クレジットカードの審査

クレジットカードの発行には審査があります。クレカを申し込めば誰でも発行してもらえるわけではありません。審査基準は会社の違いやカードの種類によってもさまざまですが、ここでは審査を通るのに欠かせないポイントをご紹介します。審査通過のための基本は、信用情報(クレジットヒストリー)を積むこと、属性に見合ったクレジットカードに申し込むことです。

クレジットカードの申込み審査イメージ

デビットカードなど特殊なカードを除き、一般的なクレジットカードを作りたいときには「審査」が必ず行われます。いざクレジットカードを作る際に、審査についてよく理解していなかったことが原因で審査落ちしてしまってはショックですよね。

ここでは、クレジットカードの「審査」について、一般的な審査基準や審査の流れ、審査への対策などを解説いたします。審査についてしっかり理解を深め、自信を持って審査を受けられるようにしましょう。

クレジットカードの申込で審査が行われるのはなぜ?

クレジットカードの申込みを審査する女性クレジットカードの申し込み時に、なぜ審査をわざわざ行うのか不思議に思う方もいるのではないでしょうか。クレジットカードの審査は、単純に表現すると「本当にこの人を信用してお金を貸しても大丈夫か」を判断しています。

極端に言えば、いくつもの金融機関でお金を借りて踏み倒しているような信用のない方にお金を貸して、「貸し倒れ(貸したお金が返ってこないこと)」が起きないようにするため、審査を設けているということです。

このことから、クレジットカードのステータス性や対象としているターゲットにもよりますが、ある程度の安定した収入があり、クレジットカードの返済などをきちんと行えている「信用力」のある人は、多くのクレジットカードの審査に強いと言えます。

クレジットカードの主な審査基準とは?

クレジットカードの種類や発行会社は様々ですが、審査の難易度に差はあれど、基本的な「審査基準」つまり「見ているポイント」はざっくりいってしまえばほとんど同じです。

クレジットカード業界では、この基準を「3C」と表現することが多くあります。3Cの具体的な内容は、以下の通りです。

  1. Capacity(返済能力)
  2. Character(性格)
  3. Capital(資産)

1.Capacity(返済能力)

Capacity(返済能力)は、返済能力という言葉そのままに、申込者にお金を貸した時にきちんと返済できるだけの能力、つまり収入があるかということを見ています。 最低限、ある程度安定した収入が本人、もしくはクレジットカード会社によっては配偶者や家族にあるというのがクレジットカードを発行してもらうための第一条件で、返済能力が全くないと判断されるとクレジットカードの審査に通るのは難しくなります。

具体的には、年齢や職業、勤続年数、勤務先情報、年収などを申し込み時の情報から確認しています。クレジットカード会社は、申し込み情報から収入の安定性や主な収入源を確認することで、「返済能力があるかどうか」を見ていきます。

2.Character(性格)

南国でバカンスする人Character(性格)とは、一般的に言う「性格」とは異なり、信用取引(お金を借りて期日までに返済する、信用に基づいて行われる取引の総称)に関する申込者の傾向のことを指しています。

すでに持っているクレジットカードがあれば、そのカードをしっかり使って、返済も滞りないような方は「良い性格」として審査に通りやすくなりますが、逆にクレジットカードなどの返済を滞らせている、金融事故(長期延滞、自己破産など)を起こしているような場合は「悪い性格」とされ、審査落ちの対象になります。

この「性格」を判断するための信用取引に関する情報は、詳しくは後述いたしますが、日本に3つある「信用情報機関」に登録されています。クレジットカード会社は、信用情報機関に「信用情報(信用取引に関する履歴)」を照会して、信用取引に関わる性格を判断します。

信用情報が「ない」場合も注意が必要!

信用情報が良い場合、悪い場合を例に挙げましたが、意外に注意しなくてはいけないのが30代以降でも信用情報、つまりクレジットヒストリー(クレヒス)に履歴が全くない方です。

今まで現金主義で、全くお金を借りたことのない方でもクレヒスは全く残りませんが、一度金融事故を起こし、情報の保存期間が過ぎて事故履歴が消えた方も、金融事故以降は基本的に信用取引が行われなくなるため、同じくクレヒスが「真っ白状態」になっています。

クレジットカード会社にはどちらのタイプか判断がつかないため、リスクを負わないためにも、クレヒスが全くない方に対しては審査を厳しくするケースもあります。

3.Capital(資産)

金の延べ棒この項目は前の2つ「Capacity(返済能力)」、「Character(性格)」よりは重要度が下がりますが、持ち家の有無などいざという時の「担保」となるものがあるかをチェックする項目です。

一般的には賃貸よりも持ち家のほうが「担保」があるということで審査に通りやすくなりますが、賃貸に住んでいるからといって審査にマイナスになることはありません。

今は賃貸に住んでいる方も多いため、あくまでも持ち家だと「少し有利になる」程度と捉えてください。持ち家が無くても、返済能力が十分あり、クレヒスも良好であれば全く問題はありません。

クレジットカードの申込み審査会議

クレジットカード審査の流れを徹底解説!

クレジットカードの審査は何を判断し、ざっくりとどんな基準で見ているかを解説したところで、実際の審査の流れがどうなっているか見ていきましょう。

  1. クレジットカードの申し込み
  2. スコアリングで点数づけ
  3. 信用情報機関でクレヒスを確認
  4. 申し込み内容の確認
  5. 社内審査、発行

1.クレジットカードの申し込み

まずは審査が始まる前に、クレジットカードの申し込みが必要ですよね。クレジットカードの申し込みは、郵送か店頭、最近ではインターネットを通じてクレジットカード会社のホームページへ直接申し込む形が主流です。

申し込みの形態によって審査の通りやすさは変わりませんが、審査からクレジットカード発行までのスピードは影響を受けます。

店頭申し込みをすれば、最短即日発行も可能(仮カード含む)ですが、郵送では、まずクレジットカード会社に届くまでに日数が必要なので遅くなりがちです。インターネット経由の申し込みは、スコアリングが早く済むことから、郵送などと比べるとカード発行までスピーディに行われることが多くあります。

ここでの注意点は、申し込み情報を正確に書く、もしくは入力することです。せっかく申し込みをしても、内容の不備で審査に落とされてしまってはいけませんので、よく内容の確認をしてから申し込みましょう。

2.スコアリングで点数づけ

最近のクレジットカード審査では、「スコアリング」という審査システムが主流です。

申し込み情報をもとに人の目で一つ一つの項目を確認していると、申し込み数が多い時には膨大な時間がかかってしまいますが、その時間や手間を軽減するため申し込み内容を機械的に「点数」づけするのが「スコアリング」です。

インターネットからの申し込みでは既に情報がデータ化されているので、この「スコアリング」がスムーズに済んで審査結果が早く決まるケースも多くあります。

スコアリングの一例を挙げると、勤務先の従業員数が10人未満なら何点、100人以上で何点、というように点数はつけられていき、年収や雇用形態、年収など各項目の点数の「合計点」で次の審査に進めるかどうかが決まります。

たまにスコアリングの合計点を良くするために「虚偽」の申告をする方がいるようですが、そういった嘘はすぐに見抜かれて信用を落とすか、最悪の場合「犯罪」として大ごとになってしまう可能性も十分に考えられます。くれぐれも、申し込み内容に嘘はつかないようにしてくださいね。

スコアリングで見られる項目は?

スコアリングでの配点はどうなっているかは各社異なりますが、見ている項目は共通していることがほとんどです。一般的にスコアリングでよく見られている項目は、次の通りです。

  • 勤め形態、雇用形態(正社員、パート、会社経営、自営業、無職など)
  • 勤続年数(長いほど安定性があると判断され、有利)
  • 年収(多いほど有利、ただし例外あり)
  • 居住年数(長いほどよい)
  • 他者借り入れ状況(一般的に少ない方がよい)
  • 電話(固定電話>携帯電話 で評価が高いが、それほどの差はなし)

基本的には、安定している勤め形態(正社員、公務員など)のほうが点数は良く、パート、アルバイトなどの雇用形態ではカードによって作りにくくなってしまいます。

また、年収については勤続年数や、特に個人事業主や会社経営者の場合、経営年数が短い(3年以内など)にも関わらず年収が多すぎると、場合によっては信用してもらいにくいことも考えられますので、年収を証明するものが必要になった時のために準備しておいた方がよいでしょう。

3.信用情報機関でクレヒスを確認

スコアリングに通った場合は、続けて信用情報機関へクレヒスの照会を行い、信用情報に問題がないか、お金を貸しても良いだけの信用力があるかをチェックします。

先述したように、信用情報はクレジットヒストリー、略してクレヒスとも呼ばれており、クレジットカードの利用・返済やローンなどの「信用取引」に関する履歴を記録したものです。

クレジットカードを定期的に利用して延滞なくきちんと返済しているような「良いクレヒス」ですと、審査にかなり有利になります。

逆に、長期延滞や自己破産などでクレヒスに傷がついている状態、いわゆる金融事故の履歴が残っている状態では、信用できないと判断され審査に落とされてしまいます。

信用情報機関とは?詳しく解説!

信用情報機関と言われてもいまいちピンとこない方も多いと思いますので、詳しく解説していきます。

信用情報機関とは、正式には「個人信用情報機関」ですが、一般的には個人の部分を省いて「信用情報機関」と呼ばれるケースがほとんどです。日本には、次の3つの信用情報機関があります。

  • CIC …(株)シー・アイ・シー(CIC)
  • JICC …(株)日本信用情報機構(JICC)
  • JBA … 全国銀行個人信用情報センター

この3つの信用情報機関のうち、CICとJICCはクレジットカードのキャッシング利用に関係する「貸金業法」において国から指定を受けている信用情報機関で、さらにCICはクレジットカードのショッピング利用に関係する「割賦販売法」においても、国から指定信用情報機関とされています。

つまり、クレジットカードはショッピング利用、キャッシング利用いずれも関係してきますので、クレジットカードに関わるクレヒスは全て「CIC」、「JICC」に登録されるということになります。

CICとJICCは「FINE(ファイン)」と呼ばれるネットワークで信用情報の共有を行なっており、一見クレジットカードと関係のなさそうな「JBA」は「CRIN(クリン)」と呼ばれる3つの信用情報機関のネットワークで信用情報を共有しています。

このことから、クレジットカードの申し込み時にJBAに登録されている「銀行」などでの信用情報の傷も共有されてしまい、審査落ちの対象になることもありますので、いずれの情報機関に登録されている情報でも審査に関わってくるということを覚えておきましょう。

4.申し込み内容の確認

クレヒス上にも問題がなかった場合には、申し込み時に申請された情報が本当に間違っていないか、虚偽はないかなどの確認を行います。

申し込み内容の確認として最も有名なのが「在籍確認」で、会社員の場合は勤務先に電話連絡で在籍の確認を、個人事業主などの場合は自宅、もしくは携帯電話などに実際の仕事内容やきちんと事業をしているかなどの確認が行われます。

ここで嘘が見つかった場合は、審査に落ちることはもちろん、その後同じクレジットカード会社でのカード発行は難しくなると言えるでしょう。

軽微な間違いがあった場合は再確認してもらえるケースも考えられますが、そうでないケースもありますので、ミスのないように申請するのがベストです。

5.社内審査、発行

支払い能力や信用情報、申請内容に問題がないと判断されたら、最終段階として「与信枠」を決める社内審査が行われます。

与信枠とは、「信用してお金を貸すことができる金額」のことで、支払い能力が高く、クレヒスも良好な場合は与信枠が大きくなり、逆に支払い能力やクレヒスが弱い場合は与信枠が小さくなります。

既に作成されているクレジットカードの利用限度額も含めた「与信枠」ですので、クレジットカードを複数所持している場合は、信用力が高くても利用限度額の低いカードしか発行されないこともありますので、覚えておきましょう。

少し分かりにくいので具体的な数字をあげて解説すると、例えば与信枠が「200万円」と設定されても、既に持っているクレジットカードの利用限度額の合計が200万円に達していると、新たにカードを発行することが難しくなるか、少額の利用限度額でしか発行されないということです。

社内審査が無事終了したら、与信枠に基づいて決められた「利用限度額」を持つクレジットカードが手元に送られてきます。

クレジットカードの審査に通るための対策2つ!

クレジットカードの審査の基準や流れが分かったところで、審査に通るためにできるどのクレジットカードの審査でも効果がある対策を2つご紹介いたします。

  1. 多重申し込みをしない
  2. 不必要なクレジットカードの解約

1.多重申し込みをしない

クレジットカードの申し込み情報は、情報機関で共有されており、クレジットカード会社が信用情報を照会した時に確認する項目の一つです。

ここでいう多重申し込みとは、短期間の間に3枚以上など複数のクレジットカードに申し込む行為のことですが、クレジットカードが急いで欲しい時などについやってしまう方がいます。

審査時に「多重申し込み」が発覚すると、クレジットカード会社としては、短期間に何枚もクレジットカードが必要なほどお金に困っている可能性を考えるため、貸し倒れを防ぐために審査に落とすことがあります。

どんな時でも目的のカードは「1枚ずつ」、できるだけ「半年(カード申し込み履歴が残っている期間)以上期間をあけて」申し込むようにして、誤解を受けないようにしましょう。

2.不必要なクレジットカードの解約

クレジットカード審査の「与信枠」について審査の流れの解説時に触れましたが、与信枠を圧迫しないためにも、既に所持しているクレジットカードの中で「不要」と判断したものは、新たなカードの申し込み前に解約しておくのがおすすめです。

繰り返しになってしまいますが、審査で決まる与信枠は、既に持っているクレジットカードの利用限度額も含めた「与信枠」ですので、不要なカードが何枚もあると、与信枠の残りが少なくなってしまい、そのせいで新たに発行されるクレジットカードの利用限度額が低くなってしまう、もしくはカードの発行そのものが厳しくなってしまうことも考えられます。

新しいクレジットカードを申し込む前に、既に持っているカードの中で使っていないものがないかを再確認し、あれば解約をしておくと審査に通りやすくなります。

審査の仕組みを理解してクレジットカードを発行しよう

クレジットカードには審査はつきものですが、審査を受ける前におおよその審査基準や審査の流れなどを知っているだけでも申し込み時の不安が解消されます。

ここでは、審査基準や流れだけではなく、審査に通りやすくなるためのちょっとした対策までしっかりとお伝えいたしましたので、ぜひ新たなクレジットカードを発行する際の参考にし、自信を持って審査に臨めるようにしてくださいね。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP