クレジットカードの審査が厳しいのは昔の話?今の審査基準をチェック!

PCとメモ

クレジットカードの審査は、特に銀行系が厳しいなどと聞いたことはないでしょうか。

ゴールドカードは昔、審査が厳しくステータス性の高いものとされていましたが、現代ではステータス性が高かったはずのゴールドカードは比較的発行が簡単なタイプも出てきています。

今回は、そんなクレジットカードの審査基準について、今はどうなっているのか見ていきましょう。

クレジットカードの審査基準は厳しいの?

クレジットカードの審査について、昔はゴールドカードなどの審査が厳しいと言われていましたが、現代ではその限りではありません。

中には、比較的審査が甘く、ゴールドカード特有の特別な優待やサービスが全くない、年会費も格安に設定されているものも存在します。

もちろん、審査が厳しいクレジットカードも存在しますが、審査基準がそれほど高くない(いわゆる審査の甘い)クレジットカードも多く存在します。

一概に「審査が甘い」といっても、実際にどのような審査基準で審査を行っているかを知っておきたいと思いますので、順番に審査基準や、審査に通るコツなどを解説していきますね。

現代のクレジットカードの「主な審査基準」とは

現代は昔手作業で審査していた項目でも、機械を使った「スコアリング(点数付け)」が多くなっていますので、審査が甘めなクレジットカードが多いと言っても、スコアリングによる機械的な判断ですぐに落とされてしまうこともあります。

クレジットカードの審査基準で最も重要なのは、「3C」と呼ばれる3つの項目です。

  1. 1.Capacity(返済能力)
  2. 2.Character(性格)
  3. 3.Capital(資産)

1.Capacity(返済能力)

Capacity(返済能力)とは、クレジットカードの契約者がきちんと借りたお金を返済するだけの能力があるかをチェックしています。

返済能力は最も重要な項目の一つで、返済能力が無いと判断されると発行されないのは、今も昔も同じです。

一例としては、次の項目をスコアリングしています。

  • 年代
  • 職業
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 勤務先情報(従業員数、資本金、規模や設立年数など)

この中でも、勤務先についての情報や勤続年数、年齢などは特に重視され、勤務先の情報よりおおよその年収なども推測できるため、申し込み用紙に記載した年収をあまりにも多く書くという行為は危険です。

一般的には、大きな安定した企業に長く勤めている人ほど審査には有利に働きます。

ステータス性の高いカードの一部は、昔では具体的に年収や年齢などで対象者を絞っていたようですが、今ではそういった壁を無くし、さほど年収が高くなくても発行するケースも出てきているようです。

2.Character(性格)

Character(性格)とは、返済時に出る個人の性格、傾向を指しています。
もっと言えば、この人はお金の返済に対してルーズなのか、それともきちんと滞りなく返すのかということです。

性格は申し込み用紙からの情報だけでは全く分かりませんので、一般的に「信用情報機関」に記録されているクレジットヒストリーを参考にしています。

クレジットヒストリーは、過去のクレジットカード利用状況や、携帯電話料金の引き落とし、ローンなどのお金の貸し借りに関する履歴が載っており、3Cでいう「性格」は、この履歴から機械的に判断されます。

性格面に関して言えば、現代でも信用情報にキズがある人に対してはまずクレジットカードは発見されませんので、この項目だけが原因で審査に落とされてしまうことも十分考えられます。

信用情報のキズとは、具体的に言うと滞納、自己破産などの金融事故を指しており、クレジットヒストリー上では全て「異動」と記載されます。

うっかりの支払い忘れが原因でキズを作ってしまっただけでも、機械的に信用できないと厳しく判断されるため、特に注意が必要な項目です。

3.Capital(資産)

Capital(資産)は、申し込み書類のうち、主に住居に関する項目でチェックされます。

賃貸よりも持ち家の方が、ふつう審査上有利に判断されます。
理由は、賃貸では契約者の所有物ではありませんが、持ち家は契約者の所有物ですので、いざという時に担保になると見なされるためです。

ただし、持ち家だから必ず審査に通るということではなく、性格や返済能力に比べると重要ではないことが多いと言えます。

あくまでも、審査に有利になるプラスアルファとして捉えておいた方が賢明です。

逆に言えば、賃貸に暮らしているという理由だけで審査に落とされてしまうことは考えにくいため、賃貸に暮らしているからと言って不安になる必要もありません。

クレジットカードの審査に通るにはどうしたらいいの?

さて、ここまででクレジットカードの審査で重視するポイントについて解説いたしましたが、実際にクレジットカードに申し込みをするにあたって知りたいのは、「どうすればより発行される確率が上がるか」ですよね。

3Cと呼ばれる重要項目の内容は、クレジットカードの審査対策としてすぐに改善するのは難しいものが多いため、ここでは比較的簡単にできる審査対策を4つご紹介します。

  1. 申込項目はしっかりと埋める
  2. 多重申し込みをしない
  3. 使っていないクレジットカードの解約
  4. 審査の甘めなクレジットカードから挑戦する

1.申込項目はしっかりと埋める

意外に見落としてしまうのが、申し込みの内容にミスがないか、もしくは記入漏れがないかという点です。

申し込みの内容にミスがある場合、ミスの内容によっては書類やクレジットカードが自宅まで届かないこともあるため、内容の確認はしっかりする必要があります。

また、必須項目ではないところでも、記入することでプラスにはたらくケースもあるため、面倒だからと必須項目だけ書くのではなく、良い方向に働きそうな項目であればきちんと記入しましょう。

また、会社の規模や勤続年数などからおおよその年収は予測されますので、あまりに年収を多く書きすぎてしまうと、虚偽の申告とみなされ審査に落ちてしまいます。

給料の管理を配偶者に任せっきりにしている場合などでも、大きく数字にミスがないように、一度確認してから項目を埋めるように心がけてください。

2.多重申し込みをしない

どうしてもすぐにクレジットカードが欲しい!という時、一度にたくさんのカードを申し込むのは逆効果です。

ふつう、クレジットカードが何枚も同時に必要になることはほとんどありません。ですので、一度に4枚以上など、複数のクレジットカードに申し込みをすると、クレジットカード会社からするとお金に困っているように見えてしまい、審査落とされてしまいます。

その結果、早くカードを手に入れるために複数申し込みをしたのに、全てのカードで「多重申し込み」が原因で断られてしまったという事態にもなりかねませんので、急いでいる時には複数申し込みはせず、審査・発行が早いクレジットカードに的を絞って申し込みしましょう。

3.使っていないクレジットカードの解約

クレジットカード発行の際には、クレジットカード会社ごとに「与信枠」というものを判断し、その範囲で利用限度額を定めて発行します。

与信枠とは、お金を貸す相手に「信用して」貸すことができる限度額のようなものです。

例えば、年収が10万円の人に年間100万円を貸すのは危険ですが、年収が1億円の人であれば年間100万円貸すのは大丈夫など、極端に例えるとこのようなイメージです。

使っていないクレジットカードを多く保有していると、そのカードの利用限度額の合計が与信枠を超えてしまい、新しいクレジットカードの発行が難しくなるケースもあります。

ですので、新規で手に入れたいクレジットカードがある場合には、あらかじめ不要なカードを手放しておくことをおすすめします。

4.審査の甘めなクレジットカードから挑戦する

エポスカードもし、最終的に手に入れたいクレジットカードの審査が厳しめだと感じたら、まずは審査の比較的甘い「流通系」の『エポスカード』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)などのクレジットカードで「良いクレヒス」を作ってみましょう。

審査が比較的厳しいクレジットカードを手に入れるには、ある程度の年収などのステータスと、「良いクレヒス」が必要です。

良いクレヒスとは、ここではコツコツとクレジットカードなどの借金を滞りなく返しており、クレジットカードなどの利用頻度も比較的高いクレジットヒストリーを指します。

最後の手段は消費者金融のクレジットカード

アコムACマスターカード職業や年収は自分でコントロールすることはできませんが、クレジットヒストリーは自分でコントロールできるため、審査の厳しいカードの準備として、審査の甘いカードを発行して利用履歴を積むのはとてもおすすめです。

クレジットカードとしての魅力は低いですが、審査基準が非常に低い「消費者金融系」の『アコムACマスターカード』(年会費無料/還元無し)は、クレヒスを積み上げるための最後の手段として有名です。

逆に、「銀行系」のクレジットカードは比較的審査が厳しいと言われておりますので、クレヒスも積まずに、いきなり銀行系のハイ・ステータスカードに挑戦することはやめておきましょう。

憧れの「ゴールドカード」も種類によっては手に入る!

さて、昔は厳しい基準で発行されていた「ゴールドカード」も、今では種類によっては、比較的甘い審査で発行されるものも少なくありません。

もちろん、今回ご紹介した「3C」のような審査基準は設けていますので、クレジットヒストリーなどの状況によっては発行がかなり厳しい場合もありますが、ただ単にステータスとして、種類を問わずに発行したいのであれば、それほど難しくないといえます。

特に、流通系のクレジットカードは、ゴールドカードでも審査が甘めなものがありますので、クレジットカードの審査は厳しいと諦めていた方も、一度挑戦してみる価値はあります。

その際には、ぜひ今回ご紹介した「審査に通るコツ」も忘れずに実践してみてくださいね。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
年会費無料クレジットカード比較!無料で高還元率のおすすめクレジットカード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすい?クレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査が早いおすすめクレジットカード
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
世界で通用するステータスカード!海外最強クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリンカード=ガソリン代が安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
「学生」重視派
学生クレジットカードの審査比較!大学生や専門学生が審査落ちしにくいクレカ
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP