Amazonギフト券10種類の特徴・メリット・違いのまとめ!クレジットカードでも買える商品券

Amazonギフト券の販売ページ

Amazonギフト券は日頃の感謝を示す贈り物にもぴったりな便利なギフト券です。種類も豊富で個人利用でも便利なので、使ったことがあるという方も多いかと思います。

実はこのAmazonギフト券はクレジットカードでも買えることで有名です。でも一方で不正利用が疑われるとクレジットカードが利用停止になってしまうリスクもあるってご存知でしたか?

より便利にAmazonギフト券を使う方法、安全にクレジットカードで買う方法を解説いたします。

Amazonギフト券とは?

Amazonギフト券はAmazon専用の汎用商品券!だからクレジットカードでも買える!

Amazonギフト券(封筒タイプ) のイメージ

Amazonギフト券は、Amazonで買い物ができる金券(商品券)です。金券に記載されているギフト券番号をAmazonのWebサイトで入力すると、そのアカウントに残高が登録され、その範囲内で自由に買い物ができるようにるという仕組みになっています。有効期限が最大10年と長く、自分で使うのにはもちろん、他者への贈り物としても便利な仕組みです。

Amazonがコントロールしてる!だからクレジットカードでも購入可能

Amazonギフト券はオンラインでも、実店舗でも購入できます。オンラインのAmazon、及び一部の実店舗ではクレジットカードで購入できます

実店舗で購入する場合は無駄足を避けるために事前にAmazonギフト券を取り扱っているか確認したほうが良いかと思いますが、大抵のコンビニや、多くのディスカウントストア、薬局などで取り扱っているので、よほどの僻地でもない限りは問題なく購入できるでしょう。

なぜAmazonギフト券はクレジットカードでも買えるの?

これはAmazonがギフト券を管轄し、自ら不正を監視し、コントロールできる立場にあるからです。Amazon側で不正利用を監視できるため、クレジットカードでも購入できるのです。

逆に言えばAmazon側が怪しいと考える取引は停止されることも考えられます。Amazonギフト券によるクレジットカード現金化を避けるためです。

Amazonが不正利用やクレジットカード現金化をチェックしてます

Amazonギフト券チャージタイプはキャンペーンで最大2.5%のポイント付与が行われるなど、メリットが大きいですが、クレジットカード・電子マネー払いは対象外です。これらの点も考慮して、最適なギフト券タイプをお選びください。

Amazonの利用で人気のクレジットカード3選

Amazonプライム会員は必須のゴールドカード

年会費無料のアマゾンカード!どこでも還元率1%

年会費無料の高還元率カード!Amazonで2%還元

Amazonギフト券の種類

Amazonギフト券は全10種類!基本はカードタイプ、チャージタイプ、商品券タイプの3種類

Amazonギフト券は全部で10種類あります。10種類もあると聞くと混乱してしまうかと思いますが、どれも基本的な仕組みは一緒なので難しく考える必要はありません。初心者の方はとりあえず「カードタイプ」と「チャージタイプ」、「商品券タイプ」の3つだけを把握しておけばいいかと思います。

Amazonギフト券 全10種類の比較表
タイプ 概要 金額の種類 購入場所 有効期限 贈り物として適しているか
Amazonギフト券カードタイプ
カードタイプ
実店舗のラックに陳列されている、カードタイプのAmazonギフト券。
ラックに掛けてあるカードを選び、レジで会計する。レジを通さないと使えない仕組みになっているため、万引きしても意味がない。
3000円、5000円、1万円、2万円、バリアル(1500円~5万円の間で、1円単位で自由に設定可能) 実店舗(コンビニ、スーパー、薬局など) 10年 あまり適さない
Amazonギフト券チャージタイプのイメージ
チャージタイプ
ウェブ上で直接チャージするタイプ。番号の入力が不要で、チャージ額に応じてAmazonポイントが貰える。クレジットカード払いは付加。 5000円~ Amazon公式サイト 10年 適さない
Amazonギフト券 商品券タイプのイメージ
商品券タイプ
封筒に商品券が封入されているタイプのAmazonギフト券。店舗で買うか、Amazon公式サイトから注文する。 500円、1000円、5000円 実店舗(一部の大黒屋)、Amazon公式サイト 10年 適している
タイプ 概要 金額の種類 購入場所 有効期限 贈り物として適しているか
ローソン・ミニストップのLoppiで買えるAmazonギフト券シートタイプの操作イメージ
シートタイプ
実店舗のマルチメディア端末で印刷するタイプのAmazonギフト券。端末を操作して発行し、その後レジで決済する。操作に多少の手間がかかる。 2000円、3000円、5000円、1万円、2万円、2万5000円 実店舗(主にコンビニ) 10年 あまり適さない
Amazonギフト券Eメールタイプのイメージ
Eメールタイプ
Eメールに添付して送るタイプのAmazonギフト券。イラストやアニメーションを付け加えられる。
他者への贈り物として使うのが一般的。贈る日を最長1年先まで指定できる。
15円~50万円(1円単位で設定可能) Amazon公式サイト 10年 非常に適している
Amazonギフト券印刷タイプのイメージ印刷タイプ 相手に直接手渡しで贈るタイプのAmazonギフト券。メールアドレスへPDFリンクを送付し、それを印刷して手渡す(自分でも使える)。贈る側にPDFが開け、印刷ができる環境が必要。デザインが豊富。 15円~50万円 Amazon公式サイト 10年 非常に適している
Amazonギフト券グリーティングカードタイプのイメージ
グリーディングカードタイプ
相手に直接手渡しで贈るタイプのAmazonギフト券。ギフト券本体のほか、グリーディングカードと化粧封筒がついてくる。グリーディングカードのデザインの種類はあまりない。 1000円、2000円、3000円、5000円、1万円、3万円、5万円 Amazon公式サイト 10年 非常に適している
Amazonギフト券ボックスタイプのイメージ
ボックスタイプ
相手に直接手渡しで贈るタイプのAmazonギフト券。ギフト券本体が可愛らしい箱の中に入っている。 5000円、1万円、3万円、5万円 Amazon公式サイト 10年 非常に適している
Amazonギフト券封筒タイプのイメージ
封筒タイプ
相手に直接手渡しで贈るタイプのAmazonギフト券。ギフト券本体が封筒の中に入っている。 3000円~ Amazon公式サイト 10年 非常に適している
Amazonギフト券マルチパックのイメージマルチパック カードタイプの10枚セット。 3000円×10枚、5000円×10枚 Amazon公式サイト 10年 あまり適さない

Amazonギフト券をクレジットカードで買う3つのメリット

Amazonギフト券は現金よりもクレジットカードで買った方がお得!?

Amazonギフト券は原則として、カードタイプ、シートタイプ、チャージタイプのものを除いてはクレジットカードで購入できます(一部の実店舗ではカードタイプ、シートタイプのものもクレジットカードで買えるようです)。

「別に現金で払ってもクレジットカードで払っても大差ないのでは?」と思われるかもしれませんが、基本的にAmazonギフト券はクレジットカードで買ったほうがお得です。理由は全部で3つあります。

クレジットカード払いならダブルでポイントが貰える

クレジットカードでAmazonギフト券を購入すれば、クレジットカードのポイントと、Amazonで使えるAmazonポイントを両方一気に獲得できます。銀行振込等だとAmazonポイントしかもらえなくなってしまいますので、クレジットカードのほうが明らかにお得です。

ただし、Amazonポイントについては必ずしももらえるわけではありません。商品の種類によってはもらえないこともありますので、事前に確認しておきましょう。

利用金額を管理しやすく、無駄遣いを防げる

Amazonギフト券を現金で購入していると、今月自分がいくら使ったのかを把握しづらくなってしまいます。明細が送られてくるクレジットカードで必ず支払うようにすれば、無駄遣いをより効率的に防げます。

ギフト券の残高もAmazonで一目で把握できるので、こちらの機能と合わせて、うまくコントロールしてください。

高額なギフト券が購入できる

Amazonギフト券の中には、金額が10万円以上するような高額なものもあります。これだけ高額なものを現金で決済するというのは大変ですし、手間もかかります。クレジットカードで払うようにすれば楽ですし、さらには高額な金額に応じた大量のポイントもゲットできます。

Amazonギフト券をクレジットカードで購入するデメリット

Amazon側に不正利用を疑われるとクレジットカードが利用停止になる

前述のとおり様々なメリットがあるAmazonギフト券のクレジットカード購入ですが、一方で気をつけなければいけないリスクもあります。クレジットカードでAmazonギフト券を購入した場合、その買い方によってはクレジットカードの利用が停止となってしまうリスクが有るのです。

実際に利用停止になることはあまりありませんが、Amazonで決済ができなくなる可能性はそれよりも高く、注意に値します。

クレジットカード会社はショッピング枠の現金化を非常に嫌う

なぜクレジットカードが突然利用停止になったり、Amazonで決済ができなくなったりするのか。理由は簡単で、クレジットカードのショッピング枠の現金化を防止するためです。

クレジットカードには買い物に使える「ショッピング枠」と、短期融資を受けるための「キャッシング枠」があります。通常、ショッピング枠とキャッシング枠は互いに独立しているわけではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれます。

例えばショッピング枠が100万円、キャッシング枠が30万円だった場合、キャッシング枠を10万円分使うと、ショッピング枠は10万円減って90万円になります。キャッシング枠を30万円全部使えば、ショッピング枠は70万円になります。

この仕組みのもとでは、「ショッピング枠>キャッシング枠」という関係が成り立ちます。クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、この大きなショッピング枠を実質的にキャッシングのように使うことです。

ショッピング枠でお金を手に入れるのが「クレジットカードの現金化」

例えば、上記の条件(ショッピング枠100万円、キャッシング枠30万円)ショッピング枠で100万円分の金券を購入します。次に、それを98万円で売ります。すると、手元には100万円分の借金(ショッピング枠の残債)と、98万分の現金が残ります。本来は30万円までしか現金を借りれないはずのカードで、100万円近い金額が借りられてしまうわけです。

もちろん、これは長期的に見れば明らかに不利な仕組みです。残債が100万円なのに現金は98万円しかないからです。98万円で買い取ってもらえるという補償もどこにもなく、90万円、80万円になってしまう可能性もあります。

しかし、借金でクビが回らなくなりかけている人などは、この現金化を利用することがままあります。お金がないことによって近視眼的になっている、現金だけ用意して自己破産しようしているなど、理由は様々です。

ショッピング枠の現金化はクレジットカード会社が規約で禁止している上、現金化業者(商品を買い取ってくれる業者。正規の金券ショップなどとは異なる)は高い手数料を要求するようなところばかりなので、絶対にすべきではありません。

Amazonギフト券の購入でクレジットカードが停止されるのはどんなとき?

クレジットカード会社が利用停止に踏み切るのは疑わしいとき

クレジットカードでAmazonギフト券などの換金性の高い商品を買った場合、クレジットカード会社はショッピング枠の現金化を疑います。たとえ利用者にその気がまったくなかったとしても、クレジットカード会社はリスクを抑えるために一時的に利用停止にすることがあります。では、具体的にどのような場合、利用停止になるのでしょうか。

最初から高額決済をしている

Amazonギフト券は最低15円から上は数十万円以上まで自由に金額を決められるのが大きなメリットですが、最初から高額なギフト券を購入しようとすると、ショッピング枠の現金化を疑われる可能性があります(最初から決済ができないこともあるようです)。

いくらから高額の範疇に入るのか、と聞かれると明言はできませんが、最初のうちは高くても3万円程度に収めて置くことをおすすめします。実績ができてきたら5万円、10万円と積み重ねていってもいいでしょう。

Amazonアカウントの実績が少ない

Amazonの実績が少ないアカウント、言い換えれば新規のアカウントは、よく使われているアカウントと比べて、ショッピング枠の現金化を疑われる可能性が高くなります。Amazonのアカウントは誰でも作れるうえ、厳密な本人確認などもないため、Amazon側は新規のアカウントを信頼していません。新規アカウント利用者は実績を作るか、Amazonギフト券を買う場合は少額のものにとどめておいたほうが良いかもしれません。

Amazonの個人情報とクレジットカードの個人情報が一致していない

Amazonの個人情報とクレジットカードの個人情報が一致していない場合、例えば名前や住所などに異なる点がある場合、ショッピング枠の現金化を疑われる可能性が高くなります。クレジットカードの個人情報をごまかすのは難しいので、Amazonに嘘情報を登録しているのではないかと疑われてしまいます。登録前には入力間違いがないかしっかりと確認しましょう。

クレジットカードの実績が少ない

利用実績が少ないクレジットカード、言い換えれば新規のクレジットカードは、よく使われているクレジットカードと比べて、ショッピング枠の現金化を疑われる可能性が高くなります。

クレジットカードはAmazonアカウントと比べれば入念な審査が行われますが、クレジットカード会社としては現金化をなんとか防ぎたいため、怪しげな動きには慎重にならざるを得ないのです。

この場合はやはり実績を作るか、Amazonギフト券を買う場合は小学にとどめておいたほうが良いでしょう。あるいは、チャージタイプのAmazonギフト券を買うという手もあります。クレジットカードは使えませんが、Amazonポイントが貯まるため、コンビニなどでカードタイプ・シートタイプのAmazonギフト券を買うよりはお得です。

Amazonギフト券とクレジットカードの関係性まとめ

Amazonギフト券は便利でクレジットカードでも買える!でも疑われないように気を付けて!

最後に、今回の記事をおさらいしましょう。

  • Amazonギフト券はAmazonで使える商品券
  • Amazonギフト券は贈り物としても便利
  • Amazonギフト券をクレジットカードで購入するとポイントがダブルで貰える
  • クレジットカードならば数十万円クラスの高額なAmazonギフト券も楽に買える
  • 買い方によってはクレジットカードが利用停止になったり、アカウントが使えなくなったりする
  • Amazonギフト券をクレジットカードで買う際は、実績があるアカウントとクレジットカードを用意する

Amazonギフト券は、Amazonでの買い物に使える便利な商品券です。自分で使うのにはもちろん、贈り物としても最適です。

Amazonギフト券は非常に便利なサービスであり、上手に使えば非常に便利です。ポイントも効率的に貯められますし、贈り物にも使えます。実績のあるAmazonアカウントとクレジットカードを駆使して、上手に使っていきましょう。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP