国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 初年度:22,000円(税込)
2年目以降:22,000円(税込)
還元率 0.5%~1.0%
発行日数 最短3営業日
年会費 初年度 22,000円(税込)
2年目以降 22,000円(税込)
家族カード 3,300円(税込)
旅行保険 海外 1億円
国内 5,000万円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー nanacoidquicpay
国際ブランド アメリカンエクスプレス
発行会社 クレディセゾン
発行期間 最短3営業日
  1. point1個人でも設立1年未満でも申し込み可能なビジネス・プラチナカード!
  2. point2年会費は格安の2万2千円(税込)!破格値で持てるアメリカン・エキスプレス・プラチナカード
  3. point3旅行保険が最高1億円!プライオリティ・パスで世界900以上の空港ラウンジが無料!

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとは?

個人でも申し込める法人プラチナカード

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像『セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』(以下、セゾン プラチナ・ビジネス・アメックスと記載する)は、法人向けのクレジットカードです。

そのため、会社経営者や個人事業主しか申し込めないと思っている方も多いかもしれません。しかし、実は一般の方でも持てるプラチナカードなのです。しかも国際ブランドは、アメリカン・エキスプレス。非常に貴重なカードです。

法人カードの申し込み条件が緩和!

リリース当初は会社経営者や個人事業主に限定されていたカードでしたが、現在は「ビジネスに携わる人で年齢25歳以上」というように申し込み条件が緩和されたため、一般の方でも申し込み可能となっています。

この事実は意外と知られていません。正社員や公務員はもちろん、フリーランスの方でも申し込みができるのです。

「永久不滅ポイント」が貯まりやすい!

セゾン プラチナ・ビジネス・アメックスには「永久不滅ポイント」というポイントシステムが用意されています。国内で使うと1,000円ごとに1ポイントですが、海外で使った場合は倍の2ポイントとなるのでポイントを貯めやすいのが特徴です。

また、専用ショッピングサイトのセゾンポイントモール(旧:永久不滅ドットコム)でカード決済をすれば、付与率が2~20倍になるためどんどんポイントが貯まります。

JALマイルを貯めるクレジットカードとしても活用できる

永久不滅ポイントはマイルに交換することもできますが、もっと効率よくマイルを貯める方法があります。SAISON MILE CLUBに登録してJALコースを選択すれば、わざわざ交換をしなくてもショッピングの利用金額に応じて自動的にマイルが貯まります。

1,000円ごとに10マイルが付与されるので、永久不滅ポイントは使わないという方でもマイル用のカードとして活用できます。

SAISON MILE CLUBの会員になるには、通常であれば追加で年会費4,400円(税込)を払う必要がありますが、本カードは無料で利用できます。

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

社会人であれば誰でも申し込める貴重なプラチナカード!

アメリカン・エキスプレス・カードロゴ表向きは法人向けとはなっていますが、『セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』の実態は社会人であれば誰でも申し込みができ、審査・発行してもらえるプラチナカードとなっています。

プラチナカードで求められる招待状(インビテーション)は必要なし

「プラチナカード」といえば、基本的には招待制です。通常はゴールドカードの利用状況などを考慮されて、招待状(インビテーション)が送られます。この条件はクレジットカード会社により様々ですが、基本的にプラチナカードのステータスに値する人だけに発行されるもので、いくら欲しいと思っても持てるではないのです。

しかしセゾン プラチナ・ビジネス・アメックスは招待がなくても申し込めるので、審査さえ通ればプラチナカードを持つことができるというのがメリットです。

追加カードは4枚まで可能!ETCカードは制限無し

セゾンカードのETCカード『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』では、個人会員であっても4枚までであれば追加カードを発行してもらえます。追加カードの利用分は、自分の利用分と合わせて一括支払いとなるため、社員や家族の立替払いや精算業務が不要になります。

また、ETCカードの枚数には制限がなく、もちろん無料で発行してもらえます。出張や営業などで高速道路を利用する場合、キャッシュレスで割引きも受けられるのでとても便利です。

プラチナのステータスはそのままで年会費が安い!

セゾン プラチナ・ビジネス・アメックスは、アメリカン・エキスプレス&プラチナカードのステータスはそのままで、年会費が非常に低く設定されています

例えばアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの場合、年会費は143,000円(税込)、プラチナカードと同クラスのダイナースクラブ・プレミアム・カードでは110,000円(税込)となっています。

そんな中にあって、セゾン プラチナは年会費が22,000円(税込)と破格の安さです。プラチナカードのクオリティはそのままで、費用は6分の1以下というのが人気の秘密です。

年間200万円以上利用で年会費半額になる

もう一つ注目したいのは、年間のカード利用額が200万円を超えれば、年会費が半額(11,000円(税込))になることです。

同じビジネスカードのプラチナクラスで、年会費が低いとして知られる『JCB・プラチナ・法人カード』が33,000円(税込)ということを鑑みれば、どれだけ年会費がお得になるかが分かると思います。

空港VIPラウンジのプライオリティ・パスが無料!

プライオリティパス『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』は年会費が安くても、プラチナクラスに見合った特典が付帯されています。

そのひとつが空港のVIPラウンジ利用のプライオリティ・パスが持てることです。プライオリティ・パスは、一般会員の場合は年会費が通常4万円近くするのですが、『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』であれば無料で利用できます。

プライオリティ・パス付帯クレジットカードの中でも最もお得な1枚

プライオリティ・パスは、世界120か国400以上の都市の空港VIPラウンジを、いつでも無料で利用できるパスです。慌ただしい空港ロビーから離れた優雅な空間で、出発までゆったりとした時間を過ごすことができます。さらに、24時間いつでも対応してくれるコンシェルジュサービスも付帯しているので、空の旅をしっかりサポートしてもらえます。ビジネスだけでなく、旅行などでも海外へ行く機会の多い方には特におススメの特典となっています。

永久不滅ポイントの還元率が高い!

永久不滅ポイント ロゴ『セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』はセゾンカードなので利用に応じて永久不滅ポイントが貯まります。この「永久不滅ポイント」は法人カードであっても利用できます。名前の通り有効期限の無いポイントプログラムなので必要なときに使えるのが魅力です。1ポイント=5円相当の価値があるため、国内ショッピング利用で0.5%、海外でのショッピング利用では2倍の1.0%という高還元率も魅力です。

マイル還元率最強の法人クレジットカード!

このマイルの高還元やプライオリティパスを始めとして空港を利用、特に海外出張をする方には最強のコスパで嬉しいサービスが多く存在している為、間違いなくおすすめ出来るカードです。

JALカード・アメックスとセゾン ゴールド・アメックスとの比較
カード名 還元率 年会費 メリット
セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス
100円=1.125マイル 22,000円(税込)
(年会費22,000円+セゾンマイルクラブ無料)
セゾンポイントモール経由で爆発的ボーナスマイル
セゾン ゴールド・アメックス
セゾン ゴールド・アメックス
100円=1.125マイル 15,400円(税込)
(年会費11,000円+セゾンマイルクラブ4,400円)
セゾンポイントモール経由で爆発的ボーナスマイル
JAL普通カード(アメリカン・エキスプレス・カード)
JAL普通カード(アメリカン・エキスプレス・カード)
100円=1マイル(通常の2倍) 9,900円(税込)
(年会費6,600円+ショッピングプレミアム3,300円)
JALカード特約店で100円=2マイル

国内旅行保険と海外旅行保険は最高1億円付帯している

『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』は法人向けでもセゾンカードなので、クレディセゾンの様々な特典が利用可能です。海外旅行傷害保険は最高1億円。国内旅行傷害保険も最高5,000万円が自動付帯となっています

年間300万円のショッピング保険や盗難保険、さらには不正利用防止機能であるオンラインプロテクションも付いてきます。もちろん自動付帯の保険なので安心です。

法人カードで唯一のApple Pay対応クレジットカード

apple pay『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』は法人カードの中では唯一Apple Payに対応しています。QUICPay(クイックペイ)加盟店で利用可能なため、電子マネーにも強い法人カードです。電子マネーが使えればコンビニなどや自販機での利便性が高くなります。

業務で役立つメンバー専用サービス「ビジネス・アドバンテージ」

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード付帯のビジネスアドバンテージクレディセゾンのビジネスカードメンバー向けサービス「ビジネス・アドバンテージ」は、経費削減に役立ってくれる会員限定の優待プログラムです。 事務用の備品やレンタカーをはじめ、各業界の企業がよく使う経費の支払いを、「優待価格」で利用できます。

セゾン プラチナ・ビジネスアメックスとセゾン ゴールド・アメックスを比較!

『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』と『セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』(以下、セゾン ゴールド・アメックスと記載する)のどちらを申し込むか迷われる方も多いと思います。どちらも一長一短があり、比較が難しい優れたカードだからです。

ただ、本人のみが利用するのであれば『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』がおすすめです。その理由は空港VIPラウンジの「プライオリティ・パス」が無料で付帯するからです。プライオリティ・パスは全世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるので、旅行やビジネスで海外に行くことが多い方にはお得な特典です。また、コンシェルジュサービスや国内旅行傷害保険も自動付帯します。

『セゾン ゴールド・アメックス』は家族特約が欲しい方におすすめ!

一方で、家族がいる方は『セゾン ゴールド・アメックス』がおすすめです。理由はVIPサービスが付帯しないものの、手荷物無料配送に加えて、家族特約があるからです。『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』の特典は本人のみが対象となるため、家族がいる方で旅行することが多い場合は、『セゾン ゴールド・アメックス』の方がおすすめなのです。

『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』と『セゾン ゴールド・アメックス』との比較表
クレジットカード名と券面画像 年会費 特典 利用できる人
セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス
22,000円(税込)
(200万円以上利用で年会費11,000円(税込))
国内旅行保険も自動付帯、空港VIPラウンジのプライオリティ・パス無料、コンシェルジュサービス 本人のみ
セゾン ゴールド・アメックス
セゾン ゴールド・アメックス
初年度無料
(年会費11,000円(税込))
国内旅行保険は利用付帯、国内空港ラウンジ無料、手荷物無料配送 本人+家族会員

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

初年度の年会費無料特典がない!

『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』は法人カードのため、『セゾン ゴールド・アメックス』と違って初年度無料の特典がありません。初年度から必ず22,000円(税込)の年会費がかかってしまいます。しかしその代わり、お仕事をバックアップする優待プログラム「ビジネス・アドバンテージ」やプライオリティ・パスが利用できるので、年会費がかかるとしても損をすることはありません。

ビジネス特化のため家族カードや手荷物配送の特典がない!

単身で世界を渡り歩くビジネスパーソンをイメージしているためか、家族カードへの特典がないのがデメリットとなっています。たとえば旅行保険は家族カードの会員は対象外となっています。また海外旅行の時の手荷物配送で送料がかかってしまうのもデメリットです。

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのまとめ

コストパフォーマンスが高いプラチナカード!

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像『セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』の年会費は22,000円(税込)です。一見高額に思えるかもしれませんが、プラチナカードの基準でみるとかなり安い年会費となっています。実際、この値段でプライオリティ・パスやプラチナ特典が付帯するクレジットカードはほとんどありません。この価格でプラチナカードが手に入るなら誰もが納得です。

個人向け最強法人カード!ビジネスマンにもおすすめ

『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』は個人事業主や自営業のフリーランサーでも作れるチャンスがあり、審査の面でも人気です。さらに法人カードでありながら、経営者でない社会人(正社員・公務員)でも申し込みができます。海外旅行傷害保険は最高1億円補償、海外利用でポイント2倍など、海外での利用特典が盛りだくさんなので、世界を股に掛けるビジネスパーソンにもおすすめです。

誰もが持てる可能性がある法人プラチナカード

アメックスの提携カードなのでステータス的には弱くなるものの、プラチナカードとしての特典や安い年会費を考えれば、破格の待遇のクレジットカードと言えます。審査難易度に関しては、一般のカードと比べると厳しくなりますが、ゴールドカードと同等の難易度なのでハードルは高くありません。正社員であれば十分に審査に通る可能性があるので、プラチナカードが欲しいという方はチェックしておくといいでしょう。

基本情報

入会資格 25歳以上の個人経営者・事業主の方(会社員でも可能)
発行会社 クレディセゾン
本社所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
創業 1951年5月1日
発行可能ブランド アメリカンエクスプレス
発行期間 最短3営業日
年会費 1年目 22,000円(税込)
2年目以降 22,000円(税込)
家族カード 1年目 3,300円(税込)
2年目以降 3,300円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム セゾン永久不滅ポイント
ポイント還元率 0.5%~1.0%
ポイント有効期限 永久
最低交換単位 100ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANAJAL
マイレージ還元率 1pt = 2.5~3マイル
最低交換単位 100ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー nanacoidquicpay

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 1億円
傷害・疾病 300万円
携行品損害 50万円
国内旅行傷害保険 5,000万円
ショッピング保険 300万円
備考 国際線航空機遅延・乗継遅延費用:最高3万円
国際線航空機寄託手荷物遅延費用:最高10万円

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでよくある質問

今持っているセゾンカードのポイントは移行できますか?

同一名義のカードで永久不滅ポイント対象のカードであれば、新しく作ったセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードにもセゾン永久不滅ポイントは合算されます。

※永久不滅ポイント対象のカードは、セゾンカードインターナショナルやセゾンゴールドカード、セゾンアメリカン・エキスプレス・カードシリーズなどがあります。

セゾンパール・アメックスから切り替えることはできますか?

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードはライフステージに合わせて切り替えが可能です。
現在利用しているカードがある場合は、カード番号をそのまま切り替えることができます。

※新規で申し込むことも可能ですが、その場合はカード番号も変わります。

法人口座の設定はWebでできますか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの法人口座設定の場合は、WEBで申し込むことはできません。
カードに同封されている口座振替依頼書に記入、捺印(金融機関お届け印)のうえ、返送してください。

Webで申し込んだ場合、カード発行はいつごろになりますか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、最短3営業日で発行されます。はじめてセゾンカードを申し込んだ場合は、本人限定受取郵便にて郵送となります。郵便事情により1週間~10日ほどかかる場合があります。

海外旅行保険の申請はどこにすればいいですか?

事故の通知については、病院に行く前に補償規定に記載されている海外メディカルヘルプラインに電話をする必要があります。
電話がつながったら、海外旅行傷害保険の対象カード会員であること、カードの種類、会員番号、出国日、日本の住所と電話番号、海外での連絡先を伝えてください。