商品券)への交換ポイントで2万円分のギフトカードを手に入れるのは大変です。還元率0.5%とすれば、通常は400万円相当のカード利用が必要です。ちなみにワールドプレゼントのポイント有効期限は、ポイントを獲得した月から2年間となっています。

ゆっくりポイントを貯めていると、いつの間にか古いポイントが失効してしまうかもしれません。手早くポイントを貯めたい場合は、先にご紹介したポイントアップモールを利用することをおすすめします。

海外旅行傷害保険が付帯!最高2,000万円を補償

海外に飛び立つ飛行機『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』には、海外旅行傷害保険が付帯します。渡航中に傷害で死亡した場合や、後遺障害が残った場合の保険金額は最高2,000万円。傷害治療費用も1事故につき50万円まで出るので、万が一の事態に備えられます。

海外旅行傷害保険は利用付帯だがショッピング保険も付帯!

ただし、この保険の利用には条件があります。利用付帯が条件なので、旅費の一部を本カードで支払わない場合は、旅行中の保険適用を受けることができません。

とはいえビジネスカードには、海外旅行傷害保険がまったく付帯しないものが多いことも事実。本カードにはショッピング保険も付帯します。どれも利用付帯とはいえ高額な傷害保険を付けられることは大きなメリットといえます。

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)のデメリット

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』は、メリットの多い法人用クレジットカードです。しかしこのカードにも、以下のようなデメリットがあります。

国内ショッピング保険なし!国内の仕入れの損害は補償されません

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』には、国内でのショッピングに対する保険が付帯しません。多くの個人向けクレジットカードに国内ショッピング保険が付帯していることを思えば、この点は不親切といえます。

海外の仕入れではショッピング保険が活用できます

ただし三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)にも、海外でのショッピングに対する保険は付いています。海外ショッピング保険の補償額は、年間100万円まで。あまり高額な補償ではありませんが、海外出張時や旅行時の買物や仕入れに安心をプラスしてくれます。

限度額の上限は100万円まで!仕入れには少しキツイ

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』の利用限度額は、20万円〜100万円となっています。この限度額は、法人全体に対して設定される総利用枠です。つまり法人カードと追加カード全体で、設定された限度額を共有することになるのです。カードの使い方によっては、あっという間に限度額に達してしまう場合もあるでしょう。

追加カードの限度額を設定できない。注意が必要

本カードは、追加カードごとに限度額を設定できません。このため利用額をきちんと管理しなければ、1枚の会員カードで限度額を使いきってしまう可能性もあります。この点は、経営者にとってはやや不便といえます。

国内旅行傷害保険なし!

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』には、国内旅行傷害保険が一切付帯しません。利用付帯することもできないため、国内旅行中に起こるアクシデントに対する補償はまったく受けられないことになります。国内での出張が多い企業にとって、この点はデメリットといえます。

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)のまとめ&ライバルカード

VISAやマスターカードの国際ブランドで最もおすすめの法人カード

『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』は年会費が格安でサービスが充実した法人カードとなっています。特に注目すべき特徴は、追加カードのコストの安さ。追加カードの年会費400円+税は、法人カードの中でも最安クラスです。低コストで使いやすく、かつ信頼度の高い法人カードをお探しなら、三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)を選んで間違いありません。

ライバルは『JCB 一般法人カード(ポイント型)』国際ブランドで選ぼう

JCB 一般法人カード(ポイント型)券面画像『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』のライバルといえば『JCB 一般法人カード(ポイント型)』(年会費1,250円+税※オンライン入会で初年度無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)でしょう。こちらも日本国内で高い知名度をほこるJCBの法人プロパーカードです。基本スペックもほぼ同じ。ただしあちらはJCB一択です。

本カードは国際ブランドをVISAとマスターカードから自由に選べるので、JCB以外が必要なら『三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)』を選ぶのが良いでしょう

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)詳細情報

基本情報

入会資格 法人のみを対象(カード使用者は20名以下が目安となります)
発行会社 三井住友カード株式会社
本社所在地 東京都港区海岸1-2-20
創業 1967年12月26日
発行可能ブランド VISAカードマスターカード
発行期間 公式サイト参照
年会費 1年目 1,250円+税
2年目以降 1,250円+税
家族カード 1年目 400円+税
2年目以降 400円+税
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 500円+税(年間1回以上ETC利用で無料)

ポイントシステム

ポイントプログラム ワールドプレゼント
ポイント還元率 0.487%
ポイント有効期限 2年間
最低交換単位 200ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
入院・通院 最高50万円
携行品損害 最高15万円(免責3千円)
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 年間100万円限度※海外利用限定
備考 VpassID安心サービス
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP