クレヒスとは? 個人の借金や返済の履歴がクレヒス(クレジットヒストリー=信用履歴)です!

悪いクレジットカード利用履歴がクレヒス

あなたの過去の借金の履歴や返済遅れ、債務整理などに関する情報はすべて信用情報機関という機関に登録されていることをご存知でしたか?このような情報は『クレヒス(クレジットヒストリー:信用情報、信用履歴)』と呼ばれるもので、各金融機関は融資審査の際にクレヒスを大いに参考にしています

クレヒスは個人の借金に関する情報であり、あなたの人生を大きく左右する可能性を秘めた重要な情報です。クレヒスに問題があると住宅ローンが組めなくなったり、クレジットカードが作れなくなったりと、デメリットを被ることになります。クレヒスの仕組みと、良いクレヒスの作り方について解説します。

クレヒスとは?

クレヒスは個人の借金や返済の履歴です

クレヒス(クレジットヒストリー=信用履歴)とは、個人の借金や返済に関する履歴のこと。信用情報とも呼ばれます。どこの金融機関に借金を申し込み、実際に借金をし、返済した、もしくはしなかった、という情報はすべてクレヒスと呼ばれます。

具体的には

  • クレジットカードの利用履歴
  • カードローンの申し込み履歴
  • カードローンの返済履歴
  • 携帯電話端末の割賦購入履歴
  • 債務整理の経験の有無

などがクレヒスに該当します。

クレジットカードの利用履歴もクレヒスとして登録されています

もちろんクレヒスにはクレジットカードの利用履歴も登録されています。クレジットカード自体が付け買いのシステムなので借金の一種なのです。

そしてこれらの借金と返済の履歴はすべて複数の信用情報機関に死ぬまで蓄積されていきます。

クレヒスは金融機関の審査で決定的な役割を果たす

各金融機関は審査時にクレヒスにネガティブな情報(延滞履歴、債務整理履歴など)がないかを信用情報機関に問い合わせてチェックします。クレヒスが悪いと、現時点での年収や勤務先、勤続年数などが優れていても、審査に通らない確率が極めて高くなります。

ただし「過去に債務整理や延滞をしたからもう二度とどこからも借りられないの……?」と言えば、答えはNOです。クレヒスに問題が合っても、新たに良いクレヒスを積み上げていけば、クレジットカードを作ったり、住宅ローンを組んだりできるようになります。

クレヒスの仕組み

クレヒスは2種類存在する

クレヒスには信用情報機関(借金や返済の履歴を記録、管理する機関)を通じて複数の金融機関で共有されるものと、特定の金融機関だけで専有されるものがあります

基本的にはクレヒスといえば前者のことです。この記事では前者を「クレヒス」、後者を「社内クレヒス」と呼ぶことによって区別しています。

個人のクレヒスは全金融機関で共有される

クレヒス(前者の情報)はすべて金融機関を通じて信用情報機関に登録されます。金融機関は審査時に信用情報機関に集約されたクレヒスにアクセスし、その情報をもとに様々な審査を行います。

クレヒスに難がある、例えば借金を過去に何度も延滞している場合などは、新たにローンの審査に合格するのが難しくなってしまいます。

クレヒスって勝手に信用情報機関に登録されるものなの?

クレヒスが勝手に信用情報機関とやらに登録されるのはおかしいのではないか、と思われるかもしれませんが、各金融機関がなんの断りもなく個人のクレヒスを信用情報機関に登録することはありません。契約書などに「今回の情報は信用情報機関に登録されます」という旨が必ず記載されています。

クレジットカードを利用する以上、クレヒスの登録は避けられない

もしそれを見逃していたとしても、信用情報機関に情報を消してもらうことはできません。クレヒスはすべての金融機関が参照する公共性の高い情報のため、日本で借金をする以上、登録は避けて通れません。クレジットカードも借金の一種なので、利用者の情報はすべて信用情報機関に上がっています。

クレヒスを管理する信用情報機関とは?

日本の主な信用情報機関は3つある!

クレヒスを管理する信用情報機関は、日本では経済産業大臣によって指定されます。現在「個人に関する信用情報機関」として認められている機関は全部で3つあります。各金融機関は以下の信用情報機関のいずれか1つ以上に加盟し、業務で得た信用情報を提供しています。信用情報機関はその情報を集約し、金融機関からの妖精に応じて情報を提供します。

信用情報機関3種類の特徴と加盟金融機関リスト
信用情報機関名 特徴 主な加盟金融機関
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 多くの消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)が加盟する信用情報機関。銀行の加盟は少ない。 アコム、プロミス、アイフル、JCB,クレディセゾン
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融や銀行などの金融機関が加盟する信用情報機関。CICとJICCの2つに加盟している所も多い。地方銀行、ネット銀行もいくつか加盟している。 アコム、プロミス、アイフル、JCB,クレディセゾン、横浜銀行、千葉銀行、楽天銀行、オリックス銀行
全国銀行個人信用情報センター(全銀協) 殆どの銀行が加盟している信用情報機関。 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、横浜銀行、千葉銀行、楽天銀行、オリックス銀行

信用情報機関は事故情報をCRINというシステムで共有している

前述の通り、金融機関によって加盟する信用情報機関は異なります。例えば、横浜銀行はJICCと全銀協には加盟していますが、CICには加盟していません。

ならば横浜銀行のカードローンを延滞しても、そのことはCICに登録されないので、CICにしか加盟していない金融機関にはばれないと思われるかもしれませんが、残念ながらそうではありません。

信用情報機関はCRIN(Credit Information Network)という情報共有ネットワークで異動情報という債務者にとってネガティブな情報、例えば延滞、代位弁済、債務整理などのマイナス情報全般を共有しているからです(異動情報に当てはまらない情報、例えば返済をきちんとしているなどの情報は、複数の信用情報機関で共有されません)。

ブラックリストは全ての信用情報機関で共有される

このネットワークは、申込者の仮逃げ防止、および金融機関の貸しすぎを防ぐための仕組みです。個人にとってネガティブな情報は、全ての信用情報機関(に加盟している金融機関)で共有されるものと考えておいたほうがいいでしょう。

なお、信用情報機関にネガティブな情報を登録されることを比喩的に「ブラックリストに掲載される」といいます。実際にブラックリストというリストが存在するわけではありませんが、この記事でも慣習に合わせて「ブラックリストに掲載される」という言い方をしています。

クレヒスは一定期間で消去される

信用情報機関は、ブラックリストの情報を登録から一定期間たった後に削除します。一度掲載した情報を永久に保持し続けることは債務者にとってあまりにも不利すぎますし、金融機関にとっても顧客が減りすぎるというデメリットがあるからです。削除までの期間は、異動情報の内容や信用機関毎に異なります。

テーブルのタイトル
異動情報の内容 CIC JICC 全銀協
61日以上の延滞 5年 1年 5年
3ヶ月以上の延滞 5年 5年 5年
強制解約 なし 5年 5年
任意整理、特定調停 なし 5年 5年
自己破産 なし 7年 10年
代位弁済 なし 5年 5年

なお、各社に専有される社内クレヒスは、通常は期間が経っても削除されることはないようです。信用情報機関のブラックリストは一定期間後に削除されますが、社内クレヒスのブラックリスト(社内ブラック)は永遠に消えないと考えたほうがいいでしょう。

社内ブラックになるとその金融機関からはおそらく二度と借りられなくなるため、過去に異動事故を起こしている人は、別の金融機関で借りるようにしましょう。

良いクレヒス、悪いクレヒスとは?

各金融機関は信用情報機関に登録されているクレヒスをもとに審査を行います。クレヒスの状態が良ければ審査に合格しやすくなりますし、悪ければ合格しづらくなります。では、具体的に良いクレヒス、悪いクレヒスとはどのようなもののことを指すのでしょうか。

良いクレヒスとは

良いクレヒスとは、具体的に以下のようなものを指します。

  • クレジットカードを日常的に利用し、延滞していない
  • 少額のカードローンやキャッシングを利用し、延滞していない

要するに、借金して延滞せずに返していけば、自然といいクレヒスが出来上がるのです。特にクレジットカードの1階払は無利子であるにもかかわらず良いクレヒスが作れる非常に便利な道具なので、将来大きなローンを組みたいと考えている方は、積極的に使っていくといいでしょう。もちろん延滞を起こしてしまうと全て台無しになってしまいますので、使いすぎには気をつけましょう。

悪いクレヒスとは

悪いクレヒスとは、具体的には以下のようなものを指します。

  • 長期間に渡る延滞をしている
  • 延滞を複数回繰り返している
  • 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産など)をしている

要するに、きちんと返済していないと悪いクレヒスであるとみなされ、審査に通らないということです。現時点で良いクレヒスを維持できているという人は、これからもそれを維持してください。悪いクレヒスがあるという方は、削除されるまで待ってください。

悪いクレヒスの一種である「ホワイト」とは

クレヒスに何も情報がない状態を「ホワイト」といいます。何も情報がないということは当然悪いクレヒスもないのだから審査では有利になると思われるかもしれませんが、実態はその逆で、大抵の場合不利になります。

クレヒスが全くない人は「情報の保存期間中に全く借金をしなかった人(現金主義者)」か、「異動事故を起こしてその情報が消えた人」のどちらかに該当します(異動事故後しばらくは新たな借金ができないので、時間が経てばいずれホワイトになります)。

そして、審査をする金融機関には、両者の区別が付きません。異動事故を起こした過去があるかもしれない人に貸し出すのは金融機関にとって大きなリスクとなるため、ホワイトは忌避されるのです。特に30歳を過ぎてホワイトというのは(異動事故を起こしたことがなくても)かなり疑われます。

ホワイトである場合は、そうした人でも比較的作りやすいクレジットカードを使っていいクレヒスを築き上げていくといいでしょう。

良いクレヒスを効率的に作成する方法とは?

携帯電話・スマートフォンの分割払いが一からクレヒスを積むのには最適!

現時点でホワイトである場合、いきなりそこそこのランクのクレジットカードを作成しようとしても審査で落ちてしまう可能性が非常に高いです。いきなり無理はせず、段階を踏んでクレヒスを作成してくべきです。

ホワイトでもできるクレヒス作成の中でも最も簡単なのが、携帯の割賦購入です。割賦購入とは分割払いのことです。これも立派な借金の一種であるため、申込情報や支払い情報は信用情報機関に登録されます。

審査自体は大抵のクレジットカードの審査よりも簡単なため、クレヒス作りには最適です。ただし、当然延滞してしまえばブラックリストに登録されてしまうため、きちんと支払いましょう。

特定店舗でしか使えないハウスカードでもクレヒスが改善できる

携帯を買う予定がないという場合は、信用払いができるカード(その代表がクレジットカード)を作るといいでしょう。クレヒスがなければクレジットカードの作成自体が難しいのでは、と思われるかもしれませんが、世の中にはクレヒスがあまり良くなくても作成できるようなクレジットカードもあります。もちろん、いずれも怪しいものではなく、多くの人に使われています。

ハウスカードは特定店舗内で付け買いができるクレジットカード

中でも特に使いやすいのがハウスカードです。ハウスカードとは国際ブランドが付帯していない、特定のブランド(店舗)でしか使えない店舗カードです。例えばコスモ・ザ・カード・ハウスは全国のコスモ石油でしか使えないクレジットカードです。

マルイなどでもVISAブランドのクレジットカードが届くまでは、店舗内のお店限定で使えるハウスカードを暫定的に発行しています。

こうしたハウスカードは通常のクレジットカードと比べて審査難易度が低いため、クレヒスを積み上げていくのに適しています。

通常のクレジットカードの審査ではACマスターカードの評判が良い

通常の国際ブランドが付帯したクレジットカードをどうしても作成したいという場合は、アコムのACマスターカードが有力な選択肢になります。

携帯電話やハウスカードと比べるとややハードルは高いですが、それでも通常のクレジットカードの中では最も審査難易度が低いです。これはACマスターカードが消費者金融のアコムが発行していることに起因します。

アコムでキャッシングするためのローンカードに、クレジット機能をつけたのが、ACマスターカードだからです。審査はクレジットカード会社基準では無く、消費者金融基準と言われています。

30歳前後までであれば、ホワイトであっても通る可能性が高いです。ただしその後は年齢が上がるに連れて徐々に審査難易度が高まっていくため、申し込みは早めに行ったほうが良いでしょう。

自分のクレヒスを確認する方法はある?

自分で信用情報機関に問い合わせができます

自分のクレヒスがどうなっているのかわからないという場合は、各信用情報機関に問い合わせれば開示できます。申込み方法は郵送、インターネットなど(信用情報機関によって異なる)、費用は500円~1000円程度です。

過去に色々な借金をして、どこから借りたのかわからなくなってしまったという場合は、3機関全てに問い合わせをしたほうがいいでしょう。

信用情報期間ごとの問い合わせ窓口
信用情報機関 申込み方法 申込み方法の説明ページ 費用
CIC インターネット、郵送、窓口 https://www.cic.co.jp/mydata/index.html 窓口のみ500円、その他の方法は1000円
JICC スマートフォンアプリ、郵送、窓口 https://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/mobile/index.html 窓口のみ500円、その他の方法は1000円
全銀協 郵送 https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/ 1000円

クレヒスとは?のまとめ

クレヒスは個人の信用履歴!借金と返済をきちんと繰り返せば、誰でも良いクレヒスが作れる!

今回の記事をおさらいしましょう。

  • クレヒスとは個人の借金に関する情報のこと
  • クレヒスは信用情報機関に集約されている
  • 各金融機関は審査の際にクレヒスを参考にする
  • 債務整理や延滞をするとクレヒスに問題ありとみなされ、ローンやクレジットカードが利用できなくなる
  • クレヒスがまったくない状態=ホワイトは悪いクレヒスとみなされる
  • 携帯電話の割賦払いやハウスカードの利用でクレヒスを改善できる

クレヒスは普段はあまり意識することはありませんが、実は人生を左右しかねない重要な情報です。現時点で良いクレヒスを作れている人はその状態を保ち、悪いクレヒスが積み上がっている人は積極的に改善していきましょう。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP