国内最大級400枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)
年会費 初年度:18,518円+税
2年目以降:18,518円+税
還元率 1.0%~4.0%
発行日数 3週間ほど
年会費 初年度 18,518円+税
2年目以降 18,518円+税
家族カード 無料
旅行保険 海外 最高1億円※一部利用付帯
国内 最高1億円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー idquicpay
国際ブランド マスターカード
発行会社 オリエントコーポレーション
発行期間 3週間ほど
  1. point1プラチナカード最高のポイント還元率!常時1.0%以上!最高4.0%を還元!
  2. point2365日24時間対応のコンシェルジュ!グルメはアメックスやダイナースと同等!
  3. point3国内・海外旅行傷害保険は最高1億円!家族特約付き!業界初の個人賠償責任保険も!

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)とは?

オリコでは最上級のプラチナカード!飲食・旅行・還元率とすべてが豪華!

Orico Card THE PLATINUM (オリコカード ザ プラチナ)券面画像オリコカードといえば、Amazonでも高還元が受けられる『Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)が有名ですね。

その上位に格安ゴールドカードとしての『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアムゴールド)』(年会費1,806円+税/還元率1.0%:100円で1ポイント)があります。しかしそのプレミアムゴールドよりも、さらにスケールが大きなステータスカードが登場しています! それがこの『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』です。

コストパフォーマンスに優れたオリコカードのプラチナカード

オリコカードのグルメサービス『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』は従来のオリコカードのサービスに、ダイナースクラブやアメックス・ゴールドのような豪華さがミックスされているのが特徴です。

いつでも休みなしで応答してくれる有能&万能なコンシェルジェに何でも頼めたり答えてもらえたり、国内外の有名な空港でラウンジに無料で入れてもてなしを受けられたり、空港に行く前と帰国後に手荷物をただで運んでもらえたり、セレブ三昧のサービスばかりです!

ダイナースやアメックス並みのサービス!旅行で最大90%割引の「Off VIP」や、食事で1名無料の「ダイニングby招待日和」が付帯!

OFF VIP のグルメイメージ『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』の年会費は18,518円+税と高額。プラチナカードの場合はどうしても、年会費はそれなりに徴収されます。しかし本カードの場合、それをあっけないほど簡単に取り返せるようなサービスが付帯されています。

特に人目をくぎ付けにするのが、最大90%まで値引きしてくれる「Off VIP」というサービス。「Off VIP」はホテルや旅館、レストランで50%以上の値引きを受けられるところがたくさんあります! MAXで90%の値引きもあるのです。

そしてレストランで1名分の料金を全額払わなくてよいのが「ダイニング by 招待日和」。2名以上で利用するならOKとなるため、使うのは至極簡単です!

ネット通販でポイント還元率が最高17%!実用的なプラチナカード!

オリコモールのロゴプラチナカードは、とにかくサービスが華やかです。しかしこれまでは、あまりポイント還元率が平均して高いとは言えませんでした。しかし『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』は、その常識を打ち破るように高い還元率を達成しています! デフォルトの還元率が1.0%。クレジットカードの平均値の2倍です。

その上で、以下のような形式で還元率を増やす手段があります。

  • オリコモールでのショッピング→+1.0%
  • オリコモール内の各ショップ指定の還元率をGET→最低でも+0.5%(最高で+15%)
  • 海外での使用→+0.5%
  • 自動搭載された電子マネー(iD/QUICPay)の使用→+0.5%

オリコモールでの買い物なら、「基本の還元率1.0%」+「オリコモールの+0.5%」+「各ショップの還元率が+0.5%~」=少なくとも2.5%は確実です。楽天市場では最高で+15%ですから、もし実現したら合計で17.0%です!他のプラチナカードでは考えられない実用的なプラチナカードとなっています。

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)のメリット

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)は、それなりの年会費を払います。しかしその払った分をサービス面でも、ポイント面でもきっちりと還元してくれます!

20万以上の施設でご優待!「Off VIP」ならホテル・飲食・遊園地で値引き率が50~90%!

Mastercard TASTE OF PREMIUM 会員制ゴルフ「Off VIP」とは? オリコカードメンバーを楽しませるために存在する「オリコクラブ」が手がけるサービスです。このオリコクラブと提携している法人は非常に多く(全国に20万以上です)、バラエティ豊かです。

では、その代表例をご紹介しましょう。積極的に使えば、年会費分を楽々と回収できます!

ホテルや温泉で最大90%オフになる「リゾートメニュー」!

Mastercard TASTE OF PREMIUM 国内高級ホテル・高級旅館このメニューには、ホテル・旅館のような宿泊施設と温泉業界が参画しています。国内各地のホテルや温泉旅館で値引きを受けられます。その割合たるやなんとMAXで90%! フロントで支払うのは、たったの1割分だけでOK。

海外においてはなんと6万を超えるホテルが参画しています。海外の場合は、値引率は最大で80%に達します。たとえば日本円換算で1泊3万円のホテルでも、事実上支払うのは6000円程度に抑えられますね!

「レジャーメニュー」なら遊園地や動物園が最大75%オフ!

Orico Club OFF VIPのレジャー施設割引きのイメージこのメニューに参加しているのは、主としてテーマパーク・遊園地や動物園・水族館です。映画業界や美術館のような学術施設も多少参画しています。MAXで75%の値引きを受けられるようになっています。

数百ヶ所の空港ラウンジが無料!「ラウンジ・キー」に「オリコ空港ラウンジサービス」

空港のラウンジは、ステータスカードではよくある特典です。ステータスが上がるほど使い勝手がよくなるもの。『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』の場合、ラウンジで歓待を受けるために2種類のサービスを使えます。

世界650以上のラウンジが年6回無料!「ラウンジ・キー」なら他のカード不要!

オリコカードのラウンジキーワードラウンジ・キー(Lounge Key)とは世界中の空港のラウンジでおもてなしを受けるためのサービスです。現在、使える空港ラウンジは世界650箇所を超えています。

ラウンジキーで使える空港ラウンジでは飲食サービスもむろんついてきます。ゆっくりとリラックスして出発前の時間を過ごせます。そのかたわら、仕事もできます。ネット環境が完備してあるため、ノートPCを開いてメール等をチェックすることもできるわけです。

プライオリティ・パスやダイナースクラブカードに匹敵するサービス

同様のサービスに「プライオリティ・パス」がありますね。おもてなしについては似ているのですが、大きな違いは? それは、個別のカードを持っていったりスマホにアプリを入れたりしなくてよいことです。

プライオリティ・パスを使うなら専用のカードをつくるか、専用のアプリを入れるしかありませんがラウンジ・キーなら『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』を見せるだけでOKです。

少し残念なのは、ラウンジ・キーを使える回数に制限があること。無料で入れるのは年に6回までです。7回目からは、USドルで27ドル分を徴収されます。また同伴者も利用できますが、27ドルがかかります。

国内中心に20以上の空港ラウンジが無料!家族会員もOKの「オリコ空港ラウンジサービス」

オリコカードの空港ラウンジサービスこちらは主に、国内線で移動するときに使用するサービスです。国内の主な空港にて、ラウンジに無料で入場できます。LANサービスを使えたりお酒を頼めたりするところが増えています。

国内線に加えて、韓国の仁川国際空港およびハワイのホノルル国際空港のラウンジでも使用できます。

24時間365日いつでも電話で何でも相談!「コンシェルジュ」と「海外メディカルヘルプライン」

高級レストランやホテル、航空券やコンサートチケットの手配を頼める有能なコンシェルジュ

プラチナカードほどのランクになると、よく出てくるのがコンシェルジュサービス。『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』の場合、いつ電話してもコンシェルジュにつながります。24時間365日いつでも大丈夫です。

コンシェルジュにお願いできる用件は幅広いです。

  • 飲食店(店の紹介から予約まで)
  • パーティー(会場の紹介から手配まで)
  • パックツアー(紹介から予約まで)
  • 宿泊施設(紹介から予約まで)
  • 航空券(紹介から予約まで)
  • チケット手配(コンサート・スポーツ・舞台芸能etc.)
  • ゴルフ(コースの紹介から空き具合のチェックまで)
  • ギフト・プレゼント(商品や店の紹介から手配まで)……etc.

さて以上のサービスは、どこかへ出かけたり何か買ったりしたいときの相談内容ですね。しかしそれだけではありません、何か困ったときの相談も受け付けてくれます!

たとえば部屋のカギを落としたり、カードがエラーを起こして使えなくなったり、部屋の水道管が壊れて大弱りしたりと、日常の緊急のトラブルの際も助けてくれます。当然、海外からかけたときだって的確なアドバイスをしてくれます。

海外での病気・ケガの際にキャッシュレスで入れる病院や通訳を手配!「海外メディカルヘルプライン」

海外滞在中に困るのが、現地で怪我や病気になったときです。よく知られているように、海外では医療費がとんでもなく高くつく恐れがあります。それに、言葉があまり通じず習慣もまったく異なる海外では、病院にいったり医師と会話したりするだけでもひと苦労。そこでこのサービスの出番となります。実はこれ、その他のオリコカードでは使えません。『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』のオリジナルサービスです! 

海外にいる間にけがや病気になったら、すぐに指定の番号に電話しましょう。ちゃんと日本語で応答してくれますし、24時間365日いつでもつながります。主に次のような形で助けてくれます。

  • キャッシュレス診療(最大300万円)を受けられる病院の紹介
  • 往診または救急車の手配(ホテル滞在中の場合)
  • 医療通訳の手配
  • 日本にいる家族が駆けつける際の支援
  • 退院時の、帰国準備の支援……etc.

最上級のマスターカード会員でないと使えない「TASTE OF PREMIUM」

「TASTE OF PREMIUM」とは、Mastercardのトップクラスのカードに付随するサービスです。その中から、特におすすめできる特典を2点ご紹介しましょう。

コース料理の予約で1名分が完全無料!「ダイニング by 招待日和」

ダイニング BY 招待日和のイメージこれはパーティーや宴会のようなイベントを飲食店で開きたいときに便利なサービスです。1名分の料金を無料にしてくれます。条件は、団体客として利用すること……「団体」といっても「2名以上」でOKです。つまり少人数で外食する程度でも大丈夫ですね。

ところで、肝心のお値段は? それは当然、店によってもコースによっても変わります。ただ数千円から2~3万円くらいまでになることが多い模様です。たとえば1名分が1万円を超えるなら、1万円分得をすることになります。

上のほうで持ち出した「Off VIP」と同様に、年会費の分をさっさと取り返したい場合にとっても便利ですね! この特典は、日本国内の名店で使えます。現在、提携店は200程度です。

国際線のフライトを使うなら、手荷物を往復2個まで無料で宅配!

国際線手荷物無料宅配のイメージフライト関係の特典も、プレミアカードなら当たり前です。というわけで「TASTE OF PREMIUM」には、国際線の搭乗時に手荷物(2点)を預かって、責任を持って配送してくれるサービスがあります。以下の空港の国際線を使うのなら、行き・帰りどちらについても使えるサービスです。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港の国際線
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

これに近いサービスをやっているステータスカードは、あることはあるのですが……出国時か帰国時かどちらかとなっていることが珍しくありません。つまり、往復で頼めるのはなかなか貴重なことなんですね。

オリコポイントの還元率が上がる機会が盛りだくさん!最大17%に!

ステータスカードだからといって還元率が高いとは限らないのですが……、このカードならポイント還元率でも満足いただけます。『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』は、それほど使えるプラチナカードなのです。

『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』のポイントは、デフォルトで1.0%。クレジットカードの平均値0.5%の2倍です。それにポイントの計算はカードを利用するたびに行うのではありません、毎月の利用総額をもとに計算します。これは、端数が無駄にならない仕組みとして有名で、一部のクレカに取り入れられている手段です。

オリコモールを通すとAmazon・Yahoo・楽天で2.5%以上!MAXで17%までUP!

オリコカードといえば、オリコモールを通してネットショッピングするのが常識ですね。『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』の場合も、当然オリコモールの利用が推奨されています。その特典として……還元率に1.0%のポイントが加算されます。

そして、下の表のように代表的なショッピングモールが軒並み入店しています。これらで買い物すると還元率に、代金の1.0%のポイントが加算されます。

ショップ名 還元率の上がり方
Amazon 0.5%
楽天市場 0.5~15.0%
Yahoo!ショッピング 0.5%

ここまでを整理してみましょう。デフォルトの1.0%に、オリコモール経由による1.0%、そしてショップごとのポイントが加算されます。どこのショップでも0.5%はありますから、少なくても2.5%で買い物できるわけです。楽天ならMAXで17.0%になるチャンスがあります!

誕生月に2.0%(オリコモールなら3.5%)!iDやQUICPayでも1.5%!海外でも1.5%

iDとQUICPayをダブル搭載!誕生日のある月になったら、約30日間いつでも還元率が1.0%加算されます。どこで決済しても必ず2.0%ですね。もし誕生月の間にオリコモールで買い物するなら、最低でも3.5%になります。楽天ならMAXで18.0%になり得ます!

『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』には最初から、2種類の電子マネーが搭載されています。iDとQUICPayはそろって後払い形式のため、チャージしていなくても問題ありません。このiDやQUICPayで支払うときは還元率に0.5%加算されます。

日本では現在、「クレカは使えなくても、電子マネーなら使える」という店舗がけっこうあります。そんなときでも『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』1枚で支払いが済みますし、ポイントも0.5%分余分に付与されます。したがって常に1.5%ですが……前述したばかりの誕生日の特典と併用できます、誕生月なら+1.0%で合計2.5%ですね。

海外で使うときは、基本的に1.5%で使えます。そして海外でも、誕生月の特典は有効です……つまり2.5%。誕生日のある月に買い物しまくるのもいい考えですが、誕生月に海外に意識して出かけるようにするのも名案でしょう。

ギフト券・電子マネー・マイル・他のポイント~交換先も盛りだくさん

ギフト券やクーポン、よそのポイントサービスやマイルと、交換先がたくさん用意されています。

1ポイント=1円換算の損しない交換先がいっぱい!

ここでは、主な交換先だけをご紹介しましょう。

交換する内容 必要なポイント 交換レート
Amazonギフト券 500ポイント 1ポイント=1円分
LINEギフトコード 500ポイント 1ポイント=1円分
nanacoギフト 1000ポイント 1ポイント=1円分
オリコモールクーポン 1000ポイント 1ポイント=3円分
UCギフトカード 5500ポイント~ 1ポイント=1円分
Tポイント 1000ポイント 1ポイント=1円分
PONTAポイント 1000ポイント 1ポイント=1円分
楽天スーパーポイント 1000ポイント 1ポイント=1円分
dポイント 1000ポイント 1ポイント=1円分
オリコプリペイドカードへのチャージ 500ポイント 1ポイント=1円分
ANAマイル 1000ポイント 1ポイント=1円分
JALマイル 1000ポイント 1ポイント=1円分

Amazonギフト券やTポイントなら即時交換!何日も待たなくてOK!

Amazonギフト券やTポイントの場合、交換を申請したら即座に手続きしてくれます。お願いしてから数日待たされるところが多い中で、これは非常にうれしいサービスです。その日のうちに、交換終了していることをネット上から確認できますから、イライラしなくて済みますね。

『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』のデメリット

年会費が20000円。頻繁に使わないと損!ただし家族カードは無料で3枚までOKです

『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』の年会費は、税込で20,000円です。これはプラチナカードにしては安いほうなのですが、それでもスタンダードカードと比べたら雲泥の差です。したがって、カードを使う機会を意識して増やしたほうが正解でしょう。どんどんポイントを貯めることと、使えるサービスはどんどん使っていくことが大事です。

では、オプションのカードのコストはどうでしょうか? 実はこれが安い!

  • 家族カード:年会費無料(3枚まで)!
  • ETCカード:年会費無料!

家族カードが3枚まで無料なのは大きいです。結婚しているなら結婚相手にただで持たせることができます。あとは子供や親、兄弟姉妹に持たせることもできますね。

ポイント有効期限はわずか1年。使い忘れにご注意を!

クレカによって、獲得したポイントの有効期限はバラバラですね。何年でも放置しておけるクレカが何枚も発行されているいっぽうで、『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』の場合はあいにくとたったの1年しか貯めておけません。たくさんポイントを貯められるクレカとしては、この1年という期限はやはりマイナスでしょう。

  • オリコポイントがどれくらい貯まっているのか?
  • その中で、近いうちに使わないといけない量はどれくらいか?

以上の2点を、絶えずチェックする習慣を身につけるのがベストでしょう。

『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』まとめ

コストパフォーマンス抜群!特典が山積みのプラチナカードです!

Orico Card THE PLATINUM (オリコカード ザ プラチナ)券面画像『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』は、オリコが手間暇を惜しまずにプロデュースしたプラチナカード。審査を通ったら、平凡なクレジットカードには望めないサービスを使い放題となります! それにもかかわらず、年会費は20,000円程度しかかかりません。

プラチナカードなら、その2倍以上会費を取られても不思議ではないのに。コストパフォーマンスという観点では非常に優秀ですね。

実は、似たようなコストで間に合うプラチナカードがもう1枚あります。それは『MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費20,000円+税 ※条件付きで減額有り/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)です。アメックスを冠したプラチナカードです。

ライバルは「MUFGカード プラチナ・アメックス」!違いはお得度とステータス!

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス」の年会費は20,000円+消費税分。Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)は税込で20,000円ですから、ほとんど違いはありません。

この2枚のサービスが似通っていることは早くから指摘されてきました。国内外の数百におよぶ空港のラウンジに入れたり、いつ電話してもつながる有能なコンシェルジェがいたり、誕生日の月にポイント還元率が上がったりと、共通点は数え出すときりがないくらい多いです。

もちろん違いもあります。たとえば「無料で発行可能な家族カードは1枚だけ」「海外で使うとポイント還元率が常に2倍になるものの、1.0%にとどまる」「ホテルで優待を受けられるシステムがあるものの、値引き率は5%程度」と見劣りする点もあります。

現時点では、お得度では『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』が有利ですが、ステータスでは銀行系の「MUFGカード プラチナ・アメックス」のほうが有利な点が多いでしょう。

高還元率でポイントも稼ぎやすいハイステータスカード!年会費を取り返しましょう!

『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』の場合、飲食や宿泊、レジャー関係の施設で50~90%もの値引きを受けられる機会を持てますし、海外に行く場合でも、ただで入場しておもてなしを受けられるラウンジがたくさんあります。セレブや有名人のような待遇になれるチャンスが、出先にたくさんあるのです。

飲食・宿泊・飛行機・海外と、セレブの生活を満喫できます!

『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』のもうひとつのウリが、ポイント還元率が高くなる機会の多さです。近年は、ポイントの貯めやすさで有名だったスタンダードカードが相次いで、還元率が突然として低下しています。

そんな中で、プラチナカードでありながら『Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)』は、還元率が1.5~2.5%に上がる使い方が何種類も用意されているのです。それも、海外での使用や電子マネー経由の使用、ショッピングモールでの使用~と、簡単な使い方ばかり。どんどん使えば使うほど、年会費を早めに回収できるようになっているわけですね。

基本情報

入会資格 原則として年齢20歳以上でご本人に安定した収入がある方。
発行会社 オリエントコーポレーション
本社所在地 東京都千代田区麹町5丁目2番地1
創業 1951年3月15日
発行可能ブランド マスターカード
発行期間 3週間ほど
年会費 1年目 18,518円+税
2年目以降 18,518円+税
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム オリコポイント
ポイント還元率 1.0%~4.0%
ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めて12ヵ月後の月末
最低交換単位 500ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANAJAL
マイレージ還元率 1pt = 0.5~0.6マイル
最低交換単位 100ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー idquicpay

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円※一部利用付帯
傷害・疾病 最高300万円
携行品損害 最高100万円(免責3千円)
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 年間300万円(免責1事故1万円)
備考 海外・国内 航空機遅延保険、個人賠償責任保険、受託手荷物遅延・紛失保険ほか

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)でよくある質問