クレジットカードの審査でカード会社が申告された年収、勤務年数の嘘を見抜く方法とは?

チェック
クレジットカードの審査時に年収をやや多めに書くという人もいるかと思いますが、クレジットカード会社が審査時にどのようにその「嘘」を見抜いているかをご存知でしょうか。

今回は、クレジットカードを作る際に必ず記入する「年収」や「勤続年数」、「勤務先」などの情報をどのようにチェックしているのか、嘘をついていた場合どうなるのかを解説します。クレジットカードを申し込む前にしっかりと情報を知り、間違いのないようにしていきましょう。

クレジットカードの審査で申告内容に「ウソ」を書くことは絶対にNG

クレジットカードの申し込み時に、年収や勤続年数、勤務先情報など「属性」に関わる部分を少し大げさに書いたり、事実とはかけ離れた内容を申告したりする方もいます。

クレジットカードの審査は、年収や勤務先などの「純粋な支払い能力」だけを見ているのではなく、総合的に情報を見て審査を行っています。たとえ即日発行のクレジットカードであっても、すべての審査基準をクリアしなければ発行はされません。それぐらい審査は厳密です。

クレジットカードの審査で年収などの「ウソ」がバレれば発行は難しい

当然、虚偽の申告が見抜かれてしまった場合は、実際の年収などに問題がなくても「信用力」を疑われ、カード発行はできなくなりますので、申し込み時の記入内容に「まったくのウソ」を書くことは絶対にやめましょう。

とはいっても、店頭でのクレジットカード申し込み時や、出先でクレジットカードの申し込みをしたい時に、年収の正確な情報を常に把握しておくことは不可能ですよね。ここで「NG」といっているのは、あくまで「わざと、悪意をもって」実際からは大きく異なる情報を記載することです。

年収をキリのいい数字で申告する程度であればクレジットカードの発行には問題なし

例えば、実際の年収が580万円だったとき、きりよく600万円と申告する程度であれば、実際とかけ離れている数字ではないため全く問題はありません。問題となるのは、実際の年収が200万円のところを1,000万円と書くという「完全な嘘」を申告する場合です。

勤務先を偽るというのも同じく大きな嘘ですので、明らかに異なる情報を記入することはやめましょう。

クレジットカードの審査で年収、勤続年数などの嘘をチェックする方法とは?

申し込み者が年収や勤務先、勤続年数などの情報を偽っているかどうかについて、クレジットカードの審査時に会社側が調べることは難しいです。

基本的には50万円以上の高額なキャッシング枠を希望している(この場合、収入証明書が必要になる)場合を除き、はっきり言って「完璧に調べる方法」はありません。ですが、あくまで一例として、完璧ではなくとも下記の方法で情報を集めてある程度まで検証することは可能です。

  1. 信用情報機関に登録された過去の情報と整合性を確認
  2. 上場企業であれば、公開されている平均年収や規模の情報をもとにチェック
  3. 職種や勤続年数で、おおよその業界水準と比較する
  4. 勤務先は電話で在籍確認することも

1.信用情報機関に登録された過去の情報と整合性を確認

勤務先や勤続年数の嘘を、信用情報との整合性で確認することもできます。
クレジットカードやローンなどの、一度お金を借り、後から返済するという「信用取引」に関わっている組織は、基本的に日本に3つある「信用情報機関」のいずれかに加盟することが義務付けられています。

そして、3つの信用情報機関は「CRIN(クリン)」と呼ばれる情報ネットワークを持っており、お互いの情報を共有しています。
信用情報機関に登録される情報は、信用取引に関わる情報全般ですが、「クレジット情報」として、契約中のクレジットカードやローンを申し込んだ際に申告した本人識別情報も登録されています。

本人識別情報は、過去に申し込み時に申請された「勤務先名」も確認することもできます。

申請内容から嘘を見抜く際の一例

たとえば新たに申し込むクレジットカード会社に、以下の内容で申請したとします。

  • 勤務先:株式会社A
  • 勤続年数:5年

そして、1年前に契約したクレジットカード会社へと申請された本人識別情報を確認し、以下のように記載されていたとしましょう。

  • 勤務先:株式会社B
  • 勤続年数:(信用情報ではこちらは登録しません)

この2つの情報を見比べると、1年前に働いていた会社とは別の会社名を申告しているにも関わらず、「勤続年数5年」というのは明らかにおかしいことがわかりますよね。このようにして、信用情報の内容から整合性を確認して嘘をあぶり出すこともできます。

2.上場企業であれば、公開されている平均年収や規模の情報をもとにチェック

勤務先に株式上場企業を記入してあった場合、上場企業は平均年収や社員平均年齢などの詳細情報を開示しているため、記入された年収・勤続年数の情報と、公開されている情報との間に大きな隔たりがないかをチェックされます。

例えば、平均年収500万円、社員平均年齢30歳のところを、23歳のクレジットカード申込者が「年収1,000万円」と申告したら、怪しまれるのは当然ですよね。

そのため、勤務先が合っていても、上場企業勤務で「大きな嘘の年収」を記入すればすぐにクレジットカード会社には「虚偽の申告」とわかってしまうので、見栄を張って多く書く行為はやめましょう。

3.中小企業であれば職種や勤続年数で、おおよその業界水準と比較する

あまり有名ではない中小企業に勤めている場合は、申告された職種や勤続年数から、一般的な業界水準と比較して年収が多すぎないかを見られていることもあります。

とはいっても、企業によって年収は大きく違ってきますので、正直に記入してありよほどひっかかるような内容でなければ、審査にはあまり影響がないでしょう。

怪しまれる一例としては、「勤続年数1年」で「年収1,000万円」と申告した際、業界水準では「勤続年数1年」の場合平均年収が「300万円」など、申告内容との差があまりにも大きいと、念入りに確認が行われる場合もあります。

4.クレジットカード会社が勤務先を電話で在籍確認することも

こちらに関しては行っていないクレジットカード会社もありますが、勤務先情報が間違っていないか確認する方法として、「勤務先への電話確認」があります。

ステータス性の高いクレジットカードでは、確認が念入りになるため、電話確認が行われるケースも多いと言えます。勤務先として嘘を書いた場合は、ここで発覚してしまいます。

ミスでは済まないような嘘を書いていた場合は、クレジットカードが発行されないのは当然ですが、「この人は信用できない」として社内ブラックにされてしまうため、当たり前かもしれませんが、年数が経っても新たに同じ会社でクレジットカードを作ることは絶望的と考えてください。

クレジットカードの審査で重要なのは年収の多さよりも「安定した収入」があること

さて、いくらクレジットカード会社側に「はっきりと確認する」方法がないといっても、本気になれば例外的に収入証明書の提出を求めることもできるわけですから、年収や勤務先などに嘘を書くことには大きなリスクがあることは分かっていただけたかと思います。

それでも自分の年収に不安がある、という方にお伝えしたいと思いますが、一部のハイ・ステータスカードを除き、基本的にクレジットカード会社が見たいのは「この人は使ったぶんだけちゃんと返済できる収入があるか」ということです。

年収は200万円ほどでもクレジットカードの発行に至るケースは多い

つまり、ショッピング枠やキャッシング枠の金額が大きいクレジットカードでなければ、年収が200万円以上安定してあればOKという会社も多いのです。

大切なのは、年収が多いかということよりも、まずは「安定収入があり、返済できるか」ということですので、ありのままの自分の状況を書いてみましょう。それで審査に落ちてしまっても、気落ちせずにもっと「自分の状況」に合わせたクレジットカード選びをすれば大丈夫です。

クレジットカードの審査で嘘の申告を通せば立派な「犯罪」です!

世の中には、「アリバイ会社」というものがあり、在籍確認の電話を請け負ったり、中には書類までも偽造したりするところもあると言われています。

この方法は一見うまくいきそうと感じるかもしれませんが、信用情報に難ありなどの「ひっかかり」で詳しく調べられれば、当然嘘だとわかってしまいます。

ウソはクレヒス(信用履歴)に大きなダメージが残ります

そこまでしてクレジットカード会社を「騙す」という行為は、もはや「犯罪」ですし、最悪の場合詐欺罪として訴えられることもあります。

なんども口すっぱく書きますが、クレジットカード会社を故意にだまし、カード発行に成功したとしても、結果的に自分の首をしめてしまうだけですので、そのようなことは絶対にやめましょう。

クレジットカードの審査に通りたいのであれば、情報を正しく書こう

クレジットカードの審査時に申告する年収などの情報は、基本的には正確に確認することが難しい情報です。しかし、虚偽の申告をしてしまうと、クレジットカードが作れないだけではなく、信用が無くなり、最悪の場合犯罪に手を染めてしまうことになりかねません。

審査に年収は重要だが「信用度」も見られてる!

クレジットカードの審査で重要視されるのは、年収などの「返済能力」はもちろんですが、クレヒスなどで確認できる「性格」、つまりきちんとお金を返してくれる「信用」がある人物かということもきちんと見ています。

クレジットカードの審査にどうしても通りたいのであれば、ミスなく情報を正しく書き、「自分の状況に合った」クレジットカードに申し込むのがおすすめです。もし審査に通る自信がないのであれば、比較的審査の甘いとされるクレジットカードから自分にぴったりの1枚を選びクレヒスを積むのも良いので、ぜひチャレンジしてみましょう。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP