18歳でもクレジットカードは作れる!審査通過の条件と未成年におすすめのクレジットカードまとめ

18歳の誕生日からクレジットカードは発行できる!

「クレジットカードは二十歳になってから作ればいいか……」と考えている学生さんがけっこういます。これは非常にもったいないです。学生だからこそクレジットカードを作るべきだからです。学生という立場は実はクレジットカードから高く評価される傾向があり、この時期にこそクレジットカードを作っておくべきです。

仮に高校卒業後、すぐに社会人になったとしても、できるだけ早めにクレジットカードを作っておくべきです。様々な手続きにクレジットカードは必須となっていますし、特にネット関係は無いと致命傷になります。また最近は若い人だけが使える、特別なクレジットカードも少なくないからです。

どんなカードを選べば良いのかわからなくても大丈夫。私が18歳でも作れる5つのおすすめクレジットカードを選びぬきましたので、ぜひ参考にしてください。

18歳~19歳でもクレジットカードは作れます!

20歳以下でもクレジットカードは作れます。未成年向けのクレジットカードが用意されています

「クレジットカードは成人しないと作れない」というイメージをお持ちの方は多いかと思いますが、実はクレジットカードの大半は、18歳~19歳の未成年の方でも作れます。審査のハードルも高くはなく、履歴によほど何がない限りは問題なく合格できるレベルです。

最近は独自の特典がついた若い人向けのクレジットカードも少なくありません。例えば18歳~25歳限定の「三井住友VISAデビュープラスカード」は、一般カードに相当する「三井住友クラシックカード」と比べてポイント2倍、入会後3ヶ月間はポイント5倍という超優れものです。

18歳~19歳向けのクレジットカードは好スペックのものが多い!

少子高齢化が進む昨今、多くのクレジットカード会社にとって若い人は将来貴重な上客になる可能性を秘めた存在です。そうした貴重な存在を早いうちから囲っておくために、様々な優遇を行っているわけです。

ただし、当然ながら、18歳以上ならどのクレジットカードでも作れるというわけではありません。学生には学生カードが用意されていますし、選ばれたクレジットカードだけが発行可能です。

18歳~19歳が持つべきクレジットカード3選

18歳で持てる!一番人気の三井住友VISAカード

学生なら絶対にお得!海外で5%キャッシュバック

ネット限定で申し込める!1%還元のJCBカード

18歳~19歳がクレジットカードを作るための「5つの条件」

未成年がクレジットカードの発行審査に通るための最低条件

18歳や19歳で持てるクレジットカードは好スペックのものが多いです。しかし審査基準も様々。クレジットカード会社は支払いを滞納したり、意図的に踏み倒そうとしたりする客は最大限回避したいと考えており、そのために幾つかの条件を提示しています。

未成年がクレジットカードを作るための条件
  • 高校生ではない
  • 親権者の同意を得ている
  • 連絡可能な連絡先を保有している
  • 身分証明書を保有している
  • 学生、もしくは社会人である

細かい条件の内容はクレジットカード会社やカードの種類によって異なりますが、ほぼすべてのクレジットカードに共通する条件として以上の5つが挙げられます。

高校生ではない

18歳~19歳であっても、高校生である限り、クレジットカードを作ることはできません。大学生ほどバイトもしておらず、自制心も十分に育ちきっていない高校生にクレジットカードをもたせるのはリスクが高い、とカード会社が判断したためと思われます。

ただし、例外的に海外での仕様を前提とした家族カードの場合は高校生でも作れることが多いです。家族カードは本会員の家族が作れるクレジットカードです。例えば両親のどちらか一方が本会員である場合、高校生の子供も家族カードが作れることがあります。

親権者の同意を得ている

18歳~19歳の方がクレジットカードを申し込む場合、親権者の同意を得ることがほぼ必須の条件となっています。例えば先程少し触れた三井住友VISAデビュープラスカードの入会資格の欄にも「未成年の方は親権者の同意が必要です。」という記載があります。

嘘をついても電話で確認されるので無駄です

クレジットカード会社は審査の際に親権者に電話をするため、「同意を得た」と嘘をついてもバレます。偽の親権者を用意したことがバレた場合、強制退会やブラックリスト掲載の危険があります。親権者には必ず正直に話しましょう。

連絡可能な連絡先を保有している

クレジットカードを作る際には本人確認が行われます。本人確認には通常電話が使われます。申込みの際に自宅の固定電話と携帯電話番号の少なくとも一方を記載することになりますので、どちらに連絡してほしいか、予め考えておきましょう。

身分証明書を保有している

クレジットカードの審査の際には必ず身分証明書が求められます。運転免許証、健康保険証、学生証などを予め用意しておきましょう。

学生、もしくは社会人である

18歳~19歳であっても、無職(浪人含む)の場合はクレジットカードを作れません(20歳以上であっても同様です)。大学生や専門学生などの「学生」であるか、もしくはアルバイトや正社員として働いていなければなりません。浪人生であってもアルバイトをしていれば審査に合格する可能性があります。

18歳からクレジットカードを作っておいた方がいい理由

学生カードや未成年も申し込めるクレジットカードは成人とは別の審査基準!取得ハードルが低い

「クレジットカードは大人になったら作ればいい。わざわざ若いのうちから作る必要はない。」と考えている方は少なくないかと思います。しかし、当サイトでは18歳~19歳の若い方、とくに学生の方には今のうちにクレジットカードを作っておくことをおすすめします。理由は簡単で、将来もっとクレジットカードが作りにくい立場になるかもしれないからです。

学生や未成年の社会人向けに作られてるから意外と作りやすい

今実際に学生として過ごしている方は実感がないかと思いますが、実は「学生」という肩書はとても社会的な信用が高いです。どのクレジットカード会社も、学生という肩書があれば大抵の場合審査に通してくれます(あくまでも学生向けカードに限ればですが)。有名大学ともなればなおさらです。若い人向けのクレジットカードを作ることなど、造作も無いでしょう。

しかし、もし将来無職やフリーターになってしまった場合、クレジットカードそのものが作れなくなってしまう可能性があります。そうしたときに「あの時クレジットカードを作っておけば……」と公開しないためにも、若いうちからクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

18歳~19歳でもクレジットカードを作るための「2つの秘訣」

クレジットカードには審査があります。審査に合格するためには、以下の2つのポイントを抑えておくと良いでしょう。

審査難易度が低いとされているクレジットカードに申し込む

クレジットカードの審査難易度はまちまちです。若いうちから審査難易度の高いハイクラスのクレジットカードを作るのはまず無理です。必ず若い人向けと明言されている、審査難易度が低いものに申し込むようにしましょう。具体的にどのクレジットカードがおすすめかについては後述します。

キャッシング機能はつけない

クレジットカードには、任意でキャッシング機能という独自の機能を追加できます。キャッシングとは簡単に言えば、クレジットカードを使ってお金を借りる機能です。一度審査に合格すれば、追加審査無しでキャッシング枠の範囲で自由にお金を借りられます。

キャッシング機能をつけようとすると審査難易度が高くなる上、金利も高いので使用はおすすめしません。必ずキャッシング枠は0円にして申し込みましょう。必要な場合は、十分な年収が得られるようになってからキャッシング枠を申し込むようにしてください。

18歳~19歳に人気のクレジットカード5種類を徹底比較!

18歳から19歳の方でも簡単に審査に通るクレジットカードを全部で5つ紹介いたします。

18歳~19歳向けクレジットカード一覧
カード名 ステータス 還元率 審査難易度 年会費
三井住友VISAデビュープラスカード券面画像
三井住友デビュープラス
高い 1.0% 標準 初年度無料、2年目以降1250円(前年1回以上の利用で無料)
JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】券面画像
JCB CARD W
高い 0.5% 標準 無料
学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
普通 0.5%(誕生月1.5%) 低め 無料
MUFGカード イニシャルカード
MUFGイニシャルカード
高い 0.5% 標準 学生無料、社会人は初年度無料、2年目以降1250円(年20万円以上の利用で翌年無料)
楽天カードの券面画像
楽天カード
低い 1.0% 低い 無料

三井住友デビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカード券面画像三井住友デビュープラスは、18歳~25歳だけが作れるクレジットカードです。高めの基本ポイント還元率、三井住友というブランドに加えて、ショッピング保険も付帯するなど、総じて隙のないクレジットカードとなっています。

入会して3ヶ月以内はポイント還元率が2.5%になるため、最初からガンガンクレジットカードを使ってみたいという方向けです。年会費は初年度が無料、2年目以降は1250円ですが、前年1回利用すれば年会費無料になります。

なお、三井住友デビュープラスカードを持ち続けた場合、26歳以降始めてくる更新の時にプライムゴールドカードに自動で切り替えられます。プライムゴールドカードは20代向けの優れたゴールドカードですが、年会費は5000円と有料なので注意が必要です。

JCB CARD W

JCB CARD W/JCB CARD W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】券面画像JCB CARD Wは、18歳~39歳だけが作れるクレジットカードです。基本ポイント還元率は三井住友デビュープラスと同じ1%! いまJCBで最も人気のクレジットカードと言えるでしょう。

お申し込みはインターネット限定なので、新世代のためのクレジットカードとも言えそうです。

こちらは優待店(スターバックス、セブンイレブン、Amazonなど)利用時にポイントが大幅アップします。高いブランド力に加えてセキュリティも充実しており、三井住友デビュープラスと並ぶ主用な候補となるでしょう。

申し込みは18歳から!生涯年会費無料で持ち続けられるJCBカード

なお、JCB CARD Wは、発行のみ39歳までですが、40歳を超えても持ち続けることができます。『JCB CARD EXTAGE』のように初回カード更新時(5年後)に『JCB一般カード』に自動で切り替えられることもありません。この点もメリットです。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード学生専用ライフカードは、その名の通り18~25歳までの学生だけが作れるクレジットカードです。基本ポイント還元率は0.5%とここまで紹介してきたクレジットカードと比べると多少劣りますが、海外利用時のポイント還元率が5%と非常に高い上、ポイントではなく直接現金でキャッシュバックされるので非常にお得です。

学生専用の問い合わせ窓口が遭ったり、携帯料金をクレジットカードで支払うと抽選でAmazonギフトが当たったりといったような独自のサービスも多く、上記のクレジットカードとは違った魅力があります。

卒業後も更新期間が来るまではカードを使い続けられますが、卒業してしまうと大半のサービスが受けられなくなってしまいます。あくまでも学生期間中だけ使えるものと割り切ったほうが良いでしょう。

MUFGイニシャルカード

MUFGカード イニシャルカードMUFGイニシャルカードは、18歳~29歳の学生、及び社会人だけが作れるクレジットカードです。基本ポイント還元率は平凡ですが、自動付帯の海外旅行封建が非常に充実しています。使用頻度が高い傷害や疾病、携行品損害なども対象になっています。ショッピング保険も充実しており、ポイントよりもサービスを求める人向けの1枚と言えます。

楽天カード

楽天カード楽天カードはお買い物用のクレジットカードとして大変人気のあるクレジットカードです。基本ポイント還元率が1.0%と高く、楽天ブックスや楽天トラベルなどのサービスと組み合わせるともらえるポイントがさらに高くなります。

カードとしてのブランドは正直低いほうかと思いますが、名よりもそれよりもポイントという実を重視する方にはおすすめです。

なお楽天カードには楽天カードアカデミーという学生専用カードも用意されています。卒業後は自動的に楽天カードに切り替わります。こちらも年会費は無料です。

もしクレジットカードが作れなかったらデビットカード

18歳~19歳のクレジットカードが作れない方には「デビットカード」がおすすめ

当サイトでは18歳のうちからクレジットカードを作ることを推奨していますが、中には金銭的な事情や、親の同意が得られないなどの事情で作れないという方もいらっしゃるでしょう。そういった方におすすめしたいのが、デビットカードです。デビットカードとは、支払時に口座から即引き落とされるタイプのカードです。クレジットカードと似ていますが、以下のような違いがあります。

クレジットカードとデビットカードの違い
機能 クレジットカード デビットカード
作れる年齢 18歳から 15歳もしくは16歳から
引き落としの時期 月1回まとめて後払い 即時払い
審査 あり なし
ポイント還元率 高い 低い
主な発行元 クレジットカード会社 銀行

デビットカードの一番のメリットは、審査がないことです。デビットカードは銀行からの即時引き落としであるがゆえに審査を行う必要がないのです。

デビットカードはVISAやJCB加盟店で使える銀行引き落としカード

クレジットカードは気づかないうちに使いすぎてしまうことがありますが、デビットカードは仮に使いすぎてしまってもその場でわかる(口座のお金が足りないことがすぐわかる)ため便利です。当然、親権者の同意も不要です。15歳もしくは16歳から作れることが多いのもメリットです。

国際ブランドはVISAデビットとJCBデビットがメインです。J-debitやMasterCardデビットもありますが、その普及率は低いです。発行元は銀行がメインであり、基本的にはその銀行の口座からでなければ支払えないことが多いです(楽天デビットカードの場合は楽天銀行からしか支払えないなど)。

18歳~19歳でも作れるクレジットカードまとめ

クレジットカードを作るなら早い方が良い!18歳、19歳で持てば専用カードが取得しやすい!

  • 18歳~19歳でも学生や社会人なら問題なくクレジットカードが作れる
  • 最近は若い人向けの独自の特典がついたクレジットカードも多い
  • 未成年の社会人には三井住友デビュープラスやJCB CARD Wなどがおすすめ
  • 学生さんは学生カードが絶対にお得!1枚は持っておこう
  • クレジットカードが作れない場合はデビットカードがおすすめ

クレジットカードは持っていると便利なだけでなく、ステータスにもなります。まだ若いから……と後回しにせず、すぐに作りましょう。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP