楽天カード申し込みキャンペーン攻略法!審査突破で最大1万ポイント近い入会特典がもらえる!

楽天カードのラインナップ

基本還元率1.0%で、審査のハードルも高すぎず、入会して1回使うだけで1万円分近いポイントが貰える……」と聞いて、怪しまない方はいないでしょう。しかし、実際にそうしたカードは存在します。それが「楽天カード」です。楽天カードはこれだけ条件が揃っていてしかも年会費無料、1500万人以上が使っていることから信頼性も抜群です。

申込みは10分程度、オンラインで全て完結する上、最大で9500円相当のポイントも受け取れます。より多くのポイントを得られる情報もこっそりここだけで紹介しますので、得したい方はぜひ参考にしてください。

楽天カードの申し込みで限界まで入会特典を貰う方法は?

楽天カード申し込みキャンペーンの攻略法をご教示!最大限ポイントをもらおう!

楽天カード楽天カードに入会すると入会特典としてポイントをもらえます。そして、その時期や方法を工夫すると、更に多くのポイントが貰えます。ここでは無理なく楽天カードの入会特典を限界まで貰う方法を解説いたします

誰もがもらえるポイントは2,000ポイント。限界まで貰えば9,500ポイント!?約1万円!?

楽天スーパーポイントのお得な交換レート楽天カードは、高い基本還元率、比較的緩い審査、多くの入会特典が特徴のクレジットカードです。楽天カードの入会得点を細分化すると、以下のようになります。

楽天カードの入会キャンペーン特典
入会特典 受取条件 入会特典
新規入会特典 特になし(楽天カードを作るだけで誰でももらえる) 2000ポイント(2000円分)
カード利用特典 申込日の翌月末までに1回以上楽天カードを利用する 3000ポイント(3000円分)
キャンペーン特典 キャンペーン時に入会すると、カード利用特典が増額する 2000ポイント(2000円分)~の増額
※時期によって異なる
家族カード同時入会特典 家族カードを申し込む 1000ポイント(1000円分)
Edy機能付帯 申込時に楽天カードにEdy機能をつける 500円分のEdyチャージ

この中で、必ずもらえる特典は新規入会特典の2,000円相当のみですが、すべてをきちんと受け取れば6,500円相当~1万円相当のポイント(Edyチャージ含む)を受け取れます。どちらがお得かは言うまでもありませんね。

楽天カードのキャンペーン最大獲得ポイントは8,000ポイント+α!

より多くの入会特典を得る上で大切なのは、週末や年度末、ゴールデン・ウィークなどの特別な時期に申し込むことです。

通常、楽天カード作成時にもらえる基本的なポイントは5,000ポイント(新規会員特典2,000ポイント+カード利用特典3,000ポイント)です。しかし、時々これが合計7,000~8,000ポイント(新規会員特典2,000ポイント+カード利用特典5,000~6,000ポイント)になることがあります。これに乗らない手はありません。
楽天カードのキャンペーン情報7,000ポイントの内訳と流れ

楽天カードの入会特典増額キャンペーンは1ヶ月に1度の頻度で行われてきてます!

楽天カードの増額キャンペーンバナー楽天カードの入会特典増額キャンペーンの開催期間は不定期ですが、2018年度の実績から言って楽天カードの増額キャンペーンは概ね1ヶ月に1回ほどの頻度で行われています

下記が2018年の終わりから、2019年の初頭にかけての実施実績です。2019年もこのまま行けば1ヶ月に1度の頻度で実施されるものと推測されます。

楽天カード増額キャンペーン実績(2018年度末~2019年度初頭)
  • 楽天カード新規入会&利用で7,000ポイントプレゼント! 期間:2019年3月11日(月)10:00~2019年3月18日(月)9:59
  • 楽天カード新規入会&利用で8,000ポイントプレゼント! 期間:2019年2月18日(月)10:00~2019年2月25日(月)9:59
  • 楽天カード新規入会&利用で7,000ポイントプレゼント! 期間:2019年1月21日(月)10:00~2019年1月28日(月)10:00
  • 楽天カード新規入会&利用で7,000ポイントプレゼント! 期間:2018年12月10日(月)10:00~2018年12月17日(月)9:59
  • 楽天カード新規入会&利用で8,000ポイントプレゼント! 期間:2018年11月12日(月)10:00~2018年11月19日(月)9:59
  • 楽天カード新規入会&利用でもれなく7,000ポイントプレゼント! 期間:2018年10月22日(月)10:00~2018年10月29日(月)9:59
  • 楽天カード新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント!(通常キャンペーン)

楽天カードを早急に作らなければならない事態というものがあるならば別ですが、そうでない限りはお得なキャンペーンが実施されるまでしばらく待つことをおすすめします。

1回あたりの期間は通常7日間ですので、こまめにチェックするといいでしょう。

楽天カードに申し込んだら初回利用特典を忘れずに!カードが届いたら必ず使おう!

レジで買い物をするお客さんまた、せっかくキャンペーン時にカードを作成しても、カードを使わないとカード利用得点が受け取れなくなってしまいますので、カードが手元に来たら何でも良いのですぐに1回使いましょう。コンビニやスーパーでも構いませんし、もちろん楽天市場でもOKです。

家族カード同時入会特典とEdy機能付帯特典については、特典がそれほど多くないため優先度は低いです。家族が審査に通りそうな場合は、家族会員にするよりも家族にも本会員になってもらったほうが良いでしょう。それだけでもらえるポイントが2倍になります。

楽天カードの作り方・申し込み方法

楽天カードはネット申込み限定!ネット限定で作れる高還元率カード

楽天カードの申込み方法は非常に簡単で、しかもオンラインで手続きが完了します。難しいことは何もありません。多くの人がオンラインから申し込み、無事に手続きを完了させていますので、パソコンが苦手な方も安心です。もちろんスマートフォンでも構いません。

楽天カードのような高還元率カードはネットからでしか作れません。是非ともチャレンジしてみて下さい。

楽天カードの公式サイトから申し込み

まず、楽天カードの公式サイト(https://www.rakuten-card.co.jp/)を開きます。すると、以下のような画面が表示されるので、ページ上部の「カードを作る」をクリックします。

FireShot Capture 1 - 楽天カード_お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料_ - https___www.rakuten-card.co.jp_

すると、以下のようなページが表示されますので、作りたいクレジットカードを選んでクリックします。

楽天カードの種類を選ぶ

FireShot Capture 2 - クレジットカードのお申し込み|楽天カード_ - https___www.rakuten-card.co.jp_card_

男性の場合は楽天カード一択ですが、女性の場合は楽天PINKカードも選べます。楽天PINKカードは年会費無料のまま、楽天カードに幾つかのお得な女性向けサービスが付帯したものです。女性の場合は基本的にこちらのほうがお得です。今回は解説のため、楽天カードを選択します。「カードを作る」をクリックします。

すると、今度は以下のようなページが開かれます。

楽天会員に登録する

FireShot Capture 3 - 新規入会&利用でポイントプレゼント|楽天カー_ - https___www.rakuten-card.co.jp_campaign_rakuten_card_

楽天カードに申し込むにあたっては、楽天会員の登録が必要不可欠です。楽天会員になると、楽天スーパーポイントが貯められます。すでに楽天会員の場合は「楽天会員の方」を選択すると、入力作業の手間が一部省略できます。楽天会員でない場合は「楽天会員でない方」を選択すれば、カードの申込みと会員登録が同時に済ませられます。今回は「楽天会員でない方」を選択します。

会員の基本情報の入力

ここからは楽天カード作成に関する基本情報を入力していきます。
FireShot Capture 4 - 楽天カード_ 楽天カードのお申し込み - https___apply.card.rakuten.co.jp_normal-member_step1.xhtml

楽天カード申し込み時に入力する基本情報の内容
入力項目 概要
ブランド選択 クレジットカードの国際ブランドを選択します。選択肢は「MasterCard」「American Express」「VISA」「JCB」の4つです。世界的なシェアが最も多いのはVISAです。日本ではMasterCard、VISA,JCBの3つを導入している店舗が多いようです。
カード選択 カードの種別、デザインを選択します。ブランドごとに選択できるデザインが異なります。ディズニー・デザインカードを希望する場合、支払いブランドはJCBを選択します。
お名前 名前を入力します。
性別 性別を選択します。
生年月日 生年月日を入力します。楽天カードは18歳未満、もしくは高校生は申し込みできません。また、未成年の場合は電話にて親権者の同意の確認が行われます。
電話番号1 自宅に固定電話がある場合は固定電話番号、ない場合は携帯電話番号を入力します。
電話番号2 携帯電話番号を入力します。
メールアドレス パソコンもしくは携帯電話、少なくともどちらか一方のメールアドレスの入力は必須です。
楽天カード・楽天ポイントカードからのお知らせについて 楽天カード・楽天ポイントカードからのメール受取の設定をします。「受け取る」を選択するとポイントが貰えますが、大量のメールが届くことになります。「受け取らない」を選択した場合、重要なお知らせ意外は届かなくなります。
ご住所 住所を入力します。郵便番号を入力すると自動的に住所が検索され、一部の入力が実行されます。
ご家族について 家族構成(配偶者や子供の有無)を選択します。
世帯人数 同一・別居にかかわらず、本人を含めて同一生計の家族の人数を選択します。
居住状況 家の状況(持家、賃貸、社宅など)を選択します。
居住年数 現在の家に住んでいる年数を選択します。
住宅ローンもしくはお家賃の支払い 「支払いあり」「支払いなし」のどちらかを選びます。
お勤め先・学校について 職業(お勤めの方、学生の方、年金受給の方)などを選択します。
預貯金額 預貯金のうち、1年間にクレジットの支払いに充てることが可能な金額を選択します。
請求書送付先 クレジットカードの請求書の送付先を選択します。
カード入会後のご利用目的(複数回答可) カードを発行する目的を選択します。
自動リボサービス申し込み 自動リボサービスを使うか使わないかを設定します。自動リボサービスは高い金利がかかり、使う側にとって損な仕組みですので、基本的には「申し込まない」を設定します。
他社からのお借入金額 他社から何らかの借り入れがある場合は「あり」を、ない場合は「なし」を選択します。
家族カード 家族カードの設定をします。家族カードは年会費無料で発行でき、家族カード会員の利用分でも楽天スーパーポイントを獲得できます。
ETCカード ETCカードを申し込む囲まないかを選択します。前述の通り、楽天のETCカード有料(500円+税)
Edy機能付帯 楽天カードに「Edy」を搭載するかしないかを選択します。Edyは対応コンビニやスーパーなどで使えるプリペイド型電子マネーです。タッチするだけで簡単に支払いでき、ポイントも貯まります。
Edyオートチャージ設定 Edyのオートチャージ機能を使うか使わないかを選択します。申し込むと残高が一定以下の金額になった時に自動でチャージされるようになるため、残高が足りずに困る事がなくなります。
楽天Edyからのお知らせ 「受け取る」を設定すると、メールアドレスに楽天および楽天Edyからのメールマガジンが届くようになります。
必須ご利用代金お支払い口座 クレジットカードの代金を引き落とす口座を設定します。基本的には楽天銀行がおすすめですが、持っていない場合は他の銀行でも全く問題ありません。
暗証番号 クレジットカードの暗証番号を4桁で設定します。これを忘れると支払いができなくなりますので、忘れないように覚えるか、人目につかない形でメモを取るかしましょう。

ここまで入力したら、一番下の「次へ」をクリックします。すると、以下のような画面が表示されるので、また入力を進めていきます。

勤務先情報の入力

自分自身についてのパーソナルな情報の入力が完了すると、今度は勤務先情報の入力です。
FireShot Capture 8 - 楽天カード_ 楽天カードのお申し込み - https___apply.card.rakuten.co.jp_normal-member_step2.xhtml

勤務先情報の入力
入力項目 概要
勤務先名 法人呼称、及び勤務先名を入力します。法人呼称とは例えば「株式会社○○○」「○○○相互会社」「学校法人○○○」などの、その法人の呼称のことです。家賃収入がある人、自営業者は「その他」を選択します。
勤務先所在県名 勤務先の住所を選択します。
勤務先電話番号(外線) 勤務先の固定電話番号を入力します。
勤続年数 自信の勤続年数を入力します。勤続年数とは現在の職場に努めている機関のことであり、社会人経験の長さを示すものではありません。
職種 職種(営業、事務、労務など)を選択します。
職業 職業(会社員、自営業、公務員など)を選択します。
業種 業種(製造業、サービス業、飲食業など)を選択します。
運転免許証の確認 運転免許証の有無を選択します。「あり」の場合は、くわえて運転免許証番号または運転経歴証明書番号を入力します。

ここまで入力したら、一番下の「次へ」をクリックします。すると、以下のような画面が表示されるので、また入力を進めていきます(プライバシーに関する部分は黒く塗りつぶしています)。

楽天会員情報との紐付け

FireShot Capture 9 - 楽天カード_ 楽天カードのお申し_ - https___apply.card.rakuten.co.jp_normal-member_member.xhtml

楽天会員登録情報の入力
入力項目 概要
楽天会員登録情報 すでに入力済みなので、このままでOKです。
楽天会員ユーザID 楽天会員ユーザIDは、楽天市場を始めとする各種サービスで使えるIDです。最初は先程登録したメールアドレスがそのままIDになりますが、あとで変更可能です。すでに入力済みなので、このままでOKです。
楽天会員パスワード 楽天会員用のログインパスワードを入力します(先ほど設定した楽天カードの暗証番号とは別物です)。ログインパスワードは英数字で6文字以上、楽天会員ユーザIDと同じものは使用できません。大文字と小文字を組み合わせるなど、外部から推測されづらくなるように工夫しましょう。
楽天会員ニュース 楽天会員ニュースという無料メールを受け取るか受け取らないかを設定します。「受け取らない」を選択した場合、重要なお知らせ意外は届かなくなります。

ここまで入力したら、一番下の「次へ」をクリックします。すると、以下のような画面が表示されます。

お支払い口座情報の入力

この画面は、支払い口座情報を入力するページです。ここではゆうちょ銀行と出ていますが、他の金融機関を選んだ場合でも同じようなページが表示されます。

FireShot Capture 13 - 楽天カード_ 楽天カードのお申し込み - https___apply.card.rakuten.co.jp_bank_index.xhtml

「口座登録手続きに進む」を選択すると、以下のような金融機関を選択するページに遷移します。

お支払い金融機関口座との連携

FireShot Capture 10 - 金融機関選択 - https___bc-pay.jp_kfgw_F_wf01pc.html

口座振替に使う金融機関を選択すると、以下のようなページが表示されます(プライバシーに関する部分は黒く塗りつぶしています)FireShot Capture 11 - 申込内容確認 - https___bc-pay.jp_kfgw_F_wf01-01bnknonext.html

ここで「金融機関へ」を選択すると、その金融機関のウェブページ(楽天カードとは別のページ)に飛びますので、そこから設定を進めていきます。

現時点で口座情報を用意できない場合は、引き落とし口座の設定をカード到着後に行うことも可能です。その場合は「入会後の口座登録手続きに変更する」を選択します。口座情報の登録を完了するか、もしくは「入会後の口座登録手続きに変更する」を選択すると、以下のような画面が表示されます(プライバシーに関する部分は黒く塗りつぶしています)。

お申し込みの最終確認へ

FireShot Capture 12 - 楽天カード_ 楽天カードのお_ - https___apply.card.rakuten.co.jp_normal-member_confirm.xhtml

このページは、今まで入力してきたことに本当に間違いがないかを確認するためのものです。氏名、生年月日、住所、年齢などに問題がないかをもう一度チェックしていきましょう。規約などにも忘れずに目を通してください。

問題がない場合は、一番下にある「同意する」にチェックを入れて、「お申込みと楽天会員登録を完了する」をクリックします。これで申し込み手続きと楽天会員登録の手続きが同時に完了したことになります。クリック後の画面、もしくは先ほど登録したメールアドレスにカード申込受付IDが表示されるので、申込みについて問い合わせるときはこの番号を用意しておきましょう。

楽天カードの審査にかかる時間は?

楽天カードの審査は早い!数日以内にすべて完了するのがほとんどです。

楽天カードの審査時間は非常に短く、1営業日中、もしくは翌日までに結果が出ることがほとんどです。ただし、新規入会キャンペーンでもらえるポイントが増えている時期などは申込みが殺到するため、審査に1週間程度かかることもあります。逆にそのようなキャンペーンが行われていない期間は、数十分~数時間程度で終わることも珍しくありません。

また、同じ時期に申し込んでも、人によって審査にかかる時間が変わることがあります。基本的に公務員や正社員はその肩書だけで十分な支払能力があると判断されるため、審査はスピーディに終わることが多いです。また、過去に借り入れ経験があり、遅れずに返済している場合も早く終る可能性が高いです。

申込み後の本人確認は配達員が行うため、免許証などの用意が必要

前述の通り、楽天カードは原則として電話による在籍確認を行っていません。ではどうやって本人確認を行っているのかと言うと、宅配業者の配達員に確認させています。佐川急便は「受取人確認サポート」、日本郵便は「本人限定受取郵便」というサービスをそれぞれ提供しています。

これは配達員が本人確認を行い、確認が取れた場合のみ宅配物を手渡すというものです。受取にあたっては、本人確認ができる書類が必要になります。本人確認に利用できる書類は以下のとおりです。

楽天カードの本人確認書類
宅配業者 本人確認に使える書類
佐川急便 運転免許証
健康保険証
パスポート
在留カード
年金手帳
日本郵便 運転免許証
健康保険証
パスポート
在留カード
写真付き住民基本台帳カード
共済組合
国民年金手帳
年金手帳
公的機関が発行した写真付きの資格証明書

楽天カードが支持される「6つの理由」とは?

楽天カードはバランスの良いクレジットカード!利用者の評判も上々です

楽天カードは年会費無料クレジットカードの中では最高クラスのサービスを提供しています。日本最大級の顧客満足度調査「日本版顧客満足度指数(JSCI)」では10年連続で1位を獲得していることからも、そのサービスの充実具合がわかります。(参考:2018年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第5回調査結果発表

取扱高は年間6兆円以上、会員数は1500万人以上とどちらも圧倒的な数字であり、今や「最もメジャーなクレジットカード」といえるでしょう。

楽天カードが支持を集める理由は多数ありますが、その中でも代表的なものを幾つか紹介します。

楽天カードはポイント還元率が1.0%と高水準

クレジットカードを申し込む際に多くの方が気にするであろう基本還元率。最近は基本還元率が0.5%のクレジットカードも増えてきましたが、楽天カードの基本還元率は1.0%です。買い物するだけでどんどんポイントが貯まっていきます。

もしあなたが今基本還元率0.5%のクレジットカードで満足しているとしたら、それはとてももったいない話です。基本還元率が0.5%上がれば、1000円の買い物で5円、1万円なら50円、100万円なら5000円も得をします。これだけあれば結構な買い物ができますよね。

楽天市場の利用で還元率は3.0%に!

楽天市場での決済に楽天カードを利用すると、それだけでポイント還元率が3.0%になります。他に何も特別な手続きは必要ありません。その他にも

  • 楽天銀行の口座から楽天カードの利用金額を引き落とすと+1.0%
  • 楽天市場アプリで買い物をすると+1.0%
  • 毎月5と0のつく日は+1.0%

などの様々な上乗せがあり、最大で14.0%まで引き上げ可能です。流石に実現しづらい項目もいくつかありますが、口座引落や楽天市場アプリの利用などは達成しやすいですよね。楽天市場ヘビーユーザーにとって、楽天カードはもはや使わないほうがおかしいという位置づけになっています。

充実した付帯サービスで海外旅行も安心

無料のクレジットカードはポイント還元率が高いだけで付帯サービスはスカスカ、というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、楽天カードにはその法則は当てはまりません。国内・海外傷害保険はもちろん、海外レンタカー手配、手荷物宅配サービス優待、空港カウンターでの防寒具預かりサービスなどもあり、その内容は有料クレジットカードレベルです。

はじめての海外旅行は楽しみだけれど不安!という時に、楽天カードは最高のお守りにリマス。国際ブランドをJCBにすれば、50万円分の海外ショッピング保険も付帯しますので、治安がよろしくない国への旅行でもお金の心配はしなくて済みます。

楽天カードは審査がスピーディ

ある意味楽天カードの最大のメリットとも言えるのが、審査の早さです。世の中には様々なクレジットカードがありますが、楽天カードの審査の早さはトップクラスです。他のクレジットカードの審査では2週間以上かかったけれど、楽天カードだけはすぐに通った……というエピソードは珍しくありません。

もちろん、それでも全員が通るわけではありませんが、相当今までの経歴に問題がない限り(最近債務整理したなどの情報がない限り)は通る可能性は高いです。それは楽天市場を使う会員の拡大も兼ねているから。

審査スピードも早いので、すぐにクレジットカードを作りたいという方にもおすすめです。

楽天カードでは基本的に電話の在籍確認は行われないため、周囲にバレずに作れる

楽天カードの審査で電話の在籍確認が行われることはまずありません。在籍確認とは、カードの申込者が本当にその職場に勤務しているかを確かめる手続きのことです。通常はカード会社の社員がその人の勤務先に電話を掛けるという形で行われます。

多くのクレジットカード会社は在籍確認を行っていますが、楽天カードは原則としてこれを行っていません。例外的に行われることもありますが稀な話です。周囲にバレずにクレジットカードを作れるというのは何かと都合がいいですよね。

楽天カードは入会特典が豊富

「いまクレジットカードを作ると入会特典で●●●●ポイントプレゼント!」のような宣伝を目にしたことがある方は多いかと思います。この手法自体はよくあるものですが、楽天カードの入会特典は他のカードと比べて群を抜いています。また、楽天カードは時期によって入会特典が上乗せされることもあります。ちょっと工夫すれば、1万円分近いポイントが貰えます。もちろん、リボ払いなどあなたにとって不利になる設定は一切不要です。この記事では入会特典を限界まで貰う方法も解説していますので、そちらも参考にしてください。

楽天カードのその他のメリット

その他、楽天カードの細かなメリットを箇条書きで紹介いたします。

  • 加盟店で使用するとポイント還元率がアップする(ENEOS利用で2.0%)
  • 有効期限は12ヶ月だが、年1回でもクレジットカードを使えば有効期限が12ヶ月延長できる
  • 貯めたポイントで楽天証券の投資商品を買える
  • VISAブランドなら2枚持ちが可能

楽天カードに申し込む前にチェック「3つのデメリット」

楽天カードの悪い評判はどんなもの?

「ただより高いものはない」ということわざがありますが、楽天カードに限っては年会費がただでありながらサービスが非常に充実しています。ぜひ作ってください!

……と言われても、おそらく多くの方は「いくらなんでも話がうますぎる、楽天カードにはとんでもないデメリットが有るのでは?」と思われたことでしょう。あなたは鋭いです。

たしかに楽天カードにもデメリットは存在するからです。それは数々のメリットと比べれば大したものではありませんが、「辞めておけばよかった……」とならないためにも、一応確認しておきましょう。楽天カードの主なデメリットは以下の3つです。

楽天関連のメールが大量に来る

楽天カードの最大のデメリットが、「大量にメールが来て煩わしい」というものです。私も楽天カードを作った直後はあまりのメールに辟易としましたが、簡単な対処法を知ってからは月に数通のメールしか来なくなりました。

対処法はとっても簡単です。楽天カードのオンラインサービス「e-NAVI」で配信を解除すればいいだけです。郵送などの手間は全くかかりません。それでも何かいろいろとくるという場合は、メールサービスのフォルダ振り分け機能を使って、楽天側からのメールは全てまとめてしまえばスッキリします。

楽天カードはサポート体制に難あり?

楽天カードのコールセンターの対応は正直に言えば「悪い」です。対応自体も正直微妙なのですが、それ以前に電話そのものがなかなか繋がりません。「それはどこのクレジットカードにも言えることでは?」と思われるかもしれませんが、少なくとも個人の体感では楽天カードは特に繋がりづらいです。

コールセンターを増員すればいいのでは?と思われるかもしれませんが、それを決める社員の腰が重いようです。はっきり言ってステータスが高いとは言えず(だから審査も甘い)、しかもサービスが充実している楽天カードは、サポートに回すお金がない、もしくはお金をかける気がないのかもしれません。サポートなんて気にしないよ、という方ならば特に問題はないかと思いますが。

ETCカードの年会費は有料(500円+税)

楽天カード自体の年会費は無料ですが、ETCカードの年会費は有料(500円+税)です。車を運転しない人にとっては特に関係のない話ですが、運転する人にとっては結構重要な問題です。500円ぐらいの出費は必要経費と思って割り切るか、年会費無料の別のカードを作るかしましょう。

年会費無料カードでもすべて無料のETCカードがたくさんあります。

楽天カードの申し込みキャンペーン攻略法まとめ

楽天カードは楽天市場利用者には最もおすすめ!総合すれば明らかにメリットが多い!

今回の記事をおさらいしましょう。楽天カードは10年連続で顧客満足度1位に選ばれており、1500万人が利用しています。楽天市場ではポイントが常時3.0%以上になるなど、楽天の他のサービスとの相性も良好です。

  • 楽天カードは基本還元率1.0%、楽天市場なら3.0%以上の超優良クレジットカード
  • 審査が緩くスピーディな上、在籍確認もまずないので安心して作れる
  • 入会特典が豊富で、最大で9500ポイントもらえることも
  • 大量に来るメールはe-Naviで受け取らない設定にすれば無問題
  • 審査は早ければ当日中に終了、遅くても1週間程度で終わる
  • カード利用特典やキャンペーン特典を組み合わせれば、入会+1回の利用だけで8000ポイントもらえる

楽天カードは年会費無料でありながら基本還元率が高く、審査通過のハードルも高すぎず、特典も多いと全方面で優れたクレジットカードです。特に楽天市場を使用する人にとっては必須とも言えるお得差ですので、今までどのクレジットカードを作るか迷っていた方は、これを機会に申し込んでみてください。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP