国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ピーチカード(Peach Card)ベーシック

ピーチカード(Peach Card)ベーシック
年会費 初年度:初年度無料
2年目以降:1,250円+税※条件付き無料
還元率 0.5%
発行日数 公式サイト参照
年会費 初年度 初年度無料
2年目以降 1,250円+税※条件付き無料
家族カード 無料
旅行保険 海外 最高2,000万円
国内 -
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー
国際ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行会社 三井住友カード株式会社
発行期間 公式サイト参照
  1. point1Peach Card会員限定の航空券セールがお得!ポイントも貯まる!
  2. point2ピーチポイントに交換!おトクに格安航空券を購入できる!
  3. point3年会費無料!Peach利用者のためのクレジットカード

ピーチカード(Peach Card)ベーシックとは?

ピーチカード(Peach Card)ベーシック画像

ピーチカード(PeachCard)ベーシックとは、関西国際空港を拠点とする格安航空会社Peach Aviationが三井住友カードおよびJCBと提携して発行しているクレジットカードです。
ピーチカードには5,000円(税別)の年会費がかかるプレミアムがありますが、ベーシックJCBは年会費無料、ベーシックVISAは初年度以降1,250円(税別)というようにリーズナブルに利用できるカードとなっています。

ピーチカード(Peach Card)ベーシックVISA/JCB共通のメリット

ピーチカード(PeachCard)の国際ブランドはVISAとJCBがあり、年会費やポイントの種類などが違います。
しかし、メリットは共通しているので、チェックしておきましょう。

Peach Aviationの就航路線をリーズナブルに使える

Peach Aviationなど格安航空会社では、航空チケット代金を支払う際に、支払手数料が発生します。
チケット自体が格安なので手数料がかかるのはしょうがないことですが、チケット1枚に対して600円の手数料がかかるため、たとえばチケットを2枚購入すると1,200円も払わなくてはいけません。
往復だと2,400円、家族4人のチケットを購入すれば4,800円もかかってしまうので、格安感も薄れてしまいます。

しかし、ベーシックであればピーチポイントを使って払えるのはもちろん、ポイントで払う場合は210円しかかかりません。
つまり、3分の1の手数料で済んでしまうので、Peach Aviationの就航路線をリーズナブルに使えるというメリットがあるのです。

会員限定の航空券セールで格安チケットをゲットできる

Peachでは定期的に航空券セールを行なっていますが、一般の人は購入できない会員限定の航空券セールも開催されます。
ベーシック会員は、年に2回のセールに招待されるので、格安チケットをゲットできるメリットがあります。

もちろん、一般の人も参加できるセールで購入することも可能ですが、競争率がかなり高いので、希望の日時の航空券はなかなか当たりません。
会員限定のセールであれば、競争率は大幅に下がりますから当たる確率もアップします。

機内食や空港での買い物が10%オフになる

Peach Card メリット
格安航空会社では、機内での飲食が基本的に有料となりますが、ベーシック会員であれば10%オフで購入できます。
Peachの機内食は、関西国際空港発着らしくたこ焼きがあったり、お腹に優しいけいはん雑炊があったりとバリエーションが豊富なので、短いフライトでもリーズナブルに食事が楽しめるのはメリットと言えます。

また、空港内の指定店舗でも10%オフの特典があるので、おみやげ代なども上手に節約できます。

素敵なプレゼントが当たる大抽選会に参加できる

ピーチカードでは、ベーシック会員向けに大抽選会を行なっています。
賞品は抽選会によって異なりますが、過去の一例として「長崎温泉 やすらぎ伊王島」や「汐湯 凪の音」などの宿泊券(1泊2名・朝夕食付き)などが当選者にプレゼントされました。
おまけ的なメリットですが、ベーシック会員になると、この抽選会に年1回参加できます。

Peachポイントが貯めやすい!

航空券セールに参加できるメリットの次にお得感を感じられるのが、ベーシック会員はPeachポイントが貯めやすいことです。
他社でもポイントが貯まりやすいクレジットカードはありますが、フライトに使えるポイントであればピーチカードの方がおすすめです。
ピーチポイントは、チケット代や飛行機利用に付随する税金、手数料など一部の支払いに使えるので旅行費用がお得になります。

入会特典で1,000ポイントもらえる

ベーシック会員になると、入会特典として1,000ポイントがもらえます。
1,000ポイントというと少なく感じるかもしれませんが、そもそもPeachの航空券はかなり安く、セールともなると2,000円台から購入できます。
上手く使えば、航空券の半分を入会特典ポイントで補えるので、1,000ポイントには相当な価値があるのです。

クレジット利用で貯めたポイントもPeachポイントに交換可能

ピーチカードのクレジット機能を使えば、VISAであればVポイント、JCBであればOkiDokiポイントが貯まります。
これらのポイントにはいろいろな交換先がありますが、その一つがピーチポイントです。
VポイントやOkiDokiポイントは、Peachのフライト関連に使えるピーチポイントに交換できるので、普段のお買い物や公共料金などの支払いでコンスタントにピーチカードを使うことで効率よくピーチポイントが貯まります。

ピーチカードベーシック VISA限定のメリット

ピーチカードVISAを発行しているのは三井住友カードなので、VISAブランドのベーシック会員になると、三井住友カードが提供しているサービスを利用できます。
VISAは、翌年度以降に1,375円(税込)の年会費がかかってしまいますが、その分充実したサービスを受けられるので、どちらのブランドにしようか迷っている方はチェックしておくといいでしょう。

VJトラベルデスクを利用できる

国内・海外パッケージツアーを、VJトラベルデスクを通して申し込むと、同伴者の分も含めて、最大5%の割引が受けられます。
提携しているのは、日本旅行「赤い風船」「クラブメッド」「JALパック」など大手の旅行会社ばかりなので、スケジュールに合わせたパッケージツアーを見つけやすいのも魅力です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの優待特典を受けられる

三井住友VISAカードは、USJのマーケティング・パートナーとなっています。
そのため、特典としてVISA会員だけがエントリーできる貸し切りパーティーなど優待特典を受けることができます。
JCBもマーケティング・パートナーですが、優待があるのは上位クラスのプラチナカード以上なので、USJの優待特典が欲しい場合はVISAにしておくのがベストです。

エアライン&ホテルデスクサービスが使える

エアライン&ホテルデスクサービスは、世界約690の航空会社の中から希望する航空チケットや世界各国のホテルをリザーブしてくれるサービスです。
インターネットであれば24時間予約を受け付けてくれますし、航空チケットやホテルのチェックインも、メールで送られてくるEチケットや予約確認書で手続きができるので、手軽にフリースタイルの旅行を楽しめます。

リボ払いを利用するとポイント還元率が0.5%から1%にアップ!

VISAのクレジットを利用すると、200円につき1ポイントがもらえますが、1ポイント=1円相当なので還元率は0.5%しかありません。
しかし、「マイ・ペイすリボ」に登録して利用をすれば、還元率は1%になります。
リボ払いは手数料がかかるのがネックですが、たとえば1ヵ月の利用額が50,500円だった場合、マイ・ペイすリボの支払額を50,000円に設定しておけば、手数料は500円の部分にしかかかりません。

毎月設定額を変更するのは面倒ですが、たくさんカードを利用した月だけリボ払いにすれば効率よくポイントを貯められます。

ピーチカード(Peach Card)ベーシックのデメリット

ピーチカードベーシックは、年会費が有料のプレミアムとほぼ同じサービスが受けられるのでメリットがたくさんあります。
ただし、デメリットもあるのでしっかりチェックしておきましょう。

VISAを選んだ場合は年会費がかかる

ベーシックの国際ブランドをJCBにすれば、年会費は永年無料となります。
しかし、VISAを選んでしまうと、初年度は無料ですが2年目から年会費がかかってしまいます。
その代わり、三井住友カードのサービスが利用できるメリットがあるものの、サービスを使わないのであればメリットにはならないので、国際ブランドを選ぶときにはサービスを活用できるかしっかりチェックしましょう。

Peachポイントは180日で失効する

Peachポイントはフライト関連の支払いに利用できる便利なポイントですが、有効期限は180日しかありません。
つまり、発行されてから半年以内に使わないと失効してしまうというデメリットがあるのです。
ANAやJALのマイルの有効期限は発行してから2年間となっているので、半年というのはかなり短いです。
ちゃんと覚えておいて使い切ればデメリットにはなりませんが、これだけ短いと旅行の計画を立てるのにも不便というのがデメリットになってしまいます。

ピーチカード(Peach Card)ベーシックVISA/JCBの違いを比較

クレジットカードの国際ブランドは特にこだわらない、という方も多いようですが、ブランドによってスペックに違いがあります。
違いによって使いやすさやお得感が変わってくるので、自分のライフスタイルや使い方にあったものを選びましょう。

年会費:VISAは有料、JCBは永年無料

前述していますが、年会費はJCBが永年無料、VISAは初年度だけ無料で翌年からは1,375円がかかります。
そのため、無料のJCBの方が魅力的に思えるかもしれませんが、JCBは海外傷害保険が付帯されない、「マイ・ペイすリボ」を利用する場合はVISAの方がポイント還元率が高いなどの違いがあるのでメリットとデメリットもしっかり考慮しましょう。

カード会社ポイント:VISAはVポイント、JCBはOkiDokiポイント

カード会社のポイントは、VISAがVポイントでJCBがOkiDokiポイントとなっています。
変換レートは、Vポイントが200円につき1Vポイント、OkiDokiポイントは1,000円につき1ポイントとなります。
どちらも、1ヵ月の利用額に対してポイント加算されるので、199円や999円の買い物分が切り捨てられるわけではありません。

海外傷害保険:VISAは付帯、JCBはなし

海外傷害保険は、VISAは最高2,000万円の補償が付帯されていますが、JCBは付帯されていません。
海外傷害保険が付帯しているクレジットカードを持っていればJCBでも問題ありませんが、他に持っていないのであれば、海外旅行の度に保険に加入する必要があります。

ショッピングガード保険:VISAはリボ払い限定、JCBは海外利用分のみ

ショッピングガード保険は、VISAにもJCBにも付帯されていて、それぞれ最高100万円までの補償を受けられます。
VISAは、国内の買い物でも海外の買い物でも補償対象となりますが、その代わりリボ払い・分割払い(3回以上)を利用していないと補償してもらえないので注意しましょう。
JCBは特に条件はないものの、海外での利用のみ対象となっているので、国内での買い物に関しての補償はありません。

ピーチカード(Peach Card)ベーシックまとめ

ピーチカード(PeachCard)は、JCBであれば無料、VISAでも1,250円(税別)とリーズナブルな価格でピーチポイントを貯められるお得なカードです。
プレミアムより航空券セールや抽選会への参加回数は少なくなりますが、それでもほとんど同じ特典内容が受けられて年会費が安い、というのは大きなメリットです。
クレジットカードですがポイントカード感覚で持てるので、Peach航空を利用される方であれば、作っておいて損はありません。

基本情報

入会資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
発行会社 三井住友カード株式会社
本社所在地 東京都港区海岸1-2-20
創業 1967年12月26日
発行可能ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行期間 公式サイト参照
年会費 1年目 初年度無料
2年目以降 1,250円+税※条件付き無料
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 初年度無料
2年目以降 500円+税(年間1回以上ETC利用で無料)

ポイント還元

ポイントプログラム ワールドプレゼント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 2年
最低交換単位 200pt

マイレージ

交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病 最高50万円
携行品損害 最高15万円(免責3,000円)
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 最高100万円※条件付き
備考

ピーチカード(Peach Card)ベーシックでよくある質問

ピーチカードの解約方法を教えてください

ピーチカードは電話で解約できます。
解約は提携しているクレジット会社で行なうため、VISAは三井住友カードFORYOUデスクに、JCBはJCBインフォメーションセンターに電話をして解約手続きを行なってください。

手持ちのピーチカードの裏面に、FORYOUデスクもしくはJCBインフォメーションセンターの電話番号が記載されています。
電話をするとオペレーターにつながるので、「解約したい」と伝えれば解約できますが、契約者本人でなければ受け付けてもらえません。

※ピーチカードは自動更新なので、解約する場合は自分で解約手続きを行なってください。

航空券セールに参加するための準備することはありますか?

セールに参加するには、Peachアカウントが必要となります。
また、Peachアカウントに登録するアドレスと、Peach CARDに申し込みをしたときのメールアドレスが同一である必要があります。

セール情報やセールの内容(路線や価格、購入方法等)は、カードに登録されたメールアドレス宛に送られてくるので、迷惑フォルダなどに振り分けられないように、「noreply@resmail.flypeach.com」からのメールを受取れるように、事前に設定をしておくことをおすすめします。

ピーチカードベーシックの審査は厳しいですか?

審査基準は三井住友カードとJCBで異なるため、一概に厳しい厳しくないということは言えませんが、過去(もしくは現在)に支払いの大幅な遅れや未払い、または債務整理や自己破産などの金融事故を起こしていなければ、基本的に審査は通ります。

ただし、同時に何社もクレジットカードの申し込みをしていたり、他社から多額の借入があったりする場合は通らない可能性があります。

航空券のセールはいつ開催されますか?

航空券セールは不定期開催となっているため、開催日に関しては送られてくるメールで確認するしかありません。
ただし、一般ユーザーを対象にした航空券セール情報は、メールマガジンや公式SNSでチェックできます。
メルマガや公式SNSに登録しておけば自動的に情報が送られてくるので、たくさんセールに参加したい方は事前に登録しておくといいでしょう。

カード会社のポイントをピーチポイントやマイルに交換するときのレートを教えてください。

交換レートは、VポイントとOkiDokiポイントで異なります。
・OkiDokiポイント(JCB)
ピーチポイント 1ポイント⇒5円分
マイル     1ポイント⇒3マイル分

・Vポイント(VISA)
ピーチポイント 1Vポイント⇒1円分
マイル     5Vポイント⇒3マイル分