国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 初年度:1,100円(税込)
2年目以降:1,100円(税込)
還元率 0.5%
発行日数 最短3営業日
年会費 初年度 1,100円(税込)
2年目以降 1,100円(税込)
家族カード 無料
旅行保険 海外
国内
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー nanacoidquicpay
国際ブランド アメリカンエクスプレス
発行会社 株式会社クレディセゾン
発行期間 最短3営業日
  1. point1各種ビジネスサイト限定で還元率2.0%!エックスサーバーやお名前.comで優待
  2. point2年会費1,100円(税込)追加カードは4枚まで無料!起業を応援するビジネスカード
  3. point3ニーズに応じた限度額設定!ビジネス・アドバンテージなど各種優待も充実

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンが発行しているアメックスブランドのカードで、設立間もないスタートアップ企業でも入会のしやすいビジネスカードとなっています。

年会費は1,100円と安い代わりにたくさんのビジネスに役立つ特典が付帯しており、おすすめの法人カードです。今回の記事ではそんなセゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードについて詳しく解説をしていきます。

セゾンコパルト

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード メリット

今回の記事ではセゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードについて紹介をしていきますが、まずはこちらのカードのメリットから見ていきましょう。

謄本も決算書も不要で申込出来る

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットの一つが、申込の際に謄本も決算書も不要な点です。

法人カードの場合は個人のクレジットカードと違って、審査の際には事業の収益性と安定性が重視されます。そのため審査書類に決算書が必要だったり、設立〇年以上などの条件が付くことが多いです。

しかしこのカードの場合は後ほど紹介をしているように、事業の業績よりも代表者個人の信用を重視しています。

そのため業績が赤字であったり、設立間もないスタートアップ企業でも申し込むことが出来ます。設立当初は事業が安定せず赤字決算になる企業が多いので、そのような会社でも申し込みが出来るのがこのカードの大きなメリットです。

ビジネスサービスが優待価格で利用出来る

ビジネスに役立つサービスが優待価格で利用出来るのもセゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットです。

会計・給与のクラウドサービスの「かんたんクラウド」が3ヶ月無料で利用出来たり、レンタルサーバーの「エックスサーバー」が初期設定費用無料で利用できます。

また、このカードは通常ポイント還元率が0.5%とあまり高くはないのですが、ビジネスに役立つ下記のようなサービス利用時にカード決済すると、還元率が何と4倍の2.0%になります。

  • クラウドワークス
  • Yahoo!ビジネスサービス
  • モノタロウ(事業者向けサイトのみ)
  • マネーフォワード

上記はほんの一部で、他にも複数の便利なビジネスサービスで還元率がアップする仕組みとなっています。

永久不滅ポイントが貯まる

カードの利用で常時0.5%のポイントが貯まる事は先ほども少し触れましたが、貯まるポイントが永久不滅ポイントなのもこのカードのメリットです。

カードのポイントは一般的に有効期限が2年程度となっている場合が多く、期限をうっかり忘れてポイントが無駄になってしまうケースは良くあります。

その点、ポイントの有効期限のないセゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、ポイントを無駄にすることがありません。

セゾンクラッセでポイントが貯まりやすい

セゾンクラッセとは、セゾンが展開しているサービスで、カードの利用に応じて★が貯まって行きます。

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの還元率は0.5%ですが、このセゾンクラッセを活用して最高ランクの★6にするとポイント還元率を2倍にできます。

法人カードはポイントの付かないカードもある中で、使い方次第では高還元率の1.0%にもなるのがセゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットの一つです。

海外の利用でポイントが2倍

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは海外でのショッピング利用の場合は、ポイント還元率が2倍の1.0%になります。海外での出張が多い企業にとっては、とても便利な特典と言えます。

先ほど紹介をしたビジネスサービスでのポイント4倍や、セゾンクラッセの活用、更に海外でのポイントが2倍など、このカードは法人カードとしては珍しくポイントが貯まる仕組みが満載です。

上手く活用することでポイントが貯まるので、法人の経費削減にも繋がるのはセゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード の大きなメリットです。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード デメリット

メリットに続いてデメリットについても紹介をしていきます。

アメックスなので使えない店もある

アメックスは世界でも有名な国際ブランドではありますが、VISAやMasterCardと比べるとシェアは高くありません。

そのため、海外では利用出来ない場合もあるので、VISAなどのサブカードも念のため用意はしておいた方が良いでしょう。

セゾンの発行するアメックスブランドのカードなので、当然ですが国際ブランドはアメックスしか選べません。

アメックスはJCBと提携をしているので日本国内であれば利用はまず問題ないですが、海外では利用出来ない地域や加盟店も多いので使えないケースもあります。

基本のポイント還元率は低い

ポイントが貯まる仕組みが満載なことは先ほども紹介をしましたが、基本のポイント還元率は0.5%とあまり高くありません。

ポイントが貯まりやすい仕組みも、特定のビジネスサービスの利用や海外利用に特化しているので、このあたりの利用が少ない場合はポイント還元の恩恵を受けることが出来ません。

カードの使い方によっては還元率が低くなってしまう点が、セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリットです。

旅行保険が付帯しない

年会費かかるカードでありながら、セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには旅行保険がいっさい付帯しません。

年会費が無料のカードでも旅行保険が付帯するカードも多数あるので、この点は他のカードと比較をした時に劣っていると言えます。

出張の多い企業にとっては、大きなデメリットです。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査基準・難易度

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 審査

メリット・デメリットでカードの概要が理解出来たら、次に気になるのが審査基準です。ここではセゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査基準について見ていきましょう。

設立間もない企業でも入会出来る

先程も説明をしたようにセゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは法人カードでありながら、入会申込の書類に謄本も決算書も不要です。

また、他の法人カードに良くある、「決算が黒字」や「設立〇年目以上」のような入会条件もありません。

そのため設立1期目からでも入会可能な、とても入りやすいのがこのカードの特徴です。

重要なのは代表者の個人与信

では、謄本も決算書も提出をしないで、どこを見て審査をしているかと言うと代表者の個人与信になります。

通常の法人カードの審査では、法人が行っている事業の収益性などが重視されますが、セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード の場合は代表者の属性面などを重視して、審査を行っています。

設立1期目の代表者であれば、給与などもあまり高くないケースも多いです。そのため、属性面よりも過去のクレジットヒストリーが重視されると言われています。

代表者が過去に金融事故を起こしていたり、大きな延滞などがあったりした場合は審査に通過するのは難しくなるでしょう。

逆に言えば代表者個人のクレジットヒストリーが良好であれば、法人の事業があまり良くなくても審査に通過する可能性が高いと言えます。

このようにビジネスカードでありながら、代表者の個人与信に重視した審査を行っているのでこのカードの特徴です。

審査スピードは最短3日

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査期間は最短で3日程度と、法人カードの中ではかなり審査スピードが速いのが特徴です。

個人のクレジットカードの場合が即日発行などを行っているカードも珍しくはありませんが、法人カードの場合は調査項目も多いことから審査には時間がかかるのが一般的です。

しかしこのカードの審査期間は他のカードと比べても優秀なので、急いでカードを発行したい場合のはおすすめです。

これも法人の業績よりも、代表者個人の与信を重視するセゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードならではの特徴と言えます。

まとめ|設立間もないベンチャーでも入会可能なビジネスカード

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード まとめ

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはセゾンが発行するアメックスブランドのビジネスカードです。

このカードの一番の特徴は法人カードでありながら会の際に謄本も決算書も不要な点で、業績が赤字の企業や設立間もないスタートアップ企業でも入会が可能です。

また、法人カードですが利用でセゾンの永久不滅ポイントが貯まります。

海外や便利なビジネスサービスでカードを利用すると更にポイント還元率がアップしたり、セゾンクラッセを上手に活用すれば最大で還元率は2倍の1.0%になります。

海外旅行保険が利用出来なかったり、国際ブランドがアメックスしか選べないというデメリットもありますが、便利なビジネスカードとなっていますので立ち上げ当初の方には非常におすすめです。

セゾンコパルト

基本情報

入会資格 個人事業主またはフリーランス、経営者の方(高校生を除く)
発行会社 株式会社クレディセゾン
本社所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
創業 1951年5月1日
発行可能ブランド アメリカンエクスプレス
発行期間 最短3営業日
年会費 1年目 1,100円(税込)
2年目以降 1,100円(税込)
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム 永久不滅ポイント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 無期限
最低交換単位 100ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANAJAL
マイレージ還元率 ANA:1ポイント→3マイル
JAL:1ポイント→2.5マイル
最低交換単位 200ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー nanacoidquicpay

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件
死亡・後遺障害
傷害・疾病
携行品損害
国内旅行傷害保険
ショッピング保険
備考

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでよくある質問

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの限度額を教えて下さい。

限度額は30~500万円となっており、実際の限度額は審査や利用履歴によって決まります。

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは個人事業主でも作れますか。

個人および個人事業主でも申し込みが可能です。引き落とし口座も法人、個人どちらでも設定が可能です。

セゾン コバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの解約方法を教えて下さい。

解約の手続きは下記の電話をすることで行えます。
0570-064-133(9:00~17:00)

社員用のカードを発行することは出来ますか?

本カードとほぼ同じ機能の追加カードを、最大で4枚まで発行可能です。