クレジットカードの審査基準を徹底解説!スコアリングを上げるコツとは?

審査のチェックシート

クレジットカードの審査基準を考えてみましょう!

水色のクレジットカード

どんなクレジットカードでも、基本的には「審査」を行い、審査の基準を満たしている人にのみクレジットカードが発行されます。いくらクレジットカードを発行したくても、審査基準が分からなくてはどうやって対策したら良いかも分かりませんよね。

そこで、今回はクレジットカードの審査基準、対策を徹底的に解説していきます。今まで対策できずに審査に通りづらかった方も、ぜひ本記事を活用し、気になっているカードを発行できるように対策しましょう!

クレジットカードはなぜ「審査」を行うの?

まず、審査基準を具体的に知る前に、クレジットカード会社がなぜ審査を行うかを解説します。

そもそも、クレジットカードは一時的に契約者にお金を貸して、サービスや商品の代金を立て替えてくれるものです。

契約者がきちんとお金を返済してくれるという前提で貸すため、もしいいかげんな人に貸してお金が返ってこないという事が増えれば、最悪の場合会社が傾いてしまいます。

貸し倒れを防ぐために信用できるかどうかチェックする

貸したお金がかえってこない「貸し倒れ」を防ぐためには、きちんとお金を返してくれる人に貸したいですよね。

そこで、クレジットカード会社ではカード発行をする前に、スコアリング(申し込み情報をもとにした点数付け)などの「審査」をもうけ、その人にお金を貸しても大丈夫かをチェックしています。
逆に言えば、お金の貸し借りが発生する以上、審査なしというのはほとんどないと考えていいでしょう。

次に、クレジットカードの重要な審査基準について解説していきますね。

審査基準で最も重要な「3C」とは

クレジットカードの審査は、申し込み時に提出された情報や、信用情報など他の要素も加味しながら「スコアリング」を行い、総合的に判断します。

クレジットカード会社ごとに決められた基準は異なるので、一概に「年収はこれくらいで、この条件であれば絶対に大丈夫」といったことは言えませんが、どの会社も必ず確認しているのが「3C」と呼ばれる次の3項目です。

  1. Capacity(資力、返済能力)
  2. Character(性格)
  3. Capital(資産)

1. Capacity (資力、返済能力)

Capacity(資力、返済能力)とは、簡単にいうとクレジットカードを申し込んだ本人に、借りたお金を返すだけの返済能力があるかということをチェックしています。

そもそも、返済能力が全くない人にお金を貸すことはできませんので、3Cの中でもとても重要な項目です。

返済力をはかるのには、

  • 年齢
  • 職業
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 勤務先の情報(規模や従業員数、資本金など)

などの項目を確認し、点数付けをします。
当然ですが、20代前半でできて間もない小さな企業に勤めているよりは、40代で古くからある安定した大企業に勤めている方が点数は高くなります。

2.Character(性格)

Character(性格)とは、お金を返す立場に立った時の申込者の性格を示しています。

とはいっても、質問項目などで「あなたはお金にだらしない人ですか」などと聞くのではなく、信用情報機関のクレジットヒストリーを照会して確認します。

クレジットヒストリーの履歴から性格が把握されている

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴だけではなく、ローン関係や、携帯電話料金の支払い状況までの「借り入れ、返済状況」が確認できるものです。

基本的には滞りなくお金を返済し続けていれば問題ありませんが、滞納や自己破産などの「金融事故」の情報が記載されていれば、ほぼ間違いなく審査落ちしてしまいますので、くれぐれもお金にはきっちりとしておきましょう。

3.Capital(資産)

Capital(資産)とは、持ち家かそうでないか、また何年居住しているかなどです。預金額などまでは調べる事ができませんので、スコアリングの項目としては住居に関することになります。

持ち家がある場合は不動産として、いざというときに「担保」になると判断されるので、審査は通りやすくなります。

他の項目と比較するとやや重要性は低くなりますが、スコアリングがギリギリという場合には持ち家かそうでないかで審査に通るかが決まってしまう可能性もあります。

クレヒスは重要!高齢でホワイトでも審査落ちの可能性も

事故情報が載っているいわゆる「ブラック」なクレヒスの方はもちろん審査落ちしてしまいますが、今まで現金主義で全くお金を借りることがなかった、クレジットヒストリーが真っ白な方も審査に落ちてしまうこともあります。

というのは、実は金融事故を起こした後はどこもお金を貸してくれなくなるので、そこから先はクレジットヒストリーが追加されることはほとんどありません。

キャッシングやローン、クレジットカードの利用が無いと怪しまれます

そして、信用情報機関によって期間が異なりますが、5年もしくは10年程度までしか事故情報は残らないので、それ以降は真っ白なクレヒスになります。

このことから、年齢が30代後半でも真っ白、いわゆるホワイトなクレヒスの人は「過去に事故を起こしたのでは?」と疑われてしまい、審査落ちする可能性が高くなります。

クレジットカードの審査に通る、スコアリングを上げるコツとは?

クレジットカードの審査に通るコツとしては、まずは申し込みの際に必要事項をきちんと埋め、内容が間違っていないかをチェックする事が大切です。

以外に思う方もいるかもしれませんが、審査落ちの理由として「書類の不備」ということが少なくありません。

また、年収や勤務先、持ち家かどうか、事故情報をなくす、などはすぐに改善しようとしてできることではありませんが、すぐにできる項目として次のことを実践してみましょう。

  1. 多重申し込みをしない
  2. 不要なクレジットカードは解約する
  3. 審査の甘いカードに申し込む

1.多重申し込みをしない

クレジットカードを早めに手に入れたいという時に、ついつい良さそうなクレジットカードを一度に頼むということをやってしまう方もいます。

しかし、信用情報機関にはクレジットカードの申し込み情報も登録されているため、一度に多くのクレジットカードを申し込みすると、複数のカードを使って借り逃げをする、もしくはお金に困っているなどマイナス要因として捉えられてしまい、審査に落ちやすくなります。

クレジットカードを確実に手に入れたいのであれば、1枚ずつ申し込みをし、落ちてしまった場合も数ヶ月間をあけてから申し込みしましょう。

2.不要なクレジットカードは解約。もしくは減額する

クレジットカードの審査には、与信枠が大きく関わってきます。与信枠とは、「信用してお金を貸しても大丈夫」と判断される金額のことです。

審査上で、たとえば与信枠を300万円と決められた際に、すでに所持しているクレジットカードの限度額の合計が300万円を超えているばあいは、追加でクレジットカードを発行するのは難しくなります。

与信枠に空きを作るために利用限度額を下げるか解約する

あらかじめできる対策としては、使っていない不要なクレジットカードは解約しておくことです。年会費無料だからと使わないのに所持しているものはすぐに解約し、与信枠に余裕をもたせておくのが審査に通るコツです。

解約するのがもったいなければ、少なくとも利用限度額は減額しておきましょう。メインカードで無ければ10万円~30万円もあれば十分です。たいていは電話一本で対応してくれます。電話番号はカード裏に書いてあります。

3.審査の甘いカードに申し込み、クレヒスを積む

クレジットカードの審査に落ちないための一番のコツは、良いクレジットヒストリーを持つ事です。

クレヒスは携帯電話の支払い情報などでもOKですが、やはりクレジットカードを毎月きちんと使って返済し続けることが手っ取り早い方法です。

少し審査に通るのが不安なクレジットカードに挑戦したいと考えている、もしくは希望のクレジットカードに落ちてしまった場合は、まず審査の甘いと言われるカードに申し込み、それをコツコツ使ってクレヒスを積み、ある程度信用情報が出来てから希望カードを申し込んでみましょう。

今までクレヒスが無かった、もしくはあまりクレジットカードなどを利用した事がなかった場合にはとても有効な対処法です。

審査が怖いなら、比較的審査の甘いクレジットカードに申し込もう

アコムACマスターカード事故情報が信用情報機関に残っているかたはもちろんクレジットカードの発行は難しいですが、そうでないのであれば、審査落ちしない方法として「審査基準が甘い」クレジットカードに申し込む事が有効です。

審査が甘いクレジットカードは、系統としては『アコムACマスターカード』(年会費無料/還元無し)などの消費者金融系が1番です。即日審査の即日発行ですし、とにかくクレヒスを積む目的なら1番です。

消費者金融系か流通系なら通りやすい

楽天カードただし消費者金融系はポイントなどが付かないため、今後も利用し続けるなら『楽天カード』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)などの流通系が狙い目です。

審査は消費者金融系よりは厳しくなりますが、それでも審査に通る可能性は他のクレカより遙かに高いです。

先述のように、クレジットカードの利用履歴を残していく事で、よりステータス性の高いクレジットカードの審査にも通りやすくなりますので、まずは1枚クレジットカードを手に入れ、コツコツ使ってみてくださいね。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP