年会費・審査・ポイント還元率から口コミ/評判まで気になる情報を掲載中!

三井住友VISAプラチナカード

日本で持てる最高峰のVISAプラチナカード!特典とコスパが魅力

三井住友VISAプラチナカード
VISAカードマスターカード

スペック表

原則として満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

発行期間 約1週間 年会費(初年度) 50,000円+税 年会費(2年目) 50,000円+税 利用限度額
還元率 0.5%~ マイレージ ANA マイル還元率 1ポイント=3マイル 電子マネー id

クレカ編集部のコメント

三井住友プラチナカードは、三井住友カードが発行するプロパーカードの中で最高ランクになるハイステータスカードです。会員特典が充実しており、VISAまたはMasterCardのプラチナ特典もご利用いただけます。2種類の国際ブランドを所有したい方に便利なデュアル発行も可能で、2枚所有しても実質的な年会費は55,000円+税でプラチナ特典を使い倒せます!家族カードは無料発行可能なので、家族で上手にカード決済を活用したい方におすすめです。ご利用額が多くなるほどポイント還元率も高くなります。会員特典の内容と年会費びバランスを重視したい方におすすめです。

三井住友VISAプラチナカードが人気な理由

どうして三井住友VISAプラチナカードは評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開!

三井住友プラチナカードの特徴

日本で最高峰!三井住友カードのVISAプラチナカード!マスターカードも選べる!

三井住友プラチナカードの券面画像三井住友プラチナカードは、三井住友カードが発行している最上位ランクのクレジットカードで、ステータスカードに相応しい会員特典が多く用意されているのが特徴です。

プライベートだけでなく、仕事でも有効に活用できる特典が多く用意されており、年会費とのバランスも優れているクレジットカードです。三井住友VISAプラチナカードがフューチャーされていますが、実はプラチナマスターカードも選べます。

インビテーション不要!お申し込みで持てるステータスカード

三井住友カードは会員数約2,800万人(2017年度)国内最大の発行枚数を誇り、用途に応じてさまざまなクレジットカードが発行されていますが、その中でも最上位ステータスになるのが三井住友プラチナカードです。

他社が発行しているステータスカードは、一定のクレヒスを積んでいる会員様向けに招待状を送って入会できるインビテーション制が多い中で、三井住友プラチナカードは招待不要で申込できるのが特徴です。

既に三井住友ゴールドカードなどを利用しているお客様向けにプラチナカードへのインビテーションが送られるケースもありますが、三井住友カードを一度も利用したことがない方でも審査基準を満たしていれば三井住友カードで一からクレヒスを積むことなく入会できます。

コンシェルジュに空港ラウンジ同伴者無料等のプラチナ特典が完備

三井住友プラチナカードの特典三井住友プラチナカードには、「プラチナカード」という名称に相応しい最高ランクの会員特典が用意されています。

24時間365日いつでも利用できるコンシェルジュサービスや、国内の主要空港ラウンジを無料で利用(同伴者も1名まで無料!)できる、USJや宝塚歌劇団の優待サービスなど、プライベートや仕事で使える特典がもりだくさんです。

優待特典を上手に使いこなすほど年会費以上のメリットが得られるので、ぜひ上手に活用して最高級のサービスをお楽しみください。

ボーナスポイントとギフトカードで還元率1.0%以上!家族カードも無料発行!

三井住友プラチナカードは前年度のご利用額に応じてボーナスポイントが付与され、最大60%アップになるのでポイント還元率は最大0.8%になります。この他に、6ヶ月間のカードお支払額合計が50万円の場合0.5%相当の2,000円分、最高で6ヶ月間のカードお支払額が600万円で3万円分のVJAギフトカードがプレゼントされます。

ご利用額に応じてギフトカードがプレゼントされる機会は年2回あり、基本のポイント還元率とボーナスポイント、ギフトカードプレゼント分を合わせると1.0%以上の還元率になります。

また、本会員の年会費は5万円ですが、家族カードは年会費無料で発行されて本会員様と同様のカード機能やサービスをご利用いただけます。ちなみに、JCBプラチナカードは1名まで家族カードの年会費は無料になりますが、2名以降は3,000円/人になります。

三井住友プラチナカードのメリット

三井住友プラチナカードには、最上位ランクのステータスカードを所有している方にふさわしい洗練された特典が用意されています。

いろいろな場面で活用できる特典がラインナップされているので、プライベートはもちろんお仕事でも有効活用できるのが大きなメリットです。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービス三井住友プラチナカードの会員様だけが利用できるコンシェルジュサービスが用意されています。ホテルやレストラン、航空券などのご予約を承る専用デスクが24時間年中無休で対応しています。

例えば、「妻の誕生日祝いを兼ねてレストランで食事をしたいから席を予約して欲しい」との要望を伝えると、お客様に最適なお店をコンシェルジュがセレクトしてご案内することも可能です。

他にも、「旅行先でこんなアクティビティを楽しみたい」「キレイな景色を楽しめる部屋があるホテルに宿泊したい」などのご要望にも柔軟に対応してもらえるのがコンシェルジュサービスのメリットになります。

トラベル系特典

三井住友プラチナカードにはプライベートの旅行やお仕事の出張にも活用できるトラベル系特典が豊富に用意されています。

空港ラウンジ

国内の主要空港にある空港ラウンジを本会員とご同伴者1名さまが無料で利用できます。

プライオリティ・パスでは対象になっていない国内の空港ラウンジが利用できるため、国内出張や国内旅行に出かける機会が多い方におすすめできる内容です。

プラチナホテルズ

国内にあるホテルや旅館約50施設を優待料金で利用できるほか、お部屋や料理がアップグレードされる特典になります。

また、国内のホテル約10施設にあるスイートルームを50%オフ料金で利用できます。

JTBロイヤルロード銀座

高品質な旅行プランを提案しており、プラチナカード会員様限定特典としてポイントが通常の6倍になります。

一流ホテル・旅館宿泊予約プラン by Relux

厳選されたホテルや旅館の宿泊予約サービスを提供している「Relux」の通常価格から、初回は10%オフ、2回目以降は7%オフになる優待価格が適用されます。

Reluxが提供している宿泊プランは、他の宿泊予約サービスよりもお得な価格設定になっていますが、三井住友プラチナカード会員様は更にお得な価格になります。

宿泊予約サービス「Hotels.com」

「Hotels.com」は国内や海外の宿泊施設を予約できるサービスで、お好みの宿泊施設を探しやすいのが特徴です。

「Hotels.com」が提供している価格から更にお得な料金が適用され、三井住友カード会員様専用デスクのカスタマーサポートや限定セールなどが用意されています。

ハーツGoldプラス・リワーズ・ファイブスター会員

海外レンタカーサービスで、通常は年12回以上または2,400米ドル以上のレンタルをした方に適用されるサービスが提供されます。

デザインが美しい!2種類から選べる!VISAとマスターカードも選べる!

三井住友プラチナカードのブラック×ゴールド三井住友プラチナカードの券面は、ブラック×プラチナと、ブラック×ゴールドの2種類から選択できます。

いちおう色はプラチナとなっていますが、印象としては金(ゴールド)と銀(シルバー)の違いに近いです。派手好きかシックなデザインが良いかで選ぶのが正解でしょう。スペックはまったく同じです。

国際ブランドもVISAとマスターカードの両方から選べます

三井住友プラチナカードのブラック×プラチナ国際ブランドもVISAとMasterCardのどちらかを選択できるので、合計で4種類の選択肢からお好みのカードを選べます。

どちらのブランドでも黒を基調にした落ち着いたデザインです。黄金比を用いた世界でも有数の美しい建造物として知られる古代ギリシアのパルテノン神殿が券面に描かれています。これが、ステータス性の高さを引き立たせています。

顔写真入りでセキュリティもバッチリ

また、三井住友プラチナカードの裏面には、カード会員様の顔写真を入れることも可能です。裏面に記載されているご署名だけでなく、顔写真が入ることで万が一盗難被害や紛失した際にも不正使用を防げるのもメリットといえます。

三井住友VISAカードは安心・安全・便利

  1. ICチップは偽造が困難なうえに不正使用も未然に防止できます。
  2. 顔写真入りICカードでより安心。顔写真入りでも手数料は無料
  3. 電子マネーIDでスマホ決済、iPhoneにも対応

メモリアル特典

三井住友プラチナカードの会員様が大切な方と過ごす時間が素晴らしい思い出になるように、さまざまな優待特典をご用意しています。

プラチナグルメクーポン

東京や大阪などの約100店舗のレストランで2名以上のコース料理をご利用いただくと、1名分が無料になるサービスです。各レストランのご利用は半年に1回となります。

プラチナワインコンシェルジュ

田崎真也氏がセレクトしたワインを会員様向けに特別販売しています。

プラチナオファー

三井住友プラチナカード会員様限定のイベントやプロモーションにご案内しています。過去に実施されたイベント例は以下のとおりです。

  • USJプレミアムパーティー
  • ゴルフ優待プレー
  • 高級食材食べ尽くし特別ディナー
  • クルーズ2泊3日の旅

このような特別な体験イベントなどを三井住友プラチナカードの会員様だけに提供しています。

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)優待特典

アトラクションの待ち時間が短縮される「ユニバーサル・エクスプレス・パス」をお一人様につき1日1枚(ご同伴者様4名まで)差し上げています。USJにあるゲストサービスで三井住友プラチナカードと入場時に使用したスタジオ・パスを人数分提示していただくだけでOKです。

また、事前予約が必要になりますが、USJにある三井住友カードラウンジをご利用いただくことができ、ソフトドリンクの無料サービスやアトラクション「JAWS™」の優先搭乗などの特典も用意されています。

宝塚歌劇優先販売

宝塚歌劇の三井住友カード貸切公演で、三井住友プラチナカード会員様向けのSS席を提供しています。

三井住友VISA太平洋マスターズ

男子プロゴルフトーナメントのペア観戦入場券がプレゼントされます。お食事とお飲み物、大会記念品が進呈されています。

TableCheck Pay

TableCheckの掲載店舗でスマホがあれば簡単にサインレス決済できるサービスです。

メンバーズセレクション

三井住友プラチナカードの会員様向けに、以下の中ならお好きなプレゼントを一つ無料でお届けするサービスです。

  • 名医のセカンドオピニオンサービス
  • プライオリティ・パス(プレステージ会員)
  • 上質で高機能を誇るビジネスアイテム
  • 暮らしを彩る選りすぐりのライフアイテム
  • 毎日を愉しむ趣味のコレクション
  • 各地の名産品グルメ

三井住友VISAプラチナカードと三井住友プラチナマスターカード、JCBプラチナカードを徹底比較

国際ブランド別の優待特典

三井住友プラチナカードは国際ブランドをVISAかMasterCardのどちらかを選択できますが、それぞれ異なる優待特典が用意されています。

三井住友VISAプラチナカードと三井住友プラチナマスターカードの優待特典比較
名称 三井住友VISAプラチナカード 三井住友プラチナマスターカード
券面画像 三井住友VISAプラチナカードのゴールド券面画像 三井住友プラチナマスターカードのゴールド券面画像
国際ブランド VISA MasterCard
レジャー・イベント Visaプラチナゴルフ(名門コースの優待価格) 会員制ゴルフ(名門ゴルフ場の予約手配)
国内ゴルフ(GODの予約と優待価格)
ヘリクルーズ
歌舞伎・能チケット手配
海外有名ゴルフコース手配
カーシェアリング特別優待
楽天スポニチゴルファーズ倶楽部優待
Tokyo Supercars優待
グルメ・ライフスタイル ダイニング by 招待日和(コース料理1名分無料)
ふるさと納税特別優待
トラベル Visaプラチナトラベル(旅行商品など優待価格)
Visaプラチナ空港宅配(優待価格)
VisaプラチナKaligo(Kaligo.comのポイント優待)
Visaゴールド国際線クローク(一時預かり)
Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル
プレミアムカーレンタル
国際線手荷物無料宅配
空港クローク優待サービス
海外用携帯電話Wi-Fiレンタルサービス
国内高級ホテル・旅館
ザ・カハラ・ホテル&リゾート限定宿泊プラン
Trip.com特別優待

三井住友プラチナマスターカードの優れている点は、「ダイニング by 招待日和(コース料理1名分無料)」が利用できるところでしょうか?

三井住友VISAプラチナカードの場合は、実質的に国内で発行できるVISAカードの中で最高峰のステータスカードとなっています。マスターカードの場合はブラックカード(ワールドエリート)にも申し込めるため、国際ブランドの中での位置づけも違ってきます。

JCBプラチナとも比較!両方とも申込み制で持てる!

三井住友プラチナカードと同様に、インビテーション不要で申込できる「JCBプラチナ」との違いを比較してみました。

三井住友プラチナカードとJCBプラチナの比較
名称 三井住友VISAプラチナカード JCBプラチナ
券面画像 三井住友VISAプラチナカードのゴールド券面画像 JCBプラチナカード【JCB ORIGINAL SERIES】券面画像
国際ブランド VISA JCB
年会費 50,000円+税 25,000円+税
家族カード 無料 1名無料、2人目以降3,000円+税/人
お申込対象 原則として30歳以上の安定継続収入のある方 25歳以上の安定継続収入のある方
コンシェルジュサービス あり
ポイント還元率 1,000円につき1ポイント(0.5%)
6ヶ月間でご利用額50万円以上で0.5%還元
1,000円につき1ポイント(0.5%)
プライオリティ・パス あり
※メンバーズセレクションで選択した場合
あり
コースメニュー1名様無料のグルメ特典 プラチナグルメクーポン(約110店舗)
ダイニング by 招待日和 (約200店舗)
※MasterCardのみ
グルメ・ベネフィット(約120店舗)
付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高1億円
海外旅行賠償責任最高1億円
お買物安心保険最高500万円
国内・海外航空機遅延保険2~4万円
国内・海外旅行傷害保険最高1億円
ショッピングガード保険最高500万円
国内・海外航空機遅延保険2~4万円

三井住友プラチナカードとJCBプラチナを比較してみると、同様の会員特典が用意されている部分もありますが、細かい会員特典の内容は三井住友プラチナカードが充実しています。

ただし、三井住友プラチナカードの優待特典で利用する頻度が少ない場合は、JCBプラチナでも十分な場合もありますので、それぞれの内容をよく比較して検討することをおすすめします。

三井住友プラチナカードの審査

申込み制のプラチナカードですが、審査難易度はステータスカード以上!

三井住友プラチナカードのお申込み対象は、「原則として満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」とされています。具体的な審査基準については明確にされていませんが、実際に三井住友プラチナカードを所有している方の口コミから正社員や公務員、会社経営者などはスムーズに所有できている傾向があるようです。年収については目安として500万円以上と言われています。

三井住友プラチナカードの審査基準を満たしているか不安という場合は、三井住友ゴールドカードを所有してプラチナカードへのインビテーションを待つのもおすすめです。

実際に三井住友ゴールドカードを所有している方へプラチナカードのインビテーションがメールで届き、初年度年会費半額の特典が用意されていた例もあります。

三井住友プラチナカードの評判

特典内容やステータスには文句なし!日本で最高峰のVISAプラチナカード

三井住友プラチナカードの評判三井住友プラチナカードを所有している人の口コミや評判で多いのが、会員特典に関する内容です。

プライオリティ・パスなどの好きなプレゼントを一つだけ選べる「メンバーズセレクション」は、カタログのような冊子が届けられてお好きな商品を選択できる特典を楽しみに待っているとの意見が多いようです。

また、「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)」へ出かける機会が多い方には、三井住友カードラウンジや待ち時間が短縮されるエクスプレス・パスが好評のようです。

コース料理が1名分無料になるVISAとMasterCardに共通のグルメ特典「プラチナグルメクーポン」と、国際ブランドをMasterCardにすると更に「ダイニング by 招待日和」が用意されている点も嬉しいとの意見もあります。

スイートルームが半額になる「プラチナホテルズ」も利用して、特別な時間を過ごしたい方に喜ばれています。

ただ、充実した特典と年会費のバランスが優れていることから多くの人に支持されているため、所有している人が多すぎてプレミア感が薄れてしまったと感じている人もいるようです。

三井住友プラチナカードは、こんな人におすすめ

コスパが良いハイステータスカードを持ちたい人

三井住友プラチナカードは年会費5万円で一般のクレジットカードよりも年会費は高めですが、用意されている会員特典を有効活用すると年会費以上のメリットがあると言えます。

たとえば、お好きなプレゼントを一つだけ選べるメンバーズセレクションでプライオリティ・パスを選択した場合は、通常年会費が429米ドルのプレステージ会員と同様のサービスが提供されるため、これだけでも年会費分のメリットがあるといえます。

他にも半年に1回使用できてコース料理が1名様分無料になるプラチナグルメクーポンをはじめとした優待特典を積極的に活用する機会が多いほど、コスパが良いクレジットカードとしてご利用いただけます。

充実した付帯サービスを利用する機会が多い人

三井住友プラチナカードはVISAとMasterCardの国際ブランドに関わらずご利用いただける優待特典以外にも、それぞれの国際ブランドごとに用意されている特典もご利用いただけます。

VISAとMasterCardのどちらを選んだら良いのか迷う……という方は、両方の国際ブランドを所有できるデュアル発行も可能です。

デュアル発行にすると年会費が1枚目は50,000円+税、2枚目は5,000円+税で発行できるので、合計55,000円+税でVISAとMasterCardのプラチナ特典をたっぷり使えます。

セブン、ファミマ、ローソン、マクドナルドを利用する機会が多い人

三井住友プラチナカードのポイント還元率は、通常だと1,000円につき1ポイントでポイント還元率が0.5%になりますが、「いつもの利用でポイント5倍」の対象店舗を利用すると1,000円につき5ポイントとなり、ポイント還元率は2.5%にアップします!

以下の対象店舗を利用する機会が多い方ほど、ポイントがどんどん貯まるのでおすすめです。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

2019年4月現在の対象店舗は上記の通りで、VISAのタッチ決済や三井住友プラチナカードに内蔵されている電子マネー「iD」でお支払いするか、三井住友プラチナカードをiPhoneのApple Payに登録してお支払いいただくとポイント5倍となります。

お支払い時にLINE PayやPayPayを使用した場合は対象外になりますので、ご注意ください。

三井住友プラチナカードのデメリット

三井住友プラチナカードはメリットが多いハイステータスカードですが、デメリットになる部分もありますのでこちらも合わせてご確認ください。

通常のポイント還元率がいまいち

三井住友プラチナカードのポイント還元率は通常利用時で0.5%のため、決して高還元率カードとはいえません。ポイントを積極的に貯めたいと考えている方にとってはあまり期待に沿えない可能性もあります。

ただし、前年度のご利用額に応じてボーナスポイントが付与されて最大60%アップ(ポイント還元率0.8%)になり、6ヶ月間のカードご利用額が50万円以上でお支払額の0.5%相当(2,000円~最高30,000円まで)がVJAギフトカードで還元されるので、ご利用額が多い方はポイント還元率は1.0%以上になると考えることもできます。

ANAマイルを貯めるなら「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」が良い

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの券面画像

ポイントよりもマイルを積極的に貯めたいと考えている方は、三井住友カードのプロパーカードである三井住友プラチナカードよりも、航空会社との提携カードである「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」のほうが有利です。

三井住友プラチナカードで貯めたポイントをANAマイルに移行する場合は1ポイント=3マイルですが、ANA VISAプラチナ プレミアムカード会員様の場合は1ポイント=15マイルで移行できます。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの年会費は80,000円+税になりますが、マイルを貯めたい方にはこちらも検討することをおすすめします。

三井住友プラチナカードの付帯保険

三井住友プラチナカードにはさまざまな付帯保険が用意されています。

三井住友プラチナカードの付帯保険
海外旅行傷害保険
自動付帯
傷害死亡・後遺障害 最高1億円(家族特約最高1,000万円)
障害・疾病治療費用 限度額500万円(家族特約同額)
賠償責任 最高1億円(家族特約同額)
携行品損害 100万円(免責3,000円・家族特約同額)
救援者費用 1,000万円(家族特約同額)
国内旅行傷害保険
自動付帯
傷害死亡・後遺障害 最高1億円(家族特約最高1,000万円)
入院保険日額 5,000円
通院保険日額 3,000円
手術保険金 最高20万円
航空便遅延保険
海外旅行は自動付帯
国内旅行は利用付帯
乗継遅延費用
出向遅延・欠航・搭乗不能費用
手荷物遅延費用
2万円
手荷物紛失費用 4万円
お買物安心保険 海外・国内利用 500万円(免責3,000円)

保険については文句の着けようが無い感じです。複数のクレジットカードを併せ持つ方も多いでしょうが、保険は合算されるので、すべて合わせれば大抵のトラブルに対応できます。

三井住友プラチナカードで使える電子マネー

三井住友プラチナカードで利用できる(チャージできる)電子マネーは以下の通りです。

  • iD
  • 楽天Edy
  • WAON
  • nanaco
  • ICOCA
  • モバイルSuica
  • PiTaPaカード

ただしご利用額がポイント還元対象になるiDの利用がおすすめです。

PiTaPaカードの利用分と楽天Edy・WAON・ICOCA・nanaco・Apple Payに登録したSuicaへのチャージについてはポイント還元対象外になりますが、Google Pay経由でのSuicaチャージはポイント付与の対象になります。

三井住友プラチナカードのポイントと還元率

三井住友プラチナカードのポイント還元率は、通常1,000円につき1ポイント(1ポイント=5円相当)なのでポイント還元率0.5%になります。

お支払い方法は1回払いの他に2回払い・ボーナス一括払い・リボ払い・分割払いがありますが、このうち「マイ・ペイすリボ」に登録をしたリボ払い分についてはポイント2倍で還元率も1.0%になりますが、計画的なご利用が必要になります。

ポイントの有効期限は獲得月から4年間(プラチナカードのみ。ゴールドは3年、そのほかは2年)になります。

前年度のご利用額に応じて付与されるボーナスポイント

前年度(2月から翌年1月)のご利用額によって以下のようにボーナスポイントが付与されます。

三井住友プラチナカードのボーナスポイント
前年度のご利用額
ステージ
今年度ご利用額50万円到達時 以降10万円ごと
300万円以上
ステージV3
300ポイント 60ポイント
100万円以上300万円未満
ステージV2
150ポイント 30ポイント
50万円以上100万円未満
ステージV1
100ポイント 20ポイント

例えば、前年度ご利用額300万円以上を達成してステージ3になり、今年度のご利用も300万円になった場合でシュミレーションしてみましょう。

  • 300万円に対する通常のポイント還元 3,000ポイント(1,000円につき1ポイント付与)
  • 50万円に到達時のボーナスポイント 300ポイント
  • 10万円ごとのボーナスポイント 1,500ポイント(60ポイント×25)
  • 合計 4,800ポイント(1ポイント=5円相当なので24,000円相当分。ポイント還元率は0.8%)

この他に、カード利用プレゼントとして6ヶ月間のカードご利用額に対して0.5%のVJAギフトカードがプレゼントされるので、6ヶ月で150万円利用した場合は7,000円分(※1,000円未満切り捨てになります)ギフトカードがもらえます。

三井住友プラチナカードの紹介まとめ

申込み制で持てるVISA最高峰のプラチナカード!特典もコスパも最高!

三井住友プラチナカードは、カード会員数が多い三井住友カードの中でも最高ランクになるハイステータスカードで、用意されている会員特典の内容も充実しています。

年会費と優待特典のバランスが優れており、実用性の高い特典が用意されているので、プライベートやお仕事などあらゆるシーンで有効活用できます。

通常のポイント還元率は決して高くありませんが、ご利用額が多くなるほどボーナスポイントやカード利用プレゼントが用意されているので、メインカードとして積極的に活用するほどお得な一枚になります。

三井住友VISAプラチナカード詳細情報

基本情報

入会資格 原則として満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
発行会社 三井住友カード株式会社
本社所在地 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング
創業 1967年12月26日
発行可能ブランド VISAカードマスターカード
発行期間 約1週間
年会費 1年目 50,000円+税
2年目以降 50,000円+税
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイントシステム

ポイントプログラム ワールドプレゼント
ポイント還元率 0.5%~
ポイント有効期限 獲得月から4年間
最低交換単位 200ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANA
マイレージ還元率 1ポイント=3マイル
最低交換単位 100ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー id

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害・疾病 限度額500万円
携行品損害 100万円限度(1事故免責3,000円)
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 500万円
備考 航空機遅延保険2~4万円
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP