国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

家族カードおすすめ比較!家族カードがお得なクレジットカードランキング

  • dカード GOLD

    家族会員もdポイントクラブゴールドステージ!年会費無料で10%還元

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 1.0%
    11,000円(税込) 11,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    約2週間 VISAカードマスターカード
    • DoCoMo携帯電話&ドコモ光料金から10%をポイントで還元!料金支払いは別クレカ
    • いつでもどこでもポイント1%還元!ローソン、ファミマは2%お得
    • dカードケータイ補償にショッピング保険も付帯!DoCoMo&ドコモ光料金も還元
  • JCBゴールド【JCB ORIGINAL SERIES】

    初年度年会費無料!家族カード1枚無料!国内最高のステータス

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~0.75%
    オンライン入会で初年度無料(次年度以降:11,000円(税込)) 11,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    平日11時までのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け JCBカード
    • 国内最高峰のステータスカード!アメックス、ダイナースに次ぐゴールドカード
    • オンライン入会で初年度年会費無料!還元率は最大0.8%!セブンでポイント3倍
    • 海外旅行傷害保険は家族特約付き!空港ラウンジは招待状でプライオリティ・パス
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

    富裕層のためのアメックスゴールドカード!家族カードも特典満載

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.3%~1.0%
    31,900円(税込) 31,900円(税込)
    発行期間 ブランド
    約3週間 アメリカンエクスプレス
    • T&Eサービスを強化した大人のアメックス・ゴールドカード!審査基準もひと味違う
    • 富裕層向けの特別なサービス!ゴールド・ダイニングやゴールドデスクを提供
    • 空港ラウンジは同伴者1名まで無料!家族特約付き国内・海外旅行保険が付帯!

家族カードおすすめ比較!家族カードがお得なクレジットカードランキング

家族カードは追加発行タイプのカードなのでそれを利用する家族はほぼ審査を気にせず持つことができます。

また本人会員に比べて年会費もリーズナブルで、親カードに付帯されている特典やサービスを利用することもできます。

それぞれで利用したポイントを合算して貯めることもできますので、ポイントプログラムも賢く利用することができ、マイルだって効率的に貯めることができます。

今回はおすすめの家族カードやメリット・デメリットなどの特徴、そして活用方法や審査基準などを比較してみましたので、ファミリーでお得な活用方法を見つけてみましょう。

家族カードとは

「家族カード」とは、クレジットカードにおける追加カードのひとつです。契約者以外の家族が持つことができます。

契約者本人が持つものが本カード(親カード)、家族が持つものを家族カード(子カード)となります。別名、「ファミリーカード」とも呼ばれます。

詳細は後述しますが、家族カードの最大の魅力は親カードの特典を共有できるところです。ただそれ以外にも、家計管理の面でも様々な魅力があります。

家族カードのメリット

家計の出費を一元管理できる

たとえば配偶者だけでなく子供に対しても発行することができます。また、離れて暮らす両親や子供に対しても発行することができるのです。

また、クレジットカードの利用明細は家族カードごとに発行されますが、請求は親カードと一括となります。誰がどれだけ利用したかをしっかり把握できるため、収支の管理もラクラクです。

親カードと同じクレジットカードの特典を受けられる

仮に親カードの年会費が高くても、家族カードまでその年会費を負担する必要はありません。

家族カードは年会費が無料、もしくは親カードよりもはるかにお得な年会費で持つことができます。加えて、親カードに付帯されている特典や保険などの付帯サービスも利用することができます。

家族間で貯めたポイントを合算できるからポイントやマイルを貯めやすい

これも家族で持つべきクレジットカードの大きなメリットのひとつですが、親カードと家族カードそれぞれで貯めたポイントを合算することができます。

1枚だけで貯めるよりもより効率的にポイントが貯まります。もちろん、マイルの貯まるクレジットカードであればマイルを合算して貯められるので1枚で貯めるよりも早く特典航空券などを手にすることができます。

ブラックでもクレジットカードを持てる

家族カードの場合、親カードに対する追加カードですので、家族が審査されることはありません。

厳密に言えば簡単な審査は行われますが、それはあくまでも親カードを所持する本会員に対してのみの審査となります。

そのため、一般的に「ブラック」と呼ばれる属性でも、家族カードであれば持つことができるのです。どうしてもクレジットカードを持つことができない場合は、家族カードも検討してみるのがおすすめです。

家族カードを持つ上で知るべき基礎知識

追加カードなので発行手数料や枚数に制限がある

家族カードはETCカードのような追加発行カードとなりますので、カードによっては発行手数料がかかる場合もあります。

もちろん、発行手数料が無料のカードもありますので、発行手数料がかかるかかからないかを選び方の基準とするのもいいでしょう。

クレジットカードの家族カードは、すべての家族に発行できるとは限りません。発行枚数に制限のあるカードもあります。各カードによって発行可能枚数が異なりますので、発行可能枚数の事前チェックも必須です。

親会員よりも年会費が安い、もしくは無料で発行できる

家族カードは、本会員の親カードよりも年会費も低いのが特徴ですので、維持コストもリーズナブルです。

また、年会費一切無料の家族カードもあります。このあたりもクレジットカードによって異なりますので、維持コストを抑えたいのであれば、年会費無料で発行できるタイプの親カードを選びましょう。

これから本会員のクレジットカード選びを行い、それに伴って家族カードを検討するのであれば、親カードとなるクレジットカードにどのような特典や付帯サービスがあるのかにも目を向けてみましょう。

せっかくクレジットカードを持つのであれば付帯特典やサービスも活用しないともったいないですし、付帯されている特典やサービスが利用シーンに合わないものであればその分だけ無駄になってしまいます。

ましてやそのカードが年会費のかかるタイプであればなおさらのこと、特典やサービスを活用しなければコスパの悪い1枚に成り下がってしまいますので注意が必要です。

家族カードを発行するクレジットカードの選び方

ポイント還元率で選ぶ

家族で持つべきクレジットカードで最大の魅力は、ポイントの貯めやすさでしょう。

親カードと家族カードでポイントを合算することができますので、ポイント還元率の高いクレジットカードであれば、1人で貯めるよりもより効率的にポイントを貯めることができます。

特典や付帯サービスで選ぶ

例えばゴールドカード以上のステータスカードであれば、付帯する上質な特典やサービスが付帯しています。

当然ながら、家族カードでも同様の特典&サービスを利用することができます。もちろん、一般カードであっても付帯特典やサービスが付帯していればそれを利用することができます。

お目当てのクレジットカードにどのような付帯特典や付帯サービスがあるのか確認し、家族で持つべきクレジットカードを選ぶのもおすすめです。

コスパで選ぶ

家族カードは、本会員と同様のサービスを利用できる上に年会費も無料、もしくは本会員よりも格安で持つことができます。

それだけでも十分にお得なのですが、上記したように親カードのステータス性が高ければ高いほど、そのコスパも高くなります。

ハイステータスなクレジットカードでも、「家族カード1枚まで年会費無料」、「家族カード1枚目は初年度年会費無料」というものであれば、年会費数万円の価値があるサービスを家族は無料で使えるのでコスパは抜群です。

家族カードのデメリット

親カードの利用可能枠内でしか利用できない

家族カードはそれぞれ1枚ずつに利用可能枠が設けられているわけではなく、親カードの利用可能枠内でしか利用できません。

つまり、それぞれに大きな買い物で利用したりしてしまと、たちまち利用可能枠が少なくなってしまいますし、親カードの利用可能枠が元々少なければ、ショッピングで利用できる範囲も限られることになります。

親カードにどこで何に家族カードを使ったのか分かるカードもある

家族カードの利用明細は親カードとは別に発行されますが、請求は一括となりますので、誰がどこで何に使用したのかが一目瞭然でバレてしまいます。

時と場所と品物を考えて利用しなければなりません。

家族カードは発行枚数に限度があることもある

家族カードの発行に枚数制限を設けているクレジットカードもありますし、1枚目と2枚目以降とでは年会費が異なるクレジットカードもあります。

ただし、発行枚数に関してはよほどの大家族でない限りは問題ありません。核家族化が進んでいる現在であれば、高校生を除く18歳以上の家族すべてに家族カードを発行してもらうことは難しくないはずです。

全てのクレジットカードで家族カードを発行できるわけではない

家族カードは追加カードですので、そもそも追加カードを発行できないクレジットカードもあります。

若者向けに発行されているようなクレジットカードもそうですし、年会費無料カードの中にも家族カードの発行できないものがあります。

すべてのクレジットカードで家族カードが発行できるわけではないので、申し込み前にしっかりチェックしておくことが大切です。

家族会員は家族カードでクレヒスを育てることができない

家族カードは、ブラックの属性でクレジットカードを作れない人でも持つことはできますが、家族カードを利用してクレヒスを育てることはできません。

クレヒスは自力で審査に通って初めて積み上げていくことのできるものですので注意しましょう。

家族カードの活用法まとめ

一つ屋根の下に暮らす家族にしても、離れて暮らす家族にしても、それぞれの生活スタイルもあればお金の使い方も様々です。

個性的な特典を付与したクレジットカードがたくさん出ているので、その中から自身のスタイルに合う家族カードを発行することをおすすめします。

  • dカード GOLD

    家族会員もdポイントクラブゴールドステージ!年会費無料で10%還元

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 1.0%
    11,000円(税込) 11,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    約2週間 VISAカードマスターカード
    • DoCoMo携帯電話&ドコモ光料金から10%をポイントで還元!料金支払いは別クレカ
    • いつでもどこでもポイント1%還元!ローソン、ファミマは2%お得
    • dカードケータイ補償にショッピング保険も付帯!DoCoMo&ドコモ光料金も還元
  • JCBゴールド【JCB ORIGINAL SERIES】

    初年度年会費無料!家族カード1枚無料!国内最高のステータス

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~0.75%
    オンライン入会で初年度無料(次年度以降:11,000円(税込)) 11,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    平日11時までのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け JCBカード
    • 国内最高峰のステータスカード!アメックス、ダイナースに次ぐゴールドカード
    • オンライン入会で初年度年会費無料!還元率は最大0.8%!セブンでポイント3倍
    • 海外旅行傷害保険は家族特約付き!空港ラウンジは招待状でプライオリティ・パス
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

    富裕層のためのアメックスゴールドカード!家族カードも特典満載

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.3%~1.0%
    31,900円(税込) 31,900円(税込)
    発行期間 ブランド
    約3週間 アメリカンエクスプレス
    • T&Eサービスを強化した大人のアメックス・ゴールドカード!審査基準もひと味違う
    • 富裕層向けの特別なサービス!ゴールド・ダイニングやゴールドデスクを提供
    • 空港ラウンジは同伴者1名まで無料!家族特約付き国内・海外旅行保険が付帯!