国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

三井住友トラストロードサービスVISAカード

三井住友トラストロードサービスVISAカード
年会費 初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
還元率 0.5%
発行日数 約4週間
年会費 初年度 無料
2年目以降 2,200円(税込)
家族カード 無料
旅行保険 海外 2,000万円
国内 -
ETCカード 発行手数料 無料
年会費
電子マネー edy
国際ブランド VISAカード
発行会社 三井住友トラストカード
発行期間 約4週間
  1. point124時間365日のロードサービスが付帯したETC一体型のプロパーカード
  2. point2年会費は格安で初年度無料!ETC分は実質無料。ポイント還元率0.5%!
  3. point3海外旅行傷害保険は最高2,000万円!ショッピング保険も付帯!

三井住友トラスト ロードサービスVISAとは

三井住友トラスト ロードサービスVISAカード(以下、ロードサービスVISAカード)は、充実したロードサービスが付帯されているクレジットカードです。

ロードサービスが付いているクレジットカードは他にもありますが、内容を見ると、レッカー移動の距離に制限があったり、鍵開けは費用が発生したり、あまり頼りになりません。

このカードであればほとんどのトラブルを対処できるので、車に乗る頻度が高い方はもちろん、たまにしか乗らないからこそトラブルが心配という方にもおすすめです。

三井住友トラスト ロードサービスVISAカードのメリット

リーズナブルな年会費

ロードサービスVISAカードのメリットは、年会費がリーズナブルということです。

ロードサービスを提供しているJAFは、入会金と年会費を合わせると6,000円かかりますが、このカードであれば2,200円(税込)しかかかりません。
さらに、初年度は年会費無料なので、更新をしなければ実質無料でロードサービスが受けられます。

年1回の利用でETCカード年会費が無料になる

最近は、ETCカードでも年会費がかかるクレジットカードが増えていますが、ロードサービスVISAカードは年に1回以上ETCを利用すれば年会費が無料になります。

もちろん、ETCカードの利用額は関係ありませんし、1回だけの利用でもいいので無駄に年会費を払うことはありません。

ETCマイレージサービスでポイントが貯まる

ロードサービスVISAカードであれば、ETCカードの支払額に応じたポイントが貯まるETCマイレージサービスを活用できます。

貯まったポイントは無料通行分に交換可能で、通行料金の支払いに利用できます。

事前に、ETCマイレージへの登録が必要ですが、登録も年会費も無料なので、ETCを利用すればするほど高速道路をお得に使えます。

JAF不要の充実したサポートサービス

ロードサービスVISAカードの一番のメリットとも言えるのが充実したサポートサービスです。

一般のクレジットカードでもロードサービスを行なっていますが、このカードのサポートはJAFが不要というぐらい充実しています。

【緊急サポートサービス】
サポート サービス内容
バッテリージャンピング ケーブルを接続してエンジンをスタートさせる
キー開錠 一般シリンダーキーの開錠
ガス欠 現場で給油
レッカー移動 自走不能の場合、最寄りの修理工場へ搬送
パンク(タイヤ)交換 車両に積載されたスペアタイヤの交換
応急処置 故障・事故車の現場対応可能な応急処置(30分以内)
【帰宅・宿泊サポートサービス】
サポート サービス内容
レンタカーサービス 無料で24時間以内の利用可能
緊急宿泊費用サポート 宿泊施設の案内
同乗者を含め15,000円までの費用負担
帰宅費用サポート 代替交通手段利用の場合、同乗者を含め1人21,000円まで負担
車両搬送費用サポート 修理完了後の車両搬送サービスの手配
車両搬送費用を50,000円まで負担

これらのサービスを、24時間年中無休、専用フリーダイヤルで提供してくれます。
これだけのロードサービス機能が付帯されてるので、1回でも利用すれば年会費を払ってもまったく損をすることはありません。

海外でのアクシデントも海外旅行傷害保険で対応できる

ロードサービスVISAカードは車のトラブル対応に特化したカードというイメージがありますが、海外旅行傷害保険も付帯しています。
旅費をカード決済するというのが条件ですが、傷害死亡・後遺障害の場合、保険料不要で2,000万円まで補償してもらえるので、万が一の備えとして活用できます。

ワールドプレゼントポイントが貯まる!

ロードサービスVISAカードは、生活家電やキッチン用品、各種商品券などの景品と交換できるワールドプレゼントポイントが貯まります。
ワールドプレゼントの景品はとても豪華で、ルクルーゼやリファカラット(高級美顔器)、ダイソンなどがあるので、交換する楽しみができるのもメリットです。
現時点では利用金額1,000円ごとに1ポイント、5円相当の交換比率となっていますが、2022年4月からは利用金額200円ごとに1ポイントとなるので、カード利用が少ない方でもポイントを貯めやすくなります。

ポイントUPモールを使えば最大20倍のポイント還元!

三井住友トラストのカードは、「ポイントUPモール」というポイント優待サイトを利用できるのもメリットです。
このサイトを経由してネットショッピングをすると、最大20倍ものポイント還元が受けられます。
たとえば、モールを使わない場合は10ポイントしかもらえないショップでも、ポイント20倍のショップであれば、モールを通すだけで200ポイントがもらえるのです。
モール内のショッピングサイトは、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピング、楽天トラベルなど普段使いできるところばかりなので、いつもの買い物でポイントがさくさく貯まります。

事前登録するだけでいつものお店でポイントアップ!

もう一つ、ポイントを貯めやすくしてくれるのが、三井住友カードが提供している「ココイコ!」というサービスです。
「ココイコ!」と提携しているお店に、事前にエントリーをしてカード決済をすると、ポイントやキャッシュバックがいつもよりお得にもらえます。
「ココイコ!」が利用できるお店は、ココイコ!サイトから事前にチェックできますが、スマホアプリを入れておけばプッシュ通知で近くのお店を知らせてくれるので、利用を逃すこともありません。
利用できるお店は、ビックカメラや松坂屋、大丸や小田急百貨店、紀伊國屋書店など有名ショップばかりなので利用しやすいのもメリットです。

ポイント交換比率が高い!

普通のクレジットカードの場合、交換比率は1ポイント1円という等価交換が一般的ですが、ロードサービスVISAカードは交換比率が高いというのもメリットです。
【ポイント交換率】(一例)

【ポイント交換率】(一例)
ポイント移行先 ワールドポイント 移行先ポイント
ビックカメラ 1P 5P
楽天ポイント 1P 3.5P
nanacoポイント 1P 4P
T-point 1P 4P
dポイント 1P 5P
ANAマイル 1P 3マイル

1ポイント換算で見ると少なく感じるかもしれませんが、ポイントUPモールなど還元率が倍以上になるツールを活用すればポイントが貯まりやすいので、いつも利用しているポイントがあっという間に増えていきます。

カード不正使用検知システムで不正防止できる

ロードサービスを利用したくてカードを作るとしても、メインカードを他に持っている場合、使わずに置いておくのが不安という方もいるかもしれません。
ですが、ロードサービスVISAカードには24時間365日、カードのモニタリング(不審カード利用チェック)を行なうカード不正使用検知システムが導入されています。
このシステムがあれば、万が一不正使用があった場合でも、取引を保留して知らせてくれるので安心です。
普段使いしている場合でも、おかしな取引が見つかれば検知されるので、不正使用の心配はありません。

「One Time Pass」でネットショッピングも安心!

「One Time Pass」は、60秒ごとに新しいパスワードを表示するアプリで、ネットショッピング認証サービスに必要なパスワードとして利用できます。
表示されたパスワードは1回だけしか使えないので、ネットショッピングなどでカードが不正利用されることはほぼありません。

『三井住友トラスト ロードサービスVISAカード』のデメリット

通常のポイント還元率が低い

三井住友トラスト ロードサービスVISAカードには、ほぼメリットしかないのですが、通常のポイント還元率が低いというデメリットがあります。
カードを持つ目的がロードサービスメインであれば問題ありませんが、ポイントもしっかり貯めたいという場合は、還元率が低いためお得感は得られません。
しかし、通販でポイントUPモールを利用したり、公共料金や携帯電話料金など毎月の支払いをカードにしたりすればポイントも貯まりやすくなるので、使い方次第でデメリットを解消できます。

三井住友トラスト ロードサービスVISAカードのまとめ

車のトラブルは、ほとんどの場合自分で解決できませんが、だからといって起こるかどうか分からないトラブルのために年会費が4,000円もかかるJAFに入会するのはもったいない、と思う方も多いでしょう。
三井住友トラストロードサービスVISAカードであれば、年会費がかかるとしても、素敵な景品に交換できるVポイントが貯まりますし、充実補償の海外旅行傷害保険が付いているなどの特典に加え、充実したロードサービスが付帯するので1枚持っていると安心です。

基本情報

入会資格 満18歳以上(高校生を除く)で安定した収入のある方
発行会社 三井住友トラストカード
本社所在地 東京都港区芝3-33-1
創業 1983年6月
発行可能ブランド VISAカード
発行期間 約4週間
年会費 1年目 無料
2年目以降 2,200円(税込)
家族カード 1年目 無料
2年目以降 1,650円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 550円(税込)※条件付き無料

ポイント還元

ポイントプログラム ワールドプレゼント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 2年間
最低交換単位 100ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANA
マイレージ還元率 1pt = 1.5~3マイル
最低交換単位 100ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー edy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 2,000万円
傷害・疾病 50万円
携行品損害 15万円
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 100万円
備考

三井住友トラストロードサービスVISAカードでよくある質問

ロードサービスVISAカードの初年度年会費無料には条件がありますか?

本会員、家族会員ともに初年度の年会費無料に条件はありません。
新規入会者すべてに適用される特典です。
ただし、過去にカードを作ったことがある方の場合、再入会までの期間によっては無料にならないことがあります。

ロードサービスVISAカードの解約方法を教えてください。

カードの解約はサービスデスクでできます。
三井住友トラストカード サービスデスク
03-6737-0800(受付時間 9:00~17:00<土・日・祝日・12/30~1/3休>)
ただし、解約と同時にポイントはすべて無効となるので、残っている場合はすべて使ってから手続きをしてください。
また、ETCカード・家族カードも同時に解約となります。

※ETCカードを解約しても、ロードサービスVISAカードは解約になりません。

ポイントで交換できるワールドプレゼントはどこで確認できますか?

ワールドプレゼントの景品は、インターネットサービス「Vpass」で確認できます。
また、景品カタログもあるので、カタログを請求すれば1週間程で送られてきます。
カタログの請求は「スマートダイヤル24 0120-900-911」(自動音声応答)もしくは、「Vpass」ログイン後、「インターネットから資料請求」をクリックしてください。

※「Vpass」を利用するにはVpassログインが必要です。

ロードサービスVISAカードに入会するにはどうしたらいいですか?

三井住友トラスト・カードホームページの「カードラインナップ」から「ロードサービスVISAカード」、「新規カード入会申込み」をクリックするか、サービスデスクに電話をして申込用紙を請求してください。
三井住友トラストカード サービスデスク
03-6737-0800(受付時間 9:00~17:00<土・日・祝日・12/30~1/3休>)
入会条件は、「18歳以上で安定した収入のある方」となっていますが、学生でも親権者の同意があれば申込みができます。
また、専業主婦でも申し込めます。

ロードサービスVISAカードを実際に使っている人の口コミを教えてください。

仕事や私用で車を運転する頻度が高い、もしくは車トラブルの対応に自信がなかったり、初心者で不安だったりするなど、ロードサービス目的で入会している方が多いですが、実際にサービスを利用しなくても、いざというときに頼れるという安心感で高い支持を得ているようです。

また、ロードサービスだけでなく、クレジット機能や電子マネーなどプラスαのスペックがある便利さも評価されています。